著者
西川 博美 中川 理
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.79, no.699, pp.1265-1272, 2014-05-30 (Released:2014-07-15)

This study clarifies how a Din-a-ka (a roofed walkway), a remarkable characteristic of historical city landscaping in Taiwan, led to problems of control and correspondence in their administration. A Din-a-ka was formed in 1900 by the “Taiwan Building Regulation”. It was put in place in the scope of the City improvement project that was carried out throughout Taiwan, starting in 1905. A Din-a-ka had two aspects: while being private property, it was also public space. This is because a Din-a-ka was the walk way connecting the private properties along commercial streets. A Din-a-ka would often lose its function as a walkway, due to the fact that the owners of the occupied the space with goods and empty boxes and their children rode their bicycles along it. In 1918, the Street control regulation was promulgated. By giving the police a legal basis for managing a Din-a-ka, the consolidation of a Din-a-ka gradually continued. In the street control regulation, a Din-a-ka was recognized as private property but was officially given the status of a public walk way.On the other hand, the aligned perspective of a Din-a-ka itself was considered to be a form of beauty. According to this view, the urban beauty of Taiwan was an extension of the Japanese urban beauty campaign.
著者
中川 理
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.66, no.540, pp.275-282, 2001-02-28 (Released:2017-02-04)
被引用文献数
2 1

This paper investigates the influence by people's directional consciousness on the formation of the suburbs residential area. Residential areas have spread out in the suburbs of Osaka since the end of the Meiji Era. When people chose the residential area, they tried to avoid the residential area in the direction of the northeast that is "unlucky quarter". In addition, in order to overcome the common superstition of "unlucky quarter" held by people, the developer who developed the residential area took advantage of the religious power of Buddhism to invite temples.
著者
小池 志保子 中川 理
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.76, no.659, pp.221-227, 2011-01-30 (Released:2011-03-07)
参考文献数
25

Since the first Japanese public museum was opened in 1926, the public museums have been playing the role as main cultural facilities in regional community. The purpose of this study is to describe the development process of Japanese public museums by analyzing their spatial configurations. This study treats 109 Japanese public museums. Analyses revealed that the scale of the public museums consistently became larger after the 2nd World War, and the number of newly-established public museums has increased until 1980s. Until 1960s, exhibition spaces were core of public museums. Since the 1980s, there are two types public museums. One type is variety arrangements of functional floor areas. Another type has distributed organizations of exhibition spaces.
著者
森田 敦郎 木村 周平 中川 理 大村 敬一 松村 圭一郎 石井 美保
出版者
大阪大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2012-04-01

本プロジェクトは、地球環境の持続的な管理に向けての試みに焦点を当てて、インフラストラクチャーと自然環境の複雑な関係を解き明かすことを目的としている。本研究が取り上げる事例は、インド、カンボジア、日本(東北地方)などの多様な地域におよぶ。これらの事例を通して、本プロジェクトは、物理的なインフラストラクチャー(堤防、コンビナートなど)と情報インフラストラクチャー(データベース、シミュレーションモデルなど)が、いかに現地の自然環境および社会関係と相互作用するのかを明らかにした。その成果は英文論文集、国際ジャーナルの3つの特集号およびおよび多数の個別論文、学会発表として発表された。
著者
中川 理
出版者
一般社団法人 日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文報告集 (ISSN:09108017)
巻号頁・発行日
vol.418, pp.125-134, 1990-12-30 (Released:2017-12-25)

In Tokyo, The urban areas rapidly stretched out of the city limits after the end of the Meiji era. This paper reveals the immediate cause, that is, the fact that many salaried workers moved to surrounding towns and villages because of the gap in house rent caused by the imbalance in "KAOKU-ZEI" (the rates on the owners of houses) payment in and out Tokyo City
著者
中川 理
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.76, no.662, pp.859-868, 2011-04-30 (Released:2011-07-29)

This paper clarifies the roles played by government officials specialized in civil engineering in urban reform during the Meiji era in Japan. This clarification was made by studying the process until the initiation of the urban reform projects titled the Three Major Projects in Kyoto city, which were completed in 1912, as a case example for analysis. In the process of analysis, I clarified the emergence of two types of engineers according to differences in the roles they played. One is the engineer who developed the mayor's urban reform concept into a specific design plan. Not having studied modern technology, the engineer made a mistake in the design of civil engineering projects that required advanced technology, and the person was held responsible for the mistake in the city council. This incidence led to the appearance of another type of engineer. This engineer graduated from the Department of Civil Engineering of Kyoto Imperial University and mastered modern civil engineering. He then attempted to take initiative in council reform using his advanced knowledge.
著者
西川 博美 中川 理
出版者
Architectural Institute of Japan
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.78, no.685, pp.725-733, 2013

In Taiwan the townscape of shop houses with the arcade (Din-a-ka) is called Lao-jie. Recently, a preservation project for the townscape of Lao-jie has become active. Notably mentioned, the projects developed not in the cultural properties protection system but in the program of Community Based Development Project which began in 1994 aiming in habitant participation. Accordingly, it has appeared more that the aspect of local development in Lao-jie conservation projects.<br> Furthermore, as a result of the work inspection of the concrete content of the preservation projects in five Lao-jie, we understood that the content of the projects shared several characteristics. In all cases, not only buildings and Din-a-ka, the core nucleus element of the townscapes of Lao-jie, are restored, but also the subsidiary facilities such as sideboard and sidewalk are maintained at the same time.
著者
小泉 潤二 春日 直樹 中川 敏 栗本 英世 石川 登 花渕 馨也 春日 直樹 中川 敏 栗本 英世 中川 理 石川 登 花渕 馨也 松川 恭子
出版者
大阪大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2005

本研究は、トランスナショナルな、つまり国家、国民、民族を超える現代世界の動態的現象を人類学的に把握し分析するために、「境界」に生まれるもの、つまり境界の生産性に着目した。中米、アフリカ、東南アジア、オセアニア、ヨーロッパなど各地で現地調査を実施して経験的資料を集め、国家や民族やモダニティなど多様な要因により複雑に構築される境界の理解を進めるとともに、その境界を越える人やモノの流れの現実を明らかにした。
著者
中川 理 石田 潤一郎 小野 芳朗 丸山 宏 青井 哲人 大田 省一 木方 十根 清水 重敦 砂本 文彦 谷川 竜一 中嶋 節子 中野 茂夫 松山 恵 本康 宏史 山口 敬太
出版者
京都工芸繊維大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2011-04-01

わが国の都市空間は、明治維新から太平洋戦争時までの間に実施された各種の都市基盤整備の事業によって再編された。この研究は、近代におけるわが国の都市空間の変容を、その事業が計画・執行される仕組みを理解することで解明する。都市基盤整備の事業は、国家、地方行政、地権者、共同体、民間資本などが多様な関係を築き実施されていた。そして、その関係は、学知や技術による客観的評価に基づく、一元的な制度システム(仕組み)に回収されていくようになったことがわかった。
著者
山野 英嗣 尾崎 正明 稲賀 繁美 川島 智生 加藤 哲弘 河上 繁樹 中川 理 並木 誠士 廣田 孝 前田 富士男 増田 聡 藪 亨 新見 隆 出川 哲朗 中川 克志 松原 龍一 池田 祐子 小倉 実子 牧口 千夏 中尾 優衣 河本 信治
出版者
独立行政法人国立美術館京都国立近代美術館
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2009

本研究は、日本近代における建築、デザイン、工芸を対象としながらも、ジャンルを超え、そして国境を超えた動向について総合的に検証したものである。研究成果は、最終的に一冊の図書としてまとめた他、研究代表者が所属する美術館においても展覧会やシンポジウムを開催し、研究成果を広く発信した。東西の文化交流、そしてジャンル間を交差する表現への注目など、時宜を得たテーマとして、建築、デザインそして工芸の各領域において、新たな視点が提言されたと思われる。
著者
春日 直樹 小泉 潤二 中川 敏 栗本 英世 田辺 明生 石井 美保 森田 敦郎 中川 理
出版者
一橋大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2009

本研究は「社会的なもの」の構築過程をラディカルに再検討して、社会的なものと自然的なものとを同一水準で論じる方法を探求した。「社会」と「自然」が概念と実在としていかに一緒に構築されていくのかを問い、因襲的な二分法を超えるような諸関係と状況について、またそうした状況下でさまざまな存在がいかに生成するかについて、明らかにした。本研究は最終的に、人類学・科学技術研究・科学史・哲学が融合する次元を提供し、それによってあらたな実在の可能性と生成に寄与することを目指した。
著者
中川 理 矢ヶ崎 善太郎 並木 誠士 石田 潤一郎 笠原 一人
出版者
京都工芸繊維大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2002

2年間の調査・研究により明らかになったことの概要は、以下のとおりである。1)芸術にかかわる人々の中で、郊外居住地の開発を最も促したのは、画家である。ただし、明治前半期までは、彼らの居住地は、近世までの居住地と変わらなかった。明治後半期になり、画家の地位向上にともない、画業の環境を求めて画家の郊外移住が始まった。2)京都市周辺部での郊外住宅地の開発は、昭和初期から盛んになるが、この開発行為の多くの事例で、画家、映画関係者、大学教員などの文化人の郊外居住の需要が前提になっていることがうかがえる。3)東山地域では、数寄者といわれる、茶の湯に親しんだ文化人たちが、独自の居住環境を作り上げていた。4)等持院かいわいの住宅地には、日本画家を中心とした「絵描き村」と呼ばれる地区がある。この地域では、関西のモダニズムをリードした建築家・本野精吾なども居住しており、画家と建築家とのサロン的交流があった。5)下鴨地域では、昭和のはじめから洋画家が集住し、その後、官吏やサラリーマンも住む住宅地になっていった。北白川地域では、昭和初期から土地会社により宅地開発が進み、京大教授を中心とした学者や医者などが住む宅地が形成された。6)大学教員が郊外地に住む場合には、同じ大学の教員である建築家に設計を依頼するケースが多く見られ、大学内で郊外居住をめぐるサロン的交流があったと考えられる。