著者
高野 太輔
出版者
一般社団法人 日本オリエント学会
雑誌
オリエント (ISSN:00305219)
巻号頁・発行日
vol.45, no.2, pp.133-147, 2002 (Released:2010-03-12)

In 76 A. H./695 A. D., a Kharijite leader, Salih b. Musarrih al-Tamimi rebelled against the Umayyads in the region of Dara with the horsemen under the command of Shabib b. Yazid al-Shaybani. Although Salih was killed in the early stage of the revolt, Shabib succeeded him and led the remnants of the Kharijite forces through the region of al-'Iraq. The men who followed Shabib numbered barely over one hundred, because the “Kharijite” forces were mainly made up of his own tribesmen, Banu Shayban, in spite of their summoning the other Arabs to the faith. Al-Hajjaj b. Yusuf al-Thaqafi, the notorious governor of al-'Iraq, sent the Kufan troops one after another against Shabib whose army defeated all of them and rushed into the city of al-Kufah, killing those who prayed at the great mosque, and moved away up to the eastern mountainous district. In the next year the Kharijites invaded al-'Iraq again, defeated the army of fifty thousand men under the command of ‘Attab b. Warqa’ and camped outside the city of al-Kufah, facing al-Hajjaj himself there. But the Syrian troops who were sent by the caliph 'Abd al-Malik pushed them back and made Shabib drowned in his crossing the river of Dujayl at the end of 77/697.For all that the Kharijite rebels were regarded as fanatic extremists from the viewpoint of later Sunni Islam, the Arabic sources which narrate the course of the revolt seem to glorify them as mighty horsemen and fearless soldiers. This is because Shabib rebelled against the Umayyads, the enemy of the 'Abbasids who would overcome them and build a new dynasty under which the remaining Arabic chronicles and biographies were written.
著者
宋 基燦
出版者
立命館大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2014-04-01 (Released:2014-04-04)

朝鮮学校は、日本最大の外国人学校組織であるにも関わらず、その特殊な政治的立場とそれに起因する閉鎖性のため、今まで研究者の接近がやや難しい領域だった。本研究は、朝鮮学校の教育の実態を理解し、それが日本社会に示唆する意味を長期的な面で明らかにするための人類学的研究として位置付けることができる。研究代表者は、13年前から朝鮮学校の現場研究を行っており、当時の調査に基づいた結果を朝鮮学校の民族誌として発表したことがある。本研究は、当時の研究に続く後続研究として、当時の学生たちのその後を追跡することにより、朝鮮学校の卒業生の日本社会における生活世界を理解することを目的としている。主な研究対象として、当時の生徒と教師、現在の朝鮮学校現場を設定している。13年前の調査現場への参与観察は、本務校の業務の関係で、実現することが現実的に難しかったため、2016年からは、京都の朝鮮学校を中心に現場研究を進めている。その傍ら卒業生、特に韓国で活動している朝鮮学校卒業生の事例を中心的な事例として訪問インタビューなど、研究を進めてきた。なお、朝鮮学校が持っている政治的特殊性への理解を深め、それを研究に反映するべく、朝鮮大学や総連関係者との関係構築にも努めてきた。その結果、北朝鮮を取り巻く国際政治の環境変化が朝鮮学校へ及ぼす影響に関する理解を得ることができた。この理解は、今後の研究の展開と結果をまとめるにおいて非常に重要な部分になるであろう。
著者
山本 かほり 野入 直美
出版者
愛知県立大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2011-04-28 (Released:2011-08-05)

愛知朝鮮中高級学校での参与観察および学生,卒業生,教員,保護者へのインタビュー調査,行事への参加などを通じて,朝鮮学校での日常およびその意味を考察してきた。さらに朝鮮民主主義人民共和国への修学旅行」にも同行調査を行い,朝鮮学校の生徒たちにとっての祖国の意味を考察した。朝鮮学校が当事者にとってもつ意味は,朝鮮人としての肯定的アイデンティティを形成し,日本においても朝鮮人として生きていくことの自己肯定感の育成,そして,朝鮮半島を「祖国」として考えつつ,日本において何ができるかを考える遠隔地ナショナリズムが育成されていることを考察した。
著者
金田一 淳司 岸 邦宏 佐藤 馨一
出版者
Japan Society of Civil Engineers
雑誌
土木計画学研究・論文集 (ISSN:09134034)
巻号頁・発行日
vol.21, pp.399-406, 2004-09-30 (Released:2010-06-04)
参考文献数
12

都市の交通渋滞対策として, 環状道路の整備が推進されているが, ほとんどの都市で建設が進んでいないこのような中, 札幌では約70年の歳月を要したが, 日本初の一般道路による環状道路が実現した.研究成果は, 札幌環状通完成までの札幌の都市建設や都市・道路計画などを対象に, 歴史的背景, 史実, 計画の変遷を計画史の視点より研究した.その結果, 戦時体制下の国防, 防空と防火の思想を背景とした火防線を理想型の環状系広路として計画し, 実現性を踏まえた「アーク (環状系) 道路」を配置し, その思想を今日まで持続した点にあったとともに, 計画史的評価による新たな事業評価も可能であることを明らかにした.
著者
今間 俊博 近藤 邦雄 栗山 仁 古家 嘉之
出版者
日本図学会
雑誌
図学研究 (ISSN:03875512)
巻号頁・発行日
vol.39, no.2, pp.3-10, 2005 (Released:2010-08-25)
参考文献数
7

物理法則に則ったコンピュータシミュレーションによって生成された物体運動は, しばしば観客にとって不自然なものに映ることがある.アニメーションの中で用いられる誇張表現は, 映像表現における演出的な効果を受け持つだけではなく, こうした観客の持つ違和感を打ち消すのに役立つ.こうした現象は, 物理法則的な物体運動と, 人間が知覚しうる物体運動の間に何かしらの差異があると考えることによってうまく説明できる.物理法則には必ずしも則っていないが, 人間がリアルに感じる動きのことを本研究では「メンタルモーション」と呼ぶこととした.本論文では, モーションキャプチャシステムを用いて得られた, 物理的に正確な動作を用いて, メンタルモーションを生成する動作誇張手法を提案する.
著者
中村 まづる
出版者
公共選択学会
雑誌
公共選択の研究 (ISSN:02869624)
巻号頁・発行日
vol.1999, no.32, pp.32-48, 1999-07-01 (Released:2010-10-14)
参考文献数
47

Pension program provides income distribution between younger workers and older retirees who would otherwise live in poverty on inadequate savings. The changing demographic structure of the population will result in a higher proportion of retirees to workers. The pay-as-you-go method of financing public pension is a crucial aspect of the current program and of its financial problem. If nothing were done to change the current program, it is likely that the social security tax rate would have to rise very rapidly in the years ahead, which might cause a public distrust in the program itself.Public management of the program has been justified in the view of“market failure”of social security in economics, however, it is apparent that“welfare state”has increased fiscal deficits among democratic countries. It is paradoxical that a demographic change is preventing the public management of social security attain the economic goal of not only efficiency but also equity because of financial difficulties.On the other hand, the public choice theory has pointed out that democratic decision making process results in income distribution through majority rule since its early stages. Now it is time that the basic structure of the public pension program has to be reexamined and reshaped to fit the economic conditions of today.The World Bank proposed how to reform social security programs. The proposal restricts the roll within minimum standard of living, while privatize its management into market mechanisms, which inspired various arguments the reform in Japan. The purpose of this paper is to examine the idea of constitutional reform to evaluate their performances, and propose the rules within the reform in order to prevent any rooms of government failure.
著者
山口 匡
出版者
一般社団法人 画像電子学会
雑誌
画像電子学会誌 (ISSN:02859831)
巻号頁・発行日
vol.38, no.1, pp.59-63, 2009-01-25 (Released:2011-08-25)
参考文献数
3
著者
阿久津 千晶 十代田 朗 津々見 崇
出版者
日本観光研究学会
雑誌
観光研究 (ISSN:13420208)
巻号頁・発行日
vol.28, no.2, pp.81-92, 2016 (Released:2017-10-01)
参考文献数
10

本研究では、全国の都市・115 自治体の168 のまち歩きガイド組織を対象とし、アンケート調査およびその結果をもとにした数量化理論Ⅲ類とクラスタ分析を行うことで、若手ガイドが多く活動している組織の特徴とガイド個人の特性と意識を明らかにした。結論として、『若手(50 代以下のガイド)』の参加促進方策のひとつとしては、「『若手』も気軽に参加でき、知識の吸収欲を満たせるような、ガイドの前段階となる装置を用意すること」が提案できたとともに、ガイド活動は、より自地域への愛着を増幅させ、更なる地域活動への参画を促すものにもなりうることがガイド個人へのアンケート結果より推察された。