著者
近藤 日出夫
出版者
日本犯罪社会学会
雑誌
犯罪社会学研究 (ISSN:0386460X)
巻号頁・発行日
vol.33, pp.157-176, 2008-10-20 (Released:2017-03-30)

女子少年による殺人で,最も多いのは今も昔も嬰児殺である.近年,妊娠中絶,できちゃった婚,シングルマザーなど望まない妊娠に対する選択肢が増加したにもかかわらず,女子少年による嬰児殺は横ばいのまま推移し,根絶させるに至っておらず,現在でも女子少年による嬰児殺の背景にある問題は十分に解決されたとはいえない.そこで本稿では,最近5年間に嬰児殺を犯した女子少年について,資質的特徴に基づいて,抑制型,不安定型,未熟型の3つのタイプに分け,それぞれのタイプごとに異性関係の持ち方,家族関係の特徴などから嬰児殺に至る背景要因を分析した.親に過剰な気遣いをするなど,自らの率直な感情表現を抑えがちであったタイプを抑制型,家庭的な問題を背景に情緒面での安定が図られてきていないタイプを不安定型,困難場面における問題解決能力に劣り,状況に依存した受動的な生き方を選択してきたタイプを未熟型とし,分析した結果,タイプごとに妊娠から犯行までの経緯もそれぞれ特徴があることを明らかにした.
著者
柳 学済 堀田 美保 唐沢 穣
出版者
日本グループ・ダイナミックス学会
雑誌
実験社会心理学研究 (ISSN:03877973)
巻号頁・発行日
(Released:2018-01-20)
参考文献数
23

個人間の罪悪感研究では,関係の維持が必要となる被害者に対しては,関係を修復するために罪悪感が生じやすいことが示されている。本研究では集団間においても同様に,集団間の相互関係が予期される外集団に対して,集団間の関係修復のために集合的罪悪感が生じやすいか否かを検討した。また,これまでの集合的罪悪感研究で一貫した結果が得られていない集団同一視の影響に対して,集団間の相互作用が調整効果を持つかどうかを検討した。60名の大学生を対象に小集団による得点の分配ゲームを行い,参加者は内集団との同一視(高vs.低)×外集団成員との相互作用の予期(ありvs.なし)の4条件のいずれかに割り当てられた。ゲーム内での内集団成員の外集団に対する不公正な分配により,すべての参加者に対して,集合的罪悪感を喚起させた。集団同一視の操作は,ゲーム内での分配における内集団成員の公正さの程度により行い,集団間の相互作用は,外集団への不公正な分配が行われたのちに外集団成員と共にゲームをするか否かを予期させることにより操作した。実験の結果,集団間の相互作用が予期される場合には,集団と同一視する集団成員において強い集合的罪悪感が生起し,相互作用が予期されない場合には,罪悪感が生起しない傾向が明らかにされた。
著者
錦織 宏
出版者
日本医学教育学会
雑誌
医学教育 (ISSN:03869644)
巻号頁・発行日
vol.43, no.4, pp.296-298, 2012-08-25 (Released:2014-01-09)
参考文献数
8
被引用文献数
2 or 0
著者
中山 茂樹 伊藤 淳
出版者
一般社団法人日本建築学会
雑誌
日本建築学会技術報告集 : journal of architecture and building science (ISSN:13419463)
巻号頁・発行日
vol.22, pp.399-402, 2005-12-20
参考文献数
4
被引用文献数
1 or 0

It is said that reminiscence therapy is useful for tht dementia people. Photes of past architecture and scene, tools, and toys are used for this therapy. We consider if these architecture, scene and tools in pictures would be incarnated in actual interior in an circumstance of the aged, they might be therapy goods for the dementia people. We installed a street stall, Tatami space and Tatami corner into the long-term care facility for the aged. As a result, dementia people accepts these facilities and uses them with their memory.
著者
鈴木 公啓 菅原 健介 西池 紀子 小松原 圭司 西口 天志 藤本 真穂
出版者
一般社団法人 日本繊維製品消費科学会
雑誌
繊維製品消費科学 (ISSN:00372072)
巻号頁・発行日
vol.55, no.9, pp.677-686, 2014-09-20 (Released:2017-11-28)
参考文献数
11

本論文では,男性における下着の着用や購入の関心の実態,および,下着へのこだわりの背景にある心理機序について明らかにすることを目的とした.その際,心理的機能がどのような場面,目的で期待されているのか,心理的機能は下着の何が作り出しているのか,心理的機能を期待する背景にどのような要因が関与しているのか,それらをまとめた下着のこだわりの心理モデルを構築し検討した.結果,男性において,下着にも心理的な機能があり,その機能への期待が,下着へのこだわりに結びついているということが明らかになった.中でも,気合いの効果が極めて重要であり,様々な場面でのベースとなっていることが確認された.幅広い年代の男性が,日常生活において直面する様々な場面において,課題を達成するための心理的資源を得るために,お気に入りの下着を着用していることが示された.ただし,そのプロセスについては,女性ほど分化していないことも併せて示された.
著者
大木 昌
出版者
京都大学
雑誌
東南アジア研究 (ISSN:05638682)
巻号頁・発行日
vol.34, no.2, pp.339-369, 1996-09

この論文は国立情報学研究所の学術雑誌公開支援事業により電子化されました。This is an attempt to call attention to the history of disease and healing (or, simply, medical history) as an alternative approach to Indonesian history. Though this aspect of history has been studied very little, it is important and useful for the better understanding of history from broader perspectives. To begin with, disease (implicitly including death) and healing may have been the primary concern of the majority of people. Thus, it may be important to know what diseases people suffered from, how diseases were perceived, and what kinds of healing methods were applied at specific historical times. These issues are relevant to many other aspects, such as living conditions, the natural environment, demographic structure, and so forth. On the other hand, change in the healing system may occur with the introduction of a new religion and the acceptance of new medicine (e. g., Islamic and Western medicines). In political and economic history, the health and the size of the population were decisive factors of economic force and state power. Economic development might improve health conditions through improved nutrition, but the increase of population density and the development of transportation provided favorable conditions for the spread of diseases. Keeping these perspectives in mind, we will first see what kinds of diseases were prevalent in Indonesia, particularly Java and Sumatra. In describing this, I will try to relate certain diseases to social and economic conditions of the time concerned. Next, I will describe healing practice. Finally I will examine the use of herbal medicines in Java in the 1870s and around the beginning of the twentieth century.
著者
植原 亮
出版者
関西大学総合情報学部
雑誌
情報研究 = Journal of informatics : 関西大学総合情報学部紀要 (ISSN:1341156X)
巻号頁・発行日
no.44, pp.1-13, 2016-08

貨幣のような制度的対象はしばしば特別な存在であると見なされる.制度的対象についての有力な見解である集団的志向説によれば,それらは人々の集団的志向性なしには存在しえないがゆえに,他の通常の人工物とは存在論的に異なっており,またその存在論な固有性が認識論的・方法論的な独自性に反映されているという.本稿で目指すのは,制度的対象に対するこの種の哲学的態度のやめ方を描き出すことである.そのためにまず,集団的志向説を批判的に検討する.次いで,その代替的な見方として「ふるまい説」を提出し,その妥当性を示すことを試みる.そして最後に,ふるまい説について想定されるふたつの疑問に応答する.Institutional entities such as money are often perceived as "special" objects. According to a dominant view about them, called "collective intentionalism", institutional entities are ontologically distinct from other ordinary artifacts because they cannot exist without people's collective intentionality, and this ontological distinctiveness is reflected in their epistemological and methodological uniqueness. This study aims to show how to challenge such philosophical attitudes toward institutional entities. Firstly, it critically examines collective intentionalism. Secondly, it presents "behavior theory" as an alternative view to collective intentionalism and tries to show its plausibility. Finally, it addresses two possible questions about behavior theory.
著者
宮本 雅彦
出版者
一般社団法人 日本数学会
雑誌
数学 (ISSN:0039470X)
巻号頁・発行日
vol.52, no.2, pp.159-171, 2000-04-27 (Released:2008-12-25)
参考文献数
15
著者
西田 知博 原田 章 中村 亮太 宮本 友介 松浦 敏雄
雑誌
情報処理学会論文誌 (ISSN:18827764)
巻号頁・発行日
vol.48, no.8, pp.2736-2747, 2007-08-15

制御構造などのプログラミングの基礎を短時間で習得することを目指したプログラミング学習環境PEN を開発した.本論文では,PEN の実装とその評価について報告する.PEN では,大学入試センターなどの入試で用いられている言語を用いているので,付加的な説明を行わなくても容易にプログラムが理解できる.また,プログラムの入力補助機能を備えることで,プログラム作成時の誤りの混入を減らすことに寄与している.また,ステップ実行機能,スロー実行機能,変数表示機能などにより,プログラムの動作を観察しやすくしている.授業実践のアンケート結果から,PEN は初学者におおむね好評であることを確認した.また,JavaScript を用いた授業との比較では,自己評価と試験による分析の結果,双方ともPEN を用いたクラスの方が理解度が高くなり,プログラミングの入門教育環境としてのPEN の有用性が示唆される結果が得られた.
著者
須藤 靖
出版者
一般社団法人日本物理学会
雑誌
日本物理学会誌 (ISSN:00290181)
巻号頁・発行日
vol.70, no.2, pp.87-94, 2015-02

物理学会誌の記事のほとんどは難しい.私の知る限り少なくとも30年以上前から編集委員会の方々が編集後記で繰り返し,わかりやすい記事をと訴えかけ,かつそれに向けた不断の努力をされてきたにもかかわらず.多分にこれは,非専門家のためにではなく,身近な専門家の顔を浮かべながら執筆してしまう著者のせいである.これが良いことか悪いことかは自明ではないが,著者が「釈迦に説法」を避けるべく書いた解説が,大多数はその分野の非専門家である平均的物理学会員にとって「馬の耳に念仏」になってしまい,ほとんど読まれなくなっているとするならば,あまりにももったいない.一般相対論の研究者ではない私が本特集の序論的解説を依頼されたのは,まさにそのためであろう.というわけで,今回は学生時代に一般相対論の講義は受けたもののほとんど覚えていない,という平均的物理学会員を念頭においた平易な,といっても一般向け啓蒙書とは異なる解説を試みたい.したがって,もしも「釈迦に説法」あるいは「厳密には正しくない」と感じられた方がいたならば今回の試みは大成功だと言える.該当しそうな方はただちに本解説をスキップして以降の記事に進まれることを強くお薦めする.
著者
五賀 友継 李 燦雨
出版者
一般社団法人 日本体育学会
雑誌
体育学研究 (ISSN:04846710)
巻号頁・発行日
(Released:2018-01-19)
参考文献数
93

The aim of this study was to clarify the establishment and development process of Dai Nippon Kyudo Kai (DNKK), which existed from the Meiji to the pre-war Showa era, and its organizational forms. The tasks of the study were to elucidate the establishment and developmental process of the DNKK based on the historical characteristics of the organization, which can be divided into 6 periods. The organizational forms were examined based on the articles of incorporation, and the trends of membership and branch distribution were also clarified. The results were as follows: 1)The DNKK was established as Seinen Kyujutsu Kai under the Toshizane Honda school in 1909, and shortly renamed the Dai Nippon Kyujutsu Kai. When it became an incorporated foundation in 1919, it was renamed the DNKK. The kyudo philosophy of Kako Neya was strongly reflected at the time of its foundation. 2)The DNKK increased its membership by developing its publishing arm, and promoted kyujutsu and kyudo as part of the regular curriculum in the school. 3)Division among DNKK members in 1915 and the death of Toshizane Honda in 1917 led to a schism of Toshizane Hondaʼs pupils, which resulted in diffusion of the Toshizane Honda method among kyudo players. 4)The DNKK was renamed kyudo from kyujutsu when it became an incorporated foundation in 1919. They considered kyujutsu to be a subject within kyudo. 5) The massive promotion of the DNKK was financially supported by kyudo shops. 6)Analysis of the articles of incorporation showed that the kyudo philosophy of Kako Neya was strongly reflected in the policy of the DNKK through a mechanism based on the opinions of the board of councilors. 7) The conflict with Dai Nippon Butoku Kai over kyudoyosoku resulted in further expansion of the DNKK because of the massive promotion program against them, and a medically negative interpretation to kyudoyosoku evident at the Tokyo Provisional First Army Hospital. 8)Kako Neya decided to step down in 1943, and the activity of the DNKK was substantially terminated in 1944 due to the influence of war. 9)The cumulative total DNKK membership was 22,769 between June 1912 and October 1943. The membership trend was affected by various external factors. 10)A total of 426 branches were established domestically and internationally. The trend of branch establishment was similar to that of membership, and 75% of branches were located in Eastern Japan. The DNKK aggressively promoted overseas expansion.
著者
東京開成館 製
出版者
東京開成館
巻号頁・発行日
1919
著者
堀田 和義
出版者
東京大学グローバルCOEプログラム「死生学の展開と組織化」
雑誌
死生学研究 (ISSN:18826024)
巻号頁・発行日
vol.10, pp.223(96)-243(76), 2008-09-30 (Released:2017-06-16)

講演
著者
酒巻 秀明
出版者
東京女子大学現代教養学部国際社会学科社会学専攻紀要編集委員会
雑誌
東京女子大学社会学年報 = Tokyo Women's Christian University annals of sociology (ISSN:21876401)
巻号頁・発行日
no.2, pp.1-16, 2014

ウルリッヒ・ベックによれば,近年の政治の停滞は別に驚くべきことではなく,再帰的近代化の進行の結果ということになる.ベックの考える再帰的近代化とは,近代化の後の近代化のことで,近代化でもたらされた変化によって,再び社会の近代化が進むことを意味している.そのため,再帰的とも言われる.そこで本稿では,ベックが再帰的近代化後の政治をどのように捉えているのかが検討される.ベックによれば,一般的に近代社会と考えられている産業社会は,半分モダンな社会でしかなかった.しかし,国民の権利拡大の要求や,経済や科学の潜在力が無視できないほど拡大したことにより,今までの公式的な政治の外側で社会を変化させる動きが強まっている.ベックはこのような動きをサブ政治と呼び,このような事象を理解するためには,政治的なものの再発見が必要と考えている.消費の問題を例にすると,これまでの研究では,一般的に政治に訴えることでの解決が考えられていた.しかし,ベックは経済の中に民主主義的なシステムを持ち込むことで,サブ政治の次元で問題解決が図れるとしている.ベックによると,既存の政治システムですべてをコントロールするのは,もはや無理だと考えられる.そこで,ベックは,これから求められるのは,様々な集団や分野の議論による相互コントロールの仕組みだとしている.This paper will show why Ulrich Beck thinks that the political needs to be reinvented. According to Beck, recent political instability has been caused by reflexive modernization, which he thinks of as the modernization of modernization. It is reflexive becausechanges brought about by modernization lead to further modernization.In his opinion, democracy in modern industrial societies was half modern in two respects. First, other than by voting, citizens had no opportunity to participate in the political decision-making process. Second, there was no need to control the economy and scientific advance democratically, as these activities were still in the early stages and not a threat to society. Nowadays, however, we see people trying to change society directly by using their own powers, not via parliament. In addition, the economy and scientific advances bring new products that could change society entirely. We are facing a new situation, not presupposed by official political undertakings. Beck summarized these "political" activities outside the existing political institutions as subpolitics. What we need now, he thinks, is the reinvention of the political.As an example of his new political theory, his analysis of the consumer movement is compared with traditional theory. While the traditional theory holds that problems of consumption must be solved in the realms of politics, Beck thinks that they must be solved through the democratization of the economy. A democratic mechanism should be installed in the economic system, making the economy a sub-public arena.According to Beck, there is no one simple answer in the era of reflexive modernization and we should leave the ideal of the political center behind. Instead, he proposes a new form of politics, one that facilitates democracy in every social sphere and enables mutual control.