著者
木村 敦
出版者
大阪産業大学
雑誌
大阪産業大学経済論集 (ISSN:13451448)
巻号頁・発行日
vol.11, no.3, pp.307-327, 2010-06

The aim of this study is to express an opinion about "What is the essence of social welfare", and to clarify "social welfare as a subject of investigation", based on that opinion. Recently, the state of social welfare policy has changed greatly, and the term for a person who receives social welfare benefits has changed from "recipient" to "subject" and then to "user". However, the change in name has not improved the recipients' life circumstances. In short, recent social welfare policy has not contributed to "a better life" for people. In this situation, I think that "social welfare policy theory as social science" is necessary in order to contribute to "a better life" for people, i.e., in order to amend current social welfare policy. The aim of this study was decided based on the reasons above. To achieve this aim of clarification of social welfare as a subject, social welfare provisions from the standpoint of the economic theories of Kazuo Okochi and Shoichi Kohashi are first explained. Then, relying fundamentally on Kohashi's theory, arguments regarding these provisions from the standpoint of sociological / functional / movement theory are explained by way of critique. In conclusion, problems are explained which arise when Kohashi's theory is applied to the practice of social work.
著者
木村 敦
出版者
大阪産業大学
雑誌
大阪産業大学経済論集 (ISSN:13451448)
巻号頁・発行日
vol.12, no.3, pp.235-257, 2011-06

Tentatively, I think that the policy of `Promotion of Discharge / Shift to Community' for the mentally disabled being pushed forward by the current government, results in mentally disabled persons being discharge hastily and make the mentally disabled low-wage and unstable worker. This is regarded in this paper as the basic problem. With this basic understanding of the problem, the goal of this paper is to present the three things which will be necessary for `Support for Shift to Community': (1) structure which justifies isolation of the mentally disabled, (2) problems spreading throughout the entire labor market, and (3) the meaning of sending the mentally disabled into the real labor market. To accomplish this goal, the following will be set forth: (1) Statement of the recent trend in the policy of `Promotion of Discharge / Shift to Community' (2) Explanation of the `Return to Society' policy under the Mental Hygiene Law, especially in the 1970s (3) Presentation of disputes concerning `Return to Society', especially critical opinion, from the second half of the 1970s to the first half of the 1980s (4) Confirmation of whether recent disputes over the policy of `Promotion of Discharge / Shift to Community' are adequately based on disputes from the era of Mental Hygiene Law
著者
木村 敦
出版者
大阪産業大学
雑誌
大阪産業大学経済論集 (ISSN:13451448)
巻号頁・発行日
vol.11, no.1, pp.1-17, 2009-09

'Work Support' became the chief matter in the current policy regarding health and welfare services for the mentally disabled. Then, social welfare policy became a part of the policy to create low wage worker and instability employed worker. This represents a basic understanding of the problem, and is the hypothesis of this study. The aim of this study is the presentation of grounds for proving this hypothesis. Concretely, the following statements will be written. 1 The 'change' portion and the 'continuity' portion of treatment principle regarding the mentally disabled(from 'isolation and accommodation' to 'welfare') in the following laws. 1)The 'Law Regarding Custody of the Mentally Ill' 2)The 'Mental Hygiene Law' 3)The 'Mental Health Law' 4)The 'Law Regarding Mental Health and Welfare Services for the Mentally Disabled'. 2 An outline of current work support policy for the mentally disabled. 3 To point out problems based on continuity of treatment principles. 4 To introduce some measures of work which may become key in solving the problems in work support policy. 5 To suggest new concept of income security to the mentally disabled.
著者
木村 敦
出版者
大阪産業大学
雑誌
大阪産業大学経済論集 (ISSN:13451448)
巻号頁・発行日
vol.14, no.3, pp.275-294, 2013-10

Recently, especially since 2000, social welfare has in nature become a substitution for social policy. This has clearly become stronger in comparison with the previous period. To keep this tendency in check, it is important that social welfare movements collaborate with labor movements. Although the latter movement was explained to a certain extent in KIMURA (2011), discussion to establish this larger claim in this book is insufficient. The tasks of this paper are, first, to prove that social welfare systems have increasingly substituted for social insurance systems (labor insurance system) from 2000 onward; second, to clarify the social significance of this substitution; and third, to propose a solution for reducing the use of social welfare as a substitution.
著者
木村 敦
出版者
大阪産業大学
雑誌
大阪産業大学経済論集 (ISSN:13451448)
巻号頁・発行日
vol.10, no.2, pp.17-33, 2009-02

The aim of this study is four points as follows. Those are, 1 To examine and clarify the characteristic of problems in living of people with mental retardation , as compared with the other kind of disabilities. 2 To examine and clarify the process for detarmine the benefi t by Law to Support Independence of the Persons with Disabilities, and whether it adapt to people with mental retardation. 3 To reexamine the position of social welfare in whole system of social security, to think about the way to support for people with mental retardation with getting back a fundamental place. 4 To suggest, as far as possible, a substitute way to measure the degree of hardship of people with mental retardation with problems in living, beeing based on examinations and clarifi cation 1~3 mentioned above.
著者
木村 敦
出版者
大阪産業大学
雑誌
大阪産業大学経済論集 (ISSN:13451448)
巻号頁・発行日
vol.15, no.2, pp.89-109, 2014-06

The aim of this paper is presentation of essay toward construction `Social Scientific Socialwork Theory' or integration social welfare policy theory and social welfare support skill theory. For that, following works will be done. Namely, 1) The reviews of typical research results toward construction `Social Scientific Socialwork Theory' up to today. 2) To abstract the common element from theories in 1) 3) To point out the insufficiency on theory up to today 4) Consideration on necessary supplementation to construct `Social Scientific Socialwork Theory'
著者
熊谷 友多 永石 隆二 木村 敦 田口 光正 西原 健司 山岸 功 小川 徹
出版者
Atomic Energy Society of Japan
雑誌
日本原子力学会和文論文誌 (ISSN:13472879)
巻号頁・発行日
pp.1109220008, (Released:2011-09-27)
参考文献数
15
被引用文献数
3 3

Zeolite is used for decontamination of radioactive water containing salts from seawater in the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Station. Evaluation of hydrogen production by water radiolysis during the process is important for a safe operation. Thus, hydrogen production from the mixture of zeolite and seawater was studied by γ-radiolysis experiment, and the hydrogen production during the process was evaluated. The measured yield of hydrogen from seawater was comparable to the primary yield in the γ-radiolysis of water. This result indicates that oxidation of hydrogen by radical products of water radiolysis is not effective in seawater. The measured yield from the mixture decreased at a high weight fraction of zeolite. However, the measured yield was higher than that expected from the direct radiolysis of water in the mixture, which would decrease proportionally to the weight fraction of water. This result suggests that the radiation energy deposited on zeolite is involved in hydrogen formation. From the measured yields, the hydrogen production rate was evaluated to be 3.6 mL/h per ton of radioactive water before the process and 1.5 L/h per ton of the waste adsorbent after the process.
著者
木村 敦
出版者
大阪産業大学学会
雑誌
大阪産業大学経済論集 = OSAKA SANGYO UNIVERSITY JOURNAL OF ECONOMICS
巻号頁・発行日
vol.20, no.3, pp.25-40, 2019-06-30

戦後日本の経済成長は,労働者の貧困を解消したわけでは必ずしもなかった。2015年,日本の相対的貧困率は15.7%に上る。労働者とその家族の貧困は深刻である。生活保護制度は,国民の最低生活保障に対応する最終的な社会システムであるが,生活問題対策システム(社会保障)全体の弱体化は,最終システムたる生活保護に負わされる課題を増大させる。生活保護より前で守るシステムの充実をみなければ,それは役割を果たすことができない。本稿では,生活問題の構造の明確化が図られた上で,生活問題対策・施策の構造が明らかにされる。その上で,生活問題対策全体における生活保護制度と保護施設の位置が示され,その果たすべき役割が明らかにされる。加えて,生活保護に負わされた過重な負担を返上するための社会福祉運動と労働運動の連携について言及される。
著者
潮見 佳男 橋本 佳幸 村田 健介 コツィオール ガブリエーレ 西谷 祐子 愛知 靖之 木村 敦子 カライスコス アントニオス 品田 智史 長野 史寛 吉政 知広 須田 守 山本 敬三 横山 美夏 和田 勝行
出版者
京都大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2017-04-01

平成30年度は、前年度に引き続き、ゲストスピーカーを交えた全体研究会の開催を通じて、情報化社会における権利保護のあり方をめぐる従来の議論の到達点と限界を検討し、知見の共有を図った。個別の研究課題に関しては、次のとおりである。第1に、個人情報の収集・利活用に関する私法的規律との関連では、全体研究会を通じて、EU一般データ保護規則(GDPR)の全体的構造のほか、EUにおけるプライバシー権の理論構成について理解を深めた。また、プラットフォーム時代のプライバシーにつき、プロファイリング禁止やデータ・ポータビリティーなどの先端的課題を踏まえた理論構成のあり方を検討した。第2に、AIの投入に対応した責任原理との関連では、全体研究会において、ドイツでの行政手続の全部自動化立法の検討を通じて、AIによる機械の自動運転と比較対照するための新たな視点が得られた。第3に、ネットワーク関連被害に対する救済法理との関連では、担当メンバーが、ネットワークを介した侵害に対する知的財産権保護のあり方を多面的に検討し、また、オンライン・プラットフォーム事業者の責任について分析した。以上のほか、私法上の権利保護の手段や基盤となるべき法技術および法制度に関しても、各メンバーが新債権法に関する一連の研究を公表しており、編著の研究書も多い。さらに、外国の法状況の調査・分析に関しては、ドイツやオーストリアで在外研究中のメンバーが滞在国の不法行為法の研究に取り組み、複数のメンバーがヨーロッパ諸国に出張して情報収集を行った。また、研究成果の国際的な発信も活発に行っており、国際学会での日本法に関する報告が多数あるほか、新債権法に関して、その翻訳、基本思想を論じる英語論文が挙げられる。
著者
徳永 弘子 武川 直樹 木村 敦 湯浅 将英
出版者
The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers
雑誌
電子情報通信学会論文誌 D (ISSN:18804535)
巻号頁・発行日
vol.J96-D, no.1, pp.3-14, 2013-01-01

複数人が集って共にする食事(共食)は,人のコミュニケーションにおいて重要な役割を果たしているが,共食の場の構造を定量的データに基づき分析した研究例は少ない.本研究では,3人が食事をしながら会話をする映像から,参与者の視線,発話の行動を定量的に調査し,共食会話の構造を分析した.特に,視線持続時間と参与の役割ごとの発話行為,会話の順番交替直前の視線先と順番交替の関係を詳細に調べた.その結果,共食会話は食事のない会話に比べ,人に向ける視線持続時間が短く,会話は話者発話-聞き手発話-話者発話の隣接で構造化されること,更に話者発話による会話の順番交替では,会話者同士が視線を合わすことなく発話が遷移するケースが多いことが明らかになった.これにより,共食中は会話への参加の義務が緩く,話し手の発話は場に投げられ,次の発話は誰が開始してもよい場として形成されていることが示唆された.
著者
武川 直樹 佐々木 寛紀 木村 敦
出版者
The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers
雑誌
電子情報通信学会論文誌 A (ISSN:09135707)
巻号頁・発行日
vol.J98-A, no.1, pp.93-102, 2015-01-01

本論文では,会話の順番交替時の沈黙場面において見られる音声フィラー(「えーと」,「うーん」など)と動作フィラー(髪にさわる,顎に触るなど)に着目し,これらのフィラーが沈黙の状況を修復するための役割を調べる.人同士の会話の観察結果に基づきCGキャラクタの会話シーンを作成し,作成した動画シーンを刺激として沈黙中のフィラーが伝える意味を第三者が主観評価し,沈黙におけるフィラーの役割を明らかにする.評価の結果,フィラーの表出は会話の継続に向けての誠意を示すとともに,次の話者が誰になるかを予測させることが示唆された.この成果は会話エージェント・ロボットが人と会話を行うときにより適切で丁寧な応対をするための動作デザインの第一段階として寄与するものである.
著者
朴 ソラ 増田 知尋 村越 琢磨 川﨑 弥生 内海 建 木村 敦 小山 慎一 日比野 治雄 日野 明寛 和田 有史
出版者
日本健康教育学会
雑誌
日本健康教育学会誌 (ISSN:13402560)
巻号頁・発行日
vol.22, no.2, pp.100-110, 2014 (Released:2015-01-13)
参考文献数
15

目的:残留農薬に関する知識が十分でない消費者に,適切な残留農薬量の理解を促すためのイラスト表記を開発し,その理解度を検討することを目的とした.方法:大学生および大学院生80人を対象に横断研究を行った.文章のみ,累積正規分布関数のグラフと文章,農薬量を一次元で示したイラストと文章の3種類の説明表記のうちどれか1種類を添付した質問紙を配布した.回答は,無毒性量,一日摂取許容量,残留農薬基準の3段階の残留農薬条件以下の農薬が残留している架空の農産物について,安全性に関わる3つの質問項目にビジュアルアナログスケールを用いて評定させた.安全性評価の相対的な大きさが残留農薬量の順序と一致した場合を正答として条件ごとに正答率を算出し,χ2 検定を行った.結果:すべての質問項目で正答率に有意な偏りがみられた(p<0.05).残差分析の結果,「文章+イラスト」条件では正答率が期待値よりも一貫して高かった(59.3~70.4%).一方で,「文章のみ」では正答率は期待値との差はなかった(41.4~55.2%).また,「文章+グラフ」では,どの程度安全であると感じるか,自分が食べようと思うかの質問で期待値よりも正答率が低かった(16.7~33.3%).結論:グラフは残留農薬量の適切な理解を促進しないが,一次元で表したイラストは促進することが示唆された.
著者
宮下 達哉 木村 敦 岡 隆
出版者
日本感性工学会
雑誌
日本感性工学会論文誌 (ISSN:18840833)
巻号頁・発行日
vol.17, no.5, pp.561-566, 2018 (Released:2018-12-26)
参考文献数
27

Several studies have reported the factors which determine individual differences in aesthetic evaluations of visual arts. Our previous studies suggested that the aesthetic dimension of value (ADV) was a crucial factor relating to the individual differences in aesthetic evaluations. However, the paintings used in our previous studies were selected from the masterpieces painted by famous artists. The present study explored whether the ADV would relate to aesthetic evaluations for both good and bad arts. Undergraduates (N = 166) were asked to rate 14 paintings (including seven good arts and seven bad arts selected from the Museum of Bad Art) on four scales of aesthetic evaluation and to complete a questionnaire assessing their degree of the ADV. The results demonstrated that the ADV related to aesthetic evaluations for both good and bad arts. These results suggest that the ADV related to the subjective value of the paintings regardless of their reputation.
著者
宮下 達哉 白川 真裕 木村 敦 岡 隆
出版者
Japan Society of Kansei Engineering
雑誌
日本感性工学会論文誌 (ISSN:18840833)
巻号頁・発行日
vol.17, no.2, pp.251-256, 2017 (Released:2018-04-27)
参考文献数
31

Miyashita, Kimura, & Oka (2017) demonstrated that openness in the big-five personality traits did not relate to aesthetic evaluations of paintings while the aesthetic dimension of value did. Conversely, previous studies showed that openness affects preferences for specific artistic paintings after predicting general preferences as a latent variable. Thus, the present study explored whether openness would affect aesthetic evaluation of paintings via mediating variable (i.e., aesthetic dimension of value). In our survey, 323 undergraduates were asked to evaluate 24 paintings using 4 scales of aesthetic evaluation. They were also asked to complete a questionnaire assessing their degrees of openness and the aesthetic dimension of value. Results demonstrated that openness did not directly relate to aesthetic evaluations of paintings but that it indirectly related to those via the aesthetic dimension of value. These results suggest that the aesthetic dimension of value relates to openness as a mediator of aesthetic evaluations.
著者
木村 敦 木村 あやの
出版者
日本教育工学会
雑誌
日本教育工学会論文誌 (ISSN:13498290)
巻号頁・発行日
vol.39, no.Suppl, pp.17-20, 2016-01-25 (Released:2016-02-12)
参考文献数
13

本研究では, 学生による授業評価アンケートを匿名で実施した場合と記名で実施した場合とで評価結果に差異があるかどうかを検討した. 平成25~26年度の情報環境学専門科目 (小グループ演習を含む講義科目)2科目において, 匿名の授業評価アンケートに加えて記名の授業評価アンケートを履修者に実施し, 両アンケートに含まれる同一の評価項目4項目について評定値 (各5段階評定) を比較した. その結果, 全16項目中13項目については匿名条件と記名条件での差はみられなかった. 一方で, 3項目については条件間で有意差がみられたことから, 回答分布を比較して条件間の差異に関与する要因を議論した.
著者
水島 郁子 山下 眞弘 木村 敦子
出版者
大阪大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2011-04-28

中小企業が事業承継をする際には、当該企業、その経営者や親族の利益であったり、税制上の利得が、優先されがちである。しかし、事業承継を円滑に行うには、創業者によって築かれた中小企業秩序を尊重し労使双方の利益に配慮することも必要である。本研究では労働法、会社法、家族法の観点から、法人格否認の法理、詐害行為取消権、会社分割など、法交錯領域のテーマの検討を行った。研究会を14回開催し、実務家との積極的な意見交換も行った。