著者
進 夏未 當山 美唯 東 美空 田中 和子 吉村 耕一
出版者
科学・技術研究会
雑誌
科学・技術研究 (ISSN:21864942)
巻号頁・発行日
vol.6, no.1, pp.85-88, 2017 (Released:2017-06-30)
被引用文献数
1

トップアスリートは、集中力を高めてプレイを成功させるためにプレイの直前にある決まった動作(ルーティン動作)を付け加えている。本研究では、非アスリートにおいても、ルーティン動作を付加することにより、集中力が増して作業の精度が高まるか否かについて実験的に検討した。非アスリートの学生13人を対象とし、ルーティン動作に続けて、ダーツ、計算または記憶の作業を課した。ルーティン動作なしを対照実験とした。集中力評価のために、脳波を測定した。その結果、ルーティン動作により、ダーツと記憶作業中の集中力が増した。さらに、ルーティン動作により、ダーツ作業の精度が向上した。これらの結果から、非アスリートにおいても、ルーティン動作により集中力を高めて作業精度を向上できる可能性が示された。
著者
高橋 和郎 田中 和子 西川 清方 米本 哲人
出版者
The Japanese Society of Internal Medicine
雑誌
日本内科学会雑誌 (ISSN:00215384)
巻号頁・発行日
vol.64, no.10, pp.1140-1152, 1975
被引用文献数
1

8例の特異な急性多発性神経炎について臨床的ならびに末梢神経の電顕的検討を行なつた.これらの症例は下肢の著しい浮腫,疼痛をもつて始まり,上行性の運動麻痺,駆幹あるいは四肢末端の知覚障害,深部反射の低下をみる.麻痺は顔面神経に及ぶことがあり,一般に四肢末端に強い。知覚障害は比較的軽い.発症は急性あるいは亜急性で時に寛解,増悪を示し,しばしば,発熱,白血球減少,血沈促進, CRP陽性, A/G比低下など感染,アレルギーを思わせる所見を有する.同時に著しい心拡大,心雑音,時に心電図異常を認める.心臓症状は多発性神経炎の回復に先立つて軽快する.神経症状はGuil1ain-Barré症候群に類似するが,脳脊髄液は細胞数増加を示すことが多いが蛋白量は正常である。末梢神経は軸索,髄鞘共に著しい障害を示し,軸索再生,髄鞘再生の像がみられ,障害は有髄線維に著しい.再生した細い無髄線維の著しい増加がみられる.筋は軽度の血管周囲性リンパ球浸潤を示すものがあるが,筋炎という程の所見ではなく,一般に神経原性萎縮を示す.いずれも男性で1973年から1974年にかけて発症し,近年多発する傾向がある.脚気にも類似するが,要因と思われるものが見出し難く,かつしばしば感染,アレルギーを思わせる所見を有する.
著者
田中 和子 木津 祐子
出版者
京都大學大學院文學研究科・文學部
雑誌
京都大學文學部研究紀要 (ISSN:04529774)
巻号頁・発行日
vol.54, pp.1-28, 2015-03-10

"Map of Inner City of Beijing" has been stored in Kyoto University. The Maphas remained unknown even as bibliographic information until now. What doesthe map mean? Are there any other maps similar to the map? When was the mapdrawn? We tried to answer these questions from the viewpoints of geography andChinese philology.The following points are made clear: (1) "Map of Inner City of Beijing"shows the spatial arrangement of eight-banners in garrison of Manchu, Mongolian, and Han, with three marks of circle (Manchu), square (Mongolian), and triangle (Han). Each mark is color-painted in eight ways indicating thepatterns of eight-banners in Qing (清) Dynasty. (2) Total number of the eightbannersis about 550. Manchu is the majority, and Mongolian and Han are aboutone third of Manchu, respectively. (3) Distribution of the eight-banners ingarrison of Manchu, Mongolian, and Han is spatially uneven and it shows clearsegregation in small scale. Manchu are located at the central part of Inner City, and the other two are mostly located at peripheral areas along the City Wall.(4) In the course of our investigation, we found that "Complete Map of Innerand Outer Cities of Beijing in Daoguang (道光) Dynasty" is the only map whichalso shows the spatial arrangement of eight-banners in garrison by Manchuria, Mongolian, and Han. This map is stored in the National Library of China. (5) Thetwo maps stored in Kyoto University and the National Library of China are verysimilar in terms of map size, three map marks (circle, square, and triangle), theircoloring patterns, and numbers of eight-banners of three armies. (6) One of theclear differences between these maps is the assignment of marks: in "Map ofInner City of Beijing, " square indicates Mongolian and triangle indicates Han, onthe other hand, in "Complete Map of Inner and Outer Cities of Beijing, " squareindicates Han and triangle indicates Mongolian. The latter map is very delicatelydrawn on silk sheets, but the former is rather roughly drawn on paper sheets.(7) "Map of Inner City of Beijing" indicates the people's names who lived inthe official residences. Based on their lifetime- or enrollment-periods, the mapcould be inferred to have been produced in the late nineteenth century. (8)Although many Great Powers such as England and France built their embassiesin the area of Dong Jiao Min Xiang (東交民巷) since the Boxer Rebellion in 1860, there are no embassies. (9) It is ver y interesting that many of fices andresidences are indicated as their non-official names, and that informal styles andphonetic equivalent of Chinese characters are frequently used among all wordswritten in the map.These observation indicates that "Map of Inner City of Beijing" stored inKyoto University might be a very rare and valuable map for the 'eight-banners'study in Qing Dynasty, and that a detailed comparative study should be carriedwith respect to "Map of Inner City of Beijing, " "Complete Map of Inner and OuterCities of Beijing in Doanguang Dynasty" and the other maps which may be existsomewhere. One of our future tasks is to clarify the situation and backgroundswhen the map was produced.
著者
田中 和子 亀田 温子
出版者
国学院大学
雑誌
一般研究(C)
巻号頁・発行日
1986

すでに計画調書に明記したように, 本研究は「性差別意識」の構造的解明への第一歩を踏み出す試みであった. 昭和61年度には, 女性社会学, 帰属理論, 情緒社会学, 世代論等, 性差別意識や性別役割分業にかかわる理論的・実証的文献研究の成果をふまえて, アンケート調査およびインタヴュー調査を実施した. これを受けて昭和62年度には, 補足アンケート調査およびインタヴュー調査を遂行するとともに, 収集した調査資料の分析を行なった. ここで得られた知見の主要なものは, 以下のとおりである.1.国際的規模での性役割の流動化を背景に, 日本の大学生のあいだでは, 古典的な意味での性差別意識を持つ層は, もはや少数派となっており, 女性の社会進出も, 少くとも一般論の事柄にとどまる限りにおいては肯定的に受けとめられている.2.しかし, 性別役割分業意識は依然として根強く, しかも性役割の不均等配分が性差別としては意識されにくいという状況が現出している.3.上述の不均等な性役割の配分は, 旧来の男尊女卑思想やストレートな生物学的決定論に依拠することによってではなく, 能力や効率性, 好き・きらいといった選好など, 性別以外の要因に帰属させることによって合理化・正当化され, 結果的に性差別が容認されていく.4.社会一般の事象という水準では着々と進みつつあるかにみえる性役割の流動化も, 問題設定が被調査者にとってより身近なレベルに及ぶにしたがってその度合が減じる. 今回の調査結果から, 両性の日常的関係性にまでおよぶ性別役割分業の変容には, さらにかなりの時間がかかることが予測される.
著者
大沢 真理 小笠原 祐子 ロバーツ グレンダ 田中 和子 合場 敬子
出版者
東京大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2002

本研究は、経済グローバル化のもとで、「ニュー・エコノミー」として生じているとされる産業構造や労働組織など変化について、英、独、米および日本について、ジェンダー関係との関連を比較分析するもの。たとえば、産業や労働の組織の「フラット化」や「柔軟化」が語られながら、じつは社会的格差の拡大が懸念されること、また、近年の規制改革や福祉国家改革のベクトルでも、規制緩和や民営化ばかりではなく、再規制化やセーフティネット強化の要素が見逃せないこと、これらの事象のいずれもジェンダー関係と交差していること、が指摘される。対象4国は、今日の世界経済で大きな比重をもち、かつ相互に意味ある好対照をなしている。なにより4つの国は、異なる性格のジェンダー・レジームを持っている。アメリカは女性の就業を促進する方向に最も進んでおり、日本は女性の世帯内役割を最優先するジェンダー・レジームであるように見える。福祉と産業労働、家庭を横断するジェンダー・レジームは、収斂しているのか、あるいは強い経路依存性のもとで分岐しているのかなどの論点が、本研究で解明され発表されてきた。すなわち、2002年9月3日には東京大学において、公開シンポジウム「グローバル時代の「ニュー・エコノミー」-日米欧の比較ジェンダー分析」を開催し、本研究のコンセプトについて研究グループの外部から意見等を得た。その内容は、雑誌『現代思想』31巻1号(2003年1月号)の特集「トランスナショナル・フェミニズム」として発表された。2003年9月末にはブレーメン大学、2004年3月初めには日本国内で、海外共同研究者との研究会を集中的に開催した。研究の成果を広く社会に還元するべく、2004年3月4日に東京大学において、公開シンポジウム「グローバル時代の「ニュー・エコノミー」-日米欧の比較ジェンダー分析II」を開催(第18回東大社研シンポジウム)。
著者
田中 和子
出版者
福井大学地域環境研究教育センター
雑誌
福井大学地域環境研究教育センター研究紀要 「日本海地域の自然と環境」 (ISSN:1343084X)
巻号頁・発行日
no.3, pp.71-89, 1996-11-01

The 1948 Great Fukui Earthquake Disaster and the 1995 Great Hanshin-Awaji Earthquake Disaster are the most destructive two earthquake disasters in the post-World War II in Japan. These disasters, half-century separated in age, gave us similar experiences and lessons on the post-earthquake recovery. This indicates that we could not keep our important and valuable lessons obtained through the rescue and recovering processes in the Great Fukui Earthquake Disaster, when the Great Hanshin-Awaji Earthquake occurred. The Fukui Earthquake took place close to a medium-sized prefectural city (Fukui City , its population in 1948 was about 82 thousand) and its environs. Official and informal reports and documents commonly remark that the rescue of the toll and the revival from the miserable situation were successfully done in a relatively short period. As known in this example, the Great Fukui Earthquake Disaster gives us many of important lessons which seem to be still useful to minimize damages due to inland earthquakes whose epicenters locate close to urban areas. This paper focuses on how serious the social and economical damages caused by the Great Fukui Earthquake were and how successful its relief and restoration activities were. Examina- tion of the reports and documents reveals following characteristics pertaining to the Great Fukui Earthquake Disaster. 1) Localized damaged area and restricted information network: A. Localization: The damaged area was not so wide because the earthquake was a typical inland earthquake with a shallow seismic focus. The earthquake took place three years later of the end of World War II , when information networks were not so developed as we have today. The detailed and precise information of how damaged the areas were and what kinds of relief goods were required was transmitted neither so quickly nor frequently to all over Japan and the world. B. Toughness of Fukui residents: They underwent and bore two terrible hardships in several years: one was by the war devastation and the other by the earthquake disaster. Neverthe- less they successfully finished the reconstruction by themselves without sufficient financial support from the Government. 2) Lessons for rescue activities: Many lessons were pointed out through the rescue and reconstruction processes in the Great Fukui Earthquake Disaster. Some requested governmental preparation in advance of earth- quake disasters. For example, A. Necessity of unified command systems controlling disaster relief teams. B. Improvement of emergency communication and information networks. C. Establishment of the mutual rescue operation system among neighboring municipalities. D. To avoid fatal damages, repeat of disaster-education by schools, communities and local governments. These lessons appeared again after the Great Hansin-Awaji Earthquake Disaster. 3)Volunteer activities: The Red Cross Society, religious groups, student organizations, youth associations, and so on devotedly offered medical, welfare and labor services. Bath-giving service and milk distribu- tion for babies and infants were also greatly appreciated. It was stressed that volunteers had to come to damaged areas with their foods and beds. 4) Disaster prevention programs: A. Realization of urban planning to minimize disaster damages. B. Repeated evacuating practices. C. Education of seismological characteristics of earthquakes and geography of the neighbor- hood.
著者
田中 和子/服部 勇
出版者
福井大学地域環境研究教育センター
雑誌
福井大学地域環境研究教育センター研究紀要 「日本海地域の自然と環境」 (ISSN:1343084X)
巻号頁・発行日
no.4, pp.77-90, 1997-11-01

After the 1948 Great Fukui Earthquake Disaster, Fukui Prefectural Government and municipalities in the damaged area established and managed many long-term projects for regional reconstruction. The projects involved were urban planning, construction of straight and wide roads, reclamation of agricultural land by drainage improvement, and prevention of disasters. The fundamental structure of the today's Fukui Region has been originated from the programs. This paper examines these long-term programs and their function to today's society. Re-evaluated and discussed here are the important lessons which we can get in the reconstruction programs from the Great Fukui Earthquake Disaster. Some of the lessons are as follows: 1) assuming cases of the worst situation, legal preparation and supplement in advance of disasters are necessary. 2) disaster relief teams should be active under the control of a unified command system. 3) the supreme commander should legally do precise and timely decision making. 4) a positive catchphrase may be effective to encourage residents' rebuilding activities. 5) long-term reconstruction programs should be based on attractive master policies for the damaged region 6) integrated relief organizations should be established among municipalities and prefectures in the vicinity before terrible disasters. 7) multiple systems of transportation and communication should be constructed. 8) prevention programs of disasters would be renewed to meet the current needs. 9) the prior distribution of budget to key projects is indispensable for the quick and attractive reconstruction. 10 ) urgent measures should be limited in a short term, and long-term reconstruction activities would be tackled as soon as possible . 11 ) a disaster-prevention system should be established by taking regional characteristics such as geological, geographical, social, cultural conditions into consideration.
著者
渡邊 裕子 赤星 千絵 関戸 晴子 田中 幸生 田中 和子 下条 直樹
出版者
[日本食品衛生学会]
雑誌
食品衛生学雑誌 (ISSN:00156426)
巻号頁・発行日
vol.53, no.2, pp.98-104, 2012
被引用文献数
3

全卵・卵白・卵黄を用いた菓子・肉団子・パスタ・プリンモデル食品を作製し,調理による卵タンパク質の検出値の変化を,抽出液にトリス塩酸緩衝液を用いたELISAキットにより測定した.菓子,肉団子では揚調理が最も低下し,肉団子はレトルト処理によりオボアルブミン(OVA)は検出限界以下(<1 μg/g)となり,オボムコイド(OVM)も最も低下した.ゆえに,調理温度とともに均一な加熱処理が加わる調理方法が卵タンパク質の検出に影響した.また,卵黄使用の肉団子レトルト処理とパスタでは,いずれの卵タンパク質も6 μg/g以下となり,さらに患者血清中のIgE抗体によるウエスタンブロット法では,OVA,OVMは検出されなかった.一方,抽出液に可溶化剤を用いたELISAキットでは,前述のキットに比べ定量値が上がり,加熱処理したタンパク質が検出された.
著者
渡邊 裕子 赤星 千絵 関戸 晴子 田中 幸生 田中 和子 下条 直樹
出版者
公益社団法人 日本食品衛生学会
雑誌
食品衛生学雑誌 (ISSN:00156426)
巻号頁・発行日
vol.53, no.2, pp.98-104, 2012-04-25 (Released:2012-05-19)
参考文献数
21
被引用文献数
2 3

全卵・卵白・卵黄を用いた菓子・肉団子・パスタ・プリンモデル食品を作製し,調理による卵タンパク質の検出値の変化を,抽出液にトリス塩酸緩衝液を用いたELISAキットにより測定した.菓子,肉団子では揚調理が最も低下し,肉団子はレトルト処理によりオボアルブミン(OVA)は検出限界以下(<1 μg/g)となり,オボムコイド(OVM)も最も低下した.ゆえに,調理温度とともに均一な加熱処理が加わる調理方法が卵タンパク質の検出に影響した.また,卵黄使用の肉団子レトルト処理とパスタでは,いずれの卵タンパク質も6 μg/g以下となり,さらに患者血清中のIgE抗体によるウエスタンブロット法では,OVA,OVMは検出されなかった.一方,抽出液に可溶化剤を用いたELISAキットでは,前述のキットに比べ定量値が上がり,加熱処理したタンパク質が検出された.
著者
田中 和子
出版者
一般社団法人 日本助産学会
雑誌
日本助産学会誌 (ISSN:09176357)
巻号頁・発行日
vol.27, no.2, pp.279-289, 2013 (Released:2014-03-05)
参考文献数
15

目 的 インドネシアバリ島の現地男性と結婚した日本人女性が,バリ=ヒンドゥー教の思想と子育てとの関係をどのように捉え,子育てをめぐりどのような生活体験をしているのかを明らかにする。対象と方法 研究者はインドネシア,バリ島に約3ヶ月間滞在し,ヒンドゥー教の思想をもつ男性と結婚した日本人女性11名を対象に,バリ=ヒンドゥー教の思想に関連した生活体験がどのように子育てに影響を与えているか,半構造的面接を行い,帰納的に分析し検討した。結 果 分析の結果,12個のカテゴリーと39個のサブカテゴリーが抽出された。 【バリの生活に馴染む努力】を積極的にする女性たちは,【ヒンドゥー教を受容】することが容易であり,【子どもに民間療法を取り入れる】ことも受容的であった。一方,ヒンドゥー教の受容が難しい場合,【子どもに民間療法を取り入れない】傾向があった。女性たちは,【ヒンドゥー教受容の難しさ】を感じながらも,【みんなで子どもを育てる】バリは日本よりも【子育てに適した環境】と捉えていた。また,女性たちは肯定的に【ヒンドゥー教と子どもの健康は関係する】と考えており,【大家族の生活に戸惑い】ながらも,【みんなで子どもを育てる】ことに感謝していた。女性たちは,【男児尊重の思想を否定】し,かつ思想に関して【子どもに選択肢を与えたい】という思いが,【ヒンドゥー教受容の難しさ】の要因として考えられた。ヒンドゥー教の受容の程度はさまざまであったが,女性たちは【バリで子どもを育てる覚悟】があった。結 論 バリ島で現地男性と結婚し,そこで暮らす日本人女性にとって,バリ=ヒンドゥー教の思想が子育てに大きく影響していた。
著者
三谷 明美 田中 和子 浦山 晶美 佐世 正勝 田中 マキ子
出版者
山口県立大学
雑誌
山口県立大学学術情報 (ISSN:18826393)
巻号頁・発行日
vol.9, pp.135-142, 2016-03-31

The intake of folic acid by women who are able to produce children has been encouraged by the Ministry of Health, Labor and Welfare since 2000. However, there is no trend of decrease of neural tube defects (hereafter referred as to "NTD") related to the folic acid intake in Japan. Therefore, it cannot be said that the importance of the intake of folic acid is fully known by them. Therefore, a questionnaire was implemented with 300 mothers nurturing their preschool-aged children about the awareness of folic acid. As a result, 68.7% of them knew that folic acid is a kind of vitamin, 69.3% of them knew its effect of preventing congenital abnormalities, and 64.0% of them knew that, in order to prevent congenital abnormalities, it is necessary to have an intake of folic acid before pregnancy. Of the women who partook in this study, 72.3% had taken a folic acid supplement in the past, and 58% of them had reported to have obtained information of folic acid. Therefore, they all had a good understanding of folic acid. However, only 24.7% of them knew that it can be better absorbed by the body in supplement form. Therefore, it cannot be said that they were well enough informed of the characteristic of its absorption by the body and the significance of taking it in supplement form; so it was suggested that they should be provided with the necessary information.2000年より厚生労働省により妊娠可能女性への葉酸摂取が推奨されている。しかしながら葉酸摂取の有無と関係する我が国の神経管閉鎖障害(NTD;Neural Tube Defects、以下NTDと略す)発症率に減少傾向はみられず、十分に認知されているとはいえない状況である。そこで未就学児を養育している母親300名に葉酸に関する認知について調査を行った。葉酸がビタミンの一種であることを知っている人は68.7%であった。また、先天奇形の予防効果を知っていた人は69.3%であった。奇形予防のためには妊娠前から葉酸を服用する必要があることを知っていたのは64.0%であった。過去に葉酸サプリメント摂取の経験がある人も72.3%いた。また、葉酸の情報の入手したことがある母親は58%であり、葉酸の認知度は高いといえる。しかし、食品で摂取するより、サプリメントの方が吸収率が良いことを知っていた人は24.7%であった。したがって、葉酸の吸収の特性やサプリメントとしての摂取することの意義などの知識は十分であるとはいえず、情報提供の必要性が示唆された。
著者
赤澤 晃 田中 和子
出版者
日本小児アレルギー学会
雑誌
日本小児アレルギー学会誌 (ISSN:09142649)
巻号頁・発行日
vol.15, no.1, pp.34-38, 2001-04-01 (Released:2010-08-05)
参考文献数
3

1979年にラテックスアレルギーが報告されて以来, 欧米では数多くのアナフィラキシーショック症例, 死亡例が報告されるようになり, 米国アレルギー学会, FDAによる調査・研究・行政指導・法制定によりその対応がなされてきた. 日本国内でのラテックスアレルギーの患者調査では81名の患者報告があった. 小児科領域では, ラテックス製医療用具の使用者, 多種目の食物アレルギー患者はハイリスクグループであり, 一般でも小児への日常生活での注意も必要である.
著者
田中 和子 加藤 直樹 安達 一寿 江口 愛子 森 未知
出版者
日本教育情報学会
雑誌
教育情報研究 : 日本教育情報学会学会誌 (ISSN:09126732)
巻号頁・発行日
vol.18, no.4, pp.3-12, 2003-03-31

国立女性教育会館(以下会館)では,2000年から2002年にかけて,女性教育に関するナショナルセンターとして,男女共同参画社会の実現に向け,女性情報関連語の新しい概念構造を体系化し,それに基づいてシソーラスを開発するための調査研究を行った.そこでは,女性情報の新たな段階に対応するシソーラスの枠組み・内容の見直しとともに,情報通信ネットワークを活用した継続的な改訂作業や既存データベースにおけるシソーラスの活用機能を検討し,シソーラス編集システム及びデータベース検索のためのシソーラス参照機能を開発した.その結果,ネットワークシステム上でのシソーラス共有が可能となり関係機関が保有する個別データベースシステムの組織化が検討可能になった.
著者
加藤 直樹 田中 和子 安達 一寿 江口 愛子 森 未知
出版者
日本教育情報学会
雑誌
年会論文集
巻号頁・発行日
no.18, pp.302-303, 2002-08-31

国立女性教育会館では, 2000年から2002年にかけて女性情報教育シソーラスの改訂を行った。改訂に伴い, 情報通信ネットワークを活用した継続的な改訂作業や既存データベースにおけるシソーラス活用機能を検討し, シソーラス編集システム及びデータベース検索のためのシソーラス参照機能を開発した。その結果, ネットワーク上でのシソーラス共有が可能となり関係機関が保有する個別データベースシステムの組織化が検討可能となった。