勉誠出版編集部 (@bensey_edit)

投稿一覧(最新100件)

RT @NDLJP: 民俗学者として著名な柳田国男が官僚時代に貴族院に勤務していたころの珍しい写真です。場所は帝国議会議事堂の貴族院書記官長室です。 「帝国議会の図書館はどこにあったのか?」 https://t.co/LBIatqPyso 『国立国会図書館月報』1月号 http…

18 0 0 0 OA 薄様色目

RT @NDLJP_en: Aesthetics of Japanese color combinations. Enjoy kasane layers (color combinations found in the garments of aristocrats durin…

18 0 0 0 OA 薄様色目

RT @kagekageko: 薄様色目。国立国会図書館デジタルアーカイブ。 https://t.co/Doiz9hGebM
RT @hashimoto_tokyo: ちなみに曲亭馬琴『里見八犬伝』の表紙・挿絵は柳川重信(北斎の義理の息子)が描いてるんだけど、そんなにたくさん犬は出てこないよね……。南総里見八犬伝 9輯98巻. 第三輯巻一(国立国会図書館デジタルコレクション)https://t.co/…
RT @NDLJP_en: The article "Minakata Kumagusu’s letters to Shirai Mitsutaro" tells us of the friendship between two scholars who shared inte…
RT @kagekageko: 紫式部は彰子の何を見ていたのか。詳細な分析が面白い。ダウンロード可。無料。 J-STAGE Articles - 彰子賛美の真情 →山本淳子https://t.co/o1yaUTvIBe
RT @kuma_kichi_1Q63: 現在、「公暁」の読み方の有力説は「コウギョウ」です。 坂井 孝一『源氏将軍断絶 ―なぜ頼朝の血は三代で途絶えたか』 渡部 泰明・編『源実朝 ―虚実を越えて―』 舘 隆志「公暁の法名について」 (『印度学佛教学研究』61巻1号、201…
RT @eripoppins: 《書評》小出いずみ 著『日米交流史の中の福田なをみ:「外国研究」とライブラリアン』 https://t.co/iXueORqHlI

10 0 0 0 OA 道具字引図解

RT @NDLJP_en: Illustrated dictionary on tools used in the Edo era. Look at various things like clothes, stationery, weapons, etc. https://t…
RT @NDLJP_en: Do you have opportunities to write letters? Higuchi Ichiyo authored a style guide for writing letters in the sorobun style: h…
RT @tktrl: J-STAGE Articles - 宮澤俊雅著, 『倭名類聚抄諸本の研究』, 2010年4月20日発行, 勉誠出版刊, A5判, 544ページ, 12,000円+税 https://t.co/hFU7M8nAcH 諸本間距離、仮名字母分布の違いなど。ふむ…
RT @t_kawase: なお、庄子大亮さんの本の原型となった論文が収録されている、小澤実編『近代日本の偽史言説 : 歴史語りのインテレクチュアル・ヒストリー』(勉誠出版、二〇一七年)の僕の書評はこちら(自己宣伝且つ書籍宣伝)。 https://t.co/qYyfMNRcZ0
RT @NDLJP_en: Ito Jakuchu was an Edo-period artist whose works remain popular today. Many of his works are available in the NDL Collections…
RT @lT0aJ4XtBBO0B2s: 金剛三昧院にて、シンポジウムの展示にふさわしいものを考えています。手前に広げているのは、「柿木鑁字縁起」。すでに山田雄司先生によって『三重大史学』第12号(2012年)で紹介されていますが、建長3年(1251)に甲斐国で起きた奇瑞につい…
RT @NDLJP: 中国で地域ごとに編纂される著作「地方志」。地域の歴史と現状を知る上で欠かせない情報源です。#アジア情報室通報 では、近年の地方志編纂の動向や当館での所蔵状況等を紹介しています。 「中国の地方志と国立国会図書館における所蔵状況―2022年 3月時点―」 h…
RT @NDLJP: 国立国会図書館には日々様々な国や地域から資料が届きます。この記事では、外国語資料の書誌情報を作成している職員が、業務の魅力や外国語資料を検索するコツを紹介しています。「What language is this?」 https://t.co/3eCZdJy…
RT @nanbubot2: ●"アイヌ史的近世"をめぐって--アイヌ史の可能性、再考 (アイヌ史を問いなおす--生態・交流・文化継承) -- (アイヌ史の再構成)(2011) https://t.co/pVvwoi85zt
RT @NDLJP: 一見 #ナゾすぎる 絵の羅列に見えますが、これは絵で読める般若心経です。 詳しくは、当館の #本の万華鏡「へのへのもじえ―文字で絵を描く―」のコラム「絵心経」をぜひご覧ください。 https://t.co/Y1Hd1efwci #キュレーターバトル ht…

3 0 0 0 OA 新刊書紹介

RT @matsuda_hiro: https://t.co/8fppstlmIt 「里海学のすすめ」の書評です。「里海」とい用語を使うかどうかは別にして,人が使いながら自然を守るという概念は必要でしょう。
RT @kotekirinokai: 授業で使用する場合、以下のURLから取得できる展示図録から、装訂や書型の部分を印刷配付して、動画解説を使用すると、さらに分かりやすいと思います。 WEB環境がなければ図録だけでも。出典情報を記載すれば、非営利・非改変の条件はありますが、複製…

400 0 0 0 OA 麗斎叢書

RT @NDLJP: 小判を持ち、体に銭を付けた #ナゾすぎる 人面獣。 一見すると縁起が良さそうですが、その実態は…? #キュレーターバトル https://t.co/ygtikI9Gl3 https://t.co/yB6Ybd8yN8

910 0 0 0 OA 料理古実之図

RT @NDLJP: 江戸時代の料理書です。包丁でさばいた様子を示してくれているような気はするのですが、実用性は…#ナゾすぎる 資料です。 #キュレーターバトル https://t.co/AUEE2IhLTM https://t.co/NOoA6tKK8x

3 0 0 0 性科学全集

RT @shikimizu: #国会図書館デジタルコレクション 『性科学全集 第11編 吸血妖魅考』から北川幸比古の「世界の幽霊おばけ100選」の世界編の方で多く採用されています。その後、水木しげるにも繋がってくるので、重要な一冊です。『列伝体 妖怪学前史』の北川幸比古項で参照…
RT @shikimizu: #国会図書館デジタルコレクション 『土木技術』8巻12月号「農業災害と土木」では山田野理夫の農林省時代の仕事として上流より分配される水利慣行も書いてあります。赤舌の話もこういう経験が生きてるのを感じます。『列伝体 妖怪学前史』の山田野理夫項で参照に…

13 0 0 0 日本の俗信

RT @shikimizu: #国会図書館デジタルコレクション 『日本の俗信 第1巻 迷信の実態』では今野圓輔が「妖怪に關する資料」を執筆。妖怪一つ一つの解説はないものの柳田國男の「妖怪名彙」のカテゴライズの解像度が上がる資料です。『列伝体 妖怪学前史』の今野圓輔項で参照にし…

4 0 0 0 温泉

RT @shikimizu: #国会図書館デジタルコレクション 「空飛ぶ円盤はある」は平野威馬雄が『温泉』28巻3月号(温泉の雑誌です)で唐突にぶち込んできたUFO記事。ここら辺からUFO→お化けを守る会という感じで活発になる。『列伝体 妖怪学前史』の平野威馬雄項で参照にしまし…

2 0 0 0 現代の眼

RT @shikimizu: #国会図書館デジタルコレクション 『現代の眼』14巻12月号では加太こうじが平野威馬雄主催のお化けを守る会について書いています。この記事でメンバーの一端や具体的な活動などが書かれている貴重な記録です。『列伝体 妖怪学前史』のお化けを守る会項で参照に…

8 0 0 0 宮城県史

RT @shikimizu: 一部個人送信が可能になった国会図書館のデジタルコレクションですが、山田野理夫がおばけ文庫などで多く参照した宮城県史も自宅で閲覧可能になりました。これで『列伝体 妖怪学前史』と絡めたり、日文研のデータベースで宮城県史が引っかかった際に原文確認が気軽に…
RT @nknatane: https://t.co/NiL3Ywb10S なお当該史料は国会図書館デジコレで公開されている。
RT @maihime2021: CiNii 論文 -  書評 俵木悟著『文化財/ 文化遺産としての民俗芸能 ― 無形文化遺産時代の研究と保護 ―』 https://t.co/fQ8LO6RYZL #CiNii
RT @archivearticles: 南北朝期宗氏による対馬支配と少弐氏/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/J1tam8UJ8Y
RT @archivearticles: 戦国期守護職をめぐる尼子氏と京極氏/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/SPBomHbs3L
RT @archivearticles: 近世琉球の生子証文 : 様式変化とその歴史的背景/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/Bp7LnOCQh2
RT @archivearticles: 『看聞日記』の引用表現について/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/dHfax12Xvn
RT @archivearticles: 宮内庁書陵部所蔵「千栗八幡宮造営一件文書」の基礎的考察 : 千栗宮造営をめぐる鎌倉幕府と国衙・大宰府・朝廷の動向/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/2lvlCRRFa2
RT @archivearticles: 「堅田文書」に遺る秀吉関係書状二通/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/BcIMhN6iCT
RT @archivearticles: 日本の中世文書料紙覚書/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/bY55MY3FbM
RT @archivearticles: 書評と紹介 前田雅之編『画期としての室町 : 政事・宗教・古典学』/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/AzhdfGMvnN
RT @archivearticles: 書評と紹介 小島道裕・田中大喜・荒木和憲編/国立歴史民俗博物館監修『古文書の様式と国際比較』/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/dCbK5rcEAd
RT @archivearticles: 書評と紹介 谷口雄太著『中世足利氏の血統と権威』/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/nInPnNTKma
RT @archivearticles: 書評と紹介 馬部隆弘著『戦国期細川権力の研究』/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/8XPlDXA93O
RT @archivearticles: 書評と紹介 久野雅司著(戎光祥研究叢書一六)『織田信長政権の権力構造』/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/8GGyDNP8ST
RT @archivearticles: 書評と紹介 服部龍二著『外交を記録し、公開する : なぜ公文書管理が重要なのか』/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/HCiP6szTB3
RT @archivearticles: 書評と紹介 加藤諭著『大学アーカイブズの成立と展開 : 公文書管理と国立大学』/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/0I73HfdrEE
RT @archivearticles: 石田三成 坂田郡多和田村十三ヶ状掟書 一面/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/BPpADAxsI0
RT @archivearticles: 室町幕府奉行人飯尾氏の基礎的研究 : 南北朝期を中心に/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/t6cDLJkRzn
RT @archivearticles: 書評と紹介 中野目徹編『官僚制の思想史 : 近代日本社会の断面』/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/0FQke9cNv5
RT @komatutopia: 『一刀斎先生剣法書』訳注及びスポーツ教育的視点からの考察(1) https://t.co/fsBXqmfuEn 山形大学のリポジトリにある(1)〜(3)が発展したものかな
RT @hiroark7: 日文研大衆文化研究の集大成の一つである、 日本大衆文化研究叢書の全5巻序論集とその英訳が、日文研オープンアクセスサイトから公開されました。 講義などにも使えますね。 日文研大衆文化研究叢書 全5巻序論集 https://t.co/52bQkKNc…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 『一刀斎先生剣法書』訳注及びスポーツ教育的視点からの考察 (1)(竹田 隆一ほか),2003 http://t.co/3szeGKRQge

11 0 0 0 OA 万葉集雑攷

RT @manreki: 鎌倉時代の万葉集研究者である仙覚は、建仁3年(1203)比企の乱の年の生まれで、承久の乱の時19歳。 #鎌倉殿の13人 の時代にばっちり重なっている人❗️ 小川靖彦『萬葉学史の研究』の仙覚年表が便利。 井上通泰『万葉集雑攷』も国会図書館デジタルライ…
RT @kokatsujitantei: 大阪工業大学図書館枚方分館さん、ご購入ありがとうございました。 「中近世移行期の文化と古活字版」(勉誠出版刊)、ついに大台、101館目。 https://t.co/JTQq5WFOzg
RT @kotosakikotoko: 「津軽一統志」の編纂と弘前藩 (書物のなかの近世国家 : 東アジア「一統志」の時代) -- (東アジアの一統志) https://t.co/vIZZDrnr5V

34 0 0 0 OA 女見台錦輦 3巻

RT @NDLJP: 人面犬?人面魚?いいえ、こちらは桜川慈悲成作の『人面樹鼻の親玉』に登場する人面樹。一斉に咲き誇る花たちは物言わずしきりに笑い、そのまま落ちるそう…。なんとも #ナゾすぎる 植物です。 #キュレーターバトル https://t.co/Om2NO7nwSg h…
RT @shikimizu: 大学図書館でも現在29件の所蔵が確認できています。在学在勤中の大学に無さそうだったら是非『列伝体 妖怪学前史』をリクエストしてください。 https://t.co/Rb007SQ7Y3 https://t.co/XmR69J4Cxr
RT @archivearticles: 書評 松川雅信著『儒教儀礼と近世日本社会 : 闇斎学派の『家礼』実践』/ . ヒストリア (via CiNii Articles). https://t.co/keTQDxtND1
RT @Kangen_Coup1246: 小島道裕「戦国大名の印判―公印/個人印の区別をめぐって―」は、同「戦国大名の印判状について」(小島道裕・田中大喜・荒木和憲編『古文書の様式と国際比較』勉誠出版、2020年)やリンク先の論考での議論をさらに展開されるのであろうか。 htt…
RT @kotosakikotoko: 「津軽一統志」の編纂と弘前藩 (書物のなかの近世国家 : 東アジア「一統志」の時代) -- (東アジアの一統志) https://t.co/vIZZDrnr5V
RT @t_kawase: @nakaragi85 自己宣伝になるけど、僕、この本の書評書いているから、できれば読んでね。 https://t.co/qYyfMNA9X0
RT @Kangen_Coup1246: 小島道裕「戦国大名の印判―公印/個人印の区別をめぐって―」は、同「戦国大名の印判状について」(小島道裕・田中大喜・荒木和憲編『古文書の様式と国際比較』勉誠出版、2020年)やリンク先の論考での議論をさらに展開されるのであろうか。 htt…
RT @hyousen: https://t.co/J3tAnlvBMZ CiNiiでの妖怪学前史 https://t.co/84gbakcTrg
RT @digitalarchivej: 「デジタルアーカイブ学会誌」 2021年第4号 [書評・新刊紹介]『デジタルアーカイブ・ベーシックス5 新しい産業創造へ』. 山川 道子 https://t.co/N02KjbLFa2

20 0 0 0 OA 八ツ山羊

RT @NDLJP_en: Japanese translation of Grimm’s fairy tale, "The wolf and the seven young kids," published as "Eight goats" in 1887. You can…
RT @NICHIBUNKENkoho: 【お知らせ】湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)で昨年開催された「京都からやってきた妖怪たち 国際日本文化研究センターコレクション」の簡易図録がオープンアクセスで公開されました。 https://t.co/vP5wuQ…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 書評 坂口明・豊田浩志編『古代ローマの港町 オスティア・アンティカ研究の最前線』 (豊田浩志先生・大澤正昭先生退職記念号)(大清水 裕),2017 https://t.co/oLRbSIM3J8 豊田浩志先生・大澤正昭先生…
RT @keisoshoboedit: 『訪問介護と看護』編集室さんがツイートしてらしたこの論文、とても面白そう。鹿児島出身の老母が体調を説明する形容詞に時折方言が混じるようになり、身体感覚を表現するのに「標準化」された言葉ではぴったりこないんだろうなと。(橋) https:…
RT @archivearticles: 近世・近現代 文書の保存・管理の歴史[佐藤孝之、三村昌司編]/ . アーカイブズ学研究(via CiNii Articles). https://t.co/7cA94CHOrN
RT @NDLJP: 小口にカバーのついたイスラーム圏特有の装丁。画像は1859年にカイロで出版されたシャアラーニーのكتاب الميزان(天秤)です。 #アジア情報室 が所蔵する #アラビア語 資料を、横内吾郎先生に分析、評価していただきました。アジア情報室通報でご覧くだ…
RT @nolnolnol: CiNii 論文 -  中世地下文書・村落文書論の現在 : 春田直紀編『中世地下文書の世界』・薗部寿樹『日本中世村落文書の研究』を中心に (特集 中世村落史研究のフロンティア) https://t.co/ZJLVahr3CV #CiNii
RT @archivearticles: 書評と紹介 明治大学広開土王碑拓本刊行委員会編/吉村武彦・加藤友康・徐建新・吉田悦志『明治大学図書館所蔵 高句麗広開土王碑拓本』/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/pdkL5gqL…
RT @archivearticles: 将軍足利義晴上﨟一対局と京都/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/LyqKCvGnnG
RT @archivearticles: 古典と公家文化 : 戦国期の公家日記に見る/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/oPkeYVZUO8
RT @archivearticles: 石水博物館の歴史資料/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/9jL3CnzArj
RT @archivearticles: 追悼文 鈴江英一先生の想い出/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/hAcSMEmGIB
RT @archivearticles: 「忽那一族軍忠次第」の成立/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/uZdIZUS4ec
RT @archivearticles: 室町幕府における侍所・山城守護の管轄領域区分/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/qqnoj7lQoK
RT @archivearticles: 醍醐寺における法流相承と文書・聖教の生成 : 報恩院隆源を通して/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/KA2SsdkEON
RT @archivearticles: 仙台藩土青田家文書 二十一通/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/lV5k9ytPck
RT @archivearticles: 書評と紹介 稲岡勝著『明治出版史上の金港堂 : 社史のない出版社「史」』/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/bCuJubeGFu
RT @archivearticles: 書評と紹介 稲岡勝著『明治出版史上の金港堂 : 社史のない出版社「史」』/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/bCuJubwi44
RT @archivearticles: 中元崇智著『明治期の立憲政治と政党 : 自由党系の国家構想と常史編纂』/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/djQn1HPTC3
RT @archivearticles: 書評と紹介 一柳廣孝著『怪異の表象空間 メディア・オカルト・サブカルチャー』/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/vc5VE3cPw6
RT @archivearticles: 書評と紹介 矢田俊文著『戦国期文書論』/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/03neVABrDK
RT @archivearticles: 書評と紹介 近藤剛著『日本高麗関係史』/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/NB8qKMuxdX
RT @archivearticles: 書評と紹介 工藤浩編『先代旧事本紀論 : 史書・神道書の成立と受容』/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/JY2DcgppHv
RT @archivearticles: 書評と紹介 倉本一宏著『『御堂関白記』の研究』/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/Od4jKogXDI
RT @archivearticles: 書評と紹介 独立行政法人国立文化財機構 奈良文化財研究所編『藤原宮木簡四』(奈良文化財研究所史料第九十一冊)/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/1dbo8ZqafZ
RT @archivearticles: 日唐の改元と大赦 : 水上雅晴編・高田宗平編集協力『年号と東アジア : 改元の思想と文化』(八木書店、二〇一九年)に寄せて/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/THtyXffWos
RT @archivearticles: 任官料足請取状(「饗料腰差酒肴」請取状)の検討/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/94whw5yjEU
RT @NDLJP_en: The questions in the book "Quiz―700 answers to questions on things Japanese" cover a wide range of subjects and content abo…
RT @NDLJP_en: The article "Minakata Kumagusu’s letters to Shirai Mitsutaro" tells us of the friendship between two scholars who shared inte…

27 0 0 0 OA 源氏五十四帖

RT @NDLJP_en: #TaleofGenji consists of 54 cho (volumes). Ogata Gekko, an #ukiyoe artist active from the Meiji to Taisho periods, drew illus…
RT @orikuchicahier: CiNii 論文 -  ラハマン・メソッドとはなにか? : セバスティアーノ・ティンパナーロ『ラハマン・メソッドの創成』をめぐって (特集 編集文献学への誘い) 伊藤博明先生論文。 https://t.co/65N0buOchY
RT @orikuchicahier: CiNii 論文 -  注釈の編集文献学 : ヨーロッパ中世文学と注解書写本 (特集 編集文献学への誘い) 松田隆美先生。 https://t.co/CcaYhz8hs0
RT @NDLJP_en: What did people in the Imperial court wear in old times? Take a look at their beautiful outfits at #ndldigital. https://t.co/…
RT @archivearticles: 書評と紹介 廣瀬憲雄著『古代日本と東部ユーラシアの国際関係』/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/vKzvrgKMmw
RT @JSSunofficial: 書評 根本雅也著『ヒロシマ・パラドクス : 戦後日本の反核と人道意識』 https://t.co/wS1dGid200
RT @nolnolnol: CiNii 論文 -  僧坊酒宴追考 (酔いの文化史 : 儀礼から病まで) -- (酔いと宗教) https://t.co/3XQcTsHm6q #CiNii
RT @Kino_see: いま読んできたが、記憶にあったのはこれかなぁ…都状を文章家が云々は… CiNii 論文 -  藤原成佐の「泰山府君都状」について (衝突と融合の東アジア文化史) -- (漢文の摂取と消化) https://t.co/PICwgjvruT #CiNii

お気に入り一覧(最新100件)

民俗学者として著名な柳田国男が官僚時代に貴族院に勤務していたころの珍しい写真です。場所は帝国議会議事堂の貴族院書記官長室です。 「帝国議会の図書館はどこにあったのか?」 https://t.co/LBIatqPyso 『国立国会図書館月報』1月号 https://t.co/zT105xCIRn

18 0 0 0 OA 薄様色目

Aesthetics of Japanese color combinations. Enjoy kasane layers (color combinations found in the garments of aristocrats during the Heian period) of each season. #ndldigital https://t.co/exrCsS4n4k https://t.co/bk9cwAKmA8

18 0 0 0 OA 薄様色目

薄様色目。国立国会図書館デジタルアーカイブ。 https://t.co/Doiz9hGebM
ちなみに曲亭馬琴『里見八犬伝』の表紙・挿絵は柳川重信(北斎の義理の息子)が描いてるんだけど、そんなにたくさん犬は出てこないよね……。南総里見八犬伝 9輯98巻. 第三輯巻一(国立国会図書館デジタルコレクション)https://t.co/6gn2B901c4 https://t.co/gLJ0345Lm0
The article "Minakata Kumagusu’s letters to Shirai Mitsutaro" tells us of the friendship between two scholars who shared interests in biology and herbology as well as the conservation of nature. https://t.co/A6E2XAWUMy https://t.co/A9M8ufIeqB
紫式部は彰子の何を見ていたのか。詳細な分析が面白い。ダウンロード可。無料。 J-STAGE Articles - 彰子賛美の真情 →山本淳子https://t.co/o1yaUTvIBe
現在、「公暁」の読み方の有力説は「コウギョウ」です。 坂井 孝一『源氏将軍断絶 ―なぜ頼朝の血は三代で途絶えたか』 渡部 泰明・編『源実朝 ―虚実を越えて―』 舘 隆志「公暁の法名について」 (『印度学佛教学研究』61巻1号、2012年) https://t.co/Z3mzuGvvoU #鎌倉殿の13人 (→次へ) https://t.co/K6Ywa1T8RE

10 0 0 0 OA 道具字引図解

Illustrated dictionary on tools used in the Edo era. Look at various things like clothes, stationery, weapons, etc. https://t.co/q7iM7njVrB https://t.co/y9vS0TPk4t
《書評》小出いずみ 著『日米交流史の中の福田なをみ:「外国研究」とライブラリアン』 https://t.co/iXueORqHlI https://t.co/PMIzPELYJH
Do you have opportunities to write letters? Higuchi Ichiyo authored a style guide for writing letters in the sorobun style: https://t.co/ZKCWdXRcF0 #ndldigital https://t.co/GIQHoeXQW1
J-STAGE Articles - 宮澤俊雅著, 『倭名類聚抄諸本の研究』, 2010年4月20日発行, 勉誠出版刊, A5判, 544ページ, 12,000円+税 https://t.co/hFU7M8nAcH 諸本間距離、仮名字母分布の違いなど。ふむ……
なお、庄子大亮さんの本の原型となった論文が収録されている、小澤実編『近代日本の偽史言説 : 歴史語りのインテレクチュアル・ヒストリー』(勉誠出版、二〇一七年)の僕の書評はこちら(自己宣伝且つ書籍宣伝)。 https://t.co/qYyfMNRcZ0
Ito Jakuchu was an Edo-period artist whose works remain popular today. Many of his works are available in the NDL Collections. #ndldigital https://t.co/C2VsBuYpjy https://t.co/BjmWsBMH8w
金剛三昧院にて、シンポジウムの展示にふさわしいものを考えています。手前に広げているのは、「柿木鑁字縁起」。すでに山田雄司先生によって『三重大史学』第12号(2012年)で紹介されていますが、建長3年(1251)に甲斐国で起きた奇瑞について記した縁起です。https://t.co/Co1HFuq8VF https://t.co/q7rIupRUS8
中国で地域ごとに編纂される著作「地方志」。地域の歴史と現状を知る上で欠かせない情報源です。#アジア情報室通報 では、近年の地方志編纂の動向や当館での所蔵状況等を紹介しています。 「中国の地方志と国立国会図書館における所蔵状況―2022年 3月時点―」 https://t.co/JtTQq12mCy https://t.co/7ZNyWgILTD
国立国会図書館には日々様々な国や地域から資料が届きます。この記事では、外国語資料の書誌情報を作成している職員が、業務の魅力や外国語資料を検索するコツを紹介しています。「What language is this?」 https://t.co/3eCZdJyzp8 https://t.co/r5cisvMJHT
一見 #ナゾすぎる 絵の羅列に見えますが、これは絵で読める般若心経です。 詳しくは、当館の #本の万華鏡「へのへのもじえ―文字で絵を描く―」のコラム「絵心経」をぜひご覧ください。 https://t.co/Y1Hd1efwci #キュレーターバトル https://t.co/tkn0Ak6WOd https://t.co/0HEMTCMcjQ
●"アイヌ史的近世"をめぐって--アイヌ史の可能性、再考 (アイヌ史を問いなおす--生態・交流・文化継承) -- (アイヌ史の再構成)(2011) https://t.co/pVvwoi85zt
授業で使用する場合、以下のURLから取得できる展示図録から、装訂や書型の部分を印刷配付して、動画解説を使用すると、さらに分かりやすいと思います。 WEB環境がなければ図録だけでも。出典情報を記載すれば、非営利・非改変の条件はありますが、複製・再配付可です。 https://t.co/xI9yzldPpF https://t.co/szihd2NXBd

400 0 0 0 OA 麗斎叢書

小判を持ち、体に銭を付けた #ナゾすぎる 人面獣。 一見すると縁起が良さそうですが、その実態は…? #キュレーターバトル https://t.co/ygtikI9Gl3 https://t.co/yB6Ybd8yN8

910 0 0 0 OA 料理古実之図

江戸時代の料理書です。包丁でさばいた様子を示してくれているような気はするのですが、実用性は…#ナゾすぎる 資料です。 #キュレーターバトル https://t.co/AUEE2IhLTM https://t.co/NOoA6tKK8x

3 0 0 0 性科学全集

#国会図書館デジタルコレクション 『性科学全集 第11編 吸血妖魅考』から北川幸比古の「世界の幽霊おばけ100選」の世界編の方で多く採用されています。その後、水木しげるにも繋がってくるので、重要な一冊です。『列伝体 妖怪学前史』の北川幸比古項で参照にしました 。 https://t.co/lWQBCrRf35
#国会図書館デジタルコレクション 『土木技術』8巻12月号「農業災害と土木」では山田野理夫の農林省時代の仕事として上流より分配される水利慣行も書いてあります。赤舌の話もこういう経験が生きてるのを感じます。『列伝体 妖怪学前史』の山田野理夫項で参照にしました 。 https://t.co/3nQEEM1JId

2 0 0 0 現代の眼

#国会図書館デジタルコレクション 『現代の眼』14巻12月号では加太こうじが平野威馬雄主催のお化けを守る会について書いています。この記事でメンバーの一端や具体的な活動などが書かれている貴重な記録です。『列伝体 妖怪学前史』のお化けを守る会項で参照にしました 。 https://t.co/OzCQHYD4Zd

4 0 0 0 温泉

#国会図書館デジタルコレクション 「空飛ぶ円盤はある」は平野威馬雄が『温泉』28巻3月号(温泉の雑誌です)で唐突にぶち込んできたUFO記事。ここら辺からUFO→お化けを守る会という感じで活発になる。『列伝体 妖怪学前史』の平野威馬雄項で参照にしました 。 https://t.co/xesjrdlvSC

13 0 0 0 日本の俗信

#国会図書館デジタルコレクション 『日本の俗信 第1巻 迷信の実態』では今野圓輔が「妖怪に關する資料」を執筆。妖怪一つ一つの解説はないものの柳田國男の「妖怪名彙」のカテゴライズの解像度が上がる資料です。『列伝体 妖怪学前史』の今野圓輔項で参照にしました 。 https://t.co/PJSctpLGA0

8 0 0 0 宮城県史

一部個人送信が可能になった国会図書館のデジタルコレクションですが、山田野理夫がおばけ文庫などで多く参照した宮城県史も自宅で閲覧可能になりました。これで『列伝体 妖怪学前史』と絡めたり、日文研のデータベースで宮城県史が引っかかった際に原文確認が気軽に可能に。 https://t.co/OiapbshkUy
https://t.co/NiL3Ywb10S なお当該史料は国会図書館デジコレで公開されている。
『一刀斎先生剣法書』訳注及びスポーツ教育的視点からの考察(1) https://t.co/fsBXqmfuEn 山形大学のリポジトリにある(1)〜(3)が発展したものかな
一刀流ってそういえばよく聞くけどなんだろうとうろうろしてたら見つけた。後で読む。 『一刀斎先生剣法書』訳注及びスポーツ教育的視点からの考察 1→https://t.co/5xPxIymorQ 2→ https://t.co/e3J4OiNC8v 3→ https://t.co/EmdvWv4ncK
一刀流ってそういえばよく聞くけどなんだろうとうろうろしてたら見つけた。後で読む。 『一刀斎先生剣法書』訳注及びスポーツ教育的視点からの考察 1→https://t.co/5xPxIymorQ 2→ https://t.co/e3J4OiNC8v 3→ https://t.co/EmdvWv4ncK
一刀流ってそういえばよく聞くけどなんだろうとうろうろしてたら見つけた。後で読む。 『一刀斎先生剣法書』訳注及びスポーツ教育的視点からの考察 1→https://t.co/5xPxIymorQ 2→ https://t.co/e3J4OiNC8v 3→ https://t.co/EmdvWv4ncK
日文研大衆文化研究の集大成の一つである、 日本大衆文化研究叢書の全5巻序論集とその英訳が、日文研オープンアクセスサイトから公開されました。 講義などにも使えますね。 日文研大衆文化研究叢書 全5巻序論集 https://t.co/52bQkKNckQ
書評と紹介 中野目徹編『官僚制の思想史 : 近代日本社会の断面』/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/0FQke9cNv5
室町幕府奉行人飯尾氏の基礎的研究 : 南北朝期を中心に/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/t6cDLJkRzn
石田三成 坂田郡多和田村十三ヶ状掟書 一面/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/BPpADAxsI0
書評と紹介 加藤諭著『大学アーカイブズの成立と展開 : 公文書管理と国立大学』/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/0I73HfdrEE
書評と紹介 服部龍二著『外交を記録し、公開する : なぜ公文書管理が重要なのか』/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/HCiP6szTB3
書評と紹介 久野雅司著(戎光祥研究叢書一六)『織田信長政権の権力構造』/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/8GGyDNP8ST
書評と紹介 馬部隆弘著『戦国期細川権力の研究』/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/8XPlDXA93O
書評と紹介 谷口雄太著『中世足利氏の血統と権威』/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/nInPnNTKma
書評と紹介 前田雅之編『画期としての室町 : 政事・宗教・古典学』/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/AzhdfGMvnN
書評と紹介 小島道裕・田中大喜・荒木和憲編/国立歴史民俗博物館監修『古文書の様式と国際比較』/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/dCbK5rcEAd
日本の中世文書料紙覚書/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/bY55MY3FbM
「堅田文書」に遺る秀吉関係書状二通/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/BcIMhN6iCT
宮内庁書陵部所蔵「千栗八幡宮造営一件文書」の基礎的考察 : 千栗宮造営をめぐる鎌倉幕府と国衙・大宰府・朝廷の動向/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/2lvlCRRFa2
『看聞日記』の引用表現について/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/dHfax12Xvn
近世琉球の生子証文 : 様式変化とその歴史的背景/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/Bp7LnOCQh2
戦国期守護職をめぐる尼子氏と京極氏/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/SPBomHbs3L
南北朝期宗氏による対馬支配と少弐氏/ . 古文書研究 (via CiNii Articles). https://t.co/J1tam8UJ8Y

11 0 0 0 OA 万葉集雑攷

鎌倉時代の万葉集研究者である仙覚は、建仁3年(1203)比企の乱の年の生まれで、承久の乱の時19歳。 #鎌倉殿の13人 の時代にばっちり重なっている人❗️ 小川靖彦『萬葉学史の研究』の仙覚年表が便利。 井上通泰『万葉集雑攷』も国会図書館デジタルライブラリーで見られる https://t.co/wClm0X7mlZ https://t.co/VdGOTqn0iA
大阪工業大学図書館枚方分館さん、ご購入ありがとうございました。 「中近世移行期の文化と古活字版」(勉誠出版刊)、ついに大台、101館目。 https://t.co/JTQq5WFOzg

34 0 0 0 OA 女見台錦輦 3巻

人面犬?人面魚?いいえ、こちらは桜川慈悲成作の『人面樹鼻の親玉』に登場する人面樹。一斉に咲き誇る花たちは物言わずしきりに笑い、そのまま落ちるそう…。なんとも #ナゾすぎる 植物です。 #キュレーターバトル https://t.co/Om2NO7nwSg https://t.co/g5gYkYh0IA
大学図書館でも現在29件の所蔵が確認できています。在学在勤中の大学に無さそうだったら是非『列伝体 妖怪学前史』をリクエストしてください。 https://t.co/Rb007SQ7Y3 https://t.co/XmR69J4Cxr
@nakaragi85 自己宣伝になるけど、僕、この本の書評書いているから、できれば読んでね。 https://t.co/qYyfMNA9X0
小島道裕「戦国大名の印判―公印/個人印の区別をめぐって―」は、同「戦国大名の印判状について」(小島道裕・田中大喜・荒木和憲編『古文書の様式と国際比較』勉誠出版、2020年)やリンク先の論考での議論をさらに展開されるのであろうか。 https://t.co/lgTTWqZ07L
https://t.co/J3tAnlvBMZ CiNiiでの妖怪学前史 https://t.co/84gbakcTrg

20 0 0 0 OA 八ツ山羊

Japanese translation of Grimm’s fairy tale, "The wolf and the seven young kids," published as "Eight goats" in 1887. You can see two pop-ups in this book. #ndldigital https://t.co/kmRJyKAeAb https://t.co/6tMNXTLsnY
富山市立図書館の山田孝雄文庫に「刀剣書」で登録されている本は、新出の古活字版であった。巻首一丁を欠くが、昨年発見され、貴重書になった国会図書館の『和朝古今鍛冶之次第』と同版、慶長16年刊の『本朝古今銘尽』と同一の活字を用いている。 https://t.co/OsW5a9W4Tc
【お知らせ】湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)で昨年開催された「京都からやってきた妖怪たち 国際日本文化研究センターコレクション」の簡易図録がオープンアクセスで公開されました。 https://t.co/vP5wuQ0jeT https://t.co/o2CMOCj8BC
「デジタルアーカイブ学会誌」 2021年第4号 [書評・新刊紹介]『デジタルアーカイブ・ベーシックス5 新しい産業創造へ』. 山川 道子 https://t.co/N02KjbLFa2
『訪問介護と看護』編集室さんがツイートしてらしたこの論文、とても面白そう。鹿児島出身の老母が体調を説明する形容詞に時折方言が混じるようになり、身体感覚を表現するのに「標準化」された言葉ではぴったりこないんだろうなと。(橋) https://t.co/2NWJ0kiHUH
小口にカバーのついたイスラーム圏特有の装丁。画像は1859年にカイロで出版されたシャアラーニーのكتاب الميزان(天秤)です。 #アジア情報室 が所蔵する #アラビア語 資料を、横内吾郎先生に分析、評価していただきました。アジア情報室通報でご覧ください。 https://t.co/BHRnw9HzG8 https://t.co/l0OLlNjwQK
The questions in the book "Quiz―700 answers to questions on things Japanese" cover a wide range of subjects and content about Japan including kabuki, the rock-paper-scissors game, and kappa. https://t.co/E2BE3nOquU https://t.co/ExoPtCWw38

27 0 0 0 OA 源氏五十四帖

#TaleofGenji consists of 54 cho (volumes). Ogata Gekko, an #ukiyoe artist active from the Meiji to Taisho periods, drew illustrations for each volume. Published 1892-1899. #ndlgitial https://t.co/so74AO2w0h https://t.co/SA37dKVhca
The article "Minakata Kumagusu’s letters to Shirai Mitsutaro" tells us of the friendship between two scholars who shared interests in biology and herbology as well as the conservation of nature. https://t.co/A6E2XAELyq https://t.co/QIGoGC97ai
What did people in the Imperial court wear in old times? Take a look at their beautiful outfits at #ndldigital. https://t.co/csKpzT6f2A https://t.co/O1PLWf7SDM
CiNii 論文 -  僧坊酒宴追考 (酔いの文化史 : 儀礼から病まで) -- (酔いと宗教) https://t.co/3XQcTsHm6q #CiNii
CiNii 論文 -  中世地下文書・村落文書論の現在 : 春田直紀編『中世地下文書の世界』・薗部寿樹『日本中世村落文書の研究』を中心に (特集 中世村落史研究のフロンティア) https://t.co/ZJLVahr3CV #CiNii
CiNii 論文 -  「郊外」(上野愼也「郊外 : 古典期のアテーナイ」(浦野聡編『古代地中海の聖域と社会』勉誠出版、二〇一七、四九-一〇五))に寄せて : 古代ギリシアの「聖-俗」空間についての覚え書 https://t.co/00SHJWesgO #CiNii
Are you interested in image searches of digitized books including rare and old materials that are available online in the NDL Digital Collections? Read more about the service here: “Illustration Search Functionality in the Next Digital Library” https://t.co/xnIQLEqAPT https://t.co/sO3yfCHHyW

26 0 0 0 OA 草木写生

In the Edo period, #JapaneseGardening evolved in a unique way. Check out these beautiful pictures. #ndldigital https://t.co/DonP5kBDai https://t.co/8xUNFVL7dX
Old man with a lump (Kobutori jiisan). This is one of a series of translated #JapaneseFolktales. Translated by J.C. Hepburn, an American physician and missionary who propagated the Hepburn system of romanizing Japanese. #Chirimenbon #ndldigital https://t.co/tXSYWpHzkF https://t.co/qqsvTY6vml

35 1 0 0 OA 百鬼徒然袋 3巻

Look at these #yokai, monsters from #JapaneseFolktales, from Hyakki Tsurezure Bukuro. These three haunt Japanese traditional instruments. #ndldigital https://t.co/m9eW6Mh5uY https://t.co/mwOg5uduNJ
「デジタルアーカイブ学会誌」 2021年第2号 [書評・新刊紹介] 『デジタルアーカイブ・ベーシックス4 アートシーンを支える』. 古賀 崇 https://t.co/GuVvgaPdQW
吾妻鏡の月蝕記事の一覧があるよ。 中世びとの月蝕観--『玉葉』と『吾妻鏡』の記事から見て 湯浅吉美 埼玉学園大学紀要 人間学部篇 (10), 63-76, 2010-12 https://t.co/D1FkabDrg8

16 0 0 0 OA 大日本物産圖會

Early summer is the season to pick fresh tea leaves in Japan! Here is a #nishikie depicting #TeaPicking in #Uji, #Kyoto. Learn more about famous products around Japan in Meiji era at https://t.co/ba5amvhDG8 #ndldigital https://t.co/wO1MxuJ1kI

34 0 0 0 OA 水虎十弐品之圖

Do you know about Suiko or #Kappa, a famous Japanese #yokai monster? People in the Edo period believed that Suiko existed, so sketches such as these remain. #ndldigital https://t.co/zLC5JhFlxD https://t.co/FKRxil3PAP https://t.co/0NYu7gImuY

50 0 0 0 OA 奇獣写生図

Do you know about Suiko or #Kappa, a famous Japanese #yokai monster? People in the Edo period believed that Suiko existed, so sketches such as these remain. #ndldigital https://t.co/zLC5JhFlxD https://t.co/FKRxil3PAP https://t.co/0NYu7gImuY
The article "Minakata Kumagusu’s letters to Shirai Mitsutaro" tells us of the friendship between two scholars who shared interests in biology and herbology as well as the conservation of nature. https://t.co/A6E2XAELyq https://t.co/O6pr9m1vf7

8 0 0 0 OA 花咲爺

Do you know a Japanese folk tale of an old man who made withered trees blossom? You can read the whole story in English at the National Diet Library Digital collections. #ndldigital https://t.co/AiDduAS3oP https://t.co/GR5ET8BEs4
近世・近現代 文書の保存・管理の歴史[佐藤孝之、三村昌司編]/ . アーカイブズ学研究(via CiNii Articles). https://t.co/7cA94CHOrN
CiNii 論文 -  注釈の編集文献学 : ヨーロッパ中世文学と注解書写本 (特集 編集文献学への誘い) 松田隆美先生。 https://t.co/CcaYhz8hs0
CiNii 論文 -  ラハマン・メソッドとはなにか? : セバスティアーノ・ティンパナーロ『ラハマン・メソッドの創成』をめぐって (特集 編集文献学への誘い) 伊藤博明先生論文。 https://t.co/65N0buOchY
読了。幅広いジャンルを修得して持ち帰った吉備真備ですが それらはバラバラに見えて全て繋がっているという…難… CiNii 論文 - 吉備真備の礼楽思想--『続日本紀』天平七年四月二十六日条を始発として (<琴>の文化史 東アジアの音風景) -- (日本古代音楽文化の成立) https://t.co/LnimnbahO3 #CiNii https://t.co/kSXlZduNX5
画像は下記より。 春日政治『西大寺本金光明最勝王経古点の国語学的研究 本文篇』斯道文庫紀要1、1942年、1頁 https://t.co/9qm7bIY0kL 『国宝 西大寺本 金光明最勝王経 天平宝字六年百済豊虫願経』勉誠出版、2013年、4頁

32 0 0 0 OA 孝義録

「近世職人尽絵詞」を描かせた松平定信は、幕府老中として忠孝や貞節などの道徳を奨励。幕府はそうした事例を「官刻孝義録」(1801年 https://t.co/EHJWxjMegC)という大部の書物に記録し出版します。登場する男性には職業名がありますが、女性はほとんどが誰々の女房、妹などと記されるのみです。
『アーカイブズ学研究』19(2013年)に掲載の、宮間純一氏による、箱石大編『戊辰戦争の史料学』(勉誠出版、2013年)の書評。複数の執筆者による多彩な切り口の論考が収録されたことを評価している。なお、宮間氏には著書『戊辰内乱期の社会』(思文閣出版、2015年)がある。 https://t.co/cSPe3nETHg
CiNii 論文 -  「キツツキと獅子」説話の伝播と発展 (仏教の東漸(とうぜん)と西漸(せいぜん)) -- (経典と物語、その伝播) https://t.co/Iw891HyJM8 #CiNii
Hikaru Genji is the main character of Genji monogatari, a full-length novel written by MURASAKI Shikibu in the early 11th century during the Heian period. He may be said to be the most famous fictional handsome man in Japan. #ndldigital https://t.co/3Gv8J3VPPJ https://t.co/uKO7GstpYS
玉藻前、といえば、伊藤慎吾先生のこれは圧巻でした。 「妖狐玉藻像の展開 : 九尾化と現代的特色をめぐって」 学習院女子大学紀要 (22), 1-14, 2020 https://t.co/iHy3PX8QMW
本日8月28日は#ヴァイオリンの日とされています。 れきおんでは、世界的奏者フリッツ・クライスラーの演奏をお聴きいただけます。例えばこちらの音源など、いかがでしょうか? #ndldigital #自宅でNDL 「ハンガリー田園詩曲」 https://t.co/70g8dC4dKF 「操り人形の踊り」 https://t.co/EFOlW7UvGs https://t.co/Vv7oQzDrXy
いま読んできたが、記憶にあったのはこれかなぁ…都状を文章家が云々は… CiNii 論文 -  藤原成佐の「泰山府君都状」について (衝突と融合の東アジア文化史) -- (漢文の摂取と消化) https://t.co/PICwgjvruT #CiNii
古活字版の技術がキリシタン版由来か朝鮮古活字由来かという議論に関して、印刷だけでなく〈刊本を作る技術と材料〉という具合に総合的に考えてみたらどうか、という佐々木孝浩「キリシタン版国字本の造本について : 平仮名古活字本との比較を通して」(2016斯道文庫論集)https://t.co/bb632o2WIh
城下町の地誌を読んでたら、やたら寺院に寺宝と称してあやしげなモノがあることに気づいた。幽霊画もそうですよね。 めっちゃ気になる。 CiNii 論文 -  寺院に伝わる怪異なモノ : 仏教民俗学の視座 (この世のキワ : 〈自然〉の内と外) -- (物 : 異界の物的証拠) https://t.co/R1kvvtPT76 #CiNii
CiNii 論文 -  『源氏物語』はなぜ帝妃の密通を書くことができたか https://t.co/hyc5yjAsbI #CiNii φ(..)メモメモ
Hikaru Genji is the main character of Genji monogatari, a full-length novel written by MURASAKI Shikibu in the early 11th century during the Heian period. He may be said to be the most famous fictional handsome man in Japan. #ndldigital https://t.co/3Gv8J3VPPJ https://t.co/V2wuC7pJ7s
白戸満喜子・『源氏物語』古筆切の料紙観察(第一報)(二〇一九年度国文学科公開講座講演会「源氏物語、伝統と未来」)【古筆切の料紙観察は古筆研究のみならず製紙技術史においても新たな知見が得られる可能性がある】実践女子大学学術機関リポジトリ https://t.co/TkUUxlgblF

16 0 0 0 OA Japanische Märchen

舌切り雀の愛らしさよ~ これもちりめん本、Der Sperling mit der geschlitzten Zunge https://t.co/edVRfBMIAk 国会デジコレ見てると、時間がどんどん消えていく… https://t.co/4zc2sBWZTP

フォロー(512ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

「様々な寄贈資料にみる歴彩館の資料収集うらばなし」は日本画家・池田遙邨の所持していた絵はがき集『震災スケッチ』 や土田麦僊の画集などの収集エピソード。資料と人との出会いが伝わるエッセイです。 https://t.co/byusdBkavm 『国立国会図書館月報』2月号 https://t.co/3fv67Pnxlq
「日本図書館紀行」特別編は、京都府立京都学・歴彩館。古文書、公文書など多彩な資料で知られる同館の最新状況を現役職員が紹介します。 https://t.co/8tXV5Qaotq 『国立国会図書館月報』2月号 https://t.co/EVFZStNWMH
現代音楽家の吉田宗彰氏による「林光の手稿譜を「読む」」では、《メヌエット ト長調》と《原爆小景》の手稿譜を読み解きます。 作曲家による手書きの楽譜には、作曲過程に関する様々な試行錯誤の跡が残されています。 https://t.co/MfKCZRlimG 『国立国会図書館月報』2月号 https://t.co/EyRhOmIUYq
「今月の一冊」は『陶磁器意匠標本』です。 陶磁器は幕末から明治にかけての主要な輸出品でした。 本書は『大日本窯業協会雑誌』から「意匠標本」を抜粋した非売品の冊子です。美しい彩色に目が奪われます。 https://t.co/3mHqQ4ajQn 『国立国会図書館月報』2月号 https://t.co/5rAxNInKhH
This illustrated catalog of Japanese flora published in the Edo preriod includes over 2000 illustrations of flowers and plants. Lilies, surprisingly, are classified as vegetables. #ndldigital https://t.co/C2VsBuYpjy https://t.co/NqtCgIebmV
The Shichifukujin (seven lucky gods) are illustrated in this nishiki-e by Utagawa Toyokuni III. Can you name them all? #ndldigital https://t.co/FFsGwWJlUS https://t.co/seCMwLRBG1

79 11 11 2 OA 東莠南畝讖 3巻

Enjoy beautiful illustrations of over 460 kinds of fauna and flora in this 3-volume illustrated reference book from the mid-18th century. https://t.co/wo39bG6537 #ndldigital https://t.co/h4gZMVTzz5
国立国会図書館 調査と情報―ISSUE BRIEF― No. 1213(2023. 1. 30) 令和 5 年度予算案の概要https://t.co/pZizguvIRf

2 2 2 0 関西郵趣

ちなみに、郵趣誌『関西郵趣』、本学にけっこうありますぜ。豊住書店さんにご寄贈いただいたものです。 関西郵趣 | CiNii 雑誌 https://t.co/mnwVShHCam
立法調査資料『#調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1214「アスベスト健康被害の救済に関する動向」(PDF:453KB)を掲載しました https://t.co/CwQhk8Q0Ke
立法調査資料『#調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1213「令和5年度予算案の概要」(PDF:972KB)を掲載しました https://t.co/OeqMkl5QyO
Step inside the Nakamura-za, one of the largest kabuki theaters of the 19th century: https://t.co/bDuhaBM1gD #ndldigital https://t.co/sdLULoBG9q
This book covers the first 20 years of the Takarazuka Girls Revue Company, which started in 1914. #ndldigital https://t.co/m9AP3zxv10 https://t.co/9KOVLxOJ3N
RT @Cristoforou: ちなみにこの件については私も簡単な論考を書いていますので、読んでください。無料です。/ウィキペディアにおける女性科学者記事 https://t.co/3dFQ6bI6Wp
2000年の論考。 「地形図にみる「谷」地名と「沢」地名」 この人本人では無いのかな。 https://t.co/rFmGlEze2J
This is a samurai in the end of the Heian period. What is he fighting off in this picture? The answer is here: #ndldigital https://t.co/nFcH2Ttoa1 https://t.co/F1imJOverB

3 2 2 0 OA

A women with a hood in falling snow by Utagawa Kunisada. #ukiyoe https://t.co/u8to4DXdcA https://t.co/RmXtqBSqRP
拙著『戦国秦漢出土術数文献の基礎的研究』(北海道大学大学院文学研究科研究叢書27)北海道大学出版会 2014 大学図書館所蔵先です。 https://t.co/xIAnjwnMlf
立法調査資料『#調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1212「令和5年度税制改正案の概要」(PDF:588KB)を掲載しました https://t.co/O2WaGkLkcZ
立法調査資料『#調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1211「新薬開発をめぐる議論―ワクチンを中心として―」(PDF:630KB)を掲載しました https://t.co/S4sHE1iJwV
The NDL holds a great number of documents comprising the personal papers of politicians, high-ranking officials, and military officers dating back as far as the closing days of the Tokugawa Shogunate. #japanesestudies https://t.co/EpYjTgQ6AO https://t.co/rFl2sKEMdz

27 15 15 0 OA 武蔵百景

Look at the people in the early Meiji era. Kobayashi Kiyochika, one of the last ukiyoe artists, depicts various scenes of the Tokyo area. Published in 1884. #ndldigital https://t.co/1A0XgreIMN https://t.co/PLTlMBYuZJ

フォロワー(3739ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @shoemaker_levy: あとこれもですね。 脇村孝平「疫病の地政学―19世紀のコレラパンデミックと検疫問題」『アジア研究』67(4)、2021年 https://t.co/zBDi2Gd2ed
RT @NDLJP: 「様々な寄贈資料にみる歴彩館の資料収集うらばなし」は日本画家・池田遙邨の所持していた絵はがき集『震災スケッチ』 や土田麦僊の画集などの収集エピソード。資料と人との出会いが伝わるエッセイです。 https://t.co/byusdBkavm 『国立国会図書館…
RT @NDLJP: 立法調査資料『#調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1213「令和5年度予算案の概要」(PDF:972KB)を掲載しました https://t.co/OeqMkl5QyO

1776 311 310 120 OA 殖民地要覧

RT @demauyo_tadaimo: お兄ちゃんは「韓国併合は植民地支配とは違う!」と言うけど当時の日本政府は堂々と公文書で朝鮮を植民地呼ばわりしてたよ。今さら改竄は無理よ? https://t.co/twR4TDKqTr https://t.co/yQy5eEleE0 h…
盛永悠太(2023)「日本の学問の自由とアメリカのアカデミック・フリーダム(1) : 高柳信一『学問の自由』再訪」『北大法学論集』73(5) https://t.co/YMpPCLR7jl
鈴木繁元(2023)「司法の優越をめぐる法と政治(1) : アメリカにおける議論を手掛かりとして」『北大法学論集』73(5) https://t.co/p2gWkTd8nF
RT @wantan_tabetai: 誕生日祝いって西洋文化だと思い込んでたけど、最古では西暦775年から行われてたのか。まさしく知識がアップデートされたわ。 https://t.co/aGsi4eNYm2 https://t.co/KxB0QNTxD2
RT @H6eJiFlVi1uQ2lR: コロナ感染後にSIADH発症した患者さんがいる。精神科では向精神薬の副作用で薬剤性SIADHはよく診察する。 今回はドラッグフリーの患者さんだったので、半信半疑であったが、検査した結果、診断基準を満たした。 かなり驚いたが、すでに日本語…
『#東南アジア研究』60巻2号(2023年1月)掲載 〈書評〉「布野修司.『#スラバヤ 東南アジア都市の起源・形成・変容・転成―コスモスとしてのカンポン』京都大学学術出版会,2021,xvii+583p.」(林憲吾) 書籍情報:https://t.co/H5PM24PIQo https://t.co/4cRecf2OGa
『#東南アジア研究』60巻2号(2023年1月)掲載 〈書評〉「南田みどり.『#ビルマ文学の風景―軍事政権下をゆく』本の泉社,2021,337+vip.」(福冨渉) 書籍情報:https://t.co/iW8PqaLRmS https://t.co/TGRrzwUn5p
『#東南アジア研究』60巻2号(2023年1月)掲載 〈書評〉「廣田緑.『#協働と共生のネットワーク―インドネシア現代美術の民族誌』grambooks,2022,8+495p.」(青木惠理子) 書籍情報:https://t.co/oCijOX5Dft https://t.co/QZmR5pemGh
『#東南アジア研究』60巻2号(2023年1月)掲載 〈書評〉「小田なら.『〈伝統医学〉が創られるとき―#ベトナム医療政策史』京都大学学術出版会,2022,x+316p.」(見市雅俊) 書籍情報:https://t.co/3AQv662O8p https://t.co/YD22DF8PJB
『#東南アジア研究』60巻2号(2023年1月)掲載 〈書評〉「粕谷祐子(編著).『#アジアの脱植民地化と体制変動―民主制と独裁の歴史的起源』白水社,2022,487+xxiip.」(木村幹) 書籍情報:https://t.co/sBLntw1jjL https://t.co/HUtGRdN57j
『#東南アジア研究』60巻2号(2023年1月)掲載 〈書評〉「池田真也.『#商人が絆す市場―インドネシアの流通革命に交わる伝統的な農産物流通』京都大学学術出版会,2022,iii+207p.」(有本寛) 書籍情報:https://t.co/Hi6ha9F2OE https://t.co/tR0yOHoGm2
『#東南アジア研究』60巻2号(2023年1月)掲載 鈴木伸隆「「白人の国」からフィリピン人入植者植民地へ―20 世紀前半期におけるミンダナオ島入植の再検討―」 #コロニアル・ガバナンス #自営農計画 #ホームステッド #セトラー・コロニアリズム #ミンダナオ入植 https://t.co/p4oTjslpRW
『#東南アジア研究』60巻2号(2023年1月)掲載 田中あき「粛清されたベトナム語作家を巡る評価の変遷と連続性(1930s–2020s)―自力文団カイ・フンを事例に―」 #カイ・フン #自力文団 #ベトナム語文学 #植民地文学 #粛清 https://t.co/iBNjoHNVTP
『#東南アジア研究』60巻2号(2023年1月)掲載 吉川和希「19世紀初頭のベトナム北部山地における阮朝の支配の変遷」 ”Transition of Governance in Vietnam’s Northern Uplands in the Early Nguyễn Period” #阮朝初期 #在地首長 #ベトナム北部山地 #行政文書 #地方支配 https://t.co/vaLjfiieq5
『#東南アジア研究』60巻2号(2023年1月)掲載 藤田渡「イサーンにおける「赤シャツ」農民の生態学―支持・参加の濃淡と生業・生態環境の相関から―」 ”Living Ecology of “Red Shirt” Peasants in Isan” #赤シャツ #生活世界の構築 #生態環境 #イサーン #タイ https://t.co/F1K7LbElYL
RT @mo_kusa_: 現在は國學院大學図書館デジタルライブラリーで写真が見れる(KJT氏ありがとう)。 https://t.co/4uhKNkEd0L 紙背の一部は翻刻があるみたい。堀越祐一「『土御門家記録』紙背文書の紹介」(『國學院大學校史・学術資産研究』10、2018…
RT @mo_kusa_: #こんな論文がありました 水口幹記「『家秘要録』『天変地妖記』の原本と成立について」(『藤女子大学紀要』57、2020)。 編纂所・書陵部両所で影写されるも所在不明となっていた土御門家の両書原本が、國學院大學図書館に所蔵されていることを紹介。両書の成…

79 11 11 2 OA 東莠南畝讖 3巻

RT @NDLJP_en: Enjoy beautiful illustrations of over 460 kinds of fauna and flora in this 3-volume illustrated reference book from the mid-1…
現代分析哲学の監査概念基盤への浸透過程 https://t.co/H00HkKAg1u
医療現象学の新たな構築 https://t.co/p2919Z7if4
98日目 #寝る前に論文読む 竹村 信治/文献学/Philologieをとらえ直す サイードの『人文学と批評の使命』を踏まえつつ、芳賀矢一の参照元でありながら芳賀の「日本文献学」とは異質な要素も持つベークの議論や、池田亀鑑以降の昭和の文献学が切り捨てたポストゲートによる https://t.co/u3PBdb6WXs
RT @ZF_phantom: 今、教えていただいた話。 南京戦で、出征前に僧侶してた人が戦闘の合間に僧侶してたのは知ってるが、それとは別に兵士でない従軍僧侶がいたのだそうだ。 近代真宗本願寺派の中国における活動 https://t.co/sdStT8QoZW https:…
RT @mo_kusa_: #こんな論文がありました 水口幹記「『家秘要録』『天変地妖記』の原本と成立について」(『藤女子大学紀要』57、2020)。 編纂所・書陵部両所で影写されるも所在不明となっていた土御門家の両書原本が、國學院大學図書館に所蔵されていることを紹介。両書の成…
RT @mo_kusa_: 現在は國學院大學図書館デジタルライブラリーで写真が見れる(KJT氏ありがとう)。 https://t.co/4uhKNkEd0L 紙背の一部は翻刻があるみたい。堀越祐一「『土御門家記録』紙背文書の紹介」(『國學院大學校史・学術資産研究』10、2018…
RT @akaet: 田中祐介(2022)「「社会小説」としての賀川豊彦『死線を越えて』──「社会の発見」後の読者たちの期待と熱狂を読み解く」『明治学院大学キリスト教研究所紀要』54巻、83-109頁、2022年2月18日 https://t.co/zpj5d6qivI
国立国会図書館 調査と情報―ISSUE BRIEF― No. 1213(2023. 1. 30) 令和 5 年度予算案の概要https://t.co/pZizguvIRf

2 2 2 0 関西郵趣

ちなみに、郵趣誌『関西郵趣』、本学にけっこうありますぜ。豊住書店さんにご寄贈いただいたものです。 関西郵趣 | CiNii 雑誌 https://t.co/mnwVShHCam
RT @kodaigirisyano: 古代世界の国境と現代の領域国家の国境の違いについて知りたい方はこちらの論文が有益です.国境は近現代と同じく線で区切る場合もありますが,点と点を結ぶ場合もあるわけでエジプトという具体例は大変に参考になります. 「古代エジプトにおける国境の概…

27 27 27 0 OA 野鶏のDomestication

RT @Mushi_Kurotowa: 「セキショクヤケイ狩猟用のデコイとしてのオスの家畜化」は見たところ、なさそう。闘鶏が家畜化のきっかけ、という説もあるが、なんか議論があるらしい。掘ってみよう。 https://t.co/zhZtoOqeXQ
RT @ml_plchldr_szk: 大島正二「晋書音義音韻考」は本編が東洋学報、資料表が北大の文学研究院紀要に掲載。Google検索ではダメですが、CiNiiで探せば3つ得られます。 晋書音義音韻考 https://t.co/95rOXiFU0x 晋書音義音韻考 : 資料表…
RT @ml_plchldr_szk: 大島正二「晋書音義音韻考」は本編が東洋学報、資料表が北大の文学研究院紀要に掲載。Google検索ではダメですが、CiNiiで探せば3つ得られます。 晋書音義音韻考 https://t.co/95rOXiFU0x 晋書音義音韻考 : 資料表…
RT @ml_plchldr_szk: 大島正二「晋書音義音韻考」は本編が東洋学報、資料表が北大の文学研究院紀要に掲載。Google検索ではダメですが、CiNiiで探せば3つ得られます。 晋書音義音韻考 https://t.co/95rOXiFU0x 晋書音義音韻考 : 資料表…
RT @ragshun: 國分功一郎がアガンベンについて書いていた。 https://t.co/LIieaJnijA
RT @changpian: 魯迅の流行歌嫌いについての拙稿、ここで読めます。恐る恐る流行音楽研究をはじめた頃の論文。まだ前任校にいた頃。 https://t.co/Z8qjFzp77E
RT @rokujooin: あ!最初に書いた論文が見られるようになってる!(修論をまとめたものです) 紀要よりは面白いかも https://t.co/0Jr1mN23Ux
RT @OzakiYukioBot: 悲しい事には一般人民はまだ己の利害の計算が分からんが為に、多くの場合に於いては、財閥より運動費をうけて、その手先となっておるところの候補者に多くの投票を入れて、己を苦しめるべき結果を招いて平然として居る。 演説:普通選挙について(五) h…
RT @rokujooin: あ!最初に書いた論文が見られるようになってる!(修論をまとめたものです) 紀要よりは面白いかも https://t.co/0Jr1mN23Ux
RT @rokujooin: あ!最初に書いた論文が見られるようになってる!(修論をまとめたものです) 紀要よりは面白いかも https://t.co/0Jr1mN23Ux
あ!最初に書いた論文が見られるようになってる!(修論をまとめたものです) 紀要よりは面白いかも https://t.co/0Jr1mN23Ux
RT @Cristoforou: ちなみにこの件については私も簡単な論考を書いていますので、読んでください。無料です。/ウィキペディアにおける女性科学者記事 https://t.co/3dFQ6bI6Wp
RT @Baboon_sai: 趣味で、たまに自分の研究とあまり関係ないキーワードで論文検索するのですが、面白そうなタイトルの論説が。カタツムリの殻の表面は油滴など汚れがつきにくい構造のようです。 井須紀文 2013. カタツムリと住宅材料. 表面技術 64, 31-33. h…
RT @DN_networks: 【拡散希望】『日本研究』第65集に「二次創作はいかなる意味で消費であるのか」という論文を書きました。二次創作が「消費」として論じられてきた議論を素材に生産と消費の関係について考察した論文になります。https://t.co/3oUZ4fJllj
RT @NDLJP: 民俗学者として著名な柳田国男が官僚時代に貴族院に勤務していたころの珍しい写真です。場所は帝国議会議事堂の貴族院書記官長室です。 「帝国議会の図書館はどこにあったのか?」 https://t.co/LBIatqPyso 『国立国会図書館月報』1月号 http…
山田洋一「『国持』の認識 : 両領国体制(徳川領国・国持外様領国)の存在と構造に関係して」(『京都府立大学学術報告 人文』72、2020)読了。 https://t.co/r8afWFmdCL
カント批判哲学の前史 : 18世紀ドイツにおけるライプニッツ受容とヒューム受容 https://t.co/i2KLU1hb2d
RT @Fizz_DI: 厚生労働省の漫画・アニメを起用した感染対策の広報は、一過性ではあるが、無関心層への訴求に有用かもしれない、というTwitterの解析。 例:マジンガーZ(麻疹)、機動戦士ガンダム(AMR)、進撃の巨人(咳エチケット)、ゆるキャン△(マダニ) 広報研…

14 3 3 0 OA 聊斎志異 : 和訳

RT @bot70666429: 清代の『聊斎志異』の傑作翻訳と言われている柴田天馬訳は、国会図書館デジタルコレクションにも入っていて無料で読めるよ。昔の本なので少し読みにくいかもしれない。 https://t.co/PHdcK5Musb
RT @nouhuhoumei: @rin9yuu @OdaTaketa 平安期の貴族の遅刻の論文ですが、時刻表示機能(測る方ではない)の指摘をされてますし、時間厳守が一般化するのは近代軍隊の賜物ですからね。中々難しいですね。 https://t.co/0gEwoiNa0t
都市民俗学はどこへいったのか https://t.co/NSfpYRMzAF
拙著『戦国秦漢出土術数文献の基礎的研究』(北海道大学大学院文学研究科研究叢書27)北海道大学出版会 2014 大学図書館所蔵先です。 https://t.co/xIAnjwnMlf
RT @syutoyoshikaze: ラノベの主人公並みの経歴で、武術クラスタには謎の随変流の使い手として知られる中村天風。実弟浦路耕之助が彼をモデルに小説『世界密偵秘話』を書き、そして昭和7年に新国劇の芝居をやったのが大変流行ったことを知る。そして原作読んだが、結構面白い小…
RT @NDLJP: 立法調査資料『#調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1212「令和5年度税制改正案の概要」(PDF:588KB)を掲載しました https://t.co/O2WaGkLkcZ
RT @NDLJP: 立法調査資料『#調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1211「新薬開発をめぐる議論―ワクチンを中心として―」(PDF:630KB)を掲載しました https://t.co/S4sHE1iJwV
RT @Makaru_G: @rudel101 本筋からは逸れるが参考記事をひとつ↓ ---- 藤原有和 「江戸時代の心中と裁判」 ---- https://t.co/kYvcoSq7iS
@Makaru_G 参考にした論文の一つに「近世都市大坂における自殺対策(前編)-千日墓所の死亡埋葬記録に基づいて-」がありますが、同論文では享保飢饉など飢饉にも触れられていますね。(https://t.co/uGunej4rXJ)
ネットにアブダクションに関する研究があったのだけれども、確率論あんまり理解してないので後のために仮供養しておく https://t.co/NtuS5qJLJD

27 15 15 0 OA 武蔵百景

RT @NDLJP_en: Look at the people in the early Meiji era. Kobayashi Kiyochika, one of the last ukiyoe artists, depicts various scenes of the…
RT @soichiro_sumida: 政治(学)批判からポリティカル・エコノミー批判へ : 初期マルクスの「国家形態」論 (特集 マルクス抜粋ノート研究への招待)季刊経済理論 https://t.co/UnTBoePuoM PDFで読めるようになりました。
東海大学出版会といえば尾崎雄二郎先生の訓読説文解字注(自分で所蔵してない)。西脇常記先生の史通の翻訳は自分で持ってます。 https://t.co/fGsjV1vVlj