市川洋,Hiroshi Ichikawa (@hiroichik)

投稿一覧(最新100件)

力作。カズオ・イシグロさんの父上、石黒鎮雄博士の研究業績他を詳細に紹介。黎明期の潮汐流水理模型実験、海洋物理学研究の国際化、アナログコンピュータ、社会の中の科学研究者の役割他、興味深い話が満載。 / “石黒鎮雄博士の業績” https://t.co/KsGGNJfqGU
参照:GitとRedmineを用いた気象研究所共用海洋モデル「https://t.co/HnRdSWeRyp」の開発管理. 海の研究、27 巻 5 号 p.175-188,DOI https://t.co/A8LJj6wLya https://t.co/GEy97gfHz0
RT @miakiza20100906: 論文(無料): 時系列式セジメントトラップによる原子力発電所事故由来の粒状態放射性核種の挙動に関する観測研究 https://t.co/iGQDOV9PXr  2015年、本多牧生(海洋研)。海の汚染の話。本文は日本語。
例は研究戦略というよりは高インパクト論文数増加戦略。この風潮を打破しなければ、ブレーク・スルー研究は生まれない。 / “研究戦略のための計量書誌学の実践的活用と応用” http://t.co/TTDwdge9Cz
「寺田寅彦が京大に赴任する可能性があった」など、興味深い話を含む。海洋・陸水学研究室の歴史は第2巻。 / “Kyoto University Research Information Repository: 京大地球物理学研究の百年” http://t.co/IsimPxbKUX
RT @cinii_jp: CiNii 新規追加雑誌: 「沿岸海洋研究」 (日本海洋学会) の本文提供を開始しました。 http://ow.ly/2gqad  「海岸近くの流れと陸起源漂着物の移動メカニズム」 http://id.CiNii.jp/f6BDL などの論文が ...

お気に入り一覧(最新100件)

文系観・理系観の形成プロセスの解明―国立大学の学生を対象としてー - https://t.co/OBlJnqZjJE #ScholarAlerts
【新作】 日本における学術研究団体(学会)の現状 埴淵 知哉・川口 慎介 学術研究団体(学会)における会員数の減少が懸念されている.本稿では,日本学術会議が指定する協力学術研究団体を対象として,日本の学会組織の現状および変化を定量的に俯瞰することを試みた https://t.co/XfDE2P5bNo
誰のための, 何のための研究評価か:国際的な協働や競争がない場合、コミュニティ内における厳しい相互点検がより重要になると思いますが、権威主義がまかり通ることの多い日本ではうまくいかないということではないでしょうか。 https://t.co/AXGFJQ3Jak
読了。面白かった。そして、私も読んで腸が煮えくり返った。/ J-STAGE Articles - 編集後記 https://t.co/fu9M0Y26jY Kyoto University Research Information Repository: 投稿論文の査読をめぐる不満とコンセンサスの不在 https://t.co/ONmBbjHqZm

23 0 0 0 OA 編集後記

読了。面白かった。そして、私も読んで腸が煮えくり返った。/ J-STAGE Articles - 編集後記 https://t.co/fu9M0Y26jY Kyoto University Research Information Repository: 投稿論文の査読をめぐる不満とコンセンサスの不在 https://t.co/ONmBbjHqZm
宮沢熹一はプラザ合意で負けて、物価と不動産価格の分別もつかなくて、三重野と共に緊縮財政をやらかしてきたわけで、「東大法学部はだめだ」という烙印の決定打になってしまったと思います。 プラザ合意再考〜経済敗戦か、それとも政治敗戦か https://t.co/2wvay87zSW
順番が逆になってしまったが、研究者が現状を把握するうえでは、こちらを最初にお勧めしたい: 川本思心「デュアルユース研究とRRI〜現代日本における概念整理の試み」, 科学技術社会論研究, 14, pp134-156. https://t.co/9TvphIgIrv
査読付学術論文「高等学校の地理教育・地学教育における教科書用語の問題点―用語問題の類型化と学術的整合性―」が公開されました https://t.co/ENlBdaQbDj
“統計検定を理解せずに使っている人のために I - J-Stage” https://t.co/j3ekrjHX69
JMSJのページで伊藤享洋さんの渦ロスビー波の解析解に関する論文が、3年前に出されたものであるにもかかわらず閲覧数1位というのを見て、すげえ、と思っている。https://t.co/0qJWViCvZU
カズオ イシグロ氏の御父上は、石黒鎮雄氏という「エレクトロニクスによる海の波の記録ならびに解析方法」という題目で理学博士号を東京大学から取得した研究者で、気象研究所、長崎県気象台を経て渡英されたそうです。 https://t.co/Bkp7xLY0hU
そういやこんなん出してます。ざっくりとした経緯の素描として/「政策的議論の経緯から見る科学コミュニケーションのこれまでとその課題」『コミュニケーション紀要』vol.27, pp13-29. https://t.co/Od4EkiClUO
(遅ればせながら)携帯GPSによる福島原発事故時の人の流れ:早野・足立論文 http://t.co/BJsT1faugQ について,東大のリリース文 → http://t.co/N6AC8CUy6m

フォロー(801ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

@komako77296763 甘酒は100mLに約25gものブドウ糖を含むという分析があります。食後に血糖値(血中のブドウ糖量)がピーク的に上がる糖質スパイクは糖尿病の原因で,糖質制限が最近言われてますね。白米でさえ避けたいのにもろブドウ糖ですからてきめんです。 https://t.co/rdSWzvgJhr
RT @Raven_6_trpg: すごい。 なにひとつ事実が書かれていない。 南京事件については、その名もずばり「南京事件論争史」という書籍が歴史学者の笠原十九司氏によって2007年に刊行されております。 https://t.co/eXlWlNTmhu https://t.c…
RT @TakemiTetsuya: Local growth rate of the column-averaged methane dry air mole fraction (XCH4) in Siberia where wetlands are widely abund…
RT @kobiwa_net: (承前)一つだけ見つけたのがこちらの学会発表。著者にメールでお話を伺おうかと迷っているうちに、聞けなくなってしまった(´;ω;`)ブワッ 岩石磁気学的手法による Ta-a 降下軽石の定置温度(予察) https://t.co/0AOV4ltr…
RT @kobiwa_net: (承前)一つだけ見つけたのがこちらの学会発表。著者にメールでお話を伺おうかと迷っているうちに、聞けなくなってしまった(´;ω;`)ブワッ 岩石磁気学的手法による Ta-a 降下軽石の定置温度(予察) https://t.co/0AOV4ltr…
(承前)一つだけ見つけたのがこちらの学会発表。著者にメールでお話を伺おうかと迷っているうちに、聞けなくなってしまった(´;ω;`)ブワッ 岩石磁気学的手法による Ta-a 降下軽石の定置温度(予察) https://t.co/0AOV4ltrM2 この続きの話って見つけられてないのですが、だれかやってたりするのかな?
RT @jpsearch_go: 今日は七夕ですね。季節に合わせて #ジャパンサーチ トップは『名所江戸百景 市中繁栄七夕祭』に模様替えしました。初代歌川広重の最晩年の作。江戸の町に多くの笹竹が立てられ、五色の飾りをつけた七夕飾りが空にたなびいています。 https://t.c…
RT @SaveFennecSafty: 参考論文なのだ。 12)ダイオキシン発生の原因 - 焼却炉技術コンサルタント《滋賀技研》https://t.co/n2HvvhUSBj SPring-8が明かす ごみ焼却でのダイオキシン発生のメカニズム https://t.co/JS…
RT @jnishihiro: 大きな水害がおきると「『コンクリートから人へ』政策批判」が必ず出てきます。でもこれは元の主張の表現も批判もどちらも適切ではない。あえていうなら「コンクリートも人も」でしょう。イメージは中村先生のこの報文の図2の関係。 https://t.co/K…
RT @jnishihiro: 大きな水害がおきると「『コンクリートから人へ』政策批判」が必ず出てきます。でもこれは元の主張の表現も批判もどちらも適切ではない。あえていうなら「コンクリートも人も」でしょう。イメージは中村先生のこの報文の図2の関係。 https://t.co/K…
ちなみに唾液採取の方法はいくつかありますが、長くても1~2分唾液を溜めて採取するだけです。諸々の手順あわせて3~5分くらいかかるって話。 https://t.co/dl2Cmb6H0I
面白い着眼点。神戸大の宮川さんによる ・片方のプレイヤーはパーが出せない ・勝敗がつくまでじゃんけんが続く という状況の分析を思い出しました。 じゃんけんのような単純なゲームでも、ルールを少し変えるだけで新しい発見があるんですね! 「変則じゃんけんの動学均衡」 https://t.co/N6lunuZ9xq https://t.co/OYt7JBrSG4
RT @dangotricolore: 大阪市の感染症との戦いの歴史。筆ヶ崎(大安研天王寺センター近辺)は感染症対策のメッカだった。 昔は流行の度に軽易な建物を立て、流行が終わると焼却していた。度重なる流行から恒久的建物を必要とし桃山病院を開設。 今は市立総合医療センターに併合…
RT @narumita: 感染症と言えば大阪はやっぱり桃山病院のお話。 今の大阪市総合ね。 さくらホールのエントランスに資料展示がありました。 https://t.co/Wrlc10F7FK https://t.co/DbVzQHUVTw
RT @mrst_anth: これ、なかなか結果が面白い。「男女別名簿は女子の理系進路希望を高める」とな。 https://t.co/3lhb6DFtJI
RT @sunbaiman: 都立大島小松川公園の場合、雨量計で累積50 mmを超えてくると、公園のあちこちから高濃度の六価クロムが漏れ出すことを確認しています。詳細は下記論文からどうぞです。https://t.co/eNUIkz80sy https://t.co/CGVGd…
RT @khargush1969: 菅瀬晶子(2016)「イスラエル・ガリラヤ地方のアラブ人市民にみられる豚肉食の現在 : キリスト教徒とムスリム、ユダヤ教徒の相互的影響」『国立民族学博物館研究報告』40(4):619-652. https://t.co/6v2Yl87BA2…
RT @JMSJ_metsoc: New graphical abstract! - Invited Review Articles https://t.co/oCqkTpMavt Mesinger, F., and K. Veljovic, 2020: Topography…
「P点の気象観測がなくなると天気予報の精度がどのくらいわるくなるか」の話はこの本で読んだのだ。Thiebaux & Pedder, 1987: Spatial Objective Analysis. https://t.co/v0DaaQmcdA

フォロワー(563ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @kobiwa_net: (承前)一つだけ見つけたのがこちらの学会発表。著者にメールでお話を伺おうかと迷っているうちに、聞けなくなってしまった(´;ω;`)ブワッ 岩石磁気学的手法による Ta-a 降下軽石の定置温度(予察) https://t.co/0AOV4ltr…
RT @shoemaker_levy: 過去に何度も紹介していますが、タイムリーな話題でしかもオンラインで公開されてるこの論文を。またTLに薩摩義士の陰がよぎったので。 羽賀祥二「宝暦治水工事と〈聖地〉の誕生」『名古屋大学附属図書館研究年報』3号、2005年。 https://…
RT @jnishihiro: 大きな水害がおきると「『コンクリートから人へ』政策批判」が必ず出てきます。でもこれは元の主張の表現も批判もどちらも適切ではない。あえていうなら「コンクリートも人も」でしょう。イメージは中村先生のこの報文の図2の関係。 https://t.co/K…
RT @jnishihiro: 大きな水害がおきると「『コンクリートから人へ』政策批判」が必ず出てきます。でもこれは元の主張の表現も批判もどちらも適切ではない。あえていうなら「コンクリートも人も」でしょう。イメージは中村先生のこの報文の図2の関係。 https://t.co/K…
ちなみに唾液採取の方法はいくつかありますが、長くても1~2分唾液を溜めて採取するだけです。諸々の手順あわせて3~5分くらいかかるって話。 https://t.co/dl2Cmb6H0I
RT @nanayoh: どうして海岸にはイチジク浣腸が落ちてるんだろうという疑問に答える論文があった https://t.co/nB5O1JDsdI 使用済み浣腸容器の由来はほとんどが日本
RT @jnishihiro: 大きな水害がおきると「『コンクリートから人へ』政策批判」が必ず出てきます。でもこれは元の主張の表現も批判もどちらも適切ではない。あえていうなら「コンクリートも人も」でしょう。イメージは中村先生のこの報文の図2の関係。 https://t.co/K…
RT @sunbaiman: 都立大島小松川公園の場合、雨量計で累積50 mmを超えてくると、公園のあちこちから高濃度の六価クロムが漏れ出すことを確認しています。詳細は下記論文からどうぞです。https://t.co/eNUIkz80sy https://t.co/CGVGd…
RT @JMSJ_metsoc: New graphical abstract! - Invited Review Articles https://t.co/oCqkTpMavt Mesinger, F., and K. Veljovic, 2020: Topography…
「P点の気象観測がなくなると天気予報の精度がどのくらいわるくなるか」の話はこの本で読んだのだ。Thiebaux & Pedder, 1987: Spatial Objective Analysis. https://t.co/v0DaaQmcdA