kawa_it #NewPossible (@kawa_it)

投稿一覧(最新100件)

こういうお話。 "「英語の授業は基本的に 英語で行う」方針について" https://t.co/6g6B6EUYj0 https://t.co/S7tRl1odiE
@soPfkRUSqu3kzcb 原典は、鈴木克夫先生の御稿で、私が改変しました。 https://t.co/4SHfcXdX3T
RT @kz8_takahashi: #インストラクショナルデザイン に興味のある方はぜひこの論文から!それからこの本へ。 鈴木先生の本 @kitaohji_syobo https://t.co/p4ATxGxHeP 論文 https://t.co/tLzvBHgNPS…
RT @starting_over00: 学習履歴情報の提示が持続的な学習に与える効果 https://t.co/lPMgaFtA7Q
先人の考えが、学術に基づくものであることを願うのみです。 体験や実践からの再現性ない個別例も大切ですが、体系化し、数値で表し、次代へ繋げることも大切なことだと思います。 https://t.co/h09cNv9lV8 https://t.co/sPnf7PoMGU
世には読解力について様々なアプローチがあることを知らないが故か、大学教員という権威効果がゆえか、思考停止してホイホイと引っかかる小中高教員アカを見てると、惨憺たる気になる。 世には実に興味深くて貴重な論文だってある。 「"科学的"情報はいかに理解されるのか」 https://t.co/KzgVQmx126
RT @starting_over00: イギリスにおける教員養成改革の教科教員養成への影響―地理教員養成の事例―https://t.co/Nmoa9D3ALG
納得を理解やらメタ認知、感情的受容として捉えたらいいのかな? どうも学校現場的言葉で造語されると、バベルの塔になりかねない危惧を抱く。 「納得の概念分析」 https://t.co/gNwsAI5Y3i https://t.co/PoYKSlXSQh
@kz8_takahashi 古いですけど、こうした研究も。 心理学よりも、機械工学&情報工学、医学分野の方が進んでいるかもしれませんね。 https://t.co/HO9tHlyY1C
RT @okazakiyslab: 日本の教育分野では、特別支援(特に応用行動分析学)がエビデンスを取り入れ始めている。 https://t.co/qlb4mjfOpj https://t.co/onMZMxI6qY
このあたり、調査も研究も停滞している気がしてならない…。 https://t.co/Ihm5yoqfVc 掘ってたら、10年前の「高大接続テスト」の話が出てきた。 https://t.co/zPkRvBk5BV https://t.co/1rissAQzgb
「オバマ政権以降における米国STEM 教育関連予算の変化」 https://t.co/Hz7iJWwNSD 日本の教育改革の中で、 「次世代の進歩・繁栄のために」ということを念頭に考えずに、ただ改革について批判するのは解せない。 改革に至る議論の透明性や、議論を尽くしたか、制度は十二分に改革前より進化したか、
RT @mikakoiwatake: とても良い博士論文。 「PTA親会員の不満とその要因構造に関する研究」(放送大学) 歴史的考察、社会学の計量的アプローチ、二次分析、インター ネット調査等から、PTAを多面的に論じている。 https://t.co/5IYaLM8P6Q
諸説あるみたいだし。勉強しようっと。 (おそらく関西の意識と関東の人権教育には温度差があると思う) https://t.co/YoDuRlrHE6 https://t.co/0iASLCpZvV
RT @KITspeakee: 福澤光祐容疑者の論文。最後に写真付きのプロフィールがあるが,論文の舞台裏を容易に推測できるだけに痛々しい。本人の弱さや出世欲なども絡んでいるだろうし,もちろん個人の責任。同情してはいけないのだろうが,担当していた仕事が普通でなかったことも関係があ…
@stoyofuku こちらも興味深い観点。https://t.co/WlKlQOxMh6

お気に入り一覧(最新100件)

J-STAGEで地学雑誌のなかで「盆地」と検索してみたら1890年の論文が出てきました。「盆地(Basin)」と描かれていることから、このくらいの時期に生まれた新しい用語かもしれませんね。 画像出典(河野,1890)→https://t.co/3agpUI85OY https://t.co/EjTteqUtrL https://t.co/ODG8XtGjtj
#インストラクショナルデザイン に興味のある方はぜひこの論文から!それからこの本へ。 鈴木先生の本 @kitaohji_syobo https://t.co/p4ATxGxHeP 論文 https://t.co/tLzvBHgNPS https://t.co/zt6hmQPRv5
※濃姫については史料がほとんどなく、名前すら定かでない。「濃姫」「帰蝶」の名が出る最も古い資料は江戸時代の読本で、歴史的信憑性は薄いと。「帰蝶」に至っては、いずれ嫁がせる娘に、離縁され戻る事を暗示するような名前をつけるか、という疑問も。 https://t.co/Il9JZA5Zd7

フォロー(380ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @adderri: わーい、カブトムシだかなんだかだよ〜。 (左)頭書増補訓蒙図彙大成 21巻. [3] 寛政1 [1789] https://t.co/remSK2RR9A (右)頭書増補訓蒙圖彙 21巻. [7] 元禄8 [1695] https://t.co/B2g…
RT @adderri: わーい、カブトムシだかなんだかだよ〜。 (左)頭書増補訓蒙図彙大成 21巻. [3] 寛政1 [1789] https://t.co/remSK2RR9A (右)頭書増補訓蒙圖彙 21巻. [7] 元禄8 [1695] https://t.co/B2g…
RT @kobiwa_net: (承前)一つだけ見つけたのがこちらの学会発表。著者にメールでお話を伺おうかと迷っているうちに、聞けなくなってしまった(´;ω;`)ブワッ 岩石磁気学的手法による Ta-a 降下軽石の定置温度(予察) https://t.co/0AOV4ltr…
(承前)一つだけ見つけたのがこちらの学会発表。著者にメールでお話を伺おうかと迷っているうちに、聞けなくなってしまった(´;ω;`)ブワッ 岩石磁気学的手法による Ta-a 降下軽石の定置温度(予察) https://t.co/0AOV4ltrM2 この続きの話って見つけられてないのですが、だれかやってたりするのかな?
すごく断片的なものだけど,「今回は水位の上昇が早かったと聞いたので,本当にそうなのか調べてみたらそうでもなかった,という論文を書いたことがある.https://t.co/ZYfOVZdtB7

29 27 27 0 OA 道徳と主体

RT @tcv2catnap: 「道徳と主体」~江戸後期から明治期にかけての通俗道徳~川田 耕 https://t.co/2BqOpcr3A5 一番わかりやすいかなこれ。
RT @digitalarchivej: [B13] デジタルコンテンツと継続性: 明治大正期書画家番付データベースを例に (小山田 智寛さん. 東京文化財研究所) https://t.co/L1EGFRFWrS
RT @digitalarchivej: [A42] 防災ワークショップを活用した災害写真の収集とデータベース化: 災害アーカイブぎふの取り組みから (小山 真紀さん. 岐阜大学) https://t.co/WAmScqpK4s
RT @digitalarchivej: [A44] 歴史地震研究とデジタルアーカイブ (加納 靖之さん. 東京大学) https://t.co/CIvbVJXdpv

フォロワー(347ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @asarin: 心理学評論で書いたこの論文でも同じことを書いています.「著者はこれまでただ単純に,そうした研究行為が面白くて仕方がない,という思いに駆られて研究を続けてきた。最終的な成果としてあらかじめ社会貢献を明確に思い描いて研究をスタートさせたことはない。」 htt…
森林火災との関係とか この辺は科研費で取り組まれていた様子 地球温暖化と永久凍土融解の相互影響についての研究 研究課題 https://t.co/ZZyT4r2WSm