Satoru Matsumoto(0011001 (@zvq04241)

投稿一覧(最新100件)

RT @magicarchtec: 午後のこ~だ、当時は強烈にエンコードが速くてx86のアセンブラでとは何かで知ったけど、改めてググると5人のうちの開発者の1人がインタビューや情報処理学会の論文誌に掲載してて当時のすごさを感じる。 ここまでしてたとは.... https://…
RT @tkirimura: ちなみに、10年以上前の論文だけど、1990年から2005年までのデータで地域ごとの居住者の変化を分析した。その後の15年でどう変わったのだろうか。 https://t.co/iYnrd28v5F
RT @DANkashmir3d: この論文のP379に玄文沢方向からの供給で割谷火山の2回の崩壊との記述があります。 https://t.co/Dh3aeOm6Dt
RT @N3502E13544: 3連ツイです。 2020年に、「日本の政治家・政府の沖縄に関する地理的認識の歪み : 政府刊行物の地図と国会での言説の分析を中心に」という内閣府沖縄担当部局のパンフレットでの地図の扱いを思い切り批判(添付画像)する拙稿(以下は拙稿の公開URL)…
RT @ajgeog: This article, published in Geographical review of Japan, Series B, is one of the top papers accessed during the last month. #aj…
RT @jirokomori: メモ https://t.co/GXjQrakCXF 平田ほか(2020)教員を対象とした流域別河川礫の粒径分布成因についての認識調査
RT @uya_takane: 今回の台風接近時に起きるフェーンのタイプは、ウェットフェーンのタイプが多い印象です(実態は不明)。猛暑時のフェーンはドライタイプ+山肌や都市からの加熱のタイプが多いです たとえば、 https://t.co/PnyibyC1Bi https:/…
RT @zvq04241: 地理探究の教科書では,どこまで反映されたのだろう。 高等学校地理科目における土壌教育内容の更新の必要性 https://t.co/tu4YjtHnNV
地理探究の教科書では,どこまで反映されたのだろう。 高等学校地理科目における土壌教育内容の更新の必要性 https://t.co/tu4YjtHnNV
RT @ajgeog: 「E-journal GEO」先月の月間アクセス数上位論文をご紹介します。 高校地理教科書の「造山帯」を改訂するための提案 岩田 修二 https://t.co/hFnTroEdjB
RT @Kohsuke_Hada: ネットを探す限り前例がないようなので、各エケルト図法を太平洋と大西洋で断裂させて正積かつ角度(形)の歪みを押さえた図法を #羽田図法 #hada_projection と主張しておきます。図はエケルト図法(第4図法)の断裂図。 なお、新しい断…
RT @ajgeog: 研究事例ありますよ。たとえば地理学評論の次の論文 https://t.co/kfbFNcz5TB RT @kunugi57 醤油地理学とか味噌地理学をやりたい
RT @ajgeog: 「地理学評論 Ser. A」先月の月間アクセス数上位論文をご紹介します。 冬季季節風下における中部日本周辺の雲分布に与える地形効果 仁科 淳司 https://t.co/bHFtRyHWoP
RT @ikejiriryohei: 【J-STAGE論文】思考力を測ろうとする多枝選択式問題の解答過程に関する調査に基づく実証分析 https://t.co/Qbt8T3eVRm 興味深い→「センター試験(世界史)の..思考力を測る問題として想定されている問題が,実際に想…
大学入試センターの自画自賛のレポートではなく、こういう評価論文は生産性に寄与すると思う。地理でもこういう研究はあるのかなあ。データはたくさんあるので、わたくしもみてみようかなあ。 思考力を測ろうとする多枝選択式問題の解答過程に関する調査に基づく実証分析 https://t.co/ZEZiv8xqC6
教える側が困ることも多いですね。「広州」=「コワンチョウ」=「Guangzhou」は,いわゆる英語表記との違いも大きい。下のリンクは,帝国書院の方の論考です。 教科書における地名表記に対する取り組みと課題 https://t.co/dZHuIoFX7J https://t.co/S0ZhJAqepI
RT @hira_sail: [HGM03-P03] 花こう岩からなる山地の地形解析 ―阿武隈高地における隆起準平原の再検討― https://t.co/XmOWqlGpNI
RT @s15taka: [HGM03-P03] 花こう岩からなる山地の地形解析 ―阿武隈高地における隆起準平原の再検討― https://t.co/yzU0hVWBIr
RT @ty_polgeog: 今月日本学術会議内のある分科会で、ウクライナ情勢と絡めて地政学や地理学の倫理性についてお話しします。地球倫理学にも関わる重要なテーマです。以下(ページに記載されている抄録)もご覧ください。 https://t.co/DszQa924xR
RT @ty_polgeog: 伝統的な地政学に対する政治地理学者としての私のスタンスです。 https://t.co/DszQa924xR
「地理学の倫理的価値とその戦後の成果を生かすならば,地政学に向き合う視座はありえよう.本発表では,地政学に向き合う上で,地理学の倫理的価値とその戦後の成果を生かしうる視座について考えたい」 地政学、応用地理学、学術倫理 https://t.co/0RCkkZ1xmo
人種に関する、現行課程での高等学校における地理の教科書分析。 https://t.co/UmsLVDUG8X
@kawa_it そうですねえ。わたくしは,これなどを読んでおりますが,日本の漁業については,北海学園大の濱田武士先生のご本を参考にしております。 https://t.co/WMo48G0H65
RT @planet__blue: JPCZと北海道西方海上を南下する低気圧との間に「逆くの字状」の高気圧循環が形成されています。この東北〜北陸の日本海沿岸にかかる逆くの字状の高気圧性循環の形成メカニズムについては、新潟大学の本田明治教授が提唱されています。https://t.…
RT @ktgis: 学部紀要に投稿した論文が公開されました。「地形断面図を重ねて表示する「Web 地形断面図メーカー」サイトの開発と地理教育での利用」SUCRA https://t.co/WxXtYbUlxk https://t.co/OFV97QTUMZ
RT @kachabusters: 卒業生の論文が出ました!霞ヶ浦の張網内にチャネルキャットフィッシュが侵入し漁獲物を食い荒らす実態を解明。同時に入網したワカサギの7割、シラウオの8割、ウキゴリとテナガエビの3割を食べていました。画像はチャネキャとその胃内容物。被害を減らす方法…
RT @Kohsuke_Hada: @shibachiri @genwat 私もそう習って信じてきたのですが、実際に試すと全然違う形となり衝撃を受けました。 今の地理Bの教科書は地球を展開するイメージ図に #舟形多円錐図法 を使っているので「ミカンの皮をむいて開いた隙間をゴムの…
RT @o8ez_: https://t.co/uwymB06eW5 金田先生は歴史地理学者でありながら自然地理学の視角も非常に重視されている方だけど、(もちろんそういう姿勢は地理学者としてある意味当然なんだろうけど)この論文を初めて読んだときの驚きはすごかったなあ。
RT @daichizu: セイロン紅茶に関しては、こちらをご参照ください!   河本大地(2008): スリランカ茶業の構造変化と有機農法導入の影響―プランテーション部門を中心に―. 地学雑誌, 117-3 https://t.co/9gCpmufNMA
RT @daichizu: スリランカの有機農業についてもっと詳しく知りたい!という方は、少し古いですが下記論文をご覧ください。 河本大地(2006): スリランカにおける有機農業の展開とそのメカニズム. 地理学評論. 79-7 https://t.co/9t6KOSWeOE…
RT @ogugeo: 昨晩のブラタモリは僕の故郷の諏訪が舞台。縄文人が諏訪盆地に集まった理由を現地の地学的特徴や関東での海進から説明。下のDAN杉本氏の鳥瞰図と文章が要点を簡潔にまとめている。番組では並走する多数の断層や横ずれによる盆地の形成も紹介。それらに関する地理学評論の…
RT @Naga_Kyoto: 渥美半島で菊の栽培が盛んになったのは、暖かい気候に加え、農業インフラや支援制度という社会条件も大きい。小豆島や八女など新興産地との競争も技術革新を促した。 山内高弘, 大原興太郎「施設ギク生産の発展に与えた技術革新の性格とその効果:愛知県渥美町を…
RT @Kohsuke_Hada: #伊能図 は合っていないと言われますが、#緯度 は完璧にあっています。#経度 は自然現象から求められないので測るのが難しいのです。 https://t.co/pUkUWknyaU スレッドに対してあえて突っ込むと、伊能図は円筒図法ではないので…
RT @Kohsuke_Hada: #伊能図 は合っていないと言われますが、#緯度 は完璧にあっています。#経度 は自然現象から求められないので測るのが難しいのです。 https://t.co/pUkUWknyaU スレッドに対してあえて突っ込むと、伊能図は円筒図法ではないので…
RT @takeshi_enomoto: @yuyabbjp 2002年8月に夏に予測しにくい切離低気圧が中欧に洪水をもたらしました。切離低気圧の予測可能性にフロリダ沖の熱低が影響。手前味噌ですが Enomoto et al. 2007; 2015 https://t.co/R…
RT @jirokomori: 熱海の土石流.小林・小山(地雑,1996)の図6を見ると,このへんの斜面だと箱根Da-5テフラが50cmほど乗ってるのか.筆者のコメント欲しい.@usa_hakase https://t.co/LuqWDXHSCF
RT @zvq04241: @yumamoriya 「境界」の魅力―インドシナ半島シームレス巡検―… https://t.co/8oI6Znyf9s 尾方先生のEーjournalです。こちらもお読みいただけると深まります。
@yumamoriya 「境界」の魅力―インドシナ半島シームレス巡検―… https://t.co/8oI6Znyf9s 尾方先生のEーjournalです。こちらもお読みいただけると深まります。
RT @K_zumi0430: E-journal GEOに投稿した論文が公開されました. ご笑覧いただけると幸いです. https://t.co/Mply8yJcwL
RT @chiri_b_geo: 以前、「ファッションと地理は遠い」のように書いてしまったのですが、アパレル産業などに関する地理学の研究は蓄積されており、「ファッションの地理学」は確かに存在します。たとえば『人文地理』の立見(2018)などは方法論もしっかりして難解ですが読み応…
RT @TakaMuto_Kyoto: 長濱・森田(2017)によれば「2倍速でも学習効果は変わらない」とのことです。https://t.co/1TScbrX26C https://t.co/WNTgSyXx7B
RT @Naga_Kyoto: 荘園を「私的大土地所有」として理解するのは間違い!という記事。歴史学ではとっくに覆された見解が今も生き残っている理由に関する考察もされている。大変勉強になりました。 岡野 友彦「日本の荘園はなぜ教えにくいか」 https://t.co/ZoB0N…
RT @ktgis: J-STAGE Articles - 桐村 喬 メッシュデータの可視化ツール「MeshDataView3D」の開発と活用方法 E-journal GEO/16 巻 (2021) 1 号 https://t.co/7lM3NmXPOy
RT @ktgis: DOS版MANDARAで作成した地図が載った論文。「愛知県一宮市における都市内居住地移動」卒論だが、座標を入力するのが大変だった。https://t.co/xVuqyFKaxM https://t.co/jCz0ukABsm
RT @ksspress: 引用された本です。 多くの大学や教育機関で、参考図書として使用していただいています。2022年から高等学校教育で必修科目となる「地理総合」の副読本としても最適です。 東北学院大学岩動志乃夫先生の書評をご覧ください。 https://t.co/bVu2…
RT @chiri_b_geo: 武者忠彦(2020)「人文学的アーバニズムとしての中心市街地再生」『経済地理学年報』66-4, 337-351. この論文、方法論をふまえた実証研究の面白さを感じます。工学的アーバニズムとの対比をしていますが、その単純な否定ではないように読めま…
RT @toshiitoh: 網野善彦と共産主義運動との関係について、論文があったんだ。https://t.co/1hMwBCUHq8
RT @ktgis: 用語「屋敷林」は本多静六の造語だそうだ。 J-STAGE Articles - 三浦 修,用語「屋敷林」の造語過程と地理学への普及.季刊地理学71 巻 (2019) 3 号 https://t.co/3YFSHAQVWC
RT @takahiko_mukai: @oikawamaru いや、それがソメイヨシノばかり植えてると野生のヤマザクラと交雑するんですよ…… https://t.co/cGWrZZPW4g
RT @ktgis: @chiri_b_geo @Kohsuke_Hada 私も調べていて、内村鑑三が1897年の『地人論』で「地理学は実に諸学の基なり」と書いてあるのを見つけました。平頂海山のギョーとも関連しているみたいですね 国会図書館デジタルコレクション https://…

4 0 0 0 OA 地人論

RT @ktgis: @chiri_b_geo @Kohsuke_Hada 私も調べていて、内村鑑三が1897年の『地人論』で「地理学は実に諸学の基なり」と書いてあるのを見つけました。平頂海山のギョーとも関連しているみたいですね 国会図書館デジタルコレクション https://…
砂州は,堀さんの三角州の研究に近いような印象をもってます。 https://t.co/OsSoIIfQr4
これは反映されるのだろうなあ。 高等学校地理科目における土壌教育内容の更新の必要性 https://t.co/tu4YjtHnNV
RT @s15taka: J-STAGE Articles - 高等学校地理科目における土壌教育内容の更新の必要性 https://t.co/4sjEP6L0OC
RT @world_history_k: @GcMxM3GGB1ELXL6 こちらですね! ありがとうございます、優先的に読みたいと思います!! https://t.co/oWS2SUaD1M
RT @ktgis: J-STAGE Articles - 用語「広域中心都市」、「地方中枢都市」、「札仙広福」の登場と定着 https://t.co/fxRyyP4neI
RT @kagayam: @marxindo 統計の文献で、「尤」が「犬」になっているのを見つけると、よろこんでしまいます。これ↓は、題名で堂々と。犬度! https://t.co/wKKvANMCGa
RT @no_ichi_: 硫化水素に超伝導現象が見られるなんて! こちらの記事にありました。 https://t.co/i2ZAr9iMGy また、超伝導物質ができたという報告があっても再現されない未確認超伝導物体 のことをUSO(Unidentified Supercond…
RT @ktgis: 戦前、森鴎外の息子の森於菟は、東京から盆栽村に引っ越して、東京帝国大学に通勤していた。小学生の子どもと一緒に、朝6時5分の大宮公園駅発の列車に乗っていたという。 昭和14年『解剖台に凭りて』国会図書館デダタルコレクション https://t.co/azoU…
RT @SOLA_metsoc: Sola new paper: Kawano et al., Evaluation of Human Thermal Comfort along a Marathon Course in Tokyo Metropolis, SOLA, 2020…
RT @Naga_Kyoto: 野尻 亘「アメリカ地理学における地域概念の形成」 https://t.co/6RVGCdOdZo >機能地域 (functional region)の言葉はプラット,結節地域 (nodal region)の言葉はアルマンによって最初に言及された…
RT @Aki_Okazawa: 科研費DBで遊んでたらなんか面白そうな研究みつけたぞ… 「ソヴィエトの非公式文学・亡命文学における狂気の言説」 >2020年度はソ連国内における非公式作家の活動や精神医療の状況について分析する。2021年度は作家の亡命先での活動を分析する。 h…
RT @u_saku_n: この論文ですね。 『E-journal GEO』(日本地理学会)掲載「怪異の類型と分布の時代変化に関する定量的分析の試み」 https://t.co/UOPf9jySBV https://t.co/AOo40ZE6lt
RT @masuda_ko_1: 斎藤 常正, 1977: 大西洋地域の第四紀気候--CLIMAP計画の成果を中心にして (新しい氷河時代像<特集>) 科学 47(10), p592-601 https://t.co/Tj5YjPqYEr #CiNii まだ英語文献を読まなか…
RT @kaoryu: 高松の事件で地図見てたら、やたら池が多いのが気になって。 「松累層は縄文海進高頂期およびそれ以降の内湾性堆積物であり、高松市西内町付近の本累層は旧香東川による三角州堆積物」 https://t.co/iwFEkmFazs
RT @ajgeog: 【地理学評論掲載論文】財城真寿美・塚原東吾・三上岳彦・コネングンター 2002.出島(長崎)における19世紀の気象観測記録.地理学評論75: 901-912.https://t.co/JGdSLR8IVT
RT @ktgis: 図面(上が北になるように回転)によると、樹木で覆われて空からはわからない地下タンクが、まだいくつかあるようだ。 南関東防衛局2008『旧小柴貯油施設資料等調査報告書』国会図書館デジタルコレクション https://t.co/pl8nQMEmZ4 https…
RT @cxieldrako: これは面白い‼︎ 冬の大根干しの風景を思い出す。 清水克志、清水ゆかり「三浦半島における野菜生産地域の発展とその歴史的基盤」(歴史地理学調査報告第12号、2006) https://t.co/LY4oFHn8zQ
RT @ktgis: 地学雑誌に高校地学に関する論文が出ていた。 J-STAGE Articles - 高等学校理科「地学基礎」「地学」開設率の都道府県ごとの違いとその要因 https://t.co/2NNJty23qh
RT @Kohsuke_Hada: サンソン図法を頼りに検索するといろいろ論文が見つかり、2019年地学雑誌に投稿された論文(https://t.co/jctMVZ5ivE)によると、台形図法の一種である「梯形(ていけい)図法」の可能性が高いと結論づけられています。台形図法はエ…
RT @koshian: すげーな、中高生くらいの頃の恋愛経験の有無が生涯に渡って家族形成の可否に影響を与えることを調査で明らかにしたのか。なんとなくわかってたことだが論文にされてたとは。 / “CiNii 論文 -  恋愛の壁、結婚の壁 : ソーシャル・キャピタルの役割” h…
RT @ajgeog: 【E-journal GEO掲載論文】水野一晴 2018.ナミブ砂漠の驚異の自然とその歴史,E-journal GEO 13(1),377-385.https://t.co/MicUjkVkWd
RT @hira_sail: これは利根川についての論文ですが、縄文初期に現荒川沿いを流下していたものが、次第に東寄りに流れを移していったようです。 旧流路が荒川のものなのか、利根川のものなのか、かなり錯綜した歴史があるようです。 第四紀末の利根川の流路変遷 埼玉沖積層研究グ…
RT @ktgis: この図を使ったのは修論の時。ライフコース論の時代効果と年齢効果、コーホート効果が地域単位でよくわかる。図は当時のDOS版MANDARAのメッシュ表示機能を流用。 谷謙二1997.大都市圏郊外住民の居住経歴に関する分析- 高蔵寺ニュータウン戸建住宅居住者の事…
RT @oigawa2: 市町村の人口ピラミッド類型化だとこの論文が参考になるか 谷謙二(2015) 『空間スケールに対応した人口ピラミッドの形状分類と人口学習』 https://t.co/bTekSulyCA

1784 321 5 0 OA 殖民地要覧

RT @annamdohophu: フォロー外から失礼します。 あなたの教科書への「訂正」に何点か誤りがありますので,指摘いたします。 ①「植民地」について 朝鮮および台湾は戦前の日本政府も植民地としてあつかっていました。 外地統治を担当した拓殖局が発行した『殖民地要覧』(…
@pmagshib @s15taka スカンディナビアのはみつけられませんでしたが,岩田先生のアイスランドでのアイソスタシーと地形の関わりの論文をみつけました。そのついでに,日本のリアス海岸も隆起しているが形成されているとする論文もみつけてしまいました。「侵食基準面」は難しいですね。 https://t.co/yBCZkzZFFV
RT @hira_sail: この論文では、卓状地は海成層としています。ただ「準平原が水没し」たことは条件とせず。 地向斜の用語を整理しないで残したこと、地形と成因の用語をごっちゃにしたことなどが混乱の原因と指摘。 高校地理教科書の「造山帯」を改訂するための提案(2013)…
RT @ogugeo: 今日は阪神・淡路大震災の発生から25年。当時被災地で多数の地理学者や学生が瓦礫の分布等を調査した成果を迅速にまとめた日本地理学会の機関誌の論文。 https://t.co/L7AnTquqza この種の活動が政府による「地理情報システム(GIS)関係省庁…
RT @s15taka: ところで,ハロン湾では「海の桂林」というキャッチコピーをしばしば見かける(中略)ところが,チャン・アンに行くと,今度は「陸のハロン湾」というキャッチコピーを見かけるようになる.ハロン湾のキャッチコピーに従えば「陸のハロン湾」は桂林ではないだろうか(p3…
魚の鱗は効果があるらしい。 コラーゲンペプチド経口摂取による皮膚角層水分量の改善効果 https://t.co/RNOwjIZuaH
RT @frroots: おやこんなところに「構築主義と概念分析の社会学」という論文が>RT J-STAGE Articles - 構築主義と概念分析の社会学 https://t.co/YwfEhnDgYZ
RT @ursus21627082: CiNii 論文 -  北アナトリア断層のローマ時代以降の活動史 : トルコの大地震を発掘する https://t.co/45nd0t4J8I
RT @hotaka_tsukada: 【論文刊行】私たちはなぜ、そしていつから「政教分離」を「知っている」のか? 日本国憲法の成立以来、ではありません。まずは、1965年開始の高校「政治・経済」の全教科書記述から、この問いに迫りました。「政教分離」概念・認識が「更新」されてい…
RT @choidamnet: ちょっと話題になっているサーモン大砲とやらのコレってエアリフト式魚道だと思うけど、日本では沖縄県の羽地ダムに設置されているんだよなー。 エアリフト式魚道についてはダムマイスターの川崎秀明先生が書いた論文もあるよ。 https://t.co/P9…
この記事で、気になって調べたら↓論文がヒットして、とてもおもしろかった!アレクサンドロスが登場して驚いた。かつてアラビア半島沿岸にはマングローブが自生しており、アラブ首長国連邦のアブダビでは再び植林を行う。かつて、その植林を手がけたのは日本人であった。https://t.co/g0dVr3Ug61
RT @zxd01342: 今津さんの報告ももう終わった。歴史学研究会では御話できなかった。残念。日本地球惑星科学連合2019年大会/高解像度気候復原による日本古代の気候変動と国家・社会の変容 https://t.co/pq9FDz614y
RT @1031kentakai: 大陸ガー!生命ガー!とかいう人が多くて、大陸地殻と大陸は違うっつう説得するためだけに大陸成長曲線戦国時代論文を全部読むみたいな事をなんでワシがやらなあかんの?と思っていたら、とても纏まった日本語の総説があって感動した!てるてる博士(@iwkr…
RT @ktgis: それぞれの調査は数え年で表章されているので、生年が判明する。その点を利用して、コーホートごとの人口変化を分析した。谷 謙二(2012)1940年代の国内人口移動に関するコーホート分析.地理学評論,85,324-341.https://t.co/1SBpVF…
RT @Naga_Kyoto: 小池 拓矢, 鈴木 祥平, 高橋 環太郎, 倉田 陽平「Pokemon GOが観光に与える影響に関する一考察 Twitterの位置情報付きツイートを用いて」 https://t.co/iKVGfbN6iE >本来は目を向けられることもないスポッ…
RT @usa_hakase: 過去の噴火誘発事例の応力変化量は0.01-0.5MPa、つまり100-5000hPa程度。https://t.co/Pbzfa1KCF3 台風通過による気圧変化はせいぜい50hPa程度。そもそもマグマだまりが大気に直接触れているわけではないだろう…
RT @coda_1984: たとえば、こういうのを読むのが知の更新です。 CiNii 論文 -  古典文法の学習参考書を読む : 古典文法研究者の立場から https://t.co/wNXfH67nlK #CiNii
RT @Naga_Kyoto: 福岡 義隆「地理学における気候学の存在理由」https://t.co/V39AWKvy1q >気象学が人間不在でも成り立つ大気の科学であるのに対して,気候学は必ず人間の存在と密着した大気の科学である 隣接の理工学に対する自然地理学のポジショナリ…
RT @kobiwa_net: 柳井ほか(2010, 地学雑誌) 日本海の拡大と構造線 https://t.co/b67a8F38BT 一部TLで中央構造線が話題なので、コレを投下しておく。
RT @usa_hakase: 5/24 日本地球惑星科学連合2018年大会/1987年8月の富士山頂地震は火口陥没未遂か? https://t.co/0z1Ipk9Acd
RT @s15taka: CiNii 論文 -  中国雲南の西双版納の山地発展のための気候と農業気候の諸問題 https://t.co/ysjzKYBMTA #CiNii
RT @s15taka: 論文中の「教科書記述の地球科学的検討」は主に私が執筆しました。ご意見などありましたらお待ちしています。 J-STAGE+Articles+-+高等学校の地理教育・地学教育における教科書用語の問題点―用語問題の類型化と学術的整合性― https://t…

お気に入り一覧(最新100件)

午後のこ~だ、当時は強烈にエンコードが速くてx86のアセンブラでとは何かで知ったけど、改めてググると5人のうちの開発者の1人がインタビューや情報処理学会の論文誌に掲載してて当時のすごさを感じる。 ここまでしてたとは.... https://t.co/SKqyRQhRqp https://t.co/wcLRnISYTI https://t.co/wnh9KE66Gt
ちなみに、10年以上前の論文だけど、1990年から2005年までのデータで地域ごとの居住者の変化を分析した。その後の15年でどう変わったのだろうか。 https://t.co/iYnrd28v5F
この論文のP379に玄文沢方向からの供給で割谷火山の2回の崩壊との記述があります。 https://t.co/Dh3aeOm6Dt https://t.co/TY8enyebH3
3連ツイです。 2020年に、「日本の政治家・政府の沖縄に関する地理的認識の歪み : 政府刊行物の地図と国会での言説の分析を中心に」という内閣府沖縄担当部局のパンフレットでの地図の扱いを思い切り批判(添付画像)する拙稿(以下は拙稿の公開URL)を公刊した【続く】。 https://t.co/5qPf7x3yFE https://t.co/9vbSHtQyQF
This article, published in Geographical review of Japan, Series B, is one of the top papers accessed during the last month. #ajgeog Seismic Hazard Maps of Japan and Computational Differences in Models and Parameters Takashi KUMAMOTO https://t.co/K4w2Fw8VD1
メモ https://t.co/GXjQrakCXF 平田ほか(2020)教員を対象とした流域別河川礫の粒径分布成因についての認識調査
今回の台風接近時に起きるフェーンのタイプは、ウェットフェーンのタイプが多い印象です(実態は不明)。猛暑時のフェーンはドライタイプ+山肌や都市からの加熱のタイプが多いです たとえば、 https://t.co/PnyibyC1Bi https://t.co/m9glTcOPUV
「E-journal GEO」先月の月間アクセス数上位論文をご紹介します。 高校地理教科書の「造山帯」を改訂するための提案 岩田 修二 https://t.co/hFnTroEdjB
「地理学評論」先月の月間アクセス数上位論文をご紹介します。 松本市における中心市街地再開発のメカニズム──土地区画整理事業をめぐる制度・都市政治・商店経営者の戦略 武者 忠彦https://t.co/vgv1bNf0Mz
「地理学評論 Ser. A」先月の月間アクセス数上位論文をご紹介します。 冬季季節風下における中部日本周辺の雲分布に与える地形効果 仁科 淳司 https://t.co/bHFtRyHWoP
【J-STAGE論文】思考力を測ろうとする多枝選択式問題の解答過程に関する調査に基づく実証分析 https://t.co/Qbt8T3eVRm 興味深い→「センター試験(世界史)の..思考力を測る問題として想定されている問題が,実際に想定通りに問題文やグラフの内容をもとに推論を重ねて解答されていることが示された」
[HGM03-P03] 花こう岩からなる山地の地形解析 ―阿武隈高地における隆起準平原の再検討― https://t.co/XmOWqlGpNI
[HGM03-P03] 花こう岩からなる山地の地形解析 ―阿武隈高地における隆起準平原の再検討― https://t.co/yzU0hVWBIr
今月日本学術会議内のある分科会で、ウクライナ情勢と絡めて地政学や地理学の倫理性についてお話しします。地球倫理学にも関わる重要なテーマです。以下(ページに記載されている抄録)もご覧ください。 https://t.co/DszQa924xR
伝統的な地政学に対する政治地理学者としての私のスタンスです。 https://t.co/DszQa924xR
JPCZと北海道西方海上を南下する低気圧との間に「逆くの字状」の高気圧循環が形成されています。この東北〜北陸の日本海沿岸にかかる逆くの字状の高気圧性循環の形成メカニズムについては、新潟大学の本田明治教授が提唱されています。https://t.co/N2V6n1ik3q https://t.co/JYteokycME
学部紀要に投稿した論文が公開されました。「地形断面図を重ねて表示する「Web 地形断面図メーカー」サイトの開発と地理教育での利用」SUCRA https://t.co/WxXtYbUlxk https://t.co/OFV97QTUMZ
卒業生の論文が出ました!霞ヶ浦の張網内にチャネルキャットフィッシュが侵入し漁獲物を食い荒らす実態を解明。同時に入網したワカサギの7割、シラウオの8割、ウキゴリとテナガエビの3割を食べていました。画像はチャネキャとその胃内容物。被害を減らす方法の開発が急務です。https://t.co/s5mbNywd5r https://t.co/dJW5U1wOi1
@shibachiri @genwat 私もそう習って信じてきたのですが、実際に試すと全然違う形となり衝撃を受けました。 今の地理Bの教科書は地球を展開するイメージ図に #舟形多円錐図法 を使っているので「ミカンの皮をむいて開いた隙間をゴムのように引き延ばす」という説明が適切だと考えています。https://t.co/6Cyp4Rnxpi
https://t.co/uwymB06eW5 金田先生は歴史地理学者でありながら自然地理学の視角も非常に重視されている方だけど、(もちろんそういう姿勢は地理学者としてある意味当然なんだろうけど)この論文を初めて読んだときの驚きはすごかったなあ。
セイロン紅茶に関しては、こちらをご参照ください!   河本大地(2008): スリランカ茶業の構造変化と有機農法導入の影響―プランテーション部門を中心に―. 地学雑誌, 117-3 https://t.co/9gCpmufNMA
スリランカの有機農業についてもっと詳しく知りたい!という方は、少し古いですが下記論文をご覧ください。 河本大地(2006): スリランカにおける有機農業の展開とそのメカニズム. 地理学評論. 79-7 https://t.co/9t6KOSWeOE セイロン紅茶については、別の論文を書いています。 次のツイートに。
昨晩のブラタモリは僕の故郷の諏訪が舞台。縄文人が諏訪盆地に集まった理由を現地の地学的特徴や関東での海進から説明。下のDAN杉本氏の鳥瞰図と文章が要点を簡潔にまとめている。番組では並走する多数の断層や横ずれによる盆地の形成も紹介。それらに関する地理学評論の論文 https://t.co/MiiYDKJMAY https://t.co/RXv3Jmud7y
渥美半島で菊の栽培が盛んになったのは、暖かい気候に加え、農業インフラや支援制度という社会条件も大きい。小豆島や八女など新興産地との競争も技術革新を促した。 山内高弘, 大原興太郎「施設ギク生産の発展に与えた技術革新の性格とその効果:愛知県渥美町を事例として」 https://t.co/HK1IxFajgh https://t.co/EyA6Z9PxlB
#伊能図 は合っていないと言われますが、#緯度 は完璧にあっています。#経度 は自然現象から求められないので測るのが難しいのです。 https://t.co/pUkUWknyaU スレッドに対してあえて突っ込むと、伊能図は円筒図法ではないので Googleマップと合うわけがない。 https://t.co/J9LDqODgJf https://t.co/ltXhLzY31u https://t.co/EHYsrIexcw
#伊能図 は合っていないと言われますが、#緯度 は完璧にあっています。#経度 は自然現象から求められないので測るのが難しいのです。 https://t.co/pUkUWknyaU スレッドに対してあえて突っ込むと、伊能図は円筒図法ではないので Googleマップと合うわけがない。 https://t.co/J9LDqODgJf https://t.co/ltXhLzY31u https://t.co/EHYsrIexcw
@yuyabbjp 2002年8月に夏に予測しにくい切離低気圧が中欧に洪水をもたらしました。切離低気圧の予測可能性にフロリダ沖の熱低が影響。手前味噌ですが Enomoto et al. 2007; 2015 https://t.co/RUiHhN8Z8x https://t.co/1pQu5z95cg
熱海の土石流.小林・小山(地雑,1996)の図6を見ると,このへんの斜面だと箱根Da-5テフラが50cmほど乗ってるのか.筆者のコメント欲しい.@usa_hakase https://t.co/LuqWDXHSCF
ネットを探す限り前例がないようなので、各エケルト図法を太平洋と大西洋で断裂させて正積かつ角度(形)の歪みを押さえた図法を #羽田図法 #hada_projection と主張しておきます。図はエケルト図法(第4図法)の断裂図。 なお、新しい断裂図を試みる前例自体はあります。 https://t.co/efaHSllllg https://t.co/dp1WtYv8mQ
以前、「ファッションと地理は遠い」のように書いてしまったのですが、アパレル産業などに関する地理学の研究は蓄積されており、「ファッションの地理学」は確かに存在します。たとえば『人文地理』の立見(2018)などは方法論もしっかりして難解ですが読み応えがあります。https://t.co/4W7DGN6Ymm
長濱・森田(2017)によれば「2倍速でも学習効果は変わらない」とのことです。https://t.co/1TScbrX26C https://t.co/ZC4AsMnyWD https://t.co/WNTgSyXx7B
J-STAGE Articles - 桐村 喬 メッシュデータの可視化ツール「MeshDataView3D」の開発と活用方法 E-journal GEO/16 巻 (2021) 1 号 https://t.co/7lM3NmXPOy
DOS版MANDARAで作成した地図が載った論文。「愛知県一宮市における都市内居住地移動」卒論だが、座標を入力するのが大変だった。https://t.co/xVuqyFKaxM https://t.co/jCz0ukABsm
引用された本です。 多くの大学や教育機関で、参考図書として使用していただいています。2022年から高等学校教育で必修科目となる「地理総合」の副読本としても最適です。 東北学院大学岩動志乃夫先生の書評をご覧ください。 https://t.co/bVu26Px85I 内容見本もご覧ください https://t.co/yIRtjAt3kM https://t.co/PyzIcCoQCT
武者忠彦(2020)「人文学的アーバニズムとしての中心市街地再生」『経済地理学年報』66-4, 337-351. この論文、方法論をふまえた実証研究の面白さを感じます。工学的アーバニズムとの対比をしていますが、その単純な否定ではないように読めました。詳しく読んで勉強します。https://t.co/PksMIwnl6I
網野善彦と共産主義運動との関係について、論文があったんだ。https://t.co/1hMwBCUHq8
用語「屋敷林」は本多静六の造語だそうだ。 J-STAGE Articles - 三浦 修,用語「屋敷林」の造語過程と地理学への普及.季刊地理学71 巻 (2019) 3 号 https://t.co/3YFSHAQVWC
図の出所はここhttps://t.co/VBKvDXYftd ナイル全体の傾斜も載ってて、青ナイル川で洪水が起きやすい理由はこれを見ると分かる。めっちゃ急で途中に湖がない。 去年スーダンで大洪水になってたのもこのせい https://t.co/2KreMfA3qx
@oikawamaru いや、それがソメイヨシノばかり植えてると野生のヤマザクラと交雑するんですよ…… https://t.co/cGWrZZPW4g
J-STAGE Articles - 高等学校地理科目における土壌教育内容の更新の必要性 https://t.co/4sjEP6L0OC
@chiri_b_geo @Kohsuke_Hada 私も調べていて、内村鑑三が1897年の『地人論』で「地理学は実に諸学の基なり」と書いてあるのを見つけました。平頂海山のギョーとも関連しているみたいですね 国会図書館デジタルコレクション https://t.co/Wgcq16Lr3a CiNii 論文 - 地人論の系譜--A.Guyotと内村鑑三https://t.co/9G6upI9eQA #CiNii

4 0 0 0 OA 地人論

@chiri_b_geo @Kohsuke_Hada 私も調べていて、内村鑑三が1897年の『地人論』で「地理学は実に諸学の基なり」と書いてあるのを見つけました。平頂海山のギョーとも関連しているみたいですね 国会図書館デジタルコレクション https://t.co/Wgcq16Lr3a CiNii 論文 - 地人論の系譜--A.Guyotと内村鑑三https://t.co/9G6upI9eQA #CiNii
@GcMxM3GGB1ELXL6 こちらですね! ありがとうございます、優先的に読みたいと思います!! https://t.co/oWS2SUaD1M
J-STAGE Articles - 用語「広域中心都市」、「地方中枢都市」、「札仙広福」の登場と定着 https://t.co/fxRyyP4neI
秀吉の水攻めを水文学のモデルで考察するというユニークな論文↓ 根元 裕樹, 泉 岳樹, 中山 大地, 松山 洋「備中高松城水攻めに関する水文学的研究—洪水氾濫シミュレーションを用いて—」 https://t.co/gptR3nJJd2 https://t.co/pbnVI2sUtv
硫化水素に超伝導現象が見られるなんて! こちらの記事にありました。 https://t.co/i2ZAr9iMGy また、超伝導物質ができたという報告があっても再現されない未確認超伝導物体 のことをUSO(Unidentified Superconducting Object)というのも面白い
戦前、森鴎外の息子の森於菟は、東京から盆栽村に引っ越して、東京帝国大学に通勤していた。小学生の子どもと一緒に、朝6時5分の大宮公園駅発の列車に乗っていたという。 昭和14年『解剖台に凭りて』国会図書館デダタルコレクション https://t.co/azoUOTpOdA https://t.co/STIQrrVMcp
Sola new paper: Kawano et al., Evaluation of Human Thermal Comfort along a Marathon Course in Tokyo Metropolis, SOLA, 2020, VOL.16, 192-197, 10.2151/sola.2020-033, https://t.co/AqqC2jzsuB https://t.co/N6BVMS8uEf
野尻 亘「アメリカ地理学における地域概念の形成」 https://t.co/6RVGCdOdZo >機能地域 (functional region)の言葉はプラット,結節地域 (nodal region)の言葉はアルマンによって最初に言及された (Ullman,1953)が,ホイットルセーによって最初に詳しく定義されている (Whittlesey,1954)
科研費DBで遊んでたらなんか面白そうな研究みつけたぞ… 「ソヴィエトの非公式文学・亡命文学における狂気の言説」 >2020年度はソ連国内における非公式作家の活動や精神医療の状況について分析する。2021年度は作家の亡命先での活動を分析する。 https://t.co/boJCL4LypX
この論文ですね。 『E-journal GEO』(日本地理学会)掲載「怪異の類型と分布の時代変化に関する定量的分析の試み」 https://t.co/UOPf9jySBV https://t.co/AOo40ZE6lt
斎藤 常正, 1977: 大西洋地域の第四紀気候--CLIMAP計画の成果を中心にして (新しい氷河時代像<特集>) 科学 47(10), p592-601 https://t.co/Tj5YjPqYEr #CiNii まだ英語文献を読まなかった大学2年のわたしにとって、これを日本語で読めたのがありがたかった。
高松の事件で地図見てたら、やたら池が多いのが気になって。 「松累層は縄文海進高頂期およびそれ以降の内湾性堆積物であり、高松市西内町付近の本累層は旧香東川による三角州堆積物」 https://t.co/iwFEkmFazs
図面(上が北になるように回転)によると、樹木で覆われて空からはわからない地下タンクが、まだいくつかあるようだ。 南関東防衛局2008『旧小柴貯油施設資料等調査報告書』国会図書館デジタルコレクション https://t.co/pl8nQMEmZ4 https://t.co/j3ykV0vmXO
@zvq04241 なるほどね。 精緻化方略に近しいのかしら。 https://t.co/icl5eZE4kW https://t.co/swcI2hXK9Y
これは面白い‼︎ 冬の大根干しの風景を思い出す。 清水克志、清水ゆかり「三浦半島における野菜生産地域の発展とその歴史的基盤」(歴史地理学調査報告第12号、2006) https://t.co/LY4oFHn8zQ
地学雑誌に高校地学に関する論文が出ていた。 J-STAGE Articles - 高等学校理科「地学基礎」「地学」開設率の都道府県ごとの違いとその要因 https://t.co/2NNJty23qh
サンソン図法を頼りに検索するといろいろ論文が見つかり、2019年地学雑誌に投稿された論文(https://t.co/jctMVZ5ivE)によると、台形図法の一種である「梯形(ていけい)図法」の可能性が高いと結論づけられています。台形図法はエケルト第1・第2図法が有名。 ネットで論文が探せる今の時代は本当便利。
吉田幸平, 高木秀雄, 2020: 高等学校理科「地学基礎」「地学」開設率の都道府県ごとの違いとその要因. 地学雑誌, 129 巻 (3 号) p. 337-354. https://t.co/3xnMC7MCeT
この図を使ったのは修論の時。ライフコース論の時代効果と年齢効果、コーホート効果が地域単位でよくわかる。図は当時のDOS版MANDARAのメッシュ表示機能を流用。 谷謙二1997.大都市圏郊外住民の居住経歴に関する分析- 高蔵寺ニュータウン戸建住宅居住者の事例.地理評70-5 https://t.co/6ssvtE5ubt https://t.co/cZR2EQXqdH
市町村の人口ピラミッド類型化だとこの論文が参考になるか 谷謙二(2015) 『空間スケールに対応した人口ピラミッドの形状分類と人口学習』 https://t.co/bTekSulyCA
J-STAGE Articles - 与那国島のジオサイト―台湾島を望む露頭が語る地形形成環境― https://t.co/5gH2QmvwCJ
【地理学評論掲載論文】財城真寿美・塚原東吾・三上岳彦・コネングンター 2002.出島(長崎)における19世紀の気象観測記録.地理学評論75: 901-912.https://t.co/JGdSLR8IVT
【E-journal GEO掲載論文】水野一晴 2018.ナミブ砂漠の驚異の自然とその歴史,E-journal GEO 13(1),377-385.https://t.co/MicUjkVkWd
CiNii 論文 -  中国雲南の西双版納の山地発展のための気候と農業気候の諸問題 https://t.co/ysjzKYBMTA #CiNii
https://t.co/Wo1GYW9VSu 極端な降水に関しては数年前に東大の木口さんがまとめて調べてて、読み応えがある文章になってたりする。これによると極値は 1分→36ミリ(推定値) 3分→44ミリ 5分→63ミリ(概算) 8分→128ミリ 15分→198ミリ と。
CiNii 論文 - 「資本主義の新たな精神」と「都市」の構築([ラウンドテーブル1]認知(文化)資本主義と経済地理学,経済地理学会第61回(2014年度)大会) https://t.co/jwKIbt0k1J #CiNii 経済地理学年報 60(4), 325
CiNii 論文 - 「資本主義の新たな精神」と「都市」の構築([ラウンドテーブル1]認知(文化)資本主義と経済地理学,経済地理学会第61回(2014年度)大会) https://t.co/jwKIbsIID9 #CiNii 経済地理学年報 60(4), 325
【地理学評論掲載論文】桐村 喬 2006.遺伝的アルゴリズムによる小学校通学区域の設定-大阪府吹田市を事例として,地理学評論79,154-171.https://t.co/jax9XQ8L3W
地図投影法について学校教育の立場から論じた佐藤崇徳先生の貴重な論文です。地学雑誌に掲載されたものです。関連するウェブページも紹介されています。ネットで読めることに感謝です。 https://t.co/IYq9OoNny6 #地図投影法 #デジタル地図 #地学雑誌
先日の地震で一部が崩落したマレーシア・キナバル山の奇岩「ロバの耳」は一種の氷河地形。熱帯の山だが最終氷期に氷河があり岩を侵食。学術誌の解説(pdf)https://t.co/0PEp0S4prt photo via @MasidiM https://t.co/TZ9Hl2mXf6
地層に対応した地形の線状の凹凸に植生の密度も対応しているスペインの斜面。面白い。RT @daichizu E-journal GEOに報告したソブラルベジオパーク https://t.co/7rw3Kh4E0h にある面白い地形に感動。http://t.co/2FlNbPF0nW
研究事例ありますよ。たとえば地理学評論の次の論文 https://t.co/kfbFNcz5TB RT @kunugi57 醤油地理学とか味噌地理学をやりたい

フォロー(925ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @oikawamaru: そもそも水産用種苗放流はあまり効果がないのではないか、むしろ害があるのでは、という科学的な指摘はこれまでもなされていまして、こちらの総説なども勉強になります。 https://t.co/aVqcXus49a
そもそも水産用種苗放流はあまり効果がないのではないか、むしろ害があるのでは、という科学的な指摘はこれまでもなされていまして、こちらの総説なども勉強になります。 https://t.co/aVqcXus49a
「地理学評論 Series A」先月の月間アクセス数上位論文をご紹介します。 東京都新宿区大久保地区における韓国系ビジネスの機能変容 金 延景 https://t.co/thUYncrfxS
「武器武具祭祀が古墳時代から中近世なで綿々と続くことや、この武器武具祭祀が中世に北は北海道のアイヌ文化成立に、南は沖縄のグスク文化の成立に寄与し、現在の日本の境界領域(文化圏)を規定していく重要な作法であることが判明した」 https://t.co/GeazSqe14B https://t.co/VFmQIqUywC
坂上田村麻呂の父は造東大寺長官で "アテルイの首塚"から500m離れた九頭神廃寺の瓦は西寺と同じ物や東大寺の瓦とよく似たものもあり https://t.co/GeazSqe14B 長岡京と同様顔のある小札転用人形が発掘されていて王権との関係性があるのかもしれない。 https://t.co/VbWCGJzGxa
RT @VSJ_Kazan: 【雑誌火山 67巻4号 p. 501-511】 火山岩の空隙率及び浸透率測定の簡便法(竹内)※以下スレッドに、著者コメントあり https://t.co/KLqOpbu0R1 https://t.co/VPb47hHagb
RT @VSJ_Kazan: 【雑誌火山 67巻4号 p. 479-488】 キラウエア火山の35年間の活動最末期の大規模噴火と災害(安井・他)※以下スレッドに、著者コメントあり https://t.co/QaCQZ9Nrcu 口絵写真→ https://t.co/Rzu1WR…

5 5 5 1 OA 口絵写真

RT @VSJ_Kazan: 【雑誌火山 67巻4号 p. 479-488】 キラウエア火山の35年間の活動最末期の大規模噴火と災害(安井・他)※以下スレッドに、著者コメントあり https://t.co/QaCQZ9Nrcu 口絵写真→ https://t.co/Rzu1WR…
RT @VSJ_Kazan: 【雑誌火山 67巻4号 p. 453-469】 地球化学的・鉱物学的調査から推定した倶多楽火山登別地熱地域の熱水系(高橋・他)※以下スレッドに、著者コメントあり https://t.co/yPHtfxzkEg https://t.co/4weA4r…
こちらの方が良いかも 日本生態学会 野外安全管理委員会(2019) フィールド調査における安全管理マニュアル https://t.co/3DLsdwg902
RT @airu_7272: https://t.co/S1vYa0bRED 金富子氏(性売買経験当事者ネットワーク灯火)って上野千鶴子の慰安婦問題にブチ切れてんのね。 村木さんがここまで狙ってんならスゲェな。 https://t.co/ox46gPpZD6
RT @ynk_socpsy: ということで直近に出版された3冊を紹介しました。なお、私自身が宗教に関して書いたものは、この本の「信じる」(https://t.co/eazLhFuFmP)の章。認知科学の論文(https://t.co/jDwYsmMOrJ)があります。紹介した…
https://t.co/0UFtzbNQ9m 解説記事。Wide-IO くらいかな? 512ビット幅の接続。
「E-journal GEO」先月の月間アクセス数上位論文をご紹介します。 東京大都市圏に居住する若者の観光・レジャーにおけるSNS利用──「SNS映え」を超克する若者たち 福井 一喜 https://t.co/cp91vRFj8H
RT @metamorphicfl: 用語「カリ長石」と「アルカリ長石」について https://t.co/AzxRjT7CW5 GKKに「それはそう」と頷かざるを得ない総説が出てて笑ってる https://t.co/nfqvAdLKmG
「地理学評論 Ser. A」先月の月間アクセス数上位論文をご紹介します。 クリスタラーの中心地理論の配置原理に関する一考察──供給原理から一般化最大カバー問題へ 石崎 研二 https://t.co/jRryO2BqNy
RT @Kazuma_Kitamura: 水田洋先生がお亡くなりになったとのこと。英文解釈の観点から言うと、アダム・スミスの翻訳をめぐって別宮先生と熾烈な論争を繰り広げた方だった。ご冥福をお祈りします。 https://t.co/yzG6jo7NlC
遠藤英樹(2013)「人文・社会科学における「観光論的転回」—生成的なディシプリンへの呼びかけ」 観光学評論 1 (2), 129-144. https://t.co/60qfV7vbyd アーリのモビリティ・パラダイムについて言及した箇所より
This article, published in Geographical review of Japan, Series B, is one of the top papers accessed during the last month. #ajgeog The Social Construction of Space and Time: A Relational Theory David HARVEY https://t.co/lVAdzD7w5r
RT @tarareba722: メモ。 論文「日本国憲法における同性婚の位置」 榎徹(専修大学法学部教授)著 平成28年度専修大学研究助成・個別研究「研究課題 日本国憲法における同性婚の位置」の研究成果 https://t.co/Lr0nXLYFln 「現行法により同性カッ…
RT @tarareba722: メモ。 論文「日本国憲法における同性婚の位置」 榎徹(専修大学法学部教授)著 平成28年度専修大学研究助成・個別研究「研究課題 日本国憲法における同性婚の位置」の研究成果 https://t.co/Lr0nXLYFln 「現行法により同性カッ…
RT @NobuMifune: @marxindo 最近出てた改訂版尺度の内容を見てみるとだと、むしろそちらがメインで測定してますよね https://t.co/AaX8DircTN
This article, published in Geographical review of Japan series B, is one of the top papers accessed during the last month. #ajgeog Commodification of a Rural Space in a World Heritage Registration Movement: Case Study of Nagasaki Church Group https://t.co/orxeaOYiA5
"不安のコミュニケーションは、機能のコミュニケーションといわば「交差」する。不安のコミュニケーションと機能のコミュニケーションは、近代社会に共存している。不安は社会にたいする警告機能をもつが、通常はいかなる現実的なオルタナティブも提供しない。" https://t.co/mEC17UToSC
機械翻訳の現状と課題:Google翻訳とポケトークによる和文英訳を例に https://t.co/fJgPjPrXjc
「地理学評論」先月の月間アクセス数上位論文をご紹介します。 東京の都心周辺地域における土地利用の変遷と建物の中高層化 牛垣 雄矢 https://t.co/KvJCaorieZ
RT @kenjiitojp: https://t.co/G7yPHJZ67h これを読むと、京大素粒子って、日本の物理学史研究の始原の一つなのだと思う。
RT @VirtualSoil: ヒ素はもともと水田土壌で溶出・集積しやすい元素です。科捜研がしっかり裏付けをとるように、犯人を特定するための科学は厳正さを求められます。 https://t.co/ZHBDXQPhRu
RT @kooonyun: https://t.co/bylNLbWTqf 関連論文あった。WW1を通じて取得ではなく1937に購入とあるが、5639冊ドイツの学者からローマ法文献を購入して所蔵していたとのこと
ヒ素はもともと水田土壌で溶出・集積しやすい元素です。科捜研がしっかり裏付けをとるように、犯人を特定するための科学は厳正さを求められます。 https://t.co/ZHBDXQPhRu
RT @Iida_zeirishi: 「受益者負担」で検索したらすごい論文が出てきた。 1995年の論文ですが、現在の日本の惨状を予見しているようです。 井深雄二「教育費の節減合理化と受益者負担論」  (名古屋工業大学紀要) https://t.co/XNdd28OHxH…
加藤敏「進化論の見地からみる統合失調症」これも勉強になるラジよ。https://t.co/tZ6jvQhc7e
RT @Iida_zeirishi: 「受益者負担」で検索したらすごい論文が出てきた。 1995年の論文ですが、現在の日本の惨状を予見しているようです。 井深雄二「教育費の節減合理化と受益者負担論」  (名古屋工業大学紀要) https://t.co/XNdd28OHxH…
RT @InterRadXV: 【論文紹介】※アクセスフリー ※非放散虫論文 Nearest-neighbor-spacing Distribution of People Sitting along the Bank of Kyoto's Kamogawa River かの…
「地理学評論 Series A」先月の月間アクセス数上位論文をご紹介します。 1950年代後半の東京における「不法占拠」地区の社会・空間的特性とその後の変容 本岡 拓哉 https://t.co/I9D3AyhNV6
@arima_yukimi なるほど。 ちなみに私の問題関心とちょうど合致するプロパーの議論がありました。 https://t.co/EKBH20ezNb
いくつか書評も読んでみた。個人的にはこちらの書評に全体的に同感 吉川徹「書評 渡邊勉著『戦争と社会的不平等―アジア・太平洋戦争の計量歴史社会学―』」『フォーラム現代社会学』20巻(2021) https://t.co/iojgc0wr77
RT @magicarchtec: 午後のこ~だ、当時は強烈にエンコードが速くてx86のアセンブラでとは何かで知ったけど、改めてググると5人のうちの開発者の1人がインタビューや情報処理学会の論文誌に掲載してて当時のすごさを感じる。 ここまでしてたとは.... https://…
RT @tomsent: デザイン研究とアクションリサーチの違いは?一般化可能性?,課題の出処?逆に共通点はどこだろう?https://t.co/vtExXhQ4ag

フォロワー(1184ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

「地理学評論 Series A」先月の月間アクセス数上位論文をご紹介します。 東京都新宿区大久保地区における韓国系ビジネスの機能変容 金 延景 https://t.co/thUYncrfxS
「武器武具祭祀が古墳時代から中近世なで綿々と続くことや、この武器武具祭祀が中世に北は北海道のアイヌ文化成立に、南は沖縄のグスク文化の成立に寄与し、現在の日本の境界領域(文化圏)を規定していく重要な作法であることが判明した」 https://t.co/GeazSqe14B https://t.co/VFmQIqUywC
坂上田村麻呂の父は造東大寺長官で "アテルイの首塚"から500m離れた九頭神廃寺の瓦は西寺と同じ物や東大寺の瓦とよく似たものもあり https://t.co/GeazSqe14B 長岡京と同様顔のある小札転用人形が発掘されていて王権との関係性があるのかもしれない。 https://t.co/VbWCGJzGxa
RT @airu_7272: https://t.co/S1vYa0bRED 金富子氏(性売買経験当事者ネットワーク灯火)って上野千鶴子の慰安婦問題にブチ切れてんのね。 村木さんがここまで狙ってんならスゲェな。 https://t.co/ox46gPpZD6
「E-journal GEO」先月の月間アクセス数上位論文をご紹介します。 東京大都市圏に居住する若者の観光・レジャーにおけるSNS利用──「SNS映え」を超克する若者たち 福井 一喜 https://t.co/cp91vRFj8H
「地理学評論 Ser. A」先月の月間アクセス数上位論文をご紹介します。 クリスタラーの中心地理論の配置原理に関する一考察──供給原理から一般化最大カバー問題へ 石崎 研二 https://t.co/jRryO2BqNy
RT @Naga_Kyoto: 遠藤英樹(2013)「人文・社会科学における「観光論的転回」—生成的なディシプリンへの呼びかけ」 観光学評論 1 (2), 129-144. https://t.co/60qfV7vbyd アーリのモビリティ・パラダイムについて言及した箇所より
RT @Kazuma_Kitamura: 水田洋先生がお亡くなりになったとのこと。英文解釈の観点から言うと、アダム・スミスの翻訳をめぐって別宮先生と熾烈な論争を繰り広げた方だった。ご冥福をお祈りします。 https://t.co/yzG6jo7NlC
遠藤英樹(2013)「人文・社会科学における「観光論的転回」—生成的なディシプリンへの呼びかけ」 観光学評論 1 (2), 129-144. https://t.co/60qfV7vbyd アーリのモビリティ・パラダイムについて言及した箇所より
This article, published in Geographical review of Japan, Series B, is one of the top papers accessed during the last month. #ajgeog The Social Construction of Space and Time: A Relational Theory David HARVEY https://t.co/lVAdzD7w5r
RT @tarareba722: メモ。 論文「日本国憲法における同性婚の位置」 榎徹(専修大学法学部教授)著 平成28年度専修大学研究助成・個別研究「研究課題 日本国憲法における同性婚の位置」の研究成果 https://t.co/Lr0nXLYFln 「現行法により同性カッ…
RT @Kurab_H: 英語の歴史を概観できる優れた論考があります。「2時間で学ぶ英語の歴史」(山形県立米沢女子短期大学附属生活文化研究所報告 44 )は英語を教えてる方で、英語史に詳しくなくてもざっくりとした理解ができます。そこから概説書にいけばよいと思います。 https…
This article, published in Geographical review of Japan series B, is one of the top papers accessed during the last month. #ajgeog Commodification of a Rural Space in a World Heritage Registration Movement: Case Study of Nagasaki Church Group https://t.co/orxeaOYiA5
機械翻訳の現状と課題:Google翻訳とポケトークによる和文英訳を例に https://t.co/fJgPjPrXjc
「地理学評論」先月の月間アクセス数上位論文をご紹介します。 東京の都心周辺地域における土地利用の変遷と建物の中高層化 牛垣 雄矢 https://t.co/KvJCaorieZ
RT @VirtualSoil: ヒ素はもともと水田土壌で溶出・集積しやすい元素です。科捜研がしっかり裏付けをとるように、犯人を特定するための科学は厳正さを求められます。 https://t.co/ZHBDXQPhRu
RT @Naga_Kyoto: 中村 恵美, 浅見 泰司「食品摂取需要の変化からみる都市型フードデザートの進行メカニズムの解明と高リスク街区の類型化―再開発に伴う食料品店舗の高価格化が継続している東京都港区麻布・高輪地区を対象に―」日本建築学会計画系論文集 87 (801),…
RT @Naga_Kyoto: 山口覚, 喜多 祐子(2014)「先祖との絆を創りだす : 日本における先祖調査の展開」『関西学院大学先端社会研究所紀要』11:11-26 https://t.co/Uoo9Q1PGbj 戦前には主に専門家によって担われていた系図学は、1970~…
RT @kooonyun: https://t.co/bylNLbWTqf 関連論文あった。WW1を通じて取得ではなく1937に購入とあるが、5639冊ドイツの学者からローマ法文献を購入して所蔵していたとのこと
ヒ素はもともと水田土壌で溶出・集積しやすい元素です。科捜研がしっかり裏付けをとるように、犯人を特定するための科学は厳正さを求められます。 https://t.co/ZHBDXQPhRu
「地理学評論 Series A」先月の月間アクセス数上位論文をご紹介します。 1950年代後半の東京における「不法占拠」地区の社会・空間的特性とその後の変容 本岡 拓哉 https://t.co/I9D3AyhNV6
RT @magicarchtec: 午後のこ~だ、当時は強烈にエンコードが速くてx86のアセンブラでとは何かで知ったけど、改めてググると5人のうちの開発者の1人がインタビューや情報処理学会の論文誌に掲載してて当時のすごさを感じる。 ここまでしてたとは.... https://…