penguinspotting (@penguinmeditate)

投稿一覧(最新100件)

御用学者がつくられる理由 (特集 科学は誰のためのものか--原発事故後の科学と社会) https://t.co/kDywV4UagB フォローしてなかった。
RT @2SC1815J: 国立国会図書館デジタルコレクション、図書、古典籍等約5,800点を新規追加 https://t.co/2tZlEAG5AL 。江戸時代の行商人の姿と売り声を記した曲亭馬琴『近世流行商人狂哥絵図』https://t.co/6VO1aFeuPR も。画像…
新年初読書、『インターフェイスデザインの心理学』読んでて「このClemって人の実験知ってるな」(https://t.co/Yf9T9cxTC7)と思ったらこのAMPAレセプタと恐怖記憶消去実験、恐怖記憶のアップデートやってる後輩の… https://t.co/TjiLEHzK2r
J-STAGE Articles - 大学における研究関連求人の推移:JREC-IN Portal掲載の求人票に基づく分析 https://t.co/Un2mFweOWu
「ベルクソンの時間意識論 」岡嶋 隆佑 https://t.co/9MqQGIVlzb サーベイがてら読んだけれど、面白くてびっくり。見かけの現在と私の現在の整理も説得的だし、ベルクソンの時間一般は空間的広がりがないといけないという結論も関心がある。
RT @noricoco: 2万5千人のリーディングスキルテストをどうやって実現したのか?予算は科研費基盤Aです。が、この金額では、CBT用ソフトウェアを開発し、千問以上の問題を作問し、協力機関を100も集めて、科学的に分析するのはふつう無理。 https://t.co/jSN…
RT @Wartemeinnicht: 笑っちゃったな! CiNii 論文 -  「空耳アワー」にみる音の類似と弁別素性 (英語学基礎科目における教授方法の研究) https://t.co/KdkPoQc19b #CiNii
どっちだっけな、ややこしいとおもっていたら、両方あった。 ワンショット学習(https://t.co/BqPyQ5uPbt) ゼロショット学習(https://t.co/sxaOTYvUR0)
どっちだっけな、ややこしいとおもっていたら、両方あった。 ワンショット学習(https://t.co/BqPyQ5uPbt) ゼロショット学習(https://t.co/sxaOTYvUR0)
普通にショッキングだった。 <研究ノート> 「コペンハーゲン解釈」とは何か : ニールス・ボーアと崩壊解釈は両立するか——https://t.co/Vokzn62G0j
本日の遠足は中止となってしまいましたが、内輪向けに報告しておくと、この書評を参照しつつ、明治神宮から見る東京という都市の時空間の移り変わりについて現地で考えるというのが本日のコンセプトでした。 https://t.co/DztgT3vs9D #CiNii
円城塔「ポスドクからポストポスドクへ」https://t.co/gNZdmcZblL #CiNii 久しぶりに読み直したが、やはり素晴らしい文章だった。
髙 倉 美 幸「R・ベネディクトの文化理論についての一考察 ― B・マリノフスキーの機能主義人類学理論との比較の観点から ―」 うむ。 http://t.co/LHbbcrzCoQ

お気に入り一覧(最新100件)

先週のブラタモリ(深部流体部分)の復習として 風早ほか (2014) 西南日本におけるスラブ起源深部流体の分布と特徴, 日本水文科学会誌, vol.44, 3-16. https://t.co/uGC0AL9B66 がよいかもし… https://t.co/cpeie09pN5
“日本の大学・研究機関における研究データの管理,保管,公開:質問紙調査に基づく現状報告” https://t.co/VFiTrD6kmw #研究データ
CiNii 論文 -  馬原 潤二「ドイツ啓蒙主義の〈軍隊〉 : フリードリヒ二世とカントの軍隊観から (特集 諸外国の軍事史) https://t.co/qTw3lPrfSs #CiNii
カントロヴィッチの『王の二つの身体』に似て、古代中世の天皇位も決して死によって途絶されることなく継承されなければならなかったことを示す、堀裕「天皇の死の歴史的位置 : 「如在之儀」を中心に」も紹介しておきたい。 https://t.co/z63vvyQTgh
日本思想は論理的一貫性を軽蔑する。典型は鈴木大拙の禅思想で「山は山で、山でない。水は水で、水でない(「東洋思想の不二性」)」てなことを言う。実はこれがサンスクリット語の誤読に由来する疑いが濃厚なのです。下から短い論文がDLできます… https://t.co/r9KDpt6xX1
最近NNの数学的定式化が一部で流行っているっぽいので昨日リプライで送られてきた論文紹介するけど。これ数学プロパーが深層学習を勉強するときに一番良いPDFではと思えるレベル。よくここまでサーベイできるなと。。。(200ページ以上ある… https://t.co/8GfQYxQWYA
拙論『ヤンキー・ドゥルーズ論』、正式名称は「ドゥルーズと法/『マゾッホ紹介』を読む」公開されました。 https://t.co/GWkPrrAIrO
『ポケット顧問 や、此は便利だ』の筆記用略字、代用字 書名がいちばんおもしろい。 https://t.co/OaxImVdXdg https://t.co/kU0tEG5RNy
#統計 赤池弘次さんの論説 https://t.co/weTcekZdjG 統計的推論のパラダイムの変遷について https://t.co/Nle5j9of9A エントロピーとモデルの尤度 「尤度ってどうしてもっともらしさな… https://t.co/vSi1lElE2M
ネタ再掲 #統計 https://t.co/Nle5j9of9A エントロピーとモデルの尤度 赤池 弘次 で赤池さんは AIC (an information criterion の略記) と書いていて、それに編集委員会が脚… https://t.co/bdQL9MmXKU
日本語単語ベクトルの構築とその評価 https://t.co/FSuOcvNZ02 日本語はword2vecもGloVeもそれほど分散表現として性能が出ない可能性があることを指摘,ですか….語の類推/文完成タスクではN-Gramに負けるという…
この学会は参加者の発表と質疑応答を収めた学会記録も出版されている。でもフランス語なので僕には読むことができないのが、ものすごく残念だ。日本の大学でも10ぐらいの図書館にあるので、だれか読んでくれないかな。https://t.co/wVpWU4STT1
読了。自分のニーズにはちょうど良かった。このくらいのレベル・内容で、もっと新しい本があったら読みたい。|CiNii 図書 - 量子色力学とは何か https://t.co/3VSTkfonZz
Kragh, Niels Bohr and the Quantum Atom. ……2012年刊だけどまだ書評されていなかったらしい。ボーアの原子模型の誕生とその発展、いわゆる前期量子論について。著者は『20世紀物理学史』の人。https://t.co/maFvZh6TWF
『情報科学と言語研究』(現代図書) https://t.co/JkLNwSLBbS の「構文構造に着目した作家の文体の類似性」という論文。ちゃんと読んでないけど、シリーズもの(?)っぽい。 https://t.co/DsQ3JSLcJX
論文「ネットワーク上の頂点間特徴量としての Top-k 距離とその高速なクエリ応答」 https://t.co/celi4miSAJ が人工知能学会 2016 年度論文賞を受賞しました。新たな応用も含めた提案をする挑戦的で思い出深… https://t.co/7yVpTiO3ib
ちなみに、自分が過去に読んだことのある論文で、ガッサンディについて論じていた唯一のものはこちら。|CiNii 論文 -  「ヘラクレス」を継ぐ者--ピエール・ガッサンディによるケプラー受容 https://t.co/Pmx4nRszqi #CiNii
竹澤邦夫 (2010). 「ノンパラメトリック回帰による推定」『システム/制御/情報』54(3), pp.86−91. https://t.co/X3HlK83JY2 (PDF)
青空文庫の歴史。崇高な理念とは裏腹に、些細ながら長年解消できないドロドロした話まで。すごい読み応えだ… / “青空文庫から.txtファイルの未来へ:パブリックドメインと電子テキストの20年” https://t.co/nwAKw2bGCH
会誌「情報の科学と技術」2017年3月号 情報分析・解析ツール紹介 第15回 テキストマイニングツールText Mining Studioによる文献データ分析~J-DreamIII文献情報データを例に~ https://t.co/IPwm8rykYx
「ピダハン論争をめぐって」(中井悟, 2014):https://t.co/TTKrFB1XVB PDF全96ページ。本人が言っていない「二次創作語録」が流通するメカニズムを言語学的観点から解明する手がかりとして(←超適当)読んでみた。英語論文の引用を飛ばしても、お腹いっぱい。
東大の西洋史の院生さんの論文。率直な感じで良いです。西洋史の方、ぜひ。 / “UTokyo Repository: 歴史研究とデジタル・ヒューマニティーズの相関” https://t.co/6gq0XjmHrc #digital_humanities #論文
この論文ではルヴォフ・ワルシャワ学派は分析哲学に分類されてる。やはりNagel型の分類が一番適切なんじゃないかという気がしてきた。 https://t.co/9GjFq0hGhh
なんと。これは読みます! >> CiNii 論文 -浅見 臨太郎  ルソーの体系概念 https://t.co/ofjCoTasy7
認識論的なコペンハーゲン解釈については「量子情報と時空の物理」(サイエンス社 SGC103)にも書いたが、この物理学会誌の記事の第2章にも出て来る。 -  量子エネルギーテレポーテーション https://t.co/HbNhwCbtSN #CiNii
読んだ 素晴らしく勉強になった CiNii 論文 -  現代の法思想を支える碩学たち(第9回)近世ドイツの自然法思想 : プーフェンドルフ,トマジウス,ヴォルフ https://t.co/H1IFiz7ENK #CiNii
1年ぶりくらいに取り出して読んでみたけど、これ、我ながら思ったより上手く書けてるな。一般向けを意識しすぎて文体が軽すぎた感はあるけど。|。CiNii 論文 -  科学史入門 18世紀ヨーロッパの力学研究 : 学者たちの交流と論争 https://t.co/aLcXPf1Vqo
近藤伸彦・畠中利治「学士課程における大規模データに基づく学修状態のモデル化」『教育システム情報学会論文誌』Vol. 33, No. 2, pp. 94-103. https://t.co/YtB4CMvhOL

4 0 0 0 Multitudes

『multitudes』はフランスの『現代思想』みたいな雑誌ですが、この国内所蔵数でつからね…… >> CiNii 雑誌 - Multitudes https://t.co/eCwLnVlo2a
藁科智恵「R・オットーにおける「宗教的アプリオリ」理解 : トレルチとの対比において」『宗教研究』89(1)、2015年( https://t.co/qDsyOkTwS4 )。
こちらの熊本先生の論文では拙著を参照していただいて感激。こういうのでやる気出る|CiNii 論文 -  ジャン=ジャック・ルソーにおける政治論、化学論との間にある横断的概念について : rapport の概念を中心として https://t.co/0HVPx5jRbW
こんな論文を発見。石井素子「日本におけるJ.-P.サルトルの受容についての一考察 翻訳・出版史の視点から」(『京都大学大学院教育学研究科紀要』52号、2006年)。サルトル全集を出した頃の弊社について詳しく書かれています。https://t.co/uw0buyqsfG
CiNii 論文 -  ロマン派における「オリジナリティ」を考える : 剽窃、引用、翻案と知的所有権の意識(第39回(2013年)全国大会シンポージアム要旨) https://t.co/7RmCDuTljF #CiNii
【論文】創作文芸と映像 : SFをモデルとして「物語の正面」に立つ試み/東 順子https://t.co/37uLEGDjEx
CiNii 論文 -  10A90702 「筋肉的キリスト教」概念の成立と変質 https://t.co/IaieazICzA #CiNii
【論文】近代日本のユートピア思想 : 井上円了『星界想遊記』を読む https://t.co/OJJD8fbWB4
【論文】アラン・ケイ : 未来を見通す力とは何か https://t.co/DzWr6DqeZh
CiNii 論文 -  フンボルトとニーチェの差--その教養理念およびギリシア観について https://t.co/bI370mBniT #CiNii
旧所属の研究室の紀要が京大のリポジトリにアップされました。私も論攷を一本寄稿し、師匠の業績一覧の編集で携わっております。他にも先輩方の論文も収録で、盛りだくさんの内容。ご高覧頂けましたら幸甚です。https://t.co/GorCYIQN9r
いま読んでいる CiNii 論文 - 高木駿「純粋趣味判断の客観とは何であるのか? : 『判断力批判』における把捉作用の解明に基づいて(東部会平成二六年度第三回例会,例会・研究発表会要旨) https://t.co/58CPO4JvA4 #CiNii
CiNii 論文 -  史料としての古典文献(シンポジウム「西洋古典学の課題」) https://t.co/DwT4B6H54M #CiNii
勝沼聡「近代エジプトにおける監獄制度の研究」(博士論文) https://t.co/YPIDc1ucX7
大澤俊郎「バウムガルテンの受容史についてー美学というディシプリンをめぐる批判的考察」(pdf)/ 概観。一九世紀後半に再発見されるも、受容の進捗は断続的・断片的。芸術に限定されない美的経験に創造性を認めた美学未踏の根源。 https://t.co/8PdQIDky4O
十重田裕一「 横光利一における大正・昭和期メディアと文学の研究」早稲田大学博士論文、2010年☞http://t.co/vAzBcMICVo (本文直リンク☞http://t.co/Mswl6bUmuM)
十重田裕一「 横光利一における大正・昭和期メディアと文学の研究」早稲田大学博士論文、2010年☞http://t.co/vAzBcMICVo (本文直リンク☞http://t.co/Mswl6bUmuM)
林晋さんの「変貌する数学観」(1994)が非常に面白かった。もう20年前の文章なので状況はかなり変わっているだろうが、数学における思弁(speculation)の価値の承認という事態は今日の大陸系哲学の研究者の興味をこそ惹くだろう。https://t.co/7HzYbugwko
「16世紀イングランド文学における浮浪者の表象研究」 https://t.co/6ARxBbA12V 第2回研究会(6月6日15:00-17:30、学習院大学北2号館10階中会議室)。研究発表「"O dear discretion, how his words are ⇒
<翻訳>ジャン=クレ・マルタン Jean-Clet Martin「様態とは何か―ドゥルーズの仕事におけるスピノザの特異性」多田雅彦訳(大阪大学『メタフュシカ』45所収)http://t.co/CaCx6vPFoM #PDF ※動画 https://t.co/4Fz7U2XnWn
武田宙也「真理のプロセスとしての芸術 : アラン・バディウの芸術論」 http://t.co/sSL6snLq5W
伊坂青司「ヤコービとシェリングの交錯――スピノザ汎神論の復活とロマン主義の発酵」『モルフォロギア』No. 18、1996年。 https://t.co/XADf8xia1A
「くずし字を楽しく学ぶための教材の開発」福嶋健伸〈「くずし字を翻字すれば、すぐに理解可能な(面白い)文章が現れる」という教材であれば、学習者はくずし字の翻字そのものに集中できる〉http://t.co/lUR5IJrDn0 [PDF]
浅沼光樹「京都学派の哲学史的洞察 : 西谷啓治の卒業論文「シェリングの絶対的観念論とベルグソンの純粋持続」について」『近世哲学研究』第18巻、2014年。 http://t.co/yhPGiM93Fo
未成年者飲酒禁止法の部分の元になった論考はPDFで読める なぜ「お酒は20歳になってから」なのか? http://t.co/xFJVeIXUMZ フィクションとしての「未成年」 未成年者飲酒禁止法制定過程に見る子ども/大人区分の複層性 http://t.co/KQmT6dq9GD
未成年者飲酒禁止法の部分の元になった論考はPDFで読める なぜ「お酒は20歳になってから」なのか? http://t.co/xFJVeIXUMZ フィクションとしての「未成年」 未成年者飲酒禁止法制定過程に見る子ども/大人区分の複層性 http://t.co/KQmT6dq9GD
ありました…。CiNii 論文 -  日本語教育での接頭辞「お」のつく語三種の分類提唱について : 「おかばん」類、「お菓子」類、「おやつ」類 http://t.co/xPUPzCnFbE #CiNii
ソヴァニャルグの『ドゥルーズと芸術』はまだ邦訳されてないけど、阪大人間科学研究科の人が書いた概括の形を取った書評がネットに上がっています。檜垣先生の教え子かな。 http://t.co/OyaKBqq5Se
タイトルのインパクト大 CiNii 論文 -  白川星而「文化共産主義の群像(3)ジャン・ジャック・ルソー 育児の社会化からエコ・テロリズムへ」 http://t.co/kxHhZu1zmu #CiNi
むかーし書いたやつ CiNii 論文 -浜野喬士   Rekonstruktion der Antinomie des Geschmacks http://t.co/jE0cjPabt2 #CiNii
8-9頁に拙論「正義はなされよ、世界は滅びよ」への言及がある 八幡耕一氏「ハクティビズムと情報文化空間の公益性に関する考察 : ミシェル・ド・セルトーの「戦術」概念の観点から」情報文化学会誌 http://t.co/s5UtM5Liv6 #CiNii #wikileaks
【PDF】大前元伸「リオタールの哲学における「言説」について──『言説、形象』を中心に」『年報 地域文化研究』第17号、東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻、2014年 http://t.co/YHKw3keX7A
こういう論文を、自宅でタダで読めるなんて、いい時代になった。ファッション関係で卒論などを書く人は、ぜひ目を通してほしいな。 小形道正「ファッションを語る方法と課題 : 消費・身体・メディアを越えて 」 https://t.co/ZuMkQ4bdee
『ムージル・エッセンス』の圓子修平訳のほか『ムージル著作集 第9巻』に水藤龍彦訳もありますね。翻訳PDF☞ @ryosukekakinami ムージル「愚かさについて」http://t.co/WdbqM3CSch 別の訳が『ムージル・エッセンス』という論集に収録されている模様。
ムージル「愚かさについて」http://t.co/dgHOZmxVWZ 別の訳が『ムージル・エッセンス』という論集に収録されている模様。http://t.co/x8OrqUZDA0
星野太「エドマンド・バークにおける言葉と情念」『美學』61、2010年( http://t.co/GEwDygPMwI )。硬質な論文。偽ロンギノスとバークの崇高論を対比させ、前者が情念の喚起・心像の伝達を目的とするのに対して、後者は共感の喚起・心像なき情念を目的とする。
竹村和子著『境界を攪乱するー性・生・暴力』の書評がpdf化されました。掲載誌は、『女性学評論』です。書評の形をとった追悼文として書いています。http://t.co/7qscXy7wp1
PDF公開 ☞「恋人たちの共同体にみるバタイユの共同体論」宮澤由歌(大阪大学リポジトリ) http://t.co/RXp2zI9Hgj ブランショやナンシーも参照したバタイユ論。「年報人間科学」最新号の掲載論文。#PDF
少し勉強中のテーマ。ハイデガー『存在と時間』の現象学的源泉としての「カテゴリー的直観」について。ネットで拾えたのをメモ(リンク先PDF注意)。http://t.co/27DfagSekL http://t.co/ZkDNUMoKEa http://t.co/eHa6tnrR34
少し勉強中のテーマ。ハイデガー『存在と時間』の現象学的源泉としての「カテゴリー的直観」について。ネットで拾えたのをメモ(リンク先PDF注意)。http://t.co/27DfagSekL http://t.co/ZkDNUMoKEa http://t.co/eHa6tnrR34
CiNii 論文 -  G.ディディ=ユベルマンの芸術論(2) : 芸術における症候 http://t.co/P8oiAYTzyk #CiNii

フォロー(1850ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @jimbunshoin: 西谷修先生のロングインタビュー「翻訳・戦争・人類学」(聞き手:小野正嗣、福嶋亮大/立教大学『境界を越えて』18号)が公開。ルジャンドル『ロルティ伍長の犯罪』にも少し言及があります。『カリブ‐世界論』の中村隆之さんの名前も出てきます。https:…
【本日掲載】 レファレンス「労働者賃金の伸び悩みの背景―雇用形態と人口構成の変化を踏まえて― 」「労働者の賃金を引き上げる上で、若年層および中堅層への支援、非正規雇用の待遇改善、就労調整要因の解消の3つが重要と考えられる。」 【国… https://t.co/uXFWlcg6Jp
RT @jimbunshoin: 西谷修先生のロングインタビュー「翻訳・戦争・人類学」(聞き手:小野正嗣、福嶋亮大/立教大学『境界を越えて』18号)が公開。ルジャンドル『ロルティ伍長の犯罪』にも少し言及があります。『カリブ‐世界論』の中村隆之さんの名前も出てきます。https:…
RT @ceekz: IF の誤解に対する解説は、この文献がコンパクトにまとまっていてわかりやすいです。 / インパクトファクターの功罪 : 科学者社会に 与えた影響とそこから生まれた歪み http://t.co/sOABnCVuK0
RT @jimbunshoin: 西谷修先生のロングインタビュー「翻訳・戦争・人類学」(聞き手:小野正嗣、福嶋亮大/立教大学『境界を越えて』18号)が公開。ルジャンドル『ロルティ伍長の犯罪』にも少し言及があります。『カリブ‐世界論』の中村隆之さんの名前も出てきます。https:…
RT @ceekz: IF の誤解に対する解説は、この文献がコンパクトにまとまっていてわかりやすいです。 / インパクトファクターの功罪 : 科学者社会に 与えた影響とそこから生まれた歪み http://t.co/sOABnCVuK0
弊学の理事副学長先生だ https://t.co/2XgZdPzBIW
RT @kin_mokusei: @ShinyaMatsuura これですね。:山川宏『On earth-moon transfer trajectory with gravitational capture 重力キャプチャーを用いた地球-月遷移軌道について』https://t…
西谷修先生のロングインタビュー「翻訳・戦争・人類学」(聞き手:小野正嗣、福嶋亮大/立教大学『境界を越えて』18号)が公開。ルジャンドル『ロルティ伍長の犯罪』にも少し言及があります。『カリブ‐世界論』の中村隆之さんの名前も出てきます。https://t.co/TQFcZtQY6p
“齊藤 伸(2014)「カッシーラーにおける文化哲学としての哲学的人間学の理念:シェーラーの人間学との比較的視点から」 聖学院大学総合研究所紀要 (58), 273-300. - CiNii論文” https://t.co/aGAMDvCupB #Cassirer #文化さん
通勤読書。 齊藤 伸(2017) 「カッシーラーの哲学における「文化」の概念――その意義と間主観性との関連において」 東京工芸大学工学部紀要. 人文・社会編 40(2), 59-65. https://t.co/LYO0Xmrnj6
北大の吉岡先生。 / 多様なニュースサイトの比較による報道スタンスの分析と可視化の研究https://t.co/De8EBC0dXr
仮想通貨の取引履歴は、ツリー構造になってるはずで、マイニングは絶対面白いと思う。 / 仮想通貨Bitcoinにおける取引履歴の解析による使用目的の識別と関連性の解明 https://t.co/9uUWIDaoEj
@mayutai2104 拙文で恐縮ですが、私が書いたものが以下にあります(登録不要で無料で読めます)。 https://t.co/70RD8glkpQ MITのライフロング・キンダーガーテン・グループの考え方は以下に詳しいです。… https://t.co/zKO7lhBzkM
RT @hayashiyus: 藤原先生、甘利先生らのこういうタイトルの論文を見つけた。が、読むことができない。|『情報幾何学と力学系』https://t.co/km09aAuRmO
藤原先生、甘利先生らのこういうタイトルの論文を見つけた。が、読むことができない。|『情報幾何学と力学系』https://t.co/km09aAuRmO
通勤読書。 山中伸彦(2000) 「組織におけるパワー研究の現状と課題」 立教経済学研究 53(4), 51-76. https://t.co/CSyRzqUZ2o
『権力』講義用。 / “山中伸彦(2000)「組織におけるパワー研究の現状と課題」 立教経済学研究 53(4), 51-76, 2000-03 - CiNii論文” https://t.co/CSyRzqUZ2o #Macht #org
RT @genkuroki: #統計 添付画像は赤池弘次さんによるKullback-Leibler情報量に関するSanovの定理の簡潔な解説。 https://t.co/Nle5j9of9A より 「Sanovの定理」とか呼ぶと何か難しい結果のように誤解してしまうかもしれな…
RT @akinori_ito: 擬音語なら、特開平10-149365とか、これとか https://t.co/zFN4k2IZtm https://t.co/muLEbXhZg2 https://t.co/LM22DAxQgW
RT @akinori_ito: 擬音語なら、特開平10-149365とか、これとか https://t.co/zFN4k2IZtm https://t.co/muLEbXhZg2 https://t.co/LM22DAxQgW
擬音語なら、特開平10-149365とか、これとか https://t.co/zFN4k2IZtm https://t.co/muLEbXhZg2 https://t.co/LM22DAxQgW
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 16世紀後半から19世紀中半における金融市場としてのハンブルク : 為替相場・振替銀行・保険市場(デンツェル マルクス・Aほか),2013 https://t.co/bjqGcHAGlo
RT @lgbtqa_bib: 【ジェンダー】田中雅一ほか『ジェンダーで学ぶ文化人類学』世界思想社 (2005-01) ISBN-978-4-7907-1096-7 https://t.co/714mkaXUMQ
流星痕関連:https://t.co/jwLLbqr6UE https://t.co/YOJEugkgQs https://t.co/UpU6xb83WO https://t.co/oiHl8RD6Xq… https://t.co/uLWe51zZHZ
流星痕関連:https://t.co/jwLLbqr6UE https://t.co/YOJEugkgQs https://t.co/UpU6xb83WO https://t.co/oiHl8RD6Xq… https://t.co/uLWe51zZHZ
RT @tak_weijin: CiNii 論文 -  古代末期とは何か? : 現時点でその研究状況をふりかえる https://t.co/M6USgWkVti #CiNii
RT @khargush1969: 榊和良(2010)「「内なるインド」とイスラーム(第3回シンポジウム 「インド的文明」とは何かII)」『南アジア研究*2010(22): 277-284. https://t.co/swyo2LYyEu インド・イスラームの形成(ヒンドゥーと…
PDFあり。 「現代中国におけるスポーツと社会階層 : 都市の武術学校への転入学者を事例に」『フォーラム現代社会学』9, 2010 https://t.co/fUDBEER9ZR 「武術学校のエスノグラフィ:再生産戦略とアイデン… https://t.co/fCRCUW7yEd
PDFあり。 「現代中国におけるスポーツと社会階層 : 都市の武術学校への転入学者を事例に」『フォーラム現代社会学』9, 2010 https://t.co/fUDBEER9ZR 「武術学校のエスノグラフィ:再生産戦略とアイデン… https://t.co/fCRCUW7yEd
池本淳一「中国における「公」と自衛--村落武術・紅槍会を事例として」『日中社会学研究』13, 2005 https://t.co/S5hcENoLAM 「現代中国における武術サブカルチャーとその担い手たち--社会学的武術研究のため… https://t.co/35Jk9jwkUn
池本淳一「中国における「公」と自衛--村落武術・紅槍会を事例として」『日中社会学研究』13, 2005 https://t.co/S5hcENoLAM 「現代中国における武術サブカルチャーとその担い手たち--社会学的武術研究のため… https://t.co/35Jk9jwkUn
参考文献とりあえず列挙: 『IV.肥満・糖尿病と腸内細菌』日本内科学会雑誌 https://t.co/clhJXYIi2A 『シリーズ腸内細菌叢5 糖尿病と腸内細菌』 https://t.co/3d2jACY0x4 『特集:脂質研… https://t.co/XLvTjJRVyc
参考文献とりあえず列挙: 『IV.肥満・糖尿病と腸内細菌』日本内科学会雑誌 https://t.co/clhJXYIi2A 『シリーズ腸内細菌叢5 糖尿病と腸内細菌』 https://t.co/3d2jACY0x4 『特集:脂質研… https://t.co/XLvTjJRVyc
RT @okumura_d: [メモ]国会図書館デジタルコレクションを漁っていて偶然みつけた。『タルムード研究資料』 (南満洲鉄道調査部, 1942) https://t.co/YEfIcsBkj1
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 醜いヌーディズム--1930年代フランス,現代芸術家連盟批判に見る伝統主義とその背景(吉田 紀子ほか),2010 https://t.co/gOpdKXOO1x

11 11 11 0 OA 書評

雑誌「数学」53 巻 (2001) 2 号書評 https://t.co/zisH3REtWU 塩田 隆比呂さんが梅村浩「楕円関数論」の書評をされている。 『初学者にとって「分かりにくく」なる可能性を心配しつつ幾何的な視点を選ん… https://t.co/U4LgP1ximk
RT @islandsfield: 阿部仲麻呂さんのずっと読みたいと思っていた書評が公開されていた。山本芳久さんの博論に基づいた『トマス・アクィナスにおける人格の存在論』の書評。学術論文にも拘らず、本書を読んだときはちょっと感動した。本書そのものが存在の充実plenitudo…
[メモ]国会図書館デジタルコレクションを漁っていて偶然みつけた。『タルムード研究資料』 (南満洲鉄道調査部, 1942) https://t.co/YEfIcsBkj1

1 1 1 0 OA 古都情話

国会図書館デジタルコレクション 後藤末雄訳編『古都情話』(現代文芸叢書第34編、春陽堂、1914) 全文 https://t.co/LO7d2mj0Yc 59コマ~ アンリー・ド・レニエー「たのしき日」
国会図書館デジタルコレクション 後藤末雄『近代仏蘭西文学』(石川文英堂、1914)全文 https://t.co/5Pu7jR45Ed 31コマ~「アンリー・ド・レニエーとその作品」

4 1 1 0 OA 生ける過去

国会図書館デジタルコレクション アンリ・ドゥ・レニエ『生ける過去』(鈴木斐子訳、現代仏蘭西文芸叢書12、新潮社、1926) 全文https://t.co/Slsh9lyEEz

1 1 1 0 OA 水都を描く

国会図書館デジタルコレクション レニエほか『水都を描く』(草野貞之訳註、丸山順太郎校閲、仏蘭西文学訳註叢書第3編、白水社、1926) 全文 https://t.co/fmyshnv9M5 こんな対訳本のシリーズがあったのか。
国会図書館デジタルコレクション レニエ『ド・ブレオ氏の色懺悔』(矢野目源一訳、春陽堂、1924) 全文 https://t.co/0SYO6MKUEm
DLMFとErdélyiでは物足りない公式廃人にはロシア公式集がおすすめです。 大槻義彦:数学大公式集の元になったGradshteyn-Ryzhikの現行版 https://t.co/7E0i8WAd4O 丸善のもう一つの新数学公… https://t.co/FsX8M5jxxl
CNNが高い精度を得られる理由や予測説明の困難さを解明するために、CNNで表情画像を学習・評価した上で学習済みCNNの分析をし、学習された有効な表情特徴とCNN内部での表情特徴の処理を明らかにすることを目的とした研究 / “ja” https://t.co/rQ4XuGHqIM
RT @fujinoyuko: これ、ちょっと調べものしていて見つけたのだけど、大変おもしろかった: 「インタヴュー・「東は東、西は西」か? : 岸本美緒氏、近藤和彦氏に聞く」 https://t.co/y4klnKzGRI
RT @takehikohayashi: 学会の看板誌であった「Metabolomics」を巡ってSpringer社との権利交渉が決裂し、新たな学術誌を立ち上げた国際メタボロミクス学会に所属する遺伝研の有田氏の記事。研究者にはぜひ広く読まれてほしい/学会誌をどう出版するか:商業…
RT @takehikohayashi: 学会の看板誌であった「Metabolomics」を巡ってSpringer社との権利交渉が決裂し、新たな学術誌を立ち上げた国際メタボロミクス学会に所属する遺伝研の有田氏の記事。研究者にはぜひ広く読まれてほしい/学会誌をどう出版するか:商業…
RT @takehikohayashi: 学会の看板誌であった「Metabolomics」を巡ってSpringer社との権利交渉が決裂し、新たな学術誌を立ち上げた国際メタボロミクス学会に所属する遺伝研の有田氏の記事。研究者にはぜひ広く読まれてほしい/学会誌をどう出版するか:商業…
RT @takehikohayashi: 学会の看板誌であった「Metabolomics」を巡ってSpringer社との権利交渉が決裂し、新たな学術誌を立ち上げた国際メタボロミクス学会に所属する遺伝研の有田氏の記事。研究者にはぜひ広く読まれてほしい/学会誌をどう出版するか:商業…
RT @takehikohayashi: 学会の看板誌であった「Metabolomics」を巡ってSpringer社との権利交渉が決裂し、新たな学術誌を立ち上げた国際メタボロミクス学会に所属する遺伝研の有田氏の記事。研究者にはぜひ広く読まれてほしい/学会誌をどう出版するか:商業…
@onsen_zuki @n0rr @mad_molix 電気刺激法を参照ください https://t.co/Q922mUfzRd
RT @a_iijimaa1: 大豆の産地によってセレン含有量は異なるようですね。とはいえ、納豆17パックは食べすぎですねぇ…。https://t.co/4vHO9nwZew https://t.co/z5LMFjqcO9
RT @KanoYasuyuki: J-STAGE Articles - 霧島火山,えびの高原周辺における最近15,000年間の活動史 https://t.co/Ij9Vk1d6pW 田島ほか(2014),火山,59巻 明和5年(1768年)の活動について史料の記述などもまと…
J-STAGE Articles - 霧島火山,えびの高原周辺における最近15,000年間の活動史 https://t.co/Ij9Vk1d6pW 田島ほか(2014),火山,59巻 明和5年(1768年)の活動について史料の記述などもまとめられています.

8 8 8 0 定積分表

RT @Paul_Painleve: さらにちなみに、アムステルダムの公式集は日本版がある ビラン・ドウ・アーン著「定積分表」 岩波書店 1938 技報堂 1953 現代工学社 1977 https://t.co/AGCLQYAt8p https://t.co/ilaxsj9…

8 8 8 0 定積分表

RT @Paul_Painleve: さらにちなみに、アムステルダムの公式集は日本版がある ビラン・ドウ・アーン著「定積分表」 岩波書店 1938 技報堂 1953 現代工学社 1977 https://t.co/AGCLQYAt8p https://t.co/ilaxsj9…

8 8 8 0 定積分表

RT @Paul_Painleve: さらにちなみに、アムステルダムの公式集は日本版がある ビラン・ドウ・アーン著「定積分表」 岩波書店 1938 技報堂 1953 現代工学社 1977 https://t.co/AGCLQYAt8p https://t.co/ilaxsj9…
吉村 誠・瀬戸口 悠 -  教育と研究が連動する万葉歌教材 : 授業実践を通して ※『おかしいぞ! 国語教科書: 古すぎる万葉集の読み方』(笠間書院)から入った論。 https://t.co/6Y4UDRfLOS

8 8 8 0 定積分表

RT @Paul_Painleve: さらにちなみに、アムステルダムの公式集は日本版がある ビラン・ドウ・アーン著「定積分表」 岩波書店 1938 技報堂 1953 現代工学社 1977 https://t.co/AGCLQYAt8p https://t.co/ilaxsj9…

8 8 8 0 定積分表

RT @Paul_Painleve: さらにちなみに、アムステルダムの公式集は日本版がある ビラン・ドウ・アーン著「定積分表」 岩波書店 1938 技報堂 1953 現代工学社 1977 https://t.co/AGCLQYAt8p https://t.co/ilaxsj9…

8 8 8 0 定積分表

RT @Paul_Painleve: さらにちなみに、アムステルダムの公式集は日本版がある ビラン・ドウ・アーン著「定積分表」 岩波書店 1938 技報堂 1953 現代工学社 1977 https://t.co/AGCLQYAt8p https://t.co/ilaxsj9…

8 8 8 0 定積分表

さらにちなみに、アムステルダムの公式集は日本版がある ビラン・ドウ・アーン著「定積分表」 岩波書店 1938 技報堂 1953 現代工学社 1977 https://t.co/AGCLQYAt8p… https://t.co/GiS5LXvMsG

8 8 8 0 定積分表

さらにちなみに、アムステルダムの公式集は日本版がある ビラン・ドウ・アーン著「定積分表」 岩波書店 1938 技報堂 1953 現代工学社 1977 https://t.co/AGCLQYAt8p… https://t.co/GiS5LXvMsG

8 8 8 0 定積分表

さらにちなみに、アムステルダムの公式集は日本版がある ビラン・ドウ・アーン著「定積分表」 岩波書店 1938 技報堂 1953 現代工学社 1977 https://t.co/AGCLQYAt8p… https://t.co/GiS5LXvMsG

23 23 23 0 OA 島のこと

おぉ,JSTAGE/Computer Softwareで湯淺先生の屋久島生活の記事が読める. 「島のこと」湯淺 太一 https://t.co/cWHOPQEPd8 https://t.co/pVMDctHIjT
おい、九州に上陸してないやん。 CiNii 図書 - 黒沢清と「断続」の映画 https://t.co/mS0vZrdONO #CiNii

6 6 6 0 IR 徒然草・序段

RT @BungakuReportRS: 竹村 信治 -  徒然草・序段 https://t.co/8sEu39Z07a
RT @t_77: ついでに紹介。以下は、自然主義がテーマではありませんが、Leiterとかのニーチェ解釈を批判的に踏まえた好論文です。昨年度の関西倫理学会優秀論文賞受賞作。 谷山弘太「道徳の「価値」を問題にすることーニーチェ『曙光』における道徳批判」『倫理学研究』第47号、…
RT @ceptree: この事件がきっかけと思われる論文にvivioでのテトロドトキシンのアコニチン(トリカブトの毒)への影響の報告例がないと書かれててまじかとなった。 > However, there are no reports on the influence of…
RT @r_shineha: なんとなくこちらにも流しておくか。去年書いたものの一つでこんなんあります。 「「インパクト」を評価する―科学技術政策・研究評価―」(国立国会図書館調査及び立法考査局冷戦後の科学技術政策の変容 : 科学技術に関する調査プロジェクト報告書) https…
RT @r_shineha: なんとなくこちらにも流しておくか。去年書いたものの一つでこんなんあります。 「「インパクト」を評価する―科学技術政策・研究評価―」(国立国会図書館調査及び立法考査局冷戦後の科学技術政策の変容 : 科学技術に関する調査プロジェクト報告書) https…
こちらもご恵贈いただきました。日本のスペンサー研究を切り開いてきた第一線の先生方の論考を収めた英文論集です。 - 日本スペンサー協会編『Spenser in history, history in Spenser : Spense… https://t.co/mSNaPtrVYq
ついでに紹介。以下は、自然主義がテーマではありませんが、Leiterとかのニーチェ解釈を批判的に踏まえた好論文です。昨年度の関西倫理学会優秀論文賞受賞作。 谷山弘太「道徳の「価値」を問題にすることーニーチェ『曙光』における道徳批… https://t.co/279ZExJBoF
RT @yamyam_topo: 「Sheaf の理論と位相空間への応用について」児玉之宏・RIMS講究録0148 (1972) https://t.co/qh7K49Fqcd
RT @ballforest: これはまたタイトルで読者を落としにきてますね / Raspberry Piを用いたラズベリーの収穫可否判定 https://t.co/QsGTuRVs7J
これはまたタイトルで読者を落としにきてますね / Raspberry Piを用いたラズベリーの収穫可否判定 https://t.co/QsGTuRVs7J

フォロワー(499ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @jimbunshoin: 西谷修先生のロングインタビュー「翻訳・戦争・人類学」(聞き手:小野正嗣、福嶋亮大/立教大学『境界を越えて』18号)が公開。ルジャンドル『ロルティ伍長の犯罪』にも少し言及があります。『カリブ‐世界論』の中村隆之さんの名前も出てきます。https:…
RT @jimbunshoin: 西谷修先生のロングインタビュー「翻訳・戦争・人類学」(聞き手:小野正嗣、福嶋亮大/立教大学『境界を越えて』18号)が公開。ルジャンドル『ロルティ伍長の犯罪』にも少し言及があります。『カリブ‐世界論』の中村隆之さんの名前も出てきます。https:…
RT @jimbunshoin: 西谷修先生のロングインタビュー「翻訳・戦争・人類学」(聞き手:小野正嗣、福嶋亮大/立教大学『境界を越えて』18号)が公開。ルジャンドル『ロルティ伍長の犯罪』にも少し言及があります。『カリブ‐世界論』の中村隆之さんの名前も出てきます。https:…
西谷修先生のロングインタビュー「翻訳・戦争・人類学」(聞き手:小野正嗣、福嶋亮大/立教大学『境界を越えて』18号)が公開。ルジャンドル『ロルティ伍長の犯罪』にも少し言及があります。『カリブ‐世界論』の中村隆之さんの名前も出てきます。https://t.co/TQFcZtQY6p
“齊藤 伸(2014)「カッシーラーにおける文化哲学としての哲学的人間学の理念:シェーラーの人間学との比較的視点から」 聖学院大学総合研究所紀要 (58), 273-300. - CiNii論文” https://t.co/aGAMDvCupB #Cassirer #文化さん
通勤読書。 齊藤 伸(2017) 「カッシーラーの哲学における「文化」の概念――その意義と間主観性との関連において」 東京工芸大学工学部紀要. 人文・社会編 40(2), 59-65. https://t.co/LYO0Xmrnj6
“法令違憲 : 適用違憲とこれのほかに、運用違憲、処分違憲は存在するか | 横浜国立大学学術情報リポジトリ” https://t.co/TTukp0LKTY
通勤読書。 山中伸彦(2000) 「組織におけるパワー研究の現状と課題」 立教経済学研究 53(4), 51-76. https://t.co/CSyRzqUZ2o
『権力』講義用。 / “山中伸彦(2000)「組織におけるパワー研究の現状と課題」 立教経済学研究 53(4), 51-76, 2000-03 - CiNii論文” https://t.co/CSyRzqUZ2o #Macht #org
RT @houki38: こんな種がいるんだ…。Macrocyclopsって日本産4種なんだね。3種かと思ってた。 CiNii 論文 -  日本の山地水体から得られたケンミジンコ(甲殻類)の新種Macrocyclops monticolaとDiacyclops dispino…

23 23 23 0 OA 島のこと

おぉ,JSTAGE/Computer Softwareで湯淺先生の屋久島生活の記事が読める. 「島のこと」湯淺 太一 https://t.co/cWHOPQEPd8 https://t.co/pVMDctHIjT
RT @t_77: ついでに紹介。以下は、自然主義がテーマではありませんが、Leiterとかのニーチェ解釈を批判的に踏まえた好論文です。昨年度の関西倫理学会優秀論文賞受賞作。 谷山弘太「道徳の「価値」を問題にすることーニーチェ『曙光』における道徳批判」『倫理学研究』第47号、…
RT @ceptree: この事件がきっかけと思われる論文にvivioでのテトロドトキシンのアコニチン(トリカブトの毒)への影響の報告例がないと書かれててまじかとなった。 > However, there are no reports on the influence of…
こちらもご恵贈いただきました。日本のスペンサー研究を切り開いてきた第一線の先生方の論考を収めた英文論集です。 - 日本スペンサー協会編『Spenser in history, history in Spenser : Spense… https://t.co/mSNaPtrVYq