am2n (@am2nkm_A)

投稿一覧(最新100件)

RT @yashuzenmon: 「康正二年造内裏国役段銭引付」室町期の写本。これ百瀬今朝雄さんによれば、伊勢被官の堤有家の作とのこと。まだまだ精進が足りない。 https://t.co/YR43OW2J1g
RT @washou3956: PDF公開。中野顕正「中世前期における當麻曼荼羅縁起の系譜」(『都留文科大学研究紀要』94、2021年10月)流布本縁起『大和国當麻寺縁起』の検討および前期縁起に属する諸文献の系統整理を行い、鎌倉期の前期縁起期における縁起展開の系譜を考察。htt…
RT @yashuzenmon: 『尊経閣文庫国書分類目録』が国会図書館デジコレで閲覧可能。 https://t.co/L3ZR7WIyu7 目次が整備されていて便利である。伊勢流故実書いっぱいあるなあ・・・
RT @parrot_paganus: 植木朝子「 能「羊」をめぐる一考察 : 羊のイメージに注目して」(『同志社国文学』92、2020)。称光天皇と小川宮の事件を前提に「どんでん返し」が仕組まれているのだとすれば、なかなか攻めてる能ということになって面白い気がする。 http…
RT @washou3956: メモ。『近江水口加藤子爵家文書』(村井祐樹編、東京大学史料編纂所研究成果報告2021-4、東京大学史料編纂所一般共同研究「加藤嘉明関係文書の総合的研究」、2021年9月、豊臣政権編)https://t.co/6lyVP4Gpww #こんな論文が出…
RT @washou3956: メモ。皆木佽耿『室町中期の美作国:守護代中村則久と地域社会』(2021年5月)著者は美作の郷土史家の方らしい。所蔵は史料編纂所だけ。どういう内容だろう。ほかの著書には『『中世の美作国倭文庄』:賀茂別雷神社所蔵文書から読み解く』など。https:/…
RT @hi_kashi: この科研費(https://t.co/xGoGCplull)の成果の一部として出版されます。私も今回、メンバーに入れていただいて準備しています。昭和天皇の生の声が聞けて興味深い史料ですのでぜひお手元に。 昭和天皇『拝謁記』12月から公刊へ 初代宮内庁…
RT @ogugeo: 昨日のブラタモリでは松本城付近の女鳥羽川の屈曲について人工と自然の両説を紹介。僕の昔の論文 https://t.co/UHVcSKwWo4 は自然を支持。上流域の地形と地質の違いにより下の地形発達モデルで女鳥羽川流域は1、隣の薄川流域は2に位置。複合扇状…
RT @washou3956: PDF公開。末永星「日本中世の喫茶文化について:「金沢文庫古文書」を中心に」(『同朋文化』16、2021年3月)鎌倉時代後期の喫茶文化と人びとの関わりを検討。産地の拡大や金沢貞顕と釼阿のツテによる茶の入手方法、貞顕の茶の利用法などを考察。http…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒佐藤亜莉華 「醍醐寺僧と根来寺僧の交流とその変容」 『日本女子大学大学院文学研究科紀要』27(2021) https://t.co/2a3b6hBxsT
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒伊藤伸江 「今川範政と和歌--『正徹百首』の評詞を通して (付 神宮文庫本『正徹百首』翻刻)」 『愛知県立大学説林』69 (2021/3) https://t.co/RvdlaFmHlf
RT @senryusai: https://t.co/8nGsnQcuS0 塚﨑昌之(2020)「明治期以降、河内・摂津における 「楠公遺蹟」の「発見」と「創造」 : 「臣民」教育・地域振興・観光」。 https://t.co/KDgqVwVyKt 横山百合子(2021)…
RT @senryusai: https://t.co/8nGsnQcuS0 塚﨑昌之(2020)「明治期以降、河内・摂津における 「楠公遺蹟」の「発見」と「創造」 : 「臣民」教育・地域振興・観光」。 https://t.co/KDgqVwVyKt 横山百合子(2021)…
RT @washou3956: CiNii 論文 -  足利将軍家の荘園制的基盤 : 「御料所」の再検討 https://t.co/fbDKyKpFSP #CiNii
RT @world_history_k: 小川幸司「『問いをともに考える』世界史へ」 小川先生は「苦役への道は世界史教師の善意でしきつめられている」と指摘したことで有名(小川幸司『世界史との対話 上』所収)。 https://t.co/b32yQEcYA3
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒馬部 隆弘 「江口合戦への道程 : 三好長慶と細川晴元の思惑」 『大阪大谷大学歴史文化研究』21 (2021/3) https://t.co/WkE9Dy2KiE
RT @k_michinotori: 非使役の「令」についての論文。 https://t.co/V719kg2ZaD
RT @washou3956: RTにおいて言及されていた昨年刊行の『八坂神社本殿及び歴史的建造物調査報告書』、さきほど確認したけど、下坂守・黒田龍二・櫻井治男・永井規男の各氏執筆の重厚な内容だった。おもに近世・近代の論稿や史料を掲載。https://t.co/8V5DQlGx…
RT @nknatane: 梯信暁・竹本晃・苫名悠・馬部隆弘「大阪大谷大学図書館所蔵史料の紹介」(『大阪大谷大学紀要』55、2021)https://t.co/ax59XS3tDT  醍醐寺地蔵院旧蔵文書や足利直義軍勢催促状、足利政氏書状などの文書、聖教、紹巴・毛利輝元・輝元正…
RT @washou3956: メモ。『仁和寺御経蔵聖教目録稿』(国立文化財機構奈良文化財研究所編、仁和寺史料/奈良国立文化財研究所編、目録編稿4、2021年3月)第77函~第89函まで。編集は吉川聡・橘悠太氏。 https://t.co/gI80OUx9Fp
RT @washou3956: メモ。『敏満寺遺跡総合調査報告書』(多賀町教育委員会編、2021年3月)例言に「本書は『多賀町埋蔵文化財発掘調査報告書第24集敏満寺遺跡総合調査報告書』「第三章第二節 文献史学調査」の史料編」とあり。https://t.co/fNkcZpa1Ir
RT @washou3956: 「改訂寒河江市の石造文化財』刊行(https://t.co/4SZbPOo6lS)。昭和58年発刊の『寒河江市の石造文化財 第一集』をもとに、平成27~30年に寒河江市歴史文化活動推進員による市内石造文化財の確認調査を実施し、さらに令和2~3年度…
RT @rokuhara12212: 中世前期における薩摩の武士にかんする研究ノート。 私見に修正をせまる。  佐々木紀一氏「薩摩相撲人大秦氏歴代考」(『米澤国語国文』48,2019年)↓ここで読めます。 https://t.co/6PIYAgDnXx
RT @washou3956: PDF公開。渡邉剛「公益財団法人徳富蘇峰記念塩崎財団所蔵黒板勝美書簡 翻刻と解説」(『教育と研究』39、早稲田大学本庄高等学院、2021年3月)11点の書簡を翻刻・紹介。史学史上における一齣。https://t.co/iXsO78eowM #こん…
RT @washou3956: CiNii 論文 -  中世後期強訴論の整理と課題 : 神輿動座・入洛の通時的検討をふまえて https://t.co/Yppg5DvRuB #CiNii
RT @washou3956: CiNii 論文 -  相馬氏の受給文書と「相馬西殿」 ―戦国期・家督相続に関する基礎作業 ― https://t.co/440MJCgYk0 #CiNii
RT @nknatane: 向井伸哉「中世後期南フランスにおける都市と農村の政治的関係:ベジエの都市エリートとヴァンドレスの村落共同体 (一三五〇―一四〇〇)」(『史学雑誌』127-10、2018) https://t.co/EXV0ufApkR
RT @nknatane: 廣木尚「日本歴史地理学会と吉田東伍 上」(『早稲田大学史紀要』52、2021・3)https://t.co/fo4lbR3P1Z
RT @akaiosorani: 市村高男 「戦国末期における下野那須衆の厳島社参詣--厳島神社蔵絵馬の墨書をめぐって」 https://t.co/kz60rPHjBV 遠くから参詣したいい話かな?と思って読んだら、他人の奉納した絵馬に自分らの名前を残していったで!という、、、
RT @washou3956: メモ。『日本女子大学大学院文学研究科紀要』27(2021年3月)佐藤亜莉華「醍醐寺僧と根来寺僧の交流とその変容」、姜錫正「醍醐寺義演准后の教学活動:毎月論義再興に見る義演の「古義」・「新義」認識」など。後者はPDF公開。後者はPDF公開。http…
RT @negadaikon: こちら拝読。関係性からの疎外(すなわち「孤独」)を生きづらさと考えがちだけど、共同性が抑圧してくることもあるでしょという指摘に納得… CiNii 論文 -  日本近代形成期の集団と個人 : 家・村・窮民 (2020年度歴史学研究会大会報告 「生き…
RT @shoemaker_levy: これ良い論文だなあ。近世以来の人の移動そのものを統制する原理から、移動する人の「行為」の取締へと移行明治前期の遍路統制のあり方に着目して、恤救規則に連なる貧困救済と行旅病人対応の問題群を一段上のステージに押し上げたと思う。 https:/…
RT @nknatane: 小川剛生氏の次の論集は『戦国時代歌人伝の研究(仮名)』なのか。「郷土史料を活用した戦国大名文芸の注釈と研究―上杉氏・武田氏を中心に」(基盤研究C)の実施状況報告書より。https://t.co/iNV1LIO4VC
RT @nomikaishiyouze: 特にバズってもないですが、先輩たちがその後日本中のカントリーロードを走り回って研究した出会いの成果の一部を宣伝します。 CiNii 論文 - 戦後ラジオ・テレビ放送における「農村」表象の構築プロセス:——媒介者としてのNHK農林水産…
RT @yashuzenmon: 下記論文をパラ見。解題によれば、龍谷蔵という貴重書DBがあり、『御成敗の式目』とともに『式目義解』があるとのこと。画像をみると、清原枝賢の仮名注釈書。龍谷には舟橋本の一部が入っているとの由。 https://t.co/lnYpEFpuPi #C…
RT @washou3956: PDF公開。竹井英文「東北地方における中世城館関係史料集成:宮城県編」(『東北学院大学論集.歴史と文化』63、2021年3月)収録対象時期は南北朝期から近世初期(寛永年間を下限)。東北六県中世城館研究の成果のひとつ。https://t.co/Yx…
RT @mo_kusa_: 現在は國學院大學図書館デジタルライブラリーで写真が見れる(KJT氏ありがとう)。 https://t.co/4uhKNkEd0L 紙背の一部は翻刻があるみたい。堀越祐一「『土御門家記録』紙背文書の紹介」(『國學院大學校史・学術資産研究』10、2018…
RT @washou3956: PDF公開。山田徹「社会史を経た室町期権力論・支配体制論(上)」(『人文學』207、同志社大学人文学会、2021年3月)情報元は鍵付なのであらためて拙垢でも放流。新連載シリーズということで次回が楽しみ。https://t.co/FpNuhUY8c…
RT @t_nomura0713: CiNii 論文 -  田中義成日記と『大日本史料』創刊のことども https://t.co/RQ8sYIwpLI #CiNii
RT @washou3956: @yashuzenmon (たぶんほかに翻刻があるのだと思いますが)たとえばこういうのがあるようです(未読)。あとこれも未読ですが、松井耀昭「中世の紙背文書の整理法をめぐって:厳島神社蔵反故裏経を素材として」(『記録と史料』8、1997年)という…
RT @washou3956: メモ。『日本前近代社会における下級官人の研究:真継家を中心として』(平成13年度〜平成16年度科学研究費補助金(基盤研究(A)(2))研究成果報告書、2005年3月)は史料翻刻「小槻時元日記」「時元宿禰記」「于恒宿禰真筆記」を掲載。ほかにも重要論…

19 0 0 0 OA 延暦寺申状

RT @ef_infor: 【延暦寺申状】 『駿河の南北朝動乱展』でパネル解説がされていた

19 0 0 0 OA 延暦寺申状

国立国会図書館所蔵「延暦寺申状」。足利尊氏軍が中先代の乱の際に下向したときの記録(「足利宰相関東下向宿次・合戦次第」)が紙背に残っているわけですが、国会図書館のデジコレで確認可能なのですね。紙背文書のほうを表にして表装してある模様。 https://t.co/QvY8nVZsa6
RT @washou3956: メモ。『天皇家・公家文庫収蔵史料の高度利用化と日本目録学の進展:知の体系の構造伝来の解明』(田島公編集、科学研究費補助金基盤研究(S)研究成果報告書、2017-2019年度)https://t.co/f2zXvsosDY(1/4) #こんな論文が…
RT @washou3956: 渡辺麻里子「中世文学研究における寺院資料調査の可能性」(『中世文学』56、2011年、PDF公開)2010年に開催されたシンポジウムの講演録。あらためて読み直す。シンポから10年が過ぎて、寺院資料調査の環境がいかに進展したか。来月の日本宗教文献調…
RT @washou3956: そしえて看聞本(1979年)は、その後に講談社学術文庫から『室町時代の一皇族の生涯』(2002年)として校訂版が出た。大きな変更点は、旧版の「伏見山寺宮近廻地図大概」の再録を差し控えたこと。理由は瀬田論文や馬部隆弘『椿井文書』(中公新書、2020…

4 0 0 0 OA 南狩遺文

RT @yashuzenmon: 大日本史料第6編でよく典拠に挙げられる「南狩遺文」 国立国会図書館デジコレで、刊本が閲覧できるようだ。 https://t.co/Xl4zlGyNMW 知らなかった。「南狩遺文」、何なのかよくわかっていない史料なのでちょっと見てみよう。
RT @washou3956: PDF公開。平雅行「定豪とその弟子:鎌倉真言派の成立・展開」(『人間文化研究』45、京都先端科学大学、2020年11月)平氏の幕府仏教研究の新作!承久乱以前の定豪、次いで弟子の定清・定憲の活動実態を検討。朝廷―幕府間の関係の指摘など見所が多い。h…
RT @washou3956: メモ。「「東寺執行日記」については、これまで研究の素材として主に利用されてきたのは内閣文庫所蔵の二種類の写本であったが、今回の調査によって天理図書館所蔵のより良い写本を発見することができた。今後は、こちらが研究の基礎史料になると考える」。http…
RT @washou3956: PDF公開。石原比伊呂「足利義稙にとっての笙と義満先例:将軍権威再建への試行錯誤」(『聖心女子大学論叢』136、2020年12月)足利将軍家の故実のひとつ「笙」(雅楽)と足利義稙との関係から、義稙の政治姿勢の変化を読み取ろうとする論文。https…
RT @washou3956: PDF公開。吉田卓爾「十五世紀の将軍家及び寺家における宋・元・明絵画受容に関する予備的考察」(『京都産業大学論集.人文科学系列』53、2020年3月)将軍御成を検討し、その際の室礼と絵画の関係、作風受容や伝来などを考察。たいへんな労作だと思う。h…
RT @washou3956: メモ。『多田院御家人と多田荘の歴史を紐解く』(猪名川町歴史文化遺産活性化実行委員会編、2018年3月)山本康司「『多田雪霜談』巻一の基礎的考察」など。そのほかの情報は不詳。刊行年が違うけど、こちらのことかしらん。追可尋記。https://t.co…
RT @washou3956: メモ。『中世菊池一族関連遺跡群確認調査概要報告書:「菊之城跡」「守山城跡及び内裏尾」「隈府城下遺跡」』(菊池市文化財調査報告第10集、菊池市教育委員会、2020年3月)https://t.co/uTvu11e78j #こんな論文が出ていたようです
RT @washou3956: メモ。『琵琶湖博物館研究調査報告』32(滋賀県立琵琶湖博物館、2020年3月)春田直紀・渡部圭一「中世惣村の現在:近江国今堀郷故地の現地調査」。https://t.co/MojOaVd0rv #こんな論文が出ていたようです
RT @washou3956: PDF公開。永井俊道「室町幕府の公方御倉「正実坊」について」(『佛教経済研究』49、2020年5月)室町幕府の財政基盤を支えた公方御倉のひとつ正実坊の職務と実態を考察したもの。https://t.co/QX9ENt1MvZ #こんな論文がありました
RT @Yaruo2020: 引用に関する慣習は研究分野により異なります。分野によっては日本国内でほぼ完結することもあります。h-indexは同じ研究分野における研究者同士の比較にのみ使用されるべき量です。例えば自然科学の分野の研究者と人文科学のそれとの比較にh-indexを持…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒山田徹 「南北朝後期における室町幕府政治史の再検討(下) : 足利義満と斯波義将」 『文化學年報』68 (2019) https://t.co/3iTmDdnmYE
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒山田徹 「南北朝後期における室町幕府政治史の再検討(中) : 康暦の政変以降の政治過程と細川氏・山名氏・土岐氏」 『文化學年報』67 (2018) https://t.co/4ua8UZU9rd
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒山田徹 「南北朝後期における室町幕府政治史の再検討(上) : 康暦の政変以前の「斯波派」・「細川派」をめぐって」 『文化學年報』66 (2017) https://t.co/RDy3h8zocA
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒川嶋美貴子 「中世後期における「氏神」信仰と参詣 : 京都に生きた公家の信仰を中心に」 『文化學年報』65 (2016) https://t.co/0z1yOPqvac
RT @archivearticles: 問題提起 戦国期佐竹氏権力と流通 : 過所と荷留の事例から/ . 地方史研究 (via CiNii Articles). https://t.co/am9LSoFVwM
RT @archivearticles: 問題提起 戦国期佐竹氏と水運/ . 地方史研究 (via CiNii Articles). https://t.co/j9DPA8BZiO
RT @archivearticles: 問題提起 古河公方足利成氏の動向と常総の内海・水系/ . 地方史研究 (via CiNii Articles). https://t.co/O1nJGBPyUQ
RT @archivearticles: 問題提起 中世「村松」の水辺景観/ . 地方史研究 (via CiNii Articles). https://t.co/NjsrdtSAKq
RT @archivearticles: 問題提起 中世仏教と内海世界 : 浄土真宗と真言律宗研究の展望/ . 地方史研究 (via CiNii Articles). https://t.co/Es1nJP8d8a
RT @washou3956: 「「宋雅・雅世集」「雅世集I」「雅世集II」「雅世集III」「雅世卿百首」の本文及び校本を作成した。これらは、雅世全歌集・紀行・文事等を所収の『飛鳥井雅世全集本文篇』(仮称、近年刊行予定)の一部を成すものであり、「平成14年度研究成果報告書」とし…
RT @washou3956: 『室町前期における飛鳥井雅世の動静と文芸活動の基礎的研究』(千艘秋男研究代表者。科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書、2001度~2002年度、2003年5月刊行) 全207頁。所蔵館は東洋大学附属図書館だけ?「飛鳥井雅世年譜稿(二…
RT @washou3956: PDF公開。田中洋平「仏教史研究と歴史教育:高等学校における日本近世史分野を中心に」(『淑徳大学人文学部研究論集』4、2019年3月)検討対象は寺檀制度。先行研究・史料・教科書記述を比較検討して、近世仏教史研究と現行高校教科書との課題を指摘。ht…
RT @washou3956: メモ。桜井英治「人事と天命のあいだ:中世人とくじ (リーガル・ラディカリズム(第6回)PARTⅢくじ引きの使い方)」(『論究ジュリスト』32、2020年)https://t.co/m1nP1a5a2N #こんな論文が出ていたようです
RT @washou3956: 参照されている論文はこちら。院政期から鎌倉前期までの「ン」は一筆書きで、鎌倉中期以降は現代と同じように二画で記すようになるらしい。東密の広沢流のヲコト点(円堂)だけは例外として院政期から二画の「ン」を使用しているとのこと。ほえほえ…。https:…
RT @washou3956: 【メモ】阪田雄一「足利直義と桃井直常」(千葉県立生浜高等学校五周年記念誌・研究紀要『生浜』、1983年)、同「足利直義・直冬偏諱考」(國學院大學地方史研究会機関誌『史翰』21、1994年)。wikiで知った。後者は所蔵先が多い。前者の所蔵は名古屋…
RT @nknatane: 2018年度分だが、赤松秀亮「中世荘園制下における在地社会の研究」https://t.co/WGo2gXU6m4 髙橋傑「中世荘園における収取秩序と景観に関する研究」https://t.co/lKvACMjuDl
RT @nknatane: 2018年度分だが、赤松秀亮「中世荘園制下における在地社会の研究」https://t.co/WGo2gXU6m4 髙橋傑「中世荘園における収取秩序と景観に関する研究」https://t.co/lKvACMjuDl
RT @washou3956: 各史料集の長所と短所ならびに古記録読みの際に心がけるべき姿勢を端的に述べたコラムとして、髙橋秀樹「古記録読みの対話と格闘」(『史学研究集録』43、國學院大學大学院史学専攻大学院会、2019年3月)はわずか4頁ながらにして一読の価値あり。https…
RT @holy_sengoku: 最近、こんな論文が公開されているのに気付きました。義晴期の内談衆などはよく知られてますが、その前提となる義稙期の幕府の法と訴訟制度を考察されています。素人には難解な内容ですが、義稙前期と後期、そして義晴期の審理手続きの違いにも注目されていて、…
RT @washou3956: RTに関連して、かつて大塚紀弘『中世禅律仏教論』(山川歴史モノグラフ18、山川出版社、2009年)を松尾剛次氏が『史学雑誌』120-6(2011年)で書評したことを、すぐさま想起した。なお松尾書評はPDF公開中。https://t.co/tBsd…
RT @nknatane: 村井章介「佐藤進一著『日本の中世国家』」(『史学雑誌』93ー4、1984、『中世の国家と在地社会』校倉書房、2005所収)https://t.co/hAnyOmgHhR 研究史上極めて重要なこの書評。評者(村井氏)はこの時30代なかば。
RT @washou3956: CiNii 論文 -  ことばの研究余録 準仏教語の「師資」「入室」 (新年特集号 日本史のことば) https://t.co/tqVvLg8tob #CiNii
RT @zasetsushirazu: 佐藤麻里「将軍の死と「自粛」する江戸社会」(『学校教育学研究論集』24、2011年)は、江戸時代後期の将軍死去による鳴物停止などをめぐる「自粛」と「強制」の問題を分析。特に、商売停止は町奉行の命令ではなく、町名主の「申合わせ」から始まった…
RT @washou3956: CiNii 論文 -  足利義教と花見 (今泉隆雄先生追悼号) https://t.co/NeBRt08LBA #CiNii
RT @washou3956: CiNii 論文 -  中世「名を籠める」文書論--宝珠院現蔵文書のなかの籠名札・調伏札の紹介 https://t.co/G3SxYbBtF0 #CiNii
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 山本康司 - 南北朝期室町幕府官制の研究 https://t.co/QVL0si2A8B
RT @nknatane: https://t.co/7az4hEjsjs 今谷明「戦国時代の社会」(『中世文学』41、1996)。これは明応の政変関係だけど、家永説が出た直後の今谷氏の発言がある。このころ今谷氏は80年代にまとめた、畿内政治史・守護研究から関心を移しているので…
RT @rin9yuu: 山﨑善弘「近世地域社会論の動向と課題―個別性の把握と一般化・普遍化の両立に向けて―」(『東京未来大学研究紀要』第14号、2020年、221-231頁)のPDFが公開されていた。 https://t.co/R1DZHvE3Ki
RT @nknatane: 岩永紘和「史料紹介 興禅寺蔵「南豊大和尚遷化之際書簡集」」(『飯田市美術博物館研究紀要』30、2020)。妙心寺派寺院所蔵文書の紹介で、戦国期の禅僧の書状が中心。美濃をはじめ広範な交流がうかがえるようだ。斎藤義龍や武田信玄・勝頼に関するものも。PDF…
RT @manjimal_sakaki: 山口道弘「三上参次と官学アカデミズム史学の成立」『法政研究』86(4)、2020年3月。https://t.co/ZrmLuURujN
RT @washou3956: PDF公開。佐々木文昭「関東新制補考」(『北海道武蔵女子短期大学紀要』52、2020年3月)鎌倉幕府の政策決定過程における「意見(状)」に着目。そこで得られた知見を基に関東新制の制定作業を再検討し、従来の自説を修正する。近年の研究も多く参照。ht…
RT @washou3956: PDF公開。新谷和之「越前国一乗谷周辺での山林用益」(『民俗文化』31、近畿大学民俗学研究所、2019年10月)「中世山城跡での土地利用の歴史を重層的に把握するという問題意識のもと、越前国一乗谷城とその周辺の山林利用の実態を探った」https:/…
#在宅研究 #デジコレで中世史  十市遠忠詠草 https://t.co/It7Oj545BM

6 0 0 0 OA 虚心文集

RT @usataro1999: 黒板勝美の「日本古文書様式論」、コピー持ってないやと思っていたけれど、国会のデジタルコレクションにあって助かった。ありがたいな。 https://t.co/8B6E7X3gq7

6 0 0 0 OA 八坂神社記録

RT @washou3956: 『八坂神社記録上』(https://t.co/lJo9Gvrwl4) 『八坂神社記録下』(https://t.co/JJ3kgqBKkx) #在宅研究 #デジコレで中世史

6 0 0 0 OA 八坂神社記録

RT @washou3956: 『八坂神社記録上』(https://t.co/lJo9Gvrwl4) 『八坂神社記録下』(https://t.co/JJ3kgqBKkx) #在宅研究 #デジコレで中世史
RT @tanonaka2: 「各守護家または国別の守護発給・受給データベースを収録したCD-ROMを添付した報告書を作成する。報告書には、守護職の変遷や各データベース作成の方針、データベースから読み取れる特徴、考察や研究の手引きなどを盛り込んだ解説(解題)を掲げ」るとのこと(…
RT @nknatane: @quiriu_pino 今みましたが、翌年の「回顧と展望」で古澤直人氏が「個別論点に多くの異見が予想される点で本書はまぎれもなく問題作である」としてますね。何となく雰囲気がうかがわれます。https://t.co/HPHGfzs8Ga
RT @nknatane: 待望の川本氏の単著。「禅僧の荘園経営をめぐる知識形成と儒学学習」(『史学雑誌』112-1、2003)https://t.co/cx6ZSspCUH をはじめとする諸論考が収録されるのだろう。続報を期待。
RT @merontomikan: 複雑で何とも形容し難い、この微妙なあり様を、とても繊細に描いてくれるだろうと思っています。 今日の参考文献は「戦国期美濃国における後斎藤氏権力の展開」です▼ 特に第1章・第3節「道三・義龍の二重権力」をご参照ください。 https://t.c…
RT @washou3956: PDF公開。蔦清行 「五山禅僧と医界:黄山谷の詩の抄物から」(『日本語・日本文化研究』29、大阪大学大学院言語文化研究科日本語・日本文化専攻、2019年12月)中世の民間医家である竹田家の活動について、五山関係史料から検討を加えていく。https…
RT @washou3956: 知られていなさそうな史料群をもうひとつ。「禁裏・宮家・公家文庫収蔵古典籍のデジタル化による目録学的研究」研究成果報告書(平成14~17年度科学研究費補助金〈基盤研究A〉、研究代表者田島公、2006年3月)末柄豊「東山御文庫所蔵『鴨社文書』」。下鴨…
RT @washou3956: 「中世後期南都蒐蔵古典籍の復元的研究」研究成果報告書(平成15~17年度科学研究費補助金〈基盤研究B〉、研究代表者武井和人、2006年3月)は末柄豊「国立公文書館所蔵『文亀年中写』」などを掲載。付録に同館所蔵「別会(付五師方)引付」を収録。htt…

お気に入り一覧(最新100件)

山下智也『戦国・織豊期の宿・市場と交通―東海地方を中心に―』(愛知大学博士論文、2021・3)https://t.co/97FncIdrVx
『尊経閣文庫国書分類目録』が国会図書館デジコレで閲覧可能。 https://t.co/L3ZR7WIyu7 目次が整備されていて便利である。伊勢流故実書いっぱいあるなあ・・・
これに関しては、こんな論文が出てたりしますね 丸島和洋「敢えて実名を記す ー「二字書」という書札礼」 (『古文書研究』88号 2019年) https://t.co/S55xpyZK8T https://t.co/uv1gWYMWzM

68 0 0 0 OA 史籍集覧

https://t.co/zp57ouYGC6 国立国会図書館デジタルコレクションで細川幽斎覚書が読める。幽斎が家中に向けて書いた覚え書きが家臣三宅某に伝わったものだという。以下、戦術に関する事柄で気になった箇所をいくつか紹介したい。
@washou3956 歴史と神戸の副タイトルが、神戸を中心とした兵庫県郷土研究誌 だから、兵庫県域の範囲って解釈したんですかね… 『大阪の歴史』も大阪市をちゅうしんとした大阪府域の研究と強弁すれば、ワンチャン… https://t.co/F8o2XghqzP

3 0 0 0 IR 三宝院持厳考

CiNii 論文 -  三宝院持厳考 https://t.co/CA37i3FM2H #CiNii
PDFあり。 ⇒伊藤伸江 「今川範政と和歌--『正徹百首』の評詞を通して (付 神宮文庫本『正徹百首』翻刻)」 『愛知県立大学説林』69 (2021/3) https://t.co/RvdlaFmHlf
佐野静代「近衛家別邸「御花畑」の成立とその政治史上の役割」(『人文学』205、2020年)は、幕末の薩摩藩家老の寓居で、薩長同盟の舞台として注目されている近衛家別邸・御花畑について、「それ以前の実態」も含めて考察。薩土盟約の舞台となったことへの言及もある。 https://t.co/pAJttOjkZN
CiNii 論文 -  『太平記』終末部と応安の嗷訴事件 (特集 軍記物語研究の"国際化"に向けて) https://t.co/b9chYhC21e #CiNii
伊勢に所領を持つ奉公衆に朝倉賢茂という人がいるらしく、これも漠然と細川典厩家からの偏諱として挙げられています。Webで検索してこの論文がヒットしたけど、いつの時代の人かもよく分からない…。 https://t.co/sy0L6z62er
朴秀哲『織田・豊臣政権の寺社の支配と天皇』(2012年9月)が刊行されていたことをはじめて知ったけど、(言語能力的に)読めない…。読みたい…。新稿はあるのかしらん…。https://t.co/yOdeMwWpAM
村瀬貴則『南北朝内乱における寺院軍事活動の研究』(名古屋大学博士論文、2019)https://t.co/zC9RPRHthC 要旨などを公開している。
鈴木芳道「鎌倉時代の公武婚」(『鷹陵史学』30、2004年9月、PDF公開)より。 https://t.co/eETJ4J9keX https://t.co/Dp3V3JQyh8
RTに関連して桃崎有一郎「鎌倉末期の得宗家儀礼に見る長崎円喜・安達時顕政権の苦境:得宗空洞化・人材枯渇・幕府保守」(『日本史研究』684、2019年)を読もうと思い、腐海に立ち入るも発見できず。なんてこった。 https://t.co/v3dhQH0VQ5
PDF公開。伊藤寿和「中世の密教僧が描いた特異な「独鈷型日本図」に関する歴史地理学的研究:大和国の室生寺と仏隆寺を中心として」(『日本女子大学紀要.文学部』69、2020年3月)「独鈷型日本図」(建徳元年1370書写)を歴史地理学の立場から再検討。https://t.co/u6S6gV2Fbx #こんな論文がありました
待望の川本氏の単著。「禅僧の荘園経営をめぐる知識形成と儒学学習」(『史学雑誌』112-1、2003)https://t.co/cx6ZSspCUH をはじめとする諸論考が収録されるのだろう。続報を期待。
小国さんのは、こちら↓の本所収の「香取社応安訴訟事件の一背景」 CiNii 図書 - 鎌倉府体制と東国 https://t.co/MjvdWcuLWK #CiNii 鍛代敏雄さんのはこちら↓ CiNii 論文 -  中世後期の寺社訴訟に関する一試論--「神訴」をめぐって https://t.co/SZ2X90LEl8 #CiNii
小国さんのは、こちら↓の本所収の「香取社応安訴訟事件の一背景」 CiNii 図書 - 鎌倉府体制と東国 https://t.co/MjvdWcuLWK #CiNii 鍛代敏雄さんのはこちら↓ CiNii 論文 -  中世後期の寺社訴訟に関する一試論--「神訴」をめぐって https://t.co/SZ2X90LEl8 #CiNii
『管見記』(たぶん影印) https://t.co/EoUqkuQHvs #在宅研究 #デジコレで中世史
引用は西谷功「『視覃雑記』著者「長典」と醍醐寺建久本『十巻抄』所持者「長典」」(『智山学報』64、2015年、PDF公開)88頁を参照のこと。また、同様の指摘として橋本初子「法会と法流からみた中世の僧数」(『日本史研究』388、1994年)123頁も参照のこと。https://t.co/VSwXF3mYzJ
メモ。吉原弘道「銘尽(龍造寺本)の復元と収録刀工」(『九州産業大学基礎教育センター研究紀要』9、2019年)。ちなみに、筆者は同誌1・4・5号において、東寺観智院所蔵の「銘尽」を分析している。https://t.co/riEn4z11GU #CiNii
藤巻和宏「『宀一秘記』のゆくえ:『大和志料』編者の引用文献はなにか」(『渾沌:近畿大学大学院総合文化研究科紀要(Chaos)』16、2019年8月)謎の多い『宀一秘記』について、史料的分析から、同書を中世成立の一書として扱うことはできないのではないかという重要な指摘。https://t.co/iMyQtWT2cr
@Kfumi7926 寝る前に。後花園期に関して、家永遵嗣「室町幕府と「武家伝奏」・禁裏小番」(『近世の天皇・朝廷研究大会成果報告集』5、2013年)も参照のこと。https://t.co/ZJoJydNkfs
『法制史研究』63号(2013年)のPDFが公開されていた。刊行時に読んだが、佐藤泰弘氏による佐藤雄基氏著書の書評は読み応えがある。https://t.co/m8ygprB3WX
PDF公開。青山幹哉「『熱田大宮司千秋家譜』の構成について」(『愛知県史研究』22、2018年3月)新規作成された系図からその系図を作成する際に参照された原系図の復元を試みることで、系図の構成過程を検討。対象は「熱田大宮司千秋家譜」。https://t.co/X6k7sTvDJC
引用は瀬野精一郎「日本:中世一(回顧と展望)」『史学雑誌』89-5、1980年)。1980年当時にあって、それ以前の中世史研究が扱ってきた問題に正面から取組んだ論文が減少していることを憂いたもの。https://t.co/1aIo4KUrQD
J-STAGE Articles - 今谷明著, 『室町時代政治史論』, 塙書房, 二〇〇〇・五刊, A5, 三七八頁, 八〇〇〇円 https://t.co/0ZeKsLukJv たまたま別の関心から家永遵嗣氏による書評を読み直していたが、重要な指摘が多い。
歴史研究と連歌研究の絡む話だと、国文学者の島津忠夫先生が、永正期に南部や蝦夷地を訪れた連歌師卜純を紹介した事が、南部氏研究を一歩進める契機になったのは確かなので、論文ぜひ読んで。 北海道に渡った連歌師卜純と中世北方史 https://t.co/48jdfOTixe
今日ご教示頂いた服藤早苗編『歴史のなかの皇女たち』(小学館、2002年)、付録に皇女一覧表・伊勢斎宮表・女院表・尼門跡表があって非常に有益。こんな便利なものがあったとは…。各章(西野悠紀子・服藤早苗・伴瀬明美・菅原正子・久保貴子執筆)も充実している。https://t.co/EsaNv9YzXq https://t.co/H8deuBvx52

32 0 0 0 OA 土佐方言の研究

分布図を見ると、高知あたりも「センタクする」を裁縫するの意味で使う地域であることが分かる。『土佐方言の研究』(1936)では「衣服のつぎはぎ。」と釈されている。 https://t.co/lxrQZD5Qzs
正史の話とはまたちょっと違うけど、吉本道雅先生の北方諸族に関する史書の論文は「これが……史料批判(テキストクリティーク)……!」って真顔になる奴。 https://t.co/dkB99kdSBv https://t.co/0YrbSEku2U https://t.co/LzBrJM1LCK なんていうか、嗚呼これが碩学というやつなんやな……ってなる

9 0 0 0 IR 契丹國志疏證

正史の話とはまたちょっと違うけど、吉本道雅先生の北方諸族に関する史書の論文は「これが……史料批判(テキストクリティーク)……!」って真顔になる奴。 https://t.co/dkB99kdSBv https://t.co/0YrbSEku2U https://t.co/LzBrJM1LCK なんていうか、嗚呼これが碩学というやつなんやな……ってなる

8 0 0 0 IR 遼史世表疏証

正史の話とはまたちょっと違うけど、吉本道雅先生の北方諸族に関する史書の論文は「これが……史料批判(テキストクリティーク)……!」って真顔になる奴。 https://t.co/dkB99kdSBv https://t.co/0YrbSEku2U https://t.co/LzBrJM1LCK なんていうか、嗚呼これが碩学というやつなんやな……ってなる
で、この矛盾を「元常の養子」に変えることで世代的には矛盾を無くしたのが18世紀成立の「御家譜」だったようなのだけど、それで思い出したのがこの藤孝の出自の移り変わり詳細に示してるこの論文 CiNii 論文 - 細川幽斎の出自について https://t.co/nma6aCXcCY #CiNii
『国会図書館月報』の「中世の古文書を読んでみよう」、今回は武田信玄の朱印状を取り上げています。https://t.co/zOkMdzofUr 「眼病なので印判にした」という言い訳付きですし、押された位置も名前の下で、まさに花押の代わり。(続
ちょっと気分転換に、『玉尽年玉寿古六』https://t.co/licjqK7YJI 「くびつ玉」 …以下省略(笑) https://t.co/gzFiihYFvD
@tra_inee 承前)同書は、国会図書館デジタルコレクションで見られましたがhttps://t.co/9sjLxcnKug、たしかに「和洋菓子製法 上之部 和菓子」という部分がありますね。私が典拠にしていた『日本国語大辞典』は料理書まで見ていなかったようで、取り急ぎ、訂正いたします。

26 0 0 0 OA 日本禁酒史

ただし、同著者の 藤原暁三『日本禁酒史』日本国民禁酒同盟, 1940年 https://t.co/NDq9Xrp5VB は、ネットで見られる。
PDF公開。竹井英文「南北朝~戦国前期の「陣」について」(『東北学院大学論集.歴史と文化』55、2017年3月)戦国・織豊期の研究が多い「陣」を、用語としては南北朝・室町期に頻出することに注意を喚起して、当該期の東国を事例に考察。https://t.co/yGQHQpRduL
PDF公開。水野智之「尾張守護と智多郡主に関する覚書」(『知多半島の歴史と現在』20、2016年10月)従来「分群守護論」で論じられてきた尾張国智多郡における一色氏の立場を、最新の研究を通して再検討。近年の「郡主」論にも言及。https://t.co/gTCbEPFjvh
@nknatane なお、豊臣政権の奉行発給文書については、谷徹也氏の博士論文『近世成立期の統治構造』(2016年)https://t.co/EQ4EuzJ9eW に「豊臣氏奉行発給文書考」という新稿が含まれており、発給文書の集成と年次比定がおこなわれている(らしい。未読のため)。
伊藤真昭「前田玄以発給文書集成(1)」(『歴史文化研究』5号、2016年3月)https://t.co/PuBczIU3HT この史料集成は未読だが、伊藤氏は著書『京都の寺社と豊臣政権』(法蔵館、2003年)において玄以発給文書を集成されている旨を述べていたはず。
リポジトリ公開されていた。松尾剛次「最上義光文書の古文書学 判物・印判状・書状」(『山形大学大学院社会文化システム研究科紀要』第11号、2014年9月)https://t.co/Js6qniKNLB https://t.co/ZzjQ8P8fCQ
CiNii Booksと全国遺跡報告総覧とのデータ連携がはじまりました!全国遺跡報告総覧へのリンクは「電子リソースにアクセスする」欄に巻次単位で表示されています。ほしい巻号に直接アクセス!例:https://t.co/7Ak4kojQ45
フリッチョフ・シュオン「形而上学とエゾテリスム」翻訳の出版がようやく近づいてまいりました。本書は伝統主義学派の最重要著作の一つです。シュオンについては東京大学名誉教授中村廣治郎の次の紹介をご覧下さい。http://t.co/BGTjPGP5hR

フォロー(1145ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

中世北海道流通史考--応永板碑と関連して(1972) https://t.co/Yj37DiXKlB
RT @holy_sengoku: 馬部隆弘「丹波片山家文書と守護代内藤国貞」、「拙著を踏まえて読み直す」と副題が付けられたこの論文では、『戦国期細川権力の研究』であえて「一言の概念で説明」することを避け「個別人物史の集合体として畿内政治史を描こうとした」馬部先生の思いが語られ…
RT @holy_sengoku: 馬部隆弘「丹波片山家文書と守護代内藤国貞」、「拙著を踏まえて読み直す」と副題が付けられたこの論文では、『戦国期細川権力の研究』であえて「一言の概念で説明」することを避け「個別人物史の集合体として畿内政治史を描こうとした」馬部先生の思いが語られ…
馬部隆弘「丹波片山家文書と守護代内藤国貞」、「拙著を踏まえて読み直す」と副題が付けられたこの論文では、『戦国期細川権力の研究』であえて「一言の概念で説明」することを避け「個別人物史の集合体として畿内政治史を描こうとした」馬部先生の思いが語られています。 https://t.co/0xhgZzeaXS
RT @BungakuReportRS: 河合 一樹 - 孔子はよき人 : 本居宣長の孔子観とその周辺 https://t.co/4vsgX6S8pk
●禅刹遺跡遠野東禅寺創建年代考(1959) https://t.co/lQGW0LH7F2
RT @silakan_duduk: メモ: 「女給」は話題にのぼらないのですが、カフェなどの「女給」に酌婦許可証を求める県と女給免許証を別に発給する県があった。 ・要酌婦許可証 三重県 https://t.co/5qzwpTHuKD 和歌山県 https://t.co/5FV…
RT @silakan_duduk: メモ: 「女給」は話題にのぼらないのですが、カフェなどの「女給」に酌婦許可証を求める県と女給免許証を別に発給する県があった。 ・要酌婦許可証 三重県 https://t.co/5qzwpTHuKD 和歌山県 https://t.co/5FV…
RT @silakan_duduk: メモ: 「女給」は話題にのぼらないのですが、カフェなどの「女給」に酌婦許可証を求める県と女給免許証を別に発給する県があった。 ・要酌婦許可証 三重県 https://t.co/5qzwpTHuKD 和歌山県 https://t.co/5FV…
RT @silakan_duduk: メモ: 「女給」は話題にのぼらないのですが、カフェなどの「女給」に酌婦許可証を求める県と女給免許証を別に発給する県があった。 ・要酌婦許可証 三重県 https://t.co/5qzwpTHuKD 和歌山県 https://t.co/5FV…
CiNii 論文 -  古代末期における価値観の変動 https://t.co/M3Ty2MNTlW #CiNii ※管絃について記述あり

2 2 2 2 OA 新刊短評

『日本のセーフティーネット格差ーー労働市場の変容と社会保険』(酒井 正 著)の書評が『人口学研究』(57巻、2021年)に掲載されました。評者は萩原里紗氏(明海大学)です。(※PDFデータでは、5~6ページ目に掲載されています) https://t.co/4aXOCox76s

32 7 4 1 OA 日本名筆全集

・たごのうらにそこさへにほふゝぢなみ/をかざしてゆかむみぬひとのため〔繩丸〕 (太己乃宇良仁曾己左阝尓保不ゝ知那三/遠可左之天由可武美奴比止乃多女) 《粘葉本和漢朗詠集》(春・藤) 出典:https://t.co/t5ye2PBOv8 https://t.co/97G9VPdBfX
『人口変動と家族の実証分析』(津谷 典子 編著、菅 桂太 編著、四方 理人 編著、吉田 千鶴 編著)の書評が『人口学研究』(57巻、2021年)に掲載されました。評者は寺村絵里子氏(明海大学)です。 https://t.co/f08qxpOF1e
RT @DN_networks: 【拡散希望】CiNii 図書 - アニメの社会学 : アニメファンとアニメ制作者たちの文化産業論 https://t.co/4ARhhq6zcC #CiNii こちらもう少しで250館ですので、まだ自分の大学の図書館にないという方はぜひ図書館リ…
RT @ktaonmo: 問題は「環境」であるのか? : 「それだけではない」ポリティカル・オントロジーのアプローチ https://t.co/hqsHchfHja 神崎隼人さんによる、エスコバル、デラカデナ、ブラセルらのPOのクリアカットな紹介。Designs for the…
●アイヌの武器・武具 (特集 アイヌの考古学) -- (アイヌの物質文化)(2015) https://t.co/oMzRLQSRmp

32 7 4 1 OA 日本名筆全集

・ちとせまでちぎりしまつもけふよ/りはきみにひかれてよろづよやへむ〔能宣〕 (知止世末弖知支利之万徒毛計不与/利波幾美尓比可礼天与呂川与也阝武) 《粘葉本和漢朗詠集》(春・子日) 出典:https://t.co/NVcNVGsgWa https://t.co/siqBujQUEC

32 7 4 1 OA 日本名筆全集

・ねのひするのべにこまつのなかりせ/ばちよのためしになにをひかまし〔忠岑〕 (祢乃比春留能阝尓己万川乃奈可利世/者知与乃多女之仁奈尓遠比可末志) 《粘葉本和漢朗詠集》(春・子日) 出典:https://t.co/NVcNVGsOLI https://t.co/l2uOsgrtQV
RT @ktaonmo: 問題は「環境」であるのか? : 「それだけではない」ポリティカル・オントロジーのアプローチ https://t.co/hqsHchfHja 神崎隼人さんによる、エスコバル、デラカデナ、ブラセルらのPOのクリアカットな紹介。Designs for the…
●秋田・脇本城跡(第二七号) (釈文の訂正と追加(9))(2006) https://t.co/SZSPF5LGsn
●秋田・脇本城跡 (2004年出土の木簡)(2005) https://t.co/ddGWmRkGLB

32 7 4 1 OA 日本名筆全集

・きのふまでよそにおもひしあやめぐさ/けふわがやどのつまとみるかな〔能宣〕 (幾能不末天与所尓於毛比之安也女久左/計不和可也止乃徒末止美留可那) 《粘葉本和漢朗詠集》(夏・端午) 出典:https://t.co/ATs31CEs4k https://t.co/b2hrESMZU9
●盛岡藩初期の百姓一揆 (小特集 近世南部領の諸相)(2002) https://t.co/hF3GugRX9v

1 1 1 0 OA 英俊伝

国会図書館デジタルアーカイブに関して。わざわざ日本の古本屋で取り寄せた中村孝也『源九郎義経』は『英俊伝 第1巻』名義でデジタルアーカイブ化されておりウェブ閲覧可能だった模様。タイトルは仕方ないにしても著者名はいれといてくだち! https://t.co/cDH9wLGEB8

2 1 1 0 OA 官報

ちなみに楽譜と歌詞は官報で公開されていた経緯もあり、国会図書館のデジタルコレクションで閲覧可能です。 https://t.co/bhz7p2K4Ba
RT @foxmonkey0414: 2014年の人工知能学会誌の表紙の件、最初の表紙イラストに「意味」が付与されたのは炎上の後。 炎上後に表紙問題にどう対応するべきか、編集委員会で議論を重ねて、その後の表紙でストーリをつけたんですよ。 編集委員だった坊農氏が顛末を報告されてい…
RT @hollyhockpetal: 実際、こちらの方が指摘なさっておられるように、学会の中では批判に向き合う対応があって、現在の学会誌のイラスト表紙で学問の内容を解説する取り組みでは男女のバランスとか考えられてるのがわかる。「一方的に燃やされた被害者」って話にするのも勝手な…
RT @foxmonkey0414: 2014年の人工知能学会誌の表紙の件、最初の表紙イラストに「意味」が付与されたのは炎上の後。 炎上後に表紙問題にどう対応するべきか、編集委員会で議論を重ねて、その後の表紙でストーリをつけたんですよ。 編集委員だった坊農氏が顛末を報告されてい…
RT @hollyhockpetal: 実際、こちらの方が指摘なさっておられるように、学会の中では批判に向き合う対応があって、現在の学会誌のイラスト表紙で学問の内容を解説する取り組みでは男女のバランスとか考えられてるのがわかる。「一方的に燃やされた被害者」って話にするのも勝手な…
RT @foxmonkey0414: 2014年の人工知能学会誌の表紙の件、最初の表紙イラストに「意味」が付与されたのは炎上の後。 炎上後に表紙問題にどう対応するべきか、編集委員会で議論を重ねて、その後の表紙でストーリをつけたんですよ。 編集委員だった坊農氏が顛末を報告されてい…
河合 一樹 - 孔子はよき人 : 本居宣長の孔子観とその周辺 https://t.co/4vsgX6S8pk
岡田光弘“「学習」の観察社会学 : レントゲン写真について「考える人」から,それを「読む人」へ” https://t.co/2PRy2EMABM #CiNii

32 7 4 1 OA 日本名筆全集

・さつきやみおぼつかなきにほとゝぎす/なくなるこゑのいとゞはるけさ〔明香王子〕 (左川支也美於保川可那支尓本止ゝ幾須/奈久那留己惠乃以止ゝ者留計左) 《粘葉本和漢朗詠集》(夏・郭公) 出典:https://t.co/Tclqgckf6g https://t.co/QyI909ELBw

40 39 39 7 OA 刀劔押形

RT @sayonosuke: (資料) ・彦根城博物館だより118号 https://t.co/r9EHmGtVEx ・刀剣押形 https://t.co/rPyk2Tl9ZR ・福永酔剣「日本刀大百科事典」「首斬り浅右衛門刀剣押形」
RT @khargush1969: 伊藤義教(1964)「『先師金言要集』とアンダルズ文献研究序説(上)(下)」『オリエント』7(1)-(2): 1-17, 15-31. https://t.co/K2fQtsLUyt https://t.co/pogWXbQR57 サーサーン…
RT @khargush1969: 伊藤義教(1964)「『先師金言要集』とアンダルズ文献研究序説(上)(下)」『オリエント』7(1)-(2): 1-17, 15-31. https://t.co/K2fQtsLUyt https://t.co/pogWXbQR57 サーサーン…
伊藤義教(1964)「『先師金言要集』とアンダルズ文献研究序説(上)(下)」『オリエント』7(1)-(2): 1-17, 15-31. https://t.co/K2fQtsLUyt https://t.co/pogWXbQR57 サーサーン朝期のパンド・アンダルズ文学について。『古代ペルシア』にもあるがこちらも詳しい。
伊藤義教(1964)「『先師金言要集』とアンダルズ文献研究序説(上)(下)」『オリエント』7(1)-(2): 1-17, 15-31. https://t.co/K2fQtsLUyt https://t.co/pogWXbQR57 サーサーン朝期のパンド・アンダルズ文学について。『古代ペルシア』にもあるがこちらも詳しい。
CiNii 論文 -  日本の金属業祭祀における神道と中国文化 -鞴祭りを中心に- https://t.co/TC1RVe7sCE #CiNii ※火焼の源流として御神楽・庭燎について記述あり
RT @yashuzenmon: 「康正二年造内裏国役段銭引付」室町期の写本。これ百瀬今朝雄さんによれば、伊勢被官の堤有家の作とのこと。まだまだ精進が足りない。 https://t.co/YR43OW2J1g
「康正二年造内裏国役段銭引付」室町期の写本。これ百瀬今朝雄さんによれば、伊勢被官の堤有家の作とのこと。まだまだ精進が足りない。 https://t.co/YR43OW2J1g
RT @hollyhockpetal: 実際、こちらの方が指摘なさっておられるように、学会の中では批判に向き合う対応があって、現在の学会誌のイラスト表紙で学問の内容を解説する取り組みでは男女のバランスとか考えられてるのがわかる。「一方的に燃やされた被害者」って話にするのも勝手な…
RT @hollyhockpetal: 実際、こちらの方が指摘なさっておられるように、学会の中では批判に向き合う対応があって、現在の学会誌のイラスト表紙で学問の内容を解説する取り組みでは男女のバランスとか考えられてるのがわかる。「一方的に燃やされた被害者」って話にするのも勝手な…
RT @foxmonkey0414: 2014年の人工知能学会誌の表紙の件、最初の表紙イラストに「意味」が付与されたのは炎上の後。 炎上後に表紙問題にどう対応するべきか、編集委員会で議論を重ねて、その後の表紙でストーリをつけたんですよ。 編集委員だった坊農氏が顛末を報告されてい…

32 7 4 1 OA 日本名筆全集

・したくゞるみづにあきこそかよふなれ/むすぶいづみのてさへすゞしき〔中務〕 (之太久ゝ留美川仁安支己所可与不奈礼/武春不以川美乃天左阝春ゝ之支) 《粘葉本和漢朗詠集》(夏・納涼) 出典:https://t.co/4syHXQj4hY https://t.co/IvqyKXHm2l

32 7 4 1 OA 日本名筆全集

・はるのよのやみはあやなしむめのは/ないろこそみえねかやはかくるゝ〔躬恆〕 (者留乃与能也美波安也奈之武女乃八/那以呂己所美衣祢可也波加久留ゝ) 《粘葉本和漢朗詠集》(春・春夜) 出典:https://t.co/XSKQzyJJLl https://t.co/WVswNZDLTF
CiNii 論文 -  旋律を意味する語--特に雅楽の管楽器の場合について https://t.co/IoUW7WqmEf #CiNii
公立学校生徒の言論の自由をめぐるアメリカ連邦最高裁判決 【「おそらくもっとも難しい範疇は、他の生徒に関する批判又は中傷的な意見である。いじめと深刻ないやがらせは重大な(かつ昔からある)問題であるが、この概念を言論規制に必要な精度をもって定義することは容…】 https://t.co/QETzw9QJMY
RT @khargush1969: 増井実子(2020)「スペイン近世社会におけるモリスコ問題へのアプローチ:移動するモリスコ、表象されるモリスコ」『常葉大学大学院国際言語文化研究科研究紀要』1: 93-99. https://t.co/8sVk3VvyMR 簡潔な報告だがモリ…
増井実子(2020)「スペイン近世社会におけるモリスコ問題へのアプローチ:移動するモリスコ、表象されるモリスコ」『常葉大学大学院国際言語文化研究科研究紀要』1: 93-99. https://t.co/8sVk3VvyMR 簡潔な報告だがモリスコの歴史の硏究史と問題系を把握するのにとても役立ちそうだ。

32 7 4 1 OA 日本名筆全集

・まつかげのいはゐのみづをむすびつゝ/なつなきとしとおもひけるかな〔惠慶〕 (末徒可介乃以者爲能美徒遠武寸比川ゝ/奈川那支止之東於毛比介留可那) 《粘葉本和漢朗詠集》(夏・納涼) 出典:https://t.co/aA8nJKlUc9 https://t.co/iRezczAeKM

32 7 4 1 OA 日本名筆全集

・きみがてにまかするあきのかぜなれ/ばなびかぬくさもあらじとぞおもふ〔中務〕 (支美可天尓末可須留安支能可世奈礼/者那比可奴久左毛安良之止所於毛不) 《粘葉本和漢朗詠集》(夏・扇) 出典:https://t.co/QX7SGlpDBN https://t.co/BnBDzWTYu4
●秋田実季領の代官制 ―太閤蔵入地と奉行衆―(1993) https://t.co/oi497xrOTA
風間 伸次郎「日本語の類型について ―「アルタイ型言語」の解明を目指して―」 https://t.co/TbRhdWlqC6
日本語の類型について ―「アルタイ型言語」の解明を目指して― https://t.co/TbRhdWlqC6
●戦国期檜山城主下国家関係の一史料(1992) https://t.co/KciqyxLxhb
●戦国末期雄勝郡西馬音内領の構造(1991) https://t.co/PgvHu90BH9

32 7 4 1 OA 日本名筆全集

・すゞしやとくさむらごとにたちよれ/ばあつさぞまさるとこなつのはな (寸ゝ之也止久左武良己止仁多知与礼/波安川左所末左留止己那川乃者那) 《粘葉本和漢朗詠集》(夏・納涼) 出典:https://t.co/4syHXQj4hY https://t.co/VPlcC0Stwe
RT @dicekk: 修士論文が大詰めというビジネススクールの院生の皆さんも多いと思いますが、自らのリサーチクエスチョンの点検にご活用下さい。 M1の終わりからM2の初め位に読んでもらうようにしていますが、実際に論文を書き始めてからの方が内容が入ってくる気がしています。 h…
RT @nakagawanatsuko: 筋が悪いリサーチクエスチョンとは何か https://t.co/rQKjqAWzf5
●記録に見る中世城館―吾妻鏡・永慶軍記を中心に―(1985) https://t.co/2EeXdF2vIr
RT @dicekk: 修士論文が大詰めというビジネススクールの院生の皆さんも多いと思いますが、自らのリサーチクエスチョンの点検にご活用下さい。 M1の終わりからM2の初め位に読んでもらうようにしていますが、実際に論文を書き始めてからの方が内容が入ってくる気がしています。 h…
●北奥羽における石高制の成立(1977) https://t.co/IdFssXgXKK
RT @n_a_k_a_m_u_u: 今年のゴンクール賞はセネガル出身の作家で、その100年前、1921年ゴンクール賞受賞作はルネ・マラン『バトゥアラ』でした。なんとその翌年、大正11年に日本語訳が出ています! これについては砂野幸稔先生の論文で詳しく検討されています。下記UR…

32 7 4 1 OA 日本名筆全集

・あをやぎのいとよりかくるはるしも/ぞみだれてはなはほころびにける〔貫之〕 (安遠也支乃以止与利可久留波留之毛/所美多礼天者那波本己呂比尓介留) 《粘葉本和漢朗詠集》(春・柳) 出典:https://t.co/A1sl3crbIJ https://t.co/C7vTWpKhxM
RT @shintoyo: 上野千鶴子「男にとっては女にもてるっていうこと」ではなく「男同士の中で、ライバルとして相手の力量を認め合った相手からぐっと踏み込んで刃を交わし、耳元で一言、「おぬし、できるな」って言われたときのこの快感、この官能、これを超えるエロスなどないんじゃない…
CiNii 論文 -  宇津保物語と催馬楽 https://t.co/3N07zpcTWc #CiNii
日本のモホ面研究の始まりは和達(気象集誌1925) https://t.co/CdANHPKFWZ
●北羽織豊大名領の景観―本堂領の場合―(1975) https://t.co/7vrh4Jt9dh

32 7 4 1 OA 日本名筆全集

・うちつけにものぞかなしきこのはち/るあきのはじめになりぬとおもへば (宇知徒介尓毛乃所可奈之支己乃者知/留安支能者之女仁奈利奴止於毛阝盤) 《粘葉本和漢朗詠集》(秋・立秋) 出典:https://t.co/QX7SGlpDBN https://t.co/HmVfBM7ZDD
●豊臣政権下の六郷領―中郡領知上り高覚の分析―(1974) https://t.co/wr1waC8kM3
RT @khargush1969: なんとこれもクリップしていなかった: 菊池忠純(1983)「マムルーク朝時代カイロのムフタシブ : 出身階層と経歴を中心に」『東洋学報』64-1/2: 131-176. https://t.co/v0OEeY2H8K
RT @khargush1969: 佐藤次高(1983)「イブン・アブド・アッザーヒル著「バイバルス伝」の新刊行史料」『東洋学報』64(1・2): 191-198. https://t.co/kpvy42D0LA 『バイバルス伝』についての優れた作品解説でもあることを遅まきなが…
佐藤次高(1983)「イブン・アブド・アッザーヒル著「バイバルス伝」の新刊行史料」『東洋学報』64(1・2): 191-198. https://t.co/kpvy42D0LA 『バイバルス伝』についての優れた作品解説でもあることを遅まきながらしった。
なんとこれもクリップしていなかった: 菊池忠純(1983)「マムルーク朝時代カイロのムフタシブ : 出身階層と経歴を中心に」『東洋学報』64-1/2: 131-176. https://t.co/v0OEeY2H8K
●戦国秋田武将の精神構造―軍記、書状の分析を中心に―(1972) https://t.co/8Km0ZqFwTv

3 3 1 0 OA [師守記] 64巻

RT @uesugi_dewa: ↑ 「師守記」康永3年8月2日条 https://t.co/CwTFXyULrv 国会図書館に「師守記」の自筆本があるんですねー
●北羽戦国大名の趨勢―その成立と家臣団―(1968) https://t.co/K9BiKBpbvW
●織豊期の北奥羽村落―北浦・比内両地方の考察―(1965) https://t.co/GfFsfic7QW

32 7 4 1 OA 日本名筆全集

・したくゞるみづにあきこそかよふなれ/むすぶいづみのてさへすゞしき〔中務〕 (之太久ゝ留美川仁安支己所可与不奈礼/武春不以川美乃天左阝春ゝ之支) 《粘葉本和漢朗詠集》(夏・納涼) 出典:https://t.co/4syHXQj4hY https://t.co/IvqyKXHm2l
RT @khargush1969: スタンデン ナオミStanden Naomi /山根直生訳(2019)「翻訳 遊牧民は何を欲するか : 襲撃と侵略、そして947年の遼の征服」『福岡大學人文論叢』50(4): 1235-1276. https://t.co/DGH8o0zJ1…
2. 北の山城(第7章 十三湊遺跡・福島城跡をめぐる論考)(1995) https://t.co/2bXYv912sx
スタンデン ナオミStanden Naomi /山根直生訳(2019)「翻訳 遊牧民は何を欲するか : 襲撃と侵略、そして947年の遼の征服」『福岡大學人文論叢』50(4): 1235-1276. https://t.co/DGH8o0zJ1O 遊牧国家の定住社会征服・支配の背景、遼の華北征服を通した考察。モンゴル帝国にも共通する議論か。
#動物行動治療学  行動診療につなげるための初期対応 - J-Stage https://t.co/LOmbAtN6lc https://t.co/9Peg2vsICD
RT @r_shineha: NISTEP (2021) 『欧州レベルの科学技術・⾼等教育政策 〜現状と成立過程~』 https://t.co/CsgZUSLAqZ
RT @r_shineha: NISTEP (2021) 『欧州レベルの科学技術・⾼等教育政策 〜現状と成立過程~』 https://t.co/CsgZUSLAqZ
●南部氏諸城への石垣技術の伝播(2003) https://t.co/VY2I7W1WZD

32 7 4 1 OA 日本名筆全集

・ゆきやらでやまぢくらしつほとゝぎす/いまひとこゑのきかまほしさに〔公忠〕 (由支也良天也末知久良之川保止ゝ支須/以末比止己惠乃支可末保之左尓) 《粘葉本和漢朗詠集》(夏・郭公) 出典:https://t.co/Tclqgckf6g https://t.co/uouY6hvV5o
●小野寺氏の領国支配--天正〜慶長期の政治史的考察(1962) https://t.co/SvBTcedOSp
このあたりにどういう経緯の問題かが書かれていた CiNii 論文 -  熊本県白川流域における農業水利の対抗関係とその変化 https://t.co/v6VZ3tcXt5 CiNii 論文 -  白川分水問題とその今日的意義について https://t.co/ghxEMHj2UE
このあたりにどういう経緯の問題かが書かれていた CiNii 論文 -  熊本県白川流域における農業水利の対抗関係とその変化 https://t.co/v6VZ3tcXt5 CiNii 論文 -  白川分水問題とその今日的意義について https://t.co/ghxEMHj2UE
●戦国大名小野寺氏 --稙道・輝道関連史料の検討--(1988) https://t.co/H0myqMnOBi
RT @kodaigirisyano: ギリシャ人は「将来・未来」のことを「残り」という意味の loipos という形容詞を用いて「残りの時」といいます.集団の将来についても「残りの時」と表現します.未来は残されたものというのは人のもつ根源的な感覚に思えますが見失いがちです.以…
●京都御扶持衆小野寺氏(1988) https://t.co/XHwFUOTpNF
●戦国大名出羽小野寺氏の花押(2007) https://t.co/pJLYpaUiAg
●浅利氏の比内郡支配 --沙弥浄光譲状を通して--(2007) https://t.co/8ahynjtr7C
頼惟勤全集がもし出るとしたら、そこにトンボの論文も入るのかな。この写真は放送大学頼惟勤講義の中で出てきた。カールグレン解説の途中で「園(エン・オン)越(エツ・オツ)」の説明をしながら。 https://t.co/cjGVvilSO2 ホソミオツネントンボの成虫越冬の観察
拝読しました。私も図書館バイトしてたのと身内が大学図書館勤務でよく話を聞くので、利用者の便宜と円滑な管理方法の両立は本当に難しいよなと思います 西洋古代史・古典学研究における批判的校訂本シリーズの利用・管理法に関する一考察 -The Loeb Classical Library- https://t.co/MM0JNJHiYT

フォロワー(948ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @holy_sengoku: 馬部隆弘「丹波片山家文書と守護代内藤国貞」、「拙著を踏まえて読み直す」と副題が付けられたこの論文では、『戦国期細川権力の研究』であえて「一言の概念で説明」することを避け「個別人物史の集合体として畿内政治史を描こうとした」馬部先生の思いが語られ…
RT @holy_sengoku: 馬部隆弘「丹波片山家文書と守護代内藤国貞」、「拙著を踏まえて読み直す」と副題が付けられたこの論文では、『戦国期細川権力の研究』であえて「一言の概念で説明」することを避け「個別人物史の集合体として畿内政治史を描こうとした」馬部先生の思いが語られ…

3 2 2 2 OA 台湾遊記

RT @rshibasaki: @busyo3 こちらにも同文が掲載。 https://t.co/VPEVZ44y4I
馬部隆弘「丹波片山家文書と守護代内藤国貞」、「拙著を踏まえて読み直す」と副題が付けられたこの論文では、『戦国期細川権力の研究』であえて「一言の概念で説明」することを避け「個別人物史の集合体として畿内政治史を描こうとした」馬部先生の思いが語られています。 https://t.co/0xhgZzeaXS
RT @rshibasaki: @busyo3 明治27年11月下旬、旅順要塞占領後の情勢下、元老松方正義が参謀次長川上操六に対して、「台湾占領の急務は、独り小生一個の管見のみに止まらず、天下有識者の公論」と書き送っている。確かに「管見」について『新明解国語辞典』の定義通りの用…

3 2 2 2 OA 台湾遊記

@busyo3 こちらにも同文が掲載。 https://t.co/VPEVZ44y4I
@busyo3 明治27年11月下旬、旅順要塞占領後の情勢下、元老松方正義が参謀次長川上操六に対して、「台湾占領の急務は、独り小生一個の管見のみに止まらず、天下有識者の公論」と書き送っている。確かに「管見」について『新明解国語辞典』の定義通りの用例。 https://t.co/hHgZ6CUfCX
RT @Ninigi_Yata: 陸軍軍医学校五十年史 https://t.co/LKDnWdedwN
陸軍軍医学校五十年史 https://t.co/LKDnWdedwN
RT @silakan_duduk: メモ: 「女給」は話題にのぼらないのですが、カフェなどの「女給」に酌婦許可証を求める県と女給免許証を別に発給する県があった。 ・要酌婦許可証 三重県 https://t.co/5qzwpTHuKD 和歌山県 https://t.co/5FV…
RT @silakan_duduk: メモ: 「女給」は話題にのぼらないのですが、カフェなどの「女給」に酌婦許可証を求める県と女給免許証を別に発給する県があった。 ・要酌婦許可証 三重県 https://t.co/5qzwpTHuKD 和歌山県 https://t.co/5FV…
RT @silakan_duduk: メモ: 「女給」は話題にのぼらないのですが、カフェなどの「女給」に酌婦許可証を求める県と女給免許証を別に発給する県があった。 ・要酌婦許可証 三重県 https://t.co/5qzwpTHuKD 和歌山県 https://t.co/5FV…
RT @silakan_duduk: メモ: 「女給」は話題にのぼらないのですが、カフェなどの「女給」に酌婦許可証を求める県と女給免許証を別に発給する県があった。 ・要酌婦許可証 三重県 https://t.co/5qzwpTHuKD 和歌山県 https://t.co/5FV…
RT @DN_networks: 【拡散希望】CiNii 図書 - アニメの社会学 : アニメファンとアニメ制作者たちの文化産業論 https://t.co/4ARhhq6zcC #CiNii こちらもう少しで250館ですので、まだ自分の大学の図書館にないという方はぜひ図書館リ…
RT @ktaonmo: 問題は「環境」であるのか? : 「それだけではない」ポリティカル・オントロジーのアプローチ https://t.co/hqsHchfHja 神崎隼人さんによる、エスコバル、デラカデナ、ブラセルらのPOのクリアカットな紹介。Designs for the…
RT @milmilk6: ベイビューホテル事件、旧日本軍による集団レイプ事件だそうです。 SNSに散見される言説に、「反日なのは特亜3国だけ」「戦後日本はフィリピンから尊敬されていた」といったものがありますが、フィリピンでは戦後しばらくの間、反日感情が凄まじかったそうですよ。…
樺太南部沿岸・千島列島 水路誌 https://t.co/EsRQEmWhmv 日本固有の領土です. https://t.co/mQIt4R9ZV8
【日露間領土問題の歴史に関する共同作成資料集】 https://t.co/6XDhMTIxE9 北方領土について, ヤルタ協定によりソ連邦への引き渡しの法的確認が得られたとソ連邦は主張している. 日本はヤルタ協定の当事者ではなく, 協定に拘束されない, また, 同協定は領土の最終処理に関する決定ではないと主張. https://t.co/ScSmK0Ajij

1 1 1 0 OA 英俊伝

国会図書館デジタルアーカイブに関して。わざわざ日本の古本屋で取り寄せた中村孝也『源九郎義経』は『英俊伝 第1巻』名義でデジタルアーカイブ化されておりウェブ閲覧可能だった模様。タイトルは仕方ないにしても著者名はいれといてくだち! https://t.co/cDH9wLGEB8

2 1 1 0 OA 官報

ちなみに楽譜と歌詞は官報で公開されていた経緯もあり、国会図書館のデジタルコレクションで閲覧可能です。 https://t.co/bhz7p2K4Ba
RT @hollyhockpetal: 実際、こちらの方が指摘なさっておられるように、学会の中では批判に向き合う対応があって、現在の学会誌のイラスト表紙で学問の内容を解説する取り組みでは男女のバランスとか考えられてるのがわかる。「一方的に燃やされた被害者」って話にするのも勝手な…
RT @foxmonkey0414: 2014年の人工知能学会誌の表紙の件、最初の表紙イラストに「意味」が付与されたのは炎上の後。 炎上後に表紙問題にどう対応するべきか、編集委員会で議論を重ねて、その後の表紙でストーリをつけたんですよ。 編集委員だった坊農氏が顛末を報告されてい…
RT @yashuzenmon: 「康正二年造内裏国役段銭引付」室町期の写本。これ百瀬今朝雄さんによれば、伊勢被官の堤有家の作とのこと。まだまだ精進が足りない。 https://t.co/YR43OW2J1g
RT @yashuzenmon: 「康正二年造内裏国役段銭引付」室町期の写本。これ百瀬今朝雄さんによれば、伊勢被官の堤有家の作とのこと。まだまだ精進が足りない。 https://t.co/YR43OW2J1g
「康正二年造内裏国役段銭引付」室町期の写本。これ百瀬今朝雄さんによれば、伊勢被官の堤有家の作とのこと。まだまだ精進が足りない。 https://t.co/YR43OW2J1g
RT @Ninigi_Yata: @111g0 キーナン検事と東条被告 : 極東国際軍事裁判法廷に於ける一問一答全文 公開されていますのでご参考まで. https://t.co/XqaNtHq819
@111g0 キーナン検事と東条被告 : 極東国際軍事裁判法廷に於ける一問一答全文 公開されていますのでご参考まで. https://t.co/XqaNtHq819
RT @hollyhockpetal: 実際、こちらの方が指摘なさっておられるように、学会の中では批判に向き合う対応があって、現在の学会誌のイラスト表紙で学問の内容を解説する取り組みでは男女のバランスとか考えられてるのがわかる。「一方的に燃やされた被害者」って話にするのも勝手な…
公立学校生徒の言論の自由をめぐるアメリカ連邦最高裁判決 【「おそらくもっとも難しい範疇は、他の生徒に関する批判又は中傷的な意見である。いじめと深刻ないやがらせは重大な(かつ昔からある)問題であるが、この概念を言論規制に必要な精度をもって定義することは容…】 https://t.co/QETzw9QJMY
RT @Hanbei1582: 探し物をしてたら面白そうなお城の論文を見つけた。 佐藤宏之2014「城の受け取りと武家の財 : 近世の城、その構成要素」『国立歴史民俗博物館研究報告』182 https://t.co/wRRpbkVWWG
RT @dicekk: 修士論文が大詰めというビジネススクールの院生の皆さんも多いと思いますが、自らのリサーチクエスチョンの点検にご活用下さい。 M1の終わりからM2の初め位に読んでもらうようにしていますが、実際に論文を書き始めてからの方が内容が入ってくる気がしています。 h…
RT @n_a_k_a_m_u_u: 今年のゴンクール賞はセネガル出身の作家で、その100年前、1921年ゴンクール賞受賞作はルネ・マラン『バトゥアラ』でした。なんとその翌年、大正11年に日本語訳が出ています! これについては砂野幸稔先生の論文で詳しく検討されています。下記UR…
RT @nanbubot2: ●豊臣政権下の六郷領―中郡領知上り高覚の分析―(1974) https://t.co/wr1waC8kM3
1937年(昭和12年), 上村文三氏の親善外交批判. 親善外交を「おめでたく甘ちゃん」と辛辣に切り捨てる. 現代の外交の話かと思わず錯覚するが, 84年前の話である. https://t.co/MpSSXxiHc9 https://t.co/nQl9SHinA9

3 3 1 0 OA [師守記] 64巻

RT @uesugi_dewa: ↑ 「師守記」康永3年8月2日条 https://t.co/CwTFXyULrv 国会図書館に「師守記」の自筆本があるんですねー
1936年(昭和11年)の今日11月25日, 防共協定が日本とドイツの間で調印された. 翌月, 柴田武福は『日独伊協定と外務省を衝く』を発表し, この協定の危険性と日本に益なしの旨, 訴えている. 陰謀論と馬鹿にするなかれ. 一見の価値あり. https://t.co/8KnMFJlgas https://t.co/7BtFzklG14
#動物行動治療学  行動診療につなげるための初期対応 - J-Stage https://t.co/LOmbAtN6lc https://t.co/9Peg2vsICD
RT @r_shineha: NISTEP (2021) 『欧州レベルの科学技術・⾼等教育政策 〜現状と成立過程~』 https://t.co/CsgZUSLAqZ
拝読しました。私も図書館バイトしてたのと身内が大学図書館勤務でよく話を聞くので、利用者の便宜と円滑な管理方法の両立は本当に難しいよなと思います 西洋古代史・古典学研究における批判的校訂本シリーズの利用・管理法に関する一考察 -The Loeb Classical Library- https://t.co/MM0JNJHiYT
古い論文ですが、「しかし、アルタイ方面には西紀前5-4世紀にすでに新しい型の人類も現われていたのであり著しいモンゴロイド的特徴をもつ遺骸もあってルデンコはその人種構成の複雑」https://t.co/2hBfVM1XdW と書いてる論文があって、鼻が平たくて禿頭のアルギッパイオイ人は「モンゴロイド」のはず
RT @yusaku_matsu: 富江さんがここで書いていることをやや勝手に敷衍すると、大河内戦時社会政策論みたいなのは、君たち「人として」とか考えちゃうと「もっとがんばれ」と言ってしまうので、いっそ「資源」だと考えた方が実は多少大事にするんじゃないですか?というパターンの議…
RT @geo_popu_bot: 「市街名邑及町村二百戸以上戸口表」 https://t.co/qeTMNQrsxQ 明治中期の制作だが、二百戸以上≒1000人以上の集落が数千個単位で見れる 藩政村の平均人口が大体500人ぐらいなのでこれぐらいあっても当然だが弊地元には何故…
RT @yusaku_matsu: 富江さんがここで書いていることをやや勝手に敷衍すると、大河内戦時社会政策論みたいなのは、君たち「人として」とか考えちゃうと「もっとがんばれ」と言ってしまうので、いっそ「資源」だと考えた方が実は多少大事にするんじゃないですか?というパターンの議…
永井柳太郎『興亜論集 世界に先駆する日本』照文閣、昭和17年 https://t.co/y6MM6k8pHy https://t.co/2PsIQ1Vxg3