著者
早田 輝洋
出版者
日本音声学会
雑誌
音声研究 (ISSN:13428675)
巻号頁・発行日
vol.1, no.2, pp.37-44, 1997-08-30 (Released:2017-08-31)

The Central Dialect of Heian Japanese exhibits three tonal melodies and one fall in pitch accent, if any. The fall mark accent should not be treated as part of a tonal melody. They are both specified in the underlying lexical items, but are mutually independent. It is argued that a downstep existed in this dialect from an autosegmental perspective. Some revisions are made in treating the tone of the imperfective participle ending ru and the ku-nominalization. The imperative yo and the vocative yo are shown to be tonally distinct and to be two different morphemes. The tone of the perfective ari and the copula nari, and the behavior of the third tonal melody are also dealt with.
著者
鶴崎 裕雄 湯川 敏治
出版者
関西大学なにわ・大阪文化遺産学研究センター
雑誌
なにわ・大阪文化遺産学研究センター2008
巻号頁・発行日
pp.23-39, 2009-03-31

補助事業 文部科学省私立大学学術研究高度化推進事業オープン・リサーチ・センター整備事業(平成17年度~平成21年度)なにわ・大阪文化遺産の総合人文学的研究
著者
高桑 良興
出版者
札幌博物學會
雑誌
札幌博物学会会報
巻号頁・発行日
vol.16, no.4, pp.218-226, 1941-01-20
著者
Koji Takayama Chie Tsutsumi Dairo Kawaguchi Hidetoshi Kato Tomohisa Yukawa
出版者
The Japanese Society for Plant Systematics
雑誌
Acta Phytotaxonomica et Geobotanica (ISSN:13467565)
巻号頁・発行日
vol.70, no.3, pp.149-158, 2019-10-31 (Released:2019-11-28)

Liparis hostifolia (Orchidaceae) on Minami-iwo-to Island in the Bonin (Ogasawara) Archipelago was rediscovered for the first time in 79 years during a field survey in 2017. Its identity was confirmed by morphological comparison and DNA extractions from herbarium specimens collected between 1914 and 1938. Results from the molecular phylogenetic analyses demonstrated that L. hostifolia belongs to the L. makinoana complex. In comparison with other members of the L. makinoana complex, the broadly ovate labellum, short dormancy period, and flowering from November to March are unique characteristics of L. hostifolia. Results from the molecular phylogenetic analyses also suggested that L. hostifolia has had a long-isolated history in the Bonin Archipelago and probably migrated from temperate East Asia.
著者
耳塚 寛明
出版者
お茶の水地理学会
雑誌
お茶の水地理 (ISSN:02888726)
巻号頁・発行日
no.53, pp.102-106, 2014-09-30

Lecture at the annual meeting (Abstracts)
著者
一澤 圭
出版者
日本土壌動物学会
雑誌
Edaphologia (ISSN:03891445)
巻号頁・発行日
vol.91, pp.31-97, 2012-12-28 (Released:2017-07-20)
参考文献数
115
被引用文献数
1

アヤトビムシ科9属46種.ニシキトビムシ科3属3種,オウギトビムシ科3属7種,アリノストビムシ科2属2種,キヌトビムシ科2属5種について,科ごとの検索図および形質識別表を示し,各属・種の特徴を解説した.識別の指標となるおもな形質は,カラーパターン,ウロコの有無や分布,小眼数,口器・爪・跳躍器の形状,剛毛配列である.
著者
勝山 清次
出版者
史学研究会 (京都大学大学院文学研究科内)
雑誌
史林 (ISSN:03869369)
巻号頁・発行日
vol.97, no.6, pp.813-848, 2014-11

一一世紀前半以降、神社による怪異の訴えと朝廷でのト占(軒廊御卜) の実施が急増する。本稿はその要因と歴史的な意義を究明したものである。軒廊御トが増えはじめる一一世紀前半、貴族の間でその時代を乱れた末世とみる末代観が深まるにつれ、彼らは将来の災厄をもたらす神の崇りの予兆である神社の怪異に敏感に反応するようになり、神社側が自己主張を強化したことと相挨って、卜占の盛行をもたらすにいたった。卜占が盛んに行われるようになると、貴族たちは崇りをもたらす神事の違犯に鋭敏になり、穢れを避けようとして忌避を強化する。それは日常的に神事に関わっていた天皇周辺から始まり、次第に範囲を広げていった。一一世紀後半以降、天皇の名で行われる恩赦において、しばしば神社の訴えに触れるものを対象から除外する措置がとられるが、これも神慮に背く行為を慎み、神事不信による神の崇りを避けようとする点で、穢れ忌避の強化と同根である。神社における怪異はまた、神の崇りが現れる前に、それを人間に知らせ手立てをこうじさせる予兆の意味をもっていた。神はあらかじめ予兆することによって、崇りを避けるための対応を求め、そうした人間の行為に応えようとしているのであり、ここに中世的な「応える神」が明確な形をとって現れているとみることができる。一一世紀前半から中葉にかけては、こうした神が性格変化をとげる画期でもあったのである。
著者
サイエンスウィンドウ編集部
出版者
国立研究開発法人 科学技術振興機構
雑誌
サイエンスウィンドウ (ISSN:18817807)
巻号頁・発行日
vol.13, no.S1, pp.1-44, 2019 (Released:2019-12-09)

目次 p.03 2030年の世界のあるべきかたち「SDGs」~より良い未来社会の実現に向けて、期待される日本の科学技術~ p.08 海洋プラスチック問題に立ち向かう~カネカが生んだ期待のポリマー~ p.13 ごみを見つめて、未来を変える~SDGs時代に求められるごみ対策を考える~ p.18 科学への探究心と自主性を育む試み~兵庫県立尼崎小田高等学校が主催する「高校生サミット」~ p.25 自立した地域資源を生み出す技術とは 岩手県山田町、静岡県浜松市ほか p.29 ベンチャー企業、養殖業者、役場、漁協、大学が一体となって日本の水産養殖業を救う! 愛媛県愛南町 p.34 水から見える世界と私たちのつながり p.40 世界は「食」でつながっている 未来のために科学がができること 私たちができること p.44 「STI for SDGs」アワード 受賞者決定!
著者
二木 真
出版者
日本国際観光学会
雑誌
日本国際観光学会論文集 (ISSN:24332976)
巻号頁・発行日
vol.25, pp.133-140, 2018 (Released:2019-06-12)
参考文献数
11

Tokyo chosen to host the 2020 Olympic Games, there has been an increasing interest in sports tourism as a source for generating new demand in overall tourism to Japan. However, currently we have not seen what we could call an exemplary model for success domestically thus far. What is the important factor to succeed in sports tourism? Based on the research and analysis of the success of Honolulu Marathon, which has been annually drawn over 10,000 Japanese participants for 45 years, we hope to contribute to the development of sports tourism in Japan by finding a core competency that will produce sustainable value in this field.
著者
馬場 存
雑誌
慶應醫學 (ISSN:03685179)
巻号頁・発行日
vol.75, no.6, pp.285-299, 1998-11-25
参考文献数
39
被引用文献数
3