高根たかね(C92 新刊委託中) (@dambiyori)

投稿一覧(最新100件)

ニコ生内で紹介した剣沢ダムについての論文:剣沢ダムにおける周辺整備について(鈴木 文雄 小林 英夫)  https://t.co/OkTRtmNgTS
ハンガーで頭を挟むと回るやつの論文「従来の説明ではハンガー反射が痛みに対する逃避反射とされていたが、開発したハンガー反射発生装置での圧力制御により、ハンガー反射は痛みを必要としないことを確認」 / “ハンガー反射一頭部圧迫による…” https://t.co/tix76tbbHN
RT @Naga_Kyoto: 松井圭介(1993)「日本における宗教地理学の展開」 https://t.co/pRYykoSJe3 すごいなこの論文…。宗教地理学の教科書といってもいいんじゃないか。しかも書いたのが院生っていうのにもびっくり。すげぇ。
新豊洲変電所、3つに分かれて見えるの単にデザイン的な事だけじゃなくて万が一のトラブルにも耐えられるように同じ構成の設備が3つ作られてるとこからきてるみたいでなんかすごい。 https://t.co/4oETZY9FSx https://t.co/WTdxyM8004
剣沢ダムの農業土木学会誌の記事読んでるんだけど、改めてこれすごい面白いなぁhttps://t.co/OkTRtmNgTS この土地の灌漑用水の歴史から志賀方式の話とかあとこれの掲載された91年っていうタイミングとか。
91年に書かれた論文/ 山本教雄氏による「志賀方式」 / “剣沢ダムにおける周辺整備について” https://t.co/jyNgnLZyeX
RT @2FSHIKA: CiNii 論文 -  皇居におけるタヌキの食性とその季節変動 https://t.co/WXWY9IB6aQ #CiNii >明仁 Akihito 御所 The Imperial Residence
RT @ktgis: 大正時代はじめに、現在の板橋区中板橋駅付近の石神井川沿いにあった牧場。その頃は、巣鴨から新宿、渋谷にかけて牧場が立地していた。小田内通敏1918『帝都と近郊』より。国会図書館デジタルアーカイブ https://t.co/0jLx7CwyIy https:/…
RT @hashimoto_tokyo: Nスペ「古代史ミステリー 「御柱」 ~最後の“縄文王国”の謎~」を見て、御柱祭についてきちんと知りたくなった人は、怪しい本よりまず石川俊介さんの「諏訪大社御柱祭の文化人類学的研究」を読むことをお勧めします(PDF注意)。https://…
RT @1059kanri: そういえば国立国会図書館デジタルコレクションに、『真田幸村諸国漫遊記』という、幸村が水戸黄門のように全国をめぐる明治時代のなかなか不思議な小説が有ります。結構面白いですw https://t.co/2jw93E9VXB https://t.co/p…
RT @sakumad2003: 観光地図であれば松茸山でしょうね。こちらの地図と同様かと。面白いですねぇ。 https://t.co/Xa6J7Ts6CB @wata909 @dambiyori

122 0 0 0 童貞の機関車

RT @senji11: @matuda 国会図書館に行けば読めるようです。 https://t.co/B4J43M4BmZ  電子化してくんないかなー。
RT @ktgis: なかなか面白い。広重の時代から大正時代まではそれほど離れてないんだな。国立国会図書館デジタルコレクション「東海道 : 広重画五拾三次現状写真対照 」 https://t.co/KaojoljkK9

6 0 0 0 OA 治水摠論

地図ナイトで取り上げた、明治時代の河川技術者のバイブルだったらしいファンドールンの「治水総論」、国会図書館デジタルアーカイブで読めます。https://t.co/opls08s4UA
RT @naota344: “CiNii 論文 -  きのこに関する嗜好調査(2001年千葉県内調査) : 女子学生と同居する家事担当者の場合” https://t.co/MzpXFZmcmk
RT @rekinavi: 先日の大河で、チーム徳川をずっこけさせていた地震の正体です >【資料】J-STAGEに、寒川旭氏の論文「天正地震の地震考古学」(活断層研究2011(35) 2011)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/0U2nK…
RT @Yomo_Kodan: https://t.co/tlhlypjpQY 朝鮮総督府調査資料、第25集「民間信仰第一部 朝鮮の鬼神」に紹介されている朝鮮の御札(呪符)の実例の数々も面白い。 https://t.co/TSSPejWGWC
山本熊太郎 著「新地理模型の作り方」https://t.co/17oM0ZLKMM
RT @ogugeo: 今日の #ブラタモリ に出てきた沼田市の河岸段丘は、典型的な段丘の例として教科書等に出てくるが、形成過程は典型的ではない。火山活動で生じた川の堰き止めという局所的な現象により広い平坦地ができ、それが川で削られたという経緯がある。論文 https://t.…

225 0 0 0 OA 飛行官能

“近代デジタルライブラリー - 飛行官能” https://t.co/O6GAsc8sbd
RT @call_me_nots: おいやめろ / “CiNii 論文 -  マイクロブログの投稿時間に着目したユーザの職業推定に関する研究” http://t.co/t73536RGtJ
RT @EkikaraManhole: こんなのもあった「観光地スタンプ巡り」(昭和10年、兵庫県観光協会) http://t.co/DXoeFBVBw2

16 0 0 0 OA 朝日年鑑

RT @EkikaraManhole: 戦前の駅スタンプがたくさん載ってる  「最新日本名所案内」(昭和9年、朝日新聞社)http://t.co/lV00yw1LCt http://t.co/d3mJjh6bST
RT @hisamichi: 「私宅監置と日本の精神医療史」展 早稲田の小野梓記念館6月16~20日まで 座敷牢、親族身内の困った人を閉じ込めちゃう私宅監置の実態は、呉秀三本が写真豊富で詳しい 近デジで読める http://t.co/xjlcGptasJ http://t.co…
RT @ukenta: KAKEN - 物理的特性からみたイカ肉の鮮度を保つ殺し方と保存温度(14580171) https://t.co/bTi8zfcNNE
RT @todesking: どういうことだよ…… http://t.co/jPtQ9NMjdH
“ノートゲルト学事始め : 券面に描かれた絵画に見るドイツ国民の悲哀 - 大妻女子大学学術情報リポジトリ” http://t.co/PGGR1y8MxB

184 0 0 0 OA 学士の陰謀

RT @nagathuki: さっきRTした「学士の陰謀」まさかの近デジで全文掲載w!http://t.co/mzg8fFFgaQ @sktmzi せんせいに教えて貰った!ゴシップ感満載目次から気になる人は読もうw! https://t.co/wFgkUa6igS http:/…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 災害復旧--ボタン一つで砂防ダムを築く (特集 土木技術の10年後--構造物や自然の「再生」が新たな技術革新の芽に) -- (シミュレーションストーリー),2004 http://t.co/Q2BLnNEeJK
RT @usa_hakase: ちなみに桜島大正噴火(プリニー式噴火)の噴煙高度は、山科(1999)によれば1万8000mに達したらしい。http://t.co/NnhkATEKDB
“CiNii 論文 -  実体を持つプログラム言語「アルゴブロック」 : 思考と共同作業の道具として” http://t.co/SFeBTJ55Cq
RT @myrmecoleon: 昭和25年に中学校の学校生活について書かれた本。生徒会・校内放送・運動会・修学旅行・文化祭・学校選挙とかはこの頃すでにあるんだなあ。 / “近代デジタルライブラリー - 明かるい学校生活 : 生徒会のもち方” http://t.co/IUbFp…
RT @ogugeo: 東大生産研の公開講演会で行った発表「水が作った地形・地層から過去の水を復元する」の記録が出版されました。http://t.co/RnuXWbilDW 文章のみなのでスライドのpdfを公開しました。http://t.co/kWWLmThuf8 興味の ...
“台風通過時における日本列島の降水分布と大雨発生頻度に関する月別の特徴” http://t.co/eAVAAri6
観光資源としてのコンテンツを考える : 情報社会における旅行行動の諸相から (CATS叢書 ; 第7号) http://t.co/331MTbGg
“CiNii 論文 -  花崗岩類分布域における古来のたたら製鉄と斜面崩壊” http://t.co/FeGpIOvQ

13 0 0 0 OA 日本歓楽郷案内

RT @mechapanda: “近代デジタルライブラリー - 日本歓楽郷案内” http://t.co/Zt85Xy6l

お気に入り一覧(最新100件)

@dambiyori ぱっと探して出てきた論文によると、あの場所では、生物による働きもあるが、メインは無機的沈殿という結論になっています。 https://t.co/C7WMlDNrtX
松井圭介(1993)「日本における宗教地理学の展開」 https://t.co/pRYykoSJe3 すごいなこの論文…。宗教地理学の教科書といってもいいんじゃないか。しかも書いたのが院生っていうのにもびっくり。すげぇ。
CiNii 論文 -  皇居におけるタヌキの食性とその季節変動 https://t.co/WXWY9IB6aQ #CiNii >明仁 Akihito 御所 The Imperial Residence
Nスペ「古代史ミステリー 「御柱」 ~最後の“縄文王国”の謎~」を見て、御柱祭についてきちんと知りたくなった人は、怪しい本よりまず石川俊介さんの「諏訪大社御柱祭の文化人類学的研究」を読むことをお勧めします(PDF注意)。https://t.co/Cl0DhCheP1
そういえば国立国会図書館デジタルコレクションに、『真田幸村諸国漫遊記』という、幸村が水戸黄門のように全国をめぐる明治時代のなかなか不思議な小説が有ります。結構面白いですw https://t.co/2jw93E9VXB https://t.co/pDREoIlMn2
観光地図であれば松茸山でしょうね。こちらの地図と同様かと。面白いですねぇ。 https://t.co/Xa6J7Ts6CB @wata909 @dambiyori
なかなか面白い。広重の時代から大正時代まではそれほど離れてないんだな。国立国会図書館デジタルコレクション「東海道 : 広重画五拾三次現状写真対照 」 https://t.co/KaojoljkK9
先日の大河で、チーム徳川をずっこけさせていた地震の正体です >【資料】J-STAGEに、寒川旭氏の論文「天正地震の地震考古学」(活断層研究2011(35) 2011)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/0U2nKLFSWa
今日の #ブラタモリ に出てきた沼田市の河岸段丘は、典型的な段丘の例として教科書等に出てくるが、形成過程は典型的ではない。火山活動で生じた川の堰き止めという局所的な現象により広い平坦地ができ、それが川で削られたという経緯がある。論文 https://t.co/OEHWoL2Bfo
こんなのもあった「観光地スタンプ巡り」(昭和10年、兵庫県観光協会) http://t.co/DXoeFBVBw2

16 0 0 0 OA 朝日年鑑

戦前の駅スタンプがたくさん載ってる  「最新日本名所案内」(昭和9年、朝日新聞社)http://t.co/lV00yw1LCt http://t.co/d3mJjh6bST
「私宅監置と日本の精神医療史」展 早稲田の小野梓記念館6月16~20日まで 座敷牢、親族身内の困った人を閉じ込めちゃう私宅監置の実態は、呉秀三本が写真豊富で詳しい 近デジで読める http://t.co/xjlcGptasJ http://t.co/EKZT9kDEOF
おいやめろ / “CiNii 論文 -  マイクロブログの投稿時間に着目したユーザの職業推定に関する研究” http://t.co/t73536RGtJ
東大生産研の公開講演会で行った発表「水が作った地形・地層から過去の水を復元する」の記録が出版されました。http://t.co/RnuXWbilDW 文章のみなのでスライドのpdfを公開しました。http://t.co/kWWLmThuf8 興味のある方は合わせてご覧下さい。

13 0 0 0 OA 日本歓楽郷案内

“近代デジタルライブラリー - 日本歓楽郷案内” http://t.co/Zt85Xy6l

フォロー(3775ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 気象レーダーと電子計算機との結合により洪水予報や大雨警報を出す話(菅原 正巳),1969 https://t.co/4Y3vsEjF8a
RT @matsumotory: 我々の新しい研究報告が公開されました / “高集積マルチテナントWebサーバの大規模証明書管理と実運用上の評価 情報処理学会 研究報告” https://t.co/XeCmiManXQ
RT @takuya870625: 専門的な文書になりますが、鋼製橋脚の疲労亀裂に関する調査結果。簡単に言うとほぼ全て設計図面を無視した欠陥工事だったということになる模様。 https://t.co/X1WmMXo1aJ

1 1 1 0 OA 広島市報

第三セクターなどの経営が破綻状態になったりってのも、経営でのヘマ以前に、そもそも、"経営が成り立つことを前提とした資料を行政主導で作る"ことで事業開始を決定したりみたいな、恣意性がなかったかの検討が大事っぽい。公正な比較が必要。 https://t.co/BDLnRwJRhK
これは余談だけど 発ガン物質だと指摘している研究者もいるよ。 https://t.co/Oy8GHwXEil
RT @yokogawa12: 休眠する種子などにも寿命があるので、一度消えても復活する「必殺技」も万能ではありませんよという論文のリンクです。地上部から消えてしまってから40-50年程度経過した水草は、休眠している種子などから再生することが難しいとのこと。 https://…
RT @itangiku: 先住民族の権利が十分に認められていない国においては、森林認証制度(FSC)の導入によって先住民族の権利がむしろ制限されることがある。例えばこれ。 https://t.co/ZbVOVKekRc
RT @works014: この文書そのものが読み難いという皮肉… / “2F3-1 高精細LCD上の明朝体フォントの読みやすさと好ましさ” https://t.co/4x7CfLztdY
RT @FanTaiyo: @puyotaroh @level_7g @kaorurmpom 人口増に影響を与えているのは新幹線よりも高速道路だったという可能性もありますけどね。(長野よりも松本の方が高速道路整備は早かった) 高速道路と人口増減を研究した論文の例 https:…
加藤政洋「盛り場『千日前』の系譜」 https://t.co/ZGRfxYCIV3
ちなみに、水野年方の下絵は一部デジタル化・インターネット公開されているけど( https://t.co/UbQytDQXkt 等)今回展示されるのは、リストを見る限り、デジタル化されていないものの模様。ご注意。>NDL挿絵の世界展 https://t.co/FHfdfXqVcl
RT @FanTaiyo: @puyotaroh @level_7g @kaorurmpom 人口増に影響を与えているのは新幹線よりも高速道路だったという可能性もありますけどね。(長野よりも松本の方が高速道路整備は早かった) 高速道路と人口増減を研究した論文の例 https:…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @FanTaiyo: @puyotaroh @level_7g @kaorurmpom 人口増に影響を与えているのは新幹線よりも高速道路だったという可能性もありますけどね。(長野よりも松本の方が高速道路整備は早かった) 高速道路と人口増減を研究した論文の例 https:…
@puyotaroh @level_7g @kaorurmpom 人口増に影響を与えているのは新幹線よりも高速道路だったという可能性もありますけどね。(長野よりも松本の方が高速道路整備は早かった) 高速道路と人口増減を研究した論… https://t.co/QKNpnxv8Xf
RT @KznNews: 最新研究【火山と機械工学】日本機械学会誌 山田, 研究事例2:機械工学と火山学の融合から「火山防災工学」を考える https://t.co/gwa2ZGck3t
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
防災地震ウェブで表示される防災科研Hi-netの情報のネタ論文。ときどき読み返さないと忘れてしまう(覚える気がないのか俺) 松村:高精度即時震源パラメータ解析システム (AQUA)の開発 https://t.co/5O6XDkCQ78
RT @huscap: 吉澤先生、イグ・ノーベル賞受賞おめでとうございます!トリカエチャタテ帽(?)はすかっぷちゃんも嬉しそうです。【担当K】 該当論文はコチラ:https://t.co/Xa33tnAbsh HUSCAPにもあります:https://t.co/0HjIni4n…
RT @chiri_joshi: 放送内では迷いやすい街として渋谷、四ツ谷、神谷町が挙がりました。これら地名に共通するのは”谷”、高低差が多い地域なのかなと推測できます
RT @chiri_joshi: 放送内では迷いやすい街として渋谷、四ツ谷、神谷町が挙がりました。これら地名に共通するのは”谷”、高低差が多い地域なのかなと推測できます
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…

49 26 13 0 OA 国産機械図集

RT @Tensyofleet: 国立国会図書館デジタルコレクション「国産機械図集」より、700馬力舶用焼玉機関(コマ番50/169)。焼玉機関と言えば戦標船2E型の一部に用いられた380馬力が有名だが、こちらはほぼ倍の出力。凸型のピストン形状が確かに焼玉機関。 https:/…

49 26 13 0 OA 国産機械図集

RT @Tensyofleet: 国立国会図書館デジタルコレクション「国産機械図集」より、700馬力舶用焼玉機関(コマ番50/169)。焼玉機関と言えば戦標船2E型の一部に用いられた380馬力が有名だが、こちらはほぼ倍の出力。凸型のピストン形状が確かに焼玉機関。 https:/…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @chiri_joshi: 放送内では迷いやすい街として渋谷、四ツ谷、神谷町が挙がりました。これら地名に共通するのは”谷”、高低差が多い地域なのかなと推測できます
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
(承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s… https://t.co/QAnk4zJ8O1
(承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s… https://t.co/QAnk4zJ8O1
詳しい解説はpp.848-849「地形学からみたジオダイバーシティ」にて https://t.co/pQetnXmOG4
【地理学評論掲載論文】横山貴史 2011.北海道函館市南茅部におけるコンブ養殖業の地域差,地理学評論84A,421-441.https://t.co/VmS0nB5ZPs
【地理学評論掲載論文】小泉 諒・西山弘泰・久保倫子・久木元美琴・川口太郎 2011.東京都心湾岸部における住宅取得の新たな展開-江東区豊洲地区の超高層マンションを事例として-,地理学評論84A,592-609.https://t.co/WPz6gv7PYV
【地理学評論掲載論文】高阪宏行 2011.タウンページデータベースを利用した商業集積地の設定と規模・機能構成・分布の分析-東京都を事例として-,地理学評論84A,572-591.https://t.co/lxMKWWgrkN
【地理学評論掲載論文】根元裕樹・中山大地・松山 洋 2011.洪水氾濫シミュレーションを用いた信玄堤の治水能力の再評価-御勅使川沿いの治水施設群に着目して-,地理学評論84A,553-571.https://t.co/9roJBs48Vr
【地理学評論掲載論文】瀬戸芳一・高橋日出男 2011.地表面粗度による観測風の補正手法を用いた関東平野における夏季晴天日の局地風循環の把握,地理学評論84A,529-552.https://t.co/pJy4tfCADN
RT @clear_wt: 放射線測定から見た復興 小豆川 勝見 学術の動向 Vol. 22 (2017) No. 4 p. 4_40-4_43 https://t.co/ENVkjrSCgc
RT @fukuokatype05: 宮本 悟「北朝鮮における政軍関係 なぜ北朝鮮の軍人はクーデターを起こさなかったのか?」日本政治学会 年報政治学 https://t.co/WavcjSYKzs 北朝鮮政軍関係分析に付随して、金日成一強体制確立(1970年代末)に至るまでの北…
RT @ogawa_tter: "深層ニューラルネットの積分表現理論"、園田 翔、博士論文、2017年2月、早稲田大学 https://t.co/MCIyuOs36X 「深層ニューラルネットの中で何が起きているのか,なぜ深層にした方が良いのかという問題に対して」 https:/…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 島原実録物から見る「天草四郎」美少年像の成立(陳 其松),2011 https://t.co/kvUW3RvVdy
RT @ogawa_tter: "深層ニューラルネットの積分表現理論"、園田 翔、博士論文、2017年2月、早稲田大学 https://t.co/MCIyuOs36X 「深層ニューラルネットの中で何が起きているのか,なぜ深層にした方が良いのかという問題に対して」 https:/…

6 6 6 0 OA 私と情報処理

ほんとだpermalink見落としました RT @ttmtko: parmalink は https://t.co/BrLezWeH8j ですね。(短縮されたら同じ長さになりますが。) QT @h_okumura: お急ぎのかたは https://t.co/Y3IWiMyhy0
RT @huscap: 吉澤先生、イグ・ノーベル賞受賞おめでとうございます!トリカエチャタテ帽(?)はすかっぷちゃんも嬉しそうです。【担当K】 該当論文はコチラ:https://t.co/Xa33tnAbsh HUSCAPにもあります:https://t.co/0HjIni4n…

6 6 6 0 OA 私と情報処理

お急ぎのかたは https://t.co/Y3IWiMyhy0 からダウンロードできます。無料だけれど要登録?
そうか、きのこ学とか担当されてるのか、岡田さん。こんなこともされている。https://t.co/Ybn4sxDlMC

フォロワー(3044ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @matsumotory: 我々の新しい研究報告が公開されました / “高集積マルチテナントWebサーバの大規模証明書管理と実運用上の評価 情報処理学会 研究報告” https://t.co/XeCmiManXQ
RT @takuya870625: 専門的な文書になりますが、鋼製橋脚の疲労亀裂に関する調査結果。簡単に言うとほぼ全て設計図面を無視した欠陥工事だったということになる模様。 https://t.co/X1WmMXo1aJ

1 1 1 0 OA 広島市報

第三セクターなどの経営が破綻状態になったりってのも、経営でのヘマ以前に、そもそも、"経営が成り立つことを前提とした資料を行政主導で作る"ことで事業開始を決定したりみたいな、恣意性がなかったかの検討が大事っぽい。公正な比較が必要。 https://t.co/BDLnRwJRhK
これは余談だけど 発ガン物質だと指摘している研究者もいるよ。 https://t.co/Oy8GHwXEil
RT @yokogawa12: 休眠する種子などにも寿命があるので、一度消えても復活する「必殺技」も万能ではありませんよという論文のリンクです。地上部から消えてしまってから40-50年程度経過した水草は、休眠している種子などから再生することが難しいとのこと。 https://…
RT @itangiku: 先住民族の権利が十分に認められていない国においては、森林認証制度(FSC)の導入によって先住民族の権利がむしろ制限されることがある。例えばこれ。 https://t.co/ZbVOVKekRc
RT @FanTaiyo: @puyotaroh @level_7g @kaorurmpom 人口増に影響を与えているのは新幹線よりも高速道路だったという可能性もありますけどね。(長野よりも松本の方が高速道路整備は早かった) 高速道路と人口増減を研究した論文の例 https:…
加藤政洋「盛り場『千日前』の系譜」 https://t.co/ZGRfxYCIV3
RT @FanTaiyo: @puyotaroh @level_7g @kaorurmpom 人口増に影響を与えているのは新幹線よりも高速道路だったという可能性もありますけどね。(長野よりも松本の方が高速道路整備は早かった) 高速道路と人口増減を研究した論文の例 https:…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @chiri_joshi: 放送内では迷いやすい街として渋谷、四ツ谷、神谷町が挙がりました。これら地名に共通するのは”谷”、高低差が多い地域なのかなと推測できます
RT @chiri_joshi: 放送内では迷いやすい街として渋谷、四ツ谷、神谷町が挙がりました。これら地名に共通するのは”谷”、高低差が多い地域なのかなと推測できます
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…

49 26 13 0 OA 国産機械図集

RT @Tensyofleet: 国立国会図書館デジタルコレクション「国産機械図集」より、700馬力舶用焼玉機関(コマ番50/169)。焼玉機関と言えば戦標船2E型の一部に用いられた380馬力が有名だが、こちらはほぼ倍の出力。凸型のピストン形状が確かに焼玉機関。 https:/…

49 26 13 0 OA 国産機械図集

RT @Tensyofleet: 国立国会図書館デジタルコレクション「国産機械図集」より、700馬力舶用焼玉機関(コマ番50/169)。焼玉機関と言えば戦標船2E型の一部に用いられた380馬力が有名だが、こちらはほぼ倍の出力。凸型のピストン形状が確かに焼玉機関。 https:/…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @chiri_joshi: 放送内では迷いやすい街として渋谷、四ツ谷、神谷町が挙がりました。これら地名に共通するのは”谷”、高低差が多い地域なのかなと推測できます
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
【地理学評論掲載論文】横山貴史 2011.北海道函館市南茅部におけるコンブ養殖業の地域差,地理学評論84A,421-441.https://t.co/VmS0nB5ZPs
【地理学評論掲載論文】小泉 諒・西山弘泰・久保倫子・久木元美琴・川口太郎 2011.東京都心湾岸部における住宅取得の新たな展開-江東区豊洲地区の超高層マンションを事例として-,地理学評論84A,592-609.https://t.co/WPz6gv7PYV
【地理学評論掲載論文】高阪宏行 2011.タウンページデータベースを利用した商業集積地の設定と規模・機能構成・分布の分析-東京都を事例として-,地理学評論84A,572-591.https://t.co/lxMKWWgrkN
【地理学評論掲載論文】根元裕樹・中山大地・松山 洋 2011.洪水氾濫シミュレーションを用いた信玄堤の治水能力の再評価-御勅使川沿いの治水施設群に着目して-,地理学評論84A,553-571.https://t.co/9roJBs48Vr
【地理学評論掲載論文】瀬戸芳一・高橋日出男 2011.地表面粗度による観測風の補正手法を用いた関東平野における夏季晴天日の局地風循環の把握,地理学評論84A,529-552.https://t.co/pJy4tfCADN
RT @ogawa_tter: "深層ニューラルネットの積分表現理論"、園田 翔、博士論文、2017年2月、早稲田大学 https://t.co/MCIyuOs36X 「深層ニューラルネットの中で何が起きているのか,なぜ深層にした方が良いのかという問題に対して」 https:/…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 島原実録物から見る「天草四郎」美少年像の成立(陳 其松),2011 https://t.co/kvUW3RvVdy
RT @ogawa_tter: "深層ニューラルネットの積分表現理論"、園田 翔、博士論文、2017年2月、早稲田大学 https://t.co/MCIyuOs36X 「深層ニューラルネットの中で何が起きているのか,なぜ深層にした方が良いのかという問題に対して」 https:/…
そうか、きのこ学とか担当されてるのか、岡田さん。こんなこともされている。https://t.co/Ybn4sxDlMC