著者
増岡 彰 柴田 大樹
出版者
筑波大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2014-04-01

代数群はスーパー代数群に一般化される。この一般化が重要なのは、標数零の代数閉体上、リジッドなアーベル対称テンソル圏が必ずスーパー代数群の表現圏として実現される(Deligne)からである。この研究の目的は、ホップ代数の方法を用いてスーパー代数群の研究を行なうことである。可換環上のスーパー代数群とハリッシュ-チャンドラ対の間の圏同値を証明した。応用として、シュヴァレー・スーパー群を、有理整数環上再構成した。体上のスーパー代数群に関して、(i) 可解性、(ii) ベキ零性等の性質を研究した。結果を応用して、研究代表者と天野が与えた一般化ピカール・ヴェシオ理論を、スーパー化できると期待している。
著者
柴田大輔編
出版者
聖公会出版
巻号頁・発行日
2014
著者
柴田 大輔
出版者
東京大学文学部宗教学研究室
雑誌
東京大学宗教学年報 (ISSN:02896400)
巻号頁・発行日
no.16, pp.73-95, 1998

Die Mischwesengruppe, die im Enuma elis als Geschofe der Tiamat gegen Marduk kampft, tritt auch in einigen anderen Kontexten auf, die sich besonders auf Marduk beziehen. Ihre Statuen bef anden sich zum Beispiel vor Esagila, dem Tempel Marduks in Babylon. Die Mischwesengruppe wurde im 12. Jh. v. Chr. unter der Regierung von Nabukudurri-usur I. wahrend der Konstruktion der Marduktheologie, die auf den elf Trophaen Ninurtas aus dem Ninurtamythos basierte, geschaffen. Die Marduktheologie war eine ideologische Kulturkonstruktion, um die neue politische Verfassung von Nabu-kuduri - usur I. zu rechtfertigen. Sie basierte auf dem Enuma elis, welches seinerseits vomNinurtamythos abgeleitet worden war, um Marduk die zunachst die Stellung Ninurtas, des Kronprinzen der Gotter, der die gottliche Ordnung wiederhergestellt hat, und dann die Stellung Enlils, des Konigs der Gotter, zu geben. Weil Ninurta fur seinen Sieg von den anderen Gottern zu ihrem Konig erhoben wurde und seine Trophaen seinen Sieg symbolisieren, ist die Mischwesengruppe ein strategisches Mittel, Marduk mit Ninurta gleichzustellen. Spater wurde die Mischwesengruppe zunachst von Sanherib fur religiose Reform, dann zur Konstruktion der spaten Theologie Nabus, um Assur oder Nabu mit Marduk gleichzustellen, und schlieslich bei der Schaffung des Rituals der Schutzdamonenfiguren, um es unter Marduks Befugnis zu stellen, benutzt. Kurzum war sie ein strategisches Mittel, Marduk mit anderen Gottern zu identifizieren und neue Elemente in die Marduktheologie einzufugen.
著者
柴田 大輔
出版者
東京大学文学部宗教学研究室
雑誌
東京大学宗教学年報 (ISSN:2896400)
巻号頁・発行日
vol.16, pp.73-95, 1999-03-31

Die Mischwesengruppe, die im Enuma elis als Geschofe der Tiamat gegen Marduk kampft, tritt auch in einigen anderen Kontexten auf, die sich besonders auf Marduk beziehen. Ihre Statuen bef anden sich zum Beispiel vor Esagila, dem Tempel Marduks in Babylon. Die Mischwesengruppe wurde im 12. Jh. v. Chr. unter der Regierung von Nabukudurri-usur I. wahrend der Konstruktion der Marduktheologie, die auf den elf Trophaen Ninurtas aus dem Ninurtamythos basierte, geschaffen. Die Marduktheologie war eine ideologische Kulturkonstruktion, um die neue politische Verfassung von Nabu-kuduri - usur I. zu rechtfertigen. Sie basierte auf dem Enuma elis, welches seinerseits vomNinurtamythos abgeleitet worden war, um Marduk die zunachst die Stellung Ninurtas, des Kronprinzen der Gotter, der die gottliche Ordnung wiederhergestellt hat, und dann die Stellung Enlils, des Konigs der Gotter, zu geben. Weil Ninurta fur seinen Sieg von den anderen Gottern zu ihrem Konig erhoben wurde und seine Trophaen seinen Sieg symbolisieren, ist die Mischwesengruppe ein strategisches Mittel, Marduk mit Ninurta gleichzustellen. Spater wurde die Mischwesengruppe zunachst von Sanherib fur religiose Reform, dann zur Konstruktion der spaten Theologie Nabus, um Assur oder Nabu mit Marduk gleichzustellen, und schlieslich bei der Schaffung des Rituals der Schutzdamonenfiguren, um es unter Marduks Befugnis zu stellen, benutzt. Kurzum war sie ein strategisches Mittel, Marduk mit anderen Gottern zu identifizieren und neue Elemente in die Marduktheologie einzufugen.
著者
柴田 大輔 芳鐘 冬樹
出版者
情報知識学会
雑誌
情報知識学会誌 (ISSN:09171436)
巻号頁・発行日
vol.26, no.3, pp.277-296, 2016-09-30 (Released:2017-01-06)
参考文献数
52
被引用文献数
1

本研究では,研究評価指標や情報検索技術の改善に利用される学術論文の引用情報について概念的な整理を試みた.第一段階として,引用をタイプ別に分類した様々な先行研究から分類スキーマを抽出し,その観点を(1)意義的観点,(2)評価的観点,(3)機能的観点,(4)形態的観点,(5)位置的観点,(6)社会的観点の6観点に分けて再定義した.第二段階として,第一段階で得られた各観点について尺度水準,推奨される分類スキーマ,活用時の注意点を考察した.従来複合的な観点から構築されていた区分を分離し,異なる観点として位置づけられてきた区分を統合することで,引用分類についての基礎的なスキーマを作成できた.
著者
柴田 大輔
出版者
日本宗教学会
雑誌
宗教研究 (ISSN:03873293)
巻号頁・発行日
vol.89, no.2, pp.269-295, 2015-09-30

現在のイラク北部を中心に繁栄した古代の領域国家アッシリアの王宮と国家神アッシュルの神殿は異なる組織によって運営されたが、両者は統治において一種の共犯関係にあった。王宮を中心とする行政機構によって統治された国土は、理念上国家神の所有とされた。その国家神は神殿において祀られていた(「扶養」されていた)が、この神の祭祀に必要な物資は、規定供物の制度を通じ、アッシリアを構成する全行政州によって共同で賄われた。さらに、規定供物の制度は、理念上で国家神の祭司を兼任した王の直属の人員によって統括された可能性が高い。
著者
柴田 大輔
出版者
一般社団法人 日本オリエント学会
雑誌
オリエント (ISSN:00305219)
巻号頁・発行日
vol.49, no.2, pp.22-39, 2006 (Released:2010-03-12)

The explanation of names of deities played a significant role in the theology of ancient Mesopotamia. The most important example of such an explanation is Enuma eliš VI 121-VII 144, where Marduk is invested with his fifty different names, alongside “explanatory epithets” which interpret each of the names. The significance given to the names and explanatory epithets in the ancient theology can be seen, above all, in commentaries to Enuma eliš.The present article deals with a hitherto overlooked example of such explanatory epithets of Marduk, mentioned in the Sumerian Šuilla-prayer ur-sag úru ur4-ur4, “Hero, Devastating Flood”. In the litany of this prayer Marduk is addressed with names which belong to the fifty names in Enuma eliš. Each name is followed by an explanatory epithet. Based on comparable evidence from explanatory epithets in other texts, the way in which these epithets stem from the names of Marduk will be analyzed. In light of the editorial history of the prayer and the purpose of its recitation in cult, the reason for the mention of the names and epithets of Marduk in the prayer will be further investigated.
著者
宮下 知也 横田 正 木戸 康嗣 岡村 拓哉 飯島 陽子 鈴木 英之 柴田 大輔 衛藤 英男
出版者
Society for Science and Technology
雑誌
科学・技術研究 (ISSN:21864942)
巻号頁・発行日
vol.4, no.1, pp.95-100, 2015

我々は緑茶を亜臨界水抽出130℃で処理することで高濃度カテキン含有でありながら苦渋味を抑制した緑茶飲料になることを報告した。本報ではこの緑茶抽出物の有用成分や香気成分および水色について検証を行った。その結果、従来の熱水抽出よりも有用成分(アスコルビン酸、クエン酸、リンゴ酸、コハク酸、ケルセチン、サポニン、水溶性食物繊維)が高濃度で抽出され、機能性を有する緑茶飲料であることが分かった。また、テアニンから生成される(S)-3-アミノ-1-エチルグルタルイミド(環状テアニン)はACE阻害活性があり、緑茶の中でも玉露や碾茶に多いことも明らかにした。さらに、緑茶特有の香気成分および水色に関連するクロロフィルの増加も確認した。従って、亜臨界水抽出は従来よりも優れた香気と水色を示し、苦渋味抑制だけでなく新たな機能性を有する緑茶飲料の製造方法としての可能性を示唆した。
著者
柴田 大輔
出版者
日本宗教学会
雑誌
宗教研究 (ISSN:03873293)
巻号頁・発行日
vol.89, no.2, pp.269-295, 2015-09-30 (Released:2017-07-14)

現在のイラク北部を中心に繁栄した古代の領域国家アッシリアの王宮と国家神アッシュルの神殿は異なる組織によって運営されたが、両者は統治において一種の共犯関係にあった。王宮を中心とする行政機構によって統治された国土は、理念上国家神の所有とされた。その国家神は神殿において祀られていた(「扶養」されていた)が、この神の祭祀に必要な物資は、規定供物の制度を通じ、アッシリアを構成する全行政州によって共同で賄われた。さらに、規定供物の制度は、理念上で国家神の祭司を兼任した王の直属の人員によって統括された可能性が高い。
著者
柴田 大輔 芳鐘 冬樹
出版者
情報知識学会
雑誌
情報知識学会誌 (ISSN:09171436)
巻号頁・発行日
vol.26, no.3, pp.277-296, 2016
被引用文献数
1

本研究では,研究評価指標や情報検索技術の改善に利用される学術論文の引用情報について概念的な整理を試みた.第一段階として,引用をタイプ別に分類した様々な先行研究から分類スキーマを抽出し,その観点を(1)意義的観点,(2)評価的観点,(3)機能的観点,(4)形態的観点,(5)位置的観点,(6)社会的観点の6観点に分けて再定義した.第二段階として,第一段階で得られた各観点について尺度水準,推奨される分類スキーマ,活用時の注意点を考察した.従来複合的な観点から構築されていた区分を分離し,異なる観点として位置づけられてきた区分を統合することで,引用分類についての基礎的なスキーマを作成できた.
著者
大ヶ瀬 浩史 武智 誠 大塚 壽 柴田 大法 菊池 幸 土手 健太郎
出版者
Japanese Society of Environmental Infections
雑誌
環境感染 (ISSN:09183337)
巻号頁・発行日
vol.10, no.2, pp.31-35, 1995-10-20 (Released:2010-07-21)
参考文献数
11
被引用文献数
1

医療従事者 (看護婦) 10人について, 速乾性擦式アルコール手指消毒剤を用いた5つの手指消毒方法を比較検討した. すなわち, 0.2% (w/v) 塩化ベンザルコニウム含有83% (v/v) エタノール製剤 (ウエルパス®) 3mlを手指にとり積極的に指先と指間を消毒する3ml推奨法, ウエルパス® 3mlを足踏み式ディスペンサーで噴霧式により手指にとり擦り込む日常行っている3ml噴霧法, ウエルパス®をハンディボトルにより1mを噴霧式で手指にとり擦り込む日常の1ml噴霧法, 0.2% (w/v) グルコン酸クロルヘキシジン含有83% (v/v) エタノール製剤 (ヒビスコール®) の専用電動噴霧消毒器 (1回3.2ml) より手指にとり擦り込む日常の自動噴霧法, 日本薬局方消毒用エタノール専用噴霧消毒器 (1回0.8~0.9ml) より手指にとり擦り込む日常のアルコール法の指先・指間の消毒効果を比較した.消毒後, 指先, 指間とも推奨法は他の方法と比較し生残菌数は低値を示し, 有意な差が認められた (Mann-Whitney U検定, p<0.01).さらに消毒後の菌数を各指で比較すると, 3ml噴霧法を除いて母指が最大で, 1ml噴霧法の母指と小指およびアルコール法の母指と示指および小指で有意の差があった (Mann-Whitney U検定, 各p<0.05およびp<0.01).以上より, アルコール手指消毒において十分な薬液量を使用し, 推奨法のように手指全体に薬液が行き渡るように注意を払い, 指先と指間を念入りにラビングする方法が有効であることが示唆された.
著者
柴田 大輔
出版者
一般社団法人 日本オリエント学会
雑誌
オリエント (ISSN:00305219)
巻号頁・発行日
vol.42, no.2, pp.95-111, 1999 (Released:2010-03-12)

Das weit bekannte Ersatzkönigsritual im alten Mesopotamien steht im engen Zusammenhang mit dem Ersatzritual, das der Beschwörer (ašipu) alltäglich durchgeführt hat. Das letztere Ersatzritual ist bisher nicht gründlich untersucht worden, während das Ersatzkönigsritual von mehreren Fachforschern aufgemerkt wurde. Im vorliegenden Aufsatz lege ich zuerst einen Abriß des Ersatzrituals vor, dann stelle ich die Problematik über das Ersatzritual zusammen.Im Kap. I werden die als “Ersatz” übersetzten akkadischen und sumerischen Wörter, puhu, (an) di/unanu, nigsagilû und níg-sag-íl analysiert. Im Kap. II werden die keilschrifttextlichen Materialien zum Ersatzritual, soweit mir bekannt ist, angeführt. Dabei fasse ich besonders ins Auge, was das große Ritual ist, in dem das Ersatzritual eingeordnet wird, und was als Ersatz vorbereitet wird. Im Kap. III werden die folgenden Verläufe des Ersatzrituals analysiert: 1) Der Kranke, für den das Ritual durchgeführt wird, wäscht sich die Hände über dem Ersatztier/-bild oder legt sich mit dem Ersatztier/-bild ins Bett. 2) Es wird vor Šamaš und/oder dem Ersatztier/-bild erklärt, daß gerade das Tier oder das Bild als Ersatz für den Kranken vorbereitet wird. 3) Das Ersatztier/-bild wird begraben oder in den Fluß hingeworfen. Im Kap. IV wird dann die Logik, die das Ersatzritual konstituiert, betrachtet. Zum Schluß im Kap. V werden die noch ungelöste Probleme über das Ersatzritual zusammengestelltf
著者
伊藤 孝行 柴田 大地 鈴木 祥太 山口 直子 西田 智裕 平石 健太郎 芳野 魁
出版者
人工知能学会
雑誌
2019年度 人工知能学会全国大会(第33回)
巻号頁・発行日
2019-04-08

オンライン上のクラウド(Crowd)スケールの議論の支援が次世代の民主主義プラットフォームとして注目を集めている.大規模な合意を形成できれば,これまでには不可能だった,大規模な人数による意思決定が可能になる.そこで,筆者らは複数の実フィールドでオンラインの議論支援システムCollagreeを開発し,幾つかの社会実験を行い有用性を確認している.ここでは,炎上を防ぎながら議論を適切にリードするために人間のファシリテータがオンライン議論をファシリテートした.課題は,規模が非常に大きいことから,人手でファシリテーションを行うのが困難な点である.オンラインで24時間休むことなく議論を管理することは非常に難しい.そこで本研究では,自動ファシリテーションエージェントを実装することで,大規模な人数の人たちの意見を効率的に収集し,合意を形成するシステムを実現する.評価として,名古屋市と協力して,名古屋市次期総合計画の中間案に対する市民の意見集約の場の一つとして,本システムを導入した.その結果,自動ファシリテーションエージェントは予想以上にうまく動作し,参加者からの投稿数が増加する傾向が見られた.
著者
柴田 大朗
出版者
日本計量生物学会
雑誌
計量生物学 (ISSN:09184430)
巻号頁・発行日
vol.27, no.Special_Issue, pp.S78-S87, 2006-09-30 (Released:2012-01-23)
参考文献数
15

In the development and regulatory review of pharmaceuticals, multiplicity is one of the important issues, and an adequate treatment of multiplicity is required by regulatory guidelines. Though the importance of statistically valid adjustment of multiplicity in drug development is nowadays well understood by practitioners, the more is required in the view of government agencies responsible for drug evaluation. To use the drug effectively and safely in clinical practice, not only the validity of the method itself, but also the validity of the formulation of clinical questions and the adequacy of the interpretation of results are required. In this article, two examples of new drug application review results, one by the US FDA and the other by the Japanese regulatory agency, are reviewed and discussed.
著者
川村 静児 中村 卓史 安東 正樹 坪野 公夫 沼田 健司 瀕戸 直樹 高橋 龍一 長野 重夫 石川 毅彦 植田 憲一 武者 満 細川 瑞彦 佐藤 孝 佐藤 修一 苔山 圭以子 我妻 一博 青柳 巧介 阿久津 智忠 浅田 秀樹 麻生 洋一 新井 宏二 新谷 昌人 井岡 邦仁 池上 健 石徹白 晃治 市耒 淨興 伊藤 洋介 井上 開輝 戎崎 俊一 江里口 良治 大石 奈緒子 大河 正志 大橋 正健 大原 謙一 奥冨 聡 鎌ヶ迫 将悟 河島 信樹 神田 展行 雁津 克彦 木内 建太 桐原 裕之 工藤 秀明 國森 裕生 黒田 和明 郡和 範 古在 由秀 小嶌 康史 小林 史歩 西條 統之 阪上 雅昭 阪田 紫帆里 佐合 紀親 佐々木 節 柴田 大 真貝 寿明 杉山 直 宗宮 健太郎 祖谷 元 高野 忠 高橋 忠幸 高橋 弘毅 高橋 竜太郎 田越 秀行 田代 寛之 田中 貴浩 谷口 敬介 樽家 篤史 千葉 剛 辻川 信二 常定 芳基 徳成 正雄 内藤 勲夫 中尾 憲一 中川 憲保 中野 寛之 中村 康二 西澤 篤志 丹羽 佳人 野沢 超越 橋本 樹明 端山 和大 原田 知広 疋田 渉 姫本 宣朗 平林 久 平松 尚志 福崎 美津広 藤本 眞克 二間瀬 敏史 前田 恵一 松原 英雄 水澤 広美 蓑 泰志 宮川 治 三代木 伸二 向山 信治 森澤 理之 森脇 成典 柳 哲文 山崎 利孝 山元 一広 横山 順一 吉田 至順 吉野 泰造
出版者
一般社団法人日本物理学会
雑誌
日本物理学会講演概要集 (ISSN:13428349)
巻号頁・発行日
vol.61, no.1, 2006-03-04