中村幸志 (@SecureJapan)

投稿一覧(最新100件)

RT @nekomenkaja: 「UFOと円了妖怪学(特別講演)」菊地章太2009-09-02 掲載雑誌名 『日本流体力学会年会講演論文集』2009 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/QruaK9KTve

293 288 0 0 OA 山陵志 2巻

RT @katsunomisanzai: 国会図書館デジタルコレクション『山陵志』より。 https://t.co/LGSou4QHVY 古墳はいいなあ。 https://t.co/FJSJyz4iR4
RT @r_tkhsh: RTしたシリアのドゥラ・エウロポス出土のローマ軍の馬鎧。関係する日本語文献として阪本浩「重装騎兵(カタフラクトゥス)とローマ人」『青山学院大学総合研究所人文学系研究センター研究叢書』14, 2000 があります。残念ながらリポジトリに本文はなし htt…
RT @Hatashirorz: さて、さて答えはどうなるでしょうか。馬の家畜化問題は、本当に二転三転して面白いです。 こんな論文もあります。「馬の家畜化を巡る研究動向」 https://t.co/Yi1Jf0ScES
RT @khargush1969: 鈴木淳一(2001)「スゥマローコフ『第一書簡詩-ロシア語について』翻訳と注釈」『文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要』54: 147-170. https://t.co/uZS9HD6vRY 18世紀前半に著された「ロシア文学の進むべき道…
RT @Buqadai: 安木新一郎 (2019-10) 「「森の民」に関する覚書 ─モンゴル帝国支配下のシベリア─」(『函館大学論究』第59輯第1号, pp. 11-32; https://t.co/8zYWSEvEkJ)モンゴル時代のシベリアの民について、ジョチ家、クビライ…
RT @khargush1969: 弘末雅士編(2013)『越境者の世界史 : 奴隷・移住者・混血者』春風社 https://t.co/y5BduiWiGt クリップしてなかった。中世奴隷制度研究の視点を得る上で非常に参考になる論集のよう。清水和裕先生が西アジアの女性奴隷の役割…
RT @uyum: 中島敦の「文字禍」に出てくるアッシリア関連の記述が何の本を典拠に書かれているのかを調べた論文。おもしろい。 https://t.co/lYqCOc6q35
RT @khargush1969: 布留川正博(1988-89)「15,6世紀ポルトガル王国における黒人奴隷制:近代奴隷制の歴史的原像(1)-(2)」『経済学論叢』40(2)-(3): 249-276, 598-620. https://t.co/qVCIbA9NZ8 http…
RT @khargush1969: 布留川正博(1988-89)「15,6世紀ポルトガル王国における黒人奴隷制:近代奴隷制の歴史的原像(1)-(2)」『経済学論叢』40(2)-(3): 249-276, 598-620. https://t.co/qVCIbA9NZ8 http…

9 0 0 0 線香の火

RT @orhodaorhoda: 増井先生は学生時代(年齢的に北伐前後)に、今でいうところのバックパッカー旅行で中国を旅しており、魯迅に会ったり、国民政府だったか軍閥だったかの政府の高官に面会したりしている。そういった話も授業でされたのであろうか。『線香の火』にそこらへんの話…

10 0 0 0 呴沫集

RT @orhodaorhoda: 私の祖母が戦前、東洋女学校で増井経夫先生から習ったとき、史記の話が面白かったらしいが、中国関係の雑談がさらに面白かったらしい。戦後、女学校の卒業生が増井先生を囲んで読書会をしており(祖母の同窓たちが中心)、その様子は『呴沫集』のいずれかの号に…
RT @00hTkUdlPp6YZKI: 日本の古文化層と双分制(岡正雄教授追悼) https://t.co/OlshEMBfme
RT @khargush1969: 中牧弘允(2008)「文明の「暦」史観 : 太陰暦、太陽暦、太陰太陽暦の相克と共存」梅棹忠夫監修・比較文明学会関西支部編『地球時代の文明学』京都通信社: 101-122. https://t.co/7IcHkZ7muU 暦の世界史,特に太陰太…
RT @dmatsui1217: 栗林均・确精扎布 『『元朝秘史』モンゴル語全単語・語尾索引』東北大学東北アジア研究センター, 2001. オンライン化を待ちに待っていた!https://t.co/9QsxDpvvWt
RT @HarutaSeiro: ↓RTs アッカド語文法を理解するにはオーメン・テキストが一番!という入門教科書。練習問題がそればっかり(^^;)。でも確かに分かりやすい。 /CiNii 図書 - An Akkadian grammar : a translation of…
RT @dokurohigh: 遠藤隆次については下記が詳しい https://t.co/dTcyxdjQjg

4 0 0 0 OA 別府市誌

RT @ma_tango: 40年以上前、別府で偶然会った、鳥居龍蔵の案内をした地元のおじさんというのは、この人なのだろうか。https://t.co/pOau9BSM2h なお、鳥居さんのドルメン、メンヒルはここで簡単に見ることができます。https://t.co/QExkO…
RT @khargush1969: Liddle, A.V. 2013: Coins of Jahangir: creations of a numismatist https://t.co/c0xekmNno0 内容もだが表紙に使われている細密画がシッカ(打刻型)による貨幣打…
RT @khargush1969: 家島彦一(2006)『海域から見た歴史 : インド洋と地中海を結ぶ交流史』名古屋大学出版会 https://t.co/PT7QrVOlii 第4部4章「インド洋を渡る馬の交易」 西アジアからインドへの馬の運び方(専用船や秣など)が具体的に明ら…
RT @Zhul_Qarnayn: 科研の「ユーラシア古代遊牧社会形成の比較考古学」 これの関連の研究で「キルギスとその周辺地域における遊牧社会の形成」というのも 研究成果報告書読んでみたいな https://t.co/ELaZmjIBkA
RT @khargush1969: https://t.co/iyGuySgo6X →イランのシリア内戦介入にどのような事情・戦略があったのか,最新の論考。スレイマーニーの役割も詳しい。オープンアクセス。 貫井万里(2019)「イランの対シリア政策:「防衛」か「拡張」か」『反グ…
「古代中央アジア文化の起源」堀晄, 金沢大学考古学紀要 29 2008 https://t.co/4KrcS0iIJ0
RT @khargush1969: Negmatov, Numan Negmatovich 1998: The Samanid State https://t.co/bwgP1M8zB9 サーマーン朝期ホラーサーン史の適切な先行研究を知らないのだが,ユネスコの中央アジア文明史(…
RT @khargush1969: 松原正毅・楊海英・小長谷有紀編(2005)『ユーラシア草原からのメッセージ:遊牧研究の最前線』平凡社 https://t.co/fNCETlxBIr これはユーラシア遊牧社会について重要な視点をとても易しく学べる論文が集まった凄い論集ですね。…
RT @khargush1969: Durand-Guédy, D. 2013: Turko-Mongol rulers, cities and city life https://t.co/FNDqthRD4T 今更だが,中世西アジアの遊牧政権と都市・定住社会というテーマに関…
RT @khargush1969: 林良一(1973)「オリエントにおけるリュトンの形式と用法について」『オリエント』16(1): 25-50. https://t.co/vqjEYSmtLb リュトンは本来灌奠の儀式の道具でオリエントでも同じく儀式用だったが杯としても用いられ…
RT @zhalghanay_02: 黒海岸東部方言についての80年代の研究…!! https://t.co/1XKcZTPl81
RT @3Loicera200: 出典:東京音楽大学リポジトリ 「アジアの発掘口琴チェックリスト(3) :薄板状の口琴(3)と湾曲状の口琴(1)」著者:直川 礼緒 https://t.co/rBRLvSXy4b ウコク高原にあるパジリク古墳群(紀元前3世紀前半頃)重要な遺跡を…
RT @dzurablk_kai: 『エチオピア南部デラシェにおける主食としての醸造酒パルショータ』と題する論文 https://t.co/7yzb4uAWJ0 本来であれば肉や魚から摂らなければならない必須アミノ酸を、とうもろこしやモロコシを発酵させて作る醸造酒のみによる食事…
RT @santetsuzoku: 小黒橋(富山市青柳新)から熊野川の下流方向を望む。下記の文献によると、水が得にくい扇状地の中でも熊野川沿いには中世の頃から人が入り、戦国期の土豪の館や寺社も多いという。続いては上熊野城に行ってみる。近世・近代における富山藩領の土地利用と治水に…
RT @khargush1969: 小山 皓一郎(2006)「トルコ共和国のユダヤ人コミュニティ:反ユダヤ的言説の諸局面」『21世紀アジア学会紀要』4: 1-12. https://t.co/raCpY62EhE トルコ共和国成立後に起きた反ユダヤ的事件を中心に,20世紀初頭の…
RT @khargush1969: 柿崎正樹(2006)「「トルコ国民」概念とユダヤ教徒 : トルコの反ユダヤ主義を中心に」『異文化コミュニケーション研究』18: 113-143. http://t.co/JRU1MgHjcs 汎トルコ主義、イスラーム主義双方の流れがトルコ国民…
RT @HarutaSeiro: 渡辺和子先生の「『ギルガメシュ叙事詩』の新文書―フンババの森と人間」『死生学年報2016 生と死に寄り添う』リトン、東洋英和のリポジトリにあるんだ(印刷直前の校正稿のよう)。これは必読。 https://t.co/V4ZWLGtfZE
RT @Yapon_bagsh: 民族学者鳥居龍蔵の妻鳥居きみ子のモンゴル探検中の詳細な記録(探検中の龍蔵の資料整理もきみ子がした)が国会図書館のデジタルコレクションで読める。民謡や楽器の記録もあり。 https://t.co/lmGOJF2GwI
RT @santetsuzoku: 浅間山噴火といえば江戸時代の天明噴火が起こったのも8月の初旬。噴火直後に利根川沿いを土砂災害が襲ったことはよく知られているが、噴火最高潮の時に火山灰災害も利根川周辺地域を襲っている。下総にも火山災害の歴史がある。https://t.co/Ny…
RT @Schlieffen_Plan: 函館駐剳独逸領事ハアバア氏遭難記 https://t.co/bVg3DdQfiU p.28に、犠牲者の甥のフリッツ・ハーバーが毒ガス開発にかかわった件もちゃんと書いてある。
RT @khargush1969: 小川英雄(1985)『古代オリエントの宗教』エルサレム宗教文化研究所 https://t.co/5EknndAObR 今更だが面白いのでは。新書だが知識列挙的ではなく,言わば宗教の誕生から古代末期までの変容の捉え方(預言者の登場,悪の概念の発…
RT @mom_gom: ↑の「天津北彊博物館に代表されし新石器時代の遺物」は文語文語した訳ですが、「天津北彊博物院の古生物學的並に考古學的事業」の方はもう少し読みやすいです!発掘調査の内容も興味深いんですがとにかく文中に出てくるシャルダン師のフレーズにオ、オオッ……てなります…
RT @Vitalize3K: 二階堂先生より教えていただいたことの受け売りなんですが、二郎神は祆教(ゾロアスター教)の影響を受けている可能性があり、仙人や童子ではなく眷属が犬なのもそれなら説明ができるよとおっしゃってました。 二階堂善弘(2017)「東アジアの伽藍神信仰」が…
RT @heero108: 永岑三千輝「第三帝国の膨張政策とユダヤ人迫害・強制移送 1938:最近の史料集による検証」『横浜市立大学論叢 社会科学系列』70巻2号(2019年)193-227頁(https://t.co/I7xixVS3Ur)読了。最新の史料集であるVEJ(ht…
RT @santetsuzoku: これも面白そうだぞ。 千葉県域の利根川水系における水塚及び屋敷林の文化的景観に関する研究 : 栄町、本埜村、印西市、我孫子市、柏市、白井市の水塚と屋敷林のタイプ分類、保存状態、所有者意識https://t.co/t0JMO4KWlx
RT @manju1635: 村上信明「清朝中期における旗人エリートの「旗人」意識と「中国化」 ──松筠著『百二老人語録』・『西招図略』の検討を通じて──」(『創価大学人文論集』31、2019年3月) 興味深い論文*˙︶˙*)ノ" 以下、オープンアクセス↓↓↓ https:…
RT @fujimicho: 青木さんのこれまでのお仕事は早稲田大学のリポジトリに公開されています。サロンでは、3Dで計測すれば何でもできる! というウェイな話ではなく、ワークフローと成果を冷静に見渡し、課題も指摘されています。私も見習いたい...orz #考古DS02 #考古…
RT @santetsuzoku: 「五十里湖大洪水」について文献を発見。空から見る日本の地すべり地形シリーズ-25 天和日光地震(1683年)による葛老山の地すべり地形 https://t.co/qbuYTtGMx2
RT @khargush1969: リンク貼り直し: 加藤恵司(2009)「同害報復の法思想」『聖学院大学論叢』22(1), 1-18. https://t.co/QY1RwmgTeI タリオ(同害報復)のシュメル、ヘブライ、ローマ、イスラーム法への展開を追う。この問題はまた近…

2 0 0 0 駒澤考古

RT @nolnolnol: 菊地大樹「中国古代家畜馬再考」 - 駒澤考古 42 https://t.co/umvm0wwxbU #CiNii
RT @khargush1969: 佐藤次高(1989)「ヌサイリー教徒の反乱:ジャバラ・1318年2月」『東洋学報』71(1・2): 115-139. https://t.co/S2qtIUpWIp 極めて久しぶりに読み直す。最後にヌサイリー教徒の殺害を肯定するイブン・タイミ…
RT @khargush1969: https://t.co/HPEb5WwtLa →Nobuaki Kondo 2018: Islamic Law and Society in Iran: A Social History of Qajar Tehran https://t.…
RT @khargush1969: Matthee, R. 2000: Prostitutes, Courtesans and Dancing Girls: Women Entertainers in Safavid Iran https://t.co/aCZV8L0ng9 サ…
RT @3beKochang: 落ち着いたら図書館でコピって読む。/CiNii 論文 -  和田みき子(2012)「1926年の『産めよ殖えよ』と1939年の『産めよ殖やせよ』 : 猪間驥一の調査研究は、なぜミスリードされるのか? 」『都市問題』103(3) http://t.…
RT @khargush1969: 内藤みどり(2004)「突厥・ソグド人の東ローマとの交流と狼伝説」『史観』150, 29-50. https://t.co/5jPa1lMZ01 ビザンツと西突厥の対サーサーン朝同盟の中ソグド人によりローマ始祖伝説が伝えられカライ・カフカバ遺…
RT @khargush1969: 高橋洋成(2005)「中世におけるアラビア・ヘブライ言語学:語根理論の発展を中心に」『一般言語学論叢』8: 47-58. https://t.co/oDABRdTXhl 10世紀以降のアラブ,ヘブライ語彙学・文法学者による語根理論の形成を論じ…
古川顕「貨幣の起源と貨幣の未来」(甲南経済学論集 第59巻(2018)第3・4号) https://t.co/7dL6K3WvzI 甲南大学機関リポジトリの上記ページに挙げられているキーワード: 貨幣起源説の多様性, 原始貨幣, キャッシュレス化, 仮想通貨, ブロックチェーン
RT @mnb_chiba: 古川顕2018「原始貨幣と貨幣の起源」 https://t.co/XBUQ1D0yjx ……キーワード:原始貨幣, 福田徳三, モース, マリノフスキー, ポラニー。 73頁。

9 0 0 0 OA 経済学研究

RT @sacreconomie: 福田徳三によれば、古代日本では債務は「穢れ」として見なされ、そうした穢れを「祓う」ことから貨幣による「支払い」が生じたという。福田徳三「祓除と貨幣との関係」『続経済学研究』https://t.co/7xy08vVl8a
RT @edtion1: CiNii 論文 - 山中商会ロンドン支店の足跡 : ヴィクトリア・アンド・アルバート・ミュージアム・アーカイブ(the V&A Archive)所蔵「登録ファイル」をもとに http://t.co/hKoqzJU
RT @nekonoizumi: 「山岳信仰偽史」 KAKEN — 研究課題をさがす | 修験道の正統性を支えた山岳信仰偽史の研究 (KAKENHI-PROJECT-19K00312) 川崎 剛志 https://t.co/0AnfR36c27
RT @khargush1969: 山下真吾(2018)「在イスタンブル写本コレクションの形成:ファーティヒ、アヤソフィヤ・コレクションを中心にして」『高崎経済大学論集』61(1・2): 49-69. https://t.co/s9Nmc3z8dy わっ,これは凄い。オスマン帝…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒奥田浩司 「「満州国」及び旧植民地における高齢日本語話者へのインタビュー(1)―日本語・日本文化の記憶に関する報告―」 愛知教育大学大学院国語研究 第27号(2019.3) https://t.co/HSyP9Lumhu
RT @HarutaSeiro: CiNii 論文 -  吉田豊「ソグド文字の縦書きは何時始まったか」in森部豊編『ソグド人と東ユーラシアの文化交渉』(アジア遊学175)2014 https://t.co/X0heokppdA これはハハーマニシュ朝以来の「文書の書き方」(とい…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒澤田次郎 「チベットをめぐる日本の諜報活動と秘密工作 ― 一八九〇年代から一九一〇年代を中心に―(一)」「同 (二)」 『拓殖大学論集. 人文・自然・人間科学研究』40(2018)/41(2019) https://t.co/Y…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒澤田次郎 「チベットをめぐる日本の諜報活動と秘密工作 ― 一八九〇年代から一九一〇年代を中心に―(一)」「同 (二)」 『拓殖大学論集. 人文・自然・人間科学研究』40(2018)/41(2019) https://t.co/Y…
RT @khargush1969: →宮廷儀礼としての贈与の制度については,この論文が: 奥美穂子(2017)「オスマン帝国における贈与と返礼:16世紀末の王子の割礼祭を事例として」『オリエント』60-1: 64-77. https://t.co/DaziLv4CdB オスマン…
RT @khargush1969: 今日は貨幣研究で数量分析を可能にするhoard(一括発掘貨幣)の重要性(とイスラーム貨幣でのその難しさ)を教えていただいたが。 例えばイルハン朝貨幣では,1970年代キュタヒヤ発掘セルジューク朝〜モンゴル時代の約500枚のhoardがあるらし…
RT @trinh_JP: CiNii 論文 -  比較言語学における数学的方法 https://t.co/yqkNLV8z3N 数学と比較言語学の分かる人、あとは任せた。(無責任)
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 文化人類学的研究における卒業アルバムの活用に関する一考察 (記念論集 文化人類学と実践)(大久保 豊),2018 https://t.co/B7cDxWEjJZ
RT @RainenP: CiNii 論文 -  幽霊現象における畏敬の気持 : 石巻タクシードライバーの体験を事例に (霊性を読み解く : 東日本大震災5年緊急シンポジウム 霊性を読み解く : タクシーの幽霊現象の反響と課題) https://t.co/ACZlPFeoPM…
RT @khargush1969: そういえばバルトリドのTurkestan down to the Mongol Invasionは,『トルキスタン・ナーマ』という叙情的なタイトルでペルシア語訳されているのだった。 https://t.co/yIuQ1Btq3a 翻訳者はK.…
RT @khargush1969: ウヲヲヲ・・・北大にしかない・・・ 志茂碩敏(研究代表者)(2002)『ポストモンゴル期におけるアジア諸帝国に関する総合的研究』(平成11-13年科学研究費補助金(基盤研究B[1])研究成果報告書) https://t.co/Mc2efvrJ…
RT @nekonoizumi: 『川口浩探検シリーズ』と『すばらしい世界旅行』という同時期の放映の「ドキュメンタリー」について「真正性」への態度や番組をめぐる言説を分析 高井昌吏「旅や冒険を表象するテレビ番組と「真正性」「教養」 『川口浩探検シリーズ』と『すばらしい世界旅行』…
RT @robertask: 言語と方言の 境目みたいな話、無理やり日本語に例えてるこれがとても気に入っている。先の中国語記事ではドンガン語を中国語の方言として捉えてる感じを受けるし、クルグズ語とカザフ語も政治的な状況如何によっては同一言語として扱われる可能性も十分あっただろう…
RT @Naga_Kyoto: 小牧実繁の歴史地理学 https://t.co/Q378Ij6Jqw >小牧はこの浜田に深く傾倒し,「私の専攻所属は地理だか,考古学だか判らなくなるくらゐに毎日先生の御室に出入り」していた 初期の歴史地理学が考古学と接近していたのは小牧実繁が小川…
RT @amrtamanthana: 拙論によれば終末論はインド・ヨーロッパ語族の共通神話に遡ります。 (何かを見た (年末はこの話題が増えますしね・・・ https://t.co/INnMWi2SpF
RT @khargush1969: 国立国会図書館デジタルコレクション 今岡十一郎(昭和12)『ソ聯邦に於ける回教民族』皐月会 https://t.co/qqROBrS866 12〜14章「在本邦回教運動者」「アヤズ・イスハキー」「クルバンガリー」
RT @khargush1969: レヴェント,シナン(2014)「トゥーラン主義運動家としての今岡十一郎」『アジア文化研究所研究年報』49, 102-82. https://t.co/1ktUtwt9Bc 日本トゥラン主義研究
RT @kst853: 「吉田正廣(1895-1972)は,朝鮮総督府の殖産局農務課や農林局農政課などに勤務していた農林官吏である。(略) かつ吉田正廣が著名なミュージシャンで「若者のカリスマ」と呼ばれた吉田拓郎氏の父親である」 坂根嘉弘「朝鮮総督府官吏・吉田正廣の経歴と業績…
RT @fjtn8703: @saram_taka 批准書関連ではありませんが幕末期に大日本帝国という呼称が生まれた経緯はこちらの論文にありますね。 https://t.co/705OETQNUR
RT @khargush1969: 楊海英(1996)「オルドス・モンゴルの祖先祭祀:末子トロイ・エジン祭祀と八白宮の関連を中心に」『国立民族学博物館研究報告』21(3), 635-708. https://t.co/nEjjKWZ1Q1 清代から行われていた祭祀の歴史・人類学…

11 0 0 0 OA 鞍と鐙

RT @HarutaSeiro: 「鞍と鐙」林俊雄先生。『創価大学人文論集』8号(1996)。卒論指導してて気づきましたがPDF化されてました。CiNiiの方が図版きれいなので今のうちに。伊勢原市下尾崎遺跡の鐙をユーラシア西部(ハンガリー)等のと比較する壮大な論文。 http:…
RT @Hatashirorz: さて、さて答えはどうなるでしょうか。馬の家畜化問題は、本当に二転三転して面白いです。 こんな論文もあります。「馬の家畜化を巡る研究動向」 https://t.co/Yi1Jf0ScES
RT @khargush1969: 山中由里子(1992)「明治日本人のペルシア体験:吉田正春使節団を中心に」『比較文学』35: 117-128. https://t.co/fFy1EqR0qr 大分以前の論文だが,吉田使節団イラン派遣の時代背景,使節団がガージャール朝期イラン…
RT @khargush1969: Manoukian, Setrag 2012: City of knowledge in twentieth century Iran: Shiraz, history and poetry https://t.co/2gza7YrLlE 詩…
RT @khargush1969: 「ウイグル文字古文献デジタル化のためのグリフデザインの検討」 https://t.co/OH19s5nJdO
RT @parages: 現代思想は「アウシュヴィッツ以後」を思考することをひとつの命法としてきたが、デリダはユダヤ人としてアウシュヴィッツの災厄を特権化することに対して慎重であり続けた。この対談を通してそのことの意味をよく考えてみたい:「アウシュヴィッツ以後の脱構築」http…
RT @nolnolnol: 松本 圭太 -  「初期遊牧民文化」動物紋出現の意義 https://t.co/gyYiyPunWx #CiNii
RT @khargush1969: 青木健(2009)「ザラスシュトラの預言者化:10世紀アラビア語文献に見るアーリア人神官からセム的預言者への変貌」『宗教研究』83(3): 837-860. https://t.co/9uUwyh2NzA イスラームにおけるゾロアスター教観。

11 0 0 0 OA サダ祭と寒食節

RT @khargush1969: 井本英一(1983)「サダ祭と寒食節」『オリエント』26(2): 13-30. https://t.co/azNySUhYyq ゾロアスター教の火の祭サダ祭とヨーロッパの復活祭,ユダヤ教の過越の祭,中国の寒食節を連関させ,相変わらずユーラシア…
RT @nekonoizumi: そういえば、さっきの大川周明左翼・中国工作員説、『日本二千六百年史』についての話ということもあって、蓑田胸喜のこれ連想した。 蓑田胸喜『大川周明氏の学的良心に愬ふ : 「日本二千六百年史」に就て』(昭和15) 国立国会図書館デジタルコレクション…
RT @fushunia: @mongkeke_tarikh あと、大形徹氏は、パジリク出土の図像と馬王堆古墓出土の帛画(シルクに絵を描いたもの)が似通っているとし、漢代の中国文化は先秦時代に西域から伝わった文化の影響を受けて成立したと見ているようです。 https://t.c…
RT @kakentter: こんな研究ありました:異人論と王権論の展開としての北欧神話と日本神話の比較研究(水野 知昭) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/15520217
RT @Basilio_II: “CiNii 論文 -  臆病なスキュタイ人 : 前六世紀アテナイ陶器画に見る異民族観” https://t.co/o1XLCNLWbd
RT @nolnolnol: 松本 圭太 -  北方ユーラシア(ロシア東部・モンゴル) (特集 東アジアの青銅器と弥生文化) -- (起源・年代・系譜) https://t.co/3UYGMXGtOX #CiNii
RT @NIJL_collectors: そういえば、印章コレクションで知られる市島春城は1,000 顆近くを集め「印狂」を自称した、と以前、蔵書印ミニ展示を担当したリーフレットhttps://t.co/0UfHJ4dZlC に記しましたが、それを凌駕する印材コレクターさんとお…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 古代メソポタミアにおける混成獣グループ(ティアーマトの被造物) マクドゥク神学構築と転用のための戦略的手段(柴田 大輔),1998 https://t.co/BY2I5th91Y
RT @khargush1969: 橋本萬太郎(1957)「ジュンヤン語(ドゥンガーン語)字母の歴史」『中国語学』67:193-199. https://t.co/6VrMcVdUif ドンガン人・ドンガン語から見たテュルク系諸語文字改革(アラビア文字〜ラテン文字〜キリル文字)…
RT @trinh_JP: 「オリエント」をふりかえって: 三笠宮 崇仁, 杉 勇, 板倉 勝正, 川村 喜一https://t.co/MQIVfOE6vn すげー面白い

お気に入り一覧(最新100件)

「UFOと円了妖怪学(特別講演)」菊地章太2009-09-02 掲載雑誌名 『日本流体力学会年会講演論文集』2009 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/QruaK9KTve

293 288 0 0 OA 山陵志 2巻

国会図書館デジタルコレクション『山陵志』より。 https://t.co/LGSou4QHVY 古墳はいいなあ。 https://t.co/FJSJyz4iR4
RTしたシリアのドゥラ・エウロポス出土のローマ軍の馬鎧。関係する日本語文献として阪本浩「重装騎兵(カタフラクトゥス)とローマ人」『青山学院大学総合研究所人文学系研究センター研究叢書』14, 2000 があります。残念ながらリポジトリに本文はなし https://t.co/EARtHLFxB7 https://t.co/4kmqNCJzFf
鈴木淳一(2001)「スゥマローコフ『第一書簡詩-ロシア語について』翻訳と注釈」『文化と言語 : 札幌大学外国語学部紀要』54: 147-170. https://t.co/uZS9HD6vRY 18世紀前半に著された「ロシア文学の進むべき道を示した『ロシア古典文学のマニュフェスト』」,ロシア語論として非常に興味深いのでは。
安木新一郎 (2019-10) 「「森の民」に関する覚書 ─モンゴル帝国支配下のシベリア─」(『函館大学論究』第59輯第1号, pp. 11-32; https://t.co/8zYWSEvEkJ)モンゴル時代のシベリアの民について、ジョチ家、クビライ家、アリクブケ家(文中はアリクボコ)の勢力関係を考察した論文。
弘末雅士編(2013)『越境者の世界史 : 奴隷・移住者・混血者』春風社 https://t.co/y5BduiWiGt クリップしてなかった。中世奴隷制度研究の視点を得る上で非常に参考になる論集のよう。清水和裕先生が西アジアの女性奴隷の役割を主に論じている。 書評:久礼克季2015 https://t.co/KeAWk7QWSg
中島敦の「文字禍」に出てくるアッシリア関連の記述が何の本を典拠に書かれているのかを調べた論文。おもしろい。 https://t.co/lYqCOc6q35
布留川正博(1988-89)「15,6世紀ポルトガル王国における黒人奴隷制:近代奴隷制の歴史的原像(1)-(2)」『経済学論叢』40(2)-(3): 249-276, 598-620. https://t.co/qVCIbA9NZ8 https://t.co/nzpa1URamx
布留川正博(1988-89)「15,6世紀ポルトガル王国における黒人奴隷制:近代奴隷制の歴史的原像(1)-(2)」『経済学論叢』40(2)-(3): 249-276, 598-620. https://t.co/qVCIbA9NZ8 https://t.co/nzpa1URamx

9 0 0 0 線香の火

増井先生は学生時代(年齢的に北伐前後)に、今でいうところのバックパッカー旅行で中国を旅しており、魯迅に会ったり、国民政府だったか軍閥だったかの政府の高官に面会したりしている。そういった話も授業でされたのであろうか。『線香の火』にそこらへんの話が載っている。https://t.co/rl7GcXATcN

10 0 0 0 呴沫集

私の祖母が戦前、東洋女学校で増井経夫先生から習ったとき、史記の話が面白かったらしいが、中国関係の雑談がさらに面白かったらしい。戦後、女学校の卒業生が増井先生を囲んで読書会をしており(祖母の同窓たちが中心)、その様子は『呴沫集』のいずれかの号に載っている。https://t.co/cAp0tcj7pK
日本の古文化層と双分制(岡正雄教授追悼) https://t.co/OlshEMBfme
中牧弘允(2008)「文明の「暦」史観 : 太陰暦、太陽暦、太陰太陽暦の相克と共存」梅棹忠夫監修・比較文明学会関西支部編『地球時代の文明学』京都通信社: 101-122. https://t.co/7IcHkZ7muU 暦の世界史,特に太陰太陽暦の歴史をとらえた解説としてこれは良い。純粋太陰暦ヒジュラ暦の位置付けもわかる
栗林均・确精扎布 『『元朝秘史』モンゴル語全単語・語尾索引』東北大学東北アジア研究センター, 2001. オンライン化を待ちに待っていた!https://t.co/9QsxDpvvWt
↓RTs アッカド語文法を理解するにはオーメン・テキストが一番!という入門教科書。練習問題がそればっかり(^^;)。でも確かに分かりやすい。 /CiNii 図書 - An Akkadian grammar : a translation of Riemschneider's Lehrbuch des Akkadischen https://t.co/1Kk5QhsNAQ #CiNii
遠藤隆次については下記が詳しい https://t.co/dTcyxdjQjg

4 0 0 0 OA 別府市誌

40年以上前、別府で偶然会った、鳥居龍蔵の案内をした地元のおじさんというのは、この人なのだろうか。https://t.co/pOau9BSM2h なお、鳥居さんのドルメン、メンヒルはここで簡単に見ることができます。https://t.co/QExkOERsvP
Liddle, A.V. 2013: Coins of Jahangir: creations of a numismatist https://t.co/c0xekmNno0 内容もだが表紙に使われている細密画がシッカ(打刻型)による貨幣打刻の光景をリアルに描いているなあ。 (その箇所だけ切り取らせていただく) https://t.co/Moue6UX9cA
家島彦一(2006)『海域から見た歴史 : インド洋と地中海を結ぶ交流史』名古屋大学出版会 https://t.co/PT7QrVOlii 第4部4章「インド洋を渡る馬の交易」 西アジアからインドへの馬の運び方(専用船や秣など)が具体的に明らかにされている。関連史料を読む時に参考にできそう。
科研の「ユーラシア古代遊牧社会形成の比較考古学」 これの関連の研究で「キルギスとその周辺地域における遊牧社会の形成」というのも 研究成果報告書読んでみたいな https://t.co/ELaZmjIBkA
https://t.co/iyGuySgo6X →イランのシリア内戦介入にどのような事情・戦略があったのか,最新の論考。スレイマーニーの役割も詳しい。オープンアクセス。 貫井万里(2019)「イランの対シリア政策:「防衛」か「拡張」か」『反グローバリズム再考』日本国際問題研究所: 7-86. https://t.co/5p6WeXYfMm
Negmatov, Numan Negmatovich 1998: The Samanid State https://t.co/bwgP1M8zB9 サーマーン朝期ホラーサーン史の適切な先行研究を知らないのだが,ユネスコの中央アジア文明史(1992-2005)第4巻第1部第4章の概説は概説としては包括的で悪くないかも。オンラインで読めるし。 https://t.co/RgWIvfGImu
松原正毅・楊海英・小長谷有紀編(2005)『ユーラシア草原からのメッセージ:遊牧研究の最前線』平凡社 https://t.co/fNCETlxBIr これはユーラシア遊牧社会について重要な視点をとても易しく学べる論文が集まった凄い論集ですね。中山紀子「神秘主義者ベクタシーの笑い:厳格さからの解放」がまず貴重
林良一(1973)「オリエントにおけるリュトンの形式と用法について」『オリエント』16(1): 25-50. https://t.co/vqjEYSmtLb リュトンは本来灌奠の儀式の道具でオリエントでも同じく儀式用だったが杯としても用いられた(上から酒を入れ下の口から流れ出る酒を飲んでいる図象が残っている。豪快な飲みだ
『エチオピア南部デラシェにおける主食としての醸造酒パルショータ』と題する論文 https://t.co/7yzb4uAWJ0 本来であれば肉や魚から摂らなければならない必須アミノ酸を、とうもろこしやモロコシを発酵させて作る醸造酒のみによる食事からでも十分に摂取可能、という興味深い話
出典:東京音楽大学リポジトリ 「アジアの発掘口琴チェックリスト(3) :薄板状の口琴(3)と湾曲状の口琴(1)」著者:直川 礼緒 https://t.co/rBRLvSXy4b ウコク高原にあるパジリク古墳群(紀元前3世紀前半頃)重要な遺跡を抱える地であり,そこに暮らす人々が紀元後3~5世紀に薄板状の紐口琴を持っていた,と https://t.co/QQbf2lj7T7
小山 皓一郎(2006)「トルコ共和国のユダヤ人コミュニティ:反ユダヤ的言説の諸局面」『21世紀アジア学会紀要』4: 1-12. https://t.co/raCpY62EhE トルコ共和国成立後に起きた反ユダヤ的事件を中心に,20世紀初頭のユダヤ社会の動向(パレスチナ移住やトルコ人アイデンティティへの同化)を見る。
小黒橋(富山市青柳新)から熊野川の下流方向を望む。下記の文献によると、水が得にくい扇状地の中でも熊野川沿いには中世の頃から人が入り、戦国期の土豪の館や寺社も多いという。続いては上熊野城に行ってみる。近世・近代における富山藩領の土地利用と治水に関する研究 https://t.co/YvxwK6EJsl https://t.co/m4GWwZMRkz
渡辺和子先生の「『ギルガメシュ叙事詩』の新文書―フンババの森と人間」『死生学年報2016 生と死に寄り添う』リトン、東洋英和のリポジトリにあるんだ(印刷直前の校正稿のよう)。これは必読。 https://t.co/V4ZWLGtfZE
浅間山噴火といえば江戸時代の天明噴火が起こったのも8月の初旬。噴火直後に利根川沿いを土砂災害が襲ったことはよく知られているが、噴火最高潮の時に火山灰災害も利根川周辺地域を襲っている。下総にも火山災害の歴史がある。https://t.co/NyP1PyPfdo
函館駐剳独逸領事ハアバア氏遭難記 https://t.co/bVg3DdQfiU p.28に、犠牲者の甥のフリッツ・ハーバーが毒ガス開発にかかわった件もちゃんと書いてある。
小川英雄(1985)『古代オリエントの宗教』エルサレム宗教文化研究所 https://t.co/5EknndAObR 今更だが面白いのでは。新書だが知識列挙的ではなく,言わば宗教の誕生から古代末期までの変容の捉え方(預言者の登場,悪の概念の発明,救済・救世主の思想の発展・・・)を示す(しかし出版社がマイナー
↑の「天津北彊博物館に代表されし新石器時代の遺物」は文語文語した訳ですが、「天津北彊博物院の古生物學的並に考古學的事業」の方はもう少し読みやすいです!発掘調査の内容も興味深いんですがとにかく文中に出てくるシャルダン師のフレーズにオ、オオッ……てなります…… https://t.co/57TputDMCw
永岑三千輝「第三帝国の膨張政策とユダヤ人迫害・強制移送 1938:最近の史料集による検証」『横浜市立大学論叢 社会科学系列』70巻2号(2019年)193-227頁(https://t.co/I7xixVS3Ur)読了。最新の史料集であるVEJ(https://t.co/p1N3C9e554)の紹介を通じた、「移送から殺戮へ」と至る過程の再整理。
これも面白そうだぞ。 千葉県域の利根川水系における水塚及び屋敷林の文化的景観に関する研究 : 栄町、本埜村、印西市、我孫子市、柏市、白井市の水塚と屋敷林のタイプ分類、保存状態、所有者意識https://t.co/t0JMO4KWlx
村上信明「清朝中期における旗人エリートの「旗人」意識と「中国化」 ──松筠著『百二老人語録』・『西招図略』の検討を通じて──」(『創価大学人文論集』31、2019年3月) 興味深い論文*˙︶˙*)ノ" 以下、オープンアクセス↓↓↓ https://t.co/WIpzQMPHpr https://t.co/UPZ3J0UP4L
「五十里湖大洪水」について文献を発見。空から見る日本の地すべり地形シリーズ-25 天和日光地震(1683年)による葛老山の地すべり地形 https://t.co/qbuYTtGMx2
佐藤次高(1989)「ヌサイリー教徒の反乱:ジャバラ・1318年2月」『東洋学報』71(1・2): 115-139. https://t.co/S2qtIUpWIp 極めて久しぶりに読み直す。最後にヌサイリー教徒の殺害を肯定するイブン・タイミーヤのファトワーが引用されていたのに気づく。その過酷な対処は他ウラマーに影響を与えたと。
https://t.co/HPEb5WwtLa →Nobuaki Kondo 2018: Islamic Law and Society in Iran: A Social History of Qajar Tehran https://t.co/cxmXbRjzae のKenneth M. Cuno(イリノイ大学歴史学科教授)による書評も載っている。
Matthee, R. 2000: Prostitutes, Courtesans and Dancing Girls: Women Entertainers in Safavid Iran https://t.co/aCZV8L0ng9 サファヴィー朝期イランの娼婦や踊り子など遊興を支えた女性たち,Academiaで公開しておられる https://t.co/0ZVh9hkfKY こうした社会文化史の領域でこの方に敵うものなし
内藤みどり(2004)「突厥・ソグド人の東ローマとの交流と狼伝説」『史観』150, 29-50. https://t.co/5jPa1lMZ01 ビザンツと西突厥の対サーサーン朝同盟の中ソグド人によりローマ始祖伝説が伝えられカライ・カフカバ遺跡にロムルス・レムスを模した突厥狼起源モチーフ壁画が描かれた(もう頭ぐるぐる
高橋洋成(2005)「中世におけるアラビア・ヘブライ言語学:語根理論の発展を中心に」『一般言語学論叢』8: 47-58. https://t.co/oDABRdTXhl 10世紀以降のアラブ,ヘブライ語彙学・文法学者による語根理論の形成を論じる。ハリール・ブン・アフマド,シーバワイヒ, サアディア・ガオン,ハイユージ。
「山岳信仰偽史」 KAKEN — 研究課題をさがす | 修験道の正統性を支えた山岳信仰偽史の研究 (KAKENHI-PROJECT-19K00312) 川崎 剛志 https://t.co/0AnfR36c27
PDFあり。 ⇒奥田浩司 「「満州国」及び旧植民地における高齢日本語話者へのインタビュー(1)―日本語・日本文化の記憶に関する報告―」 愛知教育大学大学院国語研究 第27号(2019.3) https://t.co/HSyP9Lumhu
山下真吾(2018)「在イスタンブル写本コレクションの形成:ファーティヒ、アヤソフィヤ・コレクションを中心にして」『高崎経済大学論集』61(1・2): 49-69. https://t.co/s9Nmc3z8dy わっ,これは凄い。オスマン帝国図書館の蔵書形成を主要写本コレクションのデータ分析から検討。労作がついに形に。
PDFあり。 ⇒澤田次郎 「チベットをめぐる日本の諜報活動と秘密工作 ― 一八九〇年代から一九一〇年代を中心に―(一)」「同 (二)」 『拓殖大学論集. 人文・自然・人間科学研究』40(2018)/41(2019) https://t.co/YhqyKrSz8P https://t.co/ifBZcIbXbN
PDFあり。 ⇒澤田次郎 「チベットをめぐる日本の諜報活動と秘密工作 ― 一八九〇年代から一九一〇年代を中心に―(一)」「同 (二)」 『拓殖大学論集. 人文・自然・人間科学研究』40(2018)/41(2019) https://t.co/YhqyKrSz8P https://t.co/ifBZcIbXbN
CiNii 論文 -  吉田豊「ソグド文字の縦書きは何時始まったか」in森部豊編『ソグド人と東ユーラシアの文化交渉』(アジア遊学175)2014 https://t.co/X0heokppdA これはハハーマニシュ朝以来の「文書の書き方」(というか用紙の使い方)に言及している。
今日は貨幣研究で数量分析を可能にするhoard(一括発掘貨幣)の重要性(とイスラーム貨幣でのその難しさ)を教えていただいたが。 例えばイルハン朝貨幣では,1970年代キュタヒヤ発掘セルジューク朝〜モンゴル時代の約500枚のhoardがあるらしい(Lindner 2007: 97)。 https://t.co/Pj6fLRJuJq
CiNii 論文 -  比較言語学における数学的方法 https://t.co/yqkNLV8z3N 数学と比較言語学の分かる人、あとは任せた。(無責任)
拙論によれば終末論はインド・ヨーロッパ語族の共通神話に遡ります。 (何かを見た (年末はこの話題が増えますしね・・・ https://t.co/INnMWi2SpF
「吉田正廣(1895-1972)は,朝鮮総督府の殖産局農務課や農林局農政課などに勤務していた農林官吏である。(略) かつ吉田正廣が著名なミュージシャンで「若者のカリスマ」と呼ばれた吉田拓郎氏の父親である」 坂根嘉弘「朝鮮総督府官吏・吉田正廣の経歴と業績(上)」 https://t.co/QEg8w6kFBi
@saram_taka 批准書関連ではありませんが幕末期に大日本帝国という呼称が生まれた経緯はこちらの論文にありますね。 https://t.co/705OETQNUR
小牧実繁の歴史地理学 https://t.co/Q378Ij6Jqw >小牧はこの浜田に深く傾倒し,「私の専攻所属は地理だか,考古学だか判らなくなるくらゐに毎日先生の御室に出入り」していた 初期の歴史地理学が考古学と接近していたのは小牧実繁が小川琢治、浜田耕作に学んでいたことが大きいのかな。
『川口浩探検シリーズ』と『すばらしい世界旅行』という同時期の放映の「ドキュメンタリー」について「真正性」への態度や番組をめぐる言説を分析 高井昌吏「旅や冒険を表象するテレビ番組と「真正性」「教養」 『川口浩探検シリーズ』と『すばらしい世界旅行』の比較研究」 https://t.co/M6aLv3wAvQ
楊海英(1996)「オルドス・モンゴルの祖先祭祀:末子トロイ・エジン祭祀と八白宮の関連を中心に」『国立民族学博物館研究報告』21(3), 635-708. https://t.co/nEjjKWZ1Q1 清代から行われていた祭祀の歴史・人類学研究で自分は完全門外漢だが,トルイが祭祀対象にされたというのに興味を惹かれる。
さて、さて答えはどうなるでしょうか。馬の家畜化問題は、本当に二転三転して面白いです。 こんな論文もあります。「馬の家畜化を巡る研究動向」 https://t.co/Yi1Jf0ScES
Manoukian, Setrag 2012: City of knowledge in twentieth century Iran: Shiraz, history and poetry https://t.co/2gza7YrLlE 詩人の都,知識の都(ダール・アル=イルム)としての歴史を負い,オリエンタリズム,ナショナリズムの中で編成される現代シーラーズの歴史。これは面白いだろうなあ。
「ウイグル文字古文献デジタル化のためのグリフデザインの検討」 https://t.co/OH19s5nJdO
現代思想は「アウシュヴィッツ以後」を思考することをひとつの命法としてきたが、デリダはユダヤ人としてアウシュヴィッツの災厄を特権化することに対して慎重であり続けた。この対談を通してそのことの意味をよく考えてみたい:「アウシュヴィッツ以後の脱構築」https://t.co/bxyNqafTqB

11 0 0 0 OA サダ祭と寒食節

井本英一(1983)「サダ祭と寒食節」『オリエント』26(2): 13-30. https://t.co/azNySUhYyq ゾロアスター教の火の祭サダ祭とヨーロッパの復活祭,ユダヤ教の過越の祭,中国の寒食節を連関させ,相変わらずユーラシアを疾走,相変わらず奔放豪快な印象だが,相変わらず面白い(笑)。
青木健(2009)「ザラスシュトラの預言者化:10世紀アラビア語文献に見るアーリア人神官からセム的預言者への変貌」『宗教研究』83(3): 837-860. https://t.co/9uUwyh2NzA イスラームにおけるゾロアスター教観。
山中由里子(1992)「明治日本人のペルシア体験:吉田正春使節団を中心に」『比較文学』35: 117-128. https://t.co/fFy1EqR0qr 大分以前の論文だが,吉田使節団イラン派遣の時代背景,使節団がガージャール朝期イランに日本の近代化の諸問題を見ていたという分析が良い。そして注10に驚くべき情報が!
そういえば、さっきの大川周明左翼・中国工作員説、『日本二千六百年史』についての話ということもあって、蓑田胸喜のこれ連想した。 蓑田胸喜『大川周明氏の学的良心に愬ふ : 「日本二千六百年史」に就て』(昭和15) 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/zR8dUB0Zo2
@mongkeke_tarikh あと、大形徹氏は、パジリク出土の図像と馬王堆古墓出土の帛画(シルクに絵を描いたもの)が似通っているとし、漢代の中国文化は先秦時代に西域から伝わった文化の影響を受けて成立したと見ているようです。 https://t.co/VkyLKMUvwV

9 0 0 0 OA 経済学研究

福田徳三によれば、古代日本では債務は「穢れ」として見なされ、そうした穢れを「祓う」ことから貨幣による「支払い」が生じたという。福田徳三「祓除と貨幣との関係」『続経済学研究』https://t.co/7xy08vVl8a
「オリエント」をふりかえって: 三笠宮 崇仁, 杉 勇, 板倉 勝正, 川村 喜一https://t.co/MQIVfOE6vn すげー面白い
Gruendler, B. 1993: The development of the Arabic scripts https://t.co/j4P8WN5Cxd アラビア文字形成史に関する専論はこれ?ナバタイ文字からイスラーム期初期までのアラビア文字の発展を追跡したものらしい。

11 0 0 0 OA 鞍と鐙

「鞍と鐙」林俊雄先生。『創価大学人文論集』8号(1996)。卒論指導してて気づきましたがPDF化されてました。CiNiiの方が図版きれいなので今のうちに。伊勢原市下尾崎遺跡の鐙をユーラシア西部(ハンガリー)等のと比較する壮大な論文。 http://t.co/mSStZISOMu
柿崎正樹(2006)「「トルコ国民」概念とユダヤ教徒 : トルコの反ユダヤ主義を中心に」『異文化コミュニケーション研究』18: 113-143. http://t.co/JRU1MgHjcs 汎トルコ主義、イスラーム主義双方の流れがトルコ国民からユダヤ教徒を外部化する思想を形成。
こんな研究ありました:教員養成の「質保証」システムの歴史的検証-イギリスにおける地域教員養成機構(高野 和子) http://t.co/KWKsTOFDFq
こんな論文どうですか? 社会調査にみる<女中>(清水 美知子ほか),2005 http://t.co/Qqjan2tH8e 本稿は,1930年代に東京と横浜でおこなわれた2つの社会調査から,住み込み女中の実態を明らか…
こんな研究ありました:縄文時代の集落形成と森林利用に関する考古学・年輪年代学・民俗学的研究(荒川 隆史) http://t.co/fO0Q97wa
CiNii 論文 - 山中商会ロンドン支店の足跡 : ヴィクトリア・アンド・アルバート・ミュージアム・アーカイブ(the V&A Archive)所蔵「登録ファイル」をもとに http://t.co/hKoqzJU

フォロー(2197ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

こんな論文どうですか? 激戦エリアの攻防 大阪府JR茨木駅周辺--ニッショー、万代、ライフが1位のマイカル・サティに肉薄,2003 https://t.co/6hputfA9re 広い店舗を生かした品揃えで高い評価を受けたマイカル・サティが消費者満…
こんな論文どうですか? EC サイトにおける購買履歴データとアンケートデータを融合した顧客の購買行動分析モデルの提案(清水 良太郎ほか),2017 https://t.co/YU1LiSzqA0
こんな論文どうですか? 低たんぱく炊飯米の保存条件が飯のにおいに与える影響(城田 直子ほか),2015 https://t.co/U5WClhHCdv <b>目的 </b>慢性腎不全患者の食事管理では,低たんぱく米が利用されている.長期に食べるには…
こんな論文どうですか? 24-6 土壌中の塩類および水分条件が亜酸化窒素生成と窒素代謝に及ぼす影響(24.地球環境)(アセンシオン マリアほか),1998 https://t.co/JAcwo5bL0a
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
こんな論文どうですか? ヴィゴツキーの文化歴史的心理学:その回顧と展望(ウラジーミル ジンチェンコ),2003 https://t.co/C2EYGAHdcu
こんな論文どうですか? [126]ハーランドウオルフ2行程式機關用ピストン弁機構(8.内燃機關)(田村 民平),1933 https://t.co/SOoFl840xL
こんな論文どうですか? 大豆加工品を使用した給食献立への応用(能井 さとみほか),2016 https://t.co/pVgQYT3QOG 【目的】大豆は、古来より様々な形で加工され日常の食生活になくてはならない食品である。また含まれる栄養成分など…
こんな論文どうですか? 翻訳 現代スペインにおける国家と宗教 : 1978年憲法における国家と宗派の関係の一断面(アセンシオ・サンチェス ミゲル・アンヘルほか),2012 https://t.co/pcWbmBEeDb
こんな論文どうですか? ボールと袋を用いた秘密計算(宮原 大輝ほか),2019 https://t.co/factOZcGfa …
こんな論文どうですか? 12) バルベルデ人体構造解剖図説再考(日本歯科医史学会第20回(平成4年度)学術大会講演抄録)("西大條 文一"),1992 https://t.co/Xv46Gm2YNw
こんな論文どうですか? D.アンティセリ編「マルクス主義と精神分析の認識論的分析」(Dario Antiseri:Analisis epistemologico d(Silonis R.Lopezほか https://t.co/GDv885yUWY
こんな論文どうですか? 福祉の現場から 福祉のまちづくりを目指した身障者支援システムの開発(古賀 元也ほか),2018 https://t.co/QFGAaqU9tv
こんな論文どうですか? 7337 車いす使用者から見た通りと建物のアクセシビリティに関する基礎調査 熊本中心市街地におけるケーススタディ(永田 章太郎ほか),2018 https://t.co/3IuhLa5Kvh
こんな論文どうですか? コインを用いる新たなマルチパーティ計算(駒野 雄一ほか),2018 https://t.co/u5BKDzJQPV …
こんな論文どうですか? メッセージ交換における優先度逆転とその対策(三浦 真ほか),1992 https://t.co/rVBOw8p7US 並行プログラムにおいては,複数のプロセス(タスク)が,共有変数を通して,あるいはメッセージの交換によって,…
こんな論文どうですか? デザインプロセス特徴からみるデザイナーの役割と能力の検討 2(井田 志乃ほか),2013 https://t.co/H540SV1vQ1 本研究では、製品開発のデザインプロセスにおけるデザイナーの役割や必要とされる能力を探る…
こんな論文どうですか? 遠隔機器による格納容器内アクセスタスクのための試験場の開発(川端 邦明ほか),2018 https://t.co/kGihmJgrup <p>This paper describes the development of a…
こんな論文どうですか? ビデオコーパスにおける「おつかれ系」表現の実証的研究(于 亮ほか),2015 https://t.co/X3baMBgZba 「おつかれ系」のあいさつ表現は時代と共に変化し続けている。その使用実態を明らかにするために、ビデオ…
こんな論文どうですか? マルウェア検知のためのシステム管理手法に関する検討(杉井 俊也ほか),2018 https://t.co/WyfDiY4XYx マルウェアの感染は継続的な脅威である今、企業に侵入したマルウェアを早期に検出することは重要である…
こんな論文どうですか? 数種花卉における苗の成長および開花に及ぼすキトサン土壌混和処理の影響(太田 勝巳ほか),2004 https://t.co/VqeFeboGGY 8種の花卉(トレニア,エキザカム,ベゴニア,グロキシニア,ロベリア,ミムラス,…
こんな論文どうですか? アヴィータ論の展開:因の三相の観点から(岡崎 康浩),2006 https://t.co/MffEk6QW6C 本論は, アヴィータ論のシャスティタントラからウッドヨータカラにいたる展開を因の三相の観点から論じ, ウッドヨー…
こんな論文どうですか? 23459 SEISMIC PERFORMANCE OF NONSTRUCTURAL BRICK WALLS USED IN INDONES(スェジン ウンほか),2011 https://t.co/xKeuqxpIph
こんな論文どうですか? ロベリアソウ毛状根の生育およびポリアセチレン類生産に及ぼす培地の影響(石丸 幹二ほか),1993 https://t.co/ZBONRyOyxh
こんな論文どうですか? 布設工事直後のコンクリート下水管に係る劣化保有率の統計的推定(藤生 和也),2017 https://t.co/J4R4Z6f3kY <p>日本の下水道整備は漸く高普及段階に到達し,劣化データも蓄積されつつある.本研究はテレ…
こんな論文どうですか? 高校生に対する分光光度計を用いた授業の試み : 一条高等学校数理科学科課題研究を通して(増井 壮太ほか),2020 https://t.co/ILWH14Q3AD 一条高等学校の数理科学科では、2年生を対象に課題研究を行って…
電気学会誌123 巻 (2003) 9 号 畑 雅恭 電磁波による地震予知は可能か? https://t.co/qpGf5ZMUA1
1997年 早川 正士 HAYAKAWA Masashi 電気通信大学 電子工学科 CiNii 論文 -  地震前兆電磁気現象と地震予知 https://t.co/v4oTdg9k0E
こんな論文どうですか? ラブコメの恋愛観(日下 みどり),1998 https://t.co/OJLVAYlPlu
こんな論文どうですか? 元眼鏡士の視能訓練士が教える! 眼鏡のカラーレンズ処方(第6回)ブルーライトカットレンズの特徴とポイント(関戸 昌諭),2017 https://t.co/dqqW8G2i3e
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
こんな論文どうですか? 水中プラズマ源によるUV殺菌力の検討(三谷 友倫ほか),2016 https://t.co/bpbvDF5bZR 現在、日本の下水道普及率は77.6 %となっており、他の先進国と比べると低い水準となっている。排出される生活排…
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
こんな論文どうですか? 2D1-2 ブルーライトカットアイテムの光学特性のモニターによる再現(北村 有希ほか),2013 https://t.co/3NXut9eqkG
こんな論文どうですか? 特集2 100万ユーザー時代の新常識 光+IP電話で広がる世界(原 隆ほか),2004 https://t.co/roMc6gDjTl  「大ちゃんのママと同じコンテンツ料払って、なんで大ちゃんのウチはなめらかなヨン様で、ウ…
こんな論文どうですか? 新・悩み解決クリニック 敵はチェーン店じゃなかった 不眠で挑んだ14年目の40日改革(お好み焼き店、静岡県浜松市)(蓬莱 明子),2003 https://t.co/W27uclA7R6  静岡県浜松市で広島風お好み焼き店を経…
こんな論文どうですか? 測定方法とコントロール技術(伊東 祐輝ほか),1981 https://t.co/wbRHQzQqMc IFAT'81において, 測定方法とコントロール技術, いわゆる計装技術に関する出品会社数は全体の約20%, 140社程…
PDFあり。 ⇒砂田安秀,杉浦義典 「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?――マインドフルネスと能動的攻撃の関連に対する危害/ケアの調整効果」 『パーソナリティ研究』30巻1号(2021) https://t.co/XIBorFzVSk
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
こんな論文どうですか? 見せかけの等身大 : 『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』におけるキャラクターの力学(佐野 一将),2019 https://t.co/Q0oVfVkH7s
RT @BungakuReportRS: 熊谷 義隆 - 古典から考える身体的性差とジェンダー  ―『とりかへばや物語』の異装と母性― https://t.co/om0wboKGYw
RT @BungakuReportRS: 佐藤 雄基 - 鎌倉幕府政治史三段階論から鎌倉時代史二段階論へ : 日本史探究・佐藤進一・公武関係 https://t.co/mCVgRcl8jL
RT @BungakuReportRS: 粕谷 隆宣 - 明恵の『大乗起信論』受容をめぐって https://t.co/2sRhIHmf3E
RT @BungakuReportRS: 鈴木 将史 - 和算の「遺題継承」と算数・数学の「深い学び」 【江戸時代の教育のあり方が、「数学離れ」を克服できない日本の数学教育において、新たな風を呼び起こすヒントになるのではないかとも考えた】 https://t.co/MU…
こんな論文どうですか? センジェル・ディヴィッチオウル著「アジア的生産様式とオスマン朝社会」(永田 雄三),1972 https://t.co/zGXNYuAQtg
こんな論文どうですか? 社員の能力が米経済誌「フォーチュン」No.1のP&Gが大事にしている「相手を動かす」極意 (特集 提案・交渉・依頼・拒否・先送り… なぜか意(黒木 博子),2014 https://t.co/GZolhjNYtA  前述のポイ…
こんな論文どうですか? 18年ぶりの阪神優勝 もう一つの真実 進化した星野仙一の「人を見る目」 (特集 「人を見る目」の磨き方--儲からない時代の最後の一手)(島村 俊治),2004 https://t.co/dwrqChnJZw  万年Bクラスだっ…
こんな論文どうですか? 240 非駆動関節を有する3リンク剛体アームの軌道制御(ロボットの制御II)(OS ロボットの制御)(フェリペ・デ・ラ ロサほか),2001 https://t.co/VOOSQGe2wp This paper develo…
こんな論文どうですか? 店舗活性化 ブックオフコーポレーション(古本チェーン)--簡単ルール、素人フル活用で躍進,2000 https://t.co/a9Mx92vEMH  4月17日夕方、神奈川県・新横浜駅近くのホテルに古本チェーン最大手ブックオフ…
J-STAGE Articles - 価値意識の世代間伝達に関する日米比較 https://t.co/OeurX1HoaX
こんな論文どうですか? 社員の能力が米経済誌「フォーチュン」No.1のP&Gが大事にしている「相手を動かす」極意 (特集 提案・交渉・依頼・拒否・先送り… なぜか意(黒木 博子),2014 https://t.co/GZolhk5zSa  前述のポイ…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 中山間地域の放棄棚田における森林の成立要因(佐藤 輝明ほか),2008 https://t.co/LYMbt6rDTL 耕作放棄後約40年が経過し、現在は森林になっている新潟県佐渡島の中山間地にある放棄棚田において、森林の…
RT @washou3956: PDF公開。山田徹「社会史を経た室町期権力論・支配体制論(上)」(『人文學』207、同志社大学人文学会、2021年3月)情報元は鍵付なのであらためて拙垢でも放流。新連載シリーズということで次回が楽しみ。https://t.co/FpNuhUY8c…
こんな論文どうですか? 11Sグロブリン変異大豆における豆腐加工適性とジスルフィド結合蛍光標識(門間 美千子ほか),2006 https://t.co/fvu0RJ159z 豆腐ゲルの形成においてタンパク質ジスルフィド結合の解裂再会合は重要な役割を…
こんな論文どうですか? 中山間地域の放棄棚田における森林の成立要因(佐藤 輝明ほか),2008 https://t.co/LYMbt6rDTL 耕作放棄後約40年が経過し、現在は森林になっている新潟県佐渡島の中山間地にある放棄棚田において、森林の成…
こんな論文どうですか? 文在寅政権が徴用工裁判で"無理筋"の「条件付き協議」を突きつけてきた理由とは(木村 幹),2019 https://t.co/sTl6fP24j3 文春オンライン(2019年6月26日)…
こんな論文どうですか? 開発ストーリー/携帯電話 ポケットボードの開発(3)コニーちゃんってなんだ?,1999 https://t.co/1sJqEacDYB ポケベルへの文字メッセージ送信用だったはずの「メッセージボード」。急きょ電子メールへの対応…
こんな論文どうですか? 韓国政府はなぜ「日韓関係」の深刻な状況を認識していないのか(木村 幹),2019 https://t.co/9xLKMmqLnH 文春オンライン(2019年1月3日)…
こんな論文どうですか? 2000年度立教英米文学会 講演会より 砂漠の遺跡を見た「旅人」--P.B.シェリー「オジマンディアス」寸感(田村 英之助),2002 https://t.co/2bG3IYIbcL
こんな論文どうですか? TOMOSHIBI-地震が来たら-(サンプラザ中野くん),2011 https://t.co/7VvkwrWfqo
こんな論文どうですか? 1930年代女スパイ映画 : 『間諜X27』と『マタ・ハリ』にみるハニー・トラップの効用(清水 純子),2014 https://t.co/QN7OqBBBpP "Spy" is a person whose job inv…
こんな論文どうですか? 「本屋大賞」仕掛け人が指南! 最強の書店活用法 (忙しくても読める! 学べる! 超実践 読書術) -- (書店を賢く使いこなそう!)(嶋 浩一郎),2011 https://t.co/f0riKkDrIZ  忙しい人こそ、書店…
こんな論文どうですか? 日本医師会小史-54-側近が語る日医会長・北里の横顔,1988 https://t.co/Xonrplm1EO
こんな論文どうですか? 食卵によるサルモネラ食中毒の現状と対策(田村 豊),2013 https://t.co/7h1m0NIfJS 食卵は,高い栄養価を有し,比較的安価な動物性タンパク食品である。日本では鶏卵とうずら卵が主なものであるが,外国ではア…
こんな論文どうですか? リップルフリートラッキングのための必要十分条件(加藤 久雄ほか),1998 https://t.co/gOwXYhrQBK When the sampled-data control systems are used, un…
こんな論文どうですか? チンパンジーのメス同士の「挨拶」(中村 美知夫),2019 https://t.co/vJP2GkfbWM <p>チンパンジーのメス同士の挨拶交渉について,タンザニア,マハレのデータを元に概観する。一般に,野生チンパンジーの…
こんな論文どうですか? 産業廃棄物の移動距離適性化による環境負荷削減効果の評価(佐伯 孝),2011 https://t.co/5sOpkPBCAY 富山県において処理委託されている産業廃棄物について、産業廃棄物管理票の実績報告書のデータを基に移動…
オーストラリア連邦における連邦議会記録の管理について/ . 北の丸 : 国立公文書館報(via CiNii Articles). https://t.co/2VFyLpb5zX
中世文学資料解題(2)/ . 北の丸 : 国立公文書館報(via CiNii Articles). https://t.co/7yVA5Z9gP8
『官府御沙汰略記』の著者小野直方について : 直方と直賢/ . 北の丸 : 国立公文書館報(via CiNii Articles). https://t.co/YeJStJaBf9
江戸城関係絵図解題(2)/ . 北の丸 : 国立公文書館報(via CiNii Articles). https://t.co/kMRqCmGQdv
内閣官房移管の歴代総理大臣特別資料の特徴/ . 北の丸 : 国立公文書館報(via CiNii Articles). https://t.co/Thdd9dgkuh
軍法会議と「軍法会議関係文書」について/ . 北の丸 : 国立公文書館報(via CiNii Articles). https://t.co/jyXrw1U91E
会計検査院の組織文書 : 「移管資料群」の特徴分析を中心として/ . 北の丸 : 国立公文書館報(via CiNii Articles). https://t.co/eDH5NJx1Y4
内閣記録局による広橋家・日野家資料の謄写とその後の整理・管理/ . 北の丸 : 国立公文書館報(via CiNii Articles). https://t.co/p9m5mof42s
国立公文書館所蔵オリンピック東京大会関係文書の特徴/ . 北の丸 : 国立公文書館報(via CiNii Articles). https://t.co/UmI5QLvstT
こんな論文どうですか? Mn<sub>2</sub>O<sub>3</sub>の高圧単結晶構造解析と圧力相転移,電荷移動(山中 高光ほか),2003 https://t.co/QYOHr1Ue8A 酸化物Mn<sub>2</sub>O<sub>3<…
こんな論文どうですか? 「太陽の子」から単元[生命]へ(片桐 啓恵),1989 https://t.co/RtoRnTDqXw
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
こんな論文どうですか? GROWTH実験:モンテカルロシミュレーションを用いた,雷雲ガンマ線放射の広がりの解釈(古田 禄大ほか),2017 https://t.co/2DjDHB9RqZ <p>我々は雷雲内の粒子加速機構の解明を目指し,新潟県柏崎刈…
こんな論文どうですか? VRChatにおける疑似身体接触が好感度とコミュニケーション難易度に及ぼす効果に関する調査研究(加藤 優貴ほか),2021 https://t.co/Ybnk7qF2E1 <p>Pseudo physical contact…
こんな論文どうですか? IDベース署名に基づくコンテンツ編集制御システム(藤本 竜矢ほか),2016 https://t.co/saC14vMYrA …
こんな論文どうですか? 都市におけるオタク文化の位置付け--秋葉原と池袋を舞台とする比較研究(長田 進ほか),2009 https://t.co/uTxlWd0U4y 1, はじめに2. オタク関連研究の概況について3. 今回の研究における対象地域…
こんな論文どうですか? ポケレポGO:ワンマンライブレポートシステムの設計と実装および評価(竹川 佳成ほか),2018 https://t.co/iQlgwr9jDv 本研究では,1人でのライブ中継形式のレポートを支援するシステム「ポケレポGO」を…
こんな論文どうですか? 伊那市高遠町における商店街の変容と花見観光の関係性(薄井 晴ほか),2019 https://t.co/1aHnU8SKnb 1. はじめに<br><br> モータリゼーションの進展,流通資本による大型小売店の郊外立地,少子…
研究ノート 戦後日本の知識人とマスメディア/ . CiNii OpenSearch - 公文書 OR アーカイブズ OR アーカイブス. https://t.co/CW61lFUQhT
こんな論文どうですか? 『ハンギョレ新聞』創刊における国民株方式の分析(森 類臣),2012 https://t.co/UIfQcrDmCS
RT @LockSchloss: CiNii 論文 -  現代語における動詞の移り変わりについて https://t.co/wprxb6YDZH
こんな論文どうですか? 韓国・盧武鉉政権による「記者クラブ」解体の研究(森 類臣),2009 https://t.co/QSYOH8seth 本研究は、2003年に盧武鉉元大統領が行った「記者クラブ」解体のプロセスに焦点を当てている。記者クラブは、…
こんな論文どうですか? 太陽の子アナトール -「太陽神話」としての『アナトールの墓』-(馬越 洋平),2017 https://t.co/1d5jN8xTMl
こんな論文どうですか? 中国知的財産権硯候(23) : -「バス意匠事件に関する検討」 その他-(福山 達夫), https://t.co/qBtXhNIFHF
RT @wxxw_stot: @Dimetrodon_ @NazologyInfo https://t.co/oeLaz40cNJ 赤芽球前駆細胞から(赤)血球へ分化する過程でミトコンドリア減少→脱核、の流れだそうで、ミトコンドリアが極めて少なくて核が残るってことはあり得そうで…
こんな論文どうですか? 太陽の子午線高度のみを観測することに依つて正午位置を求めるための一考察(皆元 国),1956 https://t.co/U3YFzLDufy (1) It is possible for us to get good res…
こんな論文どうですか? 土砂降り時の車のフロントガラスのリアルタイム表示(田中 直幸ほか),2016 https://t.co/pCTr1GvEsS In this research, to represent a windshield in th…
こんな論文どうですか? 和製水メジャーの萌芽--商社が水を"買う"理由 (特集 日本の水を売りまくれ--始まった世界No.1への挑戦),2010 https://t.co/CgYTaQMasF  11月10日午前0時過ぎ。ショッピングモールが立ち並ぶ…
こんな論文どうですか? withコロナ マーケター400人調査 コロナ長期化で3つの立て直し策に奔走,2021 https://t.co/mbTBTliMx1  コロナ前の水準に戻るのは難しいと思う(24.7%)──。この数字は、日経クロストレンドが…
こんな論文どうですか? 携帯電話リアルタイム双方向イベント : 『箱根駅伝ケータイクイズ』の実施(ハイビジョンおよび一般)(加藤 友規ほか),2003 https://t.co/Tqjfbf3267 日本テレビでは、日本テレビ系列で中継されるお正月…
RT @BungakuReportRS: 井ノ口 史 - 在原業平「ちはやぶる」歌の解釈 : 和歌教材としての『百人一首』(2) https://t.co/AuwEcZAwkN
こんな論文どうですか? 食餌中のセルロースの物性がラットの食後の血糖値上昇に与える影響(高橋 徹ほか),2004 https://t.co/erogJRb3fP 【目的】これまでにセルロースなどの不溶性食物繊維の摂取が消化管内容物の粘度を上昇させる…

フォロワー(543ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
1997年 早川 正士 HAYAKAWA Masashi 電気通信大学 電子工学科 CiNii 論文 -  地震前兆電磁気現象と地震予知 https://t.co/v4oTdg9k0E
電気学会誌123 巻 (2003) 9 号 畑 雅恭 電磁波による地震予知は可能か? https://t.co/qpGf5ZMUA1
J-STAGE Articles - 価値意識の世代間伝達に関する日米比較 https://t.co/OeurX1HoaX
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
RT @LockSchloss: CiNii 論文 -  現代語における動詞の移り変わりについて https://t.co/wprxb6YDZH
RT @wxxw_stot: @Dimetrodon_ @NazologyInfo https://t.co/oeLaz40cNJ 赤芽球前駆細胞から(赤)血球へ分化する過程でミトコンドリア減少→脱核、の流れだそうで、ミトコンドリアが極めて少なくて核が残るってことはあり得そうで…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 地理学の立場からみた2016年熊本地震における液状化被害分布と土地条件(小山 拓志ほか),2017 https://t.co/BF4E2P7ltN
RT @purple_1geo: リモートセンシングの人文地理学的な応用を挙げるなら土地利用に関する研究だろうか(空間分解能には要注意だけれど) LANDSATを使った都市化研究だと、例えば 小方 登・稲垣 稜 2009. 衛星画像でみる京阪奈丘陵の開発. 都市地理学 4:…
RT @khargush1969: Hillenbrand, Robert 2015: A Shi'i building boom in 14th-century Qum: the case of the Bagh-i Sabz towers https://t.co/nQpF…
RT @inotti_ele: @marxindo 高等教育システムにおける文学部の構造 他の官立大学は,すべて理工系を中心として おり,実学系に偏重していたのである。 近代日本の文学部が国家,社会双方から軽視 されてきた状況は,西欧各国と比較しても異様な在り方だったと言わな…
@inoinowanko 情報ありがとうございます! 早稲田大学リポジトリに「日本語母語話者に対する中国語発音教育の理論と実践」の登録されていました。PDFファイルで閲覧可能です! https://t.co/NUO234NyC5
RT @inotti_ele: @marxindo 高等教育システムにおける文学部の構造 他の官立大学は,すべて理工系を中心として おり,実学系に偏重していたのである。 近代日本の文学部が国家,社会双方から軽視 されてきた状況は,西欧各国と比較しても異様な在り方だったと言わな…
RT @ShigeruTaguchi: 西郷甲矢人さんとの共著『〈現実〉とは何か』(筑摩選書)の北島雄一郎さんによる書評が『科学哲学』に出ました。 https://t.co/LkthalXbE4 初めての本格的な書評であり、本書の議論を深く捉えてさらに敷衍するような素晴らしい叙…

12 1 1 0 OA 人肉の市

『人肉の市』という本を読む。当時の人身売買を告発した本であるが、日本ではエロ・グロ・ナンセンスの文献の先駆けとして受容された感がある。朝日新聞では「探偵小説」という広告も出ていたらしい。 https://t.co/ettn4ciWWu
RT @chiri_b_geo: 武者忠彦(2020)「人文学的アーバニズムとしての中心市街地再生」『経済地理学年報』66-4, 337-351. この論文、方法論をふまえた実証研究の面白さを感じます。工学的アーバニズムとの対比をしていますが、その単純な否定ではないように読めま…
RT @manjimal_sakaki: 森田敦郎「モノと潜在性 : タルド的視点に基づく機械の民族誌の試み(<特集>動くアッサンブラージュを人類学する)」『文化人類学』76(1)、2011年。https://t.co/MDWiwVfTX1
RT @Takashirouzu: つくばの四神門についてはこんな考察も.「つくばには四神相応のアイデアを取り入れた『都市ゲート』は有るのだが,実際の地形条件は四神相応を満たしているわけではない」【PDF】https://t.co/6PPjXZUoy2
RT @nekonoizumi: 赤阪俊一先生の「カール禿頭王は本当に禿げていたか」は、ヨーロッパの中世において頭髪が持っていた象徴的な意味や、容姿と男性性の関係など当時のジェンダーにまつわる議論もある面白い論文です。>RT PDFあり。 『埼玉学園大学紀要. 人間学部篇』1…
RT @hichachu: 結論 ChAdOx1 nCov-19によるワクチン接種はPF4に対する血小板活性化抗体を介する免疫性血小板減少症をまれに発症させる可能性があり臨床的には自己免疫性ヘパリン誘発性血小板減少症を模倣している。 →アストラゼネカワクチン PF4;血小板第4…
RT @parsifa18401874: 機先を制することを求められ、逐次投入になりやすい。一木支隊の研究では多くの考察が陣地攻撃の成否に焦点を当てられていたため、それに一石を投じるつもりで臨みました。拙稿は学術論文として取り上げられています。ご興味のある方は是非! https…
「日本原子力学会誌コラム」ってこれか。 "徳島文理高等学校3年 松本 杏奈" 東京のスダチ https://t.co/kMkp0sgnCA
RT @tanosensei: ヒムラーのミンスク視察の意義を考察した拙稿「ミンスクの藪の中:ホロコースト加害者の語りが照らし出すこと」が公開されました。DLはこちらから。 https://t.co/MDzxy3Jd47
RT @tanosensei: ヒムラーのミンスク視察の意義を考察した拙稿「ミンスクの藪の中:ホロコースト加害者の語りが照らし出すこと」が公開されました。DLはこちらから。 https://t.co/MDzxy3Jd47
RT @10ti3pin: #アジア研究図書館デジタルコレクション のデータを利用した研究を以下発表しております。厚く御礼申し上げます。 Linked Data化した典拠データとIIIFを用いた法帖の異版比較支援システムの開発 https://t.co/UWhuueeT8k…
RT @10ti3pin: #アジア研究図書館デジタルコレクション のデータを利用した研究を以下発表しております。厚く御礼申し上げます。 Linked Data化した典拠データとIIIFを用いた法帖の異版比較支援システムの開発 https://t.co/UWhuueeT8k…
RT @_____renji: 松原宏「経済地理学方法論の軌跡と展望」『経済地理学年報』59(4), 419-437, 2013 - https://t.co/y55yrFCX6s 経済地理学史について 主に50-60年代の経済地理学と地域構造論について書かれている 地域構造…
本棟造民家の分布と信濃小笠原氏支配地域の関連につ い て https://t.co/2O4r9BcAwR
メモ:商工省総務局復興第一課 編1948.賠償指定工場事業転換手続 https://t.co/6ZqkBxGcvj