M. Higashino (@61503891)

投稿一覧(最新100件)

RT @gnutar: こ、これは…。 ■情報処理 Vol.59, No.11 https://t.co/9ck2a2sAgf ディープラーニング活用事例と使いこなしの勘所:[画像処理分野]2.ラーメン画像からの全店舗識別 土井 賢治 情報処理, Vol.59, No.11…
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
#memo * [CiNii 図書 - エキスパート・システム最前線 : 統合化へ加速](https://t.co/FwNx39dAQx), 日経BP社, 1988
#read_after パブリッククラウドとオープンソースソフトウェアを用いたトラフィック分散型eduroam基盤「静大IoTE」の構築 https://t.co/AkBvuXsl4Q
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @IPSJ_SIGIOT: (5) ◯吉田 和幸, 池部 実, 吉崎 弘一(大分大学): 送信元メールアドレス検査によるspam検知とその効果 https://t.co/sKZUlxVjNP #ipsjiot
おぉ〜。 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 防災地図のカラーユニバーサルデザイン (KAKENHI-PROJECT-16K00720)” https://t.co/3SPfSNPuKW
RT @ceekz: 1年前に掲載された論文が論文賞候補としてノミネートされたみたい。面白い論文なので、この機会に読んでみてくださいな。 https://t.co/MB0Nmq3QUz / 日本の学協会誌掲載論文のオルトメトリクス付与状況 https://t.co/1MbPyf…
感冒罹患後嗅覚障害, 日鼻誌, 53⑴:68-70, 2014 https://t.co/y4I9XnFR6C
まってまって、科研費で焼肉に行けるってこと? / 他2コメント https://t.co/kcvAeCdaXT “焼肉の色変化と評価実験に基づく2 色覚のための肉の焼け具合判断アプリの 作成” https://t.co/7gj7dSW9pK
まってまって、科研費で焼肉に行けるってこと? / 他2コメント https://t.co/kcvAeCdaXT “焼肉の色変化と評価実験に基づく2 色覚のための肉の焼け具合判断アプリの 作成” https://t.co/7gj7dSW9pK
@niyalist これは…! / 焼肉の色変化と評価実験に基づく2 色覚のための肉の焼け具合判断アプリの作成, 日本色彩学会誌, 第41巻, 第3号 (2017年) https://t.co/cb4rLdyOX6
RT @k1ito: 最近NNの数学的定式化が一部で流行っているっぽいので昨日リプライで送られてきた論文紹介するけど。これ数学プロパーが深層学習を勉強するときに一番良いPDFではと思えるレベル。よくここまでサーベイできるなと。。。(200ページ以上あるので重い) https:/…
#memo / “多様な社会関係維持のための社会的グルーミングの多様性” https://t.co/gGBPjVcWms
RT @matsumotory: 我々の新しい研究報告が公開されました / “高集積マルチテナントWebサーバの大規模証明書管理と実運用上の評価 情報処理学会 研究報告” https://t.co/XeCmiManXQ
RT @o_ob: これを機会に共著者は自然言語系の研究者があとに役立ちそうな、著作や適切な引用のためのガイドライン、って研究を論文化するといいと思う。 拙著 「エンタテイメントシステムにおけるパブリックテストの重要性と同意書ガイドライン」 https://t.co/vbGQ…
RT @koujikozaki: 今月の人工学会誌に,昨年,神戸で開催されたISWC2016の会議報告を書きました.連携ハッカソンをはじめ,諸々の連携イベントについても紹介しています.こちらの記事は無料で読めます! #AI #lod https://t.co/AbLjYlyVLr
RT @koujikozaki: 本日ローンチされたNHKさんの「りかまっぷ」. 見た目にも楽しい! https://t.co/rFPgDmCg9r DBには一部で話題(?)のRDFストア「Stardog」を利用. データの詳細は,https://t.co/VWYtg64Cj8…
#memo 「~たて」に関する一考察 : 「~たばかり」との比較を 通して / “Instructions for use Title 「∼たて」に関する一考察 : 「∼たばかり」との比較を 通して Author(s) 中村, …” https://t.co/b8q5a9VKuc
あとでよむ。 / データ相互運用問題を支える技術 / “情報学広場:情報処理学会電子図書館” https://t.co/zd91qkLrA8
RT @printf_moriken: 今日知った面白い論文。 EverCopter: 落ちてしまったドローンの給電のために、如何にドローンの位置を認識するかの論文。世の中には画像の顔認識のライブラリに溢れていることから、機体の頭に人の顔の画像を貼り付けて認識させる。 ht…
RT @mshouji: CiNii 論文 -  行政情報化新時代(29)オープンデータ推進基本法を提案する https://t.co/gzk5bllWSC #CiNii
「プログラミングするプログラム -自動プログラム作成最前線-」 / “情報学広場:情報処理学会電子図書館” https://t.co/2lffKyaFFt
科研費の基盤研究(C)「疑似SNSを利用した実践的情報モラル教育法の開発と評価に関する研究」 https://t.co/RSZcx6igRk の分担に入れて頂いた。役割は教育法の開発に必要な擬似SNSのシステムを開発&評価すること。なお、代表にはOSSで開発してOKとの承諾済み。
RT @tera_sawa: 読んだ。調査データをまるで「実験データ」のように扱い、実験向けに開発された統計手法を採用してしまったため、共変量バイアスが除去できていない例。/CiNii 論文 -  小学校英語学習経験者の追跡調査と小・中学校英語教育への示唆 https://t.…
まさにこういうアプリがデバッグの対象なんだよなっ。 / 分散環境におけるモバイルエージェントの動的デバッグ手法に関する研究 https://t.co/zgONnThkDf
それな。 / 「若者たちはゲーム[…]から満足を得ているものの自分自身で創造は行っていません.「読む」 ことはできても「書く」ことができないという意味で,彼らはディジタル技術に対して流暢だとは言えないのです」 http://t.co/rxDzUezUve
掲載されていた。頑張らねば…。 / KAKEN 2015年 採択課題 分散環境におけるモバイルエージェントの動的デバッグ手法に関する研究 研究課題番号: 15K15982 総額4030千円 https://t.co/zgONnThkDf
RT @zick_minoh: CiNii 論文 - 日本語に基づく論理プログラム表現 http://t.co/1lMDNd7jmS 日本語で記述するPrologみたいな言語だけど変数を使わないことに重きをおいてる。 "孫とは子の子." が正しいプログラムになる。怖い。
“電子教科書の規格とEDUPUBの現状” http://t.co/fqRr3EfejL
1970年の機関誌…。 / “研究室における別刷の収集と整理” http://t.co/SjxpGEwNBH
RT @senryoAIIT: Ⅳ ビッグデータの利活用における課題 1 パーソナルデータの活用 http://t.co/SYwq6dlGtp Tポイントのドラッグストア利用、Suica事案、レセプトデータ解析に言及
RT @h_okumura: 3.11後の情報の混乱を扱った私の拙い英語論文,やっと出た。無料 https://t.co/YUcxSltmXY
いつの間にか掲載されてた。科研費 研究活動スタート支援「モバイルエージェントのデバッグ手法に関する研究」 https://t.co/O0AVjI2uXh
バックアップに使うストレージみたいに資源を長期間(あるいは永遠に)拘束しないと意味が無い場合は現在・未来モデルベースとは別のアプローチが必要なのかな? / ボランティアクラウドにおける市場指向のQoS割当て http://t.co/60iLAalU1q
#memo #link 血液型と性格は関係あると思う? http://t.co/RCYQULlOrY とその論文 https://t.co/Y2oh7yprK3
RT @khcoder: #研究事例リストに追加しました:吉見憲二 2012 「ポイント付与がユーザー行動に与える影響に関する研究」 『社会情報学会(SSI)学会大会研究発表論文集』 2012: 243-246 http://t.co/3oPEtn7MBx
3Dプリンタとか流行ってるけど家庭用あみぐるみマシンとかできたらデータ共有して面白いこと沢山できそうだよなー。 / “CiNii 論文 -  あみぐるみのための3次元モデリングと製作支援インタフェース(<特集>インタラクティブシス…” http://t.co/jo0v8j8Vzl
#memo #link NetCOBOLのHadoop連携機能の開発と実践事例 https://t.co/M0xhU4n712
RT @call_me_nots: おいやめろ / “CiNii 論文 -  マイクロブログの投稿時間に着目したユーザの職業推定に関する研究” http://t.co/t73536RGtJ

お気に入り一覧(最新100件)

◎高橋 昌士, 猪俣 敦夫(東京電機大学): 機械学習を用いた巧妙なフィッシングメールの識別方法の検討 https://t.co/t80sgzWntI #ipsjiot
◎周 家興, 廣瀬 幸, 柿崎 淑郎, 猪俣 敦夫(東京電機大学):API間の相関性に基づくランサムウェア亜種を区別する提案 https://t.co/EgtX1L9shH #ipsjiot
“CiNii 論文 -  Twitterにおける「新しいミ形」” https://t.co/an2D03YWiJ
総説原稿の校正を英文校正業者に依頼したら、全く別のグループから勝手に投稿され掲載されていた、、、、Tohoku Journal of Experimental Medicineに出た驚きのリトラクション告知です。 https://t.co/0ZszXpZxYi
社心研でLasso使った論文もOSFにあげた資料全部つけて投稿したけど,Lasso自体にはひとことも突っ込まれずに通ってしまった.そういうことは起こりますが,ある統計法を使ったことがリジェクト理由になるほど国内(社会)心理系の人た… https://t.co/OMyQxQllqR
リンク先間違えてたので再掲。今月の情報処理学会誌に掲載されました。ページの背景にちょっと驚き。特集には納骨堂僧侶の方、住職の方の記事もあります。「弔いと技術革新:2.死後のデータとプライバシ」情報処理, Vol.59, No.7,… https://t.co/udW6cxC60l
早稲田大学の木村さんのご発表。 / 意見の一貫性のなさによる圧力と沈黙を考慮した意見形成モデル https://t.co/ehMQI5uT2m #jsai2018 (O会場)
トップ10%論文数は例えば https://t.co/IH5zzCGxNX の60ページ下。10年間で全世界は+62%なのに日本だけ見事に減少。 https://t.co/Z0BEvm0f8a
"情報学広場:情報処理学会電子図書館" https://t.co/52fnliEpdE 「カーネル内部データのプロセス間分離による堅牢性の向上」 これは凄いなあ。出来るんだ。
2000年の論文だが、地理を専門としない高校教員が地理を教えるに際して、難しいと考える分野は、「気候」「地形図の読図」「世界地図(図法)と時差」「地域調査」などだという。「地理を専門としない教員の高校地理教育に対する意識」新地理48 https://t.co/mQJPCAsFEV
(´-`).。oO( 法律の文章,難しすぎる….なんか,法令工学 https://t.co/CxjgOW6YYm といって,法律文書をコンピュータで形式的検証をする分野もあるみたいですけれど,論理の検証はできるかもしれませんが,法… https://t.co/glaB7sO9ZG
「情報管理」2018年3月号 連載:「情報」とはなにか第10回 ■情報☓文理融合 情報学的転回のかなたへ 連載最終回は西垣通氏。「情報学的転回」は20世紀初頭の「言語学的転回」を踏まえた新たな変化を指す。いま本格的な情報教育が必要… https://t.co/dnY2cjBYrh
甘利さんの「情報幾何の生い立ち」 https://t.co/dpyiWlrUkd における 5. 大型プロジェクト研究と個人の創意 の章を読もう
柿食べまくると柿成分が胃の中で大きな石になる「柿胃石」、胃潰瘍や腸閉塞おこして怖いんだけど、柿胃石にコーラをかけまくり溶かして解決する医療報告が時々出てくるの面白い。患者の爺さん炭酸キツくて開栓後しばらくしてから飲んでたのがバレて… https://t.co/XPsffBw0S3
・絶対音感は周波数依存の聴覚情報に対して言語ラベルを与える能力 ・〃保持者は、音高刺激から音高名を言語的に符号化する過程が自動化している ・〃保持者は、課題の際にピアノ音を聞かせると言語中枢・実行機能の位置する部位が非保持者より活… https://t.co/wk36kZsUaE
日本語単語ベクトルの構築とその評価 https://t.co/FSuOcvNZ02 日本語はword2vecもGloVeもそれほど分散表現として性能が出ない可能性があることを指摘,ですか….語の類推/文完成タスクではN-Gramに負けるという…
昨日に発表された科学研究のベンチマーキング 2017 https://t.co/q21OZmLtNn ここ10年、すべての分野において、日本の論文は数も質も国際ランク低下。。ああ。。 https://t.co/FEwoN5jZm3
オープン・ガバメント時代の政府情報アクセス制度・政策と図書館・文書館等の役割 政府情報/情報公開/アーカイブズ/公文書/文書館/オープンデータ/ガバナンス/デジタル・アーカイブ https://t.co/b3MtA6Ih4l #オープンガバメント #opengoverment
"大学におけるレポートに関する学習経験は就職活動結果に対して有効なのか―X大学の社会科学分野の大学4年生に対する質問紙調査―" / “大学改革支援・学位授与機構学術機関リポジトリ” https://t.co/9X2CMG2MO0 #学修成果 #学習
“CiNii 論文 -  日本語文書処理における入力方法の標準化過程 ” https://t.co/JUbgYkTrOe
雑誌『ニュートン』問題に関しては、この記事も多少は参考になるかと思うので紹介: CiNii 論文 -  我が国における科学雑誌の歴史 : 総合科学雑誌を中心として(<特集>学術誌・科学雑誌の350年) https://t.co/3mmSuNQkFE #CiNii
CiNii 論文 -  データサイエンティスト女子座談会 現場の"勘"をデータで補強 日経情報ストラテジー https://t.co/RB6eJgMX7G #CiNii
CiNii 論文 -  現代大学生における友人関係への態度に関する研究 : 友人関係に対する「無関心」に注目して https://t.co/31OC0eeQyJ #CiNii
固視微動と呼ばれる眼球運動ですね。 こちらにその種類と周波数が載っているので、参考になるかもしれません https://t.co/BirzT076EQ https://t.co/i4PIsH9x2k
類似の研究には例えば松澤先生たちの「ビジュアル-Java相互変換によるシームレスな言語移行を指向したプログラミング学習環境の提案と評価」があります。 https://t.co/hxBS4PGipd @ukkaripon
CiNii Articles -  情報銀行システムにおける個人情報蓄積機構の機能設計と実装 https://t.co/fMCPZCURjG
#研究事例リストに追加しました:北村瑞穂 2016 「シラバスにおける授業目的と成績評価方法の変化 ―テキストマイニングを用いた探索的研究―」 『四條畷学園短期大学紀要』 49: 58-74 https://t.co/jInmwJsgWm
https://t.co/5UoByPp5Iw うちの大学の学生の自殺事例の研究という、なんとも救いようのない論文。保健管理センターが書いたらしい。
教師が協調学習場面で足場はずしを行う際の観点, 坂本篤郎, 堀田龍也, 山内祐平, 日本教育工学会論文誌 33 (Suppl.〉,pp.85−88, 2009 https://t.co/P8QQI9zfbt
調査研究報告 GISを用いた鳥取県におけるクマタカ(Spizaetus nipalensis)の潜在的生息地の推定と生息地保護に関する検討 伊藤 史彦1), 長澤 良太2), 日置 佳之2) / “GISを用いた鳥…” https://t.co/bpDkyoIucY #環境GIS
【地理学評論掲載論文】桐村 喬 2006.遺伝的アルゴリズムによる小学校通学区域の設定-大阪府吹田市を事例として,地理学評論79,154-171.https://t.co/jax9XQ8L3W
小さくてもキラリと光る仕事を https://t.co/gxOT8S5QuH "真に独創的な仕事をするには,世間で行われていることを楽々と吸収する余裕か,そんなものをはじめから問題にしない学問的超俗性が必要なのだろう."
“CiNii 論文 -  字数制限は, 書き手の文章産出活動にとって有益であるか?” https://t.co/5HfYXUPqFG
厳密性の追及 https://t.co/wtxStU8ilp や心理臨床学 http://t.co/6kAVbnnXtW 心理治療 http://t.co/mHpNLaQDyE の専門資格化を目指したのと専門性を薄めた http://t.co/o7pg7q4wcF のが共闘
厳密性の追及 https://t.co/wtxStU8ilp や心理臨床学 http://t.co/6kAVbnnXtW 心理治療 http://t.co/mHpNLaQDyE の専門資格化を目指したのと専門性を薄めた http://t.co/o7pg7q4wcF のが共闘
この手の問題だと、竹内郁雄さんがいい論文書いていたなと思って検索したら、考えていたのと違う(私はWOOCで発表した奴を想定)けどもっといい論文が出てきた http://t.co/aGckv0jytk (PDF)
#研究事例リストに追加しました:大木俊英 2015 「テキストマイニングを用いた高校生英語学習者のニーズ分析 ―大学受験予定者と非予定者の比較―」 『白鴎大学論集』 29(1/2): 193-216 http://t.co/KbUzqu6Z66
http://t.co/EoOw82Lb71 GitHub上の活動履歴分析による開発者分類 分類されちゃうのかー
アルゴリズム自体の論文は https://t.co/Lg6IkiCIk5 これ
博士論文公開に関わる権利上の問題を解説してる。事務に問い合わせれば得られる回答も、この文書に書いてあるとうれしいなぁ。 / 博士論文と著作権 http://t.co/nwowutnqke
おんなじこと英語教育でやる人いないかな。(M2の皆さん、修論のテーマにどうですか。今からでも遅くないですよ!)/CiNii 論文 -  国会における日本語教育関係議論のアクターと論点--国会会議録の計量テキスト分析からの概観 http://t.co/5fdjVYFO1g
@TakaoOzaki 「論理プログラミングの基礎」という本があり、Prologのふたつの意味論について議論しています。 http://t.co/RwziJRUn2O

フォロー(2175ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(11月分)】育児期父親の幸福感・育児関与と生活スタイル・妻からの役割期待との関連https://t.co/kbCbgvjTNZ 日本語アブストラクトはこちらhttps://t.co/Gtco8cx4Jf
RT @jgda_pr: 【実験社会心理学研究・掲載論文】村山綾・三浦麻子(2014) 集団討議における葛藤と主観的パフォーマンス―マルチレベル分析による検討― https://t.co/i4WChcFi5b
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/w9OmGp6GXb
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/w9OmGp6GXb
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/w9OmGp6GXb
@shinjiyamane IEEEのEADは、ガイドラインなので綱領ほど強い強制力はないようです。 LSRについてはどういう倫理的懸念があるか、という踏み込んだ議論が必要かなと思っています (例えば→… https://t.co/j4LKaorCpc
画伯を第1著者とする共著論文が『心理学研究』で早期公開されました.どなたでもお読みいただけます. 田渕恵・三浦麻子 中・高齢期の親子・夫婦における制御焦点の類似性 https://t.co/ICDf7dKMu9
RT @shinjiyamane: #boycottACE 問題の核心は議長なんですが、セクサロイド会議の同時開催でセクサロイド研究も攻撃対象になってる.ハンディキャップ支援など真面目な視点からkawaiiロボットに取り組んでいる人はACE2018やDr.Levyとは違うという…
RT @k_ten87: @finalvent @koshian ○○的は英語の○○ticが元と聞いたことがある。 https://t.co/O4B6MDJ6od
RT @ktgis: 埼玉県東部の江戸川と古利根川の間には散村が見られるが、分家する際に微高地を選んだためという。人文地理7 巻 (1955-1956) 「関東低地における散村の成立と微地形」https://t.co/fklyJgukw4 https://t.co/J4a…
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/UWy34VkdyK
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/UWy34VkdyK
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/UWy34VkdyK
RT @sugar57527: 昨今、色んな大学がレポートや論文の書き方、体裁の整え方をわかりやすい資料にしてくれているんだけど、実はうちの大学もちゃんと用意してあって、それがこれ。「書き方のポイント : 論文・レポートを書く前に」https://t.co/19RFsEjiro
RT @takusansu: #超算数 「浪川幸彦氏の文献」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/uiVmQJ3glL 21世紀の数学リテラシー : 科学リテラシーとの関係を視野に 浪川 幸彦 2009年 科学教育研究 https://t.co/vRV…
RT @r_itose: SF研究とは少し違うが、以前HP「ドイツミステリーの館青猫亭」を開いてた福本義憲によるドイツミステリー論。20年代ウィーンのオーストリア人作家オットー・ゾイカをマイリンク、レオ・ペルッツ、クビーンに言及しつつ論じる。探偵小説へ重点。同著者はフランク・ア…
メンヘラとまではいかないですが、NAIST知能コミュニケーション研究室では、感情表現を用いて説得を行う対話システムを卒業生の子が研究していました。現在もM1の子がある程度引き継ぐ形で研究が続いています。 https://t.co/NmYJBWH489
RT @golden_lucky: 「猫にはわかる量子プログラミング」、すごそうだった(編集したくないという意味で) https://t.co/FvKYSGcIwo
「猫にはわかる量子プログラミング」、すごそうだった(編集したくないという意味で) https://t.co/FvKYSGcIwo
RT @yukofelix: 大正期のイタリア人考古学者を通じた日伊交流についての論文が刊行されました。https://t.co/nMAacHdteq さっき雑誌の編集後記を読んでみたら、私の論文が西洋史ではなく考古学の論文としてカウントされていたのが衝撃でした。抜き刷りお送り…
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/l4LPRT7veR
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/l4LPRT7veR
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/l4LPRT7veR
RT @temmusu_n: @kamo_hiroyasu @UFOprofessor @genkuroki @nekomath271828 @ceptree 張替俊夫さんの『九章算術』訳注稿(25)https://t.co/VEkmILoydBによると、負数は多元一次方程式の…
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/YKP9lDsyWO
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/YKP9lDsyWO
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/YKP9lDsyWO
J-STAGE Articles - 鼻濁音考(特別講演1,音声学会2010年度(第24回)全国大会発表要旨) https://t.co/jiLZzWYIbk 国研の先生です J-Stageに鼻濁音関連が結構ある.ファイッ!! https://t.co/CKaymMgavk
「やったことはきちんと論文としてまとめる」… 大学人として心がけ続けたい.Publish or Perish. "Developing University-wide Authentication and Authorizatio… https://t.co/fxIHRH0hBF
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/QeEltogRkM
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/QeEltogRkM
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/QeEltogRkM
RT @shima__shima: AI学会誌に執筆しましたKDD2018の会議報告が公開されました: https://t.co/q1Ic8ALtoP 会員以外でも無料でご覧いただけます.
“JAIRO | ジュゴンの肋骨製サイコロ : 製作上の技術的検討など” https://t.co/WvTIOiyZQO
E. Cassirer, Ziele und Wege der Wirklichkeitserkenntnis https://t.co/Ak8KkCEYMV #CiNii
マイクロスリップ現象を HCI 研究に活かす https://t.co/id5EesetmB
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/TzNRaCNFRz
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/TzNRaCNFRz
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/TzNRaCNFRz
#研究事例リストに追加しました:越中康治・目久田純一 2018 「放課後児童クラブにおける高学年児童の受け入れに対する認識 ―テキストマイニングによる自由記述の分析から―」 『宮城教育大学情報処理センター研究紀要 : COMMUE… https://t.co/LG0YYbQu1S
#研究事例リストに追加しました:越中康治ほか 2018 「就学移行期における障害のある子どもに関する記録物の作成と活用に関する実態調査 ―就学前施設と小学校を対象として―」 『幼年教育研究年報』 40: 49-60… https://t.co/J1lVBWuhM0
【地理学評論掲載論文】財城真寿美・塚原東吾・三上岳彦・コネングンター 2002.出島(長崎)における19世紀の気象観測記録.地理学評論75: 901-912.https://t.co/JGdSLR8IVT
【地理学評論掲載論文】本間昭信 2002.視覚障害者の移動環境評価とモビリティ規定要因.地理学評論75: 887-900.https://t.co/FVlTsmSgyA
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/nAVc7rkzAP
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/nAVc7rkzAP
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/nAVc7rkzAP
RT @KazumichiH: そこでの私の話は、デバンキングがもはや現実との検証ではなくデータベースとの照らし合わせになっている(真実か否かが現実と無関係になっている)ということで、仏語かつ図版省略という代物ですが論文化したものがこちらに転がってます…。https://t.c…
RT @tanji_y: ドイツでは、野放しだった教育機関での生徒への体罰が禁止された。それを先導したのがアリス・ミラーの著書群だったのは間違いない。 彼女はヒトラーを被虐待児としてみてドイツ社会を震撼させた──私が松本智津夫をそうみたのはその応用。 (出典・翻訳者の山下公…
そしてダイマです.石原茂和 (2008) Morphometricsと感性工学への応用 (特集 感性の数理的アプローチ), 感性工学,8(1), 12-23 https://t.co/zKX6BpYNaG #CiNii
RT @bms_pr: 【最新の論文をご紹介いたします】 大江 基貴, 越智 義道, 後藤 昌司(著) 共変量を伴う平滑化ROC曲線のセミ・パラメトリック推測 https://t.co/XYtx8md9VL
【最新の論文をご紹介いたします】 大江 基貴, 越智 義道, 後藤 昌司(著) 共変量を伴う平滑化ROC曲線のセミ・パラメトリック推測 https://t.co/XYtx8md9VL
RT @tzhaya: ご講演でご紹介のあった、北大附属図書館さん作成「オープンアクセスとハゲタカジャーナル」資料はこちら:https://t.co/RaNueV4zpm #sparcjp201803
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/o850aVdfEi
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/o850aVdfEi
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/o850aVdfEi
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/g40x6tUKaa
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/g40x6tUKaa
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/g40x6tUKaa
北方領土返還、これが最後のチャンスだ!(5年ぶり3回目) https://t.co/Yl2jvIRVED https://t.co/9u06TujOs3
北方領土返還、これが最後のチャンスだ!(5年ぶり3回目) https://t.co/Yl2jvIRVED https://t.co/9u06TujOs3
RT @RyotaMugiyama: 先日日本社会学会にて奨励賞をいただいた、『家族社会学研究』掲載の論文がJ-Stageにて電子公開されました。キャリアという縦断的な観点から、どのような雇用形態や職業に就く人がより結婚しやすい(しにくい)のかを分析しています。 ご興味ある方は…
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/6FGhJTzNSF
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/6FGhJTzNSF
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/6FGhJTzNSF
Constructions et figures de l’altérité dans le Japon moderne (1868−1912) : Débats sur les origines des Aïnous et de… https://t.co/NomghMYPQU
RT @xhioe: 井下田貴子ほか(2017)「若年層韓国語ソウル方言における/o/と/u/の言語変化の一側面」 https://t.co/6wsfCP4ypH
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/Llgz5Y0XMZ
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/Llgz5Y0XMZ
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/Llgz5Y0XMZ
RT @asarin: 今年初めに『行動計量学』誌で刊行された論文がJ-STAGEに搭載されました. 三浦麻子・小林哲郎「オンライン調査における努力の最小限化が回答行動に及ぼす影響」 https://t.co/XExvVKUnKt
今年初めに『行動計量学』誌で刊行された論文がJ-STAGEに搭載されました. 三浦麻子・小林哲郎「オンライン調査における努力の最小限化が回答行動に及ぼす影響」 https://t.co/XExvVKUnKt
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/vb9eqq7fHn
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/vb9eqq7fHn
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/vb9eqq7fHn
RT @oxyfunk: 「メディア史とメディアの歴史社会学」『マス・コミュニケーション研究』(第93号)が公開。メディア史と歴史社会学をレビューした上で、『〈広告制作者〉の歴史社会学』と『オリンピック・デザイン・マーケティング』の方法論についてまとめたもの。https://t…

フォロワー(723ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @k_ten87: @finalvent @koshian ○○的は英語の○○ticが元と聞いたことがある。 https://t.co/O4B6MDJ6od
RT @ktgis: 埼玉県東部の江戸川と古利根川の間には散村が見られるが、分家する際に微高地を選んだためという。人文地理7 巻 (1955-1956) 「関東低地における散村の成立と微地形」https://t.co/fklyJgukw4 https://t.co/J4a…
【地理学評論掲載論文】財城真寿美・塚原東吾・三上岳彦・コネングンター 2002.出島(長崎)における19世紀の気象観測記録.地理学評論75: 901-912.https://t.co/JGdSLR8IVT
【地理学評論掲載論文】本間昭信 2002.視覚障害者の移動環境評価とモビリティ規定要因.地理学評論75: 887-900.https://t.co/FVlTsmSgyA
RT @tanji_y: ドイツでは、野放しだった教育機関での生徒への体罰が禁止された。それを先導したのがアリス・ミラーの著書群だったのは間違いない。 彼女はヒトラーを被虐待児としてみてドイツ社会を震撼させた──私が松本智津夫をそうみたのはその応用。 (出典・翻訳者の山下公…
RT @bms_pr: 【最新の論文をご紹介いたします】 大江 基貴, 越智 義道, 後藤 昌司(著) 共変量を伴う平滑化ROC曲線のセミ・パラメトリック推測 https://t.co/XYtx8md9VL
RT @tzhaya: ご講演でご紹介のあった、北大附属図書館さん作成「オープンアクセスとハゲタカジャーナル」資料はこちら:https://t.co/RaNueV4zpm #sparcjp201803
RT @asarin: 今年初めに『行動計量学』誌で刊行された論文がJ-STAGEに搭載されました. 三浦麻子・小林哲郎「オンライン調査における努力の最小限化が回答行動に及ぼす影響」 https://t.co/XExvVKUnKt