著者
貞包 英之
出版者
山形大学
雑誌
山形大学紀要. 社会科学 = Bulletin of Yamagata University. Social Science
巻号頁・発行日
vol.43, no.2, pp.93-110, 2013-02-15

In this paper, we elucidate how suicide related to life insurance has played a crucial role in the social life of Japan since World War II. In particular, since Japan’s period of high economic growth, it has been observed that suicides by middle-aged men, who tend to have higher life insurance subscription rates than other people, have drastically increased and that economic problems have occupied a more important role as the cause of such suicides. This transformation has a significant connection with the rapid spread of life insurance, which has been caused by the growth of the finance systems of small- and medium-sized enterprises, as well as the development of the nuclear family during the postwar period. Life insurance has supplied a large amount of capital for these enterprises and has enabled families to survive after a loved one’s death. As a result, suicide in connection with life insurance has been deeply imbedded in contemporary Japanese life. This reason for suicide has been utilized as a major means of donation to others and a symbolic challenge to the wealthy. Although it is estimated that suicide in connection with life insurance is now decreasing due to the transformation of economic conditions since 2000 and the changes in life insurance agreements, this sociological significance of suicide has not been lost.
著者
永塚 昌仁
出版者
山形大学
雑誌
山形大学歴史・地理・人類学論集 (ISSN:13455435)
巻号頁・発行日
vol.8, pp.36-54, 2007-03-20

キーワード:護持僧, 鎌倉殿, 鎌倉幕府, 九条頼経, 宗尊親王
著者
戸室 健作
出版者
山形大学
雑誌
山形大学紀要. 社会科学 (ISSN:05134684)
巻号頁・発行日
vol.43, no.2, pp.35-92, 2013-02

The purpose of this paper is to examine by comparing the poverty rate, the take-up rate of a livelihood protection system and the working poor rate in 47 prefectures and 4 periods. I could calculate the poverty rate and the working poor rate by requesting the National Statistics Center to rearrange the data based on Ministry of Health, Labour and Welfare, Employment Status Survey, (1992, 1997, 2002, 2007). As a result of the examination, the poverty rate and the working poor rate in Okinawa prefecture, Kyushu District except Saga prefecture, Shikoku District except Kagawa prefecture, 3 prefectures(Wakayama, Osaka and Kyoto) in Kansai District, Aomori prefecture and Hokkaido prefecture are always high. Conversely, these rates in the region from east of Shiga prefecture to west of Yamagata prefecture except Yamanashi and Hukushima prefectures are always low. But it is noteworthy that the gap of the poverty rate and the working poor rate among prefectures is shrinking for high rank. And the average of the take-up rate in top ten prefectures which are high take-up rate is falling, and the average of the take-up rate in bottom ten prefectures which are low take-up rate is falling too. And the gap of the take-up rate among prefectures is expanding.
著者
清塚 邦彦 キヨズカ クニヒコ Kiyozuka Kunihiko
出版者
山形大学
雑誌
山形大學紀要. 人文科學 (ISSN:05134641)
巻号頁・発行日
vol.15, no.2, pp.19-50(302-271), 2003-02-17

In a series of papers, Kendall L. Walton argued that photographs are like mirrors, glasses, telescopes and microscopes, in that they function as "aids to vision" and that, in this respect, they are sharply contrasted with hand-made pictures, such as drawings and paintings. Walton expressed this point by saying that photographs are "transparent pictures" while hand-made pictures are not. This I call "transparency thesis". This is an elaborated form of a widely held opinion that photographs are intrinsically realistic because of their mechanical origin. In this paper, I examine objections raised against Walton's thesis and argue that the thesis is still a promising hypothesis about the nature of photographs as well as the concept of perception in general.
著者
阿部 宏慈
出版者
山形大学
雑誌
山形大學紀要. 人文科學 (ISSN:05134641)
巻号頁・発行日
vol.15, no.4, pp.103-134(216-185), 2005-02-15

La difficulte de la problematique de la representation dans les films documentaires consiste a l'ambiguiite du statut du《reel》des faits (re-) presentes. Les films documentaires, en tant qu'un regime de re-presentation figurative, ne presentent pas des faits《reels》《tels qu'ils sont》. Ils ne presentent que des faits filmes, c'est-a-dire du passe represente au present. Le statut du《reel》bascule entre la《realite》du passe et la 《realite》de l'actuel. D'ou la necessite de reconstituer le passe par des decoupages, des montages, et parfois par la 《mise en scene》souvent condamnee comme《factice 》. Ce refus de la《mise en scene》, ce besoin de la《fidelite》au《reel》constitue cependant une particularite singuliere du genre《documentaire》. C'est un pacte qui implique et l'auteur et le spectateur dans le jeu de《sincerite》et de《responsabilite》a la realite representee. L'approche proposee ici, a travers une analyse des deux films documentaires de Rithy Panh, se structure autour de la question du《reel》en face de la reconstitution mnemonique. Dans ces films, l'《actuel》ne peut pas se presenter sans evoquer le《passe》. Le《reel》de l'actuel est toujours conceme par la《realite》du passe: la memoire du genocide. L'auteur doit travailler, cependant, avec la conscience de l'impossibilite de representer cet evenement dans sa totalite absolue. D'ou le choix de l'auteur comme methode: ecouter les temoignages (du passe) et rester lui-meme un temoin de ce qui se passe (au present) dans la situation qu'il a creee (confrontation des《bourreaux》avec les victimes).
著者
横山 潤 福田 達哉
出版者
山形大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2008 (Released:2008-04-01)

本研究では、アーバスキュラー菌に依存する菌寄生植物を対象に、菌根菌との対応関係,栄養摂取様式に関連した菌根菌との対応関係の変化、および炭素源移動に関連する生理的機能を明らかにして、植物の従属栄養性の進化を総合的に解析することを目的とした。菌寄生植物とリンドウ科植物の菌根菌の分子同定を行なった結果、Glomus Group A系統に属する菌が菌根を形成していることが明らかになった。これらの菌類は周辺植物、特にハナヤスリ科植物から高頻度に検出された。菌寄生植物やリンドウ科植物から得られた菌根菌の炭水化物トランスポータ遺伝子には、栄養摂取様式と関連する変異は見つからなかったが、発現量が栄養摂取様式と関連している可能性が示唆された。
著者
清塚 邦彦
出版者
山形大学
雑誌
山形大学人文学部研究年報
巻号頁・発行日
vol.1, pp.37-64, 2004-02-25

以下において検討を加えたいのは,ネルソン・グッドマンが『芸術の言語』(第2版,1976年 ― 引用の際にはLAと略記)をはじめとする著作の中で提示した絵画に関する記号論的分析であり,特に,絵による描写・再現の働きについての分析である。グッドマンの記号論については,「例示(exemplification)」の概念に関わる部分については別稿(清塚[1999a])において詳細な検討を行った。今回の論考は,それと対をなすrepresentationの概念を主題とする続編に当たるものである。この主題についてはすでに別稿(清塚[2002])において,やや異なる文脈の中で部分的な形で紹介・検討を加えたことがあるが,本稿の課題は,絵による描写・再現と関わるグッドマンの理論をより完全な形で紹介し,それに対する修正提案の方向を明確化することにある。
著者
大村 一史
出版者
山形大学
雑誌
山形大学紀要. 教育科学 (ISSN:05134668)
巻号頁・発行日
vol.15, no.2, pp.131-142, 2011-02

要旨:注意欠陥・多動性障害(attention-deficit/hyperactivity disorder:ADHD)は衝動性、注意散漫や多動を特徴とする発達性の行動障害であり、神経伝達物質のドーパミンの異常や、前頭葉-線条体(fronto-striatal)のシステム不全が指摘されている。ADHDの生物学的基盤が明らかになりつつも、未だにADHD診断の基本は行動特徴に基づく判断基準に依っている。この背景には、ADHD固有の決定的な生物学的マーカーが存在しないという理由がある。これにより現実的な診断場面においては、ADHDを規定する難しさがつきまとう。近年、実行機能という観点から、ADHDの本質的な障害が衝動性(行動制御の弱さ)にあり、その認知過程を反映する指標として事象関連電位(event-related potential:ERP)が有効であることが示されてきている。本論文では、行動抑制を対象とした認知課題の観点からADHDにおけるERP研究を選択的にまとめ上げ、ADHDの実行機能を評価する指標としてのERPの適用を検討する。
著者
園田 博文 中村 孝二 齋藤 昭子 横山 優子
出版者
山形大学
雑誌
山形大學紀要. 教育科學 (ISSN:05134668)
巻号頁・発行日
vol.14, no.4, pp.57-81(415-439), 2009-02-15

要旨 本稿は、散在地域の典型例とも言える山形県を例として、詳細な実態調査を行い、現状を示し、課題や問題点を指摘したものである。まず、JSL児童生徒(JSLとは、Japanese as a Second Languageの略で「第二言語としての日本語」を指す)の定義を明確にした上で、散在地域における小学校、中学校、高等学校の現状を示し、課題を提示した。関連して、ボランティア団体の行動についても考察を行った。今回の実態調査では、文部科学省が行っている調査だけからは見えてこない面を指摘することが出来、問題の所在が明らかになった。今後、より正確な実態の把握に努め、分析を進めてしいく。本研究を拠り所として、各方面において、実際に問題を解決していく取り組みがなされることを望む次第である。
著者
今野 健一 高橋 早苗
出版者
山形大学
雑誌
山形大学法政論叢
巻号頁・発行日
vol.36, pp.57-77, 2006-03-31

はじめに 2005年10月未から11月半ばにかけて、パリの郊外を中心にフランス全土で、大規模な「暴動」(emeutes)が起こった。4人の死者と多数の負傷者、およそ1万台の自家用車への放火、その他膨大な物的損害をもたらし、外国メディアからは<内戦>とまで(かなり大げさに)表現された。ただ、この現象の社会的意味を見定めることは、実はそれほど容易なことではない。暴動の発火点となった大都市「郊外」(banlieues)のフランス的特質や、郊外の大規模公営団地(シテ〔cite〕)に住まう移民出身の住民たちの来歴と生活の現状、(平時)でも1日に90台以上もの車が放火されるという「都市暴力」(violencesurbaines)と今回のような「暴動」の原因と特質、さらに、「郊外」の(社会的困難を抱えた地区)(quartierssensibles)でしばしば若者と衝突する治安部隊(警察・憲兵隊)の運用を中心とするセキュリティの法政策の特質などを考察の姐上に載せる必要がある。問題は多岐にわたり、それぞれが深刻である。本稿では、今回の「暴動」の発生の経緯と事態の推移をフランスの新聞等の報道から再構成した上で、「暴動」に潜む問題事象の幾つかの側面(郊外における若者の都市暴力と移民問題、政府による犯罪予防・治安対策の変遷と特質)につき、限定的ではあるが検討を加え、現時点における我々なりの問題状況の図式化を試みたい。
著者
中村 唯史
出版者
山形大学
雑誌
山形大学人文学部研究年報
巻号頁・発行日
vol.3, pp.29-44, 2006-02-20

日本のある種のマンガ(いわゆる「少女マンガ」)には,一時期,他の芸術にはない独自の言語位相が認められた。図1における中央部白ヌキの言葉は,その一例である。1981年にこのページに驚いた私は,その後少女マンガをよく読むようになったが,それは主としてこの位相に引かれたためであった。これはマンガを描く能力を持たない私のような者には,なかなか実現できない位相である。このような言葉は,他の芸術ジャンルでは,たとえマンガの隣接領域である文学やアニメにおいてさえ,作り出すことが容易ではない。白ヌキの言葉(「ハンプティ/ダンプティ/死んでしまった/白ねずみ, くだけた/ガラス/食べちゃった/お菓子,すべて/もとには/もどらない」) それ自体はいうまでもなく『マザーグース』の歌詞であり,文学の領域においてすでに実現されているものだ。したがってこの言葉が少女マンガ独自の位相を帯びているというのは,言葉それ自体によるのではない。この言葉と作中人物たちとの関係や,この言葉が作品世界で果たしている役割が,他の芸術ジャンルにはあまり見られないようなものなのである。この位相を持つ言葉は,形態面についていえば,吹きだしや枠で囲まれることなく,いわばむき出しで画面上に配置されている場合が多い。本稿はこの少女マンガ独自の言語位相の考察を目的とする。ただしここで対象とする言葉の位相は,1970年代から80年代にかけて発達し,一部の少年マンガや劇画にまで影響を及ぼしたものの,1990年前後を境に急速に衰退して,現在ではすでに少女マンガにおいてさえアクチュアルな位相とは見なされていない。1990年代以降に登場した描き手たちの多くは,この言語位相の使用を好まない。
著者
河野 芳春
出版者
山形大学
雑誌
山形大學紀要. 教育科學 (ISSN:05134668)
巻号頁・発行日
vol.13, no.1, pp.31-66, 2002-02-15

本研究は1996年に開始したJ. S. バッハ無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ(BMV1001~6),全6曲からなるチクルス研究のプロセスをなす。今回は5曲目の無伴奏ソナタ第3番ハ長調BMV1005をとりあげ,チクルスにおける作品の意義について考察し,その奏法に自らのヴァージョンを構築することを目的とする。そのために本稿を3部に分け,既に山形大学紀要(教育科学)第11巻第4号に記した所感を増補する形で第Ⅰ部を進める。第Ⅱ部は調性感について触れ,続く4項目に楽曲を構成する楽章をそれぞれ対応させ,従前のソナタ第1及び2番を含めて比較的考察を行なう。第Ⅲ部においては本曲の奏法に絡む運弓法,運指法,強弱法等について,ここ百年に及ぶ13の版を照査し,それらの特長,相異等踏まえたうえで,自らも案出。これらに関連して他の文献をも参照するが,基本的にバッハ(以後J. S. を省略)の自筆譜に基づく原典版U. T.(Urtextの略)※を奏出の理念に据える。音楽表現の直接的手段は演奏であり,このような筆述は副次的なものと見なされがち。しかし,奏法を見極めるための視野を広め,表現の拠り所を見い出し,そこに新たな確信を得ることも有意と考える。今後さらに踏み込んだ表現内容を展開すべく,研究を進めていく所存である。 ※原典版(Urtext) JOH. SEB. BACH SECHS SONATEN UND PARTITEN FUR VIOLINE SOLO G. HENLE VERLAG MUNCHEN 1987 By studying the Unaccompanied Violin Sonata No.3 in C major BWV1005 by J. S. Bach, it is possible to have glimpses of the composer's image as an individual person through his lifestyle. This is none other than the image of Bach maintaining to the very end of his life his rhythm between the ordinary as a human made of flesh and blood and the extraordinary as a superhuman musician,and I find myself reaching a state filled with love and respect for him. In1720, Bach who was thirty-five years old with four children lost Maria Barbara, his wife of thirteen years and, towards the end of the following year, remarried Anna Magdalena, a young soprano singer sixteen years younger than him, and he was to be blessed with a total of thirteen children in his lifetime. This dramatic light and darkness symbolizes the main stream of the Zyklus consisting of six pieces, and this paper attempts to identify the blessings brought by Bach's improved fortune within the contents of his work. The two preceding sonatas with the same form and structure are also covered in this paper, and by contrasting these three sonatas, I shed light on the characteristics of this third sonata. Strictly speaking, a contrast with Partita No.2, which includes a Chaconne that makes up the climax of the Zyklus, might have produced a more striking contrast. In fact, in my previous study, I interpreted this Partita No.2 as the essence of a requiem, and developed my theory as close as possible to the significance of this work. "Adversity makes a man wise." For Bach, the many gem-like masterpieces produced later on must have indeed been the blessings borne by such adversity. There was also the soothing presence of Anna Magdalena, always by his side to assist him like sunlight pouring through the green leaves of trees. Without her devotion, the majority of Bach's works would not have attained their level of perfection, for it is said that she copied his scores by hand and made fair copies of them all so earnestly, and she had trained herself to such an extend that it is difficult to distinguish her handwriting from his. Essentially, she was a wonderfull and fervent supporter of Bach's, indispensable not only for his private life but also for his creative work. No doubt, it was this very bond of love which must have fostered the aspects of human warmth flowing out from the innermost depth of this piece of work. On the other hand, it is hard to find words to explain what was extraordinary about Bach as a superhuman musician, yet we know, even from the limited studies carried out so far, that his creativity encompassing all elements of expression, such as composition method, sence of tonality, sence of rhythm, etc., is indeed astonishing. As for the style of rendition, it is categorized into bowing, fingering, and dynamics, according to which I compiled my own version of the score of the very long fugue, by grouping it into subdivisions, while also adopting the interpretations seen in other scores for the convenience of the players and researchers. Also taking into account the diversity in the style of rendition as illustrated in the reference score, I strived to find significance in the limited number of unusual interpretations, rather than in the many common points. Furthermore, my personal version which I boldly presented in important places is founded on my original interpretations and contrivances. Just as in my previous paper, I feel as if I have accomplished the core of my study this time, with only Partita No.3 remaining of this research of mine, yet I intend to continue devoting myself so as to complete my studies on Zyklus. I sincerely hope that this subtle view on Bach can be shared by the numerous fellows researchers involved in the same study. Lastly, I wish to mention that this rendition was presented in public in the "First Evening of Recital of All Six Unaccompanied Sonatas and Partitas for Violin by J. S. Bach" held on Friday, April 25th, 1997, from 6:30 p.m., at the Bunshoukan Hall of Yamagata Prefecture as well as in the "First Day of the Recital of All Unaccompanied Sonatas and Partitas by J. S. Bach in Commemoration of the 100th Anniversary Since the Church's Foundation and the 250th Anniversary Since Bach's Death" in the hall of theYamagata Catholic Church, on Saturday, May 13th, 2000, from 4 p.m.
著者
元木 幸一
出版者
山形大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2012-04-01 (Released:2013-05-31)

ゼーバルト・ベーハム作《ケルミス大版画》を中心に、居酒屋、歯医者、雄鶏合戦、ダンス、九柱戯、刃渡り、鶏ダンス、徒競走、競馬など諸モティーフの意味、起源を詳細に分析した。また宗教画と世俗画における画中版画と文献資料の分析から、農民祝祭版画の受容と販売形式を明らかにした。最後に、ニュルンベルク宗教改革がいかに祝祭行事に介入したかを歴史的に解明し、それがケルミスにどのように影響したか、そして《ケルミス大版画》がどのような機能を目指して制作されたかをまとめた。
著者
新海 宏成
出版者
山形大学
雑誌
研究活動スタート支援
巻号頁・発行日
2010 (Released:2010-08-27)

本研究の主たる目的は,サッカーのロングスローインについて,その動作の特徴を明らかにすることであった.大学サッカー選手のスローイン動作を対象として3次元動作分析を行った結果,飛距離の大きな選手には「体幹の大きくかつ効果的なタイミングでの動き」,「前方よりのリリースポイント」といった特徴が認められた.これらの動きは,ボールに対する投球方向への作用力を増大させ飛距離を大きくする効果があり,また視覚的にも判断しやすいポイントであることから指導の現場で有効な評価指標となり得ると考えられた.
著者
池田 和浩 澤邉 裕子 安井 朱美 西浦 和樹
出版者
山形大学
雑誌
山形大學紀要. 人文科學 (ISSN:05134641)
巻号頁・発行日
vol.17, no.2, pp.170-158, 2011-02-15
被引用文献数
1 or 0

This study investigated the effect of the reduction in psychological stress caused by using a brainstorming card game. The card game was developed for this experiment by some psychologists and business scholars. Twenty undergraduate students rated scales of desire for control and response to stress. After the rating, participants were asked to provide concrete ideas for saving money in three sessions by used the brainstorming card game. Each session was completed in fifteen minutes. The participants rated the scales of response to stress and cognitive coping strategies after each session. They were asked to rate the response to stress again after the brainstorming game. The results revealed that the feelings of depression and anxiety in participants decreased in every session of the brainstorming game, and they maintained their concentration and psychological efforts for divergent thinking. Additionally, they adopted more positive than negative cognitive coping strategies for the ideas of others. This suggests that the brainstorming card game helped in declining psychological stress and encouraged mental focus on the process of thinking for brainstorming.
著者
内田 伏一
出版者
山形大学
雑誌
山形大学紀要. 自然科学 = BULLETIN OF YAMAGATA UNIVERSITY. Natural Science (ISSN:05134692)
巻号頁・発行日
vol.18, no.3, pp.1-24, 2016-02-15

In this paper, we consider magic squares which contain arithmeticprogressions. Mainly, we consider the magic squares similar to Schaefer's 7-squares. We show how to construct magic squares of order 4k+3 which areof strict Schaefer's type. In general, it is unkown how to construct magicsquares of order 4k+1 which are of the type. However, we succeeded inconstructing magic squares of orders 9 and 13 which are of the type. At theend of this paper, we show an irregular pandiagonal magic 7-square of newclass.