著者
加藤 勇夫 太田 結隆 越島 一郎
出版者
一般社団法人 国際P2M学会
雑誌
国際P2M学会誌 (ISSN:24320374)
巻号頁・発行日
vol.13, no.2, pp.60-80, 2019 (Released:2019-03-23)
参考文献数
35
被引用文献数
1

日本社会が現在の生活の質を維持し、今後、深刻化する少子高齢化社会に対応するためには、既存社会システムの破壊と再生(革新)による労働生産性の向上と、この革新を支えるイノベータの育成が急務である。また、イノベータの育成には、プログラムを機敏にマネジメント(機敏に意思決定)するための基盤となるマネジメント方法論として、リーン&アジャイルプログラムマネジメントの開発と実施が必要であると考えている。本稿では、このリーン&アジャイルプログラムマネジメントを実現するために、これまでのイノベーションプロセスを再考し、イノベータが革新を完遂するためのマネジメントフレームワークを提案する。
著者
太田 結隆 加藤 勇夫 加藤 瑠人 越島 一郎 橋本 芳宏
出版者
一般社団法人 国際P2M学会
巻号頁・発行日
pp.458-475, 2019 (Released:2019-05-13)
参考文献数
5

日本社会が抱えている問題の一つに重要インフラを支える制御システムを対象にしたサイバー攻撃のリスクがある。もしこのリスクが発生してしまうと、プラントの安全を確保するためには、OT側が実施すべき安全対応とIT側が実施すべきセキュリティ対応が連携して事態にあたる必要がある。インシデントレスポンスをP2Mの構図で考えると、OT側はSafeプロジェクトを実施主体であり、IT側はSecプロジェクトの実施主体と捉えることができる。この二つのプロジェクトを統括するにはプログラムマネジメントが不可欠である。このため、本稿ではP2Mフレームワークを援用して重要インフラにおけるサイバーインシデントマネジメントを議論する。
著者
千年 俊一
出版者
日本喉頭科学会
雑誌
喉頭 (ISSN:09156127)
巻号頁・発行日
vol.15, no.1, pp.11-18, 2003-06-01 (Released:2012-09-24)
参考文献数
15
被引用文献数
1

Development of the laryngeal mucosa and its relationship to the appearance of glandular distribution was studied by examining the changes in the laryngeal structures at the level of subglottic larynx of 55 human infants. By making a transverse section at the level of cricoid cartilage, the area and diameter of each subglottic structure were examined using an image analysis system. The results were analyzed not only by their age at birth, but also based on the Total Development Score (TDS) that was estimated by adding the age at death and the gestational period. The areas of the whole structure, cricoid ring, maximum airway, subglottic mucosa and inner cavity (available airway) increased in close correlation with the TDS. In contrast to the increased diameter of the inner cavity, the thickness of the mucosa was almost the same size. The area occupied by the glands increased according to TDS. These results indicate the stability of the subglottic airway with advancing age and, also, the local defense system by glandular tissues develops constantly after birth.
著者
河村 フジ子 松崎 紀子
出版者
The Japan Society of Home Economics
雑誌
家政学雑誌 (ISSN:04499069)
巻号頁・発行日
vol.25, no.4, pp.270-275, 1974-07-20 (Released:2010-03-10)
参考文献数
7

牛乳の熱凝固におよぼすキャベツ汁の影響をみた結果を要約すると次の通りである.1) キャベツの生汁は, 牛乳を凝固させやすく, 次に加熱汁, 加熱浸出液の順であった.2) キャベツは産地によって成分, 緩衝能に個体差がかなりあり, 汁にした場合のpHが低く, CaおよびMgの多いもの程牛乳を凝固させやすい.3) 緑色部の多いキャベツは, 汁のpHが低く, Ca およびMgが多く含まれているので牛乳を凝固させやすい.4) キャベツは, 包装して貯蔵すると鮮度が保持できて, 牛乳を変化させにくい.5) キャベツを煮る時, 細かく切ると, 短時間に成分が溶出し, ふたをして煮ると酸がふえて汁がにごり, 食塩を加えて煮ると, 酸は少ないがpHが低下し, Ca, Mgの溶出量が増加し, 汁の透明度は増す.6) キャベツ汁に牛乳を加えて加熱する時, 90℃以上で長く加熱すると, 牛乳は変化しやすい.
著者
石田 良恵 角田 直也 金久 博昭 福永 哲夫
出版者
The Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine
雑誌
体力科学 (ISSN:0039906X)
巻号頁・発行日
vol.34, no.2, pp.91-97, 1985-04-01 (Released:2010-09-30)
参考文献数
18
被引用文献数
4

超音波皮脂厚計 (USC) を用いて, 体肢における皮下脂肪厚を測定し, 多用途超音波診断装置による組織断面撮影法 (SSD-120) による値と比較することにより, USCによる皮下脂肪厚測定の妥当性を検討し, 次のような結果を得た.1.USCとSSD-120による各体肢における皮下脂肪厚問の相関係数は,前腕: r=0.808, 上腕: r=0.780下腿: r=0.833, 大腿: r=0.843を示し, 全ての部位で0.1%水準の有意な相関関係が認められた.2.皮下脂肪値が, SSD-120で6mm以下の状態では, USCの値はSSD-120に比較して, やや高く, 一方6mmになるとやや低くなる傾向が認められた.3.前腕, 上腕, 下腿及び大腿の各皮下脂肪厚について両測定値間の差の絶対値をみると0.6~2.0mmであったが, しかし両測定値においては統計的に有意差はなかった.以上のことから, 体肢の皮下脂肪厚 (皮膚を含む) 測定方法として超音波皮脂厚計 (Canon CH300-FT) は充分使用できるものと考えられる.本論文の一部は, 第69回日本体力医学会関東地方会 (1983) において発表したものである.
著者
綾部 慈子 金指 努 肘井 直樹 竹中 千里
出版者
日本森林学会
巻号頁・発行日
pp.399, 2013 (Released:2013-08-20)

2011年3月の福島第一原子力発電所爆発事故により放出され、その後森林地域に降下した放射性物質の食物連鎖を通じての濃縮・拡散過程を明らかにするため、林内、林縁部に生息する捕食性節足動物の造網性クモを対象として、その虫体に含まれる放射性セシウムの濃度を測定した。調査は2012年10月下旬に、発電所から北西30~35 kmにある福島県伊達郡川俣町内の渓流沿いおよび高台の二次林と、西65 kmの郡山市にある福島県林業試験場構内において行なった。地表から1~2 m高の網上のジョロウグモを採集し、持ち帰って個体湿重を測定した。各採集地では、地上高1 mの空間線量も併せて測定した。クモ個体は乾燥重量測定後に粉砕し、高純度ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーにより1.6万~35万秒測定し、Cs-137, 134の個体重当たり濃度を算出した。その結果、30 km地点の渓流沿いで採集されたクモのCs-137濃度は2000~6800 [Bq/kg d.wt]、35 km地点の高台の二次林では820~2300であったが、郡山市の大部分の個体からは不検出であった。
著者
別府 正敏 菊川 清見
出版者
Japan Oil Chemists' Society
雑誌
油化学 (ISSN:18842003)
巻号頁・発行日
vol.44, no.10, pp.738-750, 1995-10-20 (Released:2009-10-16)
参考文献数
110
被引用文献数
2

Erythrocytes undergo oxidative damage including membrane lipid peroxidation and protein oxidation during the aging process. Naturally occurring IgG autoantibody to band 3 glycoprotein of the erythrocyte membrane (anti band 3) binds to the aged erythrocytes. The IgG binding is a critical event in the removal of aged erythrocytes from the circulation since IgG-bound cells are destined to be phagocytosed by the macrophages in spleens.The selective recognition of the aged cells by the antibody occurs by the following successive mechanisms : 1) lipid peroxidation and/or SH oxidation of proteins in the membrane, 2) clustering of band 3 glycoprotein on the membrane, 3) anti-band 3 binding to the sialyl poly-N-acetyllactosaminyl saccharide chains of the clustered band 3. These events indicate that lipid peroxidation and protein oxidation are closely related to the erythrocyte aging and the mechanism of the aged cell removal from the circulation.
著者
Ki-Hun Kim Kyoung-Min Park Gi-Byoung Nam Dae-Kyeong Kim Minkyung Oh HyungOh Choi Taek Jong Hong Bo-Min Park Guang-Won Seo Pil-Sang Song Dong-Kie Kim Sang-Hoon Seol Doo-IL Kim You-Ho Kim Kee-Joon Choi
出版者
The Japanese Circulation Society
雑誌
Circulation Journal (ISSN:13469843)
巻号頁・発行日
vol.78, no.4, pp.865-871, 2014 (Released:2014-03-25)
参考文献数
18
被引用文献数
9

Background: Long-term data on lead complication rates are limited for both the axillary and subclavian venous approaches for permanent pacemaker implantation. Methods and Results: We conducted a single-center, retrospective, nonrandomized comparison. We reviewed the patients who had consented to receiving a permanent pacemaker implant. A superficial landmark or radiographic contrast guiding was used for the axillary venous approach, whereas conventional landmarks were used for the subclavian venous approach. From January 1992 to December 2005, we analyzed 1,161 permanent pacemaker leads in 655 patients [subclavian venous approach (group I: 338 patients, 542 leads) and axillary venous approach (group II: 317 patients, 619 leads)]. Baseline characteristics of the patients did not differ. However, DDD-pacemakers and atrial leads were used more often in group II than in group I (94% vs. 62% and 49% vs. 40%, P<0.01). During the 8-year follow-up, lead complication rates were lower in group II (17 leads, 3%) than in group I (31 leads, 6%) (P=0.03), and group II had a better complication-free survival curve than group I with a 49% relative risk reduction in lead complication rates (hazard ratio =0.51; 95% confidence interval, 0.27–0.94; P=0.03). Conclusions: The axillary venous approach for permanent pacemaker implantation has better long-term efficacy and lower lead complication rates than the subclavian venous approach.  (Circ J 2014; 78: 865–871)
著者
宮田 一乘 高橋 誠史 黒田 篤
出版者
芸術科学会
雑誌
芸術科学会論文誌 (ISSN:13472267)
巻号頁・発行日
vol.4, no.1, pp.13-19, 2005 (Released:2008-07-30)
参考文献数
34

PCのグラフィックボード(GPU)の果たす役割は年々加速しており,CPU中心の計算環境からGPU中心の計算環境へと徐々に移行している.また,GPUの持つ機能をプログラムで利用できる環境が整ったことにより,GPUをグラフィック処理専用のCPUの補助プロセッサとしてではなく,並列計算機として応用する研究が活発化している.本論文では,GPUコンピューティングで何が可能となり,今後どのような発展が期待できるかを,具体的な例を挙げながら述べる.
著者
大竹 文雄 小原 美紀
出版者
日本犯罪社会学会
雑誌
犯罪社会学研究 (ISSN:0386460X)
巻号頁・発行日
vol.35, pp.54-71, 2010-10-01 (Released:2017-03-30)
被引用文献数
1

本稿では,失業率が犯罪の発生率に与える影響を,1976年から2008年の時系列データおよび,1975年から2005年までの5年毎の都道府県別パネルデータを用いて実証的に分析する.時系列データを用いた犯罪の発生率は,失業率が上昇すると上昇し,人口あたり警察官数が増えると減る.しかしながらこの関係は犯罪種別で異なる.県別パネルデータを用いた分析でも類似の傾向が確認されるが,失業率の上昇よりも貧困率の上昇が犯罪発生率を高める影響が大きいことが分かる.両データを用いた分析により,犯罪の発生率が,犯罪の機会費用と密接な関係をもつ労働市場の状況や所得状況,警察などの犯罪抑止力と整合的な関係にあることが示された.
著者
中村 譲
出版者
日本衛生動物学会
雑誌
衛生動物 (ISSN:04247086)
巻号頁・発行日
vol.26, no.1, pp.65, 1975-05-15 (Released:2016-09-05)
著者
池田 俊雄
出版者
一般社団法人 日本応用地質学会
雑誌
応用地質 (ISSN:02867737)
巻号頁・発行日
vol.39, no.1, pp.4-10, 1998-04-10 (Released:2010-02-23)
参考文献数
28
著者
加藤 英一
出版者
学校法人 北里研究所 北里大学一般教育部
雑誌
北里大学一般教育紀要 (ISSN:13450166)
巻号頁・発行日
vol.15, pp.111-131, 2010-03-31 (Released:2017-09-29)

2009年、 ⌈ 臓器移植に関する法律⌋の改正案が国会において採決された。日本共産党を除いた 各政党は、改正案の特性から投票に際して党議拘束を外した。投票の結果、原案通りに改正案は 成立した。これによって日本では、法的に脳死が人の死として認められることになった。衆・参両議院での投票行動は、党議拘束を外したにも拘らず、政党による影響を否定できない結果となった。それは1997年の ⌈ 臓器の移植に関する法律⌋が可決された際と同じである。これは R.K.マートンの準拠枠組みの理論によって、ある程度は説明が可能である。しかし今回の法改正における投票行動では、それ以外の要因である、衆・参議院のねじれ状態や小泉チルドレンの影響をも考慮しなければならない。
著者
大利 昌久
出版者
Arachnological Society of Japan
雑誌
Acta Arachnologica (ISSN:00015202)
巻号頁・発行日
vol.26, no.2, pp.64-68, 1975 (Released:2007-03-29)
参考文献数
12
被引用文献数
1

Chiracanthium japonicum, the most common spider making house with leaf of Graminaceae, is well known as venomous for a person. During the period from 1956 to 1974, five bite cases of this species were reported from various districts in Japan. These cases were classified by the severity of clinical manifestation into four types, symptomless, mild, moderate and severe. Four bite cases in all cases were occurred by male and two bite cases were of the severe type. The most serious problem in the trearment was difficulty in relieving continuous sharp pain by any anodynes or sedatives.
著者
筒井 廣明 山本 龍二 安楽 岩嗣 三原 研一 今里 有紀彦 保刈 成
出版者
日本肩関節学会
雑誌
肩関節 (ISSN:09104461)
巻号頁・発行日
vol.15, no.1, pp.13-17, 1991-09-01 (Released:2012-11-20)
参考文献数
11

The shoulder joint is the most mobile joint in the body combined with a small glenoid and a large humeral head. This joint has been thought to be an unstable joint because of its anatomical structure and the recurrence rate from initial dislocations. Our opinion of this joint is that it has most distinguished stabilizing mechanisms for keeping a wide range of motion.1. The first stabilizing mechanismThis mechanism is the bony combination of the radius between the glenoid cavity and the humeral head. The anatomical study showed the radius of a cross section of the glenoid was 16.8 mm and of the humeral head 22 mm. The computation of the maximum permissible kinetic vector that enables the humeral head to be on the glenoid was 43°.2. The second stabilizing mechanismThe second mechanism is the function of the anterior capsule including the inferior glenohumeral ligament.The anterior capsule works involuntary in both its tension and direction as the centripetal force does against the shear force.3. The disadvantages of these two stabilizing mechanismsThe disadvantages of these two stabilizing mechanisms are; - Inefficiency against the increased anterior kinetic vector during the positioning of the upper extremities vertically against the glenoid- The decrease of bony structural intensity compared with other joints such as the hip joint.4. The third stabilizing mechanismThe third stabildzing mechanism is the function of the shoulder girdle.Its first function is the mobility of the scapula working as shock ab s orber against the share force that falls on the glenohumeral joint.The second is the function of the shoulder girdle muscles such as the pectoralis major and the deltoid.In conclusion, therefore, a normal shoulder joint should be the most distinguished joint with these stabilizing mechanisms physically and anatomically maintaining a wide range of motion.
著者
Ikuo KOBAYASHI Masaru AKITA Masaki TAKASU Teruaki TOZAKI Hironaga KAKOI Kotono NAKAMURA Natsuko SENJU Ryota MATSUYAMA Yoichiro HORII
出版者
JAPANESE SOCIETY OF VETERINARY SCIENCE
雑誌
Journal of Veterinary Medical Science (ISSN:09167250)
巻号頁・発行日
vol.81, no.5, pp.707-711, 2019 (Released:2019-05-11)
参考文献数
23

The Misaki horse is a Japanese native horse, known as the “feral horse of Cape Toi”. In this study, we acquired the genetic information to establish their studbook, and analyzed their genetic characteristics for conservation. We genotyped 32 microsatellites and a mitochondrial D-loop region in 77 Misaki horses (80.2% of the population). The average number of alleles, observed heterozygosity, and expected heterozygosity were 3.4, 0.509, and 0.497, respectively. A neighbor-joining phylogenetic tree of individuals was constructed. Moreover, the results suggested that Misaki horses experienced a bottleneck, but it was neither severe nor recent. In addition, three mitochondrial haplotypes were confirmed. Consequently, we clarified the genetic background of Misaki horses that have been resident at Cape Toi for a long time.
著者
五藤 周 北野 良博 内田 広夫 四本 克己 石丸 哲也 小熊 栄二 野沢 久美子 佐藤 裕美子 川嶋 寛 岩中 督
出版者
日本腹部救急医学会
雑誌
日本腹部救急医学会雑誌 (ISSN:13402242)
巻号頁・発行日
vol.27, no.5, pp.687-692, 2007-07-31 (Released:2008-08-29)
参考文献数
12

当センターで現在行っている腸重積症非観血的整復術の特徴は, (1) “Rule of Three” (3feet≈100cm溶液柱圧, 3分, 3回) を遵守する (2) 太径 (30Fr. から36Fr.) の注腸用カテーテルを使用する (3) 超音波下に整復を行う (4) 7.5倍希釈ガストログラフィンを注腸する, といった点であるが, 開設以来, いくつかの点で変更を行った。今回, 1983年5月~2005年12月の間に当センターで経験した, 特発性腸重積症645例を後方視的に検討し, 当センターの非観血的整復術の成績を患者背景, 整復法の変遷とともに報告する。当センターの通算の非観血的整復率は83.6%であった。多重ロジスティック回帰分析を行うと, 低年齢, 長い経過時間, 前医での整復不成功の3つが非観血的整復率を低下させる危険因子であった。
著者
西川 貴子
出版者
日本文学協会
雑誌
日本文学 (ISSN:03869903)
巻号頁・発行日
vol.62, no.11, pp.24-34, 2013-11-10 (Released:2018-11-10)

昭和初期、雑誌や新聞上で「実話」が取り上げられ流行した。特に『文芸春秋』はいち早く「実話」欄を設置し懸賞実話を積極的に行って、「真実」を語る新しいジャンルを切り拓くことを印象付け、また雑誌を通じて読者が場を共有するあり方を演出することに成功した。しかし、この懸賞の当選作である橘外男「酒場ルーレツト紛擾記」は『文芸春秋』が演出した「実話」のあり方自体を相対化した挑戦的な作品となっている。本稿では、『文芸春秋』懸賞実話のあり方を考察した上で「酒場ルーレツト紛擾記」の魅力に迫りたい。