著者
大栗 行昭
出版者
宇都宮大学
雑誌
奨励研究(A)
巻号頁・発行日
1994 (Released:1994-04-01)

本研究の課題は,明治維新期に小作料がどのような経緯,方法で決定されたのかを考察し,そのような地代を収取する地主的土地所有はどう範疇規定されるべきかを展望することであった.研究代表者は,全国の町村が作成した『大正十年小作慣行調査』のうち,埼玉県と新潟県蒲原地方のものを閲覧・収集し,次のような理解を得るに至った.明治前期の小作料には,幕藩体制下の小作料をそのまま継承したものと,明治8,9年の地租改正実施の際に改定されたものとがある.埼玉では後者が多く,蒲原では両者相半ばした(明治21年の地価改定時に改定した村もあった).蒲原では,旧藩時代の小作料は収穫米の6割ないし2/3(領主1/3,地主1/3)であった.地租改正時に改定された場合についてみると,埼玉県では台帳上の収穫米高から2〜3割を控除して改定されたものが多く,蒲原では台帳上の収穫米高から1割5分〜4割(3割ないし3割3分が多い)を控除して改定された.明治初年の小作料は,幕藩体制下のそれの重みを継承し,「押付反米」と称された反収の6〜8割(中心は7割)に及ぶ高率現物小作料であった.ちなみに,地租改正「地方官心得」の地価検査例第2則における小作料率68%は,当時の慣行的な小作料水準ではないという見解があるが,本研究は「小作料率68%」が当時の実態に近いものであったと認識する.地主的土地所有の性格を規定するに当たっては,このような高率現物小作料が村落共同体的な強制力の存在のもとで決定され,維持されていた(小作料滞納に対しては,村内での小作禁止,戸長の説諭などの手法がとられた)ことに注意を払う必要があろう.
著者
松田 和樹
出版者
東京大学
雑誌
特別研究員奨励費
巻号頁・発行日
2017-04-26 (Released:2017-05-25)

4-6月期は、修士課程における研究を更に発展させるとともに、フェミニズム/クィア理論によるリベラリズムに対する批判を検討した。この成果を5月31日のクィア・セミナー(東京大学駒場キャンパス)と、6月18日の日本女性学会(中京大学)にて報告し、そこで討議された内容を研究にフィードバックした(クィア・セミナーにおける研究報告は日本女性学会におけるものとほぼ同様のものであったため、業績欄には掲載していない)。7-9月期は、主にリベラリズムによるフェミニズム/クィア理論に対する批判を検討した。この期間に研究した成果と修士論文の研究内容の一部、そして博士課程での研究計画の一部を、9月初旬の東京法哲学研究会/関西法理学研究会合同研究合宿(同志社大学)にて報告した。10-12月期は、フェミニズム/クィア理論に、リベラルな正義基底性への内在的コミットメントを見出すことができるか否かを検討した。この研究成果の一部と修士論文の研究内容の一部とを、12月のジェンダー法学会(東北学院大学)にて報告した。また、交付申請書に書かれた研究実施計画よりも早くに研究を進展させることができたため、この時期に初年度新たに取り組んできた研究成果全体を一本の軸にまとめ治す作業を行い、これを通して2018年度の日本法哲学会(東京大学)にて報告するテーマと内容とを概ね決定し、分科会報告に応募した(発表確定済みであるが、次年度の研究報告書に記載する)。1-3月期は、次年度の作業を予備的に行いつつ、修士論文の研究成果と初年度の研究成果とを更に発展させた。ここでの研究成果の一部を、国家学会雑誌における論文に掲載する(掲載確定済み)。また次年度の研究計画をより詳細なものに練り上げていった。
著者
Akifumi Nishi Hiroyuki Kusaka
出版者
Meteorological Society of Japan
雑誌
SOLA (ISSN:13496476)
巻号頁・発行日
vol.15, pp.17-21, 2019 (Released:2019-02-05)
参考文献数
34

In this study, we use observational data and numerical models to reveal whether foehn wind affects the record-breaking high-temperature event (41.1°C) at Kumagaya on July 23, 2018. On this day, the weather conditions at Kumagaya satisfied the conditions described in Takane et al. (2014) for a likely extreme high temperature (EHT) day: a “whale-tail” pressure pattern, no precipitation for 6 days, a high potential temperature at 850 hPa, and northerly surface winds. Our back-trajectory analysis shows that the air parcels came to Kumagaya from heights up to 3.0 km above sea level over the Sea of Japan. The Lagrangian energy budget analysis shows that adiabatic heating accounts for about 87.5% of the increase of the thermal energy given to the air parcel, with the rest from diabatic heating. The diabatic heating is caused by heating associated with surface sensible heat flux and the mixing by turbulent diffusion. The adiabatic and diabatic heating are calculated to have raised the temperature of air parcel by 14 and 2.0 K, respectively, for this EHT event. We conclude that the dynamic foehn effect and diabatic heating from the surface, together with mixing in the atmospheric boundary layer, affected the formation of this EHT event.
著者
Akifumi Nishi Hiroyuki Kusaka
出版者
Meteorological Society of Japan
雑誌
SOLA (ISSN:13496476)
巻号頁・発行日
vol.15, pp.12-16, 2019 (Released:2019-02-05)
参考文献数
24

This study uses a numerical model to examine how a convex feature and a gap feature in a mountain range affect the leeward wind field. In the “convexity case”, the mountain ridge has a convex feature (viewed from above). In the “gap case”, the mountain ridge has a gap. The results show that both cases have local winds at the surface exceeding 8 m s−1, and both have similar spatial flow-patterns. However, the momentum budgets at the strong-wind regions differ between the cases. In the convexity case, the downdrafts are important in the momentum balance, whereas in the gap case, both the downdrafts and the pressure-gradient force are important. Thus, although their spatial patterns of surface wind are similar to each other, their mechanisms for producing a strong local wind differ.Sensitivity experiments of Frm show that strong-wind appears in both the convexity and gap cases when Frm is between 0.42 and 1.04. In contrast, when Frm is 0.21, strong winds only appear in the gap case because the flow can go around the gap. When Frm exceeds 1.25, strong surface winds appear in the entire leeward plain.
著者
中島 淳 橋口 康之 杉尾 哲 東 貴志 越迫 由香里 田口 智也
出版者
日本魚類学会
雑誌
魚類学雑誌 (ISSN:00215090)
巻号頁・発行日
pp.18-024, (Released:2019-02-06)
参考文献数
42

Two voucher specimens of the spined loach, Cobitis matsubarae Okada and Ikeda, 1939, collected from the Shonai River, a branch river of the Oyodo River system, southern Kyushu, Japan, represent the first reliable record of that species from the Oyodo River system. Morphological features of the male lamina circularis, prepelvic myotome number, maxillary barbel length, snout length, body pigmentation patterns, and genetic characteristics of mtDNA cytb sequences were in close agreement with characters those of C. matsubarae. Together with C. sakahoko, C. matsubarae, is considered to be distributed naturally in the Oyodo River system.
著者
Tetsuya Takemi Toshiya Yoshida Shota Yamasaki Kentaro Hase
出版者
Meteorological Society of Japan
雑誌
SOLA (ISSN:13496476)
巻号頁・発行日
vol.15, pp.22-27, 2019 (Released:2019-02-06)
参考文献数
27

An intense tropical cyclone, Typhoon Jebi (2018), landed the central part of Japan and caused severe damages. Quantitative assessment of strong winds in urban districts under typhoon conditions is important to understand the underlying risks. As a preliminary study, we investigate the influences of densely built urban environments on the occurrence of wind gusts in an urban district of Osaka City during Typhoon Jebi by merging mesoscale meteorological and building-resolving large-eddy simulations (LES). With the successful reproduction of the track and intensity of the typhoon in meteorological simulations, the simulated winds at the boundary-layer top of the LES model are used to quantitatively estimate the wind gusts in the urban district. The maximum wind gust in the analysis area of Osaka was estimated as 60-70 m s−1, which is comparable to the wind speed at the height of about 300 m.
著者
工藤 一彦
出版者
公益社団法人 日本工学教育協会
雑誌
工学教育 (ISSN:13412167)
巻号頁・発行日
vol.67, no.1, pp.1_5-1_10, 2019 (Released:2019-02-02)
参考文献数
9

A framework for quality assurance of engineering education is proposed including an objective method for assessing learning outcomes. The framework is based on the three policies for the quality assurance of higher education in Japan, and follows the criteria of JABEE. The proposed framework consists of, (1) quality assurance by the JABEE accreditation, (2) information on the educational system of the program, (3) information on the measuring methods of each student’ s score and achievement level of the leaning outcomes, and (4) showcase-portfolio depicting the evidence for the achievement level of the leaning outcomes.
著者
Ioannis Kontogeorgos Nikos Kiamos Patricia Montiel-Ruiz Elisavet Georgopoulou Moysis Mylonas Stavros M Xirouchakis
出版者
The Ornithological Society of Japan
雑誌
ORNITHOLOGICAL SCIENCE (ISSN:13470558)
巻号頁・発行日
vol.18, no.1, pp.95-110, 2019 (Released:2019-01-29)
参考文献数
98

The diet composition and dietary patterns of the Long-eared Owl Asio otus were studied in Mediterranean agrosystems in central Crete (Greece) over the winters of 2009–2015. Overall, 2,819 prey items were recovered from 1,207 pellets, belonging to six taxa of mammals, 22 taxa of birds and four taxa of insects. Small mammals were the most common prey species, accounting for 75.8% by frequency and 79.7% by biomass, followed by birds (23.2% and 20.1%); the latter being rather an island component compared to continental regions. The House Mouse Mus musculus was the most important prey species in the owl's diet (56.3%) ahead of the Wood Mouse apodemus sylvaticus (9.51%) and the Black Rat Rattus rattus (7.9%). The species proved to be a significant rodent predator in olive groves and vineyards during winter months, selecting Wood Mouse and young Black Rat more than expected. Long-eared Owl feeding ecology studies could lead to improved land management and agricultural practices in the rural landscapes of the Mediterranean.
著者
田口 真奈 後藤 崇志 毛利 隆夫
出版者
日本教育工学会
雑誌
日本教育工学会論文誌 (ISSN:13498290)
巻号頁・発行日
vol.42, no.3, pp.255-269, 2019-01-20 (Released:2019-02-02)
参考文献数
22

本研究では,京都大学において我が国で初めてグローバルMOOC を全面的に用いて反転授業を行った実践を2年間にわたって調査した.教員へのインタビュー調査と参与観察により,日本人学生を対象として実践された反転授業の授業デザインの特徴を明らかにした.さらに学習者へのインタビュー調査に基づく定性的手法による仮説生成と,MOOC の受講データと質問紙調査を組み合わせた定量的手法による仮説検証により,グローバルMOOC を活用した反転授業に学生がどのように取り組んだかを明らかにした.その結果,授業者が意図しなければ,学生は自発的には掲示板を利用しないこと,英語への抵抗感は反転授業やMOOC の成績と関連しないこと,講義ビデオ視聴や,課題への取り組みについては学生の個人差があることが明らかとなった.反転授業の成績との関連から「わかっているから内容をスキップする」というような視聴態度の学生は,そういった態度を持たない学生に比べて成績が低いという傾向が見られた.
著者
矢野 正基 大賀 隆裕 大西 正輝
出版者
The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers
雑誌
電子情報通信学会論文誌 D (ISSN:18804535)
巻号頁・発行日
vol.J102-D, no.2, pp.34-52, 2019-02-01

深層学習の分野はAlexNetの登場により画像識別精度が大幅に向上して以来,毎日のようにarXivに新たな手法が提案されるなど発展のスピードは著しい.しかし深層学習は学習に膨大な計算時間を必要とし,更なる精度向上のためには多くのハイパパラメータやData Augmentationなどを調整しなければならない.本論文では深層学習を用いた画像識別タスクにおける識別精度を向上させるためのテクニックとしてData Augmentation,学習率スケジューリング,アンサンブル手法に注目し,サーベイを行うとともに網羅的な検証実験を行うことで,できるだけ多くの知見を読者と共有することを目的としている.最後に特に精度向上に貢献したものを選択し,複合実験を行うことで定量的に評価を行い,今後の展望を述べる.