著者
田島 靖久 松尾 雄一 庄司 達弥 小林 哲夫
出版者
特定非営利活動法人 日本火山学会
雑誌
火山 (ISSN:04534360)
巻号頁・発行日
vol.59, no.2, pp.55-75, 2014-06-30 (Released:2017-03-20)

The Kirishima volcanoes located in southern Kyushu are comprised of more than 20 volcanic edifices. The volcanoes occupy an elliptical area of approximately 330km2 with the WNW-ESE direction. Among the different types of volcanic edifices, the typical ones are compound maars and lava flows in Ebinokogen. We studied the volcanic history of Ebinokogen by geological examination of tephra layers and lava flows. After the Karakunidake-Kobayashi plinian eruption, seven tephra were formed in this area. We determined the ages of those tephra and two lava flows. The magmatic eruptions, produced Tamakino B tephra, occurred after Karakunidake-Kobayashi tephra eruption. The first activity in Ebinokogen from about 9.0 cal ka BP generated Fudoike lava flow, and Fudoike-Tamakino A tephra erupted from Fudoike crater. Karakunidake north-Ebino D tephra was generated from the northwest flank of Karakunidake at 4.3 cal ka BP, with debris avalanche and lahars. Phreatic Fudoike-Ebino C tephra erupted from the Fudoike crater at 1.6 cal ka BP. Ioyama-Ebino B tephra eruption started from around the 16th to 17th century with lava flow. Phreatic Ioyama east-Ebino A tephra erupted from Ioyama east crater in 1768 AD. The Ebinokogen area is one of the active regions of Kirishima volcanoes explicated by geophysical observations. Our results indicate cyclical tephra depositions mainly produced by small magmatic and strong phreatic eruptions in this area after the Karakunidake-Kobayashi pyroclastic eruption. Furthermore, the vent locations were found to migrate with each eruption.
著者
佐藤 貴英 八重樫 和之 鈴木 翔太 渡辺 裕喜 平井 明礼 加納 剛史 石黒 章夫
出版者
一般社団法人日本機械学会
雑誌
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集
巻号頁・発行日
vol.2012, pp."2A1-K03(1)"-"2A1-K03(3)", 2012-05-27

Autonomous decentralized control is a key concept for building robots capable of exhibiting adaptive behavior under unpredictable real world constraints. However, it is still unclear how to generate non-trivial macroscopic functionalities of an entire system using only locally available information. In this study, we focus on the slithering locomotion of snake-like robot as a case study, and show an answer to this problem based on variational principle and reaction-diffution equation.
著者
黒住 幸一 赤井田 卓郎 岡田 清孝
出版者
一般社団法人 映像情報メディア学会
雑誌
テレビジョン学会技術報告 (ISSN:03864227)
巻号頁・発行日
vol.20, no.50, pp.37-42, 1996-10-03 (Released:2017-10-13)
被引用文献数
2 or 0

To contribute to ITU-R Recommendation, subjective evaluation of the relative timing of television sound and vision signals was carried out in Japan, Switzerland and Australia. ITU-R Working Party 11A predetermined experimental conditions, such as test material, camera type and viewing distance. The results show that the detectable thresholds are 45 ms for sound advance and 125 ms for sound delay relative to the vision signal ; and the acceptable threshold are 90 ms for sound advance and 185 ms for sound delay.

5 5 0 0 花ゆめEpo

著者
白泉社 [編]
出版者
白泉社
巻号頁・発行日
1985

6 6 0 0 IR 徒然草・序段

著者
竹村 信治
出版者
広島大学教育学部国語教育会
雑誌
国語教育研究 (ISSN:02873354)
巻号頁・発行日
no.58, pp.215-219, 2017-03-31
著者
松田 和之
出版者
福井大学
雑誌
挑戦的萌芽研究
巻号頁・発行日
2014-04-01 (Released:2014-04-04)

本研究の最終年度にあたる平成28年度には、(1)平成26年度及び27年度の研究成果の取りまとめを行うとともに、(2)コクトーから最大限の信頼と賛辞を寄せられた文筆家でありながら、従来、学術的な研究対象とされることがほとんどなかったエメ・ミシェルに関する研究を進展させるために、フランスにおける資料閲覧・収集に取り組む予定であった。(2)に関しては、諸般の事情が重なり、出張の機会が持てなかったため、同年度中は、(1)に専念し、これまでの研究の成果を2本の学術論文を通じて公表することができた。(2)の課題については、補助事業期間の延長を申請し、その取り組みを翌年度に繰り越すことにした。(1)の成果として、まず、コクトーが残した大部の日記集『定過去』で取り上げられた数々のオカルト的な話題の中でも、記述内容の質量両面において双璧を成す「前衛考古学」と「空飛ぶ円盤」に焦点を当て、それらに関するコクトーの知見を把握する作業を通じて、現代物理学に代表されるアカデミックな科学に反旗を翻した「超科学」の考え方に彼が共鳴していたことを論証した。ちなみに、コクトーと「超科学」の連関をより深く掘り下げて理解するためのキーパーソンとなるのが、上述したエメ・ミシェルである。加えて、平成23年度から26年度にかけて行った科研費による研究の成果に本研究の成果を加味し、コクトーが晩年に制作したカトリックの礼拝堂の装飾に古代エジプトに特有の表象が密かに盛り込まれていたことを明らかにするとともに、彼の宗教観や死生観を理解する上で、その鍵を握るのがサンクレティスム(宗教的習合)という考え方であることを論証した。
著者
神田 睦月 徳田 献一 入部 正継 森田 成昭 齊藤 安貴子 八上 修一 小堀 亮
出版者
一般社団法人 日本機械学会
巻号頁・発行日
2017 (Released:2017-11-25)

In recent years, aging of agricultural workers has progressed, attention is paid to ICT conversion of agriculture and Functional food with health maintenance effect. Raspberry contains a large amount of compounds that have a high health maintenance effect, which takes time and labor for cultivation. The purpose of this research is to construct an image processing system that recognizes color and position information in order to check whether harvesting of raspberries is possible under an indoor environment. As research contents, RGB values of colors of berries at various stages were calculated from spectral analysis results of berries and compared with actual fruit photos. We also classified colors in the image using machine learning and verified its accuracy.
著者
川谷 淳子
出版者
熊本大学
巻号頁・発行日
2011

日本の不登校児童生徒の割合は小学生で約0.3%、中学生で3%に上ると報告され、かろうじて登校できている児童生徒のなかにも、不定愁訴を抱えながら生活している「不登校予備軍」は相当数に上ると考えられる。このような不登校児童生徒が示す臨床症状は、小児型慢性疲労症候群(Childhood chronic fatigue syndrome: CCFS)の診断基準を満たす場合が一部含まれる。CCFSは、生命予後が不良な疾患ではないが、心身ともに発達すべき小児期から思春期において不登校、ひきこもりの原因となり、児童の日常生活、社会生活を長期にわたり著名にすることから、児童が「社会的な死」に瀕する原因となる。CCFSは様々な環境要因(身体的・精神的・物理的・化学的・生物学的ストレス)と遺伝的要因(ストレス感受性・抵抗性)がバックグラウンドとなり、神経・内分泌・免疫系相関の変調を引き起こすというホメオスタシスの低下現象によって引き起こされると考えられている。本研究は、CCFSにおける疲労、認知機能、睡眠覚醒リズムの評価を行い、予防および早期介入・早期治療につなげることを目的とした。
著者
浜田 宏
出版者
数理社会学会
雑誌
理論と方法 (ISSN:09131442)
巻号頁・発行日
vol.14, no.1, pp.91-104, 1999-03-31 (Released:2016-09-30)
参考文献数
25
被引用文献数
2 or 0

本稿のテーマは、準拠集団と相対的剥奪である。歴史的個体の説明に限定されない一般理論としての相対的剥奪の基本メカニズムは、既にBoudon(1982)とKosaka(1986)によって定式化され、モデルからは報奨密度の増加に伴う相対的剥奪率の上昇には臨界点が存在する、等のインプリケーションが導出された。本稿では、相対的剥奪モデルと既存の準拠集団論との接合は充分でなかったことを示し、Stouffer et al.(1949a)、Merton(1957=1961)などの帰納的研究の知見を基にモデルを修正し、相対的剥奪と準拠集団という概念の理論的な統合を図る。修正モデルでは、各行為者は属性の共有に基づいて準拠集団を選択する、という仮説に基づいた場合の相対的剥奪率の変化を分析した。その結果、選択の際に用いた属性の組み合わせによっては、利益率R›1のときに剥奪の臨界点が二つになること、剥奪率の最大値が一定であること、等のインプリケーションが導出された。
著者
Ryutaro Matsugaki Toru Akebi Hideo Shitama Futoshi Wada Satoru Saeki
出版者
The Society of Physical Therapy Science
雑誌
Journal of Physical Therapy Science (ISSN:09155287)
巻号頁・発行日
vol.30, no.2, pp.262-265, 2018 (Released:2018-02-22)
参考文献数
18

[Purpose] To verify the immediate effects of exercise therapy on cancer-related fatigue (CRF) in cancer patients. [Subjects and Methods] Eighteen cancer patients who performed exercise therapy targeting a rating of 4 (somewhat strong) on the Borg category-ratio scale (CR-10) were enrolled. CRF was evaluated using the Cancer Fatigue Scale (CFS). CFS was evaluated in clinical practice immediately before and after exercise therapy on the 1st or 2nd day of physiotherapy for CRF management. CFS scores before and after exercise were compared to determine how CRF changed due to exercise therapy. [Results] CFS physical, CFS affective, CFS cognitive, and CFS total all decreased following exercise therapy, and the changes in CFS physical and CFS total were statistically significant. The effect sizes for CFS physical and CFS total were “medium”, and for CFS affective and CFS cognitive “small.” [Conclusion] These findings suggest that exercise therapy targeting a rating of 4 (somewhat strong) on the CR-10 can immediately reduce CRF in cancer patients.

16 16 4 0 OA 動乱の世界

著者
萩原新生 著
出版者
牧書房
巻号頁・発行日
1941
著者
高橋 洋成
出版者
筑波大学
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2016-04-01 (Released:2016-04-21)

本研究の目的は、ギルガメシュ叙事詩の古バビロニア語版(前二千年紀初め)と標準版(前二千年紀末)をデジタル的に比較し、言語特徴や表現の違いに着目して、後者が前者をどのように編集し、その背景にあったものは何かを考察することである。ギルガメシュ叙事詩の古バビロニア語版は、完全ではないもの比較的状態の良い2つの資料、すなわちペンシルバニア粘土板(OB II)とイェール版(OB III)が現存している。一方、標準版の粘土板は大きく破片化してはいるものの、研究者らによって粘土板I~XIIとして復元されている。このうち古バビロニア語版と標準版とのまとまった対応が確認されるのは、標準版I~IIIである。以上を踏まえ、平成28年度に実施した研究は次のとおりである。1. 復元された標準版I~III(合計831行)について、転写テキストのデジタル化を行った。具体的には以下の作業である。(1) A. R. George, The Babylonian Gilgamesh Epic (Oxford, 2003)の転写テキストに基づき、Text Encoding Initiative (TEI)に準拠したXMLフォーマットを作成した。(2) 今後、言語特徴や表現の調査を行うために、それぞれの語に対してTEIタグを付け、形態情報を記述した。この際、アッカド語の形態情報を過不足なく記述するために、形態論的な枠組みの精査を行い、それに基づいてタグを整理した。2. 古バビロニア語の粘土板OB II、OB III(合計528行)のデジタル化を開始した。具体的には、それぞれの粘土板をTEIに準拠したXMLフォーマットで記述し、個々の楔形文字および個々の語ごとにタグを付けた。3. 楔形文字粘土板の転写方法について、12月に開催されたデジタル・ヒューマニティーズのワークショップで発表した。