著者
新矢 麻紀子 山田 泉 春原 憲一郎
出版者
大阪産業大学
雑誌
大阪産業大学論集. 人文・社会科学編 (ISSN:18825966)
巻号頁・発行日
vol.13, pp.115-140, 2011-10

韓国では近年,移民受入れが進み,それに伴って移民政策も急速に整備されてきている。本稿は2010年9月に科学研究費補助金により,日本語教育保障法研究会で実施した韓国における移民関連施策および移民支援の状況に関する現地実態調査の報告後編であり,2009年度調査の報告書から通算すると第4号となる。本稿は,「朝鮮日報」(第2章),「中央日報」(第3章),「韓国日報」(第4章),「戸田郁子氏」(第5章)に対する聞き取り調査報告,および「2009年度,2010年度の韓国現地実態調査から」(第6章)によって構成される。
著者
新矢 麻紀子 山田 泉 岩槻 知也 三登 由利子
出版者
大阪産業大学
雑誌
大阪産業大学論集. 人文・社会科学編 (ISSN:18825966)
巻号頁・発行日
vol.15, pp.41-67, 2012-06

移民の受入れと,それに伴う移民政策が急速に進んできている韓国。そこに,筆者らの研究グループ「日本語教育保障法研究会」は科学研究費補助金によって2009年より3か年にわたって赴き,移民関連施策や移民への生活・教育支援に関する調査を行ってきた。本稿は,2011年9月に実施した第3回目となる現地実態調査の報告前編であり,2009年度調査の報告書から通算して第5号にあたる。本稿は,本研究全体の概略(第1章),2011年度韓国現地実態調査の概要(第2章),キム・ヒョンチョル氏への聞き取り調査報告(第3章),ムジゲ青少年センター訪問調査報告(第4章),マン・ヒ氏への聞き取り調査報告(第5章)によって構成される。なお,2011年度調査報告の後編は本号に報告(6)として掲載されている。
著者
新矢 麻紀子 山田 泉 窪 誠 大谷 晋也 三登 由利子
出版者
大阪産業大学
雑誌
大阪産業大学論集. 人文・社会科学編 (ISSN:18825966)
巻号頁・発行日
vol.11, pp.187-212, 2011-02

韓国では近年,移民受け入れが進み,それに伴って移民政策も急速に整備されてきている。本稿は2010年9月に科学研究費補助金により,日本語教育保障法研究会で実施した韓国における移民関連施策および移民支援の状況に関する現地実態調査の報告前編であり,2009年度調査の報告書から通算すると,第3号となる。本稿は,本研究全体の概略(第1章),2010年度韓国現地実態調査の概要(第2章),人権保護の国家機関である「国家人権委員会」(第3章),マイノリティ支援市民団体である「青い市民連帯」(第4章),ハングルの研究や普及促進を行っている「ハングル学会」(第5 章)への訪問調査報告によって構成される。
著者
佐藤 潤一 新矢 麻紀子 大谷 晋也 春原 憲一郎
出版者
大阪産業大学
雑誌
大阪産業大学論集. 人文・社会科学編 (ISSN:18825966)
巻号頁・発行日
vol.15, pp.69-97, 2012-06

移民の受入れと,それに伴う移民政策が急速に進んできている韓国。そこに,筆者らの研究グループ「日本語教育保障法研究会」は科学研究費補助金によって2009年より3か年にわたって赴き,移民関連施策や移民への生活・教育支援に関する調査を行ってきた。本稿は,2011年9月に実施した第3 回目となる現地実態調査の報告後編であり,2009年度調査の報告書から通算して第6号にあたる。本稿は,本研究全体の概略及び韓国現地実態調査の概要(第1章),「ソル・ドンフン氏」(第2章),「法務部(法務省)」(第3章),「アジア人権文化連帯」(第4章),「富川市労働者の家」(第5章)に関する調査報告によって構成される。なお,2011年度調査報告の前編は本号に報告(5)として掲載されている。
著者
安斎 勇樹 青木 翔子
出版者
日本教育工学会
雑誌
日本教育工学会論文誌 (ISSN:13498290)
巻号頁・発行日
pp.42073, (Released:2018-10-11)
参考文献数
22

本研究の目的は, 様々な領域でワークショップを行っている実践者(初心者~熟達者)を対象に, ファシリテーションにおいて認識されている困難さの実態について明らかにすることである. 152名を対象とした質問紙調査と16名を対象としたインタビュー調査の結果, ワークショップのファシリテーションの主な困難さは(1)動機付け・場の空気作り,(2)適切な説明・教示,(3)コミュニケーションの支援,(4)参加者の状態把握,(5)不測の事態への対応,(6)プログラムの調整, に類型化することができた. また, ワークショップの実践領域の違いによって困難さの傾向は異なること, また熟達するにつれて困難さは軽減されていくが, 初心者〜中堅には見えていなかった新たな困難さが認識されることが明らかになった.
著者
Tetsushi HIRANO Shogo YANAI Takuya OMOTEHARA Rie HASHIMOTO Yuria UMEMURA Naoto KUBOTA Kiichi MINAMI Daichi NAGAHARA Eiko MATSUO Yoshiko AIHARA Ryota SHINOHARA Tomoyuki FURUYASHIKI Youhei MANTANI Toshifumi YOKOYAMA Hiroshi KITAGAWA Nobuhiko HOSHI
出版者
JAPANESE SOCIETY OF VETERINARY SCIENCE
雑誌
Journal of Veterinary Medical Science (ISSN:09167250)
巻号頁・発行日
vol.77, no.10, pp.1207-1215, 2015 (Released:2015-11-05)
参考文献数
42
被引用文献数
7 10

Neonicotinoids, some of the most widely used pesticides in the world, act as agonists to the nicotinic acetylcholine receptors (nAChRs) of insects, resulting in death from abnormal excitability. Neonicotinoids unexpectedly became a major topic as a compelling cause of honeybee colony collapse disorder, which is damaging crop production that requires pollination worldwide. Mammal nAChRs appear to have a certain affinity for neonicotinoids with lower levels than those of insects; there is thus rising concern about unpredictable adverse effects of neonicotinoids on vertebrates. We hypothesized that the effects of neonicotinoids would be enhanced under a chronic stressed condition, which is known to alter the expression of targets of neonicotinoids, i.e., neuronal nAChRs. We performed immunohistochemical and behavioral analyses in male mice actively administered a neonicotinoid, clothianidin (CTD; 0, 10, 50 and 250 mg/kg/day), for 4 weeks under an unpredictable chronic stress procedure. Vacuolated seminiferous epithelia and a decrease in the immunoreactivity of the antioxidant enzyme glutathione peroxidase 4 were observed in the testes of the CTD+stress mice. In an open field test, although the locomotor activities were not affected, the anxiety-like behaviors of the mice were elevated by both CTD and stress. The present study demonstrates that the behavioral and reproductive effects of CTD become more serious in combination with environmental stress, which may reflect our actual situation of multiple exposure.
著者
[帝国図書館]
巻号頁・発行日
vol.昭和17年, 1942
著者
李 昭娟
出版者
日本経営倫理学会
雑誌
日本経営倫理学会誌 (ISSN:13436627)
巻号頁・発行日
vol.21, pp.297-308, 2014-02-28 (Released:2017-08-08)

This study aimed to examine the phenomenon of corruption observed throughout South Korean society by focusing on businesses and then elucidate the factors that affect and induce such a trend. First, South Korea's unique mechanism that breeds corruption in South Korean society was theoretically examined. The results indicated that nepotism causes corruption through the effects of four factors: 1) personal, 2) organizational, 3) social structural, and 4) cultural. Second, by focusing on businesses, a further analysis was conducted on the reality of nepotism among South Korean companies. It revealed that nepotism negatively influenced businesses by 1) increasing corruption caused by inappropriate means for taking over management, 2) weakening the independence of board of directors through the appointment of outside directors based on alumni relationships, and 3) disabling the function of the board of directors and increasing the inequality within the company through the appointment of professional managers based on regional bonds. Therefore, to understand the current forms of nepotism in South Korean society, such as mutual aid provided through the reciprocal action of blood, alumni, and regional relationships encouraged in the traditional Confucian society, it is inappropriate under the current situation to focus only on businesses. In fact, the application of nepotism for the self-interests of a company head's clan is aggravating corporate corruption and increasing the occurrence of scandals.