著者
岩崎 公弥
出版者
地理科学学会
雑誌
地理科学 (ISSN:02864886)
巻号頁・発行日
vol.32, pp.13-23, 1979 (Released:2017-04-15)

The local system of the Meiji government to unify the whole country started with the system of Ward-Section (daiku-shoku 大区小区) in 1872. But studies about the loacal system before 1872 were limited one about the erstwhile Tokugawa's territory. This paper deals with the local system of that time, particular with the trend to the village consolidation. More over, the author tried to make clear the connection among the consolidated village, oaza (大字) and hamlet through hierarchies of agricultural producers. This consolidation of village (administrative village in Edo period) in Saga daimiate was carried out for 1869-1872. The purpose of the consolidation of village was to construct village of more uniform size by dissolving a small village. The consolidation aimed at creating the absolute authority behind the policy with the slogan "wealth and military strength" (Fukoku-kyohei 富国強兵) and then accomplishing the concentralization of a bureaucratic authority by the appointment of man of talent in the public sellection of the village officer etc. These characters in the political reformation of Saga daimiate in 1869 had been inherited from the policy in the late Edo period. The consolidated village as its result became a terminal unit in section formation of Ward-Section in 1872, and then was given the character as a autonomous body by Formation Law of County, Section, Town and Village (gunkuchoson henseiho 郡区町村編成法) in 1872. And the consolidated village has survived as oaza since 1889. But oaza was neither a village community nor an actual administraive unit. The subject possessing a common land is mostly an erstwhile administrative village (an administrative village in Edo period) . Judging from the possessing condition of farm land by peasants, the territorial unit of their agricultural production was a hamlet or rarely a village (an administrative village in Edo period). At the result of the consolidation of village in the early period of Meiji era, the consolidated village performed a part of more administrative unit in the early period of Meiji era, but after 1889 it has not functioned as the actual administrative unit and the territorial unit of an agricultural product.
著者
風間 眞理 加藤 浩治 板山 稔 川内 健三 藤谷 哲
出版者
日本教育工学会
雑誌
日本教育工学会論文誌 (ISSN:13498290)
巻号頁・発行日
pp.43046, (Released:2020-01-16)
参考文献数
35

本研究の目的は,スマートフォンの使い方を大学生が自ら評価できるスマートフォン行動嗜癖自己評価尺度を開発することである.首都圏の大学に在籍し,スマートフォンを使用している大学生を対象に,研究者で作成したスマートフォン行動嗜癖自己評価尺度の調査を実施した.探索的因子分析と共分散構造分析,使用時間等との相関を求めた.その結果,有効回答数は587.男子学生243名,女子学生344名であった.探索的因子分析後,5因子20項目となり,各因子名を「自己支配性」,「生活への侵食性」,「離脱症状」,「再燃性」,「非制御な通話」とした.共分散構造分析では,GFI=0.931,AGFI=0.909,CFI=0.932,RMSEA=0.052であった.また,スマートフォン行動嗜癖自己評価尺度総得点と利用時間で有意な相関がみられた.以上より,信頼性と妥当性が示された.
著者
安川 康介 野村 恭子
出版者
日本医学教育学会
雑誌
医学教育 (ISSN:03869644)
巻号頁・発行日
vol.43, no.4, pp.315-319, 2012-08-25 (Released:2014-01-09)
参考文献数
9
被引用文献数
4

1)医師における性役割分担の実際について検討するため,都内某私立大学医学部同窓会に所属する医師を対象に,診療時間と家事労働時間に関する任意無記名の質問紙調査を実施した.2)週当たりの診療時間は男性の中央値が50時間,女性では40時間と女性の方が短いが,週当たりの家事労働時間は男性の中央値3時間に比べ女性は30時間であった.3)診療時間に家事労働時間を加えた労働時間は,男性医師よりも女性医師の方が長かった.4)本研究では,医師という専門職においても性別役割分担が存在していることが認められた.
著者
Sabir T. NURTAZI Margulan K. IKLASOV Kaoru IMAMURA
出版者
The Japanese Association for Arid Land Studies
雑誌
沙漠研究 (ISSN:09176985)
巻号頁・発行日
vol.26, no.4, pp.199-203, 2017 (Released:2017-05-04)
参考文献数
13

For thousands of years, the camels were the main working pack animals in the nomadic pastoralist economy of Kazakh ancestors. Later in the 19-20th centuries, with the expansion of the network of dirt roads, camels were successfully used as draft animals, which caused spread of these animals beyond their natural habitat to the southern provinces of Russia.The number of camels in Kazakhstan in 1927, in the Soviet period, has reached its maximum 1.69 million. With the development of mechanized transport, the value of camels as draft animals fell, at the same time the demand for camel specific products, such as milk, meat, wool, leather, was limited. Great damage to agriculture was caused by ill-conceived socio-economic reforms in the 1930s, which led to catastrophic camel population decline. Later, the number of camels slightly increased and stabilized, the level of selection and breeding work and the proportion of purebred animals have increased. Ever since Kazakhstan gained independence the total number of camels has been increasing gradually in the area of their natural habitat, which is associated with high profitability of camel breeding in deserts and semi-deserts of the south-western regions of Kazakhstan. Productive camel breeding allows involving these lands and its people in economically profitable production. Improvement of breed and productive qualities of camel is very important in the country.
著者
古谷 友希 柊 幸伸
出版者
理学療法科学学会
雑誌
理学療法科学 (ISSN:13411667)
巻号頁・発行日
vol.32, no.6, pp.835-838, 2017 (Released:2017-12-20)
参考文献数
11
被引用文献数
1

〔目的〕加速度センサを使用し,衝撃吸収が行われる主な部位を明らかにすることを目的とした.〔対象と方法〕対象者は男性11名,平均20.8±2.44歳の健常者を実験対象とした.踵骨部,腓骨部,大腿外側部の合計3台のセンサからデータを集積し,Friedman検定(Tukeyの方法)を用いて統計的有意差を検討した.〔結果〕踵骨部,腓骨頭部,大腿部での加速度(deg/sec/BW/WS)はそれぞれ4.2 ± 1.2,0.2 ± 0.03,0.1 ± 0.06だった.同様の部位のRMS(m/s2rms/WS2)はそれぞれ68.7 ± 20.9,5.4 ± 0.8,3.7 ± 1.6だった.踵骨部での加速度と腓骨部での加速度,踵骨部での加速度と大腿部での加速度の間において有意に差があった(p<0.01).腓骨部での加速度と大腿部での加速度の間に有意な差はなかった.踵骨部でのRMS値と腓骨頭部でのRMS値の間において有意に差があった(p<0.05),踵骨部でのRMS値と大腿部でのRMS値の間において有意に差があった(p<0.01).腓骨頭部でのRMS値と大腿部でのRMS値の間に有意な差はなかった.〔結語〕正常歩行中の衝撃は足関節で多く吸収されていることが判明した.
著者
Niitsuma Nobuaki
出版者
Tohoku University
雑誌
The science reports of the Tohoku University. Second series, Geology = 東北大学理科報告. 地質学 (ISSN:0082464X)
巻号頁・発行日
vol.43, no.1, pp.1-39, 1971-10-20

The purpose of the present study is to find the relationship of a geomagnetic field reversal to the changes in a foraminiferal fauna and the sedimentary environments. A fossiliferous marine sedimentary section of the middle part of the Kokumoto Formation continuously exposed at Kamiyanagawa in the Boso Peninsula, Chiba Prefecture, Central Japan, was chosen for the investigation of the behaviour of the geomagnetic field during its reversal between the Matuyama and Brunhes Polarity epochs which took place around 0.69 m.y. ago. The behaviour of the geomagnetic field was established as to the inclination, declination and intensity of the Jn/J_R recorded in the sedimentary rocks. Along the same section, analyses were made on the grain-size of the sediments, oxygen isotope ratio in the planktonic and benthonic foraminiferal tests, and the faunal assemblages of the planktonic and benthonic foraminifers. The intensity of the magnetic field fluctuated with a period of approximately 6700 years and did not disappear during the reversal. The migration of the virtual magnetic north pole at the magnetic field reversal between the Matuyama and Brunhes Polarity epochs occurred roughly along the meridian of 120°E long. in the period of 4700 years. In the same duration the depth of the sea water, under which the sediments accumulated, fluctuated within the range of 200-300 m with a period of approximately 7000 years. No particular relation between the magnetic field reversal and fluctuation of the water depth was recognized. The result of paleotemperature and faunal analyses of the foraminifers showed that the magnetic field reversal at the Matuyama Brunhes Polarity Epoch boundary may have been related to the changes in the circulation pattern of the upper watermasses which caused more influx of cold water into this area in the northwestern Pacific as compared with the period before the geomagnetic polarity change.

7 7 7 0 OA 今昔物語集

出版者
近藤圭造
巻号頁・発行日
vol.巻第25, 1882
著者
藤野 善久 久保 達彦 松田 晋哉
出版者
学校法人 産業医科大学
雑誌
Journal of UOEH (ISSN:0387821X)
巻号頁・発行日
vol.35, no.Special_Issue, pp.177-183, 2013-10-01 (Released:2013-10-10)
参考文献数
32

近年,健康格差が社会的課題として取り上げられている.2012年に発表された第2次健康日本21の素案の中で,健康格差への取り組みが優先的課題として提示された.このような背景を踏まえて,健康格差の是正に向けた産業保健のあり方について,公衆衛生および社会疫学的視点から考察を行った.はじめに,職域における健康格差について,レビューを行い,また,社会疫学やライフコースアプローチで得られた知見にもとづき,職域における健康格差の成立機序についてコンセプトモデルを提示した.さらに,産業保健において健康格差に取り組むための具体的ツールとして,健康影響評価の活用について解説する.
著者
高橋 竜太郎 池田 心
出版者
情報処理学会
雑誌
情報処理学会研究報告. GI, 研究報告ゲーム情報学 (ISSN:21888736)
巻号頁・発行日
vol.2018-GI-39, no.10, pp.1-7, 2018-02-23

将棋や囲碁,麻雀など多くのゲームでコンピュータプログラムが十分強くなり,より複雑なゲームやより高次な目的に関心が移りつつある.「ぷよぷよ」 は二十年以上遊ばれる人気の落ちものパズルゲームであるが,これも近年十分強いコンピュータプログラムの作成が達成された.本研究では,“連鎖構成” というこのゲームの中心的課題の一つに着目し,連鎖構成を身につけられれば楽しめる一方でこれができずに上達を諦めてしまう人が多い現状を解決したいと考える.そのためには,連鎖構成に特化した問題群,いわゆる 「なぞぷよ」 「詰めぷよ」 を沢山与えることが有効であると考える.人手により多くの良い問題が作成公開されているが,プレイヤごとの技術レベルや嗜好に合わせた問題が自動で無数に作成できれば,ぷよぷよを続ける人が増えることが期待できる.我々は,ランダム生成検査方式と,逆向き生成方式の二つのなぞぷよ作成法を試みる.さらに,作成された問題の 「難しさ」 「面白さ」 「役立ち度」 などを推測する関数を機械学習によって構成することを試みる.これらにより,プレイヤのレべルや好みにあった問題だけを提示するシステムを提案する.
著者
澤田 典子
出版者
千葉大学教育学部
雑誌
千葉大学教育学部研究紀要 (ISSN:13482084)
巻号頁・発行日
vol.67, pp.303-327, 2019-03

[要約] 本稿は,ギリシア世界の権力者崇拝の文脈にマケドニア王フィリポス2世を位置づけ,権力者崇拝という現象の発展における彼の歴史的意義を明らかにすることを目的とする。前半部(本号)では,フィリポス2世以前のギリシア世界における権力者の生前崇拝を示唆する事例と,ギリシア諸都市がフィリポス2世に神的崇拝を捧げたとされる事例を検討し,後半部(次号予定)では,彼自身が自己神化を志向していたことを示すとされる事例を検討した。フィリポス2世は,晩年に諸都市から宗教性を帯びた大きな栄誉を受けており,ブラシダスからリュサンドロスへと発展した外部権力者への「迎合」としての都市祭祀の流れに大きくはずみをつけたと見ることができる。さらにその最晩年には,自身のみならず自身の家族をも神々と肩を並べる存在として宗教的なコンテクストに位置づけ,ヘレニズム時代の王朝祭祀へと発展していくひとつの方向性を示したと言える。
著者
堀 雅昭
出版者
山口県
雑誌
山口県史研究 (ISSN:09191712)
巻号頁・発行日
no.27, pp.33-60, 2019-03
著者
碓井 照子 小長谷 一之
出版者
公益社団法人 日本地理学会
雑誌
地理学評論 Ser. A (ISSN:00167444)
巻号頁・発行日
vol.68, no.9, pp.621-633, 1995-09-01 (Released:2008-12-25)
参考文献数
6
被引用文献数
2 4

Many studies are being conducted on the 1995 Hanshin-Awaji Earthquake from the earth science and architectural technological aspects, but urban structure is an important intervening factor link-ing causes and damages of an urban earthquake. This note will give a few insights from this point of view. The distribution of debris of collapsed structure clustered around (1) Suma-Nagata district, (2) Sanno-miya-Yamate district and (3) Nada-Higashinada district was analyzed; (1) and (3) are inner-city areas with many wooden houses, located 3 to 10 km from the central business district. Some network analyses are further performed usig GIS in the district of cluster (3). The number of arcs within a given road distance shows a characteristic decay caused by the earthquake, but its pat-tern varies by the distance band given. The fractal dimension of road network effectively summa-rizes this information. Calculation of the fractal dimension extracts many points either restricted by transportation facilities or river lines, or enclosed by debris as “dead ends”.

10 10 10 0 OA 幕府衰亡論

著者
福地源一郎 著
出版者
国文館
巻号頁・発行日
1936
著者
木下 豪太 平川 浩文 佐藤 拓真 村上 翔大 成瀬 未帆 米澤 悟
出版者
公益財団法人 自然保護助成基金
雑誌
自然保護助成基金助成成果報告書 (ISSN:24320943)
巻号頁・発行日
vol.28, pp.11-23, 2020-01-10 (Released:2020-01-10)
参考文献数
19

北海道では国内外来種であるニホンテン(Martes melampus)が分布を拡大しており,在来種クロテン(M. zibellina)の生息域を狭めている.本研究では,現在両種の分布境界となっている石狩低地帯を中心に両種の生息調査を行うとともに,新たなDNAマーカーによる集団構造解析を行った.その結果,石狩低地帯に位置する2 つの丘陵(野幌と馬追)でクロテンの生息を確認し,野幌では両種が2km以内で確認され,境界がほぼ確定できた.本研究で作成したマイクロサテライトを用いて馬追と野幌で収集した糞サンプルのDNA解析に成功した.マイクロサテライトマーカーとMIG-seqにより得られたSNPを用いた解析では,クロテンとニホンテンは遺伝的に明瞭に分けられること,北海道のクロテンは分布の東西で遺伝的な偏りがあることが示された.今後は両種の分布隣接地での生態調査を行うとともに,遺伝的集団構造を踏まえた長期的な分布変化のモニタリングが必要である.