オッカム (@oxomckoe)

投稿一覧(最新100件)

RT @waschmaschine: 昨年度出版されるはずだった論文が、コロナで遅れ、ようやく公刊されたようです。ニーチェが後期に唱えた「大いなる政治」が何を批判対象としていたかを再構成しています。 「大いなる政治とは何か : 後期ニーチェの政治構想の背景」 https://…
そうか一部の大学では逆行現象が起こっているのか。僕の経験によれば監査室は研究内容については分からないことから旅費にどうしても拘りたい彼らの側の必要があるのですよね。CiNii 論文 -  学校法人東京理科大学の監査目線--重箱の隅から国益に想いを馳せる https://t.co/2jarVZ9aqS #CiNii
少し古い研究ですが、飯本稔先生が紀要に残された論考もQuincyはクインジーです。くどいようですが、アメリカ人でも歴史の専門家はクインジーで発音します。CiNii 論文 -  ジョン・クインジー・アダムスのアメリカ主義 https://t.co/8RXECOfIxg #CiNii
RT @takumi_itabashi: ちなみに川嶋さんはベルリンの壁崩壊20周年のときに冷戦終焉と欧州統合の関係についての論文を『国際政治』に寄稿している。この冷戦終焉号は勉強になる論文が多い。 「ヨーロッパ連合構想と「新しいヤルタ」:七〇年代以降の「自立的ヨーロッパ」摸索…
RT @shinichiroinaba: 「北の大地」における相互独立的自己:北海道での認知的不協和実験 https://t.co/iwBN1OISEY
RT @saisenreiha: CiNii 論文 -  塚本由美 謝肉祭劇に描かれた宗教改革-ハンスザックスの作品に基づいて- https://t.co/LPUpdfKDLl #CiNii
RT @dragoner_JP: ネットで読める文ではこれが面白い。陸軍で内務班による暴力を経験した鈴木は、陸軍の悪習改善の為に東京帝大で教育学を学び、教育の国家化によって、全国民の教育機会を均等化し、さらには同和・差別問題も解消しようとしていたと → 教育将校 ・ 鈴木庫三…
RT @yamashitayu: 覚せい剤で逮捕された文部科学省の人が書いているペーパー「高大接続改革と「大学入学共通テスト(仮称)」の検討状況」 https://t.co/vP73fDk7Se はここから読める。どうしても共通テスト導入の拙速さと結びつけたくなってしまう…
RT @ken_fiore_endo: 北海道大学法学会記事 北大法学論集 = The Hokkaido Law Review, 69(1): 75-77 中村研一著『ことばと暴力―政治的なものとは何か』(北海道大学出版会、2017年)めぐって 報告者 川崎修 https://…
RT @okisayaka: 今日は百科全書研究会で、井田尚さんの下記の論文を踏まえてのご発表を伺った。この先の展開が楽しみなわくわくする内容だった/ 井田尚「『百科全書』の無署名項目IGNORANCEの引用群とディドロの痕跡」 https://t.co/w6oGnwBAZF
RT @monogragh: 今野元「東京大学法学部のドイツ政治史研究--批判的回顧と建設的提言(一) 」https://t.co/0Dr1eyqQKE (二)https://t.co/M2a0nbtHMf 二も公開されていた。
RT @monogragh: 今野元「東京大学法学部のドイツ政治史研究--批判的回顧と建設的提言(一) 」https://t.co/0Dr1eyqQKE (二)https://t.co/M2a0nbtHMf 二も公開されていた。
RT @ryusukematsuo: カール・シュミットにおける民主主義論の成立過程 : 第二帝政末期からヴァイマル共和政中期まで https://t.co/jBREvo2Vbg
RT @nob_de: 講演記録だが、政治家・擁護したい派・非難したい派をまとめたものとして> CiNii 論文 - 西独の国家理性としての過去の克服 : ヴァイツゼッカー演説の政治的意義について https://t.co/V6lbEtbMXZ https://t.co/GP…
RT @ryusukematsuo: 加藤節 [2017] 「戦後日本の政治学と先住民問題――反省をこめて」『北大法学論集』67(6): 250-245 https://t.co/t1Q6OcE2JL
RT @MValdegamas: 吉武信彦「ノーベル賞の国際政治学―ノーベル平和賞と日本 吉田茂元首相の推薦をめぐる1965年の秘密工作とその帰結」『地域政策研究(高碕経済大学)』18:4(2016年3月)https://t.co/L2Aju5EFFA を読み終えました。半ば史…
RT @jshiratori: 拙稿「「戦後処理」からの脱却を目指して:高度経済成長期の外務省機構改革」『北大法学論集』65巻5号(2015年1月)リポジトリ公開→http://t.co/d92AR2Ytkp 使った文書はデータベース戦後日本外交史 http://t.co/yl…

お気に入り一覧(最新100件)

昨年度出版されるはずだった論文が、コロナで遅れ、ようやく公刊されたようです。ニーチェが後期に唱えた「大いなる政治」が何を批判対象としていたかを再構成しています。 「大いなる政治とは何か : 後期ニーチェの政治構想の背景」 https://t.co/Qcd5AtztGW
林君の論文! 林嵩文「ヨハン・ゲオルク・シュロッサーと封建制の理想」 https://t.co/I6NNBE9myL
番組でも紹介されていたが、鈴木にはヴァイマル期ドイツへの留学経験がある。そのヴァイマル・デモクラシー受容と日本国憲法への影響については、高橋彦博「憲法議会における「ワイマール・モデル」:生存権規定の挿入」『社会労働研究』37巻1号(1990年)1-48頁(https://t.co/i8tvW7u5to)に詳しい。
学内紀要に載せた拙稿「記憶をめぐる戦い : 第二次世界大戦時における英国のプロパガンダ政策(中)」がオンラインで公開されておりました。(上)が英国国内のプロパガンダに焦点を当てたのに対し、(中)は対独プロパガンダを中心に論じています。https://t.co/82d2Ad9hD7
関連する論文として日本語で読めるものを見つけたので貼っておく。 マリアン・フュッセル「法律家は悪しきキリスト教徒?」前田星・田口正樹訳 近世の専門家批判について。面白そう https://t.co/UpPrRPMUfc
というわけで、非観血的なアルコール検知ってあるのかな?と思ったら、飲酒運転防止とかの文脈で研究されていますね。 血中アルコール濃度表示機能を備えたツイッタークライアント、卒研生とかがやってみてくれたら楽しそう。 https://t.co/m7RtlFzYKc
拙稿「『教育政治学』の射程――『政治/政治的なるもの』と『教育/教育的なるもの』との区別の導入を通じて」『法政論集』(名古屋大学)第280号、2018年12月、が大学リポジトリで公開されました。こちらからどうぞ →https://t.co/rjWh1HbQd6
既にPDFで読めますが、優勝という感じの論文です。 https://t.co/5Ipu4Rt0iQ https://t.co/KQuBjC0ohf https://t.co/PJZ28G0EVS
既にPDFで読めますが、優勝という感じの論文です。 https://t.co/5Ipu4Rt0iQ https://t.co/KQuBjC0ohf https://t.co/PJZ28G0EVS
既にPDFで読めますが、優勝という感じの論文です。 https://t.co/5Ipu4Rt0iQ https://t.co/KQuBjC0ohf https://t.co/PJZ28G0EVS
北海道大学法学会記事 北大法学論集 = The Hokkaido Law Review, 69(1): 75-77 中村研一著『ことばと暴力―政治的なものとは何か』(北海道大学出版会、2017年)めぐって 報告者 川崎修 https://t.co/TmKxv9by93
斬新すぎる。「エスノメソドロジーがフッサールやハイデガーの現象学から影響を受けていることも多くの研究者が知っているが…現象学がジンメルの思想から宿命的に現れ出たことを指摘する研究者は多くない」 / “島田昭仁(201…” https://t.co/V9aNFEWXt5 #EMCA
永井敦子「15世紀末から16世紀までのフランスにおける治安行政:Policeの用語法から」『静岡文化芸術大学研究紀要』17、2017年、15-22頁。https://t.co/QllHyyeOa8
この件についてわたしの論は、大昔「杉田敦 vs. 岡野八代」書評で提示した図式を飽きずに繰り返しているだけなので関心のある方はご参照を。 https://t.co/F26SV5S7b8
すでにつぶやきましたが、『思想』五月号掲載の回想(?)で半澤先生も初期バーク研究に取り組んだ際のこと( https://t.co/2RvXDFzV4i )を詳しく書いてらっしゃいますね。

18 0 0 0 OA 崇高と政治理論

まあこれも誰が読むんだって感じのものですが。「崇高と政治理論」 https://t.co/HiFAMnNoTs
日本では5月8日が終わる頃かと思いますが、ここで昨年刊行された近藤潤三先生のご論考をどうぞ。最近の近藤先生の日独比較研究は要注目です。「戦後史のなかの5月8日と8月15日:日独比較の視点から」『愛知大学法学部法経論集』(207)https://t.co/zsnM5B70mu
科研で自主的に作った報告書が収録された様子。ツール自体は後世に残らなくても、アイデアだけは残せる!/国立国会図書館デジタルコレクション - データベースソフトを利用した初習外国語授業における教材提示の円滑化と授業の活性化 https://t.co/VjL5dzwOlV

2 0 0 0 読書連弾

本業の英語のほうはわからないけれど、すくなくとも谷沢永一との「読書連弾」https://t.co/TVSqivygZ2 これはどんなに思想的政治的にあわなくても、得るところあって面白いとおもうんだ
高野清弘「書評 ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳」『甲南法学』57巻1/2号(2016年)47-143頁。 https://t.co/9E6TFfA1yd結論で「ホッブズの政治学は人間の学であり、「野性の王国」の話ではない」(136頁)という、時宜にかなう一文が。
今野元先生の「東京大学法学部のドイツ政治史研究:批判的回顧と建設的提言(1)」『愛知県立大学大学院国際文化研究科論集』17号(2016年)208-189頁(https://t.co/NFoFrd9RBw)読了。東大法学部を中心とした、日本のドイツ政治史研究をめぐる群像劇。面白い。
先日おすすめいただいた論文をメモ。 CiNii 論文 -  カント政治哲学の一解釈--H.アレントの解釈と自由主義的解釈の架橋の試み https://t.co/cJ3SrTiBUa #CiNii
大変勉強になった。 CiNii 論文 -  ハンナ・アーレントにおける約束、良心、そして政治的なものの概念--市民的不服従論の視座から (特集 アレントとマルクス) https://t.co/8QqRKLOj35 #CiNii
なお、このKundnaniの本については、葛谷さんがミュンクラーの本と合わせて書評論文を書いておられます。これ読めば概略が分かる。葛谷彩「「不本意な覇権国」? ―ドイツ外交政策をめぐる論争」『明治学院大学法学研究』100号、2016年https://t.co/h4q8SDZKsW

148 3 0 0 童貞の機関車

国会図書館でもネット未公開 https://t.co/pOT6RhGAp4 RT @apj: すごく読みたい。何が書いてあるんだろw RT @matuda 見よ!! って言われても。 昭和6年の本に載ってた広告 https://t.co/EvYFZ9IWAT
篠原一先生の世代感を理解するには,ネットで読める田口戦後日本政治学史の2に載っている1920年代生まれ政治学者の表が便利(245-246). https://t.co/HzLjHxIHTU 篠原政治学の田口先生による論評は3にある. https://t.co/qkam3UrzWt
篠原一先生の世代感を理解するには,ネットで読める田口戦後日本政治学史の2に載っている1920年代生まれ政治学者の表が便利(245-246). https://t.co/HzLjHxIHTU 篠原政治学の田口先生による論評は3にある. https://t.co/qkam3UrzWt
木村さんの論文なんで一本しか乗ってないの。 / “木村正人(2004)「シュッツはデューイ『論理学』をどう読んだか」 - DSpace at Waseda University” http://t.co/nufNkDu6dD #Sociology #Dewey
併せてぜひ「哲学はなぜ科学による基礎づけを求めるのか」も執筆していただきたい。 / “CiNii 論文 -  宗教はなぜ科学による基礎づけを求めるのか : 創造論運動を事例とした分析哲学的考察” http://t.co/OvyUfV0ecI #philosophy
「盗用」の被害にあった4論文のうち1つはこちら。 尾崎利生「国家と宗教ー帝国憲法の原理と「信教の自由」規定を中心としてー」 サイニィで誰でもPDFにアクセスできる。 http://t.co/9oBgXe7i2S その目次部分。 http://t.co/c4Y2hv5yIq
先の件に関する宣教師による記録についての論文をご教示頂いたのだが、この内容はいったい・・・ううう。 教会史料を通してみた張献忠の四川支配 http://t.co/LkSiixzr1s
CiNii 論文 - 「カール禿頭王は本当に禿げていたか」 http://t.co/TiwMvTh1vr すごいタグを見た http://t.co/arr26fS4XM
拙稿「「戦後処理」からの脱却を目指して:高度経済成長期の外務省機構改革」『北大法学論集』65巻5号(2015年1月)リポジトリ公開→http://t.co/d92AR2Ytkp 使った文書はデータベース戦後日本外交史 http://t.co/ylA9izj6e5 で公開予定です。
いまCiNiiでいちばん盛り上がっている論文。芥川賞の円城塔さんによる切実すぎる話。 / “CiNii 論文 - ポスドクからポストポスドクへ” http://t.co/QPgri6pd

フォロー(875ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

#こんな論文がありました pdf公開。長束正家ご子孫と学科長が知り合いだったので閲覧できたという新出史料。 湯浅 吉美「長束家伝来「木下吉隆書状」について : 汚名返上への切なる懇願」 埼玉学園大学紀要. 人間学部篇 (19), 430(37)-421(46), 2019-12-01 https://t.co/D0IyN6Rp2X
森下宏美「ロンドン・ノート」における人口論研究 (大特集 新メガの研究-新マルクス・エンゲルス全集) -- (抜粋・メモ・覚書きなど《第4部門》) https://t.co/gBynH3IrT7 #CiNii
RT @bentheDPeness: グレンジャーの因果性測度は時系列モデルでの一期先予測誤差の分散比なわけで,当然予測に焦点を当てた因果性の概念なわけです.拡張などすれば非定常過程や,構造変化等もとらえることができ非常に便利.この辺の話やその拡張は例えば細谷先生の解説論文など…
良い解説だなぁ(しみじみ)/ 短時間フーリエ変換の基礎と応用 https://t.co/CNoa4Aqpsg
この記事(論文?)が参考になりました スポーツ・ルールにおける平等と公正 男女別競技からハンディキャップ競技へ https://t.co/Jpd1U59nPe
◆橋本毅彦(1993)「実験と実験室(ラボラトリ-)をめぐる新しい科学史研究」化学史研究 20(2). https://t.co/dtm7YbjgWS
RT @bms_pr: 【新着論文のご紹介】藤田 和也, 岡田 謙介, 主観確率を含んだ累積プロスペクト理論モデルの推定精度について, 行動計量学, 2019, 46 巻, 2 号, p. 53-71, https://t.co/MnEzv4FtEc
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
おう、『部落解放』にマーベルシネマティックユニバースの映画批評が載るとは。/「Diversity Now! 多様性の今(10)映画「ブラックパンサー」 : ダイバーシティが生み出したニューヒーロー」『部落解放』757(2018) :110-119。 https://t.co/Mez7eMPJTd
これも。/ 「理想化されたアフリカ : 映画『 ブラックパンサー』 に見るアフロフューチャリズムとステレオタイプ」https://t.co/X1ZbG18ylt
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
榊祐一『明治前期の言説空間と近代詩の〈誕生〉ー『新體詩抄初編』を軸として』博士論文、北海道大学、2001年3月。自分の博論です。目次あり。https://t.co/qrIa6RJAYd
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @mujinazaka: 【メモ】延喜十一年「平田福刀自子家地充文案」(平安遺文205号・根岸文書): 国立国会図書館蔵「延喜天暦保延古文書」のうちhttps://t.co/gY6rUfeag1。
https://t.co/p0LH7X6NSO
◆小中村清矩(1895)『国史学のしをり』 https://t.co/omCWGWh3m2
RT @high190: “KAKEN — 研究課題をさがす | 大学職員の高度化に向けたアメリカ大学職員育成プログラムの実態と効果に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-18H00058)” https://t.co/eYgMOrUtn6 #KAKEN #大学職員 #…
RT @nekonoizumi: 『大衆の国民化』、『英霊』、『敵の顔』、『武器としての宣伝』、『理想郷としての第三帝国』、『丸山眞男と平泉澄』、『日本主義的教養の時代』、『「日本」への問いをめぐる闘争』、『日本主義と東京大学』等 このあたりが全部パルマケイア叢書というのがヤバ…
RT @khargush1969: Gordon, M. S. & K. A. Hain 2017: Concubines and courtesans : women and slavery in Islamic history https://t.co/ekCqDtrC9g…
RT @dripping_out: Teruhito Sato,2018,The Early Modern English Formation of the Term “Society” : A Text-Mining Analysis, in 人文学報 社会学(首都大学東京人…
RT @khargush1969: Gordon, M. S. & K. A. Hain 2017: Concubines and courtesans : women and slavery in Islamic history https://t.co/ekCqDtrC9g…
勝原晴希「『日本詩人』と萩原朔太郎─「大正」詩を考えるために」『駒沢国文』39、2002年2月。https://t.co/0GX8EmyeAP
RT @yhkondo: 「誤用便覧」自体も国会デジタルにありました。こちらの方が活字が大きくて読みやすいです。https://t.co/5VCHqis7yR

7 4 4 0 OA 鴎外全集

RT @yhkondo: 『鸚鵡石』まだ読んでないけど、すぐ読みたいという方は、この国会デジタルの鴎外全集の96コマ目からどうぞ。https://t.co/tHYoPFsjrD
『思想としてのミュージアム』の著者、村田麻里子さんの研究ノート「オークランド戦争記念博物館にみるニュージーランドの多文化主義」(関西大学『社会学部紀要』52-1、2020年1月)が公開されています。『思想としてのミュージアム』は在庫僅少ですのでお早めに。https://t.co/6Mi8tHtCD8
@KabuTaro @kz_itakura ニュートリノはその実験的観測でノーベル物理学賞まで、ちゃんと出て、常識になっていて、広く知られて評価もされているのに。文系の方が書いてチェックもされたとしか考えられません。「もっと理工系の人をマスメディアに!国民運動」の代表としては(嘘です)、でも残念。https://t.co/oAkkgtcusA
[読]吉野諒三「いま世論調査が直面する壁――「歴史」と「理論」と「実践」」『よろん』97(2006) https://t.co/7aOnKxSywN
RT @WARE_bluefield: ”key claims of “modern money theory (MMT)””とか、”With the existence of liquidityconstrained individuals, MMT fails if MMT…
RT @hatano1113: この前の日本経済学会では、國枝繁樹先生による関連報告がありました。Modern Monetary Theory as the Ricardian Equivalence with Seigniorage in a Liquidity Trap h…
水川喜文「プラグマティズムと現象学の末裔:エスノメソドロジー的思考の源泉に関する試論」『年報社会学論集』9号、1996年。 https://t.co/Z53Nr6hrFr
RT @satob: @marxindo この「国際比較研究」はAzuma, H., & Kashiwagi, K. (1987). Descriptors for an intelligent person. Japanese Psychological Research,…
RT @satob: @marxindo この「国際比較研究」はAzuma, H., & Kashiwagi, K. (1987). Descriptors for an intelligent person. Japanese Psychological Research,…
RT @satob: @marxindo この「国際比較研究」はAzuma, H., & Kashiwagi, K. (1987). Descriptors for an intelligent person. Japanese Psychological Research,…
RT @fake__nws: https://t.co/PWHvNi0Oss 神戸市の場合①古くから住む在日インド人向けにインド人が経営する店。北野~三宮に集中。②パキスタン人向けのハラール料理店。神戸モスク・兵庫モスクのそばに集中立地する。③ネパール人の経営する店。駅前・郊外…
RT @ukenta: 「法地質学入門」 https://t.co/S7xEEhwoK9
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒松田祥平 「再編成される〈探偵小説〉――一九二三年以前の『新青年』における「高級探偵小説」イメージをめぐって――」 『日本近代文学』101巻(2019) https://t.co/FcLnA0HH9W
@MalusPumila4 「AIのせいにしてほっかむり」でなく、本来的な意味で「AIにやらせる」についてはおっしゃるとおりなのだろうと思います。 「R.U.R.から100年」……は、おととししゃべらされて去年書かされたので。https://t.co/5PkLTE9La5
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 論文というより、報告集ですが。 尾下成敏編『16世紀京鞠会の基礎的研究』(京都橘大学史料研究報告集, 第9集)京都橘大学文学部歴史学科, 2020.10 https://t.co/K2qjnxZhj1
#こんな論文が出ていたようです 論文というより、報告集ですが。 尾下成敏編『16世紀京鞠会の基礎的研究』(京都橘大学史料研究報告集, 第9集)京都橘大学文学部歴史学科, 2020.10 https://t.co/K2qjnxZhj1
抜き刷りをご恵送頂きました。深謝。 PDF版もすでに公開されていますね。深沢克己「フリーメイソン団成立史研究の現状と論点」『日本学士院紀要』2020 年 75 巻 1 号 、1-25頁。https://t.co/2Bvo1Odwiw
RT @pvvbzROgo32zWXo: それこそ都市民俗学の発生なども問題意識としてはかなりいい腺をいっていると思うが、現状一番はこれか 有馬学「歴史は何種類あるのか? 」『七隈史学』21号2019年 https://t.co/1xLBabZ2Zh 文章としては講演録なのだが…
RT @khargush1969: 今更のクリップだが,B.Fragnerが1979年までの既刊ペルシア語文書史料を目録化したRepertorium https://t.co/g0uo1f7mzP は,バンベルク大学研究情報サイトからPDFで入手できる。 https://t.c…
RT @atonton28: なお日本でも今年の科研(A)で政治的ジェンダーバイアスの研究が始まるようです(https://t.co/sm48Usvpvi)。関学の中越みずきさん@MizukiNakagoshiのチームも社会心理学の観点から研究を進めておられます。 https:…
RT @halproject00: 参考 ヒスタミン中毒について https://t.co/PUV96s7fhT かつお節中のヒスタミンの話 https://t.co/BScjVsqpaD https://t.co/zZbK2pFN6V

フォロワー(26234ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @torikameinu: 毎年柿の季節に言ってるんですけど、柿を食べすぎて胃に「柿胃石」が出来た爺さんが、コカコーラ飲んで溶かす治療を受けたけど、炭酸キツくて炭酸抜けたの飲んでたのが医者にバレて怒られた話を置いておきます。https://t.co/yuSI6ZQjWy…
木下龍馬「武家への挙状、武家の挙状 - 鎌倉幕府と裁判における口入的要素」史学雑誌(2019) https://t.co/kR0WjmC55O
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。長束正家ご子孫と学科長が知り合いだったので閲覧できたという新出史料。 湯浅 吉美「長束家伝来「木下吉隆書状」について : 汚名返上への切なる懇願」 埼玉学園大学紀要. 人間学部篇 (19), 430(37…
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。長束正家ご子孫と学科長が知り合いだったので閲覧できたという新出史料。 湯浅 吉美「長束家伝来「木下吉隆書状」について : 汚名返上への切なる懇願」 埼玉学園大学紀要. 人間学部篇 (19), 430(37…
#こんな論文がありました pdf公開。長束正家ご子孫と学科長が知り合いだったので閲覧できたという新出史料。 湯浅 吉美「長束家伝来「木下吉隆書状」について : 汚名返上への切なる懇願」 埼玉学園大学紀要. 人間学部篇 (19), 430(37)-421(46), 2019-12-01 https://t.co/D0IyN6Rp2X
沖本竜義(2014)「マルコフスイッチングモデルのマクロ経済・ファイナンスへの応用」『日本統計学会誌』44(1), pp.137-157 https://t.co/RnYSAoYuRi https://t.co/9rPKyL7B4i

45 45 45 38 OA 高輪の海岸

RT @8mitsu24: 4枚目の錦絵は、歌川広重(三代)『東京名所図会』高輪の海岸  国立国会図書館デジタルコレクションより引用(https://t.co/2k51zQdyhB)
森下宏美「ロンドン・ノート」における人口論研究 (大特集 新メガの研究-新マルクス・エンゲルス全集) -- (抜粋・メモ・覚書きなど《第4部門》) https://t.co/gBynH3IrT7 #CiNii
@eikouarucroatia 亡くなった親父がバリバリの保守反動だったからそれに合わせてただけという説がピッタリくるんだよなぁ… https://t.co/gWn8X4PLOv
RT @mono3883: 検閲を経験している映画界はレーティングを60年間続けて愛のコリーダ無修正上映まで漕ぎつけたんだよね 上映当時より進歩してる 法律で決められたらそこから表現の自由を取り戻すのはすごく困難だと思う 映倫はいろいろ言われているけどバランス取るために頑張って…
RT @0TiQCSqN4ETjGCQ: 記念すべき一本目の論文が出版されました!ナマコに住むウロコムシAsterophilia culcitaeを扱ったものです。本種の宿主の幅が従来知られているよりも広く、また、色彩に多数のバリエーションが存在することを明らかにしました。…
RT @washou3956: 縁あって『文学』の過去号を数冊もらったのだけど、未読だった論文がちらほらあった。綿田稔「足利将軍邸の障子画賛」は、玉村竹二論文について、美術史の立場から応答しようと試みたもの。https://t.co/oWRAafbg5B
縁あって『文学』の過去号を数冊もらったのだけど、未読だった論文がちらほらあった。綿田稔「足利将軍邸の障子画賛」は、玉村竹二論文について、美術史の立場から応答しようと試みたもの。https://t.co/oWRAafbg5B
このメタファー論はワグナーの『文化のインベンション』の議論と完全に一致するな

45 45 45 38 OA 高輪の海岸

RT @8mitsu24: 4枚目の錦絵は、歌川広重(三代)『東京名所図会』高輪の海岸  国立国会図書館デジタルコレクションより引用(https://t.co/2k51zQdyhB)
RT @bentheDPeness: グレンジャーの因果性測度は時系列モデルでの一期先予測誤差の分散比なわけで,当然予測に焦点を当てた因果性の概念なわけです.拡張などすれば非定常過程や,構造変化等もとらえることができ非常に便利.この辺の話やその拡張は例えば細谷先生の解説論文など…

45 45 45 38 OA 高輪の海岸

RT @8mitsu24: 4枚目の錦絵は、歌川広重(三代)『東京名所図会』高輪の海岸  国立国会図書館デジタルコレクションより引用(https://t.co/2k51zQdyhB)
@geo_hoshi おおっ,星さんやっちゃいましたか! すばらしい。 先日,大町先生の砂鉄記載論文を見つけて,一人興奮しておりました。 https://t.co/Rg0YnBL6g8
RT @nazomizusouti: 「磁気装置は錆に有効」という文書を紹介されました。 なかなかツッコミどころの多い内容デスね。 https://t.co/xD3X3pLODL 問1 この文章が給水管の防錆効果の根拠にならない理由を述べよ
RT @pinoeq: 「中央銀行によるリスク性資産の買入れについては、金融危機対応として効果があるとの見方が有力である。一方で、平時における効果は不明であり、日本銀行のETF 買入れによるリスクプレミアムの縮小は、明確には観察されなかった」 https://t.co/8lg…
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  報徳主義思想の展開と国家政策の課題--京都における地方改良運動を通して https://t.co/LGnXrA0OIs #CiNii 通俗道徳→「報徳思想が報徳主義思想へと変容して地方改良運動で利用されている。変容過程で…
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @Omutane: @eric7blog 農家です。 もちろん濃度にもよるのですが、除塩に使えて、なおかつ販売可能な農作物としてアイスプラントという植物が挙げられます。 J-stageに論文が上がっていますので、御参考までに。 https://t.co/lrnzdQoG…
RT @huruhongunma: 大塚英志「 <特集 日本研究の道しるべ : 必読の一〇〇冊>ポピュラーカルチャー」『日本研究』第57集 https://t.co/6g8ihiZ5BR 考えてたことが書かれててとても勉強になった 在野研究、民俗学、サブカルあたりがキーワード…
佐々木周作・黒川博文・大竹文雄(2019)「寄付金控除vsマッチング寄付:日本の寄付税制の行動経済学的実験研究(プログレス・レポート)」『行動経済学』第12巻 Special_issue 号, pp.18-21 https://t.co/7NynHltvLS #NewsPicks https://t.co/q46mkr2jkH

4 1 1 1 OA 世界一周

日系人達の大部分は白人の下働きなど、低廉な賃金の労働に従事していたが、従順に働くことから周囲からの反感を買い、日本人漁業禁止令や児童の修学拒否など、数々の排日運動が起こった(簡略化) アメリカ排日移民法 https://t.co/CkFg9GCM6M(黄金門、桑港『世界一周』 / 日本青年教育会, 1918)
メモ。『多田院御家人と多田荘の歴史を紐解く』(猪名川町歴史文化遺産活性化実行委員会編、2018年3月)山本康司「『多田雪霜談』巻一の基礎的考察」など。そのほかの情報は不詳。刊行年が違うけど、こちらのことかしらん。追可尋記。https://t.co/yBUi3WvNUb #こんな論文が出ていたようです
CiNii 論文 -  ドイツ連邦共和国における連立政権に関する憲法的研究(2) https://t.co/HbEVTh5lJ6 #CiNii
CiNii 論文 -  ドイツ連邦共和国における連立政権に関する憲法的研究(3) https://t.co/8QIfbKhy55 #CiNii
森岡渉・岡部篤行・貞広幸雄(2019)「ジニ係数を活用した店舗立地の時空間分析」『日本統計学会誌』49(1), pp.115-131 https://t.co/0FAjC5kP7E https://t.co/YI4SL7TrjY
星野崇宏・竹内真登(2019)「マーケティングと行動経済学―二重過程理論と文脈効果に関するレビューと購買履歴データからの実証分析―」『行動経済学』12, pp.51-61 https://t.co/5eOBGdGaxH https://t.co/i79aA409hX
RT @Panda_51: https://t.co/p6HkDS9mmO 出典を確認したところ、「海自部内だけでは発想しえない着眼点」というフレーズはなく、大蔵省担当官より「想定するイージス艦2隻と同一予算で購入可能なF-15 30機を、例えば小笠原列島周辺に配備する場合の洋…
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @Panda_51: https://t.co/p6HkDS9mmO 出典を確認したところ、「海自部内だけでは発想しえない着眼点」というフレーズはなく、大蔵省担当官より「想定するイージス艦2隻と同一予算で購入可能なF-15 30機を、例えば小笠原列島周辺に配備する場合の洋…
「25年前って本当かな?」と思って調べてみたら、正確には15年前(2004年)のようですね。にしても古い・・・  https://t.co/nL0NiMgB3Y
この記事(論文?)が参考になりました スポーツ・ルールにおける平等と公正 男女別競技からハンディキャップ競技へ https://t.co/Jpd1U59nPe
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @sinya8282: 「記号力学系 とC^*環」 https://t.co/clc7V8X47E
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  地方改良運動と地方体制の再編 https://t.co/wfeqk23le3 #CiNii 政党政治否定論者の山県有朋が作り上げた国民意識としての通俗道徳のエビデンス。自己責任と自助だけを刷り込ませて富国強兵の奴隷にした…
◆橋本毅彦(1993)「実験と実験室(ラボラトリ-)をめぐる新しい科学史研究」化学史研究 20(2). https://t.co/dtm7YbjgWS
RT @bms_pr: 【新着論文のご紹介】藤田 和也, 岡田 謙介, 主観確率を含んだ累積プロスペクト理論モデルの推定精度について, 行動計量学, 2019, 46 巻, 2 号, p. 53-71, https://t.co/MnEzv4FtEc
RT @kameiasami: 『自用電気療法新編』(東京電気治療法研究会、大正2年) https://t.co/KPd5baJDuo より。明治38年版にも同じ図版が掲載されていますが、画像が粗いので大正2年版から引用しました。画像は大型の機器で、もっと小型の携帯用も流通して…
RT @hoshitomita: また、植林した「広葉樹」が他地域のものだと地域系統の遺伝子かく乱を引き起こす。それよりは針葉樹二次林を伐採して、萌芽更新と実生から自然に広葉樹林へ誘導する、こちらのやり方の方が無難だと思う。 「都市近郊二次林における小面積伐採直後の木本植生の多…
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  「地方改良運動」の政策主体と社会背景 https://t.co/4EFgEsnGDd #CiNii
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  報徳主義思想の展開と国家政策の課題--京都における地方改良運動を通して https://t.co/LGnXrA0OIs #CiNii 通俗道徳→「報徳思想が報徳主義思想へと変容して地方改良運動で利用されている。変容過程で…
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  地方改良運動と地方体制の再編 https://t.co/wfeqk23le3 #CiNii 政党政治否定論者の山県有朋が作り上げた国民意識としての通俗道徳のエビデンス。自己責任と自助だけを刷り込ませて富国強兵の奴隷にした…
RT @ogamachimasuya: 「妖怪と人とのインターフェイス―ミュトス神話からのアプローチ」(東洋大学井上円了研究センター記念講演、2015年)という私の講座に興味のある方は、その講演記録を以下のサイトでご覧ください。 「東洋大学学術情報リポジトリ」 https://…
RT @hoshitomita: また、植林した「広葉樹」が他地域のものだと地域系統の遺伝子かく乱を引き起こす。それよりは針葉樹二次林を伐採して、萌芽更新と実生から自然に広葉樹林へ誘導する、こちらのやり方の方が無難だと思う。 「都市近郊二次林における小面積伐採直後の木本植生の多…
倉島哲先生、これまで存じ上げず。https://t.co/WVz8m98iHQ https://t.co/n1qp1wHvva https://t.co/sjSuzFMEHz
RT @torikameinu: 毎年柿の季節に言ってるんですけど、柿を食べすぎて胃に「柿胃石」が出来た爺さんが、コカコーラ飲んで溶かす治療を受けたけど、炭酸キツくて炭酸抜けたの飲んでたのが医者にバレて怒られた話を置いておきます。https://t.co/yuSI6ZQjWy…
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
大気中の CO2 は約28,200億トン 陸上植物が光合成で1年に吸収するCo2は約4,400億トン 生態系全体では植物のCO2 吸収と動植物の呼吸による CO2 放出がほぼ釣り合い年間の CO2 収支はほゞゼロ 近年のCO2 上昇や窒素降下物の増加により植物の CO2 吸収が促進され100億トン大きい https://t.co/4TvG7yXQvv
RT @lm700j: ロマン・キム「ソ連の忍者」 https://t.co/VSLo67XemZ ミステリー作家兼スパイマスター兼忍術研究家、という謎人物の話
今はウェクスラー式の下位検査から外されている絵画配列に関する論文があった。私これものすごくできたのですがなんでできたかといえば「漫画経験値が高かったから」としか思えず外されたのは残念でもなく当然な気持ち https://t.co/tRUGU0AIug
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  地方改良運動と地方体制の再編 https://t.co/wfeqk23le3 #CiNii 政党政治否定論者の山県有朋が作り上げた国民意識としての通俗道徳のエビデンス。自己責任と自助だけを刷り込ませて富国強兵の奴隷にした…
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
和田吉弘先生が悲鳴をあげながら聞いているけど、加波先生の学会初発表時のエピソードがヤバいですね。 CiNii 論文 -  加波眞一教授 オーラルヒストリー (生熊長幸教授 加波眞一教授 二宮周平教授 退職記念論文集(下巻)) https://t.co/0955PwxLOq
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @Cristoforou: これも。/ 「理想化されたアフリカ : 映画『 ブラックパンサー』 に見るアフロフューチャリズムとステレオタイプ」https://t.co/X1ZbG18ylt
おう、『部落解放』にマーベルシネマティックユニバースの映画批評が載るとは。/「Diversity Now! 多様性の今(10)映画「ブラックパンサー」 : ダイバーシティが生み出したニューヒーロー」『部落解放』757(2018) :110-119。 https://t.co/Mez7eMPJTd
これも。/ 「理想化されたアフリカ : 映画『 ブラックパンサー』 に見るアフロフューチャリズムとステレオタイプ」https://t.co/X1ZbG18ylt
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
ワグナーの議論に出てくるダリビの親族に関する基本情報が端的にまとめてあってすごい役に立った。こういう研究も大事だよねぇ。 J-STAGE Articles - 親族と交換 : オセアニアにおける社会文化体系の理解のために https://t.co/TOahSWMlbg
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @nayuta_miki: 手元にまだジャーナル本体がないのですが、去年『科学哲学』に出した論文「意図の無限後退問題とは何だったのか」を英訳して、翻訳制度を利用してAnnals of the Japan Association for Philosophy of Scie…
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
川西諭、田村輝之(2019)「グリット研究とマインドセット研究の行動経済学的な含意―労働生産性向上の議論への新しい視点―」『行動経済学』12, pp.87-104 https://t.co/5jy9MzAE6V https://t.co/EXb2ejtcAa
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @rosswise: @znKhDnGdQ8mqO9g @syotakota 実際には、民族コミュニティとアイデンティティは、そうそう滅ぶものではないと言うことが判ったと言うのが文化人類学における結論。 https://t.co/Lu383mgP9N >アイヌ民族文化が…
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y

5 5 5 0 OA 御洒落狂女

RT @Akkii: @oldpicture1900 国会図書館デジタルコレクションで読めそうです。 https://t.co/LiornUmxq6
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @zasetsushirazu: 大正2年11月22日、徳川慶喜が死去。大庭邦彦「幕末政局と徳川慶喜」(『国学院大学研究開発推進機構紀要』7)曰く、慶喜は有能だが、「逆境の中で頑張ることはしない。あえて泥をかぶっても逆境を挽回しようと粘らない」点が特徴で、その点が西郷隆盛…
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
RT @kentaro: この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y