河東竹緒 (@rivereastbamboo)

投稿一覧(最新100件)

RT @miyama__akira: @rivereastbamboo 渡辺信一郎氏の「清-あるいは二-七世紀中国における一イデオロギー形態と国家」https://t.co/PzeNrjoI9t に「不營產業」の例がいくつも出ていましたね。
魏晋南北朝期のお茶についてはこれで大体理解できるので便利、pdfはありがたいですね。 関剣平「魏晋南北朝における喫茶の文化」(国立民族学博物館研究報告、2002) https://t.co/02wJXxGRQh
RT @mamesiba195: この論文を読みました。(PDFはなし) 秦末の戦乱における「王」は、①地域の人々の擁立、②有力者の擁立、③自称(田栄のみ)に分類されます。」 この時代において有力者が王を擁立することが非現実的でない政策でした。 柴田昇「最初期漢王朝の一性格…

16 0 0 0 OA 国訳漢文大成

RT @miyama__akira: 張華さんの「鷦鷯賦」https://t.co/CBnGeSvIWy は「六朝文人伝「張華」 : 『晋書』張華伝」https://t.co/OO5jAz1P5Y の現代語訳をさらっと読んだことしかないのだが(『国訳漢文大成』https://t…
RT @miyama__akira: 張華さんの「鷦鷯賦」https://t.co/CBnGeSvIWy は「六朝文人伝「張華」 : 『晋書』張華伝」https://t.co/OO5jAz1P5Y の現代語訳をさらっと読んだことしかないのだが(『国訳漢文大成』https://t…
RT @zekai_10g: #歴史系 面白そうなものを見つけた 突厥語の上表文の和訳が載ってる 突厥の啓民可汗の上表文の文章:読「突厥碑文」箚記(2) https://t.co/pVrMdWPxC7
RT @mamesiba195: まずは、河東さんおすすめのこの論文、秦漢時代の識字率はとても目から鱗。三国志好きの方にもおすすめです。 秦・漢時代の庶民の識字 https://t.co/zgqroRFwPp
RT @satohkun_: https://t.co/ohHAUkT352 謝霊運伝のみ史臣論が壮絶に長い 沈約お前は思いをもう少し包み隠すことを覚えたほうがいいんのではないか どの口で真陰を語るのか
劉琨さんは詩人でもあるのでそっち方面も。「重贈盧諶」が有名みたいですが、これは別の詩。嵆康と同じハコで構成はかなり練る人という評価。なるほど。 後藤正秋「劉琨詩小論 : 「答盧諶」詩を中心として」 https://t.co/AcpmNmnG4K
劉琨さんの事跡を確認すべく論文を探していたらよさげなものが。意外と劉淵も汲桑も西晋に追い込まれていたご様子。キレイにまとめられています。 田中一輝「永嘉の乱の実像」 https://t.co/QSnzoJZq7o
佐野理恵子「『荊楚歳時記』成立の背景をめぐって -魏晉南北朝時代における民間習俗の禁止事例を中心に-」 https://t.co/fiGg0ElCd0… 面白かった! ってそれだけかい。気が向いたら要旨をぷちぷちするかも。一つ言えるのは、呉好きにジャストミート。
面白そう! 佐野理恵子「『荊楚歳時記』成立の背景をめぐって -魏晉南北朝時代における民間習俗の禁止事例を中心に-」 https://t.co/fiGg0ElCd0 水間大輔「秦・漢における郷の治安維持機能」 https://t.co/GJ3q785UAd 柿沼陽平「後漢時代における貨幣経済の展開とその特質」 https://t.co/jPdZ63f5nF
面白そう! 佐野理恵子「『荊楚歳時記』成立の背景をめぐって -魏晉南北朝時代における民間習俗の禁止事例を中心に-」 https://t.co/fiGg0ElCd0 水間大輔「秦・漢における郷の治安維持機能」 https://t.co/GJ3q785UAd 柿沼陽平「後漢時代における貨幣経済の展開とその特質」 https://t.co/jPdZ63f5nF
面白そう! 佐野理恵子「『荊楚歳時記』成立の背景をめぐって -魏晉南北朝時代における民間習俗の禁止事例を中心に-」 https://t.co/fiGg0ElCd0 水間大輔「秦・漢における郷の治安維持機能」 https://t.co/GJ3q785UAd 柿沼陽平「後漢時代における貨幣経済の展開とその特質」 https://t.co/jPdZ63f5nF
紀要論文ですが非常に面白いものがありました。 濱河栄「秦・漢時代の庶民の識字」 https://t.co/WTNIC7uyzv 前漢期の経済の発展により奴隷階層まで識字の必要性が増したという点は興味深いです。前漢末に確立される学校制度もよく整理されており、議論を深めるには有用ですね。
RT @mayaya_jujitsu: メモ:蔣侯神とは、呉の孫権の時代に建業の蔣山に祭られた蔣子文のこと。建業~南京の土地神様として有名。そして「東晋における孫呉との継承関係を示すのが蔣侯神信仰だ」と主張する論文:渡邉義浩「干寶『搜神記』の孫呉観と蔣侯神信仰(pdf)」 ht…
RT @khargush1969: 小林高四郎(1956)「モンゴル人の飮物とその名称について」『民族學研究』20(1-2): 36-46. https://t.co/IXfwbat50A モンゴル人の酒・飲料について古典的研究。モンゴル帝国・元朝では乳酒(クミスと現代のアルヒ…
RT @khargush1969: 高山卓美(2007)「『東方見聞録』における酒に関する一考察」『日本醸造協会誌』102(3): 172-186. https://t.co/SANIPFB73w ユーラシア東西の酒の醸造学の視点からの分析は貴重。クビライ宮廷の酒が葡萄酒,香料…
RT @khargush1969: 早川尚志(2015)「明代東トルキスタンの交易路とその変遷」『ラーフィダーン』36: 83-110. https://t.co/8rIPI40mNQ 戦前の西域史研究はじめ東西の古典的研究の蓄積を網羅的におさえて最新研究にしている点も勉強にな…

11 0 0 0 OA 鞍と鐙

RT @HarutaSeiro: 林俊雄先生の専論はこちら: CiNii 論文 - 鞍と鐙 https://t.co/dUOTH8r8Wo #CiNii 相馬説への批判はpp.(69)-(71). 林先生も親指鐙その他の散発的な存在までは否定されていません。
併せて読むとハアハア度がさらにアップ(アブナイ 唐の建国と匈奴の費也頭 石見 清裕 https://t.co/ECU9tLsI2J 隋唐王朝の遊牧民からのアプローチは研究が進んだけど、研究史的には揺り戻しが起きつつある感じ? 複合体だからアプローチも多様じゃないと歯が立ちませんよねえ。
明日はこれを読んでハアハアする予定。 隋唐政権形成下における門閥の研究―弘農楊氏を中心に― 堀井裕之 https://t.co/KDdOgROPZe 楊素のご先祖は六鎮の乱の際に懐朔鎮将だった楊鈞。あんまり目立たず、元叉に銀器を贈ったエピソードが目立つくらい?
ヒトは足の位置の空間イメージを現実よりやや内側に認識するという研究結果。 この研究が明らかにしたところは、 「タンスの角と足の小指の蜜月は宿命」 ということです。 痛いよう。 https://t.co/gkdPIXHISV https://t.co/B7GqeaTYJU
思い出したのでメモ。 北魏の国号、魏に先んじる代が長年併用されたことは下記で論じられているが、魏と代の使い分けがどうなされたかは要注意かも。外交と鮮卑統治が同じ名とは限らない。日本も倭だし、興味深いです。 松下憲一「北魏の国号「大代」と「大魏」」 https://t.co/V3y5ASmePG
@GuardRt ついったーには色んな方々がおられますからね。。。 楊守敬『水経注図』は胡林翼『大清一統輿図』を赤字で記し、墨字で『水経注』の記述を重ねたものです。 縮尺や経線緯線はかなり怪しげではありますよね。19世紀の地図に関する論文もあります。ご参考まで。 https://t.co/qLmvDkpYDK

14 0 0 0 OA 東遊記

RT @bot70666429: 『東遊記』が読みたかったら、明治17年、根村熊五郎 訳というのが、国会図書館デジタルコレクションで無料で読めるよ。古いので読みにくいけど。 https://t.co/ULYF0KR5m5 …

6 0 0 0 OA 蒙求

RT @miyama__akira: 『蒙求』に五胡十六国関係の句は三つ。蒙求から五胡十六国ファンになる道は細く険しい。#五胡十六国の日2019 「詰汾興魏」(拓跋詰汾と天女の話)https://t.co/18o1Q7nRNb 「南康猶憐」(南康公主と李勢の妹の話)https…

6 0 0 0 OA 蒙求

RT @miyama__akira: 『蒙求』に五胡十六国関係の句は三つ。蒙求から五胡十六国ファンになる道は細く険しい。#五胡十六国の日2019 「詰汾興魏」(拓跋詰汾と天女の話)https://t.co/18o1Q7nRNb 「南康猶憐」(南康公主と李勢の妹の話)https…

6 0 0 0 OA 蒙求

RT @miyama__akira: 『蒙求』に五胡十六国関係の句は三つ。蒙求から五胡十六国ファンになる道は細く険しい。#五胡十六国の日2019 「詰汾興魏」(拓跋詰汾と天女の話)https://t.co/18o1Q7nRNb 「南康猶憐」(南康公主と李勢の妹の話)https…

6 0 0 0 OA 蒙求

RT @miyama__akira: 『蒙求』にも「太初日月」とあるhttps://t.co/2OC4r6KSaV から、夏侯玄がかっこいい https://t.co/O1s0HZspVS ことは、昔は子供でもよく知っていた……はず。 (そしてその理屈だと昔の人は郗超のあだ名ま…

お気に入り一覧(最新100件)

1 1 0 0 OA 国訳漢文大成

潘岳の「関中詩」にも 「周殉師令,身膏氐斧。人之云亡,貞節克舉。」 とあるし、同時代の詩人がここまではっきり書いているのだから周処の没年には疑いがないと思っていた。 https://t.co/8a2AFUczov https://t.co/81uQxZAu0c
@rivereastbamboo 渡辺信一郎氏の「清-あるいは二-七世紀中国における一イデオロギー形態と国家」https://t.co/PzeNrjoI9t に「不營產業」の例がいくつも出ていましたね。
五代十国時代って仮子関係を結んで姓を変える人が多いし、下の名前もひょいひょい変えちゃうイメージがあって、姓名とアイデンティティの結びつきが薄いのかなというイメージがなんとなくある。ちなみに気になるのは東丹王の吸血エピソード https://t.co/3rEaDHAigj です(中二病)。
この論文を読みました。(PDFはなし) 秦末の戦乱における「王」は、①地域の人々の擁立、②有力者の擁立、③自称(田栄のみ)に分類されます。」 この時代において有力者が王を擁立することが非現実的でない政策でした。 柴田昇「最初期漢王朝の一性格」 https://t.co/rZhpO40e9B

16 0 0 0 OA 国訳漢文大成

張華さんの「鷦鷯賦」https://t.co/CBnGeSvIWy は「六朝文人伝「張華」 : 『晋書』張華伝」https://t.co/OO5jAz1P5Y の現代語訳をさらっと読んだことしかないのだが(『国訳漢文大成』https://t.co/OVleRa3ElT に訓読があるのは見つけたけど未読)、これも「小鳥」の価値を認めるものなのかな。> RTs
張華さんの「鷦鷯賦」https://t.co/CBnGeSvIWy は「六朝文人伝「張華」 : 『晋書』張華伝」https://t.co/OO5jAz1P5Y の現代語訳をさらっと読んだことしかないのだが(『国訳漢文大成』https://t.co/OVleRa3ElT に訓読があるのは見つけたけど未読)、これも「小鳥」の価値を認めるものなのかな。> RTs
これも読みました。やる夫楚漢戦争を読んだ方にもおすすめできる劉邦軍団の初期の軍事行動に関する研究です。 前漢王朝建立時における劉邦集団の戦闘経過について(上)─劉邦集団内部の政治的派閥の形成を中心に─ https://t.co/NxC1LKOBYF
まずは、河東さんおすすめのこの論文、秦漢時代の識字率はとても目から鱗。三国志好きの方にもおすすめです。 秦・漢時代の庶民の識字 https://t.co/zgqroRFwPp
小林高四郎(1956)「モンゴル人の飮物とその名称について」『民族學研究』20(1-2): 36-46. https://t.co/IXfwbat50A モンゴル人の酒・飲料について古典的研究。モンゴル帝国・元朝では乳酒(クミスと現代のアルヒのような?強い酒)のほか,米穀で作る酒も知っていたとある。
高山卓美(2007)「『東方見聞録』における酒に関する一考察」『日本醸造協会誌』102(3): 172-186. https://t.co/SANIPFB73w ユーラシア東西の酒の醸造学の視点からの分析は貴重。クビライ宮廷の酒が葡萄酒,香料入り酒(葡萄酒?),馬・ラクダの乳酒で中国酒文化の影響を受けていない?のが気になる
メモ:蔣侯神とは、呉の孫権の時代に建業の蔣山に祭られた蔣子文のこと。建業~南京の土地神様として有名。そして「東晋における孫呉との継承関係を示すのが蔣侯神信仰だ」と主張する論文:渡邉義浩「干寶『搜神記』の孫呉観と蔣侯神信仰(pdf)」 https://t.co/HuAGxHGJyd https://t.co/bI6yV0zJZT

11 0 0 0 OA 鞍と鐙

林俊雄先生の専論はこちら: CiNii 論文 - 鞍と鐙 https://t.co/dUOTH8r8Wo #CiNii 相馬説への批判はpp.(69)-(71). 林先生も親指鐙その他の散発的な存在までは否定されていません。
排調篇10 https://t.co/8H7etpgddq でも「傖」が出てくるが、ここで酪がネタになっているように、食文化の違う相手を「このイカモノ喰いめ」みたいに罵るのは罵倒の典型例かも。お茶とヨーグルトの戦い(?)は https://t.co/UwUwdtTvYx の22〜25ページ目にもあった。
『資治通鑑』巻103の咸安元年⑱ https://t.co/m4TemDwaRL に、桓温が術士の杜炅という人に占ってもらって「明公は、勳、宇宙に格(いた)り、位、人臣を極む」https://t.co/Bkpxb6F05f と言われた話があるのを知り、もしかしたら桓温が宇宙大将軍と号していた世界線もあったかも、という電波を受信。
馮道に対する褒め言葉に「物と競う無し」があると知り、検索したら『資治通鑑』巻275 https://t.co/7vzEJiADJd (訓読 https://t.co/iTEUMRVMPB) が見つかったが、この言葉は楽広に対する褒め言葉でもあって https://t.co/ejH4j1MuMR でも楽広は馮道みたいにうまく生き延びられなかったんだな……。

13 0 0 0 OA 国訳漢文大成

https://t.co/jba1ELVu0u に出てくる袁翻と李神儁は仲が悪そうだが、陳郡袁氏と隴西李氏といえば、「人虎伝」https://t.co/OXao2nHTwB と「山月記」https://t.co/GkZw5VPU1l ですわね。きっと李徴と袁傪には前世からの縁が(嘘

13 0 0 0 OA 国訳漢文大成

『搜神後記』には、桓温と尼さんの例の話もある。 原文→ https://t.co/HDa4jsiymx 訓読→ https://t.co/n9EwD85dDs 仏図澄が五臟六腑を洗う話もある。 原文→ https://t.co/R83vsgKsNg 訓読→ https://t.co/UG2DT2klkV

13 0 0 0 OA 国訳漢文大成

『搜神後記』には、桓温と尼さんの例の話もある。 原文→ https://t.co/HDa4jsiymx 訓読→ https://t.co/n9EwD85dDs 仏図澄が五臟六腑を洗う話もある。 原文→ https://t.co/R83vsgKsNg 訓読→ https://t.co/UG2DT2klkV
桓温が下戸だと思うと妄想が捗るんだけど、下戸でないことが分かってしょんぼり。 「魏晋南北朝における喫茶の文化」https://t.co/UwUwdtTvYx の11ページ目に「桓温に尋ねた,「あなたは酔うまでにどれ位お酒を飲まれ…ますか」と。桓温が答えていう,「年をとってからは3升ほど飲んだら酔い…」」
#六朝人名に現れたる佛教語 https://t.co/grZL24q6Da 鍾利房(鐘利房)……隋書・巻83。吐谷渾の人 始皇帝のときに沙門・室利房(釈利房)らが経典を伝えた云々という伝説があるそうで https://t.co/zkqLfNOHTv https://t.co/CHxjxGZO7q https://t.co/85LakB9cf1
#六朝人名に現れたる佛教語 https://t.co/grZL24q6Da 鍾利房(鐘利房)……隋書・巻83。吐谷渾の人 始皇帝のときに沙門・室利房(釈利房)らが経典を伝えた云々という伝説があるそうで https://t.co/zkqLfNOHTv https://t.co/CHxjxGZO7q https://t.co/85LakB9cf1

6 0 0 0 OA 蒙求

『蒙求』に五胡十六国関係の句は三つ。蒙求から五胡十六国ファンになる道は細く険しい。#五胡十六国の日2019 「詰汾興魏」(拓跋詰汾と天女の話)https://t.co/18o1Q7nRNb 「南康猶憐」(南康公主と李勢の妹の話)https://t.co/Mpn3QayIwa 「苻朗皂白」(苻朗の超絶味覚の話)https://t.co/DNAYxckwPh

6 0 0 0 OA 蒙求

『蒙求』に五胡十六国関係の句は三つ。蒙求から五胡十六国ファンになる道は細く険しい。#五胡十六国の日2019 「詰汾興魏」(拓跋詰汾と天女の話)https://t.co/18o1Q7nRNb 「南康猶憐」(南康公主と李勢の妹の話)https://t.co/Mpn3QayIwa 「苻朗皂白」(苻朗の超絶味覚の話)https://t.co/DNAYxckwPh

6 0 0 0 OA 蒙求

『蒙求』に五胡十六国関係の句は三つ。蒙求から五胡十六国ファンになる道は細く険しい。#五胡十六国の日2019 「詰汾興魏」(拓跋詰汾と天女の話)https://t.co/18o1Q7nRNb 「南康猶憐」(南康公主と李勢の妹の話)https://t.co/Mpn3QayIwa 「苻朗皂白」(苻朗の超絶味覚の話)https://t.co/DNAYxckwPh
『世説新語』劉孝標注訳注稿(三) https://t.co/kGp347CUNe を見ていて知ったが、韓伯の母は『世説新語』徳行篇47の注 https://t.co/T7HGc5qMsG では殷浩の妹で、晋書・呉隠之伝 https://t.co/9w1vM0B3C5 では殷浩の姉。他の箇所の記述からは姉か妹か決められない、とのこと。 https://t.co/wRvlLOLCzK
世説新語ではないが、劉宋の公主たちに嫉妬をせぬよう戒めるために編まれたという『妬記』には夫婦の謎プレイが出てきて草(https://t.co/FgkvnyaQWz のPDFファイル5〜6ページ目)。 妻「何日も羊になっていて、辛いことはなかったですか」 夫「草がまずくてお腹が痛くなったことを今も覚えているよ」 https://t.co/lBjszI7Vrf
https://t.co/2hBfVM1XdW 「しかし、アルタイ方面には西紀前5-4世紀にすでに新しい型の人類も現われていたのであり著しいモンゴロイド的特徴をもつ遺骸もあってルデンコはその人種構成の複雑」 前485年生まれのヘロドトスが記す禿頭アルギッパイオイ人のことでは?

フォロー(287ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @tak_weijin: CiNii 論文 -  「陽秋」 : 東晋期における皇帝所生母の避諱 https://t.co/Gfcor7z33Q #CiNii 避諱は当該時代の礼制にかかわる重要なテーマ。
RT @saisenreiha: 藤波伸嘉「オスマンとローマ―近代バルカン史学史再考―」『史学雑誌』 https://t.co/Gi41smXPKX によれば、オスマン帝国は多種多様な正当性を見に纏っており、ムスリム・非ムスリム問わず近世オスマン人にとってビザンツ=ローマ帝国は…

2 2 2 0 OA 国訳漢文大成

RT @miyama__akira: 李白に「桓公井」という詩 https://t.co/tHIMR6baVe があるだけでなく、王安石の「白紵山」という詩 https://t.co/QBbbJ8gEBX にも「桓公井空在」という句があるんだな。謝安の字と同じ諱を持つ人が桓温に…

2 2 2 0 OA 国訳漢文大成

李白に「桓公井」という詩 https://t.co/tHIMR6baVe があるだけでなく、王安石の「白紵山」という詩 https://t.co/QBbbJ8gEBX にも「桓公井空在」という句があるんだな。謝安の字と同じ諱を持つ人が桓温にちなんだ語を詩に読むって、なんともいえない風情がある。
RT @tak_weijin: CiNii 論文 -  「陽秋」 : 東晋期における皇帝所生母の避諱 https://t.co/Gfcor7z33Q #CiNii 避諱は当該時代の礼制にかかわる重要なテーマ。

1 1 1 0 OA 唐詩選評釈

https://t.co/8pIMNpVL0E よめるやんー

2 2 2 0 OA 国訳漢文大成

謝朓の「朓」の字を間違えていた……。 この謝朓の「新亭渚別范零陵詩」に関連して李白が「謝公亭」という詩 https://t.co/MptmkmhmTs を作っているのね。と、思ったら、「桓公井」https://t.co/tHIMR6baVe という、桓温が掘らせた井戸にまつわる詩まであった。他にも色々、晋の頃の人に関連する詩が!

2 2 2 0 OA 国訳漢文大成

謝朓の「朓」の字を間違えていた……。 この謝朓の「新亭渚別范零陵詩」に関連して李白が「謝公亭」という詩 https://t.co/MptmkmhmTs を作っているのね。と、思ったら、「桓公井」https://t.co/tHIMR6baVe という、桓温が掘らせた井戸にまつわる詩まであった。他にも色々、晋の頃の人に関連する詩が!
方向性を森野先生の論文より頂戴して、そこから字で連想できるものをとにかくぶっこんでいく感じです。 謝霊運の賦(一) https://t.co/2AJJlogsTF のお導きがなきゃ、霊感ですら無理だな、と……

フォロワー(473ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @manju1635: 蓮田 隆志・米谷 均「近世日越通交の黎明」(『東南アジア研究』56-2、2019年) https://t.co/iMIvonJJj1
RT @tak_weijin: CiNii 論文 -  「陽秋」 : 東晋期における皇帝所生母の避諱 https://t.co/Gfcor7z33Q #CiNii 避諱は当該時代の礼制にかかわる重要なテーマ。

2 2 2 0 OA 国訳漢文大成

RT @miyama__akira: 李白に「桓公井」という詩 https://t.co/tHIMR6baVe があるだけでなく、王安石の「白紵山」という詩 https://t.co/QBbbJ8gEBX にも「桓公井空在」という句があるんだな。謝安の字と同じ諱を持つ人が桓温に…

2 2 2 0 OA 国訳漢文大成

李白に「桓公井」という詩 https://t.co/tHIMR6baVe があるだけでなく、王安石の「白紵山」という詩 https://t.co/QBbbJ8gEBX にも「桓公井空在」という句があるんだな。謝安の字と同じ諱を持つ人が桓温にちなんだ語を詩に読むって、なんともいえない風情がある。
RT @tak_weijin: CiNii 論文 -  「陽秋」 : 東晋期における皇帝所生母の避諱 https://t.co/Gfcor7z33Q #CiNii 避諱は当該時代の礼制にかかわる重要なテーマ。

1 1 1 0 OA 唐詩選評釈

https://t.co/8pIMNpVL0E よめるやんー
RT @shimotukenokami: 研究代表者川岡勉『中世後期守護権力の構造に関する比較史料学的研究』科研報告書 https://t.co/mCceoQaq0i すでにいくつかの大学図書館には入っているようだ。 (-_-;)。oO(受入先図書館には入らないだろうな・・・も…

2 2 2 0 OA 国訳漢文大成

謝朓の「朓」の字を間違えていた……。 この謝朓の「新亭渚別范零陵詩」に関連して李白が「謝公亭」という詩 https://t.co/MptmkmhmTs を作っているのね。と、思ったら、「桓公井」https://t.co/tHIMR6baVe という、桓温が掘らせた井戸にまつわる詩まであった。他にも色々、晋の頃の人に関連する詩が!

2 2 2 0 OA 国訳漢文大成

謝朓の「朓」の字を間違えていた……。 この謝朓の「新亭渚別范零陵詩」に関連して李白が「謝公亭」という詩 https://t.co/MptmkmhmTs を作っているのね。と、思ったら、「桓公井」https://t.co/tHIMR6baVe という、桓温が掘らせた井戸にまつわる詩まであった。他にも色々、晋の頃の人に関連する詩が!
方向性を森野先生の論文より頂戴して、そこから字で連想できるものをとにかくぶっこんでいく感じです。 謝霊運の賦(一) https://t.co/2AJJlogsTF のお導きがなきゃ、霊感ですら無理だな、と……