無面目 (@hieda02rou)

投稿一覧(最新100件)

CiNii 論文 -  近世初期における高田派の教団形成--「出家衆帳」の分析から https://t.co/k2s6Td2byh #CiNii
婆様が生前に、首狩りやお役人がどうといってたのはこれか。 大正末生まれの婆様、ここで紹介されてる『尋常小学 国語読本 巻八 文部省』の世代だったのかな。 CiNii 論文 - 「義人呉鳳」の誕生地・諸羅県(嘉義) : 呉鳳物語の生成 https://t.co/e427ALVri9 #CiNii

103 96 38 3 OA 畫本古鳥圖賀比

RT @terada50397416: これらのへんてこりんな絵は江戸時代の浮世絵師である耳鳥斎(にちょうさい)の『畫本古鳥圖賀比(えほんことりづかひ)』にある。 無料で読めるので暇つぶしにどうぞ。 https://t.co/nGILXGLqlB https://t.co/H…
J-STAGE Articles - 心霊スポットの空間分布パターンにみる超常現象観の時代変化 https://t.co/OrSYLEvRsI
海運の人々とは経豪さんが佛光寺を出る以前からのお付き合いだったのかな? CiNii 論文 - 平成八年度 特別研修員 研究発表要旨 : 戦国時代の興正寺について https://t.co/B1yaGEXnHc #CiNii
CiNii 論文 - 近世真宗伝道の一考察 : 東国における大蛇済度譚 https://t.co/YFHLj0jzaq #CiNii
RT @lenti_taiga: CiNii 論文 -  阿弥陀如来像と真言密教 https://t.co/lw06rmR8PQ #CiNii 95年だが、全43ページ中12ページを注釈に費やす。現在は多少見解の変化があるだろうが、顕教浄土教・観経の記述に沿った阿弥陀如来立…
CiNii 論文 -  山門公人の歴史的性格: 『砥園執行日記』の記事を中心に https://t.co/E1LOQHTlxk #CiNii
CiNii 論文 - <調査報告>知多半島の虫供養大念仏と真宗和讃(1) https://t.co/NJPyhKDqVa #CiNii CiNii 論文 - 調査報告 知多半島の虫供養大念仏と真宗和讃(2) https://t.co/OE0ZmgfMoZ #CiNii CiNii 論文 - 知多半島の虫供養大念仏と真宗和讃(3) https://t.co/vY9jktcUnr #CiNii
CiNii 論文 - <調査報告>知多半島の虫供養大念仏と真宗和讃(1) https://t.co/NJPyhKDqVa #CiNii CiNii 論文 - 調査報告 知多半島の虫供養大念仏と真宗和讃(2) https://t.co/OE0ZmgfMoZ #CiNii CiNii 論文 - 知多半島の虫供養大念仏と真宗和讃(3) https://t.co/vY9jktcUnr #CiNii
CiNii 論文 - <調査報告>知多半島の虫供養大念仏と真宗和讃(1) https://t.co/NJPyhKDqVa #CiNii CiNii 論文 - 調査報告 知多半島の虫供養大念仏と真宗和讃(2) https://t.co/OE0ZmgfMoZ #CiNii CiNii 論文 - 知多半島の虫供養大念仏と真宗和讃(3) https://t.co/vY9jktcUnr #CiNii
@goshuinchou >隠れキリシタンと似たような隠れ念仏の信仰が秘密裏に伝わった。 正直、禁教前から本願寺の主張する教理と離れたものが割と伝わってた節が。 薩摩に「山伏神子門長類、占祈濤いたし一向宗を勤め候」との記録が。 CiNii 論文 - 真宗禁制と山伏および売薬商人 https://t.co/MidZlxr77i #CiNii
CiNii 論文 -  鯖江本山誠照寺史料 https://t.co/lufpJSY7zc #CiNii
CiNii 論文 -  <研究ノート> 江戸触頭についての一考察 : 修験本山派を中心に https://t.co/6upfWZWDGY #CiNii
家康さんは本能寺の変の後に解禁して本願寺に接近したっぽく明らかに本願寺がポイント。 一方、南九州では禁制に呪術者や山伏と本願寺の教理と違う存在が含まれてます。 同じ「禁制」でも違う部分があり興味深いです。 CiNii 論文 - 真宗禁制と山伏および売薬商人 https://t.co/MidZlxr77i #CiNii https://t.co/OWs7GUDlEf
CiNii 論文 -  風流の室町:―文芸としての作り物・仮装など― https://t.co/GNFMI76f5l #CiNii
CiNii 論文 - 吉崎の嫁おどし(肉附面)の伝承--蓮如伝説の一断面 https://t.co/1Q7T3g3QIQ #CiNii
CiNii 論文 -  東国の太子信仰研究序説--岩手のまいりの仏と会津の太子守宗を中心として https://t.co/bRcnKsaT5u #CiNii
@sengoku_YM 更に、時代がよりもっと後の段階の南九州での真宗禁制の中では山伏や民間の呪術者といった、本願寺の主張している教理とは外れた感じの人々が「一向宗」と認識されていたりします。 CiNii 論文 - 真宗禁制と山伏および売薬商人 https://t.co/MidZlxr77i #CiNii
近場に何か他にも面白そうな石窟は無いかと探してみたら、こんなのが CiNii 論文 - 能登半島における中世石窟の様相 https://t.co/6ficD52uXd #CiNii この場合は住居というよりはお墓。 「やぐら」といえば、たまに鎌倉の浄妙寺の足利一族のお墓のやぐらがTL上を流れてきますだ。
@19VtR8wAc5AXjkO CiNii 論文 - 実録「細川の血達磨」の成立と浮世草子--『金玉ねぢぶくさ』と『男色大鑑』を中心に https://t.co/ERqKJ9GHkl #CiNii 節談説教には当時に流行ったお芝居や講談が割とぶち込まれてたので、江戸の頃に「血染めの聖教」を聞いた人は「それ何て細川の血達磨?」と分かっていたと思います。
RT @holy_sengoku: 『日本史のまめまめしい知識 第1巻』木下聡先生の「室町幕府において将軍直臣に対して将軍以外が名前の一字を与えること」を読んで気になっていた、伊勢氏から「貞」字を授与されている奉公衆や在国被官に関して、興味深い論文。先行研究を辿る道標としても参…
RT @moegi_hira: 羽賀祥二さんの「宝暦治水工事と〈聖地〉の誕生」もpdfがあった。宝暦四年の夏に熱病が流行して死者多数、平田靫負も病死だと史料にあることが述べられています。 https://t.co/zQCm6iQuRm
CiNii 論文 -  真宗寺院における開基伝承の変化--「法系」から「教団内身分」へ https://t.co/CAw2saqa5z #CiNii
CiNii 論文 -  立山権現[矢疵阿弥陀如来]の史料的考察 : 立山信仰と生身仏信仰 https://t.co/D2n1X6MUWR #CiNii https://t.co/vwCWksn8Il
@padoma37 んで、彼よりずっと後の段階である薩摩・人吉での真宗禁制でもその認識が見られるんです。これは、本願寺は根気よく彼等の教化に勤めつつも実の所、大分と持て余す様な感じだったのかな~?と CiNii 論文 - 真宗禁制と山伏および売薬商人 https://t.co/MidZlxr77i #CiNii
@Kino_see @koheimaniax そう言えば、薩摩や人吉の真宗の禁制では、実のところ一向宗=山伏や呪術者、くすしという認識が見られ、その認識の中で一揆のリスクだとかが主張されている様ですね。 CiNii 論文 - 真宗禁制と山伏および売薬商人 https://t.co/MidZlxr77i #CiNii
CiNii 論文 -  応仁・文明の乱期室町幕府の政務体制をめぐる一考察 https://t.co/sByIUJAHZG #CiNii

14273 23 1 0 OA 印度童話集

RT @ozaki_wolkig: こどもの頃に読んでいちばん恐ろしかったインドの童話『誰が鬼に食はれたのか』、たったいま国会図書館のデジタル・コレクションで見つけたので感激を分かちあってください。 https://t.co/oLT4LXIklw https://t.co/xb…
CiNii 論文 -  光明寺絵系図について https://t.co/bbu9ZZIMsx #CiNii
RT @Hirabayashi76: 西行が行った「反魂の術」について、史学や民族学の観点から考察した論考 《「反魂の秘術」から「生活続命の法」へ》中村一基著 かなり面白いですぞ! 西行が勧進聖であった事〜高野山奥の院の納骨/舎利信仰〜平安貴族の間でよく知られていた「反魂香」〜…
CiNii 論文 -  上宮寺門徒団史料の基礎的考察 ―― 中世末期・近世初期を中心に ―― https://t.co/4Xulj5VeT1 #CiNii
CiNii 論文 -  11. 本泉寺と静光寺 https://t.co/OFHFKLVVJL #CiNii
J-STAGE Articles - 土山御坊と杉浦万兵衛屋敷に関する考察 https://t.co/hYiU4abByn
先日、TL上で見かけた信濃国人の井上氏とは、もしや、親鸞二十四輩の西念さんの出身とされる井上氏のことだろうか? 宗祖と三善、井上両族に就いて(昭和36年度真宗同学会大会研究発表要旨) https://t.co/MBh98nuYLv
CiNii 論文 -  戦国期摂河泉における本願寺の地域編成について https://t.co/byXv26rl2X #CiNii
J-STAGE Articles - 平安時代の焼身往生について https://t.co/iZ7YeNDtoa 初期は法華の行者の行だったのか。多分、年代的には天台法華になるとは思われ。
CiNii 論文 -  寛文の真宗関係浄瑠璃 - 出羽や播磨の語草 - https://t.co/VZ1H500MrI #CiNii
「善俊上人遺跡考 : 照蓮寺開基」 内記竜舟 編 出版者 藤井至静 明27.4 https://t.co/1YWndj15oh
夏の行事もお休みが多い様だ。善徳寺の虫干法会も中止か。 善徳寺のお斎の鯖ずしは米と塩と山椒で漬けるそうな…また来年にでも。(´・ω・`) CiNii 論文 -  越中の古寺に継承されている鯖の馴れずしの食事史的研究 https://t.co/2BgAeu0ib6 #CiNii
RT @washou3956: メモ。阿部匡伯「十河一存の畿内活動と三好権力」(『龍谷大学大学院文学研究科紀要』41、2019年)※「十河一存」の読みは「そごうかずまさ」。なお、同誌はいずれ龍谷大学の機関リポジトリで公開する。https://t.co/sTVl4y2jeQ #こ…
CiNii 論文 -  時宗総本山清浄光寺所蔵史料にみる東国武将と時衆 https://t.co/8FRLYueydP #CiNii
CiNii 論文 -  中世武士と一遍・時衆の周辺(第八部会,<特集>第六十八回学術大会紀要) https://t.co/1FgePhslBj #CiNii
RT @merontomikan: 複雑で何とも形容し難い、この微妙なあり様を、とても繊細に描いてくれるだろうと思っています。 今日の参考文献は「戦国期美濃国における後斎藤氏権力の展開」です▼ 特に第1章・第3節「道三・義龍の二重権力」をご参照ください。 https://t.c…
CiNii 論文 -  石山軍記における奇瑞譚の典拠 : 「豊若譚」の成立と蓮如伝の関係をめぐって https://t.co/xxvLrGRxuZ #CiNii
RT @mtnonoonly: 『諏方大明神画詞』について私が昨年書いた論文がpdfで無料公開中です。 明神と洩矢の神話はどう読むのが正確なのか?中世の〈諏訪大戦〉には色々なバリエーションがあった?洩矢は「魔王」……? 外出自粛の今、諏訪信仰に興味のある方々のちょっとした暇潰…
RT @nekonoizumi: 以前から馬部氏が「隠蔽」を行っている等、ツイッターで執拗に攻撃していた某アカウントに対する反論論文だった。自らの論文の前提や姿勢について述べつつ、攻撃の論拠を丁寧に潰していっている。 ⇒馬部隆弘 「アテルイの「首塚」と牧野阪古墳」 『志學臺考古…
@Fransisco1530 土硝法…こちら(https://t.co/LnVk1Xxov6)でいう所の古土法?藩政期に全国の多くの藩で採用されてたとありますし。 大量生産は無理ゲーっぽいですが、確かに広い領土があれば。

1 0 0 0 OA 真宗帖外御文

@komyoji82 『帖外御文』の延徳二年のやつです。 https://t.co/XQ2LB38Uqd こちらの場合は、蓮如さん自身が時宗と浄土宗の一派を混同した状態でキレていた様子ですが。 https://t.co/swKUTCvweo
CiNii 論文 -  日本ではイエスが馬小屋で生まれたとされているのはなぜか https://t.co/35SO3eBzLd #CiNii 西欧では、馬小屋ではなく家畜小屋と認識されている様です。 彼は舟やロバに乗りましたが馬には乗っていません。聖書は預言の世界観なのに、成長した彼に馬が絡まないのは奇妙に思えます。 https://t.co/Fzg4Tb9IiK
RT @ikeda_history: #麒麟がくる 法華宗と種子島との繋がりは、三好氏研究の第一人者である天野忠幸さんも言及されていますね 日隆門流(法華宗)の末寺である種子島の本源寺から、堺の顕本寺に避難中の本山である本能寺へと鉄砲が運ばれてきたのだろう、とされています…
RT @merontomikan: 戦国期土岐・後斎藤氏の美濃支配 : 用水相論を事例にThe Domination of Mino Province by the Toki Clan and the Go-Saitoh Clan in the Sengoku Period :…
@padoma37 真宗=民俗不毛地帯のイメージがある様ですが、この辺では、他所の伝承では通りすがりの弘法大師等が行う、泉を湧かしたりする様な行為を、親鸞聖人や蓮如さんが行っている様な具合だったりします。 CiNii 論文 -  神と人の間--北陸真宗門徒における蓮如伝承 https://t.co/Hcwvlsw9Hp #CiNii
CiNii 論文 -  真桑文楽『蓮如上人一代記』について https://t.co/F0bqIbXLmz #CiNii
@1059kanri こんばん、興味深いのを見つけました。 CiNii 論文 -  近世統一政権の成立と越中古国府勝興寺 https://t.co/W7RNBp3fM0 #CiNii ざっくり言えば戦国末~江戸初期の勝興寺、成政公と秀吉の狭間で復活、前田公とも何だかんだで上手い事やる。 本能寺の変以降も本願寺系諸寺の動向は中々面白いです。
CiNii 論文 -  近世統一政権の成立と越中古国府勝興寺 https://t.co/W7RNBp3fM0 #CiNii

1 0 0 0 OA 専修寺史要

専修寺史要; 著者: 高田派専修寺遠忌法務院文書部 編; 出版者: 高田派専修寺遠忌法務院文書部; 出版年月日: 明45.4 https://t.co/7vrfrii4uW
RT @holy_sengoku: 彦部国直が近衛政家の准后宣下の費用を全額負担したことから政家の娘を後室に迎えたとする、桐生彦部家の伝承に対して、近衛家側からの検証の参考になりそうな論文。近衛政家の人脈および経済基盤について論じられたもの。 https://t.co/B0kI…
1950年代にはまだ湶田があったのか。 https://t.co/Us9STWQpLF
RT @holy_sengoku: 誕生祈祷といえば、こんな論文もありました。近代以前の日本には誕生日を毎年祝う習慣はない、というのが通説だったそうで。近世が中心ですが、将軍に限らず様々な階層の誕生日にまつわる習慣を検討されています。(戦国期では京兆家以外、他地域での例はあるん…
RT @nekonoizumi: 児童書ミリタリーといえば、戦前の小学生向けで発禁になったガチ本 松平義雄『小学生の読む陸軍読本』金の星社,1933 は、国会のデジコレで読める。 https://t.co/TfF8e4Jiat 発禁理由は「軍事機密が載っている」。

2 0 0 0 OA 越中史料

明治41年に皇太子殿下行啓記念に富山県が着手したという『越中史料』https://t.co/3vhW2kPL5P …、編年体で年代の説明部分に歴代天皇が―南北朝の頃は後小松帝の辺まで両朝で。南朝優先感はあるけど。正閏論争の激化前だったっけかな? https://t.co/22SzAKbkbc
@lotusseeds32 凄く気になるので探してみたらネタ元っぽいのが見つかりました! https://t.co/cDk6iluUPo (『岐阜県益田郡誌』大正五年) ガタガタする橋のお話だったので多分、これ。 https://t.co/c9kNFr8eJd
越中の西部や加賀、越前の辺りではその蓮如さんバージョンも https://t.co/Hcwvlsw9Hp あと、彼以前に越中に下向して布教してた綽如上人バージョン(瓜裂清水)なんかも。 とりあえず、地域縁の著名な坊様にはそういったキャラ付けがされていく傾向があるのかな? https://t.co/ZW2BjnUbaz
RT @ursus21627082: 石原慎太郎著『スパルタ教育』がスパルタの教育イメージを変えた。 「石原のこの著作は,「スパルタ教育」という題名を冠していながら,石原自身の教育観を披瀝したに過ぎず,古代スパルタの教育については全く触れていない。」鈴木円「日本におけるスパル…
RT @lenti_taiga: CiNii 論文 -  戦国期関東浄土宗教団の地域展開 : 下総・相模を中心として https://t.co/vpOt9p4vyD #CiNii
@hagakur92879560 @1059kanri ちょいページ貼り間違えミス。orz https://t.co/dCry1Cwe7O 「真宗高田派寺院の越前における盛衰」 松原信之
CiNii 論文 -  蓮能尼の生涯と能登における真宗文化への影響 https://t.co/0ge5rwFqd5 #CiNii 蓮能尼のお父様は畠山政栄…読みたいけど、近場の図書館や大学にはどうやらねぇでやんす。orz
ふと、国立国会図書館のデジタルコレクションを検索したら 『富山県名鑑 : 日満産業大博覧会』(https://t.co/HWs8XGohoP)なるものが… 日満博を記念してこさえた富山県の名鑑らしく、紳士録の部分に婆様のお父様のお名前が―婆様にお見せできないのが残念。(´・ω・`)
室町幕府女房の基礎的考察 : 足利義晴期を中心として 羽田聡 https://t.co/h4keqf7ORh …

365 0 0 0 OA 暁斎画談

RT @ukiyoeota: 歌川国芳が猫を懐に入れて絵を描いていたという絵はこちらです。『暁斎画談』外篇巻之上より。絵を教わっている少年は河鍋暁斎です。画像は国立国会図書館所蔵。国立国会図書館デジタルコレクションにて全図がご覧いただけます。https://t.co/B58wI…
「堺渡唐船」と戦国期の遣明船派遣 https://t.co/JBWPZtpINp
@1059kanri https://t.co/1mEqDBTLTo そう言えば、大分と前に読んだのですが、「石山」呼称、江戸初期辺りかな?説が。太子縁の伝承に関しては、多分、蓮如さん没後なのでしょう。 もし、仮にリアルで彼が関わるものであれば必ずや政元さんのお話とセットで宣伝に(ry
法華宗と三条実香についての一考察 -中世京都法華宗と公家の関係の一つの例として-坂輪 宣政 https://t.co/KojB1iMPTl 三条実香は三条公頼のお父様。つまり、本願寺の顕如はんの奥様の如春尼様の血縁上のお爺様。その点から考えるとちょっと興味深い。
モノノ怪の薬売りさんとレッツゴー陰陽師の取り合わせMADを見つけたら、長門のオンニョウ(https://t.co/2VMTWcgTLW)をふと思い出した。彼等は陰陽道と言うよりは修験と言うべきかもしれないが… なお、越中の売薬も修験道との関わりが指摘されてる。更に藩政期には前田公が江戸城でステマ商法を(ry
親鸞晩年の聖徳太子観と東国真宗門徒の太子造像 津田 徹英 https://t.co/P9P2rzVXsu
大昔、日本で発生してた「瘧(おこり)」、マラリアの一種ではあるのだが、現代主流の熱帯性のやつとはタイプが異なる土着性のやつだったのか。 日本におけるマラリアの史的考究-特に11世紀の日本と現代におけるマラリア感染の対処法と治療薬- https://t.co/vIkxzHugNj

21 0 0 0 OA 梅園魚譜

RT @J_geiste: 暑いですね。 こんな熱帯夜は江戸時代の肉筆魚類図鑑でも眺めて涼みましょう。 人魚も魚類ですよ。ちなみに作者は旗本の本草学&写生マニア。 毛利梅園『梅園魚譜』(国立国会図書館蔵) https://t.co/bYbhmm4xdu https://t.c…
光明山寺を中心とした南都浄土教の展開:https://t.co/EBEnmSOiAK

6 1 0 0 OA 報告書

以前、竹内文書の作者の経歴が気になり調べたら、戦前の司法省の資料によれば不遇な幼少だった様子。 それが、そこそこの人を従える教祖様と化し、その文書が現代も一部の界隈をにぎやかせる様は、雛見沢大災害が起きた世界線の鷹野三四&34号文書じみてる気がした。 https://t.co/ksvP0pEBko https://t.co/viGvMDs66C
大坂本願寺「石山」表現の創出について https://t.co/7OfLym93gi … … … … 確かに蓮如さんの御文では「大坂」 本願寺はもとより、多くの真宗の宗派では蓮如さん以前から聖徳太子への崇敬はあったが、彼以降の本願寺の太子の物語は、彼等が政治的庇護者を求めた点もあったのかな?細川政元とか。

3 0 0 0 OA 芳年武者无類

芳年の武者絵はどれも素敵。 https://t.co/JsHcsuRvQL #端午の節句だし推しの甲冑姿を出せ https://t.co/NzxVt8Orxi
なお、全十二か月分のまとめはこちら:https://t.co/mcl7rMPekC
論文村とな…国立国会図書館デジタルコレクション村(https://t.co/htCvA9tCnt)もお勧め。月岡芳年のかっちょいい武者絵がタダで拝めますぜ~ 上杉謙信とかマジイケメン:https://t.co/qTS5xMJYJr 他にも素敵な古典漢籍の数々が拝める~
芳年の謙信(https://t.co/qTS5xMJYJr) めちゃめちゃかっこよす。 というか、今まで見た芳年の武者絵はどれも素敵だ。画集欲しいな~ https://t.co/a8w0D7pIUE
無性に鮎が食べたい… 神功皇后が占いで釣り上げたので鮎は魚偏に占うとなった説がある…この上の錦絵(https://t.co/hKnBWJbZ7W)で釣り上げられてるのはニャンコ。横で陽気に跳ねてるのは恵比寿様? 鮎の塩焼きでヱビスをグイっといきたい… https://t.co/m5MGuXLTBA
https://t.co/u8LqN5UULL この頼光さんに襲い掛かってる土蜘蛛、既視感…『千と千尋の神隠し』の窯爺? あと、おめめが爛々&口元がωっぽく見えるので超不機嫌そうな猫の鳴声を発してもそれはそれで違和感なさげ。 https://t.co/S3GctW6CQn
https://t.co/IB1a8X7NQL 芳年の護良親王、お顔を見てたら、胸に七つの傷があったり、北斗百裂拳繰り出して来そうに見えるのは私だけ? 手元に法華経…史実ではどうだったんだろ?幼少期から天台の寺院にいたからには天台法華には親しんでたのかな?武闘派っぽいけど。 https://t.co/AmQrQxTAGd
@1059kanri気になり調べた…加賀の問題を処理して貰った件?太子絡みで他にそれらしい話は見当たらず。orz あと、元々、真宗諸派の多くが太子=日本仏教の守護&先駆者と敬してたのでその文脈で太子=守護者=政元さんと語った可能性も。https://t.co/qGYrTmcknG https://t.co/vose0Vd9FT

1 0 0 0 OA 太平記

個人的に放生津がお勧め。太平記にはそこで散った北条方の越中守護名越時有の物語が:https://t.co/eWKL9bkDnr 後日談の怪異譚が切ない。放生津はその後も明応の政変時に京から公方様が逃げて来たり、神保氏の下で栄えたり重要な場所だった。藩政期には北前船の寄港地だった。

お気に入り一覧(最新100件)

15 15 0 0 OA 故実叢書

先日、国会図書館デジタルコレクションで https://t.co/uKAWMdFazx 尊卑分脈の備中伊勢氏の系図を眺めていたところ、 備中守盛定の子の盛時の仮名が”八郎”になっていたので 「ん?誤記かな?」と思っていたんですが、、、 https://t.co/eXKWBe2Mgd
細川高国が犬追物の再興に熱心だった件、政元期から京兆家が犬追物を盛んに興行していたこともありますが、個人的には、高国が師匠・小笠原尚清の日記と共に小笠原氏の秘伝を継承しており、幼少の稙盛を後見する立場だったことも大きな要因と考えます。こちらの論文を参照。 https://t.co/VH4IZ1MzBl
#こんな論文がありました 博士論文のPDF公開。 老泉, 量「戦国期美濃地域本願寺教団史の研究」 大谷大学 , 博士(文学) , 甲第143号 , 2020-03-18 https://t.co/PMceI1bcRj

25 9 0 0 OA 近衛政家の台頭

時代的にはドラマより100年近く前の話にはなりますが、個人的には近衛家と二条家については石原比伊呂先生の論文が好き 読みやすいし、近衛家の強運と二条家の不運が分かる 近衛政家の台頭 https://t.co/IbsBJEe2Hb 室町後期における二条家の停滞 https://t.co/iDfIf5OTAk #麒麟がくる
時代的にはドラマより100年近く前の話にはなりますが、個人的には近衛家と二条家については石原比伊呂先生の論文が好き 読みやすいし、近衛家の強運と二条家の不運が分かる 近衛政家の台頭 https://t.co/IbsBJEe2Hb 室町後期における二条家の停滞 https://t.co/iDfIf5OTAk #麒麟がくる
論文はこちらを紙に印刷して再読中です。やっぱり印刷して枕元に置かないと、頭に入ってきませんよね。(スマホがあればそうでもないのかな?) https://t.co/cEPkruBPB3
『日本史のまめまめしい知識 第1巻』木下聡先生の「室町幕府において将軍直臣に対して将軍以外が名前の一字を与えること」を読んで気になっていた、伊勢氏から「貞」字を授与されている奉公衆や在国被官に関して、興味深い論文。先行研究を辿る道標としても参考になりそう。 https://t.co/zCnHtHSvR8
PDF公開。塩谷菊美「軍記の描く本願寺と一揆:細川両家記・越州軍記・信長公記」(『同朋大学仏教文化研究所紀要』39、2020年3月)「石山合戦」と同じか直後の時期に作られた軍記の作者たちが、本願寺の一揆をどうみていたかを検証しようとするもの。https://t.co/AOnlwzrMXf #こんな論文がありました
当時、黒死病(ペスト)をユダヤ人のせいにしていなかったという研究は以下の論文読むといいです。 CiNii 論文 -  黒死病とユダヤ人迫害--事件の前後関係をめぐって https://t.co/3L1i12kfkx CiNii 論文 -  史料から探る黒死病--イギリスを中心に https://t.co/5mBFTjNBNl #CiNii
当時、黒死病(ペスト)をユダヤ人のせいにしていなかったという研究は以下の論文読むといいです。 CiNii 論文 -  黒死病とユダヤ人迫害--事件の前後関係をめぐって https://t.co/3L1i12kfkx CiNii 論文 -  史料から探る黒死病--イギリスを中心に https://t.co/5mBFTjNBNl #CiNii
松島周一先生の『延徳三・四年の織田敏定と細川政元』(https://t.co/vnTPF3s8oQ)や、石原比伊呂先生の『笙器「達智門」にみる足利義材の近江出陣』(https://t.co/K3o4bl0vtD)を読んだ上で、今のところは明応の政変に至る義材と政元の関係をそんな風に捉えています。
松島周一先生の『延徳三・四年の織田敏定と細川政元』(https://t.co/vnTPF3s8oQ)や、石原比伊呂先生の『笙器「達智門」にみる足利義材の近江出陣』(https://t.co/K3o4bl0vtD)を読んだ上で、今のところは明応の政変に至る義材と政元の関係をそんな風に捉えています。
こちらは東北学院大学学術情報リポジトリで無料で読めちゃう。有難い時代です。他にもいろいろあるので検索してみよう。 《史料紹介》石川県立図書館所蔵「本多家士軍功書」(竹井英文) https://t.co/bDriVXtS4J
畠山尚順を匿った疑惑で上原元秀により追い落とされた住吉大社の神主「津守国則」で検索して見つけた論文。堺の北荘と南荘が京兆家の支配下に入った経緯など分かりやすく解説されていました。北荘は摂津国で香西氏、南荘は和泉国で安富氏と、国も違えば代官も違ったんですね。 https://t.co/ecDH3KiMpM
PDF公開。神田千里「『越州軍記』にみる越前一向一揆」(『東洋大学文学部紀要.史学科篇』44、2019年3月)不明な点が少なくない越前一向一揆について、天正五年の奥書を持つ軍記物「越州軍記」を慎重に扱いつつ、北陸諸勢力との「外交」や政治史に即して実態考察を試みる。https://t.co/0tPCKv6iAD
馬部隆弘「丹波片山家文書と守護代内藤国貞」https://t.co/mdzlpShuaf いつの間にかPDF公開されてました。 >史料にしばしば登場するも、何者なのかよくわからない人物が畿内の戦国史には非常に多く残されている 冒頭からそれなボタン連打したい勢い
最近、室町後期と戦国時代の畿内史が自分の中でようやく繋がってきた実感がありますが、こちらの論文も面白かったです。摂津西成郡、中島城といえば典厩家ですが、嘉吉の乱で分郡守護が赤松家から没収され御料所となり、細川持賢が代官に任命されたのが始まりだったという話。 https://t.co/tjQbCbU2WM
南部密銭史は基本的に江戸期から明治最初期の話だけれども、それ以前から既に鋳造してた可能性あったんじゃねえの? って『中世後期日本貨幣史の再構築』で推測されてて夢が広がりんぐ。 https://t.co/fzPH9kLc13
CiNii 論文 -  14) 足利尊氏の歯(日本歯科医史学会第27回(平成11年度)学術大会講演事後抄録) https://t.co/fWUmS38Q3t #CiNii
興味深い論文。三好長慶の菩提所である大徳寺聚光院の成立経緯を考察されていますが、永禄の変前後の三好家の状況を把握して丁寧に書かれています。三好家について先行研究だけでなく東大史料編纂所のDBで独自に調査されたとのことで、註での考察も充実していて学びが多い。 https://t.co/5MNmrZZkEi
CiNii 論文 -  徳川幕府の大名改易政策を巡る一考察-1- https://t.co/bNfu14xGbt #CiNii 福島正則らの改易についての論文はこちら。
CiNii 論文 -  中世における打ち首の技法 https://t.co/qJ7VGwork0 #CiNii
まあ目次見ただけでこんなの読みたくなりますね。備中高松城を毒ガス攻撃w 炭素太功記 https://t.co/MqRfcs0wuF https://t.co/7ahVwlUZ9p
危機の時代における中世王朝物語 : 『我身にたどる姫君』の善政描写をめぐって https://t.co/7Xq7G4rMQT 「『我身にたどる姫君」は、女帝の統治・今上帝の善政描写に特徴がある。それは机上の空論と見るべきではなく、鎌倉初期の九条兼実が実際に取り組んだ政策に
呉座勇一先生の『応仁の乱』が大ヒットし、亀田俊和先生が『観応の擾乱』を出す今こそ、亀田先生が立教大学史学研究会『史苑』第77号2に寄せた、呉座先生の一般書三冊の書評をどうぞ https://t.co/DB3rLHAZVt
右上が炎上しているのは信長の比叡山焼き討ちのせいらしいよ?モンタヌスの日本誌、世界観本当に好き。 ちなみにこちらで無料で、しかも日本語訳で読めます。 リンク→https://t.co/mrJx2Dz9do https://t.co/at9JVhNW6s

フォロー(139ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

嘉吉の乱から応仁・文明の乱終結に至るまでの幕府からの軍勢催促状については、吉田賢司先生の論文にリストがあります。年月日と宛所だけでなく、宛所の地位、動員地域、攻撃対象(発向地域)、特記指示事項(副状の内容)、難渋しているかどうかと、分類項目も興味深いです。 https://t.co/asBaNDYrKs
ちなみに山内就綱の動向、義尚期の六角討伐から将軍家分裂期まで尾を引いた六角氏と幕府の微妙な関係、それを一代で大きく変えた六角定頼の功績を理解する上で、重要に感じています。スバリの論文は見つかりませんが、伊庭の乱を扱ったこちらの論文で背景を掴めます。 https://t.co/EHBMwSUQQv
伊勢に所領を持つ奉公衆に朝倉賢茂という人がいるらしく、これも漠然と細川典厩家からの偏諱として挙げられています。Webで検索してこの論文がヒットしたけど、いつの時代の人かもよく分からない…。 https://t.co/sy0L6z62er

フォロワー(159ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

嘉吉の乱から応仁・文明の乱終結に至るまでの幕府からの軍勢催促状については、吉田賢司先生の論文にリストがあります。年月日と宛所だけでなく、宛所の地位、動員地域、攻撃対象(発向地域)、特記指示事項(副状の内容)、難渋しているかどうかと、分類項目も興味深いです。 https://t.co/asBaNDYrKs
ちなみに山内就綱の動向、義尚期の六角討伐から将軍家分裂期まで尾を引いた六角氏と幕府の微妙な関係、それを一代で大きく変えた六角定頼の功績を理解する上で、重要に感じています。スバリの論文は見つかりませんが、伊庭の乱を扱ったこちらの論文で背景を掴めます。 https://t.co/EHBMwSUQQv
伊勢に所領を持つ奉公衆に朝倉賢茂という人がいるらしく、これも漠然と細川典厩家からの偏諱として挙げられています。Webで検索してこの論文がヒットしたけど、いつの時代の人かもよく分からない…。 https://t.co/sy0L6z62er