著者
吉田 純子
出版者
神戸女学院大学
雑誌
論集 (ISSN:03891658)
巻号頁・発行日
vol.60, no.2, pp.147-157, 2013-12

宮崎駿のアニメ・フィルムは、『千と千尋の神隠し』(2002)で金熊賞(2002)やアカデミー賞(2003)を受賞して以来、グローバルに観客の心を捉えてきた。批評家大塚英二は、『もののけ姫』(1997)をジョセフ・キャンベルの標準化された英雄の旅(原質神話)の枠内で論じて、この作品がウォルト・ディズニー・カンパニーとの提携によって、メディア・グローバリゼーションの波に乗ったと主張する。それは宮崎が「スターウォーズ / キャンベル」タイプの英雄の神話的冒険の基本パターン(離別・イニシエーション・帰還)に従って物語構造を変えてしまったからであると言う。しかし、『もののけ姫』には、物語構造にいくつかの変型があり、母性的要素が充満していることはその一つである。文化人類学者メアリー・ダグラスは、身体を社会の象徴と見ながら、「社会構造に内在すると信じられている能力や危険が凝縮して人間の肉体に再現されている」と述べている。本稿は、宮崎の『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『崖の上のポニョ』(2008)での豊かな身体的表象に注目し、多様な身体とそれらを養い、再生させる母胎のような容れものが、いかに社会的関係を象徴的に表しているかを検証する。注目すべきは、宮崎作品が様々な既存テクストーフランスの文芸おとぎ話「美女と野獣」、アーシュラ・K・ル=グィンの「ゲド戦記」、クリスチャン・アンデルセンの「人魚姫」「雪の女王」、そして日本の民話「安珍と清姫」などーと間テクスト性をもつことである。また、宮崎の作品は、日本の観衆にノスタルジーを喚起する馴染み深い日本的な場所に設定されている。ディズニー配給による宮崎作品のグローバル的流通は、商品売り上げの増大だけが目的なのだろうか。本稿は、ポストコロニアル視点からこの疑問を取り上げ、宮崎による彼自身の「文化の場所」の創出について検証する。
著者
吉田 純 高橋 三郎 高橋 由典 伊藤 公雄 新田 光子 島田 真杉 河野 仁 植野 真澄 田中 雅一 Fruhstuck Sabine Dandeker Christopher Kummel Gerhard Patalano Alessio
出版者
京都大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2014-04-01

現代日本のミリタリー・カルチャーの2つの構成要素、すなわち、(a)メディア・大衆文化に表現される戦争・軍事組織のイメージ、(b)軍事組織(自衛隊)に固有の文化について、平成26年度には歴史社会学的観点から、平成27~28年度には比較社会学的観点から、それぞれ調査研究を実施した。研究方法としては、インターネット意識調査、文献調査、映像資料調査、博物館・資料館等の現地調査、および関連研究者・実務者へのインタビュー調査等の方法をとった。これらの調査研究で得られた知見を総合した研究成果を、平成29年度中に、研究代表者・分担者の共著として出版予定である。
著者
竹林 幹雄 黒田 勝彦 杉田 孝 吉田 純土
出版者
Japan Society of Civil Engineers
雑誌
土木計画学研究・論文集 (ISSN:09134034)
巻号頁・発行日
vol.20, pp.613-618, 2003

本論文では, 旅客のチケット予約行動においてウイナー過程を仮定した最適SICモデルを構築することを目的としている.特に最適シートブロックとチケット販売期間の構成に着目した.まず, 特定のフライトにおける旅客のシート予約を販売座席数と予約時間の関数として定式化した.次にモデルが伊藤積分によって最適解が求められることを示した.続いてモンテ・カルロ・シミュレーションにより数値計算を行い, シート・プロテクションと販売期間の関係を明らかにした.最後にオーバーブッキングの効果について検討し, その結果, シート・プロテクションごとに最適OB率が存在することが示された.
著者
吉田 純一 多米 淑人
出版者
福井工業大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2011

石川県境に位置する小原集落(福井県勝山市北谷町)は、住民がわずか2人の限界集落、そして廃村の危機が迫っている集落である。本研究は、この小原集落の新たな再生、活用を試行する実践研究で、離村者を含む地元民(代表国吉一実)と協働し、集落内の空家の改修や石垣・水路・坂道などの補修を通して集落景観を整備するとともに集落を舞台として山村生活の体験や自然とのふれあい、あるいは旧村民を巻き込んでの篝火祭(8月お盆期間)の開催、山開き、山菜・木の実狩り、紅葉見物、雪山散策などの季節に応じた各種のイベントなどを行いながら、限界集落の新たな再生や活用を試行している。
著者
前久保 博士 松嶋 喬 長瀬 清 小林 紀夫 大屋 隆介 白井 修 柏木 道彦 大谷 宣人 平井 堅博 武田 茂 田村 康史 上畠 泰 洞田 克己 武田 良一 小林 正伸 小山 稔 吉田 義一 山崎 康夫 斉藤 永仁 吉田 純一 白石 忠雄 岡田 文彦
出版者
The Japan Society of Hepatology
雑誌
肝臓 (ISSN:04514203)
巻号頁・発行日
vol.20, no.9, pp.912-918, 1979
被引用文献数
1

肝予備能力判定のための検査法として注目されつつあるグルカゴン負荷後の血漿cAMP濃度の経時的変動な観察した,グルカゴンは生理食塩水に溶解後1μg/kgな経静脈的に投与し,投与前,10, 15, 20, 30分後に採血し血漿cAMP濃度を測定した.健康成人,回復期の急性肝炎,慢性肝炎,肝硬変とも負荷10分後に血漿cAMP濃度は最高となり以後漸次低下した.空腹時血漿cAMP濃度は健康成人に比べて肝硬変で高く,慢性肝炎でも高い例が多かったが,各症例の差が大きく診断的意義は少なかった.グルカゴン負荷後の血漿cAMP濃度は,肝硬変で10分後健康成人に比べて上昇は少なかったがその差は有意でなく,また慢性肝炎では健康成人に比べて高い例が多かった.したがってグルカゴン負荷10分後の血漿cAMP濃度の空腹時濃度に対する比を算出すると肝硬変では健康成人に比べて有意に低く慢性肝炎では高かったので,両疾患の鑑別に本試験が有用と考えられた.
著者
吉田 純子
出版者
広島大学大学院社会科学研究科国際社会論専攻
雑誌
欧米文化研究
巻号頁・発行日
no.5, pp.211-225, 1998-10-01

L. Frank Baum's The Wizard of Oz has been widely read since its first publication in 1900 and variously interpreted by critics. However, most interpretations have focused on Dorothy's journey to find her way back home, not on the journey of the male characters, ie., the Scarecrow, the Tin Woodman, and the Cowardly Lion. Unlike Dorothy's journey, which was accidentally started by the tornado, the males' journeys seem to have been started for reasons. These "males" think they have to meet the Wizard of Oz to ask him for a brain, a heart, and courage, respectively. The examination of the above motivations will lead us to consider that there are two types of journeys in the story.The two different types often have been confusingly discussed as though there were only a sigle journey. However, from the viewpoint of gender, we should discuss them separately. First, Dorothy's journey is forced on her by the tornado, not initiated through her own will, and her quest is closely related to the notion of female sphere, home. In addition, even while Dorothy is in Kansas in the opening pages, she is portrayed as an innocent child full of mirth, in contrast to her adopted family who are portrayed as exhausted and dried up due to the climate and their hard lives as pioneers. Meanwhile, the male characters think they lack essential elements in their personalities, which makes them less than whole. Their compulsive desire to become whole can be explained by their lots in the story: they eventually become rulers in society. Therefore, Dorothy as an innocent, fearless, joyful and thoughtful girl is dispatched to the imaginary land to help the uneasy males seek and establish their gender identity.As Neil Earle points out, the atmosphere in The Wizard of Oz reflects the prevailing unease in the proto-modern world of the 1890s of America. It was the period when rapid social and technological change was reaching epidemic proportions, and farmers and urban workers suffered from recurring economic depressions due to the unregulated system of capitalism.Seen from the perspective of gender, the ailing male characters embody the uneasiness of masculinity in modern patriarchal America at the turn of the century. The ideal manhood of early pioneers in the woodlands and later on the prairies which had been embodied by "American Adam" in the New World "Eden" was no longer wholesome because the rapid industrialization and urbanization caused a change in the conception of ideal masculinity. This masculinity crisis can be clearly seen in the complaints of the Scarecrow, the Tin Woodman, and the Cowardly Lion.During the same period, America was pursuing an expansionist policy on the international front because the American frontier had closed at home. In other words, the expansion of American territory and its economy heavily depended on the exploitation of ethnic and cultural "others" both inside and outside the country. It was no coincidence that the Colombian Exposition was held in Chicago in 1893. As was shown in the various glittering exhibitions in the urban wonderland called the "White City," this world fair was the landmark of the spreading American dream. Three years before the fair was the gruesome massacre of Native Americans of the Sioux tribe at Wounded Knee. Five years after the fair, America expanded its territory by defeating Spain in the Spanish-American War.Obviously, the manhood of the Wizard of Oz is closely connected with his domination over the Emerald City. In the same way, the "manhood" of the American empire was on display in the sparkling exhibitions of the Columbian Exposition. Taking America's exploitative and expansionist attitude toward "others" into consideration, the dazzling wonderland can be seen as "deceptive and illusionary" like the wizard's magic after all.As a journalist, Baum was naturally alert to both international and domestic affairs. Moreover, he had moved to Chicago just before the world fair. How he felt about American civilization can be easily imagined from the words of the Wizard of Oz when his identity is finally disclosed as a humbug. The Wizard apologetically said, "I am a good man, though I am a bad wizard." Baum as a liberal Easterner still believed, or tried to believe, in the manifest destiny of America, but he must have been beginning to feel uneasy about America's masculine identity.
著者
吉田 純輝 カーペンター ケネス
出版者
日本古生物学会
雑誌
化石 (ISSN:00229202)
巻号頁・発行日
vol.108, pp.11-21, 2020-09-30 (Released:2020-10-16)

Vertebrate burrows from the Mesozoic of North America have been scarcely known. We report two different burrows (burrows A and B) produced by small animals in the Lower Cretaceous (Albian–Cenomanian) Mussentuchit Member of the Cedar Mountain Formation, Utah, USA. The burrow-bearing bed of the Mussentuchit Member consists of poorly-drained paleosols, and the burrows are infilled with light-colored carbonate probably due to a rise in a regional water table. Both burrows were found in-situ and inclined downwards. The burrow A is 60 cm long, and terminated in an expanded distal chamber, whereas the burrow B is 100 cm long and branched, with some small expanded chambers in the middle of the tunnel. Both tunnels have the width to height ratio larger than 1.3. In the burrows, the external walls lack scratch marks, but do show localized, prominent bulges in the burrow A and divots at local expansions of the tunnel in the burrow B. These are unlike those reported from Triassic and Jurassic vertebrate burrows. The estimated weight of the excavators is 3.1 g for the burrow A and 6.8–17.8 g for the burrow B based on the area of each tunnel, indicating that both tracemakers were small animals. A bulge in the burrow B was possibly left by tip of the excavator’s head, as seen in the burrows of modern fossorial squamates. The discovery of a potential squamate burrow from the Cedar Mountain Formation of Utah is consistent with the oldest body fossils of skinks and snakes from the Early Cretaceous.
著者
河野 豊 吉田 純一 浅香 正博 原田 文也 舞田 建夫 川上 智史 江口 有一郎
出版者
一般社団法人 日本肝臓学会
雑誌
肝臓 (ISSN:04514203)
巻号頁・発行日
vol.61, no.10, pp.527-530, 2020-10-01 (Released:2020-10-08)
参考文献数
4

We investigated the positive detection rates for hepatitis B surface antigens (HBsAg) and hepatitis C (HCV) antibodies as well as the elevation of AST and ALT in patients who were to undergo oral surgery. Our results revealed positive rates of 1.1% and 1.5% for HBsAgs and HCV antibodies, respectively. Patients older than 40 years had a higher proportion of positive HBsAg or HCV antibody results than did patients younger than 40 years. The rate of AST and ALT elevation was 7.3%. There were some missing data on viral infection in patient referral documents or interview sheets, suggesting a perception gap existed with respect to the seriousness of viral hepatitis among dental doctors and patients. These findings suggest that designating a hepatitis medical care coordinator might help not only in understanding patients' infection status but also in collaborating with hepatologists in the field of oral surgery.
著者
吉田 純
出版者
社会学研究会
雑誌
ソシオロジ (ISSN:05841380)
巻号頁・発行日
vol.33, no.3, pp.21-37,157, 1989-01-31 (Released:2017-02-15)

Dieser Aufsatz zielt darauf, in Adomos Theorie der ästhetischen Modeme einige bedeutenden kritischen Momente, die Habermas verlassen hat, wiederzuentdecken, und damit die Schwächen der von Habermas dargestellten Theorie der Modeme nachzuweisen. Die frühe kritische Theorie von “Frankfurter Schule”, vertreten von Adorno, hat im “vernünftigen Potential” der modernen Kultur, insb. im "transzendierenden" Moment der Kunst, den privilegierten Bezugspunkt für die Kritik findet. Habermas sagt folgendermaßen : Adorno verliert gerade an dieser Strategie die "normative Grundlage" der Kritik, denn er die kulturelle Modeme mit “eingeengten Optik” wahrnimmt, und also sich nicht auf empirischer Analyse von Gesellschaft beziehen kann. Auf diesem Grund behauptet er die Theorie der Moderne, die die allgemeine kulturelle Moderne -- Wissernschaft, Moral und Kunst-- als drei differenzierte Aspekte der “kommnikativen Rationalität” erfassen und analysierbar machen will. Aber in dieser Theorie der Moderne ist der kritische Moment in der modernen Kunst, der "ästhetishen Rationalität", vielmehr unklar. Denn in dieser Theorie wird die “Kritik” auf die sprachliche Kritisierbarkeit der Geltungsansprüche jeweiliger Aussage reduziert. Für Adorno darbietet die musikalische Avantgarde, bzw. atonale Musik von Shönberg, ein Modell des kritischen Denkens. Sie sprengt die Grenzen der Tanalität, die der traditionellen Musik einen Schein intersubjektiver Sprache gegeben hat, indem sie sich auf ihre Material selbst, bzw. Tonsystem, reflexsiv bezieht und ihn zum Thema der Darstellung macht. Das andeutet die Möglichkeit des nichtidentifizierenden, in diesem Sinne kritischen Denkens. Eine die Allgemeinheit in Anspruch nehmende Theorie, wie die von Habermas, unvermeintlich sucht ihre Grundlegung in der Identität, bei ihm der intersubjektive. Aber solche Identität ist immer und bereits ein geschichtliches Erzeugnis. Muß die kritische Theorie, wie Habermas sagt, die geschichtliche Konstitution ihres Gegenstandes in Betracht ziehen, so kann sie nicht mehr auf solche Identität vertrauen.
著者
宮部 義幸 青柳 早苗 吉田 純 石川 幹人 中瀬 義盛 鷺島 敬之
雑誌
情報処理学会研究報告グラフィクスとCAD(CG)
巻号頁・発行日
vol.1986, no.67(1986-CG-023), pp.1-8, 1986-10-04

画像生成用高速コンピュータMCを用いた放送用文字図形生成システムについて述べる。本システムの特長は放送用として十分に用いることのできる高品質文字が生成できること、2次元アニメーションが実時間で実現できることである。文字生成は対話的フォント作成の容易さを考慮した骨格ストローク方式を採用している。又、高密度フレームメモリと2次元フィルタを用いてジャギー、フリッカを除去した高品質な文字図形を表示することができる。更に、MCと塗り潰しハードウェア、線描画ハードウェアによる高速描画を実現しており、ムーブ、ズーム、ロール、円グラフ等の2次元アニメーションが可能である。
著者
吉田 純一 北村 久美子 箭内 公一 安河内 淑子 石内 愛美
出版者
九州理学療法士・作業療法士合同学会
雑誌
九州理学療法士・作業療法士合同学会誌 (ISSN:09152032)
巻号頁・発行日
vol.2016, pp.69, 2016

<p>【はじめに】</p><p>日本においては、障がい者を取り巻く環境が急速に変化してきている。粕屋町では「障がい者が、安心して共に暮らせるやさしいまち」を基本理念とする障害者計画を策定しており、関係機関と行政が一体となって連携し、障害福祉計画推進協議会(以下、推進協)が中心となり計画内容を推進している。今回、地域住民の障がいや障がい者に対する理解を確認するためアンケートを実施した。アンケート結果から地域の方の声を聴き、今後の推進協の取り組みについて考察したので報告する。</p><p>【方法】</p><p>人権週間および障がい者週間である平成27年12月6日に開催された粕屋町介護福祉課主催障がい者啓発事業「人権を尊重する町民のつどい」にてアンケートを実施。参加者のうち244名よりアンケートの記載をいただいた。なお、アンケート実施に際し、趣旨、内容、結果の取り扱いについて書類を用いて説明し同意を得た。</p><p>【結果】</p><p>アンケート記載者244名(男性140名、女性99名、無回答5名)の年齢は、~20歳代11.1%、30~40歳代23.4%、50歳~60歳代47.1%、70歳~80歳代15.9%、無回答2.5%であった。設問1「日頃障がいをお持ちの方に接する機会はありますか?」に対し、はい50.8%、いいえ45.9%、無回答3.3%となった。設問2「粕屋町は障がい者が安心して共に暮らせるやさしいまちだと思いますか?」に対し、はい26.6%、いいえ11.1%、わからない59.8%、無回答2.5%という結果となった。設問3自由記載欄では、「町内の小学生と障害施設児童との交流の場を作り、子供たちの心を育てることもよいのでは」や「町民運動会等の町の行事で啓発をもっと行ってみては」など様々な意見をいただいた。</p><p>【考察】</p><p>年齢別でみると、参加者の約半数が50歳から60代で20歳代以下の参加状況が特に低い結果となった。このことから小・中学校等の教育機関と連携をとり、若い世代に対する啓発活動をより行っていく必要があると考えられる。設問1に対し障がい者と接する機会があると答えた方は全体の約半数であった。しかし、参加者には障害福祉関係の仕事に従事している方も多く、地域住民が障がい者と接している機会はより低いと考えられる。また、設問3自由記載欄の意見も踏まえると、障がい者の理解と交流の推進のためにも障がい者団体等と協力し、交流の場を確保していく必要があるといえる。設問2に対し「はい」と回答したのは全体の1/4程度の26.6%であった。この結果が示すように「障がい者が安心して共に暮らせるやさしいまち」とはまだ言い難い現状であり、推進協としても今後さらなる取り組みを行っていくべきであると考えられる。</p><p>【まとめ】</p><p>推進協の取り組みとしては、現在の問題点を把握した上で、教育機関や関連団体との連携が重要となってくるといえる。今後は、若い世代への啓発活動や障がい者との交流の場の充実など、より地域に密着した活動を行っていき、今よりも障がい者が安心して共に暮らせるやさしいまちを目指していきたいと考える。</p><p>【倫理的配慮,説明と同意】</p><p>アンケート実施に際し、趣旨、内容、結果の取り扱いについて書類を用いて説明し同意を得た。</p>
著者
吉田 純子 石橋 隆治 西尾 眞友
出版者
金沢医科大学
雑誌
金沢医科大学雑誌 (ISSN:03855759)
巻号頁・発行日
vol.30, no.4, pp.420-426, 2005-12

細胞内Ca^<2+>イオンは筋収縮,分泌,および細胞の増殖・分化などの情報伝達において重要な二次メッセンジャーとして働いている。その細胞内濃度の恒常性は,細胞膜に存在するCa^<2+>透過性イオンチャネルやイオントランスポーターおよび細胞内Ca^<2+>貯蔵部位からの遊離や取り込み機構によって保たれる。高血圧,狭心症,不整脈の治療薬の一つであるCa^<2+>括抗薬は電位依存性L型Ca^<2+>チャネルに結合し,細胞内へのCa^<2+>流入を抑えて血管平滑筋や心筋細胞の興奮性を低下させる。しかし,近年,ある種のCa^<2+>拮抗薬がL型Ca^<2+>チャネル遮断ではなく,抗酸化作用や血管平滑筋の増殖抑制作用を介して動脈硬化や血管再狭窄に対する予防効果を示すことが明らかにされてきた。また,がん細胞に対する増殖抑制作用も報告され,ヒトがん細胞を用いた我々の基礎的研究結果からもCa^<2+>拮抗薬のがん細胞増殖抑制作用が示唆されている。本総説では,Ca^<2+>拮抗薬の多様な薬理作用,特に細胞増殖抑制作用について概説し,細胞内Ca^<2+>濃度を調節する分子群が,抗動脈硬化薬や抗腫瘍薬の新しい分子標的となる可能性を展望した。
著者
吉田 純
出版者
一般社団法人 社会情報学会
雑誌
社会情報学 (ISSN:21872775)
巻号頁・発行日
vol.1, no.1, pp.55-63, 2012

本稿は,ギデンズの再帰的近代化論を手掛かりとして,再帰性概念が社会情報学において担いうる理論的意義を明確化することに向けての,予備的な考察をおこなう。再帰的近代化論によれば,社会の情報化のプロセスは,「モダニティの徹底化」としての再帰的近代化の本質的構成要素であることが指摘できる。情報化の帰結として出現したインターネット上のCMC空間の特性には,再帰的近代化の構成要素である「脱埋め込み」と「再埋め込み」との両側面がみられ,その両者を再帰性概念により統一的な視点から説明することができる。したがってCMC空間は,情報化が再帰的近代化の本質的構成要素であることを例証しているとみることができる。ただし,以上の考察は,直接にはCMC空間のみを対象としている点で,限定的な範囲にとどまっており,再帰性概念を,一方では社会情報現象一般を説明する概念として一般化すること,他方では現代の情報テクノロジーに固有の社会情報現象を説明する概念として分節化することが今後の課題となる。この課題を追求していくうえで,正村俊之の情報空間論が有力な理論的手掛かりとなることが期待される。
著者
水野 正明 吉田 純
出版者
日本脳神経外科コングレス
雑誌
脳神経外科ジャーナル (ISSN:0917950X)
巻号頁・発行日
vol.15, no.10, pp.700-704, 2006-10-20

バイオテクノロジー,ナノテクノロジーやコンピュータテクノロジーは,遺伝子治療をはじめとする新しい先端医療を生み出してきた.われわれはその時代の中で,2000年に純国産技術で作り上げた最初の遺伝子治療を悪性クリオーマを対象に行い,その安全性および有効性を確認した.その成果は,名古屋大学医学部附属病院内に設置された先端医療開発施設,遺伝子・再生医療センターに引き継がれた.同センターでは,2006年,そこで作られる先端医療マテリアルの品質を保証するため,ISO9001(2000)および13485(2003)を取得した.この取得は,大学関連施設ではわが国初である.この施設での活動を通して,患者に役立つ新しい先端医療開発を進めていくことになっている.本稿では,われわれが行っている悪性クリオーマに対する遺伝子治療と,それに関連したわれわれの活動を紹介し,これからの先端医療のあり方について展望した.