著者
和田 正信 三島 隆章 山田 崇史
出版者
一般社団法人 日本体育学会
雑誌
体育学研究 (ISSN:04846710)
巻号頁・発行日
vol.51, no.3, pp.229-239, 2006 (Released:2008-01-25)
参考文献数
37
被引用文献数
1 2

Repeated intense skeletal muscle contraction leads to a progressive loss of force-generating capacity. This decline in function is generally referred to as muscular fatigue. Since the work of Fletcher and Hopkins (1907), it has been known that fatigued muscles accumulate lactic acid. Intracellular acidosis due to lactic acid accumulation has been regarded as the most important cause of fatigue during intense exercise. Recent challenges to the traditional view, however, have suggested that lactic acid plays a role in muscle contraction distinct from that implied by earlier studies. This brief review presents (1) a short history of our understanding about lactic acid that explains the early acceptance of a causal relationship between lactic acid and fatigue, (2) evidence to show the temperature dependence of acidosis-induced changes and the beneficial effect of acidosis, and (3) a proposal that lactate production retards, not causes, acidosis. These findings require us to reevaluate our notions of lactic acid, acidosis and muscular fatigue.
著者
和田 正 田中 彰裕
出版者
公益社団法人 日本農芸化学会
雑誌
化学と生物 (ISSN:0453073X)
巻号頁・発行日
vol.51, no.6, pp.376-382, 2013-06-01 (Released:2014-06-01)
参考文献数
29
被引用文献数
1

筆者らは,スクロースをイヌリンに変換する酵素生産細菌 Bacillus sp. 217C-11 株を見いだすことに成功した.この酵素は,イヌロスクラーゼに分類される新規な糖転移酵素であることが明らかになった.また,酵素の反応条件を任意に選択することによって合成されるイヌリンの平均鎖長を制御できることもわかった.こうして作られたイヌリンは,植物由来のイヌリンに比べて水溶性が高く,食品加工特性に優れるものであった.近年では,脂肪に似た食感のゲルを形成する性質を利用して,油脂含有食品の低脂肪化のための素材としての利用が拡大している.
著者
和田 正義 井上 雄介 平間 貴大
出版者
一般社団法人 日本ロボット学会
雑誌
日本ロボット学会誌 (ISSN:02891824)
巻号頁・発行日
vol.31, no.6, pp.591-598, 2013 (Released:2013-08-15)
参考文献数
14
被引用文献数
1 1

This paper presents a new wheel mechanism for the active-caster drive system. The active-caster provides omnidirectional mobility with no using free rolling mechanism. The original active-caster equips with an absolute encoder to detect a wheel orientation and two motors for driving wheel and steering axis independently. A computer system needs to detect an absolute wheel orientation and coordinate velocity components for wheel and steering drive to provide wheel motion in an arbitrary direction. To simplify the wheel control system, a new active-caster mechanism is proposed. A proposed active-caster system includes a ball transmission to distribute a traction velocity to wheel and steering axis mechanically without using an angle sensor or coordinated motor control. In this paper, kinematics of the proposed wheel mechanism is analyzed and mechanical condition for realizing the caster motion is derived. A kinematic model of the proposed active-caster mechanism with a ball transmission is analyzed and a mechanical condition for realizing caster motion is derived. Based on the kinematic model and the mechanical condition, computer simulations of the mechanism are performed. In the simulations, the active-caster shows successful caster motions with no sensor or computer system.
著者
和田 正義 亀田 藤雄 斎藤 征道
出版者
公益社団法人 計測自動制御学会
雑誌
計測自動制御学会論文集 (ISSN:04534654)
巻号頁・発行日
vol.49, no.4, pp.417-424, 2013 (Released:2013-04-26)
参考文献数
15

This paper presents a study on steering control algorithm for a joystick car drive system. The joystick drive system allows a handicapped person to drive a car by using a joystick with small force and short stroke. However, a wrong joystick operation, such as a sudden and wide steering, when a vehicle running in a very high speed results in a car accident quite easily. The other hand, quite sensitive steering control is required around the center of steering angle when a car runs along a straight line. When parking a car, a large steering angle provides easier parking maneuvering to a driver. To realize these requirements and solve some problems, we propose a steering control method with variable steering sensitivity and steering limitation based on a vehicle velocity. First, a dynamic model of a car running with rotation to define a risk for rollover of a car. From the dynamic model, we get limitation of steering angles as a function of the vehicle velocity. The limitation function is verified by the drive test taken by the real van running on the public road including highway and parking lot. The control method is successfully implemented on a microcomputer based controller for the joystick car drive system.
著者
和田 正法
出版者
東京工業大学社会理工学研究科技術構造分析講座
雑誌
技術文化論叢 (ISSN:13476262)
巻号頁・発行日
no.22, pp.21-36, 2019-04

大学初年次生を対象とする教養科目の枠内で,担当教員の負担を少なくしながらも,効果的に学生の自立的な研究力を育成できるPBLの仕組みを開発し,実践した.運営の柱は,次の四点である.(1)評価基準を明示する.明確な目標を学生に示すことそのものが,学生の成長につながる.(2)相互評価を重視する.受講生にとっては,評価基準の周知にもつながり,教員にとっては,採点作業の軽減になる.(3)一連の単純な研究調査作業を授業の中で繰り返す.頭では理解できても,実際にできるとは限らない.複数回同様の作業を経験させることで,学生が自ら研究を遂行する力を身に付けさせることができる.くわえて,(4)研究公正を意識させた記録を行わせる.基本的な実験ノートの記録手法を知っておけば,どの分野でも研究に生かすことができる.本稿が示すPBLの柱は,他の多くの分野に適用が可能であろう.
著者
和田正美
出版者
関西国際大学
雑誌
研究紀要 (ISSN:13455311)
巻号頁・発行日
vol.13, pp.239-251, 2012-03-31

本稿は,大学での講義「西洋教育史」に使用する教科書を作ることを想定して作成したものである。教育思想を正しく深く理解するには,歴史,文化を十分理解していなければならない。大学は学問の場であるかぎり,幅広い領域の知識を統合化する教育が必要であることは言うまでもない。しかし現在,大学の講義内容に相応しい教科書は皆無といってよい。専門書は豊富にあるが,大学の講義を想定しては書かれていないのである。 ソクラテスの時代の倫理・教育思想は,決して突然に生まれ出たものではない。その背景となり,推進力となったものとして,自然哲学者たちの思想,ギリシア悲劇,自然中心主義から人間中心主義への転換をはかったソフィストたちの思想などを挙げることができる。 よって,本稿は,ギリシア神話,伝説などを扱うギリシア悲劇,自然哲学者たち,ソフィストたち,そして,ソクラテス,プラトン,アリストテレスの三大哲学者の倫理思想を考察することにより,古代ギリシアの倫理思想を概観する。
著者
石井 裕 内田 龍男 和田 正信
出版者
The Japan Society of Applied Physics
雑誌
応用物理 (ISSN:03698009)
巻号頁・発行日
vol.47, no.3, pp.216-218, 1978

The electrooptic characteristics of cholesteric-nematic mixtures were studied in relation to surface alignment, layer thickness (<i>d</i>) and helical pitch (<i>p</i>). It was made clear that their characteristics could be consistently understood by taking the ratio (<i>d</i>/<i>p</i>) of layer thickness to helical pitch into consideration, and the optimum value of <i>d</i>/<i>p</i> for display devices was about 0.7 for the parallel-aligned cell (parallel cell) and about 0.5 for the vertical-aligned cell (vertical cell).
著者
田中 文也 和田 正昭 吉野 哲夫 木村 清志 岩槻 幸雄
出版者
日本動物分類学会
雑誌
タクサ : 日本動物分類学会誌 (ISSN:13422367)
巻号頁・発行日
no.31, pp.23-27, 2011-08-20
参考文献数
16

A single specimen of a carangid fish, Alepes kleinii (125.1mm in standard length), was collected by a small set net at depths shallower than 8m off the northeastern Kadogawa Bay, Kadogawa-cho, Miyazaki Prefecture, Pacific coast of Kyushu Island, Japan. Alepes kleinii is distinguishable from its congeners by the following combination of characters: two rows of small conical teeth arranged irregularly in a narrow band on upper jaw but those on lower jaw in a single series, a diffuse dusky blotch present on upper margin of opercle, and straight part of lateral line starting behind below origin of second dorsal fin. The specimen represents the reliable record of the species from Japan.
著者
古和田 正悦
雑誌
小児の脳神経 (ISSN:03878023)
巻号頁・発行日
vol.21, no.1, pp.41-43, 1996-02-29
著者
亀井 淳志 阿部 幹雄 志村 俊昭 柚原 雅樹 大和田 正明 束田 和弘 外田 智千 木下 雅章
出版者
国立極地研究所
雑誌
南極資料 (ISSN:00857289)
巻号頁・発行日
vol.53, no.3, pp.283-299, 2009-11-30

第50次日本南極地域観測隊(第50次隊)夏隊のセール・ロンダーネ山地地学調査隊は67日間におよぶ野外調査を行い,その間に必要な電力を太陽光発電で賄った.今回使用した太陽光発電システム(出力電圧約12 V)の1日あたりの発電量は6724 Ahであった.そして,この調査によって以下の3つの重要なことが明らかとなった.1)南極での野外調査生活に必要な電力は太陽光発電システムにより得ることが可能である.2)最大出力電流2.3 Aの太陽パネルは1日あたり910 Ahを発電する.3)夏季の南極は白夜のために日照が途絶える事はないが,当山地では0000 LTから0500 LT (昭和基地時刻) の間に太陽光発電ができない.
著者
西田 和浩 山本 慎一 今岡 照喜 加納 隆 大和田 正明
出版者
地学団体研究会
雑誌
地球科學 (ISSN:03666611)
巻号頁・発行日
vol.56, no.1, pp.27-34, 2002-01-25

オリオン290A型デジタルイオンメータを用いた珪酸塩岩石のフッ素定量を,蒸留操作なしに行った.岩石試料の溶融は,試料と酸化亜鉛および炭酸ナトリウムを混合して,電気炉を900℃の一定温度に保ち,30分間試料の溶融を行った.白金るつぼに直接蒸留水を加えてホットプレート上で2時間加熱することによって,内容物は,白金るつぼから容易に剥離でき,岩石試料中のフッ素を完全に回収することができた.イオン強度調整剤として,0.2Mクエン酸ナトリウムー0.2M硝酸カリウム溶液を使用した.この方法を用いて,いくつかの岩石標準試料のフッ素定量を試みた.それらの分析値は,推奨値および既報値と良い一致を示し,好結果を得た.また,インドのアラバリベルト,イースタンガーツベルト,ケララコンダライトベルトおよび東南極のセルロンダーネ山地メフェール花崗岩コンプレックスのフッ素定量を行った.ケララコンダライトベルト中のインシピエントチャーノッカイトのF含有量およびGa/A1比は,同一露頭中の片麻岩の値よりも高い.
著者
和田正美 Masami WADA
雑誌
研究紀要
巻号頁・発行日
vol.13, pp.239-251, 2012-03-31

本稿は,大学での講義「西洋教育史」に使用する教科書を作ることを想定して作成したものである。教育思想を正しく深く理解するには,歴史,文化を十分理解していなければならない。大学は学問の場であるかぎり,幅広い領域の知識を統合化する教育が必要であることは言うまでもない。しかし現在,大学の講義内容に相応しい教科書は皆無といってよい。専門書は豊富にあるが,大学の講義を想定しては書かれていないのである。 ソクラテスの時代の倫理・教育思想は,決して突然に生まれ出たものではない。その背景となり,推進力となったものとして,自然哲学者たちの思想,ギリシア悲劇,自然中心主義から人間中心主義への転換をはかったソフィストたちの思想などを挙げることができる。 よって,本稿は,ギリシア神話,伝説などを扱うギリシア悲劇,自然哲学者たち,ソフィストたち,そして,ソクラテス,プラトン,アリストテレスの三大哲学者の倫理思想を考察することにより,古代ギリシアの倫理思想を概観する。
著者
上塘 斎 大和田 正明 加納 隆
出版者
一般社団法人 日本地質学会
雑誌
地質学雑誌 (ISSN:00167630)
巻号頁・発行日
vol.117, no.11, pp.637-647, 2011-11-15 (Released:2012-03-18)
参考文献数
38

飛騨帯は日本列島の骨格をなす地帯であり,主に各種深成岩類と高度変成岩類から構成される.飛騨帯中部地域の熊野川-長棟川地域には,飛騨帯の広域変成作用を受けた斑れい岩複合岩体が分布する.この複合岩体は火成岩組織をよく保存していることから,マグマ過程やマグマ形成場の検討に適している.本論文では,熊野川-長棟川斑れい岩複合岩体の産状と地球化学的性質について検討した.その結果,複合岩体を構成する全ての岩相はマグマ同士で共存し,それらのマグマは海洋プレートの沈み込む大陸縁辺部で形成されたと推察される.