伏見りんたろう (@Frintarou)

投稿一覧(最新100件)

典拠とか出典とか考える際には、渡辺秀夫「谷の鶯・歌と詩と─〈典拠〉をめぐって」(『平安朝文学と漢文世界』勉誠社、一九九一年)は読んでおくべきでしょう。もととなった論文はこちら https://t.co/cRVywH0CwU
工藤力男の論文を思い出した。 https://t.co/3KfWuncHkE >RT
道坂昭廣「初唐の「序」について」(中国文学報54・1997)再読。ずいぶん前に読んで、拙論の注にも引いたが、今書いている論文にもヒントが。平安朝の詩序については形式・構成面での研究は格段に進んだが、まだやることは多い。 https://t.co/2io1grLlb4

お気に入り一覧(最新100件)

同じような例が、橋本秀美(喬秀岩)氏の『義疏学衰亡史論』。台湾版も備えておいた方がよさそうです。CiNii、これもわずか5館。 CiNii 図書 - 義疏學衰亡史論 https://t.co/tSrwUUikRX #CiNii
CiNii 博士論文 藤田拓海 - 陸法言『切韻』研究 https://t.co/AoHDf4F9b4
たぶん何度目かですが、典籍の亡佚とそれを前提とした複製・保存の必要性については、谷川恵一氏「魯庵の夢」などにも簡潔明快に。 https://t.co/NH6yHpzHXA ワタシの大好きな文章のひとつ、でもあります。

12 0 0 0 OA 春秋左氏伝

何度かツイートしているけど、博文館『左伝』訳は良い。巻ごとに扱う時代の概要が巻頭に記されていて、大部である『左伝』のあらすじを掴みやすい。昭和16年の出版なので現物は入手困難だが、国会図書館のデジタルコレクションで読める https://t.co/zFZbriyyiV
石塚 晴通 -  料紙の質と典籍の位相―中国及び日本の写本・版本を例として https://t.co/DJ8Ib1hqZk
山口 希世美 -  平安時代の女性の写経と結縁経――『久能寺経』研究の一環として――【平安時代の日記史料から女性の自筆写経の例を取り上げ、女性が漢字ばかりの経典を自筆で書写することは珍しいことではないことを論じる】 https://t.co/x8gA7KvaO8
小林信彦「空海のサンスクリット学習 : 現代に生きる神話 」(『桃山学院大学人間科学』第37号、2009)空海はサンスクリットを学習も理解もしていなかったと指摘する論考。 https://t.co/OxXUuk0HyM
厳しい数字…→「60年代から70年代の頃は博士課程修了後1~2年で大学教員になれたということである。90年代の初頭にはもうすでに3人に2人は大学教員のポストに就けない状況であった(中略)(引用者補足、09年度)人文科学系の博士課程… https://t.co/6yyDgiMBHd
学会を「編集」することと、出版社と(岡田圭介): 日本近代文学 2017 年 97 巻 ※前職時代に書かせていただいたもの。今は立ち上げた「文学通信」で同じことをやっています。 https://t.co/3f1ND4ax0M
深井先生の著作についての指摘、2010年には別の著作で注釈の不備が指摘されていたのか。『十九世紀のドイツ・プロテスタンティズム』(2009)に関する指摘。根っこは同じなのかな。https://t.co/dCdal2wjRd
伊藤正義「熱田の神秘――中世日本紀私注」 https://t.co/BP7bZkrnHc #CiNiiで読める優良論文
注釈や版本がTLを賑わしているので、これを貼っておこう https://t.co/69fYAr3elo
思えば同人のこの論文も、なんで宿紙(蔵人が使う薄墨の紙)は「宿紙」というの?という疑問にかなり合理的な説明を与えるものであった。 平安時代における宿紙と紙屋紙 高田 義人 古文書研究 (52), 1-21, 2000-11 https://t.co/noHV0RO3B6
この方の論文は、問いの作り方を考える際に参考になると思います。 CiNii 論文 - 「思考力・判断力・表現力」時代の小学校国語科教材論 −国語科クリティカル・リーディングの理論から https://t.co/9lCPoMyiKF #CiNii
こんな論文どうですか? 「聖なる性」の再検討(小谷野 敦),2004 https://t.co/MD8nTW4Eda  一九八七年頃から、古代中世日本において女性の性は聖なるものだったといった言説が現れるようになった。こうした…
同書については、『回顧録』の背景から吉田健一論へ、さらに時間意識論へと展開していく苅部直「オーラル・ヒストリーの時間―牧野伸顕『回顧録』と吉田健一」がPDFでも手軽に読めておもしろいです(『秩序の夢』所収)https://t.co/NZPdHboKNF
これの全編はデジタルコレクションで見れます。 作家の他にも定番の長者番付から武将番付、名刀番付、ご飯番付、嘘番付とかなんでこれを番付にしようと思ったんだろ…ってのがたくさん載ってて時間泥棒でした。 https://t.co/NCjx3cMZ9v
【史実】先ほどつぶやいた、乱や変の呼称についての、安田元久氏の論考は、学習院学術成果リポジトリに、「歴史事象の呼称について:「承久の乱」「承久の変」を中心に」としてpdfで掲載されています。興味のある方は一読ください https://t.co/mpDKyfOYjy

79 0 0 0 OA 明治大正筆禍史

無料の喜び、国会図書館デジタルで読める 芳賀栄造『明治大正筆禍史』(大正13年 https://t.co/KEgs0LOgXO)画像きれいなので読みやすいよ 宮武外骨『筆禍史』(明治44年… https://t.co/i4PoCM6K9W

73 0 0 0 OA 筆禍史

無料の喜び、国会図書館デジタルで読める 芳賀栄造『明治大正筆禍史』(大正13年 https://t.co/KEgs0LOgXO)画像きれいなので読みやすいよ 宮武外骨『筆禍史』(明治44年… https://t.co/i4PoCM6K9W
『国語科教育』が、J-STAGEで公開された模様。『謎の漢字』の103頁でも紹介されていた、村内英一「漢字の字体に関する問題ー書取の正誤判定の限界」も見られるようになりました。手偏のハネについての言及があります。https://t.co/OgZVn3PHpJ
呉座勇一先生の『応仁の乱』が大ヒットし、亀田俊和先生が『観応の擾乱』を出す今こそ、亀田先生が立教大学史学研究会『史苑』第77号2に寄せた、呉座先生の一般書三冊の書評をどうぞ https://t.co/DB3rLHAZVt
久しぶりのリポジトリ大量公開 松代, 真田家文書https://t.co/xneMNm948z 阿波, 雲州, 蜂須賀家文書, 松平家文書https://t.co/1ljI1DLqW6 祭魚洞文庫, 旧蔵水産史料… https://t.co/hQZWmAnAp7
久しぶりのリポジトリ大量公開 松代, 真田家文書https://t.co/xneMNm948z 阿波, 雲州, 蜂須賀家文書, 松平家文書https://t.co/1ljI1DLqW6 祭魚洞文庫, 旧蔵水産史料… https://t.co/hQZWmAnAp7
久しぶりのリポジトリ大量公開 松代, 真田家文書https://t.co/xneMNm948z 阿波, 雲州, 蜂須賀家文書, 松平家文書https://t.co/1ljI1DLqW6 祭魚洞文庫, 旧蔵水産史料… https://t.co/hQZWmAnAp7
読んだ。高校生の読書感想文レベルであった。ここはこんなポンコツ無能を雇ってるんだな。https://t.co/YkgUCgLAPF 森田育代 「江戸しぐさ」に見る陽明学の影響 https://t.co/320mILxoFu
山沢孝至先生といえば西脇順三郎のラテン詩の韻律を分析した論文「エレゲイアにならなかったエレゲイア : 韻律法よりみた西脇順三郎自作のラテン詩」(『近代』(神戸大学)75号、87-105、1993)のいけず風味が忘れられません。https://t.co/bVHfVI1BIG

35 0 0 0 OA 必勝国民読本

ともあれ徳富蘇峰『必勝国民読本』を、仕事にかこつけて隅から隅まで何度も読めたのはラッキー。「大東亜戦争」を正当化する基本的な口実が「まとめサイト」的に詰まっているので、便利な本ではあります。国会図書館デジタルでタダで読めますよ。https://t.co/T9cXKk8UNV
中城 さと子 -  『紫式部日記』に見る『源氏物語』をめぐって https://t.co/KS0g5jq3gV
探してみたら、あった。尾添陽平「大岡昇平『堺港攘夷始末』論 ――単一の「物語」への回収を拒否する歴史」。小説による歴史の回収について、大岡がどのような問題意識を持っていたか。 http://t.co/LarzUjTedF
河添 房江 -  平安物語の唐物をめぐる文化史 : 『源氏物語』と『うつほ物語』の比較から http://t.co/0RqDnERDnr #CiNii
焼山 廣志 -  菅原道真研究 : 『菅家後集』所載の作品論と編纂事情考(注釈を通して) http://t.co/DPpDvDOJsU #CiNii
根は深い。→橋本鉱市「近代日本における「文学部」の機能と構造」(1996)[PDF] https://t.co/q3GMEBJL17

フォロー(198ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

CiNii 論文 -  藤原俊成自筆『廣田社歌合』にみられる仮名の字体について : 判詞中の和歌引用部分の字体を手がかりとして https://t.co/UqpgQ6ksXj #CiNii
RT @cave_artists: 【お知らせ】博士論文がウェブで公開されました。書籍版『六条藤家歌学書の生成と伝流』(勉誠出版・2019)の元になった博士論文ですが、内容はかなり違います。もしよろしければ審査書・要旨もありますのでご笑覧ください。https://t.co/m2…
RT @egamiday: 嬉しいアナウンスです。日文研のOCLC目録登録&海外ILLの経緯・実際・効果を報告する論文が『大学図書館研究』の最新記事としてOA公開されました。NC書誌をMARCに投入、海外ILL受付の現実等、目録メタデータ界隈の方にも海外日本研究界隈の方にもご笑…
RT @cave_artists: 【お知らせ】博士論文がウェブで公開されました。書籍版『六条藤家歌学書の生成と伝流』(勉誠出版・2019)の元になった博士論文ですが、内容はかなり違います。もしよろしければ審査書・要旨もありますのでご笑覧ください。https://t.co/m2…
RT @cave_artists: 【お知らせ】博士論文がウェブで公開されました。書籍版『六条藤家歌学書の生成と伝流』(勉誠出版・2019)の元になった博士論文ですが、内容はかなり違います。もしよろしければ審査書・要旨もありますのでご笑覧ください。https://t.co/m2…
RT @cave_artists: 【お知らせ】博士論文がウェブで公開されました。書籍版『六条藤家歌学書の生成と伝流』(勉誠出版・2019)の元になった博士論文ですが、内容はかなり違います。もしよろしければ審査書・要旨もありますのでご笑覧ください。https://t.co/m2…
https://t.co/sDVtImJkBk あー、でも、「貞治年間初期の『河海抄』成立時の注釈」でわなくて、こーじんの ぞーほした 「かなり後の注釈」かもしれないんだなあ。
RT @nekonoizumi: 『大衆の国民化』、『英霊』、『敵の顔』、『武器としての宣伝』、『理想郷としての第三帝国』、『丸山眞男と平泉澄』、『日本主義的教養の時代』、『「日本」への問いをめぐる闘争』、『日本主義と東京大学』等 このあたりが全部パルマケイア叢書というのがヤバ…
RT @egamiday: 嬉しいアナウンスです。日文研のOCLC目録登録&海外ILLの経緯・実際・効果を報告する論文が『大学図書館研究』の最新記事としてOA公開されました。NC書誌をMARCに投入、海外ILL受付の現実等、目録メタデータ界隈の方にも海外日本研究界隈の方にもご笑…

9 9 9 0 OA 古文孝經 1卷

RT @ma3cun4: 国会図書館デジコレの恩恵にあずかり、慶長3年の写本とされる『古文孝經』読了。 https://t.co/FlkGAiafHn 元の画像に基づいて朱点等に色を上塗りして読んだ(前半部のみ)。 書かれているものをそのまま読むだけだったが、訓み方や書き入れ等…
>RT EE通EE 渋い! 国会デジコレ『内国通運株式会社発達史』(大正7) https://t.co/E5r3Ja5HOS によると、社章の制定は明治8年。 「日章中に「通」の一字を白文にて表はし、其左右に Express の… https://t.co/URwntaTplM
CiNii 論文 -  筆談と東アジアの文化交流 : 清朝初代駐日公使館員の在日筆談資料を中心に https://t.co/6vn5Yr9JFZ #CiNii シンポジウムか何かで発表聞いて面白かった。論文になってたんや、読まなあかんな。#覚え書き
RT @chuko_bungei: そういえば、与謝野晶子が自作短歌を朗読している貴重な音源が残されているのをみなさんご存じでしょうか。 https://t.co/qx0ItGZJSe (国会図書館「歴史的音源」) この音源は戦前の録音のようですが、与謝野晶子は廉太郎と一歳…
RT @ursus21627082: @Cristoforou これは単に知人の論文の宣伝ですが、オンラインで入手できるグラマースクールの論文として、菅原未宇「イングランドにおけるグラマースクール設立の動向 1501-1660」があり、グラマースクールの教育レベルが初頭の読み書…

9 4 4 0 OA 出版年鑑

RT @NIJL_collectors: 何気なく流し読みしていた『出版年鑑. 昭和6年版』に限定版の記述があった。 国会デジコレhttps://t.co/c3Uw8SpTer 「この種の刊行物も近年わが出版界に往々見受ける所である。しかしそれらは多く奥附に「何部限定」と印刷し…

9 4 4 0 OA 出版年鑑

何気なく流し読みしていた『出版年鑑. 昭和6年版』に限定版の記述があった。 国会デジコレhttps://t.co/c3Uw8SpTer 「この種の刊行物も近年わが出版界に往々見受ける所である。しかしそれらは多く奥附に「何部限定」と… https://t.co/cWJ8mdI2qu
「識」 国会デジコレ『偏類六書通』https://t.co/WusdXxudY4 https://t.co/srRTZfIRx3
https://t.co/2YlLRj98nC お みれば、よいのかもしれない。
なかつか・あきら「日本人の明治観をただす」234ペに 「正確には宮内庁書陵部が原本を公開することを期待して」と あるけど、「佐々木高行の日記」わ 「原本は散逸」してて、しょりょーぶに あるのわ 「写本の一部」らしく https://t.co/Mvfh9m9MyI 、

フォロワー(310ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

CiNii 論文 -  藤原俊成自筆『廣田社歌合』にみられる仮名の字体について : 判詞中の和歌引用部分の字体を手がかりとして https://t.co/UqpgQ6ksXj #CiNii
RT @cave_artists: 【お知らせ】博士論文がウェブで公開されました。書籍版『六条藤家歌学書の生成と伝流』(勉誠出版・2019)の元になった博士論文ですが、内容はかなり違います。もしよろしければ審査書・要旨もありますのでご笑覧ください。https://t.co/m2…
RT @egamiday: 嬉しいアナウンスです。日文研のOCLC目録登録&海外ILLの経緯・実際・効果を報告する論文が『大学図書館研究』の最新記事としてOA公開されました。NC書誌をMARCに投入、海外ILL受付の現実等、目録メタデータ界隈の方にも海外日本研究界隈の方にもご笑…
RT @cave_artists: 【お知らせ】博士論文がウェブで公開されました。書籍版『六条藤家歌学書の生成と伝流』(勉誠出版・2019)の元になった博士論文ですが、内容はかなり違います。もしよろしければ審査書・要旨もありますのでご笑覧ください。https://t.co/m2…
RT @cave_artists: 【お知らせ】博士論文がウェブで公開されました。書籍版『六条藤家歌学書の生成と伝流』(勉誠出版・2019)の元になった博士論文ですが、内容はかなり違います。もしよろしければ審査書・要旨もありますのでご笑覧ください。https://t.co/m2…
RT @cave_artists: 【お知らせ】博士論文がウェブで公開されました。書籍版『六条藤家歌学書の生成と伝流』(勉誠出版・2019)の元になった博士論文ですが、内容はかなり違います。もしよろしければ審査書・要旨もありますのでご笑覧ください。https://t.co/m2…
https://t.co/sDVtImJkBk あー、でも、「貞治年間初期の『河海抄』成立時の注釈」でわなくて、こーじんの ぞーほした 「かなり後の注釈」かもしれないんだなあ。
RT @cave_artists: 【お知らせ】博士論文がウェブで公開されました。書籍版『六条藤家歌学書の生成と伝流』(勉誠出版・2019)の元になった博士論文ですが、内容はかなり違います。もしよろしければ審査書・要旨もありますのでご笑覧ください。https://t.co/m2…
地理の本は置いてある棚がバラバラってのはよく話題に上がるけど、ちゃんと調べた人がいるんですね 森 岳人「出版業界から見た地理学のアウトリーチ」E-journal GEO https://t.co/MrUnGp7QYD https://t.co/Y9x7JdeLoL
長谷川 直子, 横山 俊一「学生主体の地理学のアウトリーチ」E-journal GEO https://t.co/gdkKZ3CmMb ・地理×女子の活動について。月刊地理の特集やタモリ倶楽部への出演など。 ・学生への負担やジェンダーの観点からの批判も
三橋 浩志「「地理系社会人」による地理学界支援機能のあり方―公務員有志による活動を事例として―」 https://t.co/fxxj38SgTO >地理系社会人がまとまりなく分散して活躍しているため,「隠れ地理シタン」として社会か… https://t.co/EdFLNZL3hT
RT @egamiday: 嬉しいアナウンスです。日文研のOCLC目録登録&海外ILLの経緯・実際・効果を報告する論文が『大学図書館研究』の最新記事としてOA公開されました。NC書誌をMARCに投入、海外ILL受付の現実等、目録メタデータ界隈の方にも海外日本研究界隈の方にもご笑…
RT @egamiday: 嬉しいアナウンスです。日文研のOCLC目録登録&海外ILLの経緯・実際・効果を報告する論文が『大学図書館研究』の最新記事としてOA公開されました。NC書誌をMARCに投入、海外ILL受付の現実等、目録メタデータ界隈の方にも海外日本研究界隈の方にもご笑…
RT @egamiday: 嬉しいアナウンスです。日文研のOCLC目録登録&海外ILLの経緯・実際・効果を報告する論文が『大学図書館研究』の最新記事としてOA公開されました。NC書誌をMARCに投入、海外ILL受付の現実等、目録メタデータ界隈の方にも海外日本研究界隈の方にもご笑…

9 9 9 0 OA 古文孝經 1卷

RT @ma3cun4: 国会図書館デジコレの恩恵にあずかり、慶長3年の写本とされる『古文孝經』読了。 https://t.co/FlkGAiafHn 元の画像に基づいて朱点等に色を上塗りして読んだ(前半部のみ)。 書かれているものをそのまま読むだけだったが、訓み方や書き入れ等…
>RT EE通EE 渋い! 国会デジコレ『内国通運株式会社発達史』(大正7) https://t.co/E5r3Ja5HOS によると、社章の制定は明治8年。 「日章中に「通」の一字を白文にて表はし、其左右に Express の… https://t.co/URwntaTplM
CiNii 論文 -  筆談と東アジアの文化交流 : 清朝初代駐日公使館員の在日筆談資料を中心に https://t.co/6vn5Yr9JFZ #CiNii シンポジウムか何かで発表聞いて面白かった。論文になってたんや、読まなあかんな。#覚え書き

9 4 4 0 OA 出版年鑑

RT @NIJL_collectors: 何気なく流し読みしていた『出版年鑑. 昭和6年版』に限定版の記述があった。 国会デジコレhttps://t.co/c3Uw8SpTer 「この種の刊行物も近年わが出版界に往々見受ける所である。しかしそれらは多く奥附に「何部限定」と印刷し…

9 4 4 0 OA 出版年鑑

何気なく流し読みしていた『出版年鑑. 昭和6年版』に限定版の記述があった。 国会デジコレhttps://t.co/c3Uw8SpTer 「この種の刊行物も近年わが出版界に往々見受ける所である。しかしそれらは多く奥附に「何部限定」と… https://t.co/cWJ8mdI2qu
近デジで「天井川」を調べたら、戦前のはこれ一件だけだった。これは固有名詞としての「天井川」。須磨だからさっきの「天上川」とは別か。 須磨名所独案内 - 国立国会図書館デジタルコレクション… https://t.co/gnsuNx9K9l
PDF公開。松島周一「三河国山中郷と室町幕府」(『愛知県史研究』22、2018年3月)三河国山中郷を切り口に、南北朝末期の室町幕府政治の一端や山中郷をめぐる様々な政治的思惑を考察。https://t.co/MzEZryR8O5
PDF公開。青山幹哉「『熱田大宮司千秋家譜』の構成について」(『愛知県史研究』22、2018年3月)新規作成された系図からその系図を作成する際に参照された原系図の復元を試みることで、系図の構成過程を検討。対象は「熱田大宮司千秋家譜」。https://t.co/X6k7sTvDJC
PDF公開。山形佳恵「真清田神社所蔵「永正十三年制札」について」(『愛知県史研究』23、2019年3月)『愛知県史資料編10中世3(2)』835「将軍足利義稙禁制(木札) 」 について、銘文や日付、花押などを再検討。https://t.co/VwyAAuAN9m
PDF公開。梅村喬「古川元也氏所蔵「尾張国郡司百姓等解文写本(断簡)」の紹介」(『愛知県史研究』23、2019年3月)古川元也氏が関西古書店で購入した、新発見の解文の断簡の史料紹介。中世に遡る可能性のあることを指摘する。解文の写本… https://t.co/mZVJAoR0p7
PDF公開。稲葉伸道「尾張国真福寺開山能信百年忌法要にみる室町中期の真福寺「一門」」(『愛知県史研究』23、2019年3月)室町中期に尾張国真福寺で行われた能信百年忌仏事に関する記録を分析、法会次第などの関連事項を整理したうえで、… https://t.co/YeCEBr4IRx
「識」 国会デジコレ『偏類六書通』https://t.co/WusdXxudY4 https://t.co/srRTZfIRx3
https://t.co/2YlLRj98nC お みれば、よいのかもしれない。
なかつか・あきら「日本人の明治観をただす」234ペに 「正確には宮内庁書陵部が原本を公開することを期待して」と あるけど、「佐々木高行の日記」わ 「原本は散逸」してて、しょりょーぶに あるのわ 「写本の一部」らしく https://t.co/Mvfh9m9MyI 、
初田香成氏(『都市の戦後―雑踏のなかの都市計画と建築』『盛り場はヤミ市から生まれた』など)による書評↓ 全体的に厳しめ?画像は目次部分。 「石榑督和著『戦後東京と闇市―新宿・池袋・渋谷の形成過程と都市組織―』」… https://t.co/XW38RdqTXE