竹田 琢 (@rtkd16)

投稿一覧(最新100件)

J-STAGE Articles - 鬱病に罹患した生態心理学者による一人称的当事者研究の試みと,鬱病治癒方略の提案のためのヒント:ギブソン,木村敏,大森荘蔵,三木成夫,タレルを参照点として https://t.co/nkOzlnpVoS
佐伯先生のインタビュー、最高に面白かった。 「何を言ってるかわからないけど面白いもの」「触発的なもの」こそ評価する、何が質的か考え続ける文化づくり、佐伯教の話。 J-STAGE Articles - パイオニアにきく 第3回 面白い研究をどう評価するか : 認知科学と質的心理学 https://t.co/raF2nBBjPD
J-STAGE Articles - 大会レポート コメント 現場での出会いから問いを生むことの大切さ https://t.co/2H3H0I70fd 浜田寿美男さんのように人間の本質に迫り描き出すには、個別の出会いから生まれた問いを相手の視点に立ちながら考察を深めていくことが大事だと考察する沖潮先生の小論。小論に問いの
「交換形態論」 の再評価と 「パフォーマンスとしての交換」 への拡張 北本遼太, 茂呂雄二 - 認知科学, 2020 https://t.co/gHwB029lnf
ディスコース分析の過程と視点―ライフストーリー分析の振り返りより 糟屋美千子 - 兵庫県立大学環境人間学部研究報告, 2020 https://t.co/J9KwsdxrSw
著者の平田先生は教育哲学、ヴィトゲンシュタイン研究が専門らしい 現代における状況的学習論の意義の再検討 https://t.co/Kp5GbKtckA
ショーンの省察論とメジローの変容的学習論の接続、いまいちわかってないので博論も読む CiNii 博士論文 - 変容的学習としての教師の実践的知識の発達に関する研究 https://t.co/xnRLAmnrp2 #CiNii
変容的学習のレビュー論文、池袋に行った時に立教に寄って読まねば CiNii 論文 -  変容的学習に関する先行研究の整理と今後の課題 : 批判的レビューを通して https://t.co/PaJ2ydi05K #CiNii
「過剰な意味の創出」のパワーワードがすごい。メインはWengerの文化的透明性の話だった。 J-STAGE Articles - ゲームとして経験を語る場における過剰な意味の創出 ―RPG型図書館ガイダンス・プログラムにおけるグループ・ディスカッションの会話分析― https://t.co/XmmFIaA7bg
あの「新婚さんいらっしゃい」で新婚らしさをいかに達成しているか?に関するディスコース分析、おもしろかった。 CiNii 論文 -  「新婚さん」の相互行為的産出 : バラエティ番組のディスコース分析 https://t.co/RUiZbCEKWv #CiNii
リフレクションのことをやっていたら物語論と想起研究にたどり着き、想起研究には生態学的アプローチと時間論に背景があり...と大変な道になってきた CiNii 論文 -  時間および空間感覚研究序論(2) https://t.co/GG9spuAUG8 #CiNii
パーティのデザイン 反省的メディアとしてのパーティ 曽和 具之 , 上田 信樹 , 上田 信行 J-STAGE Articles - Designing a party https://t.co/ua3o1Euwya
「弱いつながり」への接触とキャリア・リフレクションに関する論文 J-STAGE Articles - 弱い紐帯との交流によるキャリア・リフレクションとその効果 https://t.co/JAfBi2ZNJR
象徴権力としてのスポーツと 「体育会系」 アイデンティティの特徴 - https://t.co/SqZfwmaTG9 #ScholarAlerts
CiNii 論文 -  循環によって立ち現れる多面的自己から考えるセルフコントロール https://t.co/EtNaYft3mP #CiNii
J-STAGE Articles - 自己を語ることと想起すること https://t.co/mM3lp1vucc
寄付の動機研究。寄付に関する動機の構造 - https://t.co/CUBiziPGSq #ScholarAlerts
足場かけ(scaffolding)概念のレビュー論文。 scaffolding の概念および背景理論の紹介と再分類の試み 下井 俊典 https://t.co/xQ31rreBEL
J-STAGE Articles - 語りえない夢のゆくえと自己変容 : インドの移動民社会を事例として(<特集>メタモルフォーシスの人類学) https://t.co/aDFXSxPUBt
短い論文だけど、探究学習の現状がどうカオスなのかがざっくりわかる。 CiNii 論文 -  「探究的な学習」をめぐる諸課題:―理論・実践双方からの検討― https://t.co/2gts826k5n #CiNii
「喪失においてどのような自己認識を持つことができるのか」という問い、面白い CiNii 論文 -  <研究論文>失われる私とそれに気づく私 : 喪失における自己認識の観点から https://t.co/oTBA9LJzHH #CiNii
J-STAGE Articles - 「未来の社会構造」とアソシエーション,マルチチュード,活動理論:贈与から創造的交歓へ https://t.co/LsYtGDfBu1
保育者としての成長とキャリア形成:「保育者を続けている理由」 からの考察 - https://t.co/sXhJmqDaKH #ScholarAlerts
児童生徒の視点から見たスクールカーストという体験とその影響に関する研究: かつての当事者である女子大学生へのインタビューから - https://t.co/LeizQaguQC #ScholarAlerts
高等学校の新任教員は何に悩んでいるのか: ナラティヴに着目し探索する - https://t.co/wNYX2mSKi2 #ScholarAlerts
RT @rtkd16: J-STAGE Articles - 大学生の独り言的ツイートは独り言なのか――発話傾向との関連から https://t.co/ELnfSWYCA3
「自明性の揺らぎ」を伴う(によって引き起こされる)経験への意味づけがリフレクションだ、という感覚がある CiNii 博士論文 - 「自明性の揺らぎ」に関する心理臨床学研究 https://t.co/PnvWjkJPIf #CiNii
J-STAGE Articles - 「自己の二重性の意識化」としての自我体験 https://t.co/HDBfN9QmgW
J-STAGE Articles - 転機研究における「個人と社会との相互作用」のアプローチ https://t.co/4WB09bHIeE
CiNii 論文 -  健康教育のためのコミュニティ組織とコミュニティビルディング--多文化社会における知識創造のための多文化組織へのアプローチ 2 https://t.co/0t9q1lBqLg #CiNii
CiNii 論文 -  教育実践へのナラティヴ・アプローチ--クランディニンらの「ナラティヴ探究」を手がかりとして https://t.co/l4hfoh1SCS #CiNii
創発って言葉、めちゃくちゃ曖昧に使われているんだな。 J-STAGE Articles - 学習者間対話の支援をとおした創発的学習領域の構成 https://t.co/MS99wC9d2V
J-STAGE Articles - 「越境的対話」を通した新人看護師教育システムの協働的な知識創造:活動理論に基づくアクションリサーチと対話過程の分析 https://t.co/lE90aH93Wt
タイトルのインパクトがすごい。中身も面白い(スクショのところとか)が、失恋した時に読むと、客観的にこれからどうすべきか考えられそう。 元恋人へのアタッチメント欲求が関係崩壊後の反応段階の移行を遅らせる - https://t.co/YJ6spxqwEG #ScholarAlerts https://t.co/e7RTi619gK
超越論的存在論と統覚的観念論 - https://t.co/IYrxOgSfYw #ScholarAlerts
失語症者のコミュニケーションに関する文献レビュー - https://t.co/aZWQppXXCD #ScholarAlerts
身体運動の大きさが拡散的アイデア産出に与える効果 - https://t.co/nNp3ZsWceq #ScholarAlerts
発想に及ぼすあいづちの種類の効果 - https://t.co/sDy50Krp5A #ScholarAlerts
CiNii 論文 -  人生の軌跡の再構成と学校経験に関する一考察--ある一人の女性のライフストーリーの分析から https://t.co/vJzYfJKzA2 #CiNii
コーチングを、クライアントとコーチによるナラティブの協働構築として捉えた研究。 コーチング・セッションにおけるナラティブの協働構築——転回点としてのメタファーに注目して—— - https://t.co/WYjbh4TSD1 #ScholarAlerts
>対象者の語りから、1「評価(承認)」、2「成長」、3「賃金」、4「生活」の満足度が、仕事満足度を構成する重要な要素であることが観察された 仕事満足度の構成要素に関する質的研究: 高学歴女性 16 名の語りの分析から - https://t.co/zqjhCNcnx4 #ScholarAlerts
J-STAGE Articles - そもそも「学ぶ」とはどういうことか:正統的周辺参加論の前と後 佐伯胖 https://t.co/omVVMV87cq
自然体験活動を通したエンカウンターグループの試み: 参加者のふりかえりと自己成長性および自己効力感からの検討 - https://t.co/3RJxG4Hagj #ScholarAlerts
CiNii 論文 -  保育者の転機の語りにおける自己形成プロセス:―展望の形成とその共有化に着目して― https://t.co/MdekwaUCw9 #CiNii
J-STAGE Articles - ワークショップ実践家が捉える空間の利用可能性に関する研究 https://t.co/HG5IXxEFAt
CiNii 論文 -  25の学習原理 --教授法と学習環境デザインのための心理学-- https://t.co/hQY5aOQ2Hs #CiNii
CiNii 論文 -  ワークショップの三つの危険性とリフレクション : NPO学習環境デザイン工房のアート系ワークショップに関する状況的学習論に基づく省察 https://t.co/DJrQ03MIwb #CiNii
CiNii 論文 -  インターネットを活用した異文化間の協働を促す学習環境デザイン : 実践共同体の組織化の視座から https://t.co/AnJqQeJ2oX #CiNii
CiNii 論文 -  考動力を育む学習環境"コラボレーションコモンズ"のデザイン https://t.co/rAyYyJk5AN #CiNii
美術教育の学習環境デザイン原則に関する研究 CiNii 論文 -  美術教育における協同的な学び論の検討II:―協同的創造の学習環境デザイン原則― https://t.co/bDZUG9oJKF #CiNii
自死遺族の夢の中での自死者との再会: ナラティヴ・イメージワー - https://t.co/9WmRd3jprQ #ScholarAlerts
単一でない自己・アイデンティティの様態をどのように捉えるか? - https://t.co/Qa9dhzc2Ij #ScholarAlerts
発達障害を有する学生の成人期への移行 - https://t.co/pSRFLD27vn #ScholarAlerts
今後の恋愛関係研究のために - https://t.co/bj6xDQQusQ #ScholarAlerts
J-STAGE Articles - 「相互行為と場面」再考 https://t.co/d5L3mJgtNW
大学生の進路選択自己効力感と学習との関連―社会的スキルの媒介効果に着目して― - https://t.co/tldFYs8IV0 #ScholarAlerts
CiNii 論文 -  集団保育における年少児の着席行動の時系列分析 : 「お誕生会」の準備過程を対象として https://t.co/VXq9aUHlsu #CiNii
CiNii 論文 -  いかにスタッフらは〈問題を抱える子どもについて語る〉という活動にアクセスするのか:談話実践としての療育カンファレンスに関する検討 https://t.co/bpDONALxCI #CiNii
CiNii 論文 -  職場参加におけるアイデンティティ変容と学びの組織化の関係 : 新人の視点から見た学びの手がかりをめぐって https://t.co/ybOkCGO8fT #CiNii
CiNii 論文 -  実践を通じた教育における伝承者による伝え方と世代間の語りの関係性 : 正統的周辺参加における十全的参加者による経験を伝えるということ https://t.co/YoNicejsKZ #CiNii
「発達障害」「グレーゾーン」という言葉の語られ方研究。< 論文> 学校現場において発達障害の 「診断」 がもたらすもの─ 教員, 保護者, 子どもの 「診断」 をめぐる多様な語りからその本質的意味を問う─ - https://t.co/FgqOmWhx5e #ScholarAlerts
リレーの学習研究。主体性の育成に根ざした体育授業の実践的研究: 小学校中学年のリレー学習における場の工夫に着目して - https://t.co/tvjy2JfpCw #ScholarAlerts
>道徳における学びとは, (中略)自分の中にすでにある感覚を,他者と交流する中で「確かめる=言葉にする」という学びである 道徳の協同学習授業における 「やさしさ」 の発見と共有についての一考察: 中条中学校におけるマインドマップを用いた道徳授業の分析を通して - https://t.co/xzWEeIbW76
子どもにとって 「ナナメの関係」 はどのような役割を果たしているのか―生徒指導・進路指導において児童生徒の多面性を受容する存在として― - https://t.co/5DVSq8zG19 #ScholarAlerts
ジグソー法、いろんなアレンジがされてるのね。< 研究ノート> リバースジグソー法による協同学習の可能性に関する一考察 - https://t.co/azvYgeGHDC #ScholarAlerts
大学生向けキャリア教育ワークショップとかで使えそう。 大学生の職業人イメージ及び自己未来イメージが, キャリア意思決定に与える影響 - https://t.co/75q707Cz1D #ScholarAlerts
「ワークショップ型授業」を実践する教員養成に関する論文が出ていた。ワークショップと授業という概念矛盾がエンゲストロームの拡張的学習と結び付くという考察が興味ぶかい。 ワークショップを実践できる教師の育成を目的とした 授業プログラムの開発 - https://t.co/7fNnAkOlAx #ScholarAlerts
RT @herume: いま、3冊挙げるなら、なにかなぁ。論文だけど、九州大学の芸術工学研究院の紀要として挙がっていたこの論文はまぁまぁよかったなぁ。デザインにおけるコンセプトとはなにか。 CiNii 論文 -  デザインにおけるコンセプト : ドゥルーズ/ガタリの概念論をもと…
発達障害当事者と定型発達者間での「普通」の受け止め方の比較 -当事者研究からの気づきと PAC 分析による検討- https://t.co/khwziumdV9
内省支援が必要な中堅社員の内省プロセスの特徴の質的研究 https://t.co/aX7n2Kcx78
RT @nakaharajun: 興味深い研究。面白い>中堅社員の業務環境や振り返りの捉え方が,内省を「問題解決の経緯の想起」にとどめ,内面的特徴を検討する「深い内省」を妨げている恐れがある 廣松ちあき*1・尾澤重知*2「内省支援が必要な中堅社員の内省プロセスの特徴の質的研究」…
J-STAGE Articles - ナラティヴとしての女性の化粧行為 https://t.co/dCZguzvTbz
J-STAGE Articles - 「自己の二重性の意識化」としての自我体験 https://t.co/HDBfN9QmgW
J-STAGE Articles - 大学生におけるTwitter閲覧頻度と同調志向及び自己関連情報の収集に関わる心理特性との関連 https://t.co/I8UWbIffbP
J-STAGE Articles - 大学生の独り言的ツイートは独り言なのか――発話傾向との関連から https://t.co/ELnfSWYCA3
ナラティヴ研究の可能性を探るための一考察<Who-are-you?>への応えとしての<わたし>の物語り https://t.co/QQfFcaU34p
CiNii 論文 -  質的心理学とナラティヴ研究の基礎概念--ナラティヴ・ターンと物語的自己 (特集:質的心理学とアクションリサーチ--パーティシペーション,ナラティヴ,フィールド共同実践の融合的視点) https://t.co/Mr0OMVT14F #CiNii
CiNii 論文 -  自己物語論が社会構成主義に飲み込まれるとき--ケネス・ガーゲンの批判的検討 (特集 構築主義) https://t.co/FMxMCkbCug #CiNii
CiNii 論文 -  語りによる体験の共約可能性(<特集>物語りと共約幻想) https://t.co/6DeTX0aQ1g #CiNii
ナラティブ ・ アプローチによる経験の振り返り https://t.co/KICamtMS7h
CiNii 論文 -  質的研究の質と評価基準について https://t.co/R78lH6DRgp #CiNii
CiNii 論文 -  学生は質的心理学の教育から何を得るか https://t.co/VCkx3QQy2n #CiNii
J-STAGE Articles - 障害者のきょうだいが抱える揺らぎ:自己エスノグラフィにおける物語の生成とその語り直し https://t.co/kogg01NXm7
ドキュメンテーションツール “EasySnapArchiver” のデザイン - https://t.co/6bkTKpMAD7 #ScholarAlerts
都市公園で主体的遊びを生み出す移動式遊具のデザイン開発 - https://t.co/WN5HHkfuwr #ScholarAlerts
社会脳に表現された自己と他者 - https://t.co/ftJB9z4azP #ScholarAlerts
もんじゃやきの相互行為研究... 身体性が生む阿吽䛾インタラクション―他者に承認される「先読み」行為― https://t.co/pZ8EkHEMcR
J-STAGE Articles - デザインリフレクション:実践知の共有をチームづくりにつなげる方法 https://t.co/ESC3b3pz9v
学校外活動における“学習"の検討に向けて : 格差と状況的学習論の観点から https://t.co/4u2Arrw07m
保護者-保育者間のコミュニケーションに関する保育者の語り https://t.co/1WFMKLkAs7
いかにして他者理解のための教育課程を構成しうるか? -シンボリック相互作用論からのアプローチ- https://t.co/kEy9HLUvYx
CiNii 博士論文 - ジェローム・ブルーナーと「意味の行為」の照準 : 混乱と修復のダイナミズム https://t.co/zFtHUUrLWD #CiNii
CiNii 論文 -  カナダにおける教育実践の考察 : 対話とナラティブに着目して(1) https://t.co/GHiJDEWbVl #CiNii
CiNii 論文 -  自己変革に導くナラティブ・アプローチを通しての支援 : 自己認知の再構築から主体的な課題解決へ https://t.co/S93RN0MLS1 #CiNii
J-STAGE Articles - マンガ経験とナラティブ・アイデンティティ https://t.co/zymh1vwkQV
J-STAGE Articles - 看護教育におけるロールレタリング https://t.co/WkTUbY5Jqu
J-STAGE Articles - ナラティブの発達と支援 https://t.co/cdsGi0gMBN
CiNii 博士論文 - 人はいかにして他者の記憶を語るのか : 原爆体験者の記憶をめぐる継承の研究 https://t.co/ZTbiT9DkA2 #CiNii

お気に入り一覧(最新100件)

「若者がいかに夢を追っているのか,つまり学校外での夢追いプロセスの実態が明らかにされていない」 野村駿. (2018). なぜ若者は夢を追い続けるのか:バンドマンの「将来の夢」をめぐる解釈実践とその論理. 教育社会学研究, 103, 25–45. https://t.co/Gcwt2Q8N1M
"面白い研究"についても同じことが言える。問いやロジックに意外性が全くないと、無難に査読は通るかもしれないが、面白みにかける。以下の論考でも、"無理のない論文"がいかにつまらないかについて考察されている。 質の高い論文に関する論考 https://t.co/6IvOhipeSc
この論文のめちゃ面白いところは「家族が個人の趣味を受け入れている状態」は家族が趣味に興味をもって干渉してくる状態じゃない,と見えてくるところ.|松浦ほか (2019) 家の中における趣味活動のフィールドワーク: コスプレ衣装製作にみる人工物と家族とのインタラクション https://t.co/9YtQV2Vxc4
書きました..「共創の場における視覚的対話手法の比較」https://t.co/hHjfqYnkXC
面白い研究。ワークショップを企画すると、何が学べるか? 勉強になりました!>土倉英志(2016)「舞台裏への関心」という学び ―サイエンスカフェの企画・運営を通じて達成される学びの実践研究. Cognitive Studies, 23(3), 285-296. (Sep. 2016) https://t.co/UUCdupAlnl
タイトルの強い論文。 / 生命力旺盛なクズと人間との関わり : アンケート調査の結果 https://t.co/llalSRKW7K
PBLとかワークショップにおいて、出来上がった成果物をどう評価するかがよく問題になるけど、専門家が評価尺度に得点をつけて、その得点が実験群と統制群で異なるか検討するっていうこの論文のやり方は参考になりそう J-STAGE Articles - 他者作品の模写による描画創造の促進 https://t.co/eGhJcdQoW7
田口ほか (2011) 大学授業における教授のデザインとリフレクションのためのワークシートの開発. 日本教育工学会論文誌 この論文めっちゃ好きで「ワークシートを開発する」という視点をもつと、日々なんとなく作ってしまうかもしれない人工物の可能性がパッと開けて見える。 https://t.co/qZir1rI0c9
やっとオンラインで読めるようになってる!!! 「成人においては読書量が多いほど物語への没入も強く、物語に没入するほどマインドリーディング(他者の知識状態や意図、思考などを理解する能力)が高い」 物語への没入体験と社会的能力の向上の関連:成人と児童の比較 https://t.co/gMenYSozIN
科学教育学会の過去の年会論文集漁ってたらなんか胸熱な論文タイトル見つけた。 >J-STAGE Articles - 小学校理科の雲の授業の導入に使用したい漫画 ONE PIECE の天候棒「クリマタクト」の製作 https://t.co/kct0tux0vb https://t.co/K1o9M8ZeZz
たとえばこの研究とか、面白い。経営理念は、その表現や抽象度によって(1)内容を理解した上で、仕事で実践するタイプ(理解→行動)と、(2)仕事をしていく中で、理念の意味を発見していくタイプ(行動→理解)に分けることができる。 https://t.co/rRA7pKEPIp
興味深い研究。面白い>中堅社員の業務環境や振り返りの捉え方が,内省を「問題解決の経緯の想起」にとどめ,内面的特徴を検討する「深い内省」を妨げている恐れがある 廣松ちあき*1・尾澤重知*2「内省支援が必要な中堅社員の内省プロセスの特徴の質的研究」 https://t.co/HABD5E0CPh
山内先生の総説論文が早期公開。アクティブラーニングのレベル1〜3の話がわかりやすい。僕の研究は基本的にレベル2をみてる。J-STAGE Articles - 教育工学とアクティブラーニング https://t.co/JDsWG04R6F
博士課程修了者の大学教員ポスト採用率 https://t.co/vKRcRkfPyk 大雑把な分野レベルだけど,割と私の感覚にも近い.感覚としてはもう少し厳しいんだけど,それは,最後にある「大学のレベルの違い」かもね.
この文献が実験結果などをよくまとめてくれていて、たいへん助かる。 https://t.co/krPnkXUyeO
【J-STAGE論文】メタ認知的な学習方略が知識の有意味化に及ぼす影響 : 歴史学習への好奇動機を喚起するための条件 https://t.co/hguXaqGr6o|とある案件で昔読んだ論文をもう1回読み直してたんだけど、この論文、2002年だけどきちんとした知見が出されていてとても有難い。
〈研究ノート〉ワークショップにおけるアイスブレイク分類の試み https://t.co/E0kWfiKLXP

フォロー(340ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

床屋課題に関する論文はこちら! #jcss_wakate https://t.co/4C25ahir1X
飯塚先生がおっしゃっていた「交差遅延効果モデル」についての論文を読んで勉強している… #jcss_wakate https://t.co/YrIh7c9FKc

フォロワー(656ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

床屋課題に関する論文はこちら! #jcss_wakate https://t.co/4C25ahir1X
飯塚先生がおっしゃっていた「交差遅延効果モデル」についての論文を読んで勉強している… #jcss_wakate https://t.co/YrIh7c9FKc