著者
森 一郎
出版者
東京女子大学
雑誌
東京女子大学紀要論集 (ISSN:04934350)
巻号頁・発行日
vol.47, no.1, pp.1-23, 1996-09-20

The significance of Heidegger's philosophy might be evaluated in terms of the "ontological turn" he gave to the phenomenological movement. In this essay, I attempt to show that this conversion as performed by Heidegger, is a repetition of another "great event" in philosophical history-Marx's reversal of dialectical thinking. In his famous essay "The Question Concerning Technique," Heidegger inquires in the essence of modern technique. According to his etymology, the word "technique" (tekhne), like the word "production" (poiesis), originally meant a mode of revealing (aletheuein). From such a aletheological point of view, Heidegger interprets the specific mode of modern technique as "Herausfordern" (challenging), by means of which anything on earth can become "Bestand" (stock). The claimant of this requisition is no longer an individual man, but some impersonal system of accumulation. Heidegger names this system the "Gestell" (gatheringsetting). When examined closely, the term "Herausfordern" is found to be equivalent to the key Marxian concept "Ausbeuten" (exploitation). Moreover, "Gestell" proves to be just another name for the monstrous master of the modern age, Capitalism. It is not accidental that we also encounter a question concerning technique in Marx's Capital. The subject of this book is "the capitalistic mode of production," so that Marx examines essentially the same modern technique, to which capitalism owes the development of its productive force. Guided by Marx's critique of the "economy of time," we can attain insight into the problems of the "technology of time." That is why Capital is still one of the most important philosophical approaches to the essence of technology.
著者
市川 浩 梶 雅範 小林 俊哉 小林 俊哉
巻号頁・発行日
2010 (Released:2010-08-23)

「科学アカデミー」の実践機関としての,現代にいたるまでの存続は,ロシア・ソヴィエト科学発展のもっとも特徴的な枠組みのひとつとなっている.本研究において,われわれは科学アカデミーを存続させた歴史的諸要因の解明につとめた.最近,さまざまな文書館で公開された,かつての機密資料の研究のおかげで,科学史の分野においても,伝統的なロシア/ソヴィエト社会にたいする伝統的な全体主義モデルはより多元主義的な見方に取って代わられつつある.3年間の活発な研究活動を通じてえられた研究成果は,さまざまな歴史的瞬間において権力に対抗してしめされた科学者のイニシァティヴや主体性を確認するものとなり,結果として,上述した,われわれが現在目撃しているロシア/ソヴィエト科学史研究における重要な変化を補強するものとなっている.
出版者
内務省地理局
巻号頁・発行日
vol.巻之117 多磨郡之29,巻之118 多磨郡之30,巻之119 , 1884
著者
針間 克己
出版者
一般社団法人日本心身医学会
雑誌
心身医学 (ISSN:03850307)
巻号頁・発行日
vol.44, no.8, pp.583-587, 2004-08-01
参考文献数
9

パラフィリアとは典型的でない性嗜好に対する医学的疾患概念である.典型的でない性嗜好の何が医学的な異常で何が正常なのか,何をもって医学的疾患とするのか.その境界線は,文化,時代の影響を受ける古典的には生殖に結びつかない性行動が異常とされた.その後, 1970年代のゲイムーブメントの影響を受けて,本人に苦悩があることをもって精神疾患とするようになった.しかし,2000年に出されたDSM-IV-TRにおいては,その行動が性犯罪となるものは,苦悩がなくても行動をもって精神疾患とされるように変更となった.すなわち現在では,パラフィリアは性犯罪グループと非性犯罪グループで診断基準が異なっだものとなっている.
著者
Katsuyasu Kouda Masayuki Iki
出版者
日本生理人類学会
雑誌
Journal of PHYSIOLOGICAL ANTHROPOLOGY (ISSN:18806791)
巻号頁・発行日
vol.29, no.4, pp.127-132, 2010-07-31 (Released:2010-08-01)
参考文献数
62
被引用文献数
12 16

Hormesis is defined as a dose-response phenomenon characterized by low-dose stimulation and high-dose inhibition, and has been recognized as representing an overcompensation for mild environmental stress. The beneficial effects of mild stress on aging and longevity have been studied for many years. In experimental animals, mild dietary stress (dietary restriction, DR) without malnutrition delays most age-related physiological changes, and extends maximum and average lifespan. Animal studies have also demonstrated that DR can prevent or lessen the severity of cancer, stroke, coronary heart disease, autoimmune disease, allergy, Parkinson's disease and Alzheimer's disease. The effects of DR are considered to result from hormetic mechanisms. These effects were reported by means of various DR regimens, such as caloric restriction, total-nutrient restriction, alternate-day fasting, and short-term fasting. Mild dietary stress, including restriction of amount or frequency of intake, is the essence of DR. For more than 99% of their history, humans lived as hunter-gatherers and adapted to restrictions in their food supply. On the other hand, an oversufficiency of food for many today has resulted in the current global epidemic of obesity and obesity-related diseases. DR may be used, therefore, as a novel approach for therapeutic intervention in several diseases, when detailed information about effects of mild dietary stress on human health is obtained from clinical trials.
著者
森下 篤史 広野 道子
出版者
日経BP社
雑誌
日経ベンチャ- (ISSN:02896516)
巻号頁・発行日
no.247, pp.90-93, 2005-04

森下 最近の私のテーマは、女の研究というかね。色々、あっちこっちで、男社会の中で「女性が活躍して」っていう話が出てくるでしょ。〈軽妙な語り口で、森下は切り出した。日経ベンチャー編集部に「記者」として志願した森下が、まず会ってみたい社長の一人が、広野だった〉森下 どうも私なんかは、「ビジネスは男のもの」という感情が強くてね。
著者
早瀬 篤
出版者
京都大学西洋古代哲学史研究室
雑誌
古代哲学研究室紀要 : HYPOTHESIS : The Proceedings of the Department of Ancient Philosophy at Kyoto University (ISSN:0918161X)
巻号頁・発行日
vol.13, pp.44-73, 2004-03-15

この論文は国立情報学研究所の学術雑誌公開支援事業により電子化されました。
著者
平田 万理子
出版者
昭和女子大学
雑誌
昭和女子大学生活心理研究所紀要 (ISSN:18800548)
巻号頁・発行日
vol.9, pp.39-52, 2007-03-31

The effect of perspective taking style on difference-based sense of the self was investigated. Undergraduate participants (n=94) watched a video. When watching the video, participants were either asked to image other perspectives for the target of the video, to. get into the other, or to watch video objectively. After watching the video, their difference-based sense of self was assessed and they also responded to the Perspective Taking scale Japanese version (Nakae et al., 2000; originally developed by Davis 1983a). As with previous studies, factor analysis of the Perspective Taking scale scores indicated a two-factor solution. Hierarchical multiple regression analysis indicated that the more symbiotic the participants were less was the perceived difference-based sense of self. Results suggested that perspective taking as a personality variable was more predictive than perspective taking as an experimental condition.
著者
齋藤 馨子 和氣 洋美 厳島 行雄 五十嵐 由夏
出版者
神奈川大学
雑誌
挑戦的萌芽研究
巻号頁・発行日
2011 (Released:2011-08-05)

痴漢被害に関する質問紙調査では、女性の約37%、男性の約5%が痴漢被害を経験しており、痴漢被害部位の多くは臀部であることが示された。痴漢被害遭遇時は目視による犯人確認が困難であることも明らかとなった。また、痴漢と判断される行動が混雑した公共交通機関内で容易に生じることも確認された。身体接触に関する調査では、身体接触を基本的に不快と感じることが示された。触判断に関する実験的検討では、視聴覚情報が遮断された状態で背後の他者の立ち位置を感じることはできず、刺激の動きの有無や連続提示にかかわらず、臀部では触覚情報のみによって対象を正しく判断することは困難であることが明らかとなった。
著者
村田 真
出版者
国立研究開発法人 科学技術振興機構
雑誌
情報管理 (ISSN:00217298)
巻号頁・発行日
vol.55, no.1, pp.13-20, 2012 (Released:2012-04-01)
参考文献数
6
被引用文献数
5 1

EPUB3は,HTMLとCSSなどのWeb技術に基づいた電子書籍フォーマットである。EPUB3は国際化されており,その1つとして日本語組版を扱うことができる。縦書き等の機能は,まずW3CにおいてCSS Writing ModesとCSS Textを作成し,次にIDPFにおいてこれらをもとにEPUB3を作成することによって導入された。この標準化経験に基づいて,国際的標準化において日本が陥りやすい落とし穴を指摘し,成功するアプローチを示唆する。