望之 (@motijuki1017)

投稿一覧(最新100件)

48 0 0 0 OA 菩多尼訶経

RT @motijuki1017: 『菩多尼訶(ぼたにか)経』ここから読める。漢訳仏典のパロディで凄い。 https://t.co/cxUuugmsL7
RT @linglanglong: @xhioe むしろ、こちらのpp.7-8で紹介されているような14世紀頃の大母音推移説を採るなら、13世紀時点ではまだ /au/, /ou/ が残っていて、他の母音推移と同時(もしくはそれより後、ただしハングル創製より前)に融合したとでも考…
RT @khargush1969: https://t.co/WsL22lsOOF RT:Quite interesting! In Japan, this book was researched by Dr. Hamada and Dr. Shionozaki, https…
RT @schrift_sprache: A good starting point is Mineya Tōru's 三根谷徹 1972 越南漢字音の研究. On pp. 16-18 he refers to Nanjō 南条 / Takakusu 高楠 1903 仏領印度支…
RT @Tsoup2: こちらを参考にしました(ありがたい…) https://t.co/bXu9NgO8Yc
RT @_sotanaka: また、語単位の自国語読みである「訓読み」は、文単位の自国語読みである「訓読(くんどく)」とは区別されるものですが、この「訓読み」も日本語以外の例が幾つも指摘されています。これについてまとめたものに、次の労作があります。 春田晴郎「世界の訓読み表記…
平山久雄先生のこの論文に、杜甫「春望」詩の音象徴が論じられていて気になっている。 CiNii 論文 -  「文学部・24回布施学術基金講演会」唐詩の韻律 : 漢文訓読の彼方 https://t.co/V8PiUdg94f #CiNii
金銀平文琴について、中国製の舶来品ではなく日本人による製作ではないかという論考。諸々の点で唐琴とは相違があるそうだ。→CiNii 論文 -  鄭 珉中 著 正倉院の「金銀平文琴」について ─中国の宝琴・素琴の問題を兼ねて─(その一) https://t.co/Ts8HfVJPVh

125 0 0 0 OA 薬品名彙

RT @A_Researcher: これが日本最古のタピオカであるっぽい 伊藤謙『薬品名彙』明7(1874) https://t.co/Ya648F4FRS https://t.co/hHNWXUdThf
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 藤田拓海 - 陸法言『切韻』研究 https://t.co/AoHDf4F9b4
RT @nenggaijushi: @usedtobea_fox https://t.co/QEPmV4ByLS 失礼します
RT @goushuouji: チベット祖語の従来の再構成(old)に対して新しい再構成案(New)を表にしている論文をweb検索して見つけて、内容を読まずに思い込みでoldからnewへのチベット語の音韻j変化の表と誤解して自説の根拠としているtweetを観測した https:…
RT @fudge_sp: うろ覚えでツイートしてしまったので論文貼っておこう 『中国芸術における「聖」概念の変容』:https://t.co/Dlo3qh0BUC 王羲之について、李世民が唐初に「書聖」として権威化するまでは評価がさほど芳しくなかったという話が(書道史ではよく…
RT @sakana6634: 襟の参考に。彦根屏風に描かれた襟で頬を覆うような仕草などについて 【CiNii 論文 - 近世初期の絵画に描かれた小袖の衿についての一考察 : レプリカ製作を通して】 http://t.co/CY96h4jaTE #CiNii http:/…
RT @khargush1969: 大野盛雄(1992)「現代から見た「米の道」:トルコの事例」『オリエント』35(1): 97-109. https://t.co/cOtBKzBoHu 初歩的な調査記録だが,トルコの米文化(黒海経由中央アジア伝来説あり)が農法・調理法ともにイ…

48 0 0 0 OA 菩多尼訶経

以前どなたかのツイートで『菩多尼訶経(ぼたにかきょう)』という書物の存在を知った。江戸時代の蘭学者・宇田川榕菴という人の著作で、西洋植物学の知識を漢訳仏典のパロディという体裁で説いていて、すごく面白い。 国立国会図書館デジタルコレクション↓ https://t.co/cxUuugmsL7
RT @aquaarbor: 「楽」もglakがgakとlakとに分かれたというような話があったけれど、今日では二重子音を認めずに解釈することができるらしい。(リツイートの「上古音の開合と戦国楚簡の通仮例」 のリンクが切れているけれど、今は https://t.co/uZSgY…
RT @nonomaru116: 昨日からちょっとつぶやいてた中国語上古音の複声母については、古屋昭弘先生の「上古音の開合と戦国楚簡の通仮例」 https://t.co/cEpvZ4XlDt の5.2が参考になると思う。たぶんものになる諧声符の範囲はこれのレベル3の④まで。
RT @goushuouji: 野原 将揮 という方の博論『戦国出土資料と上古中国語声母研究 』 https://t.co/RYDdnJu0F5 上古音の声母(頭子音)に関する概論になりそう
RT @khargush1969: 前田 君江(2011)「ペルシア語訳『法華経』とホウゼ発の仏教講義・仏教書」『オリエント』54(2): 123-126. https://t.co/Wqn9XDb3t7 現代中東イスラームと仏教、珍しい報告。何のかの恵まれたイランのホウゼは知…
RT @goushuouji: 古屋 昭弘 「上古音の開合と戦国楚簡の通仮例 」 https://t.co/Yb1hjaeFC6 これによると西王母の西の声母(中古音で心母)と田王母の田の声母(定母でかつ上古音がl系で再構成されるもの)は通仮しやすい音ではあったのか (西と田が…

48 0 0 0 OA 菩多尼訶経

『菩多尼訶(ぼたにか)経』ここから読める。漢訳仏典のパロディで凄い。 https://t.co/cxUuugmsL7
RT @ablativehen: CiNii 論文 -  アジア東部諸言語の喉頭特徴(<特集>アジア東部諸言語の喉頭特徴) https://t.co/oZ8pjqtRX6 #CiNii
RT @KoichiTaniguchi: 先の件に関する宣教師による記録についての論文をご教示頂いたのだが、この内容はいったい・・・ううう。 教会史料を通してみた張献忠の四川支配 http://t.co/LkSiixzr1s
RT @BlogJoseph: Tâleqâni 著 <i>Osul-e Dastur-e Zabân-e Fârsi</i> について https://t.co/XGKnOcqP1t*「結語」部分が非常に興味深い。'Abstract'に非常に手際よくまとめられているように、(続
「上古漢語書母に関する基礎的研究」 http://t.co/ao1UI77SBk
RT @khargush1969: 内記 良一(1984)「'Adab のイラン的背景」『オリエント』27(1): 39-53. https://t.co/jLlgylYO6D 「礼儀、教養、文学」を意味する古典アラビア語イスラーム文化の重要な概念adabが中世ペルシア語aov…
「上古漢語の*r,*lについて」 http://t.co/aYK0MO03e7
RT @HarutaSeiro: CiNii論文 - <論文>前二千年紀前半のアッシリア人社会における女性の経済活動と権利 : 商人の娘アハハとその文書群を例にとって http://t.co/YstJfh1tCX 川崎康司『東海大学紀要文学部』78, 2002/明日の授業で紹介…
RT @Tajiding: (承前)同第三號第六巻(1938/07) http://t.co/yTgsl7FkFj同第三巻第七號(1938/10)http://t.co/NAmkiV1E7t以上国立国会図書館HP「近代デジタルライブラリー」より。
RT @Tajiding: (承前)同第三號第六巻(1938/07) http://t.co/yTgsl7FkFj同第三巻第七號(1938/10)http://t.co/NAmkiV1E7t以上国立国会図書館HP「近代デジタルライブラリー」より。
RT @Tajiding: こんなのも。>RT 『大日本ツラン青年聯盟イスラム研究部会会報 在エジプト・アズハル大學 オマル・哲夫・小林君通信 回教事情』第三巻第三號(1938/02)http://t.co/RgsvMXQMb1(続)
RT @karategin: 「大アジア」なんてどうせ無理。日本人は中ソを倒してシベリアに集団移住、大蒙古や大トルコ、大フィン・ウグリアと一緒に日本からフィンランドに至る「大ツラン連邦」を建国すべしという本。>汎ツラニズムと経済ブロック(野副重次/天山閣/1933年) h ...
RT @nekonoizumi: 近デジ見ていたら、中島利一郎『東洋言語学の建設』古今書院、昭和16というのを見つけた。ぱらぱらとしか見てないので何とも言えないけど「汎ツラニズム」だとか「日本民族インカ・エチオピア同系論を辨駁す」なんてのが目次にあるw http://t ...
RT @toquzoguz: @Historian_nomad http://t.co/F5BLrX2C http://t.co/l5YGcpGz http://t.co/sgavrIV6 バーブル・ナーマの研究のpdfがこちらー
RT @toquzoguz: @Historian_nomad http://t.co/F5BLrX2C http://t.co/l5YGcpGz http://t.co/sgavrIV6 バーブル・ナーマの研究のpdfがこちらー
RT @toquzoguz: @Historian_nomad http://t.co/F5BLrX2C http://t.co/l5YGcpGz http://t.co/sgavrIV6 バーブル・ナーマの研究のpdfがこちらー
メモ:近年の漢語音韻研究者は、上古漢語推定音に介音または複子音の要素としての *r を設定したが、「ちょっとやり過ぎじゃね?」<上古漢語の*r, *lについてhttp://t.co/yUOB87dv

お気に入り一覧(最新100件)

Boodbergの1937年の論文 Some Proleptical Remarks on The Evolution of Archaic Chinese をjstorとやらに登録して見に行ったけど思った以上にやばかった。 https://t.co/uUKjurIR9x (象牙関係はpp.362-364) 論文全体の要旨については日本語の紹介文もあった(pdf) https://t.co/woGPCB15kE
169頁に江韻・通韻に相補して梗韻・曾韻の喉内入声韻尾が口蓋化していたと書かれていてなるほどねぇとなる。https://t.co/euthAcb36O
氷河時代、九州から沖縄を経て台湾までしっかり陸続きだったときがあったらしい。 東シナ海がほぼ陸地だったことも。 直近では、2, 3万年前。 https://t.co/ujV102zaJn
この書評論文のタイトル誤記について,J-STAGEに報告してみた・・・センター窓口のメールアドレスにメールを送っただけだけれど,それで正しかっただろうか。 https://t.co/OoaN3fq1wQ (ありそうな(ちょっと冗談になりそうな)誤記だが,検索にもろに影響が出る)
すごく興味深い研究。 南山大学の丸山徹先生の「17世紀イエズス会士書写コンカニ語・ポルトガル語辞書写本の翻刻と研究」(2004 – 2005年) https://t.co/tQqPO0ZdS4
拗律・拗体とは、詩句中の平仄の規則から外れているものの、破格とはされないもの。一千詩を通覧して新たな傾向を見つけたと。 CiNii 論文 -  五言拗律の系譜 : 方囘『瀛奎律髄』の「拗字類」を手がかりに https://t.co/HemzAKgqsP #CiNii
@ursus21627082 手前味噌ですが、過去に視点をおくことと反実仮想との関係について論文を書いたことがあります。 https://t.co/vYTaAeUkVj
また、語単位の自国語読みである「訓読み」は、文単位の自国語読みである「訓読(くんどく)」とは区別されるものですが、この「訓読み」も日本語以外の例が幾つも指摘されています。これについてまとめたものに、次の労作があります。 春田晴郎「世界の訓読み表記」(2006年) https://t.co/gELbjZOl6W
秦・漢時代の庶民の識字 はリポジトリにあった https://t.co/8YlqC9lQFm
何でそういうことするの(ガンギレ つっても私も現場での害とかそういう方面は全く……古典的な宮崎先生の「清代の胥吏と幕友」くらいしか投げられませんけど https://t.co/A6qGaUM5a5 っていいながら胥吏でcinii見たら面白そうなのいっぱい出てきましたね、ツリーで投げます https://t.co/DLS4vntB37

20 0 0 0 OA 輪鐙源流考

「鐙」 https://t.co/o5EE1YHxx7 「そのため鐙が発明されたのは西暦290~300年頃とされる。」 とウィキペディアが断言しちゃってるけど、革製の鐙や革鐙は漢代でも画像が発掘されとるよ https://t.co/zswwvdp8vN

2 0 0 0 OA 礼服着用図

江戸時代の礼服の図、「唐風」が遠い昔の風俗になってしまっている事が窺えるけれど、さりとて明なり清なり当時の中国風にアップデートされることもなかったんだね 礼服着用図/寬政八年(NDL) https://t.co/8XB0YQC2ta https://t.co/dQEuqaHuL3
CiNii 博士論文 藤田拓海 - 陸法言『切韻』研究 https://t.co/AoHDf4F9b4
CiNii 論文 -  吉田豊「ソグド文字の縦書きは何時始まったか」in森部豊編『ソグド人と東ユーラシアの文化交渉』(アジア遊学175)2014 https://t.co/X0heokppdA これはハハーマニシュ朝以来の「文書の書き方」(というか用紙の使い方)に言及している。
楊海英(1996)「オルドス・モンゴルの祖先祭祀:末子トロイ・エジン祭祀と八白宮の関連を中心に」『国立民族学博物館研究報告』21(3), 635-708. https://t.co/nEjjKWZ1Q1 清代から行われていた祭祀の歴史・人類学研究で自分は完全門外漢だが,トルイが祭祀対象にされたというのに興味を惹かれる。
@fushunia @motijuki1017 これも一緒にみないとわかりにくいですが https://t.co/wqY8k959VK 峯 正志「楔形文字と漢字かな混り文(2) : アッカド語と日本語の表記法について」
かつては日本語の敬語が天皇を中心とする国体と結びつけて論じられることが多く、「万世一系の国体を、言語の上にて最も明瞭に現はしてゐるのは、実に我が敬語である」(新井無二郎『国体明徴指導原理』1936年 https://t.co/lkpH12UoSN )とかいう議論が出ていたりします。 https://t.co/wN4W2Z1d6a
前田 君江(2011)「ペルシア語訳『法華経』とホウゼ発の仏教講義・仏教書」『オリエント』54(2): 123-126. https://t.co/Wqn9XDb3t7 現代中東イスラームと仏教、珍しい報告。何のかの恵まれたイランのホウゼは知的活動の可能性高い、かも(違うかもだが
CiNii 図書 - ミャンマー概説 https://t.co/szMad7weFw #CiNii 700頁を越える大著だが「ヤカイン世界」はその中の1割ほど。ロヒンギャ(ロヒンジャ)も周辺的に扱われているにすぎないが、それでもミャンマー連邦の中でのヤカイン理解にはやはり一読を。
郷仁格日勅(2010)「現代モンゴル民俗における火の機能及び文化象徴:日本との共通性から」『比較民俗研究』24: 229-237. https://t.co/3dR9MYI5VL 火の間を通る、火を跨ぐことによる浄化。これは現代の事例だがイル・ハン朝期の史料にも登場するなり!
遅まきですがソース貼っておきます。今井秀周氏『北方遊牧民族と雷』(https://t.co/3xLRpshVi0)モンゴル帝国における雷信仰と、それによってモンゴル人が川の使用を忌避していた様子、遊牧民の中でもモンゴル人のみがことさら雷を恐れた理由について論じられています。
栞: 『梵天・帝釈天から弥勒・観音へ ガンダーラ彫刻の図像の動き 山本智教』 ( https://t.co/oyHKPUghIr ) ほほー。
Thapar, R. 2004: Somanatha: the many voices of a history https://t.co/d7kmWQWyD9 ご教示いただいた研究、確かに面白そう。マフムードのソムナート・ヒンドゥー寺院の破壊をめぐる言説の成立を近代まで追う。
中世アラブ社会の女性同性愛を研究するSamar Habib、単著もあったのか。 https://t.co/UWgxQ4TPmo https://t.co/T23noWNuVq
Murray ed. Islamic homosexualities (1997) https://t.co/aTMyYkidag 第8章、アンダルスの男性同性愛とイスラーム法に関するCrompton論文がオープンアクセスになってる https://t.co/1cgqTbvWGO
伊吹文明氏「皆が公のことを考える強靭な日本人」とほざいていますが、ここで泥沼日中戦争を総力戦体制と根性で超克しようとして、八紘一宇なんて田中智学引っ張り出し、結果350万人が死んだ根本となった国民精神総動員を論文で読んでみましょうw https://t.co/muQZtWvZt5
伊吹文明氏「皆が公のことを考える強靭な日本人」とほざいていますが、ここで泥沼日中戦争を総力戦体制と根性で超克しようとして、八紘一宇なんて田中智学引っ張り出し、結果350万人が死んだ根本となった国民精神総動員を論文で読んでみましょうw https://t.co/muQZtWvZt5
@fushunia @Archer12521163 『穆天子伝』の地名比定については手前味噌ですが、この論考に諸説が一覧できるようになっています。 https://t.co/ZCGOyxv7Lw みなさん割と好き勝手に比定して統一見解を定めるのが難しい状況です。

4 0 0 0 OA 宰の研究

https://t.co/e6dq9ethvh   こちらの「宰の研究」という論文によると、春秋時代のある例では、司空、司馬、司徒の三大臣職よりも低い地位として「大宰」が登場するということで、事務方の微妙な(実権はありそうなのに、遠慮がちな)地位が感じられます。
11 世紀カイロで活躍した医者アリー・イブン・リドワーンによる『テトラビブロス』全文註解の紹介。山本(2015):「アリー・イブン・リドワーンの『テトラビブロス註解』について」『京都産業大学総合学術研究所所報』10. https://t.co/usjnTJWWrx
11 世紀カイロで活躍した医者アリー・イブン・リドワーンによる『テトラビブロス』全文註解の紹介。山本(2015):「アリー・イブン・リドワーンの『テトラビブロス註解』について」『京都産業大学総合学術研究所所報』10. https://t.co/usjnTJWWrx
十三湊と白主土城の双方に言及した博論がある模様。 山口欧志「古代社会の景観考古学的研究-遺跡のデジタルドキュメンテーションと景観分析-」 http://t.co/6DQW6gnBFR 両者は「同じ港湾遺跡であっても,機能や社会的脈絡が相当に異なっていた可能性」があるそうで。
これ書いた人、途中で頭おかしくなったんじゃないかな…(釋摩訶衍論) http://t.co/PEAqbozkFN http://t.co/tBjeqxKMjB
人工言語「ボアーボム」を発明した岡本利吉、彼が昭和16年に出した『皇道原理日本教学』(日本電報通信社)は国会デジタルコレクションでタダで読める。http://t.co/6g8uyHhn3b 冒頭から壮絶な国体原理主義の嵐。ペンネームが「岡本普意識」というのも一人セカイ系感あり杉。
おおお、これは面白い。中西・森本・黒岩「17・18世紀交替期の中国古行派イスラーム:開封・朱仙鎮のアラビア語碑文の検討から」(2012年)http://t.co/696dCiwhb4

20 0 0 0 OA 韻書と等韻図 1

『韻書と等韻図I』という中国音韻学に関する教科書的書籍がネット上で公開。無料でPDFをダウンロード可能。なんと258ページ。 http://t.co/iMrufOZdY9 後半は結構難しい内容。

フォロー(1032ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

5 5 5 4 OA 三代関 2巻

RT @mosek90810599: 1 東北大学図書館附属狩野文庫本を底本とした「三代関」。『増補 国語国文学研究史大成9 平家物語』三省堂(1960).p207 安永4年(1775)9月9日に検校になった関左門一が「たつ一」と誤読された例。 2 同書 国立国会図書館本…

5 5 5 4 OA 三代関 2巻

RT @mosek90810599: 1 東北大学図書館附属狩野文庫本を底本とした「三代関」。『増補 国語国文学研究史大成9 平家物語』三省堂(1960).p207 安永4年(1775)9月9日に検校になった関左門一が「たつ一」と誤読された例。 2 同書 国立国会図書館本…

3 2 2 2 OA 江沼郡史

『江沼郡史』(吉本次郎兵衛, 1892) https://t.co/r2zIwEQD2L 右側の字形 https://t.co/znrndd9KEb
佐々木閑「律蔵「不定法」と覓罪相(tassapāpiyyasikā)の関係」2019年 https://t.co/v86U62u2XC 「律蔵では,自ら罪を認めていない比丘・比丘尼を処罰することはできないという原則が守られている」という見解が妥当性を持つかどうかを,波羅提木叉第3番目の項目である不定法を調査対象として考察する
@kyujitai_bot https://t.co/n0QT48bSvY 頁は忘れました 此本は全體的に「乗」とか「学」とかの、當時の通行字體とは異なる字體で組まれてゐます

12 12 12 9 OA 土地家屋便覧圖

RT @TWei1ye3: #国立国会図書館デジタルコレクション @NDLJP の公開画像のうち、100%表示をしても文字が読みとれない問題について、正式に問い合わせしました。 すぐに先方から「圧縮率を下げて、ノイズを軽減した画像に差し替え」た、との連絡があり、見てみると・・…

12 12 12 9 OA 土地家屋便覧圖

RT @TWei1ye3: #国立国会図書館デジタルコレクション @NDLJP の公開画像のうち、100%表示をしても文字が読みとれない問題について、正式に問い合わせしました。 すぐに先方から「圧縮率を下げて、ノイズを軽減した画像に差し替え」た、との連絡があり、見てみると・・…

12 12 12 9 OA 土地家屋便覧圖

RT @TWei1ye3: #国立国会図書館デジタルコレクション @NDLJP の公開画像のうち、100%表示をしても文字が読みとれない問題について、正式に問い合わせしました。 すぐに先方から「圧縮率を下げて、ノイズを軽減した画像に差し替え」た、との連絡があり、見てみると・・…

12 12 12 9 OA 土地家屋便覧圖

RT @TWei1ye3: #国立国会図書館デジタルコレクション @NDLJP の公開画像のうち、100%表示をしても文字が読みとれない問題について、正式に問い合わせしました。 すぐに先方から「圧縮率を下げて、ノイズを軽減した画像に差し替え」た、との連絡があり、見てみると・・…
RT @JUMANJIKYO: @gynaecocracy 日本語学の最近の論文の中ではさすがに言われはじめているみたいですよね。 https://t.co/Iz5rUzziHo https://t.co/hEA9sRiTLJ
RT @JUMANJIKYO: @gynaecocracy 日本語学の最近の論文の中ではさすがに言われはじめているみたいですよね。 https://t.co/Iz5rUzziHo https://t.co/hEA9sRiTLJ
@gynaecocracy 日本語学の最近の論文の中ではさすがに言われはじめているみたいですよね。 https://t.co/Iz5rUzziHo https://t.co/hEA9sRiTLJ
@nonomaru116 世に出たと言っても、出席者は、服部四郎、矢崎源九郎、池上二良、松山納、野村博、三根谷徹、都竹通年雄、洪敏之、生田早苗、日下部文夫だけですね。 『言語研究』15号は昭和25年の刊ですが、稿末には昭和22年の日付があります。 https://t.co/i7Gh5tSAqP https://t.co/IxwsqnQWea
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。嵯峨天皇の子で文章生になるも、性格的にあんまり出世しなかった源寛(ひろし)さんの一生。 江渡 俊裕「一世源氏の経済事情にみる天皇との関係性について : 源寛を主たる例として」 大学院紀要(法政大学大学院)…
RT @nekonoizumi: 児灌頂研究の辻晶子氏が。 KAKEN — 研究課題をさがす | 中世天台寺院における児灌頂儀礼の生成と流伝に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-19K13076) 辻晶子 https://t.co/1jT8XgvJfO
RT @nekonoizumi: 今東光「稚児」および『弘児聖教秘伝私』の位置づけに関しては、 辻晶子「今東光『稚児』と『弘児聖教秘伝私』」『叙説』38 (2011) https://t.co/pLknA4YT5H 同「『弘児聖教秘伝私』再考」『中世文学』58(0) (2013…
RT @nekonoizumi: 今東光「稚児」および『弘児聖教秘伝私』の位置づけに関しては、 辻晶子「今東光『稚児』と『弘児聖教秘伝私』」『叙説』38 (2011) https://t.co/pLknA4YT5H 同「『弘児聖教秘伝私』再考」『中世文学』58(0) (2013…
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。嵯峨天皇の子で文章生になるも、性格的にあんまり出世しなかった源寛(ひろし)さんの一生。 江渡 俊裕「一世源氏の経済事情にみる天皇との関係性について : 源寛を主たる例として」 大学院紀要(法政大学大学院)…
RT @enguelgue: 「加古川日本毛織社宅建築群」大正時代の詳細な平面図や大正末~昭和初期写真も載ってる研究論文はこちら: 中江研, 角矢洋平, 西島萌花 (2014) 『日本毛織(株)加古川工場・印南工場における明治末期から大正期の社宅の建設過程について』日本建築学…
「加古川日本毛織社宅建築群」大正時代の詳細な平面図や大正末~昭和初期写真も載ってる研究論文はこちら: 中江研, 角矢洋平, 西島萌花 (2014) 『日本毛織(株)加古川工場・印南工場における明治末期から大正期の社宅の建設過程について』日本建築学会計画系論文集79(701) https://t.co/7eB5oP0trA
RT @NahokoTokuyama: 絶対何かありそうだったけど、ミネラルも別に他のとこより高いわけでもなく、「誰かが食べたとこから食べたい」ということから「土はここから食べる」という習慣が始まったようでした。https://t.co/3UlPFnEsIo そういうこともある…
過去のロボトミー手術を彷彿とさせますが、どうなることやら。 とりあえずドイツやフランスでDBSの調査がされて論文にもなってるのでそれを読んでみようかと。 https://t.co/qTajvsnOIX https://t.co/6lUoY2EN5R
RT @MValdegamas: 田母神論文といえばプッシュしたいのが、全編グダグダの田母神論文騒動を回想している、当時の防衛事務次官だった増田好平氏のオーラルヒストリーです。https://t.co/yeACaJbEyc
↓RT 中東におけるコーヒー飲用の発明と展開については、この本が一番良いのだけど、今から入手は難しいかな。 https://t.co/0myGUcW3Xt
RT @LsKannsi: 北京におけるベトナム使節と朝鮮使節の交流 ― 15 世紀から 18 世紀を中心に― https://t.co/ROpR9ClnQR
RT @LsKannsi: 北京におけるベトナム使節と朝鮮使節の交流 ― 15 世紀から 18 世紀を中心に― https://t.co/ROpR9ClnQR
北京におけるベトナム使節と朝鮮使節の交流 ― 15 世紀から 18 世紀を中心に― https://t.co/ROpR9ClnQR
RT @mtnonoonly: 『諏方大明神画詞』について私が昨年書いた論文がpdfで無料公開中です。 明神と洩矢の神話はどう読むのが正確なのか?中世の〈諏訪大戦〉には色々なバリエーションがあった?洩矢は「魔王」……? 外出自粛の今、諏訪信仰に興味のある方々のちょっとした暇潰…
RT @mtnonoonly: 拙稿「『諏方大明神画詞』諏方社祭絵第四、六月晦日条考―「藤嶋ノ明神」をめぐるテクストの諸相―」が、北大の機関リポジトリHUSCAPで読めるようになりました。 風神録製品版からちょうど12年というタイミングの昨年8月に出た、所謂「諏訪大戦」につい…
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 山野 龍太郎「野与党大蔵氏の一族分業」埼玉史談 64(3), 13-21, 2019-01 https://t.co/6asA61mX3F
@urakkun26 https://t.co/Lj1FRWNsRq あと船田先生が研究史をまとめてくださってるらしき論文があったんですが、これその辺に所蔵されてるやつかなぁ

フォロワー(1981ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

5 5 5 4 OA 三代関 2巻

RT @mosek90810599: 1 東北大学図書館附属狩野文庫本を底本とした「三代関」。『増補 国語国文学研究史大成9 平家物語』三省堂(1960).p207 安永4年(1775)9月9日に検校になった関左門一が「たつ一」と誤読された例。 2 同書 国立国会図書館本…

5 5 5 4 OA 三代関 2巻

RT @mosek90810599: 1 東北大学図書館附属狩野文庫本を底本とした「三代関」。『増補 国語国文学研究史大成9 平家物語』三省堂(1960).p207 安永4年(1775)9月9日に検校になった関左門一が「たつ一」と誤読された例。 2 同書 国立国会図書館本…

3 2 2 2 OA 江沼郡史

『江沼郡史』(吉本次郎兵衛, 1892) https://t.co/r2zIwEQD2L 右側の字形 https://t.co/znrndd9KEb
佐々木閑「律蔵「不定法」と覓罪相(tassapāpiyyasikā)の関係」2019年 https://t.co/v86U62u2XC 「律蔵では,自ら罪を認めていない比丘・比丘尼を処罰することはできないという原則が守られている」という見解が妥当性を持つかどうかを,波羅提木叉第3番目の項目である不定法を調査対象として考察する
@kyujitai_bot https://t.co/n0QT48bSvY 頁は忘れました 此本は全體的に「乗」とか「学」とかの、當時の通行字體とは異なる字體で組まれてゐます

12 12 12 9 OA 土地家屋便覧圖

RT @TWei1ye3: #国立国会図書館デジタルコレクション @NDLJP の公開画像のうち、100%表示をしても文字が読みとれない問題について、正式に問い合わせしました。 すぐに先方から「圧縮率を下げて、ノイズを軽減した画像に差し替え」た、との連絡があり、見てみると・・…

12 12 12 9 OA 土地家屋便覧圖

RT @TWei1ye3: #国立国会図書館デジタルコレクション @NDLJP の公開画像のうち、100%表示をしても文字が読みとれない問題について、正式に問い合わせしました。 すぐに先方から「圧縮率を下げて、ノイズを軽減した画像に差し替え」た、との連絡があり、見てみると・・…
RT @CitoyensJ: @ItouKino 漢方については、昨年2月に漢方協会の重鎮達から教えてもらいました。鼻うがいや冷水シャワーといった予防医学(運動生理学)の知見+漢方の組み合わせで、最悪でも無症状感染者のポジションを取れるかと。。以下は予防用に漢方を活用した例です…
RT @yamada11060967: 【論文まとめ】 サージカルマスク着用面における着用時間と細菌繁殖との関係 https://t.co/5ODemBikHb

12 12 12 9 OA 土地家屋便覧圖

RT @TWei1ye3: #国立国会図書館デジタルコレクション @NDLJP の公開画像のうち、100%表示をしても文字が読みとれない問題について、正式に問い合わせしました。 すぐに先方から「圧縮率を下げて、ノイズを軽減した画像に差し替え」た、との連絡があり、見てみると・・…

12 12 12 9 OA 土地家屋便覧圖

RT @TWei1ye3: #国立国会図書館デジタルコレクション @NDLJP の公開画像のうち、100%表示をしても文字が読みとれない問題について、正式に問い合わせしました。 すぐに先方から「圧縮率を下げて、ノイズを軽減した画像に差し替え」た、との連絡があり、見てみると・・…
RT @JUMANJIKYO: @gynaecocracy 日本語学の最近の論文の中ではさすがに言われはじめているみたいですよね。 https://t.co/Iz5rUzziHo https://t.co/hEA9sRiTLJ
RT @JUMANJIKYO: @gynaecocracy 日本語学の最近の論文の中ではさすがに言われはじめているみたいですよね。 https://t.co/Iz5rUzziHo https://t.co/hEA9sRiTLJ
@gynaecocracy 日本語学の最近の論文の中ではさすがに言われはじめているみたいですよね。 https://t.co/Iz5rUzziHo https://t.co/hEA9sRiTLJ
@nonomaru116 世に出たと言っても、出席者は、服部四郎、矢崎源九郎、池上二良、松山納、野村博、三根谷徹、都竹通年雄、洪敏之、生田早苗、日下部文夫だけですね。 『言語研究』15号は昭和25年の刊ですが、稿末には昭和22年の日付があります。 https://t.co/i7Gh5tSAqP https://t.co/IxwsqnQWea
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。嵯峨天皇の子で文章生になるも、性格的にあんまり出世しなかった源寛(ひろし)さんの一生。 江渡 俊裕「一世源氏の経済事情にみる天皇との関係性について : 源寛を主たる例として」 大学院紀要(法政大学大学院)…
RT @NahokoTokuyama: 絶対何かありそうだったけど、ミネラルも別に他のとこより高いわけでもなく、「誰かが食べたとこから食べたい」ということから「土はここから食べる」という習慣が始まったようでした。https://t.co/3UlPFnEsIo そういうこともある…
RT @enguelgue: 「加古川日本毛織社宅建築群」大正時代の詳細な平面図や大正末~昭和初期写真も載ってる研究論文はこちら: 中江研, 角矢洋平, 西島萌花 (2014) 『日本毛織(株)加古川工場・印南工場における明治末期から大正期の社宅の建設過程について』日本建築学…
「加古川日本毛織社宅建築群」大正時代の詳細な平面図や大正末~昭和初期写真も載ってる研究論文はこちら: 中江研, 角矢洋平, 西島萌花 (2014) 『日本毛織(株)加古川工場・印南工場における明治末期から大正期の社宅の建設過程について』日本建築学会計画系論文集79(701) https://t.co/7eB5oP0trA
RT @NahokoTokuyama: 絶対何かありそうだったけど、ミネラルも別に他のとこより高いわけでもなく、「誰かが食べたとこから食べたい」ということから「土はここから食べる」という習慣が始まったようでした。https://t.co/3UlPFnEsIo そういうこともある…
過去のロボトミー手術を彷彿とさせますが、どうなることやら。 とりあえずドイツやフランスでDBSの調査がされて論文にもなってるのでそれを読んでみようかと。 https://t.co/qTajvsnOIX https://t.co/6lUoY2EN5R
日本語母語話者による英語冠詞選択における普遍的意味素性の影響 https://t.co/WYYUBVYMcP
RT @MValdegamas: 田母神論文といえばプッシュしたいのが、全編グダグダの田母神論文騒動を回想している、当時の防衛事務次官だった増田好平氏のオーラルヒストリーです。https://t.co/yeACaJbEyc
↓RT 中東におけるコーヒー飲用の発明と展開については、この本が一番良いのだけど、今から入手は難しいかな。 https://t.co/0myGUcW3Xt
RT @LsKannsi: 北京におけるベトナム使節と朝鮮使節の交流 ― 15 世紀から 18 世紀を中心に― https://t.co/ROpR9ClnQR
RT @LsKannsi: 北京におけるベトナム使節と朝鮮使節の交流 ― 15 世紀から 18 世紀を中心に― https://t.co/ROpR9ClnQR
北京におけるベトナム使節と朝鮮使節の交流 ― 15 世紀から 18 世紀を中心に― https://t.co/ROpR9ClnQR
RT @mtnonoonly: 『諏方大明神画詞』について私が昨年書いた論文がpdfで無料公開中です。 明神と洩矢の神話はどう読むのが正確なのか?中世の〈諏訪大戦〉には色々なバリエーションがあった?洩矢は「魔王」……? 外出自粛の今、諏訪信仰に興味のある方々のちょっとした暇潰…
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
RT @mishiki: 伊田久美子『再生産労働概念の再検討 : 構造調整プログラムを中心に』 ちょっとボカしてるけど、近代国家においては「労働」が国民であることの条件であるから、権利獲得のためにreproductionを「労働」に格上げした的な発想、含まれてますよね。 h…
RT @mtnonoonly: 拙稿「『諏方大明神画詞』諏方社祭絵第四、六月晦日条考―「藤嶋ノ明神」をめぐるテクストの諸相―」が、北大の機関リポジトリHUSCAPで読めるようになりました。 風神録製品版からちょうど12年というタイミングの昨年8月に出た、所謂「諏訪大戦」につい…
RT @daichi: Twitterの投稿から分析するコロナ禍、3月の3連休に「気の緩み」が定量的に観測できた、と。めちゃくちゃ面白い研究だな。 <3月の三連休に存在したといわれる「気の緩み」の存在を示唆する集合現象が観測された> https://t.co/45v2U7n…
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
@urakkun26 https://t.co/Lj1FRWNsRq あと船田先生が研究史をまとめてくださってるらしき論文があったんですが、これその辺に所蔵されてるやつかなぁ