おまえ(8/16)赤坂でイベントやる (@9n_ds)

投稿一覧(最新100件)

RT @koshian: すげーな、中高生くらいの頃の恋愛経験の有無が生涯に渡って家族形成の可否に影響を与えることを調査で明らかにしたのか。なんとなくわかってたことだが論文にされてたとは。 / “CiNii 論文 -  恋愛の壁、結婚の壁 : ソーシャル・キャピタルの役割” h…
RT @Qchom104k: 神戸大の宇津木先生が無料でウィリアムジェームズの翻訳公開してるの久々にインターネットを感じた。 https://t.co/RRJ2OggYj9
身体イメージに関わる現象だけど、僕は拡張ッて側面を重視したいな。 https://t.co/WHwfipmgXn
RT @rtkd16: J-STAGE Articles - 鬱病に罹患した生態心理学者による一人称的当事者研究の試みと,鬱病治癒方略の提案のためのヒント:ギブソン,木村敏,大森荘蔵,三木成夫,タレルを参照点として https://t.co/nkOzlnpVoS
RT @hideman2009: 行動生態学と擬人化 https://t.co/Y96ELLzEz3
RT @kenichi_ohkubo: こういうの行動分析学知らなくて心理学やっている人に読んで欲しいよね。 →J-STAGE Articles - 望月要・佐藤方哉(2003)行動分析学におけるパーソナリティ研究(特集;人間行動の実験的分析) https://t.co/x1…
RT @rtkd16: 佐伯先生のインタビュー、最高に面白かった。 「何を言ってるかわからないけど面白いもの」「触発的なもの」こそ評価する、何が質的か考え続ける文化づくり、佐伯教の話。 J-STAGE Articles - パイオニアにきく 第3回 面白い研究をどう評価するか…
RT @okisayaka: J-STAGE Articles - 日本における学術研究団体(学会)の現状 https://t.co/HNgGqSHZvY 増え続ける学会、会員減少を嘆く学会、その実際について定量的に俯瞰する試み。若手アカデミーでこの問題に取り組んでいた埴淵…
RT @rtkd16: 「交換形態論」 の再評価と 「パフォーマンスとしての交換」 への拡張 北本遼太, 茂呂雄二 - 認知科学, 2020 https://t.co/gHwB029lnf
RT @rtkd16: 「交換形態論」 の再評価と 「パフォーマンスとしての交換」 への拡張 北本遼太, 茂呂雄二 - 認知科学, 2020 https://t.co/gHwB029lnf
RT @matiasauquebaux: 広島修道大の中嶋先生が中心に行った日本語版相貌失認尺度の研究が論文として刊行されました。授業で顔の認識の話をするときに受講生にやってもらってデータをプロットしたりすると結構個人差があることがわかって、学生も興味を持ちます。お試しあれ。h…
RT @yasuharutokuda: @aiindigoblue マスクは細菌の培地になりますので、マスクをしていること自体、がリスクにもさえなります。 下記論文より「使用済みマスクの細菌汚染状況には個人差があり、汚染度の高いマスクで10<sup>5</sup>cfuを超え…
RT @rtkd16: 変容的学習のレビュー論文、池袋に行った時に立教に寄って読まねば CiNii 論文 -  変容的学習に関する先行研究の整理と今後の課題 : 批判的レビューを通して https://t.co/PaJ2ydi05K #CiNii
RT @rtkd16: 「過剰な意味の創出」のパワーワードがすごい。メインはWengerの文化的透明性の話だった。 J-STAGE Articles - ゲームとして経験を語る場における過剰な意味の創出 ―RPG型図書館ガイダンス・プログラムにおけるグループ・ディスカッションの…

134 0 0 0 OA 恩赦制度の概要

RT @nekomus_uta: こういうのもでてきた https://t.co/ZewFXzXgtb
RT @nekomus_uta: 恩赦、全然知らないけど、とりあえずちょこっと検索かけたらこんなのが出てきた。映画で有名になった朝鮮の活動家、朴烈の恩赦について美濃部達吉が論評を加えたもの。 https://t.co/mF7JS8ifrc
RT @TksmaU: これからWAISやWISCに触れられる公認心理師や臨床心理士の先生方に是非とも読んでいただきたい論文記事。 すんごくすんごく大事なことばかり書かれています。知能検査でASDやADHDを診断しちゃうような専門家の方々へも… 糸井岳史先生 臨床に活かすウェ…
RT @moe_zou: 中学生を対象に自殺予防プログラムおこなって効果を検証した研究が心理学研究に早期公開されてる。よくやったなぁ・・・これ。  https://t.co/jdurcb8VI6
RT @rtkd16: 「弱いつながり」への接触とキャリア・リフレクションに関する論文 J-STAGE Articles - 弱い紐帯との交流によるキャリア・リフレクションとその効果 https://t.co/JAfBi2ZNJR
RT @kosukesa: 二者間のやりとりとルール支配行動とか自己ルール生成の研究は大事だと思うのですが、実際こういう研究もありますね https://t.co/u1endBXC0A
RT @MathEdr: 科学教育学会の過去の年会論文集漁ってたらなんか胸熱な論文タイトル見つけた。 >J-STAGE Articles - 小学校理科の雲の授業の導入に使用したい漫画 ONE PIECE の天候棒「クリマタクト」の製作 https://t.co/kct0tu…
RT @asarin: 【心理学評論・過去巻号公開】第20巻(1977)から第23巻(1980)までがJ-STAGEで公開されました.現在の大御所やトップ研究者の論文が目白押しでどれを紹介したものやらと迷います.どうぞご覧下さい. https://t.co/Ai81lkcyZH
“プラグマティズムの基本的な発想は、社会学にも不可欠のものだとデュルケームは言う。しかしながら、その場合の 「存在」と「生活」は、彼にとっていずれも個人的なものと社会的なものの二元性と相互浸透(あるいは合一)を本質とする” https://t.co/yHg2RDGpz2
RT @rtkd16: 創発って言葉、めちゃくちゃ曖昧に使われているんだな。 J-STAGE Articles - 学習者間対話の支援をとおした創発的学習領域の構成 https://t.co/MS99wC9d2V
RT @canno696show: 元同僚(マブ)の大北さんの総説。これは勉強になりそう。 ヒト-イヌ(Canis familiaris),ヒト-ウマ(Equus caballus) 異種間インタラクション研究の概観 ―イヌやウマと親和的な関係を築くための比較認知心理学―…
RT @asarin: 論文はこれ(非会員は本文閲覧不可期間).心理学者だったら小マシなことができそうな仕事って,非心理学者でもできなくはない.しかし心理学者には椅子をブルブルさせる仕組みを作ることが難しい. https://t.co/9bmAJ7jDd3
垣内先生の主張には関係ないかもしれないんですが、世界は言語化されてなくて、言語によって再構成しようとすることの問題ってのは想起という文脈でvygotsky方面の心理学では論じられてきている。 https://t.co/21FrqmFTFY
RT @humanworld_kuri: 舞城王太郎さんの小説執筆における「推敲」を、タイプトレース(タイピング行為を時間情報と共に記録したもの)から分析し、文芸誌の〆切が与える影響を示した工藤彰さんの研究は、素材も手法も前代未聞で初めて読んだとき感動しました。こんな作家研究が…
RT @rtkd16: 発達障害を有する学生の成人期への移行 - https://t.co/pSRFLD27vn #ScholarAlerts
RT @khcoder: @kankimura おっしゃる通り、分析結果をどう使えば、意味のある結論を導けるのかということが、非常に重要なポイントです。上手くお使いいただいた研究事例をレビューしつつ、この点について考えた論文がこちらです。 https://t.co/u7u1ib…
あのひとかな?っておもったらそうだった。 学校教育で「幸福」をどのように捉えればよいかhttps://t.co/F8cblelSau
「社会的真空状態」ってなんだろう 攻撃性の男女差の進化的起源https://t.co/G2EYcIerA5
@R_Kakiuchi_0921 参考文献に自著しかないか、2ちゃんねるがあるか、という違いがありました。どっちが上かはわかりません。。。 https://t.co/Dc0eCchnGx
これ論文じゃないですよね?エッセイであってほしい。何も確かめてない。。。え?こんな作法あるの? https://t.co/Dc0eCchnGx
RT @Ryosuke_Nishida: 羽渕一代先生の『社会学評論』掲載遠藤薫先生編著(拙稿も所収)書評がJ-STAGEで公開されていました。 J-STAGE Articles - 遠藤薫編『ソーシャルメディアと‹世論›形成――間メディアが世界を揺るがす』 https://t…
RT @tsutatsuta: 「パンくん」の映像をチンパンジー研究者が分析した結果、顔や体が表しているのとは異なる感情がテロップによって「捏造」されていたり、パンくん自身もポジティブな感情(遊びや笑いなど)に比べてネガティブな感情(恐怖や不安など)の表出が多い傾向にあった、と…
RT @hessyu: 『心理学研究』で早期公開されています。時間はかかりましたが、形にできてよかったです。中川・横田・中西 (2015) の追試です。 中川・横田・中西 (2019) 野球チームのファンの内集団協力に関する場面想定法実験 https://t.co/MIBbe…
RT @rtkd16: (極端に言うと)身体知にことばは邪魔とみなす鈴木先生と、身体知の学びでことばを重視する諏訪先生の対談。4時間話したから上下に分かれているらしい。笑 CiNii 論文 -  連載:「一人称研究」〔第1回〕一人称研究対談:「一人称研究とはなんぞや」上篇 ht…
RT @rtkd16: 舞城王太郎の創作過程研究、すげえな J-STAGE Articles - リアルタイムの創作情報に基づいた作家の執筆スタイルと推敲過程の分析 https://t.co/r2VJOwK0fT
RT @keitanakajiman: 早稲田大学スポーツ科学研究科のメンバーが発表した論文。「チームの事が好きになったら地元の事も好きになるのは本当か?」をテーマにFC今治を対象に長年研究。 結果は"YES"。 学術的に非常に貴重な立証です。様々なアンケート実施にはこうい…
RT @yearman: GPAと入試方式についてひとまず公にされているものから1つ。大学名を公表してないけど,推して知るべしですね https://t.co/Me2WyNufYn
ナンパされた女性がどのような意思決定をするか、という研究があった。 https://t.co/qEPaUMique
RT @oshio_at: この論文に仲間と友人と親友の違いについて書かれていますので読んでみてはどうですか。 青年にとって仲間とは何か : 対人関係における位置づけと友だち・親友との比較から https://t.co/aKEv8Row3I #peing #質問箱 htt…
RT @rtkd16: CiNii 論文 -  コトバを超えた知を生み出す:身体性認知科学から見たコミュニケーションと熟達 https://t.co/QB9hTABDwy #CiNii
RT @ABOFAN: 血液型性格診断と同じで嘘→長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym には、「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定して血液型ごとに性格の自…
RT @myuuko: 大学生サンプルにおいて、ツイッターでの独り言的ツイートが、私的発話(メモと代替可能)から社会的発話(誰かに話すのと代替可能)に変わってきているようだよという研究。日本語。/ 大学生の独り言的ツイートは独り言なのか――発話傾向との関連から https://…
RT @hideman2009: J-STAGE Articles - 異世代コミュニケーションがモノの創発的利用に及ぼす影響 https://t.co/Z9vBwCUTtQ
RT @animemitarou: 「先行研究を調べなさい」と言われて途方に暮れているそこのあなた!こちらの「資料のえじき ―ゾンビな文献収集」をぜひご覧ください(^_^)「ゾンビ」の先行研究探しを例に、詳細解説!!「ゾンビ」をあなたの好きな言葉に入れ替えれば、きっと先行研究が…
RT @camomille0206: CiNii 論文 -  永崎 研宣「デジタル・ヒューマニティーズとテクスト研究」(2016) https://t.co/ikehzoz5Fv #CiNii ダウンロードして拝読中。
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
RT @takahi: 「統計検定を理解せずに使っている人のために」シリーズが好きです。 https://t.co/ZVv2nrAFd0
RT @kosukesa: 擬人主義・擬動物主義についてはこんなものを書いたことがあるよ!みんなみてね!PDFだよ!https://t.co/XFBMwJV6s6
RT @marxindo: ミショットの因果関係知覚の研究について素敵なレビューを見つけた。中村浩 2006 「ミショットの因果関係知覚」北星論集,42,43-56 https://t.co/lh6bnbTwsd
RT @JunyaTheSphere: ホントすんごいなこの写真資料……【永続的識別子 info:ndljp/pid/10756455; タイトル モージャー氏撮影写真資料; 資料作成年月 1946-00/1947-99/1946/1947; 書誌ID(NDL-OPACへのリン…
RT @asarin: ふわっと無重力で心変化? 京大、土井さんらが実証実験 https://t.co/diZG6LL10A 同じく宇宙飛行士の野口聡一さんの宇宙滞在中の心理に関する論文① https://t.co/fXvKWHFzxV,②https://t.co/wYvLq…
RT @asarin: ふわっと無重力で心変化? 京大、土井さんらが実証実験 https://t.co/diZG6LL10A 同じく宇宙飛行士の野口聡一さんの宇宙滞在中の心理に関する論文① https://t.co/fXvKWHFzxV,②https://t.co/wYvLq…
RT @Riff_Arimoto: 「教育において殻を破り自分を広げるべきは誰か?-いっしょに生きる技術としての発達の最近接領域-」(女子体育, vol.59, 2017)をオンラインに載せました。私がインプロを大いに気に入った理由の、いますぐの速報みたいなものです。https…
RT @Riff_Arimoto: 「猫や赤ちゃんや児童生徒の人生はその後も続く.学習者の人生のうちのほんの一瞬を切り取りそこに学習を見て取るのは,科学的な設定というより人間的な思惑に過ぎない. 」(「学習という観察」有元, 2013) 本文リンク https://t.co/…
RT @shinkai35: それとはまたべつに、90年代初めごろから、アメリカでは文化をめぐる政治的争いが起こっていた。これをカルチャーウォーと言うんですが https://t.co/YJ5ZJLjz6d
RT @nasastar: 例えば、データとして岩手大のデータ https://t.co/rGPLUcNcfj 「私の高校では教科書が配られたが授業 はなかった」みたいなことはまだ行われているっぽいよ。
RT @kaneda_junko: (RT)「動詞活用の乱れは、音韻、意味の乱れと、悪い友達」やばいこの科研費研究、420万円かけて3年間続けられる予定だ…すげえ読みてえ… https://t.co/43YbK4VFWN
RT @asarin: 赤穂市長選挙論文(https://t.co/PhQyzHrSDm)をご紹介いただきました.実際は連呼以外の選挙運動すべてをひっくるめた効果なのですが,赤穂市のようなシュリンキングな街だと,連呼以外の方法でどうやって一般市民に働きかけるかって方法がないぞと…
RT @eboli_ef: 感情の言語化やその使い分けは日本語教育においてほとんど扱われていないのにも関わらず、多言語話者は自分の力で日本語と他の言語を使い分けて自分の感情や意志を表現していく。その背景には、日本語ではできない感情の表現や日本語でこそ… https://t.co…
RT @asarin: (不)寛容な社会に関する研究と言えば,昆布君@tkobyashi の博論になった一連のそれを思い出しますね:これ(https://t.co/iVm0zIDhDf)とかこれ(https://t.co/nHvvm3Lvck)とか.
RT @asarin: (不)寛容な社会に関する研究と言えば,昆布君@tkobyashi の博論になった一連のそれを思い出しますね:これ(https://t.co/iVm0zIDhDf)とかこれ(https://t.co/nHvvm3Lvck)とか.
自分、英語リスニングは得意だけど、ワーキングメモリは人より弱いと思ってたら、こんな論文あるのかhttps://t.co/rqnzzH0dh4ワーキングメモリというのも、なかなかよく分からないもんだなぁ
RT @asarin: 【論文公刊】オンライン調査のSatisfice研究w/@tkobyashi 第2弾が『社会心理学研究』に掲載されました.J-Stageで無料閲覧・DL可能.「オンライン調査モニタのSatisficeはいかに実証的知見を毀損するか」https://t.co…
RT @asarin: 【論文公刊】本論文は「教科書には必ず載っているが案外(特に日本で)ガチ追試のない」メディアの議題設定効果とプライミング効果を追試したものでもあります.この点はその後実験室実験での再現可能性検証の試みにも発展させました(投稿中).https://t.co/…

お気に入り一覧(最新100件)

こういうの行動分析学知らなくて心理学やっている人に読んで欲しいよね。 →J-STAGE Articles - 望月要・佐藤方哉(2003)行動分析学におけるパーソナリティ研究(特集;人間行動の実験的分析) https://t.co/x16KKLa9xQ
広島修道大の中嶋先生が中心に行った日本語版相貌失認尺度の研究が論文として刊行されました。授業で顔の認識の話をするときに受講生にやってもらってデータをプロットしたりすると結構個人差があることがわかって、学生も興味を持ちます。お試しあれ。https://t.co/siE4HKwM2i
@aiindigoblue マスクは細菌の培地になりますので、マスクをしていること自体、がリスクにもさえなります。 下記論文より「使用済みマスクの細菌汚染状況には個人差があり、汚染度の高いマスクで10<sup>5</sup>cfuを超える一般細菌が検出された」 https://t.co/AHw2tQhXa1
中学生を対象に自殺予防プログラムおこなって効果を検証した研究が心理学研究に早期公開されてる。よくやったなぁ・・・これ。  https://t.co/jdurcb8VI6
元同僚(マブ)の大北さんの総説。これは勉強になりそう。 ヒト-イヌ(Canis familiaris),ヒト-ウマ(Equus caballus) 異種間インタラクション研究の概観 ―イヌやウマと親和的な関係を築くための比較認知心理学― https://t.co/OoRZSC4Ssb
「ワークショップ型授業」を実践する教員養成に関する論文が出ていた。ワークショップと授業という概念矛盾がエンゲストロームの拡張的学習と結び付くという考察が興味ぶかい。 ワークショップを実践できる教師の育成を目的とした 授業プログラムの開発 - https://t.co/7fNnAkOlAx #ScholarAlerts
論文が早期公開されました: 田渕恵・三浦麻子「中・高齢期の親子・夫婦における制御焦点の類似性」心理学研究 https://t.co/ylgcso1NlH 中年期の夫婦とその親という 3 者間で制御焦点の類似性を検討した結果,子と親の間で予防焦点,夫婦間で促進焦点の類似性が認められました。
『心理学研究』で早期公開されています。時間はかかりましたが、形にできてよかったです。中川・横田・中西 (2015) の追試です。 中川・横田・中西 (2019) 野球チームのファンの内集団協力に関する場面想定法実験 https://t.co/MIBbew737z
この論文に仲間と友人と親友の違いについて書かれていますので読んでみてはどうですか。 青年にとって仲間とは何か : 対人関係における位置づけと友だち・親友との比較から https://t.co/aKEv8Row3I #peing #質問箱 https://t.co/X2TEbdD97P
血液型性格診断と同じで嘘→長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym には、「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定して血液型ごとに性格の自己申告について有意な差が出ることが判明した」とあります。 https://t.co/z9l0rqFvkT
大学生サンプルにおいて、ツイッターでの独り言的ツイートが、私的発話(メモと代替可能)から社会的発話(誰かに話すのと代替可能)に変わってきているようだよという研究。日本語。/ 大学生の独り言的ツイートは独り言なのか――発話傾向との関連から https://t.co/YKtsrFkLke
擬人主義・擬動物主義についてはこんなものを書いたことがあるよ!みんなみてね!PDFだよ!https://t.co/XFBMwJV6s6
ミショットの因果関係知覚の研究について素敵なレビューを見つけた。中村浩 2006 「ミショットの因果関係知覚」北星論集,42,43-56 https://t.co/lh6bnbTwsd
感情の言語化やその使い分けは日本語教育においてほとんど扱われていないのにも関わらず、多言語話者は自分の力で日本語と他の言語を使い分けて自分の感情や意志を表現していく。その背景には、日本語ではできない感情の表現や日本語でこそ… https://t.co/FuSMqDeYrY
【論文公刊】オンライン調査のSatisfice研究w/@tkobyashi 第2弾が『社会心理学研究』に掲載されました.J-Stageで無料閲覧・DL可能.「オンライン調査モニタのSatisficeはいかに実証的知見を毀損するか」https://t.co/WX3YYc1Zgw

フォロー(670ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(862ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @yashoku_nikki: “温泉卵の時間表”。ガチなやつ。 https://t.co/OApv1JunuR https://t.co/f5ROAJBLNT
RT @yokogawa12: 東大阪市の長瀬の水路に特定外来生物のオオバナミズキンバイが生えてるという情報をもらって見に来たらたくさん生えていました。。長瀬北小学校の前あたりが特に高密度。この前出した、大阪府のオオバナミズキンバイの現状の報告(https://t.co/lOB…
@kentarohtv 私人間のドキュメンテーションは分厚いイメージあるんですが、年間の立法件数だと日本ってかなり多いんです…って思っていたのですが、印象でした。イギリスだけ慣習法中心なので少ないですが、他国と遜色なかったです。訂正してお詫び申し上げます。 https://t.co/MDHIx9eocG
RT @drkgoto: タッチモニタ上に課題を提示して、視覚刺激を用いた同時弁別課題を実施するための、マウスの反応形成プロトコルについて詳述した論文が動物心理学研究に掲載されました。オンライン版は図がカラーです。https://t.co/fkM2dcHyGr
RT @kirihiko_: 古屋信子、少女小説の元祖って嘘やろ()いや、カリスマ的人気にあったのは事実やけど。明治からあるよ。 https://t.co/grZYC0VoG2
RT @frroots: ご参考。 伊田久美子(2019)「労働としてのセクシュアリティ : 再生産労働論の再検討」『大阪府立大学女性学研究センター論集』26: 1–18. https://t.co/DLqiOQ5tLx
RT @bowwowolf: 松平誠「地域文化の再生とテレビ NHK番組『ふるさとの歌まつり』の社会文化的実証研究」を読む。1966年から74年にかけて放送された郷土藝能紹介番組「ふるさとの歌まつり」関係者への取材や舞台となった732自治体へのアンケートから、同番組が文化保存に…