著者
FermilabE653Collaboration USHIDA N. MOKHTARANI A. PAOLONE V.S. VOLK J.T. WILCOX J.O. YAGER P.M. EDELSTEIN R.M. FREYBERGER A.P. GIBAUT D.B. LIPTON R.J. NICHOLS W.R. POTTER D.M. RUSS J.S. ZHANG C. ZHANG Y. JANG H.I. KIM J.Y. KIM T.I. LIM I.T. PAC M.Y. BALLER B.R. STEFANSKI R.J. NAKAZAWA K. CHUNG K.S. CHUNG S.H. KIM D.C. PARK I.G. PARK M.S. SONG J.S. YOON C.S. CHIKAWA M. ABE T. FUJII T. FUJIOKA G. FUJIWARA K. FUKUSHIMA H. HARA T. TAKAHASHI Y. TARUMA K. TSUZUKI Y. YOKOYAMA C. CHANG S.D. CHEON B.G. CHO J.H. KANG J.S. KIM C.O. KIM K.Y. KIM T.Y. LEE J.C. LEE S.B. LIM G.Y. NAM S.W. SHIN T.S. SIM K.S. WOO J.K. ISOKANE Y. TSUNEOKA Y. AOKI S. GAUTHIER A. HOSHINO K. KITAMURA H. KOBAYASHI M. MIYANISHI M. NAKAMURA K. NAKAMURA M. NAKAMURA Y. NAKANISHI S. NIU K. NIWA K. NOMURA M. TAJIMA H. YOSHDA S. ARYAL M. DUNLEA J.M. FREDERIKSEN S.G. KURAMATA S. LUNDBERG B.G. OLEYNIK G.A. REAY N.W. REIBEL K. SIDWELL R.A. STANTON N.R. MORIYAMA K. SHIBATA H. KALBFLEISCH G.R. SKUBIC P. SNOW J.M. WILLIS S.E. KUSUMOTO O. NAKAMURA K. OKUSAWA T. TERANAKA M. TOMINAGA T. YOSHIDA T. YUUKI H. OKABE H. YOKOTA J. ADACHI M. KAZUNO M. NIU E. SHIBUYA H. WATANABE S. OHTSUKA I. SATO Y. TEZUKA I. BAHK S.Y. KIM S.K. Aichi University of Education Aichi University of Education University of California (Davis) University of California (Davis) University of California (Davis) University of California (Davis) University of California (Davis) Carnegie-Mellon University Carnegie-Mellon University Carnegie-Mellon University Carnegie-Mellon University Carnegie-Mellon University Carnegie-Mellon University Carnegie-Mellon University Carnegie-Mellon University Carnegie-Mellon University Chonnam National University Chonnam National University Chonnam National University Chonnam National University Chonnam National University Fermi National Accelerator Laboratory Fermi National Accelerator Laboratory Gifu University Gyeongsang National University Gyeongsang National University Gyeongsang National University Gyeongsang National University Gyeongsang National University Gyeongsang National University Gyeongsang National University Kinki University Kobe University Kobe University Kobe University Kobe University Kobe University Kobe University Kobe University Kobe University Kobe University Kobe University Korea University Korea University Korea University Korea University Korea University Korea University Korea University Korea University Korea University Korea University Korea University Korea University Korea University Korea University Nagoya Institute of Technology Nagoya Institute of Technology Nagoya University Nagoya University Nagoya University Nagoya University Nagoya University Nagoya University Nagoya University Nagoya University Nagoya University Nagoya University Nagoya University Nagoya University Nagoya University Nagoya University Nagoya University The Ohio State University The Ohio State University The Ohio State University The Ohio State University The Ohio State University The Ohio State University The Ohio State University The Ohio State University The Ohio State University The Ohio State University Okayama University Okayama University University of Oklahoma University of Oklahoma University of Oklahoma University of Oklahoma Osaka City University Osaka City University Osaka City University Osaka City University Osaka City University Osaka City University Osaka City University Science Education Institute of Osaka Prefecture Science Education Institute of Osaka Prefecture Toho University Toho University Toho University Toho University Toho University Utsunomiya University Utsunomiya University Utsunomiya University Wonkwang University Wonkwang University
出版者
Published for the Research Institute for Fundamental Physics by Physical Society of Japan
雑誌
Progress of theoretical physics = Progress of theoretical physics (ISSN:0033068X)
巻号頁・発行日
vol.89, no.3, pp.679-696, 1993-03-25

We report on the characteristics of 9 bb^^- pair events produced by a 600 GeV/c π^- beam and detected in the hybrid emulsion spectrometer of Fermilab experiment E653. The measured lifetimes for samples of 12 neutral and 6 charged beauty hadrons are τ_<b^0>=0.81^<+0.34+0.08'>_<-0.22-0.02> ps, and τ_<b^±>=3.84^<+2.73+0.80>_<-1.36-0.16> ps.
著者
Kavanagh Barry
雑誌
青森県立保健大学雑誌 = Journal of Aomori University of Health and Welfare (ISSN:13493272)
巻号頁・発行日
vol.8, no.2, pp.283-292, 2007-12

Contrastive analysis is the systematic study of the linguistic systems of two languages with a view to identifying their structural differences and similarities. Examining the phonetic inventories of the languages of Japanese and English this paper will first define and give descriptions of the phonemes of the two languages highlighting how this contrastive analysis may bring benefits or otherwise within the EFL classroom.
著者
鈴木 俊太郎
出版者
信州大学
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2016-04-01 (Released:2016-04-21)

平成28年度は、先行研究の文献レビューとEmotion-focused brief therapy(以下、EFBT)をいじめ問題に利用もしくは応用したケースのデータ収集、さらにEFBTの臨床効果を測定するための効果測定研究を中心に実施した。文献レビューでは日本国内で刊行されている雑誌論文を中心にいじめ研究に関するメタ分析を実施したところ、数多くのいじめ被害者に関する援助研究が見出された。いじめ被害者への支援は数多く見られる一方、加害者へのアプローチ、予防的アプローチは数が少ない。とくにいじめを主題とした心理教育のような研究はまだ萌芽段階にあることが明らかとなった。EFBTをいじめに援用したケースについては、EFBT自体が本邦における新しい手法であることから、まだ十分な数を収集できていない。代表者と同じ学会に所属するメンバーと、共同研究を行っている研究者の協力を仰ぎつつ、大学の相談室を中心に研究データを収集しているが、予定の半分程度の事例が収集している現状にある。ただし、残りの半分も現在進行中のケースがほとんどであり、それほど深刻な研究の遅滞ではない。平成29年度にわたって、この点は継続的に収拾を図りたい。EFBTの効果測定については、すでに平成28年度中にある程度の実績が得られた。臨床上有効性を示す複数の指標において、EFBT実施群が統制群と比較し、短期間での有意な向上が見られている。この点について研究をまとめ、すでに平成28年度中に開催された国際心理学会(ICP2016@横浜)にて発表を行っている。
著者
猪谷 富雄 平井 健一郎 藤井 義晴 神田 博史 玉置 雅彦
出版者
日本雑草学会
雑誌
雑草研究 (ISSN:0372798X)
巻号頁・発行日
vol.43, no.3, pp.258-266, 1998-10-30 (Released:2009-12-17)
参考文献数
13
被引用文献数
3

サンドイッチ法は寒天培地中に包埋した供試植物の乾燥葉から浸出する物質のアレロパシー活性を, 寒天培地上に播種した検定植物の種子根等の伸長抑制程度から判定する方法である。この方法によって, 広島県立大学キャンパスおよび広島大学医学部薬用植物園内で採取した雑草・薬用植物計152種のレタスに対するアレロパシー活性を検定した。その結果, カタバミ, ヒメスイバ, イシミカワ, ヤブラン, メギ, ショウジョウバカマがレタス根長の伸長程度 (対照区比) 10~20%と強いアレロパシー活性を示した。上記のような強いアレロパシー活性の認められたもの23種を供試植物とし, 検定植物としてレタスの他にアカクローバー, キュウリおよびイネの4種を用い, サンドイッチ法によって供試植物のアレロパシー活性を検討した。得られたデータの主成分分析の結果, 50%の寄与率を持つ第1主成分は4種の検定植物が共通して示すアレロパシーに対する感受性を表し, かつ検定植物中レタスで最も高い第1主成分の因子負荷量が得られた。これより, サンドイッチ法の検定植物として従来用いられているレタスが適当であることが示唆された。また, 26%の寄与率をもつ第2主成分は, 検定植物のレタス・アカクローバーとキュウリ・イネとで同一物質に対して異なる感受性の方向を示すと考えられた。このことから検定植物間で選択性をもつアレロパシー物質の存在が推定された。
著者
椎貝 達夫 桑名 仁 神田 英一郎 前田 益孝
出版者
一般社団法人 日本農村医学会
雑誌
日農医学術総会抄録集 (ISSN:18801749)
巻号頁・発行日
vol.54, pp.114, 2005

<B>目的</B>:進行性腎不全(PRF)の治療は世界の腎不全対策を考えるとき、きわめて重要である。前医での腎不全進行速度がわかっているPRF60例について治療成績をまとめた。<BR><B>方法</B>:対象は前医での進行速度がScrの経時的変化からわかっている60例のPRFで、男42人、女18人、年齢58.2±14.7歳、原疾患は多発性のう胞腎以外の非糖尿病性腎症(NDN)57例、糖尿病性腎症3例である。<BR> 当院診療開始時のScr3.60±1.80mg/dl、Ccr26.3±16.0ml/minで、前医と当院での進行速度をScr<SUP>-1</SUP>・時間(月)勾配で求め比較した。当院の診療は24時間蓄尿による食事内容モニタリング、各種データの腎臓病手帳への記入・説明、家庭血圧測定によりプログラム化されている。<BR><B>結果</B>:図は60例のPRFの当院受診前と受診後の速度のちがいを示している。一番左は前に較べて進行速度が80%以上遅くなったグループで、31人(51.7%)がこのグループに属した。中央は進行速度の減少が前に較べて79%未満に止まったグループで、21人(35%)だった。一番右は当院受診後進行速度が前よりかえって速くなったグループで8人(13.3%)だった。<BR> 全体として、前医での治療が続けられていた場合、透析導入まで平均78.2か月を要するが、当院での治療で187.0か月となり、腎臓の寿命が2.4倍延長される。<BR><B>結論</B>:60例のPRFを対象とした交差法による検討で、従来の治療に比べ、腎臓寿命が全体として2.4倍延長された。今後当院が行っている治療法の全国への普及が必要である。
著者
木村 大治 亀井 伸孝 森田 真生
出版者
日本文化人類学会
巻号頁・発行日
pp.51, 2012 (Released:2012-03-28)

この研究は「数学することとは,きわめて身体的な行為であろう」という予想のもとに,数学研究者たちの会話・身体動作から,彼らが数学的対象をどのように扱って研究を進めているかを明らかにしようとするものである。分析からは,現実世界には具体的な対応物のない概念に対しても,身体的と呼びうる操作がおこなわれているさまを見ることができた。
著者
神農 将史
出版者
日経BP社
雑誌
日経トップリーダー
巻号頁・発行日
no.351, pp.54-57, 2013-12

最終回アトリエ・ド・フロマージュチーズなどの製造販売で人気のアトリエ・ド・フロマージュ。商品の売れ行きは好調なものの、生産効率の悪さから利益が薄い。山田は職人気質だけでは成長限界があると説き、注文の徹底管理を提案した。

1 1 1 1 OA 読方教育測定

著者
東京市 編
出版者
勝田書店
巻号頁・発行日
1935
著者
東京市教育局 編
出版者
モナス
巻号頁・発行日
vol.事実問題の部, 1933
著者
渡辺 誠
出版者
慶應義塾大学
巻号頁・発行日
1995

博士論文
著者
高橋 泰城
出版者
Transdisciplinary Federation of Science and Technology
雑誌
横幹 (ISSN:18817610)
巻号頁・発行日
vol.12, no.2, pp.119-122, 2018 (Released:2018-10-12)
参考文献数
16

In behavioral economics, violation of rationality in human judgment and decision making has been investigated. In neoclassical economics, on the contrary, almost all human behavior (in- cluding addiction) has been assumed to be rational. Recent developments in Neuroeconomics have revealed neural foundations for human judgment and decision making. Cyber technologies offer new risks for new types of addiction (e.g., internet addiction, online video game addiction, and smartphone addiction); while these technologies can potentially offer new intervention methods for the treatment of addiction. In this review, current findings in the studies of addiction in the age of “super smart society” (i.e., societies highly digitized and connected via SNSs) are introduced and future directions are discussed.