1 1 1 1 OA 九部經解166卷

著者
明〓敬撰
出版者
〓千秋千石刊
巻号頁・発行日
vol.[73], 1619
著者
川口 健夫 鈴木 嘉樹 中原 葉子 南部 直樹 永井 恒司
出版者
The Pharmaceutical Society of Japan
雑誌
Chemical and Pharmaceutical Bulletin (ISSN:00092363)
巻号頁・発行日
vol.33, no.1, pp.301-307, 1985-01-25 (Released:2008-03-31)
参考文献数
17
被引用文献数
13

The activity of porcine liver esterase towards diesters of 5-fluoro-2'-deoxyuridine with saturated aliphatic acids including acetic, propionic, butyric, hexanoic, octanoic, decanoic and dodecanoic acids was investigated. The susceptibility of the 3', 5'-diesters increased as the acyl chain was lengthened up to octanoyl, but further increase in the acyl chain length resulted in a sharp decrease in the susceptibility. The susceptibility of 3'-and 5'-monoesters increased as the chain was lengthened to decanoyl and slightly decreased on going to dodecanoyl. These results suggest that the higher antitumor activity of longer alkyl chain diesters of 5-fluoro-2'-deoxyuridine is partly due to their slow rates of hydrolysis by non-specific esterase.

1 1 1 1 OA 諸家短冊帖

出版者
巻号頁・発行日
vol.波雄(至清堂)・義昌(阿久沢)・真文(棗栗園)・小松(千証庵)・玉世(桑樹園)・千守,
著者
中島 俊介 楠 凡之
出版者
北九州市立大学文学部
雑誌
北九州市立大学文学部紀要, 人間関係学科 = Journal of the Faculty of Humanities, Kitakyushu University.Human Relations (ISSN:13407023)
巻号頁・発行日
vol.15, pp.13-29, 2008-03

本研究は,森田療法理論(森田 1960)に基づいて大学生における「健康な自己愛」を検討するための新たな尺度を作成することを目的とした。研究1では健康な自己愛の状態を測定するための尺度項目を検討した。その際には、現在の自己愛理論の「2種類の自己愛」の枠組み(中山ら 2006)を参照しながら,これに自己愛の健康性を示す視点として森田療法理論の「自己へのとらわれ(我執)」(北西 2001)の知見を加えて新しい視点からの自己愛尺度の作成を試みた。これを大学生217名に施行し,因子分析を行ったところ,3つの下位概念に対応する3因子が得られた。研究2では大学生150名を対象として,今回作成した自己愛尺度の信頼性と妥当性を検討した。アルファ係数,再検査信頼性係数などの結果から高い信頼性が確認された。また,NPI(自己愛人格目録)・シャイネス尺度・自尊心尺度などの関連から妥当性が確認された。以上の結果から、本邦大学生の「健康な自己愛」を検討していくための新しい尺度の信頼性と妥当性が確認されたと考えられる。
著者
平賀 慎 杉田 洋 村川 三郎 近藤 貴道
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.72, no.616, pp.153-158, 2007-06-30 (Released:2017-02-25)
参考文献数
12
被引用文献数
2

This paper proposes the cleanliness check system which is constructed by the evaluation of students for the purpose of efficient cleaning management. This system was applied to a certain university as a case study. First the viewpoints and judgment conditions on which the cleanliness of campus were evaluated were extracted by the hearing investigations to the students. Then, some items for the cleanliness check were decided based on these results. Furthermore, importance level to the check items and user satisfaction to the current conditions were investigated. As a result, the necessary knowledge to improve concretely the cleaning management was obtained.
著者
官沢 文彦 星 昭夫 榑谷 和男
出版者
The Japanese Cancer Association
雑誌
GANN Japanese Journal of Cancer Research (ISSN:0016450X)
巻号頁・発行日
vol.65, no.1, pp.55-60, 1974-02-28 (Released:2008-10-23)
参考文献数
22
被引用文献数
3

Interaction of antitumor agents in activity and in toxicity was examined separately. Ascites sarcoma-180 and ddN mice were used as the tumor system.Interaction was evaluated on the concept of pharmacological synergism and not of therapeutic synergism. In activity, 18 out of 91 combinations provided synergism and most of them contained alkylating agents and antibiotics. Antitumor agents were therefore classified into two groups from the point of drug interaction. Synergism was observed in combinations of agents in Group I, alkylating agents, antibiotics, and alkaloids. In combination of agents in Group II (antimetabolites and others), additive action was observed. As a result, 18, 65, and 8 combinations provided synergism, additive action, and antagonism, respectively.On the other hand, in toxicity, 13, 27, and 38 out of 78 combinations provided synergism, additive action, and antagonism, respectively. The combination that provided synergism in activity and antagonism in toxicity were 8 out of 91 combinations tested. In general, fortunately, combinations of antitumor agents were more than additive in activity and less than additive in toxicity.
著者
吉田 光二 星 昭夫 / 実吉 峯郎 MINEO SANEYOSHI
出版者
The Pharmaceutical Society of Japan
雑誌
Chemical and Pharmaceutical Bulletin (ISSN:00092363)
巻号頁・発行日
vol.30, no.3, pp.1018-1023, 1982-03-25 (Released:2008-03-31)
参考文献数
23
被引用文献数
4

The mode of antiproliferative action of two 5-fluorocytosine nucleosides, 5-fluoro-cytidine (FCR) and 5-fluoro-2'-deoxycytidine (FCdR), was examined using mouse leukemia L5178Y cells in vitro. FCR and FCdR were markedly active against L5178Y cells, though the cells were deficient in cytidine deaminase activity. Both compounds increased the incorporation of 14C-labeled thymidine into the acid-insoluble fraction of L5178Y cells and decreased labeled deoxycytidine incorporation. In reversal studies, the antiproliferative effects of both compounds were almost abolished by simultaneous addition of thymidine or deoxyuridine. Deoxycytidine completely reversed the growth inhibition caused by FCdR, but not that caused by FCR. These results demonstrate that the cytotoxicity of both compounds is due to inhibition of thymidylate synthetase, presumably through formation of 5-fluoro-2'-deoxyuridine monophosphate (FdUMP) after deamination by deoxycytidylate deaminase in the pyrimidine de novo pathway.
著者
太田 達也
出版者
慶應義塾大学法学研究会
雑誌
法学研究 (ISSN:03890538)
巻号頁・発行日
vol.70, no.9, pp.85-122, 1997-09

資料はじめに受刑者の平均収容人員新受刑者女子受刑者死刑確定者社会化教育少年未決拘禁者再入者率仮出獄・釈放前帰休レミッション端正施設における事故保護観察対象者矯正施設の数矯正施設の収容定員と収容状況矯正施設における設備矯正施設の職員おわりに
著者
川西 千弘
出版者
日本グループ・ダイナミックス学会
雑誌
実験社会心理学研究 (ISSN:03877973)
巻号頁・発行日
vol.51, no.1, pp.1-10, 2011 (Released:2011-08-30)
参考文献数
18

本研究の目的は,好ましい顔と好ましくない顔の認知的表象における構造的特性の相違を探ることであった。92名の女子大学生が実験に参加し,4人の刺激人物(好ましい顔の刺激人物2名と好ましくない顔の刺激人物2名)について,各々15個の行動(好ましい行動5個,好ましくない行動5個及び中立的な行動5個)をする可能性を評定した。その結果,好ましい顔の人物がポジティブ行動をする可能性のほうが,好ましくない顔の人物がネガティブ行動をする可能性より高いというポジティビティ・バイアスが確認された。また,多次元尺度法の分析から,好ましい顔におけるポジティブ行動情報間のほうが好ましくない顔におけるネガティブ情報間より緊密に体制化されていることが示された。
著者
池上 良正
出版者
日本宗教学会
雑誌
宗教研究 (ISSN:03873293)
巻号頁・発行日
vol.86, no.2, pp.193-217, 2012-09-30 (Released:2017-07-14)

日本語の「無縁供養」は、系譜上の祀り手を失った死者のほか、戦乱・事故・自然災害などの災禍によって非業の死をとげたと見なされた人々を追弔・慰撫する言葉として用いられている。広くは「苦しむ死者」を救済する代表的な言葉である。「死者供養」を東アジアで形成され民衆層に普及した、ユニークで動態的なひとつの「救済システム」として捉えるとき、そこには、(A)親孝行や先祖の孝養という側面と、(B)何らかの未練や怨念を残した死者(苦しむ死者)たちの救済という側面の二面性を指摘できるが、「無縁供養」に代表される(B)の「苦しむ死者の救済」は、このシステム全体を存続させる原動力を供給し続けてきたことが注目される。本稿ではこの「無縁供養」の構造と展開過程を考察する。そこに潜在していた「無遮」と「無主」との有機的な動態性は、救済システムとしての「死者供養」が広く民衆層に定着するさいの原動力になっていた、という見通しを示す。
著者
滝川 幸司
出版者
中古文学会
雑誌
中古文学 (ISSN:02874636)
巻号頁・発行日
vol.89, pp.1-16, 2012-06-05 (Released:2019-05-18)