出版者
穆守之刊
巻号頁・発行日
vol.[11], 1830
著者
石田 俊
出版者
学習院大学人文科学研究所
雑誌
近世の天皇・朝廷研究 (ISSN:18834302)
巻号頁・発行日
no.3, pp.51-70, 2010-03-01

平成21年度 学習院大学人文科学研究所共同研究プロジェクト 近世朝幕研究の基盤形成(近世の天皇・朝廷研究 第3回大会成果報告集)

1 1 1 1 OA 続武蔵野話

著者
斎藤鶴磯 著
出版者
須原屋伊八[ほか1名]
巻号頁・発行日
vol.[2], 1827
著者
成瀬 翔 NARUSE Sho
出版者
名古屋大学文学部
雑誌
名古屋大学文学部研究論集 (ISSN:04694716)
巻号頁・発行日
no.63, pp.61-74, 2017

John Seale claims that human society are based a special rules: constitutive rules. Constitutive rules have form of ʻX counts as Y in context Cʼ, and are characterized as constituting social facts. For example, bills in the wallet are physically only pieces of paper. However, certain type of paper counts as bills in our society. Seale asserts constitutive rules are foundation to create such a social fact. But, the problem is acts of ʻcounts asʼ. Searle is assumed this act as a primitive concept. In order to explain this act, I will compare the Kendall Walton and Searle, and try to clarify the constitutive rules. The contents of this paper are as follows. In Section 1, I will survey Searleʼs discussion and consider concepts of constitutive rules and social facts. In Section 2, I will introduce Waltonʼs theory of make-believe. In Section 3, I will compare the Searle and Walton, and point out the differences between them.
著者
古味一洋
出版者
高知県農業技術センター
雑誌
高知県農業技術センター研究報告 = Bulletin of the Kochi Agricultural Research Center (ISSN:09177701)
巻号頁・発行日
no.12, pp.21-25, 2003-03
被引用文献数
6

2000年11月~2001年3月に高知県内で採集したミナミキイロアザミウマ9個体群のクロロフェナピル、スルプロホス、エマメクチン安息香酸塩、スピノサド、チオシクラム、イミダクロプリド、シペルメトリンおよびマラソン・BPMCに対する感受性を調査し、以下の結果を得た。1.供試した個体群に対するクロルフェナピルのLC50値は6.0~17.1ppmの範囲であった。感受性系統に対する本剤のLC50値が2.5ppmであることから、県内には本剤に対して感受性の低下した個体群が存在することが明らかとなった。2.エマメクチン安息香酸塩、スピノサドに対する感受性は高く、補正死虫率はそれぞれ98%、96%以上であった。チオシクラムに対する感受性も概ね高く、シペルメトリンに対する感受性も一部の個体群を除き高かった。しかし、イミダクロプリド、マラソン・BPMCに対する感受性は全般的に低かった。さらに、供試した個体群に対するスルプロホスのLC50値は72.2~167.2ppmの範囲であり、1992年当時に比べ感受性が高まる傾向にあった。
著者
武藤 徹一郎 堀江 良秋 上谷 潤二郎 丸山 寅巳 富山 次郎 草間 悟 石川 浩一
出版者
The Japan Society of Coloproctology
雑誌
日本大腸肛門病学会雑誌 (ISSN:00471801)
巻号頁・発行日
vol.30, no.3, pp.205-208,266, 1977 (Released:2009-06-05)
参考文献数
10

総計13入の正常人,直腸炎,大腸腺腫症,または大腸癌の患者から計19回にわたって大腸内ガスを採取し,質量分析によって腸内ガスの濃度分布を分析した.腸内清浄化が完全であれば,大腸内に爆発性ガスはほとんど含まれていないことが確認された.内視鏡的ポクペクトミーの実施にあたり,腸内ガス爆発予防のための処置についての老察を行った.
著者
新井 敏康
出版者
一般社団法人 日本数学会
雑誌
数学 (ISSN:0039470X)
巻号頁・発行日
vol.40, no.4, pp.322-337, 1988-11-14 (Released:2008-12-25)
参考文献数
118
被引用文献数
1
著者
Harumi SAWADA Akihiro MORI Masaki MICHISHITA Hitomi ODA Toshinori SAKO
出版者
JAPANESE SOCIETY OF VETERINARY SCIENCE
雑誌
Journal of Veterinary Medical Science (ISSN:09167250)
巻号頁・発行日
vol.81, no.1, pp.71-76, 2019 (Released:2019-01-08)
参考文献数
21

A 12-year-old, castrated male cat with diabetes mellitus was diagnosed with acromegaly and examined with magnetic resonance imaging (enlarged pituitary gland, 8 mm); serum hormone concentrations were measured. After the first course of radiation therapy (4 Gy, 12 fractions), insulin administration was not required from day 420 after diagnosis. Enlarged pituitary tumor (8 mm) recurred, and insulin dosage amount of the cat was increased on day 1,065. The second course of radiation therapy (6 Gy, 4 fractions) was performed on day 1,201 and insulin administration was again discontinued. However, the cat died from lymphoma on day 1,397. Postmortem examination revealed pituitary adenoma. Most tumor cells were positive for chromogranin A, synaptophysin, and growth hormone immunohistochemistry. The pancreatic islet cells revealed diffuse hyperplasia. We achieved long-term successful management of an acromegalic cat with two courses of RT. However, a protocol for a second course of RT for feline recurrent pituitary tumor should be further discussed.
著者
酒井 祐輔 井上 勝雄 加島 智子 酒井 正幸
出版者
日本デザイン学会
雑誌
デザイン学研究 (ISSN:09108173)
巻号頁・発行日
vol.59, no.5, pp.5_61-5_68, 2013

今日,視覚的に使いやすく見える製品はデザインだけでなくマーケティング的にも求められている。そこで,本研究の目的は,電気製品の機能が多くなることが,製品の視覚的使いやすさ感に与える相違と共通要因を解明する,さらに,多機能な製品で操作が本体でなくリモコンの場合の視覚的使いやすさ感の要因も解明する。研究の方法は,前者は,アイロンやラジカセ,ミニコンポ,携帯電話を対象として,区間回帰分析を用いてインタフェースの階層関係(上位から感性的IF,認知的IF,物理的IF)から視覚的使いやすさ感の要因を解明した。一方,後者のリモコンに関しては,エアコン用リモコンと携帯電話のテンキーを対象として,区間AHP法とラフ集合を用いて視覚的使いやすさ感の要因を解明した。前者の結果では,ユーザーが製品デザインに対して操作が具体的にイメージしやすいかが関係し,後者では,ボタンや表示文字などの大きさや配置や形状の内容が寄与していることが示された。リモコンの結果はわかりやすさであり,前者の操作がイメージしやすいかとの関係が高い。
著者
栗原 拓也 木下 尚洋 山口 竜之介 横溝 有希子 竹腰 美夏 馬場 哲晃 北原 鉄朗
雑誌
情報処理学会論文誌 (ISSN:18827764)
巻号頁・発行日
vol.58, no.5, pp.1073-1092, 2017-05-15

本稿では,カラオケにおいて歌ってない人に対してタンバリンの演奏を促すことで,歌ってない人もカラオケを楽しみ,盛り上げることができるシステムを提案する.カラオケに行った際に,歌われている曲を知らなかったり,どのようにして一緒に盛り上げてよいか分からず,ただ曲を聴いているだけで退屈をしてしまう人は少なくない.そのような場合に対して,カラオケ店に置いてあるタンバリンの使用を促すため,どのようにタンバリンを演奏するか自動で生成・表示し,ゲーム風の画面により正しく叩けているかをフィードバックする.しかし,これだけではタンバリン演奏者が1人でタンバリンの演奏をゲーム感覚で楽しんでしまい,歌唱者や他の人と一体になってカラオケを楽しむ目的からは外れてしまう可能性がある.そこで,歌唱者も含めて全員がタンバリン演奏に参加するようにする.システムを実装し,実際にカラオケ店で実験したところ,次の可能性が示唆された.(I)本システムによりワンパターンなタンバリン演奏を防ぐことができる.(II)タンバリン奏者が知らない楽曲に対しては,譜面の表示によりタンバリンを演奏しやすくなる.(III)カラオケの一体感を高めるには,全員がタンバリン演奏に参加することが効果的である.一方,次のような課題も明らかになった.(i)生成されるタンバリン譜の難度が高く,正確なリズムで演奏できない場合があり,その場合むしろ歌いにくくなる.(ii)タンバリン演奏がうるさく感じられる場合がある.(iii)歌い手がタンバリンを叩く際に,歌いながらタンバリンを叩くのが難しい場合がある.In this paper, we propose a system that enables non-singing people in karaoke to enjoy the karaoke by supporting their tambourine performance. In karaoke, it is often difficult for non-singing people to enjoy the songs being sung when they do not know the songs. This is because they do not find how to enlive the singing of such unknown songs and accordingly they cannot do anything other than listening to them. Here, we focus on the tambourine, which is provided in most karaoke spaces in Japan. Our system automatically generates the tambourine part of a singing song and instructs how a non-singing person plays the tambourine. The system feeds back how correct the user's performance is through the display in a common music game style. However, if only one person is enabled to play the tambourine, only he/she may enjoy to play the tambourine, accordingly causing a different result from our goal that both singing and non-singing people enjoy karaoke together. We therefore imporve the system so that all participants including singing one join in the tambourine performance. The results of experiments in an actual karaoke space imply the following possibilities: (I) Our system avoids monotonous tambourine performance. (II) It makes it easier to play the tambourine for songs that the player does not know. (III) Playing the tambourine together with all participants is effective to improve a sense of unity. On the other hand, we found the following issues: (i) Our system sometimes generates tambourine scores that are difficult to play in accurate rhythm, and it makes singing difficult. (ii) The tambourine somtimes sounds too loudly. (iii) It is sometimes difficult for singers to play the tambourine while singing.

1 1 1 1 OA 増訂漢魏叢書

著者
清王謨輯
出版者
[出版者不明]
巻号頁・発行日
vol.子餘第51册, 1792