アベ先生 (CV: 阿部和広) (@abee2)

投稿一覧(最新100件)

RT @nishio: 未踏20年の日経記事を名鑑に貼るついでに「合議ではなく、1人が気に入ればプロジェクトが審査を通るようにしたのが大きい」についての詳しい情報として未踏11年の論文を貼ったのだが、この論文9年前に書かれたとは思えない https://t.co/8EkmcT7…
RT @mjk_0513: ラーニングピラミッドは体感としては概ねわかりがあるけど、実は根拠がないという論文を読んだことがあります https://t.co/6tfu4rRzjl https://t.co/5JWvq9x2qO
RT @ShinyaMatsuura: 読んだ。 掲載地図の誤りにみる『防衛白書』の資料的価値と防衛省の地理的知識―『平成29 年版 日本の防衛―防衛白書―』を中心に―(愛知大学リポジトリ) https://t.co/8a7TeSVNBM 2017年の段階で、専門家から防衛省の…
@_abirot これはやっぱりそう呼びたい感じです。 “二股ソケット”とは何か https://t.co/sV6m97w1nx
このときの話などを情報処理学会誌2017年9月号に書きました。「参加者の主体性に基づく,変化を前提としたScratchワークショップの実践」 https://t.co/6MZXWsBBwY 同じものが「ライフロング・キンダーガー… https://t.co/0QyuY7fYkt
@monamour555 京陽小でもこれは行われていました。 https://t.co/pzNE4tXsHR https://t.co/2BeiDgsRlu これは、プログラミングを日常化して初めて実現できたので、ここまでできる学… https://t.co/QKa6i1kHAI
@monamour555 京陽小でもこれは行われていました。 https://t.co/pzNE4tXsHR https://t.co/2BeiDgsRlu これは、プログラミングを日常化して初めて実現できたので、ここまでできる学… https://t.co/QKa6i1kHAI
@AkioHoshi @sumim @akirahitoshi これも面白いです。98XA(286)対Dolphinで90%の性能。これもbitBLTで苦しんでます。 Smalltalk-80のパーソナルコンピュータへの移植 https://t.co/WQ5ZxKXR2R

1 0 0 0 OA PC - Smalltalk

@AkioHoshi @sumim @akirahitoshi 鈴木先生の1985年の論文が見つかりました(名前は菊32Vでした)。86+68Kで、当時のゼロックスの専用機(1100SIP, Dolphin)にベンチマークで優って… https://t.co/NDZLxqa844
ぺた語義:Exciting Coding! Junior 2018 実施報告 情報学広場:情報処理学会電子図書館: https://t.co/0NWkZ38LbV オープンアクセスはこちら。 https://t.co/KCPlWVkj1N
ビブリオ・トーク -私のオススメ-:ミンスキー博士の脳の探検 -常識・感情・自己とは- 情報学広場:情報処理学会電子図書館: https://t.co/4slllaVKqB
富士ゼロックス (株) AI 事業部, 富士ゼロックス1121, 計測と制御 1986 年 25 巻 4 号 p. 392-393 https://t.co/yB9bYmfky7
@syamitTI 私自身は、小学校と大学でScratchを使っていますが、その理由はこのあたりに書いています。 阿部和広, プログラミング入門をどうするか:3. 子供の創造的活動とプログラミング学習, 情報処理 57(4), 3… https://t.co/MUHY0QSKAa
RT @kotatsurin: 依然として重要な論稿… 佐伯胖(1992)「コンピュータで学校は変わるか」 https://t.co/VkArToohlb
@potimarimo @kuri_kurita 私は、児童にプログラムを書かせるべきだと思っています。拙文がこちらにありますので、よろしければお読みください。阿部和広, プログラミング入門をどうするか:3. 子供の創造的活動とプ… https://t.co/95G1uTo32F
@ochokurin 大学の問題の原因のひとつが、子供たちに教えるだけで作らせないことにあると考えています。拙文がこちらにありますので、よろしければお読みください。子供の創造的活動とプログラミング学習, 情報処理 57(4), 3… https://t.co/rbUFGHB6aG
@chobichan 拙文がこちらにありますので、よろしければお読みください。阿部和広, プログラミング入門をどうするか:3. 子供の創造的活動とプログラミング学習, 情報処理 57(4), 349-353, 2016-03-15 https://t.co/70RD8glkpQ
@anoparanominal このような環境を用いることで学習効果が上がるかという研究も多数あります。たとえば、こちらもそうです。 ビジュアル-Java相互変換によるシームレスな言語移行を指向したプログラミング学習環境の提案と評価 https://t.co/D41yfCacWC
@seemorejp 2014年に書いた記事です。幸せなパソコン教室のために:情報処理学会 https://t.co/G5NiQQWBsw
@togazo @qramo 私も良く使っていますが、元の意味を考えると、同じ概念を指しているかどうかという点において、比喩として使うのは面倒かもしれません。 https://t.co/FwNmi802HJ
RT @ksmakoto: 半世紀以上前の学会誌創刊号の「電子計算機の将来」 https://t.co/bSuvRIt55t にある「書けと言われても、そんな予言の当たったためしはない」というブン投げかたが大いに参考になる?
CiNii 論文 -  情報フィルタリングと教育の均衡 : 学校教育におけるオーバーブロッキング問題 (インターネットアーキテクチャ) https://t.co/JsTcSqBkhm #CiNii
12年前に書いたものがオープンアクセスになっていました。実現したことも、後退したことも。 科学リテラシ習得のためのプログラミング環境「スクイーク」 https://t.co/RY9bCuOnyw
RT @abee2: @fuke_m ありがとうございます。予算を獲得されましたら、ぜひ子供たちと先生にとって本当に意味のあるものを導入していただければと思います。これは4年前に書いたものですが、現状はさらに悪くなっています。 幸せなパソコン教室のために:情報処理学会 http…
RT @abee2: @fuke_m ありがとうございます。予算を獲得されましたら、ぜひ子供たちと先生にとって本当に意味のあるものを導入していただければと思います。これは4年前に書いたものですが、現状はさらに悪くなっています。 幸せなパソコン教室のために:情報処理学会 http…
@fuke_m ありがとうございます。予算を獲得されましたら、ぜひ子供たちと先生にとって本当に意味のあるものを導入していただければと思います。これは4年前に書いたものですが、現状はさらに悪くなっています。 幸せなパソコン教室のため… https://t.co/vu5c27TFWj
@ShingoNCC1701D アイデア自体は以前からあり、実際に適用するとどうなるかの論文も出ています。たとえば、こちらなど。 ビジュアル-Java相互変換によるシームレスな言語移行を指向したプログラミング学習環境の提案と評価 https://t.co/D41yfCacWC
RT @abee2: 筧先生の昭和50年の記事。ミニコンによるコンピュータ教育:NHK教育テレビの場合 情報学広場:情報処理学会電子図書館 https://t.co/WL3CJqDfEB
@ocarinaTaro 私の場合、必要に迫られて読んだ大人の本はこれでした。 CiNii 図書 - OS-9・BASIC09入門 : UNIX流オペレーティングシステム https://t.co/fbpIi9fsmb
RT @abee2: 求積について、以前に、こんなことをやっていました。 CiNii 論文 - 「教具」 としての Squeak eToys とその小学校算数教育への適用 https://t.co/qCPIc9fWfr https://t.co/YjTDeID09P
RT @jmitani: 先日に聴いた、JAIST池田心先生の「人間にとって乱数らしく見える疑似乱数の生成方法」という講演が面白かった。 我々がイメージする「ランダム」な数の並びには、認知バイアスに拠る大きな偏りがある。 論文PDF https://t.co/JJOlMKjR…
学習指導要領には法的拘束力があるので、それをやらないという選択肢は学校にありませんが、私はこれでは不十分と考えています。しかし、その代替案としてパズル型のチュートリアルを導入することには批判的です。 https://t.co/70RD8glkpQ
RT @kazuigarashi: 総説原稿の校正を英文校正業者に依頼したら、全く別のグループから勝手に投稿され掲載されていた、、、、Tohoku Journal of Experimental Medicineに出た驚きのリトラクション告知です。 https://t.co/…
Scratchを作った人が何を考えているかについてはこの辺り。コードすることを学び,学ぶためにコードしよう, ミッチェル・レズニック, 情報処理,56(7), (2015-06-15)… https://t.co/2wmg5zJUHf
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 宇宙からのメッセージに対するテキストマイニング(野口 聡一ほか),2015 https://t.co/F7VcSHt3Yg

362 0 0 0 OA PC-8001の開発

RT @KenKenMkIISR: 調べものしていたら偶然すごくいい記事に出会った。TK-80やPC-8001の開発に実際に携わっていた方が当時を振り返って書いたもの。感動的。できることなら自分もその時代のそこにいたかった。 通信ソサエティマガジン No.15 [冬号] 20…
私も、これと似た話を書いています。「参加者の主体性に基づく,変化を前提としたScratchワークショップの実践」 https://t.co/6MZXWsBBwY 同じものが「ライフロング・キンダーガーテン 創造的思考力を育む4つの… https://t.co/hWJdJq74MW
ものづくり体験を通したプログラミング授業の設計と評価, 吉田 葵 , 伊藤 一成 , 阿部 和広, 研究報告コンピュータと教育(CE),2016-CE-134(12),1-10 (2016-02-27) , 2188-8930 https://t.co/KyBSYIRXNz
RT @Paul_Painleve: 「位相」という日本語がいつから使われたのかわかりませんが、phaseの意味では1899年に用例があります 「電壓と位相制御との關係並に其應用」 https://t.co/n4aGoM1FQu この時「topology」はまだないと思います。…
@mayutai2104 拙文で恐縮ですが、私が書いたものが以下にあります(登録不要で無料で読めます)。 https://t.co/70RD8glkpQ MITのライフロング・キンダーガーテン・グループの考え方は以下に詳しいです。… https://t.co/zKO7lhBzkM
ミッチさんが情報処理学会誌に寄稿された巻頭言を無料で読めます。 ミッチェル・レズニック, コードすることを学び,学ぶためにコードしよう, 情報処理,56(7), 2015-06-15 https://t.co/NmP36Zgu9g https://t.co/Z9W90QCXO6
@mizunon 拙文がこちらにありますので、よろしければお読みください。阿部和広, プログラミング入門をどうするか:3. 子供の創造的活動とプログラミング学習, 情報処理 57(4), 349-353, 2016-03-15 https://t.co/70RD8glkpQ
この論文の図一1に「日本における紙オムツの市場拡大の歴史」、表一1に「紙おむつ生産数量」が載っています。柳川 高行, 新製品開発プロセスの日米の違い : 事例研究 ユニ・チャームとP&Gの紙オムツ事業, 白鴎大学論集 9(2),… https://t.co/oPPAj0vcXN
RT @akokubo: 昨年度、八戸工業大学の公開講座でRaspberry Piを用いてScratchとMinecraft Pi Editionによる子ども向けプログラミング体験講座を、学生が教材を開発し講師も担当して実施しました。その簡単な報告が公開されました。リンク先のp…
RT @kotatsurin: CiNii 論文 -  我が国の初等中等教育におけるプログラミング教育の制度化に関する批判的検討 https://t.co/U5VrLlj9Jy
@ryosuke_pro それについては多くの先行研究があります。たとえば、「ビジュアル型言語とテキスト記述型言語の併用によるプログラミング入門教育の試みと成果」https://t.co/35DXGJGnL1 「ビジュアルプログラ… https://t.co/Ytphwico9G
@ryosuke_pro それについては多くの先行研究があります。たとえば、「ビジュアル型言語とテキスト記述型言語の併用によるプログラミング入門教育の試みと成果」https://t.co/35DXGJGnL1 「ビジュアルプログラ… https://t.co/Ytphwico9G
CiNii 論文 -  パーソナルコンピュータの発達とメディアデザインの変容 : - パーソナルコンピュータの歴史からみる検討と課題 - 久保村 里正 https://t.co/jV4dZFWozn #CiNii
RT @kotatsurin: CiNii 論文 -  プログラミングを用いた授業づくりに向けて : 「小学校からのプログラミング教育について考える」シンポジウム実施を通じて https://t.co/0Ofrz1qAmz
携帯ゲーム機用シンセサイザーソフトによる「音楽づくり」教育の実践, 眞壁 豊, 東北文教大学・東北文教大学短期大学部紀要 第5号, pp. 1 - 23, 2015-03-31 https://t.co/vuM2kjHbtR
国内のファブラボにおけるデジタルものづくり初心者に対する支援の現状 https://t.co/1NQpivoujd
RT @nabeo114: リンク先の「2.3 表現方法の発達」の手法は今でもScratchで使えそうなので、メモメモ。 https://t.co/jdK9Tg7M0J
@akiyama924 @undo6502 おっしゃる通りです。 世代や組織を超えた相互学習を促進するためのプログラミング導入教育の実践報告 https://t.co/ASApdJG4Dl
@akiyama924 @undo6502 大学生に対する私の批判は、このような技術面に加えて、目の前に試せる環境があっても試さない傾向を指しています。よろしければ、こちらをお読みください。 子供の創造的活動とプログラミング学習 https://t.co/UzokKhl1r5
RT @nakano_lab: ピクトグラミングおもしろい。 ロボットプログラミングに通じるところがある。 https://t.co/myyqqOMaAV 失敗した時に笑いが起きるというのは,音楽プログラミングでも同様。 「失敗≠恥ずべきこと」というのは,教育において非常に重要…
「Squeak Toys」によるプログラミング学習における思考過程の構造分析 https://t.co/cS1bzRuQJ2
RT @kotatsurin: ここからほとんど何も変わってないし,焼き直してるだけかな… 「コンピュータ教育のための授業モデルの理論的研究 : パラダイム論の観点から」 https://t.co/dG1cIcbZx4
RT @kotatsurin: 初中等教育でデータからはじめる教育について,ケチョンケチョンに言われてるなぁ…30年の時の流れで可能になってきたとか反論しないと… 「初・中等教育におけるコンピュータ教育のあり方をめぐって」 https://t.co/8u7hjjt3lp
状態遷移図に基づく対話型アニメーション作成ツールの提案, 岡本秀輔 , 鎌田賢, 中尾隆司, 情報処理学会論文誌 46 号 SIG1(PRO24) 19-27, 2005年01月15日 https://t.co/R9ciDBn4fa
先にRTしたカブトエビの分布に学研の科学の付録が関係したとの言について、CINIIオープンアクセスで調べた限り、裏付けるものが見つからなかったので、取り消しました。 https://t.co/0L6z3mzvz8 https://t.co/uSbPPGGrng
先にRTしたカブトエビの分布に学研の科学の付録が関係したとの言について、CINIIオープンアクセスで調べた限り、裏付けるものが見つからなかったので、取り消しました。 https://t.co/0L6z3mzvz8 https://t.co/uSbPPGGrng
KAKEN — 努力継続力の神経基盤解明と努力継続力を強化する手法の開発 https://t.co/TzvBVVIhHM
RT @jnsgsec: AOとしての情報入試の実現―その設計,実施報告と今後の展望 #IPSJ 情報処理,Vol.57,No.12,pp.1244-1247(2016). https://t.co/Z5r3OyaHJy #ipsjce #大プ会 #jnsg https://t…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? バーチャルモアリング用シャトルグライダー「ツクヨミ」の開発:-水槽滑空試験-(中村 昌彦ほか),2013 https://t.co/r06hcY6M9O
諸外国のプログラミング教育を含む情報教育カリキュラムに関する調査 -英国,オーストラリア,米国を中心として- 太田 剛, 森本 容介, 加藤 浩 https://t.co/3J0BcvMv5m
RT @shinjiyamane: 教育内容を全部ゲームで教えるのではなく,授業をクエスト化する手法ならばわりと洗練されてます https://t.co/5TRY3EnP7f 学習目標を収集・共有・征服・弟子見習い・弟子をとる・ストーリーテリングなどの複数のクエストに分けてレベ…
RT @abee2: 求積について、以前に、こんなことをやっていました。 CiNii 論文 - 「教具」 としての Squeak eToys とその小学校算数教育への適用 https://t.co/qCPIc9fWfr https://t.co/YjTDeID09P
今回の指導をされた山本利一先生の論文。道徳の話はない。 初等中等教育におけるプログラミング教育の必要性 : プログラミング教育の教育的意義(情報教育の新しい流れ,課題研究,教育情報と人材育成〜未来を育む子供たちのために〜) https://t.co/mkKltJ8Z0o
結婚前の黒村さんと径子さんが見に行った国防と産業大博覧会の会誌。ポスターがロシア・アヴァンギャルド。 国立国会図書館デジタルコレクション - 呉市主催国防と産業大博覧会誌 https://t.co/wvlgStavwZ #この世界の片隅に
RT @next49: 「情報処理」12月号の小特集がおもしろかった。特に1番目と最後の記事。→ 学校まるごとわくわくプログラミング -品川区立京陽小学校の事例-:1.小学校における全校的なプログラミング学習活動とその意義 https://t.co/3DNTsG69U7
RT @as_capabl: 「ミジンコは危険を感じると頭を尖らせるが、特に意味はない上に尖らせるのに一日かかる」ってツイットがあったけど、追跡調査の結果ミジンコ達のがんばりは無駄で無かった事が判明して救われた気分になりました https://t.co/KtSS5lT886
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? Kinectを用いた新たなバランス能力計測システムの開発と基礎的研究(楠本 欣司),2014 https://t.co/7y5iSFj3hd
「C言語のタイピングを一所懸命したとしてもC言語の理解を高められるとは限らない」 写経プログラミングの学習効果に関する考察 中田 豊久 https://t.co/3CzLaBRcLd @tomooda さんに教えてもらいました。
類似の研究には例えば松澤先生たちの「ビジュアル-Java相互変換によるシームレスな言語移行を指向したプログラミング学習環境の提案と評価」があります。 https://t.co/hxBS4PGipd @ukkaripon
こういう大人の思惑を直接子供に見せればよいのに。 CiNii 論文 -  現代的コミュニケーションにおける道徳的価値の整合性に関する一考察 : 中学校道徳読み物資料「言葉の向こうに」の事例を通して https://t.co/jIMUV9urC9 #CiNii
求積について、以前に、こんなことをやっていました。 CiNii 論文 - 「教具」 としての Squeak eToys とその小学校算数教育への適用 https://t.co/qCPIc9fWfr https://t.co/YjTDeID09P
「左様な手工は『遊び』其事に教育的立場があるものと考える。(中略)作った其物は結局おもちゃにすぎなくとも,其作業には, 教わった物理や,美に関した技術が漸次積極的に表現される」 阿部七五三吉の手工教育論における玩具観の展開 https://t.co/sDD7xloyZP
この演習授業については以下をご覧ください。子供の創造的活動とプログラミング学習 https://t.co/Fziopekysg 世代や組織を超えた相互学習を促進するためのプログラミング導入教育の実践報告 https://t.co/ASApdJG4Dl
視覚的プログラミング言語Scratch を用いたPID 温度制御, 鈴木 聡, 木更津工業高等専門学校紀要 47, 23-28, 2014-03-31 https://t.co/QxhUpPIC4q
RT @sumim: StreemのFizzBuzz https://t.co/xBgM1dW9ag を見て、ふと前にどこかで言及されていたStella https://t.co/OI0Gbj3h7A のことを思い出しつつ、この手の言語を使えばFizzBuzzもちょっと変わった…
教師が協調学習場面で足場はずしを行う際の観点, 坂本篤郎, 堀田龍也, 山内祐平, 日本教育工学会論文誌 33 (Suppl.〉,pp.85−88, 2009 https://t.co/P8QQI9zfbt
この手のものは、日本ではアルゴブロックが有名です。 https://t.co/wokMdHt4Us 登場は1992年です。 https://t.co/w2llz3sOnk
教育工学-構成主義の「学習論」に出あう, 菅井 勝雄 https://t.co/6B4Qr3QOoM
教授・学習研究の 動向 コンピュータ教育を中心に, 子安 増生 https://t.co/kpIqDja6vg
プログラミングの教育方法と問題解決能力育成との関連, 宮田 仁/大隅 紀和/林 徳治 https://t.co/ezlKHWNYGo
インタビュワーに喜多先生が。Smalltalkの日本への紹介についても触れて欲しかった。ペーペーの頃に赤坂のAIショールームですれ違い、この方が色本の監訳のと思いました。古機巡礼/二進伝心:オーラルヒストリー:相磯秀夫氏インタビュー https://t.co/HdHydgBzDw
筧先生の昭和50年の記事。ミニコンによるコンピュータ教育:NHK教育テレビの場合 情報学広場:情報処理学会電子図書館 https://t.co/WL3CJqDfEB
RT @shigekzishihara: 確かに,この論文を見ると,すくなくとも技巧という面では日本の美術教育は丁寧なように見える.多羅間拓也 (1990) 帰国子女の目から見た日本の美術教育の特質, 美術教育, 1990(261), 14-20 https://t.co/nf…
RT @iwiwi: 2012 年に情報処理学会誌に書いた記事「プログラミングコンテスト奮戦記 -アルゴリズム・パズルの面白さと奥深さ-」がオープンアクセスになってることに気づいた。https://t.co/RI3b7rt2r9 PDF で落とせます。いつも僕が語ってることがそ…
Tek 4404の68010にSmalltalkを実装する話。CiNii 論文 - Smalltalkシステムをマイクロプロセサ利用システム上で最適化し,実行速度を向上 https://t.co/A8qPaX6xmO #CiNii
ScratchとWeDoを活用した小学校におけるプログラム学習の提案, 山本 利一 他, 教育情報研究 : 日本教育情報学会学会誌 30(2), 21-29, 2014-12-25 http://t.co/1nzz5f5swt
Scratchで書けてもフローチャートが書けないのは問題か。「実際のプログラム作成」とは。Scratchを用いたプログラミング導入授業の現状と課題,齋藤朗宏 他,北九州市立大学商経論集 50(1-4), 37-44,2015-03 https://t.co/0p5ohXJT1R
RT @PyonkeeTeam: #Pyonkee も紹介されています。タブレット端末を活用したプログラミング教育(3) - プログラミング・オン・モバイル -, 田近 一郎 [他], 名古屋文理大学紀要 15, 17-27, 2015-03-31 http://t.co/1w…
RT @shinjiyamane: なんちゃってハッカソン状態になるのが目に見えていたので,ゲームジャムを国内に導入する時には1990年代OOPSLAにさかのぼって保守本流の概念として説明した http://t.co/Zwmy1cozKp
CiNii 論文 - 童心主義児童文学における「童心」の探究 http://t.co/uSa5jHnXYs
@ojeki @kzysmrt 先行研究としては、このようなものがあります。ご参考まで。ビジュアル-Java相互変換によるシームレスな言語移行を指向したプログラミング学習環境の提案と評価 http://t.co/7mumC1HeUA
ケアレスミスだと思うけど、図7はScratchに典型的な誤りで、これでは動かない。CiNii 論文 -  ScratchとWeDoを活用した小学校におけるプログラム学習の提案 http://t.co/1nzz5f5swt
.@oks486 この論文 http://t.co/Ttpoe2AhyT には、キーボード練習開始直後の小3の児童の入力速度は約15文字/分、正確さは約50%とあります(日本語)。これは訓練で改善されますが、誤入力による文法エラーの苦痛はプログラミング教育の障害になると考えます。
.@oks486 この論文 http://t.co/Ttpoe2AhyT には、キーボード練習開始直後の小3の児童の入力速度は約15文字/分、正確さは約50%とあります(日本語)。これは訓練で改善されますが、誤入力による文法エラーの苦痛はプログラミング教育の障害になると考えます。

お気に入り一覧(最新100件)

未踏20年の日経記事を名鑑に貼るついでに「合議ではなく、1人が気に入ればプロジェクトが審査を通るようにしたのが大きい」についての詳しい情報として未踏11年の論文を貼ったのだが、この論文9年前に書かれたとは思えない… https://t.co/YDmiotvUkd
ラーニングピラミッドは体感としては概ねわかりがあるけど、実は根拠がないという論文を読んだことがあります https://t.co/6tfu4rRzjl https://t.co/5JWvq9x2qO
依然として重要な論稿… 佐伯胖(1992)「コンピュータで学校は変わるか」 https://t.co/VkArToohlb
CiNii 論文 -  プログラミングを用いた授業づくりに向けて : 「小学校からのプログラミング教育について考える」シンポジウム実施を通じて https://t.co/0Ofrz1qAmz
教育内容を全部ゲームで教えるのではなく,授業をクエスト化する手法ならばわりと洗練されてます https://t.co/5TRY3EnP7f 学習目標を収集・共有・征服・弟子見習い・弟子をとる・ストーリーテリングなどの複数のクエスト… https://t.co/J3VPyqywuf
CiNii 論文 - 日本語に基づく論理プログラム表現 http://t.co/1lMDNd7jmS 日本語で記述するPrologみたいな言語だけど変数を使わないことに重きをおいてる。 "孫とは子の子." が正しいプログラムになる。怖い。

フォロー(1264ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

「4.表現批判の可能性に向けて」以降は著者が「あくまで試行的な性格をもつことをあらかじめ断っておく」と言っている通り、この界隈の用語で言うと「霊感だけど」と前置いて語ってる部分で、ここはあまり突っ込まないことにする。っちゅー感じで… https://t.co/vgu8E1CbkX
RT @shinkai35: タイトルからは全然わからないが、じつはこれ、社会学者の是永論先生が、千田先生のキズナアイNHK批判の件について、エスノメソドロジーの視点からガチで論じた力作論文だ。 「メディア表現の批判と社会批判の実践 : ジェンダーの表象をめぐって」 https…
この意見は貴重かな。以前に ・子供の遊びの性差を除くべき(例:https://t.co/YFWJH3IAO4)だから男の子もお人形遊びすべき ・男の子がお人形遊びしているのは(オタクのフィギュア遊び同様)気持ち悪い のどちらが正し… https://t.co/0MYY23KUyu
RT @J_geiste: これは京都御所で行われた大正天皇の即位礼。江戸時代まで置かれていた四神がきれいさっぱり消えます。萬歳旗は今回も作るのかな? https://t.co/Tx3FE1oT94 https://t.co/YcsKtbFpja
RT @Yuki_Doradora: @EL2031watson この論文は,四脚ロボットの歩容について,日本語で分かりやすく,詳細に記述しています. 僕も,本論文を参考に,卒業研究で四脚ロボットの歩容を研究したので,その時の印象で,とても細かく書いてくれて,わかりやすく,お…
RT @shinimai: これ面白そう。 / “CiNii 論文 -  名前と存在 : ボルネオ島・プナンにおける人、神霊、動物の連続性(<特集>自然と社会の民族誌-動物と人間の連続性)” http://t.co/08fseSzYJD
リーダーシップ開発の効果を測定する尺度としてご自由にご利用いただけますと幸いです。>大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討(木村 充・舘野 泰一・松井 彩子・中原 淳)https://t.co/bN7wkWmSRc

フォロワー(5183ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @shinkai35: タイトルからは全然わからないが、じつはこれ、社会学者の是永論先生が、千田先生のキズナアイNHK批判の件について、エスノメソドロジーの視点からガチで論じた力作論文だ。 「メディア表現の批判と社会批判の実践 : ジェンダーの表象をめぐって」 https…
@Bonezine 熱くなっても大丈夫なようにセラミック製のガスタービン作ろうと、日本自動車研究所の元にトヨタと日産と三菱がウゴウノシユウしたプロジェクトがその昔… https://t.co/mIdaRnnBU6
RT @khargush1969: https://t.co/Jxz2t8QXP2 橋本満(1992)「「近代日本における伝統の発明」シンポジウム」『ソシオロジ』37(1): 61-66. https://t.co/mdkb3n5Ufr 「人々が日本古来の伝統と思っているもの」…
RT @khargush1969: RT:天皇即位式が明治期に創られたものだということが昨日改めて周知されたけど。。。その考察の手がかりとなるホブズボーム「創られた伝統」論を近代日本に援用した本格的研究がこの論集なのね。 https://t.co/ciAFOgILYZ 研究の経…
RT @khargush1969: RT:天皇即位式が明治期に創られたものだということが昨日改めて周知されたけど。。。その考察の手がかりとなるホブズボーム「創られた伝統」論を近代日本に援用した本格的研究がこの論集なのね。 https://t.co/ciAFOgILYZ 研究の経…
RT @evil_empire1982: そもそもあれの何処がEM/会話分析やねんと思わなくはないが、真面目に検討している人も居るのだった>RT 是永 論『メディア表現の批判と社会批判の実践 : ジェンダーの表象をめぐって』 https://t.co/VqhqXqBqe6 #…
RT @khargush1969: RT:天皇即位式が明治期に創られたものだということが昨日改めて周知されたけど。。。その考察の手がかりとなるホブズボーム「創られた伝統」論を近代日本に援用した本格的研究がこの論集なのね。 https://t.co/ciAFOgILYZ 研究の経…
RT @khargush1969: RT:天皇即位式が明治期に創られたものだということが昨日改めて周知されたけど。。。その考察の手がかりとなるホブズボーム「創られた伝統」論を近代日本に援用した本格的研究がこの論集なのね。 https://t.co/ciAFOgILYZ 研究の経…
読んでる 乳幼児をもつ母親の生活と〈育児不安〉 牧野カツコ https://t.co/szckdVgh5T
読んでる 育児期の男性を対象とする雑誌における新たな父親像の商品化 橋本 嘉代 https://t.co/egAnL41CWo
RT @khargush1969: RT:天皇即位式が明治期に創られたものだということが昨日改めて周知されたけど。。。その考察の手がかりとなるホブズボーム「創られた伝統」論を近代日本に援用した本格的研究がこの論集なのね。 https://t.co/ciAFOgILYZ 研究の経…
RT @khargush1969: RT:天皇即位式が明治期に創られたものだということが昨日改めて周知されたけど。。。その考察の手がかりとなるホブズボーム「創られた伝統」論を近代日本に援用した本格的研究がこの論集なのね。 https://t.co/ciAFOgILYZ 研究の経…
そういえば最近、ホットな話題に関連した論文を読んでいたので紹介。 指導と結びつきうる『からかい』 『いじり』の相互行為分析 https://t.co/Z27vKanpBU
こういう動向をまとめた論文は読んでおいたほうがいいかもな。 「家族と教育」の研究動向と課題 ―家庭教育・戦略・ペアレントクラシー― 天童睦子 多賀太 https://t.co/VhXk8WEKTT
RT @shinichiroinaba: 「北の大地」における相互独立的自己:北海道での認知的不協和実験 https://t.co/iwBN1OISEY
RT @J_geiste: これは京都御所で行われた大正天皇の即位礼。江戸時代まで置かれていた四神がきれいさっぱり消えます。萬歳旗は今回も作るのかな? https://t.co/Tx3FE1oT94 https://t.co/YcsKtbFpja
RT @J_geiste: これは京都御所で行われた大正天皇の即位礼。江戸時代まで置かれていた四神がきれいさっぱり消えます。萬歳旗は今回も作るのかな? https://t.co/Tx3FE1oT94 https://t.co/YcsKtbFpja
RT @Yuki_Doradora: @EL2031watson この論文は,四脚ロボットの歩容について,日本語で分かりやすく,詳細に記述しています. 僕も,本論文を参考に,卒業研究で四脚ロボットの歩容を研究したので,その時の印象で,とても細かく書いてくれて,わかりやすく,お…
今日も、職業教育としての教育の再評価みたいな話題でTLが盛り上がっているので思い出したのだが、昨日読んだこれおすすめ。 短期大学における「資格教育」の考察 その変遷と課題 https://t.co/pHLhmbbfPU
通信教育におけるレポートの相互参照が起こりにくいのは、ここに書いてある点だけでなくて、「カンニング」の問題もあって、答案が似てしまったときに、どちらかが罰則を課せられる可能性があると考え、一度クリアした人しか答案を他人に見せること… https://t.co/g5AMqF2SCn
読んでる 通信教育における意見文の協同推敲を支援するグループ編成方法の開発と評価(<特集>情報化社会におけるインフォーマルラーニング) https://t.co/uaWqgOWPC0
RT @jssp_pr: 「社会心理学研究」掲載の以下の論文がJ-Stageで早期公開されました. 林(2019) 「観光写真調査法による観光地の魅力評価」 https://t.co/IguXS3x8Z4
こういうの読みたかったかも。 社会階層と親の価値期待 Social Stratification and Parental Values 中井 美樹 https://t.co/HfPHF7YX0F
こういう論文ゆっくり読みたい。 学級集団構造研究におけるソシオメトリーの適用 辻 功, 山村 賢明, 武藤 孝典 https://t.co/Img5YG4B4k
こういう論文面白いな。 学級集団における勢力地位と勢力資源 田崎 敏昭 https://t.co/4bf3kSOLsf
RT @hituzinosanpo: “CiNii 論文 -  教育を受ける権利主体としての「国民」の意味--外国人の教育を受ける権利について” https://t.co/dy5wi3HQf2
RT @tagomago712: なんかTLで興味を引きそうな論文を見つけた。 吉田康志『銀行による「金融仲介」概念の再検討』 https://t.co/cpfa0sR2Hf
RT @Hokuto_Ide: と存命中のラルフ・ウィンター教授は語っていました。そして講演の中でオリベット大学の学生や教職に問いかけました「大学とは何か?」と。僕もその場に座ってその問いかけを直接耳にし、自分が今学んでいる大学は何かを再確認する機会となりました。 https…
RT @shinimai: これ面白そう。 / “CiNii 論文 -  名前と存在 : ボルネオ島・プナンにおける人、神霊、動物の連続性(<特集>自然と社会の民族誌-動物と人間の連続性)” http://t.co/08fseSzYJD
オーストラリアでは、そんなに切羽詰まった感じの献血キャンペーンはないので(できないのかもしれないけど)、どうしてかなと思っていたら、まず、一回に採れる量が違いました。「我が国の献血の現状と課題」という学会誌の記事、面白かったです。… https://t.co/0qT3cfIgCY
RT @nakaharajun: リーダーシップ開発の効果を測定する尺度としてご自由にご利用いただけますと幸いです。>大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討(木村 充・舘野 泰一・松井 彩子・中原 淳)https:…
RT @skrnmr: CiNii 論文 -  教員文化とその変容 (特集 ゆらぐ教員世界と教職の現在) https://t.co/fq8Tj4dKv0 #CiNii こういうときこそ「教員文化論」を復習しよう。