じょん (@LockSchloss)

投稿一覧(最新100件)

RT @BungakuReportRS: CiNii 論文 - 田中 康二 - 小学教科書の敗戦 : 宣長国学の表象をめぐって(その1) https://t.co/SAptKGqUcN
CiNii 論文 -  「小中華」の創出 15世紀朝鮮の女真・対馬に向けた「敬差官」派遣を中心に https://t.co/R94FUppu8Z
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 向井克年 - 上代日本語におけるク語法の研究 https://t.co/O25gnRCAGg
CiNii 論文 -  朝鮮世祖の字小主義とその挫折 https://t.co/26clD52IuL #CiNii
CiNii 論文 -  『訓民正音解例』と朱子学の陰陽五行論 https://t.co/mtYTXGz2ai #CiNii
CiNii 論文 -  03 総説 東アジア祭祀芸能の比較のために-基軸の設定 https://t.co/2x8gsc18Lf
CiNii 論文 -  象徴としての"鬼"と"トッケビ" -子どもに語る昔話から- https://t.co/cutACDfGaG
CiNii 論文 -  中国語の"把"構文における主体の変化について https://t.co/wm6Vh7WIXp
CiNii 論文 -  明治末期東京語における係助詞「は」の融合現象と訛意識 : 夏目漱石『三四郎』を中心に https://t.co/Y6hIgjuez3
CiNii 論文 -  書評 小柳智一著『文法変化の研究』 https://t.co/SIdnu5B5KG
RT @BungakuReportRS: 垣見 修司 -  『万葉集』巻十三の異伝注記 https://t.co/oLBFrtaB3n
CiNii 論文 -  朝鮮中宗代における対明遥拝儀礼--一六世紀前半の朝鮮と明・日本 https://t.co/HuL4SEvKQg
CiNii 論文 -  朝鮮中宗代における宗系弁誣問題の再燃 https://t.co/zOY1jU3RFj
CiNii 論文 -  感情を揺さぶる--大森荘藏と廣松渉 https://t.co/s0JxuZSi5C
CiNii 論文 -  マクタガートの遺産--現代時間論のバトルライン https://t.co/LH3AradamO
CiNii 論文 -  E系列の時間とはなにか:「同期」と「物語」から考える時間系 https://t.co/hBd6CN79yY
CiNii 論文 -  書評:川合大輔『土田杏村の思想と人文科学─1910年代日本思想史研究』 https://t.co/MPUtFq1zBY
CiNii 論文 -  川合大輔 著『土田杏村の思想と人文科学 一九一〇年代日本思想史研究』 https://t.co/otoYlE5Etx
CiNii 論文 -  古代日本語における異文化の要素 : 南島神話と日本神話の固有名詞にみられる後置修飾表現 https://t.co/eOIvRxZTQ4
CiNii 論文 -  古代日本語の「不定詞」 https://t.co/QfQjywPkUq
CiNii 論文 -  古代地名伝説(a)型結語考 : 訛・語源意識の源流をさぐる https://t.co/4FN5a1cQ3i
CiNii 論文 -  脳科学と共存する言語理論は可能か? https://t.co/Wu04ouYkF9
RT @BungakuReportRS: 田中 敏生 -  『万葉集』の副助詞サヘ ―上代における〈周縁波及性〉の意義の確認 ― https://t.co/p4GaNiQV3V
CiNii 論文 -  有時管見 : 道元の時間論とB系列の時間論 https://t.co/Gr2pEG6Siv
CiNii 論文 -  古代語の「ての」について https://t.co/w38wStZWhB
CiNii 論文 -  本居宣長の俗語訳論―徂徠・景山の系譜から― https://t.co/pGquvQtrHb
CiNii 論文 -  「感動詞」の定義の変遷について https://t.co/vd5pH9tyNM
RT @BungakuReportRS: 阿久津 智 -  古文読解における係り結び ―『土佐日記』における「ぞ」「なむ」を中心に― https://t.co/Lr5VXzKmVr
宮地朝子 副助詞研究の軌跡と課題 https://t.co/vbFbEI111l
CiNii 論文 -  韓国政治行政文化における儒教の影響に関する小考 : 三国時代から朝鮮王朝までの儒教の影響を中心に (20周年記念号) https://t.co/8S1fItVyOP
CiNii 論文 -  韓国近代儒教改革運動における近代的思惟の形成--西洋・中国・日本の果たした役割 https://t.co/fgDgrfxr20
CiNii 論文 -  東アジア近世社会における儒教受容の諸相(2)李氏朝鮮社会の場合 https://t.co/vKcV61GB87
CiNii 論文 -  東アジア近世社会における儒教受容の諸相(1)江戸期の日本の場合 https://t.co/FvG7dmIcW5
いかにも1942年に発表されたものという感じがする。CiNii 論文 -  後期李朝の朱子學 https://t.co/cyvolmegjk
CiNii 論文 -  後期李朝黨爭史に就いての一考察 (二・完) : 後期李朝理學至上主義國家社會の消長よりみたる https://t.co/PjnW9dhqtD
CiNii 論文 -  後期李朝黨爭史についての一考察 (一) : 後期李朝理學至上主義國家社會の消長よりみたる https://t.co/xOqXh1UoUA
CiNii 論文 -  朝鮮を三度も救った日本人「沙也可」 https://t.co/ErYMKIGvnk
CiNii 論文 -  甲午改革期以後の朝鮮における權力構造について https://t.co/ShPN1pcNCD
RT @BungakuReportRS: 石塚 晴通 -  料紙の質と典籍の位相―中国及び日本の写本・版本を例として https://t.co/DJ8Ib1hqZk
RT @BungakuReportRS: 中川 正美 -  「臥す」の文学史 : 源氏物語以前 https://t.co/SOT8pii3Ea
RT @Frintarou: 典拠とか出典とか考える際には、渡辺秀夫「谷の鶯・歌と詩と─〈典拠〉をめぐって」(『平安朝文学と漢文世界』勉誠社、一九九一年)は読んでおくべきでしょう。もととなった論文はこちら https://t.co/cRVywH0CwU
「『了解』は使わないように」「了解です!」 https://t.co/QuPgqujUD8
六条御息所の禁止表現 : 『源氏物語』における「―な」と「な―そ」 https://t.co/VDVnrZvGTu
CiNii 論文 -  「和算」と「洋算」の語義に関する史的考証 https://t.co/1nJSjJMd4s
CiNii 論文 -  受身と可能の交渉 https://t.co/prrRm4q4Gx
CiNii 論文 -  対話の文末の「よびかけことば」 : 「ナモシ」類その他について https://t.co/VKB0fTYYQm
紀要論文 古典文法学習における係り結び https://t.co/up7j926LZ0
CiNii 論文 -  体験的作曲家論 : 自作品とジェルジ・リゲティの作曲クラス https://t.co/GWUnWKLBrk
RT @dlit: 『筑波日本語研究』の23号に「音形の有無が項の認可に与える影響 : ゼロ代名詞と削除」という論文を書きました。大昔発表した日本語の右方節点繰上げに関する記述が簡単にまとめてあります。リポジトリ:https://t.co/ZKnjUiF8AL
吉松隆《プレイアデス舞曲集》における作風の変化(阿部正樹)https://t.co/TioitaalLr
CiNii 論文 -  歌の力を考える-讃美歌412番「わがやまとの」の場合- https://t.co/dWjMOl0S4D #CiNii
CiNii 論文 -  『讃美歌』および『讃美歌第二編』の不詳曲 https://t.co/CdBKXKvQ1K #CiNii
CiNii 論文 -  明治時代に歌われた聖歌・讃美歌 https://t.co/XpoNy65pUC #CiNii
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 ニコルソン ショーン,チャールズ - 明治前期におけるルビの日本語学的研究 https://t.co/PJEKBsdBu5
RT @BungakuReportRS: 荊木 美行 -  『日本書紀』のテキストと注釈書 : 明治以降を中心に https://t.co/CpTvdbFqtB
RT @BungakuReportRS: 福田 博美 -  「おはしょり」形成の過程 https://t.co/YbmEoc7q2C
CiNii 論文 -  感情表出動詞の人称制限と変化後の局面の二重性 https://t.co/eaxDE9caW4
CiNii 論文 -  万葉旋頭歌の成立と展開 https://t.co/1aE6kcq14k
証拠性に基づいた感情表現の人称制限についての日中対照研究 Japanese-Chinese Contrastive Research on the Person Restriction of Emotional Expressio… https://t.co/NrYbyX2nrT
マーカーに注目する中日感嘆文に関する一考察 : "多么"型と「なんと」型をめぐって (特集 日本語と中国語の「感嘆」) A Study on Exclamatory Sentences in Chinese and Japanes… https://t.co/D1QxUqRWAH
小地域地名の語尾と自然災害リスクの関連性 Relationships between Suffixes of Small-Area Place Names and Natural Disaster Risks https://t.co/Ufh3IvsjPW
万葉集における不定疑問文について https://t.co/oW80tPJpJw
歌語としての「須兒」 : 万葉愚説史の一端 A poetic diction of "Suko or Sugo" (a lowly person) : A study on the history of misreading "M… https://t.co/VUyRn087w2
吉井健 体言の並立について https://t.co/RekUAhnoAw
RT @inotti_ele: @marxindo https://t.co/ByCq0VP7C2 「学生」の起源--教育における呼称の歴史的研究 創価大学大学院紀要 31, 161-184, 2009 岩木 勇作 によれば、明治14年6月の太政官達と同年8月に旧東京大学初代綜…

268 0 0 0 OA 犬狗養畜傳

RT @NIJL_collectors: >RT 江戸時代唯一の犬飼書『犬狗養畜伝』は、写本が国会デジタルで読める~ https://t.co/BhK99cYw6y 見もしらぬ人にもなるヽ犬の子に  なとかほとけの心なからん https://t.co/S8o4CTsyxG
文体における視覚的文体素の役割 : Twitter ユーザを対象とした文体パロディ中の絵文字を例に https://t.co/BcwhRCI7B9
『校本萬葉集』再検討 Reconsideration of "Kohon-Manyosyu" https://t.co/4hivCzv85P
@tmuro68 よくわかりません。ちなみに、この画像はこのページ(https://t.co/IqgRx3zDay)のスクショです。
上代における「連体形+コト」の分布と用法 (前田眞證先生定年記念号) https://t.co/BzcYi3yKDA
オノユヒルル ファリョンハン キョスハクスベ パンアン--ウェグゴロソ チョソノ キョユグル チュンシムロ https://t.co/t2xpT89c54
日本数学点字記号の歴史的変遷 Historical Changes of the Japanese Mathematic Braille Code https://t.co/2INOCR5EZc
CiNii 論文 -  幼児の下品な笑いの発達 https://t.co/rBgoa0vIin
「今の」+固有名詞・「昔の」+固有名詞 https://t.co/NQ5FFLgtiO
大蔵流虎明本における未詳の「ナ」に関する一考察 : 呼びかけ感動詞という解釈への異見として https://t.co/OK2ccdy4ZI
「応答詞」の品詞上の位置づけに関するノート https://t.co/w826riG8fS
RT @BungakuReportRS: 森田 雅也 -  鎖国下日本と世界に繋がる海の交易ルート : 西鶴文学を視座として https://t.co/dpeQWOru1d
RT @coda_1984: CiNii 論文 -  漢詩文の乱訓暴読を排す https://t.co/p68xs1oZLL #CiNii
肖海娜「日本語と中国語における名詞句の意味機能に関する対照研究」 https://t.co/iARB6dIlPE
CiNii 論文 -  鼻唇溝が法令線(ほうれい線)と呼称されているいわれについて : 観相書『奥秘観相霊抄の巻 全』より https://t.co/fhdIPJ74aj #CiNii
RT @nekonoizumi: 鍵RT CiNii 論文 - 伊藤博文をハクブンと呼ぶは「有職読み」にあらず : 人名史研究における術語の吟味 https://t.co/BF5Dj1Wul3 #CiNii ( https://t.co/OWXsviUwFb )
CiNii 論文 - ヘンリー・カウエルの内部奏法を用いたピアノ作品について https://t.co/mlBDKTXPmV #CiNii
CiNii 論文 -  副助詞「ガ」の存在 : 「カラガ」「テカラガ」を中心に https://t.co/ShysOTT13v #CiNii
CiNii 論文 -  ヘンリー・カウエルのトーン・クラスターを用いた初期ピアノ作品 https://t.co/ldNjFUNPaA #CiNii
CiNii 論文 - 古記録文化の形成と展開 : 平安貴族の日記に見る具注暦記・別記の書き分けと統合 https://t.co/uZrEglQE7j
CiNii 論文 -  中世後期以降の古記録(日記) 資料を 日本語史学的に扱う際の視点 主に中世末期以降の公家日記の場合 https://t.co/64j2r67CfK #CiNii
CiNii 論文 -  はやしことばの研究について https://t.co/Rt59yM9eMF #CiNii
CiNii 論文 -  広義逆接接続詞小考 https://t.co/EUzaliJCoG #CiNii
CiNii 論文 -  終助詞としての「ダ」と「デス」 https://t.co/GY4v7CKaYR #CiNii
CiNii 論文 -  複合格助詞「において」の史的考察 https://t.co/VhtRSIDgkr #CiNii
CiNii 論文 -  (ある流派の)日本語研究が認知言語学に与えるインパクト (シンポジウム 日本語研究から認知言語学的文法研究への貢献) https://t.co/oi3fB6tRd2 #CiNii
CiNii 論文 -  連体用法における「ナリ」と「デアル」 : 「母ぢゃ者」と「ねずみ色な鳥」 https://t.co/Dj6dWl0OKy #CiNii
CiNii 論文 -  「巨海代抄」の慣用表現『こそ…よ』について(洞門カナ抄用例集(一)) https://t.co/SsQjvPk4fI #CiNii
CiNii 論文 -  北川冬彦「戦争」 https://t.co/pU99BOdJ20 #CiNii
RT @rioh_kwsm: 今年の始めに刊行された拙論が、リポジトリで公開されました。以前リポート笠間の時評で言及していただいたものの続編となります。ご笑覧いただけましたら幸いです。 https://t.co/sLafjRR6Yu
天草版『平家物語』における助詞・助動詞の表記一覧と『日葡辞書』での記述 https://t.co/mAZSrULvaf #CiNii
パトロールとは(※webでのデータがおかしいだけで、論文そのもののタイトルはちゃんと「パロール」になってる) CiNii 論文 -  「言語ラング観」から「言語パトロール観」へのパラダイム転換 https://t.co/Hm2BmQFXDj
RT @koubemanzou: クジラの公式の話がリポジトリに公開されました。 https://t.co/xyxmMbPiRe

お気に入り一覧(最新100件)

CiNii 論文 - 田中 康二 - 小学教科書の敗戦 : 宣長国学の表象をめぐって(その1) https://t.co/SAptKGqUcN
藤井 嘉章 -  本居宣長の本歌取論 ―『新古今集美濃の家づと』評釈を通して― https://t.co/DRhSXq8YRu
CiNii 論文 -  東京語話者に見られる文末の「浮き上がり調」について : 「意志表現」と「勧誘表現」の場合 https://t.co/7x2sjVeh6d #CiNii
今野 真二 -  『節用集』と『日葡辞書』 https://t.co/juhO01DEHI
田中貴子.「けころす」考:神による殺人方法の一考察.2000. 学部のころに読んだ論文で、今まで読んだ論文の中でもトップクラスで面白かった。なぜに神罰が「けころす」と表現されるか、用例の検証方法も参考になった思い出。 https://t.co/mmTT9dyCaF
CiNii 博士論文 向井克年 - 上代日本語におけるク語法の研究 https://t.co/O25gnRCAGg
『筑波日本語研究』の23号に「音形の有無が項の認可に与える影響 : ゼロ代名詞と削除」という論文を書きました。大昔発表した日本語の右方節点繰上げに関する記述が簡単にまとめてあります。リポジトリ:https://t.co/ZKnjUiF8AL
5文型の源流を辿った論文。 宮脇正孝 (2012) 「5文型の源流を辿る: C. T. Onions, An Advanced English Syntax (1904) を越えて」 https://t.co/El0irvXwoN
福田 博美 -  「おはしょり」形成の過程 https://t.co/YbmEoc7q2C

13 0 0 0 OA チビ君物語

「すみません」の変化した形「すいません」の古例として把握できているのは、由利聖子『チビ君物語』の「どうもすみませんネ」 https://t.co/brkyGyFAEn 単行本は1939年。 『少女の友』への連載は1934-36あたりとのことだが、これは未確認。
機関リポジトリで私の論文が読めることに気づいた。 CiNii 論文 -  長野県下諏訪町方言のアクセント https://t.co/ErGlMrVkPj #CiNii
クジラの公式の話がリポジトリに公開されました。 https://t.co/xyxmMbPiRe
「生まれない方がよかった」という思想をめぐって https://t.co/5NZD7DezJE https://t.co/NCLlRlpF6X

337 0 0 0 OA 漢篆千字文 3巻

[象]界線をはみ出してるのカワイイ https://t.co/HyKnM3YKys https://t.co/9xKg1Uhez4
CiNii 論文 -  小学校国語科教科書・漢字辞典で部首の捉え方の異なる学習漢字 https://t.co/pLLw5mOiUC 教科書・漢和辞典間で部首の扱いが異なる漢字の一覧が載っている https://t.co/Ct17im6bai
鈴木円(2015)「日本における「スパルタ教育」理解」『學苑』892, 83-95. https://t.co/dqJReWLUV8 明治期以降の日本で「スパルタ教育」の概念がどのように理解され、肯定的に受容されていったかを追う。
中城 さと子 -  『紫式部日記』に見る『源氏物語』をめぐって https://t.co/KS0g5jq3gV
大変面白かったので! 異文化としての「蝶」 : 平安朝文学史の一隅(山田巖先生退任記念號) http://t.co/bjnIQL5T5O
この「近代日本における「文学部」の機能と構造〜帝国大学文学部を中心として」という論文は大変勉強になる。明治時代には文学部は政府にも軽視され入学者も集まらず東大文科大学ですら入試が成立しなかったのだそうだ。https://t.co/BIzXHjnFlZ
@killhiguchi 多くの架空の単語は外国(少なくとも日本ではない)のもの、つまり外来語の一種と考えられます。外来語のアクセントがどのように決まるかは難しいものがありますが、音配列によって定まるという研究があります: http://t.co/pcLRbQ9wAP
「言 語 學 原 論 註 釋 - J-Stage」なるPDFが: https://t.co/k88fskiY

フォロー(792ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @19cBungakuKen: 【19cの本筺6】『傍訓英語韵礎』明治5(1872)個人蔵。明治期ボール表紙本の最初の物の一つ。この頃から明治20年代初めにかけて、西欧の初等教育書を模倣したボール表紙打ち抜き綴じの簡易な洋装本が流行した。本書については鈴木徳三が最初に言及…
RT @ballforest: やさしい解説 これからベイズ統計を使ってみたい人に ――確率的プログラミング言語のすすめ―― https://t.co/b4sTZZd1QF
やさしい解説 これからベイズ統計を使ってみたい人に ――確率的プログラミング言語のすすめ―― https://t.co/b4sTZZd1QF
口笛の科学 : 口笛の吹き方から口笛検定まで https://t.co/zGeowq2utf
RT @okjma: @yhkondo @SDResq ハ行音を唇音にするなど良くないとして、「新撰音韻之図」というのを作った人が17世紀末、元禄時代の京都にいました。 『蜆縮凉鼓集』という本に入っています。 ハ行は「変喉」として、ア行の隣に置いています。 https://t.…
RT @okjma: @yhkondo @SDResq ハ行音を唇音にするなど良くないとして、「新撰音韻之図」というのを作った人が17世紀末、元禄時代の京都にいました。 『蜆縮凉鼓集』という本に入っています。 ハ行は「変喉」として、ア行の隣に置いています。 https://t.…
RT @okjma: @yhkondo @SDResq ハ行音を唇音にするなど良くないとして、「新撰音韻之図」というのを作った人が17世紀末、元禄時代の京都にいました。 『蜆縮凉鼓集』という本に入っています。 ハ行は「変喉」として、ア行の隣に置いています。 https://t.…
@yhkondo @SDResq ハ行音を唇音にするなど良くないとして、「新撰音韻之図」というのを作った人が17世紀末、元禄時代の京都にいました。 『蜆縮凉鼓集』という本に入っています。 ハ行は「変喉」として、ア行の隣に置いていま… https://t.co/IvwuHPxSrf
@GreenDeepForest 「だぜ」は、男言葉として使われた時代が実際にある名残の模様。 https://t.co/Mo4H0yomlA
@GreenDeepForest 「だわ」は、昔女性を中心に実際に使われてた時代がありますので、名残ですね。 https://t.co/eEsKKaIQUS https://t.co/5T9MQOvas9
RT @quiriu_pino: 小倉嘉夫, 倉恒康一, 中司健一, 長村祥知, 西田友広, 目次謙一「大阪青山歴史文学博物館所蔵「吉見家文書」の翻刻と解説」 大阪青山大学紀要 (11), 19-40, 2019-03-31 https://t.co/APh8zmluMa pd…
RT @livresque2: @okjma 宇野田尚哉「書を読むは書を看るに如かず――荻生徂徠と近世儒家言語論」岩波書店『思想』1991年11月號「近世思想史再考」 相原耕作「助字と古文辞学 : 荻生徂徠政治論序説」『東京都立大学法学会雑誌』(「《本論三》「読書不如看書」論と…
@KIRIMOCHY おそらく、この記事の裏付けを専門書で取れば、あるかないかで言えばある、と導かれるものと思われます。 他にも関連する分野に https://t.co/Gv2B7mil3E とかありますが、あとは、現実に判決の量… https://t.co/IeirgjcPNy
大野伴睦(万木)の句集、これか。ネットでは見られないが。 大野万木句集 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/LkpTIPfKYX
RT @BungakuReportRS: CiNii 論文 - 田中 康二 - 小学教科書の敗戦 : 宣長国学の表象をめぐって(その1) https://t.co/SAptKGqUcN
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 川内有子 - 異文化間交流における文学翻訳の研究 : 19世紀後半から20世紀初頭の日本とイギリスにおける「忠臣蔵」受容を題材として https://t.co/jLBwu1mDhf
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - JIN, Chunyu - 『燕喜詞』研究 https://t.co/JTQT39C0pf
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 崔雪梅 - 夏目漱石の漢詩研究 -連作と「断面的文学」という視点から- https://t.co/tvi9Ml1I8F
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - クルボノヴァ, グルノザ - 『源氏物語』の女性描写と表現 -ウズベク語訳に向けて- https://t.co/3UPx36TyPX
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 石丸羽菜 - 中世日本人による『孝経』注釈書の研究 https://t.co/OTrBVFeMGt
RT @MValdegamas: 佐々木先生は「漁業からみた普天間基地移設問題―襞に埋没する名護の海人」『現代思想』44:2(2016年)の人ですね。https://t.co/rc2ijYu5li
この昭和末期の論文 https://t.co/q90DkiSdyb だと、word processor のことを「作文系」と訳していて、なかなか趣深いです。
RT @khargush1969: なんと,みんぱくリポジトリでは,名著 小長谷有紀(1992)『モンゴル万華鏡 : 草原の生活文化』 角川書店 を全てオープンアクセスにしている! https://t.co/p35YM2TURp
RT @khargush1969: なんと,みんぱくリポジトリでは,名著 小長谷有紀(1992)『モンゴル万華鏡 : 草原の生活文化』 角川書店 を全てオープンアクセスにしている! https://t.co/p35YM2TURp
@terada50397416 「明治三二年二月 衆議院、国語調査会設置の豫算を否決す。」でしょうか。 https://t.co/NokBmNLKnb

4 3 3 1 OA 先民伝 : 2巻

「地名箋」よりも後のものになりますが「(長崎)先民伝」の本文(漢文)では、長崎を「崎」一字で表すのが普通で、「来崎」「遊崎」などが見えます。 https://t.co/4N49jLqXza 返り点が付いているので、ここでは、ライキ・ユウキではなく「崎に来る」「崎に遊ぶ」ですが。
あんまり かんけーないけど、てーかの 「和歌会次第」にわ、「詠字よむ様説々多/亡父之説雖有説々よめると読可用之/清輔朝臣なかむると読不用他説/又説ゑいせる〈江帥以之為宜云々〉」 https://t.co/HsoXJTiKBT と あるとゆー。

78 2 2 0 OA 延喜式 : 校訂

メモ: 悠紀國獻當時鮮味。次國司引歌人入奏國風。 悠紀ノ国当時ノ鮮味献。次ニ国司歌人ヲ引入テ国風ヲ奏ス。 『延喜式 : 校訂. 上巻』巻7 142コマ https://t.co/1wKSsAPnjr
CiNii 論文 - 田中 康二 - 小学教科書の敗戦 : 宣長国学の表象をめぐって(その1) https://t.co/SAptKGqUcN
CiNii 論文 - 田中 康二 - 小学教科書の敗戦 : 宣長国学の表象をめぐって(その1) https://t.co/mHP8kRNzak
CiNii 博士論文 - 川内有子 - 異文化間交流における文学翻訳の研究 : 19世紀後半から20世紀初頭の日本とイギリスにおける「忠臣蔵」受容を題材として https://t.co/jLBwu1mDhf
CiNii 博士論文 - 川内有子 - 異文化間交流における文学翻訳の研究 : 19世紀後半から20世紀初頭の日本とイギリスにおける「忠臣蔵」受容を題材として https://t.co/VBGDWRovn6
CiNii 博士論文 - JIN, Chunyu - 『燕喜詞』研究 https://t.co/JTQT39C0pf
CiNii 博士論文 - 崔雪梅 - 夏目漱石の漢詩研究 -連作と「断面的文学」という視点から- https://t.co/tvi9Ml1I8F
CiNii 博士論文 - クルボノヴァ, グルノザ - 『源氏物語』の女性描写と表現 -ウズベク語訳に向けて- https://t.co/3UPx36TyPX
CiNii 博士論文 - 石丸羽菜 - 中世日本人による『孝経』注釈書の研究 https://t.co/OTrBVFeMGt
https://t.co/xUroYgZSAh そのまんまbehavioral immune systemというのね
RT @quiriu_pino: こんな論文が出ていたようです。 舘 隆志「称名寺所蔵(金沢文庫管理)『心根決疑章』翻刻 : 達磨宗新出史料の紹介」 東アジア仏教研究 (17), 162-134, 2019-05 https://t.co/uaAg6S8XKp
CiNii 論文 -  山中延之『百衲襖(ひゃくのうおう)』に見られる助詞ノ・ガの使い分け https://t.co/GMA6doZ0my #CiNii
本文読めないけど、ちょっと気になる。 CiNii 論文 -  『宇治拾遺物語』のノ・ガ尊卑の実態について : 「ノ・ガ尊卑説」再考のための端緒として https://t.co/Lw85x8n30b #CiNii
こんなのを見つけた。 阿久津智「漢文の係り受け構造の図解」(『拓殖大学語学研究』 (141) 1-34, 2019-10-31) https://t.co/BSQAmN6DbG
@kankimura 政治学の教授の方(木村先生ではありません)でも、このようなページが存在するというのは(ご本人の手によってなったかどうかもわかりませんが https://t.co/Ge3dp07E3z (タイトルと、概要はなぜか二種類混ざっている(げふげふ

11 11 11 0 箱族の街

RT @Jutta_de_gusto: この首都圏国電暴動に先立って上尾事件があるけれど、単に国鉄労働者悪玉論ではなく、都市への若年世代の急激な人口集中がもたらしたさまざまな軋轢や当時の込み入った社会意識が利用者・同世代の目から捕らえられた隠れた名著に舟越健之輔『箱族の街』があ…
RT @ballforest: 音楽情報処理のための深層学習 https://t.co/ulpckBDq8G
RT @ballforest: 音楽情報処理のための深層学習 https://t.co/ulpckBDq8G
川上直秋「単純接触効果と無意識――われわれの好意はどこから来るのか」(『エモーションスタディーズ』、日本感情心理学会、2015)。これはウェブで読めるよ。https://t.co/kY5UmQ0lqU
参照1) https://t.co/m1bwkkoqQm (https://t.co/1AZxxbNgPv) 参照2) https://t.co/qTutuU0Us5
RT @LostmyPassw0rd: @yearman 促音による強調形の話は、この論文の第5章にありますね。 https://t.co/Pwob2RcmBz
RT @parasitology_as: 【プレスリリース】北海道に生息するヒグマに日本海裂頭条虫が寄生。サケが内陸まで遡上していた時代は、ヒグマの感染率はさぞ高かったのでしょうね。ヒグマのおしりから条虫がぶら下がっているステキな写真が載ってるので、ぜひPDFをダウンロードして…
RT @parasitology_as: 【プレスリリース】北海道に生息するヒグマに日本海裂頭条虫が寄生。サケが内陸まで遡上していた時代は、ヒグマの感染率はさぞ高かったのでしょうね。ヒグマのおしりから条虫がぶら下がっているステキな写真が載ってるので、ぜひPDFをダウンロードして…
三幣真理さんは幼児英語教育研究家なのでとりあえず論文は1つ書いてるね。英語論文は見つからなかったけどフランス語とかで書いてるのかもね>乳児に対する外国語指導の有用性について : 児童にみるフランス童謡の認知力の差 https://t.co/uIXS2BdnlR

2 1 1 0 OA 校異源氏物語

『校異源氏物語』からおなじところ(128コマめ)。平安時代の表記も、きっと、こんな感じなのだろう、と。漢字はほんとうにすくない。 https://t.co/rqigddh57X https://t.co/PHJloVSwTe

フォロワー(1024ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @19cBungakuKen: 【19cの本筺6】『傍訓英語韵礎』明治5(1872)個人蔵。明治期ボール表紙本の最初の物の一つ。この頃から明治20年代初めにかけて、西欧の初等教育書を模倣したボール表紙打ち抜き綴じの簡易な洋装本が流行した。本書については鈴木徳三が最初に言及…
RT @ballforest: やさしい解説 これからベイズ統計を使ってみたい人に ――確率的プログラミング言語のすすめ―― https://t.co/b4sTZZd1QF
やさしい解説 これからベイズ統計を使ってみたい人に ――確率的プログラミング言語のすすめ―― https://t.co/b4sTZZd1QF
口笛の科学 : 口笛の吹き方から口笛検定まで https://t.co/zGeowq2utf
RT @okjma: @yhkondo @SDResq ハ行音を唇音にするなど良くないとして、「新撰音韻之図」というのを作った人が17世紀末、元禄時代の京都にいました。 『蜆縮凉鼓集』という本に入っています。 ハ行は「変喉」として、ア行の隣に置いています。 https://t.…
@yhkondo @SDResq ハ行音を唇音にするなど良くないとして、「新撰音韻之図」というのを作った人が17世紀末、元禄時代の京都にいました。 『蜆縮凉鼓集』という本に入っています。 ハ行は「変喉」として、ア行の隣に置いていま… https://t.co/IvwuHPxSrf
@GreenDeepForest 「だぜ」は、男言葉として使われた時代が実際にある名残の模様。 https://t.co/Mo4H0yomlA
@GreenDeepForest 「だわ」は、昔女性を中心に実際に使われてた時代がありますので、名残ですね。 https://t.co/eEsKKaIQUS https://t.co/5T9MQOvas9
RT @livresque2: @okjma 宇野田尚哉「書を読むは書を看るに如かず――荻生徂徠と近世儒家言語論」岩波書店『思想』1991年11月號「近世思想史再考」 相原耕作「助字と古文辞学 : 荻生徂徠政治論序説」『東京都立大学法学会雑誌』(「《本論三》「読書不如看書」論と…
@KIRIMOCHY おそらく、この記事の裏付けを専門書で取れば、あるかないかで言えばある、と導かれるものと思われます。 他にも関連する分野に https://t.co/Gv2B7mil3E とかありますが、あとは、現実に判決の量… https://t.co/IeirgjcPNy
RT @khargush1969: なんと,みんぱくリポジトリでは,名著 小長谷有紀(1992)『モンゴル万華鏡 : 草原の生活文化』 角川書店 を全てオープンアクセスにしている! https://t.co/p35YM2TURp
@terada50397416 「明治三二年二月 衆議院、国語調査会設置の豫算を否決す。」でしょうか。 https://t.co/NokBmNLKnb

4 3 3 1 OA 先民伝 : 2巻

「地名箋」よりも後のものになりますが「(長崎)先民伝」の本文(漢文)では、長崎を「崎」一字で表すのが普通で、「来崎」「遊崎」などが見えます。 https://t.co/4N49jLqXza 返り点が付いているので、ここでは、ライキ・ユウキではなく「崎に来る」「崎に遊ぶ」ですが。
あんまり かんけーないけど、てーかの 「和歌会次第」にわ、「詠字よむ様説々多/亡父之説雖有説々よめると読可用之/清輔朝臣なかむると読不用他説/又説ゑいせる〈江帥以之為宜云々〉」 https://t.co/HsoXJTiKBT と あるとゆー。

78 2 2 0 OA 延喜式 : 校訂

メモ: 悠紀國獻當時鮮味。次國司引歌人入奏國風。 悠紀ノ国当時ノ鮮味献。次ニ国司歌人ヲ引入テ国風ヲ奏ス。 『延喜式 : 校訂. 上巻』巻7 142コマ https://t.co/1wKSsAPnjr
CiNii 論文 - 田中 康二 - 小学教科書の敗戦 : 宣長国学の表象をめぐって(その1) https://t.co/mHP8kRNzak
CiNii 博士論文 - 川内有子 - 異文化間交流における文学翻訳の研究 : 19世紀後半から20世紀初頭の日本とイギリスにおける「忠臣蔵」受容を題材として https://t.co/VBGDWRovn6
https://t.co/xUroYgZSAh そのまんまbehavioral immune systemというのね
@kankimura 政治学の教授の方(木村先生ではありません)でも、このようなページが存在するというのは(ご本人の手によってなったかどうかもわかりませんが https://t.co/Ge3dp07E3z (タイトルと、概要はなぜか二種類混ざっている(げふげふ
RT @ballforest: 音楽情報処理のための深層学習 https://t.co/ulpckBDq8G
RT @ballforest: 音楽情報処理のための深層学習 https://t.co/ulpckBDq8G
川上直秋「単純接触効果と無意識――われわれの好意はどこから来るのか」(『エモーションスタディーズ』、日本感情心理学会、2015)。これはウェブで読めるよ。https://t.co/kY5UmQ0lqU
参照1) https://t.co/m1bwkkoqQm (https://t.co/1AZxxbNgPv) 参照2) https://t.co/qTutuU0Us5
RT @GlobalAgendaEN: @Manjo_Shima @papurika_dreams 以下論文。本当に光熱費の無駄使い 「日本住宅の開口部の #断熱性能基準 最も厳しいのは北海道の 2.33[W/m²・K]だが、この基準には遵守義務がない。しかし独や米国 では既…
RT @LostmyPassw0rd: @yearman 促音による強調形の話は、この論文の第5章にありますね。 https://t.co/Pwob2RcmBz
RT @parasitology_as: 【プレスリリース】北海道に生息するヒグマに日本海裂頭条虫が寄生。サケが内陸まで遡上していた時代は、ヒグマの感染率はさぞ高かったのでしょうね。ヒグマのおしりから条虫がぶら下がっているステキな写真が載ってるので、ぜひPDFをダウンロードして…
RT @parasitology_as: 【プレスリリース】北海道に生息するヒグマに日本海裂頭条虫が寄生。サケが内陸まで遡上していた時代は、ヒグマの感染率はさぞ高かったのでしょうね。ヒグマのおしりから条虫がぶら下がっているステキな写真が載ってるので、ぜひPDFをダウンロードして…
三幣真理さんは幼児英語教育研究家なのでとりあえず論文は1つ書いてるね。英語論文は見つからなかったけどフランス語とかで書いてるのかもね>乳児に対する外国語指導の有用性について : 児童にみるフランス童謡の認知力の差 https://t.co/uIXS2BdnlR

2 1 1 0 OA 校異源氏物語

『校異源氏物語』からおなじところ(128コマめ)。平安時代の表記も、きっと、こんな感じなのだろう、と。漢字はほんとうにすくない。 https://t.co/rqigddh57X https://t.co/PHJloVSwTe