森村 雄之 (@hushmark)

投稿一覧(最新100件)

@fumizukisho_nnc もういっそのこと #猫 は #トリプトファン → #ナイアシン 変換がムリとみなして https://t.co/Tcx8YD2jmO 含有量を「ご購入前にお問い合わせ」ですヮ♡ 可能なら #ベタイン #ビタミンE #オメガ3脂肪酸 関連で言及された「ちゃんとしたプロダクト」#トムキャット を標準に考えるのがよさそうです
遺伝子多型と日本人の栄養 https://t.co/mZOVvruwt9 https://t.co/fE2YxQkwk6

1 1 0 0 OA 史前の窯業

@Yamanagoya1Yama 野生動物は誰から教わらなくても岩塩を夢中で食べるそうですね(森に岩塩を盛り塩にしておくと鹿が寄ってくる猟の仕方があったが残酷だとの判断から禁止された) 類人猿≒ケトン人仮説は牧畜と製塩で供給が安定していないと成立しにくいので、考察を深める必要があります https://t.co/pzYrEHq2nf
RT @LilacLAB: @hushmark 「高ミネラル含量のドライキャットフードを給与しても尿路結石は形成されない」という論文ありました。まだMg除去したカリカリがメインですかね~ 昔の実験がすべて正しいわけでないので、ストルバイトの尿路結石とMgの関係性を検証してカリカ…
RT @hushmark: @eri010k @a_iijimaa1 Mgは脂肪酸代謝でも精神的健康に関連し https://t.co/YrMZc1eQQt 他方で短期間に食費の年間総支出額で肉・パン(飽和脂肪酸・精白小麦優勢)が半分以上を占める世帯が増え、繊維不足・後成遺伝子…
RT @thirokazu_uc: 地域在住の年配の日本人女性におけるタンパク質およびマグネシウム摂取量と前虚弱および虚弱の有病率との関連 #マグネシウム  https://t.co/rcnnay1GxX
RT @mgv_tetsu: 味噌汁は赤味噌、鰹一番だし、ナスの組み合わせが一番抗酸化能が高くなった。 鰹一番だし→混合だし→昆布だし→鰹二番だし→煮干しだしの順で抗酸化能は下がる。 ナスは基準の味噌汁の二倍に。ナスに含まれるアントシアニン、クロロゲン酸が抗酸化能を高めたと…
RT @mgv_tetsu: B2やナイアシンはグルタチオンの再生にも関与するのね♪ そして改めてアスタキサンチン強力すぎる
@Sakato0 サプリが手軽で高効率なのは間違いないけど、食事の代わりにはならないのはなぜか、と考えた時に両側から追い込んでいくと面白いのよね
RT @hushmark: 続き https://t.co/zsHhWNe19Y 味噌とその中のリジン +ビタミンCで亜鉛吸収・コラーゲン生成促進 +にがり、ビタミンDでカルシウム吸収促進/調節効果 他方、醤油の醸造ではアルギニン分解過程でオルニチンとチトルリンが生成…
RT @hushmark: @AaronOtsuka @Alzhacker ヨウ素やセレンを含む海藻類の他、にがりやマルチミネラル、最低でも亜鉛とMg(Na/K比は豊富なMgで調節される。経皮吸収含む)を摂りたいところですね。 一般に植物性蛋白質は動物性蛋白質に比べて亜鉛の吸…
@Sakato0 #キウイ #パパイヤ #パイナップル あたりは #酵素 の定番だからねー #新型コロナウイルス #COVID19 で注目される #フェルラ酸 を #玄米 より250倍多く作るAL菌とは? https://t.co/eqMrCIqzpD #カゼイン よりはるかに分解しにくいものとは? https://t.co/zdzc2prHgU あたりが本日のトピック✨
RT @Sakato0: ”炭水化物源としてショ糖を約2週間摂取させたラットの肝臓脂質の蓄積(おもにトリグリセリド)を,食 餌に0.1%添加したミオイノシトールが抑制することを明らかにした” ショ糖摂取の脂肪肝を抑制すると。ミオイノシトールには果糖の害を抑える作用があると言っ…
RT @hushmark: ⚪栄養素代謝物としてのマグネシウムの重要性 ─特に栄養素の代謝については,生理および生化学的指標の変化と結び付けられるような遺伝子の発現変化,また生化学データでは捉えることが出来ない変化など,Mg欠乏による栄養素代謝への影響を理解する上で重要な知見…
@anemos_snowdrop @Mahaa_kaal @Golden_Apple7 また口当たりをよくしリピート率を高める、均質性・安全性・低コスト実現のために #糖質 ( #糖類 )や #脂質 も加工/精製品の組み合わせが大半 #マグネシウム は #五大栄養素 を始め600~間接的には数千の #酵素 反応に関わるので、常識化していない現状はかなりヤバイです https://t.co/WGaEFK3H3o
#グルタチオン が #ビタミンD 調節遺伝子と糖代謝遺伝子を刺激してビタミンDの血中濃度を高め、ビタミンD欠損症の治療に有効とな #マグネシウム もビタミンDの調節因子だが、欠乏により脂質過酸化が亢進し、グルタチオン代謝(GPX活性低下)にも影響するとみられているぞよ https://t.co/WGaEFKlhUW https://t.co/YutdDZFo8r
RT @chris19741128: アスペルギルス・オリゼーNK 菌発酵穀物胚芽による マウスのデキストラン硫酸ナトリウム惹起大腸炎に対する 防御効果とその機序 https://t.co/ChuaP3mxAV
RT @hushmark: @netkurasi @Sakato0 麹菌の産生するアスペルジロペプシンなどはペプシンを活性化させますね。 「ペプシン型酸性プロテアーゼ」というヤツです。 https://t.co/Sgx8Wgjii7 さらに胃のpHが2に達するのは固形物が…
大豆の #トリプシンインヒビター (TI)は0にはできないが 適量摂取でインスリン分泌量が増え #糖尿病 や #膵臓がん の予防、がん細胞の増殖抑制効果があることが分かってきたらしい https://t.co/DyYvXR1Eaw また生来、膵分泌性のTIがあり https://t.co/wcNQrOJO14 TI除去きな粉も開発されている https://t.co/dv4hjYnINW https://t.co/ij1MMooZyu
RT @taimahak: 厚労省が調査、作成した「繊維型大麻草およびその濃縮物中のカンナビノイド含有量の調査」が興味深い。分かってんなら、さあ。。 https://t.co/eWJ9szoP6b
@_O_O_AtR__USSS @EARL_Med_Tw 通知が届いておらず返信が遅れました 論文はこちら https://t.co/69tpi79c1A 厳密には"とぎ汁"ではない(農業利用ならある)ですが、趣旨は伝わるかと 確かに工業製品的な食品安全性基準から見るとコンタミの塊ですが、世の中には工業製品でもシュールストレミングみたいなものもありますからね(笑
RT @coup2oeil: フッ素の入っていないお茶など存在しないのでな。(紅茶、烏龍茶含めて) お茶飲むのをやめたらいいんじゃないか。 https://t.co/Ah9rFZ1QSo
RT @thirokazu_uc: 亜鉛要求酵素の活性変動を分子基盤とした #炎症性腸疾患 の病態解析と新規治療戦略の探索 細胞外ATP代謝の破綻が引き起こす様々な炎症性疾患の根本原因が、亜鉛欠乏症に依る亜鉛要求性酵素の活性低下に基づくものである。 #潰瘍性大腸炎 #クロー…
RT @Hussain0825: @AOAge2014 社会ユーモア・モダン語辞典です。 国会図書館のデジタルアーカイブで閲覧可能ですよ。 https://t.co/u7Xl2Zalhi
@netkurasi @Sakato0 麹菌の産生するアスペルジロペプシンなどはペプシンを活性化させますね。 「ペプシン型酸性プロテアーゼ」というヤツです。 https://t.co/Sgx8Wgjii7 さらに胃のpHが2に達するのは固形物が滞留している時なので、食事の冒頭で液体を飲んだ際には作用が異なるはずです。 https://t.co/zLgtEWgwKt https://t.co/wPtwIWcEIR
RT @mgv_tetsu: B2やナイアシンはグルタチオンの再生にも関与するのね♪ そして改めてアスタキサンチン強力すぎる
RT @mrunkomanko: @brilliant_arcs @mikochaya @endmaoork 参考 ①三重項酸素と一重項酸素 https://t.co/m4oO8iqxhY ②一重項酸素の生成 https://t.co/E1yDD3Cafb
RT @toramam9: 一例報告になるほどなのね、昨日救命 CiNii 論文 -  低カリウム血症, 低マグネシウム血症により多型性心室頻拍, 心肺停止となった1例 https://t.co/CyveeHz6i6 #CiNii
RT @VF7c3SVUo6si6fH: フェルラ酸は、 小麦胚芽、小麦ふすま、玄米、 ライ麦、オートミール、大麦などが 多いようです https://t.co/hI6XWcWAEK
@ciaomagnolia65 ナラティヴ・アプローチですねー 「あえて空気を読まない」のさじ加減というか。 「課題設定・課題解決・ #広範性心理的逆転 」の関係性や 「ナラティヴモードとセオリーモードを頻繁に切り替える人との会話」には注意しています (^^) https://t.co/13SHEEW5kN
@sadamun3858 引用RTよりもこちらの方がコンパクトだった https://t.co/vjsSmPV514 よかったら比べてみて
@asobinokuni @healing_ruca2 白血球減少を伴う薬剤性再生不良性貧血で因果関係があるのはクロラムフェニコールの副作用のみ 【除草剤の可能性以外はない】と断定できるということは、除草剤成分が検出され特定可能だったはずですが 本当にそれ以外の可能性はありませんか? https://t.co/TO58SFzM9v https://t.co/BVWCs6e5Ks
現代の食事とサプリやプロテインなど高機能食に共通の栄養学的盲点は 「とにかく噛む回数が少なくなり、唾液をはじめとする消化酵素全般が分泌されず、それらが働く機会が少ない」こと。 https://t.co/TD9ncys7vF https://t.co/anVFx2scje https://t.co/9DAlcokXaW Another One Bites The Dust!!
菊芋に含まれる水溶性食物繊維イヌリン、血糖値上昇を抑制し、何とプレバイオティクス効果も100%とな イヌリンは腸内で酢酸塩を大量に発生させ、カルシウムの吸収促進効果もありますね。 https://t.co/oziqdr1lmI https://t.co/CwVA9d5EPV 乾燥物は漬物のような食感、生は天ぷらにするとおいしい。 https://t.co/xBYYdtTnoi
@yuko_candida 「遺伝子組み換えの納豆菌に化学物質を振りかけている」が気になり調べてみたところ 培地にグルタミン酸やグルコースを用いるのは確認できましたが 「振りかける」は見当たりません。 【グルタミン酸ナトリウムやアミノ酸】とありますが 「両方ともアミノ酸」ですよね? https://t.co/B1I2MBGRHZ https://t.co/JeS9yVYxta
@kanntiido @checkandbalanc3 @MIYAKE_YOHEI カルタヘナ法や食品衛生法、飼料安全法により、遺伝子組み換え作物の栽培は管理されています。 https://t.co/1q8BleAfmC https://t.co/qhTZvpAMGA 2005年から関連条例も制定されています。 https://t.co/y1n6Y3TRqK https://t.co/BpO0POeYST
RT @mgv_tetsu: は鰹だしを使用した方が少ない事も確認。 カツオ節由来の抗酸化物質の一つとしてクレアチニンを同定したが、他にもラジカル活性成分は存在するらしい。 鰹だしの抗酸化能は、畜肉類の加熱による酸化に対しても抑制される事が推測されている。 https:/…
@akatsuki_yy0503 @alod26 @shift_pn @maru5657 @Alzhacker 品種登録は ①区別性 ②均一性 ③安定性 ④未譲渡性 ⑤名称の適切性 の5要件を満たす必要があり https://t.co/zATWms3eti https://t.co/qhTZvpAMGA その判断は 現物主義 特性表主義 2つのうち 農水省の立場は 《現物主義を採用》 しており H27・31年度の知財高判決でも採用されていますね。 https://t.co/aRKsgeStkM https://t.co/WxIzGcyWNC
@ftakao2007 @MIYAZAKI_Takesh @joytosa @mamislow いえいえ、どう致しまして。 反対派とされる方々の主張を盛り込んだ論稿はこちらです。 https://t.co/qhTZvpAMGA ご参考になさってください。
続き https://t.co/zsHhWNe19Y 味噌とその中のリジン +ビタミンCで亜鉛吸収・コラーゲン生成促進 +にがり、ビタミンDでカルシウム吸収促進/調節効果 他方、醤油の醸造ではアルギニン分解過程でオルニチンとチトルリンが生成され、味噌の乳酸菌も同様の異化作用を持つ。 https://t.co/3mVE6RNq4j https://t.co/VgQZOF9QDp
@yuko_candida 「マグロ漁船 水銀」の検索トップです。 https://t.co/rj3bUXv88E https://t.co/GRc22k6Lbf 「味の付いていないマグロは野菜」だそうです(笑
RT @hushmark: @AaronOtsuka @Alzhacker ヨウ素やセレンを含む海藻類の他、にがりやマルチミネラル、最低でも亜鉛とMg(Na/K比は豊富なMgで調節される。経皮吸収含む)を摂りたいところですね。 一般に植物性蛋白質は動物性蛋白質に比べて亜鉛の吸…

18 0 0 0 OA 研究のスポット

RT @jikohonni: @Alzhacker ・納豆1パックの ナットウキナーゼで 線溶系(血栓を溶かす作用)の活発化が 6時間に渡って持続 https://t.co/69SgdrVfjV ・トロンボキサン生成阻害 https://t.co/4EWmYNrvgc ・t…
RT @saponin_man: #ビタミンC 濃度とNa依存性ビタミンCトランスポーター(#SVCT)の関係 SVCT1の一塩基多型(#SNPs)を有する人は正常型の人と比べて ➡️ビタミンC濃度が75%も低い 人によってビタミンCの必要量が異なるのは炎症等の病態生理に…
RT @mgv_tetsu: B2やナイアシンはグルタチオンの再生にも関与するのね♪ そして改めてアスタキサンチン強力すぎる
@thirokazu_uc はい、それとESM分解酵素はアルカリプロテアーゼっぽいのですが 発芽玄米麹は精白米に比べアルカリプロテアーゼ力価が高いらしいです https://t.co/HyWMbIhps1 蛋白質が胃や小腸で少しずつ分解されて大腸に到達した時点でペプチドになっていて、適切な酸化還元電位下で吸収されるのが理想ですね(笑 https://t.co/Wp7pwd51WO
@AaronOtsuka @Alzhacker ヨウ素やセレンを含む海藻類の他、にがりやマルチミネラル、最低でも亜鉛とMg(Na/K比は豊富なMgで調節される。経皮吸収含む)を摂りたいところですね。 一般に植物性蛋白質は動物性蛋白質に比べて亜鉛の吸収を阻害しやすいですが 味噌には亜鉛の吸収促進効果があります。 https://t.co/yUJ4IlXGdU
RT @Alzhacker: 健康なヒト被験者では、38度の軽度の全身温熱療法でも末梢血NK細胞数が増加した。ただし、局所温熱療法では効果がなかった。 https://t.co/xvPYqhDmd7 39.4℃で30分の全身温熱プロトコルを使用したグループでは、参加者のNK細…
RT @thirokazu_uc: エブセレンの胃粘膜損傷抑制作用機作と胃粘膜上皮粘液細胞株の樹立 https://t.co/vRFuqTMaDg
RT @Sakato0: ”ラクトフェリンは表皮細胞の細胞増殖や遊走を促進し,MMP-9の活性を増強することから,これらの作用を通じて創傷治癒を促進することが示唆された。” 2019年論文 https://t.co/rjzj2fHUYS
RT @ichikawakon: 「モージャー氏撮影写真資料」のリンクを以下に記しておきます。 「モージャー氏撮影写真資料」では、東京、名古屋、広島、大阪等の1946年(昭和21年)~1947年(昭和22年)ごろの写真が多数見られます。戦後間もないころの写真を見るのが好きな方…
RT @kazooooya: 【特集:第31回日本リスク研究学会年次大会 総説論文】https://t.co/cSY6GVYbY9 福島の甲状腺がんの過剰診断―なぜ発生し,なぜ拡大したか― 高野 徹 福島においては健康被害の発生を恐れて開始した検査で健康被害を出している,とい…
RT @mgv_tetsu: B2やナイアシンはグルタチオンの再生にも関与するのね♪ そして改めてアスタキサンチン強力すぎる
RT @thirokazu_uc: 低マグネシウム血症の回避に向けた革新的創薬基盤の構築 ※TNF-αによるMg2+流入の増加 TRPM6発現量と細胞内へのMg流入の低下は、TNF-αによって回復することが示唆された⁈ https://t.co/ebD8hGzo4d
RT @thirokazu_uc: 運動時のマグネシウムの有用性とメカニズムに関する研究 運動負荷は、ラットの見かけのマグネシウム吸収率が増加し、骨格筋におけるTRPM7(マグネシウム輸送チャンネル)の発現量を高めた。 消化管でも同様にTRPM7とCLDN16の発現が認めら…
RT @thirokazu_uc: マグネシウム欠乏ラットはマンガン欠乏、鉄欠乏が誘発されることが解明された。また、高リン食ラットでは副甲状腺ホルモンの分泌が増加し、腎臓カルシウムの沈着、活性型ビタミンD3の減少が起こるが、食餌中マグネシウム量を増加させると異常が改善することを…
RT @thirokazu_uc: アルカリフォスファターゼの構造 ・亜鉛(Zn2+)→2個 ・マグネシウム(Mg2+)→1個 ・カルシウム(Ca2+)→1個 https://t.co/ncfnsCJF3Z https://t.co/ZRwmv0noeF
RT @thirokazu_uc: 大腸の恒常性維持におけるマグネシウムの役割の解明 Mg2+トランスポーター(細胞外への排出)として働くCNNM4が腸管上皮の恒常性を制御する仕組みを明らかにする...。https://t.co/UwNLduK1iX
RT @thirokazu_uc: 亜鉛吸収を向上させる食品因子の探索 スクリーニングの結果、複数の「味噌」に亜鉛吸収を促進するトランスポーターZIP4の発現量を増加させる効果が認められた。 味噌汁が良さそうですね...。 https://t.co/2D8mwya3kD
RT @ItaruyTwit: 人生は基本的に不公平 遺伝子も然り 例えば葉酸を代謝するMTHFRは メチレーションという代謝経路の要だが 4割の人が40%低下 3割の人が70%低下 十分な人は3割だけ 格差や不公平は当然 だから社会は人々にチャンスを均等に与える必要がある…
RT @hushmark: 黄色ブドウ球菌は常在菌だから流石に病原性ではないだろうけど、それよりも添加していない乳酸菌が増えていることが意外。 https://t.co/vVGYFfNu81 てん菜糖やオリゴ糖を加えた場合だとさらに増えるのかも知れない。 https://t.c…
RT @mgv_tetsu: 体重70kgの人で一日に必要な最低糖質量がおよそ160g。脳はそのうち120g必要。 他の情報も探した限りでは1日の最低必要量は120〜160gの範囲で収まってる。 それプラスその人の活動量によって、必要な糖質量も変わってくるんだと今は思ってま…
RT @thirokazu_uc: 腸アルカリフォスファターゼ(IAP)活性化 亜鉛、マグネシウム、カルシウム、コバルト、マンガン https://t.co/loEHtPe1be https://t.co/GBRVZ4HTon ビタミンD https://t.co/8Y1…
RT @thirokazu_uc: 腸アルカリフォスファターゼ(IAP)活性化 亜鉛、マグネシウム、カルシウム、コバルト、マンガン https://t.co/loEHtPe1be https://t.co/GBRVZ4HTon ビタミンD https://t.co/8Y1…
RT @thirokazu_uc: 腸アルカリフォスファターゼ(IAP)活性化 亜鉛、マグネシウム、カルシウム、コバルト、マンガン https://t.co/loEHtPe1be https://t.co/GBRVZ4HTon ビタミンD https://t.co/8Y1…
RT @thirokazu_uc: Mg,Ca及びZnのヒトアルカリ性ホスファターゼ活性に対する作用 Mg,Ca及びZnは独立してALP活性を促進することが可能である。 https://t.co/loEHtPe1be
RT @coup2oeil: 論文の結論には「トリチウムの許容量付近のきわめて低レベルの濃度より高濃度のレベルに至る, 線量効果関係の詳細な定量的データを得た」とある。 その範囲に放出基準の60,000Bq/Lを含むからといって、危険が実証されたと考えるのは大きな勘違いだ。 h…
RT @thirokazu_uc: 近年,主に肝臓や小腸で発現している核内受容体である PXR/SXR がビタミンKのリガンドとして働き,標的遺伝子の調節を行うというメカニズムが報告されている。 https://t.co/inzivyYRXy ビタミンKがPXRのリガンドと…
RT @mgv_tetsu: コリン(卵、乳製品など)、カルニチン(赤身肉)の一部は腸内細菌の酵素によってTMAに変換→肝臓でTMAOに変換されて血液へ。 TMAOが高くなる人は、BacteroidetesよりもFirmicutsを多く含み腸内細菌叢の多様性が低い傾向。腸内細…
RT @mgv_tetsu: 糖質制限中は卵を食べると胃痛が酷くて断念していたけど解除してからは症状がなくなった
RT @thirokazu_uc: ヒト小腸上皮様細胞株Caco-2におけるビタミンK2のアルカリホスファターゼ活性および遺伝子発現への影響 本研究において、ヒト小腸上皮様細胞を用いて、ビタミンK2がALP活性および小腸型ALP遺伝子発現を増強させることを初めて示すことができ…
RT @mgv_tetsu: AGEs代謝を高める可能性♪ 大豆に含まれるサポニンB群には老化タンパクを分解するプロテアソームの活性を高める作用が報告されている。 酸化・糖化したタンパクを分解する酸化タンパク分解酵素(OPH)は角層中に存在し健康茶成分でOPH活性を増強させ…
RT @mgv_tetsu: B2やナイアシンはグルタチオンの再生にも関与するのね♪ そして改めてアスタキサンチン強力すぎる
@L7kYDYUG6wYKDgW @tunentl おっ、しらたまさんさすがですね。 一応、ネオニコチノイド系殺虫剤は完全分解・毒性除去の方法も見つかっているようですよ。 https://t.co/QcoOKBsSgu
RT @masa_hiko_t: この論文のここ。「しかしながら、その希少性が薄れ、音楽文化が多様化した現代においては、音楽家の多くは相反するより実質的な問題に直面している 。現代の文化傾向は、いわば暫時的な噌好性と多元的な趣味が混在した状態であり、近年の技術革新は音楽を(続く…
RT @L7kYDYUG6wYKDgW: ラクトバチルスさん増やすしかない。 https://t.co/U3vFCQCSzT https://t.co/i5JLomG7Uw
@L7kYDYUG6wYKDgW @ketobodymaker はい、麹は身体がBBAを産生するのを促進してくれるようで ◯体重・筋肉重量の増加による成長促進効果 ◯畜産飼料効率の改善 ◯脂質過酸化とタンパク質酸化損傷の抑制 ◯α-トコフェロール濃度上昇による酸化ストレス軽減効果 などがある模様。 https://t.co/RziaIIzdun https://t.co/WEzMOrchhF
RT @baikeido: 椎茸が無かったので、茶碗蒸しに舞茸を入れたら、一向に固まらなかったのも酵素のせいか! 80℃くらいの温度でも、活性が60%程度あるらしい https://t.co/U48uGVN51q https://t.co/VHaBTpdse5
RT @creamsupa: セルロース(食物繊維)摂取によって肉食でも菜食でもビタミンb1の腸内合成が促進されたという超古い研究。さつまいもにはセルロースが含まれてるから、糖の代謝の観点からさつまいもはやはり優秀なのよ。白米より高価だし痛みやすいのが弱点だが https://…
RT @thirokazu_uc: 口腔内短鎖脂肪酸の歯周組織と全身疾患に及ぼす影響 https://t.co/i9iS2Wr41F https://t.co/IcGzFCXcRP
RT @maru5657: 脳の胆汁酸 ラット Slc10a4 mRNAは黒質ドパミン作動性神経に高発現しており、6-hydroxydopamineの黒質への投与により引き起こされる傷害に伴いダウンレギュレーションすることから、ドパミン作動性神経の生存調節に関与する可能性が示…
RT @thirokazu_uc: 低亜鉛血症は大腸がんのリスクとされている。マクロファージが亜鉛欠乏状態に陥ることで、IRF5の核内移行が促進→炎症性サイトカインIL23p19の発現亢進→炎症性リンパ球であるTh17の活性化→大腸炎の増悪 新規亜鉛応答タンパク質の同定と大腸…
RT @thirokazu_uc: 共生と排除を司る粘膜マスト細胞 https://t.co/5AGTMMjieU https://t.co/f84SwEvMao
RT @thirokazu_uc: マグネシウムの予防的経口投与はP2X7受容体発現肥満細胞の結腸蓄積減少を通してマウスにおけるデキストラン硫酸ナトリウム誘発大腸炎を改善する Prophylactic Oral Administration of Magnesium Amel…
RT @thirokazu_uc: 亜鉛は IL-6/STAT3 シグナル伝達経路を抑制することにより炎症性疾患の発症を抑制している。 https://t.co/4A5gqpHpxQ https://t.co/XDgwjMgUo9
RT @thirokazu_uc: 婦人の不定愁訴とヒト常在性EBウイルスの活性化 本疾患患者はすべてEBV感染者であった。EBV活性化の指標とされている抗EA抗体において患者群の約9割が陽性を示し,本疾患でのEBVの活性化が示唆された。 https://t.co/rcc…
ちなみに《発酵食品工業に用いているA.oryzae,A.sojaeなどのセリンプロテアーゼにはエラスターゼ作用はない》。 有毒のアスペルギルスA.flavusやA.fumigatusと食用アスペルギルスA.oryzaeやA.sojaの関係は、丁度《キノコにおける毒キノコと食用キノコのような関係》にある。 https://t.co/Sgx8WgATGH https://t.co/ZPrV2Fmw3e
RT @thirokazu_uc: レチノイドシグナルによる免疫寛容の誘導と制御のメカニズム ビタミンA欠乏マウスでは経口免疫寛容が正常に誘導されないことを明らかにした。さらにその原因として、特に腸間膜リンパ節DCの性質変化が大きな関与をしていることを見出した。 https:…
⚪栄養素代謝物としてのマグネシウムの重要性 ─特に栄養素の代謝については,生理および生化学的指標の変化と結び付けられるような遺伝子の発現変化,また生化学データでは捉えることが出来ない変化など,Mg欠乏による栄養素代謝への影響を理解する上で重要な知見が得られた https://t.co/TprlOFOtEq
@eri010k @a_iijimaa1 Mgは脂肪酸代謝でも精神的健康に関連し https://t.co/YrMZc1eQQt 他方で短期間に食費の年間総支出額で肉・パン(飽和脂肪酸・精白小麦優勢)が半分以上を占める世帯が増え、繊維不足・後成遺伝子変異の影響も危惧されます。 https://t.co/eYzXfztzNE https://t.co/eCquc4CyUF https://t.co/uQrnusXJus
@eri010k @a_iijimaa1 〈根本的な栄養素代謝に関わるMg〉は統計的に不足が指摘され運動、頭脳労働、飲酒、喫煙、ストレス、服薬などで大量に消費されるため、当然、妊娠/出産でも失われ https://t.co/7iEluqYvOn Mg投与による大うつの早期回復の事例から、産後うつとMg欠乏との関連も考えられます。 https://t.co/sdIAp6hMSH
@eri010k @a_iijimaa1 出生~妊娠/出産に至る日常で慢性的栄養素不足/欠乏の原因が〈口当たりがよく食べ慣れたみんなと同じ食事〉にあることは自明で 白米を例に取ると糖代謝に必要なVB1を最大80%失っており(給食など)VB1強化米でもそれを作動させるMgは未配合、添加した場合も利用性が低いです。 https://t.co/7sGZg5cKlQ
@jyonasan1957 体力の回復には「生命維持に関わる根本的な栄養代謝」が必要。くれぐれもお大事に https://t.co/7sGZg5cKlQ https://t.co/J8czKPGChs https://t.co/7OJbaGSlg3 https://t.co/bVnYM0z5jx https://t.co/VqUvROmLix https://t.co/IvrEdX27FS https://t.co/sSuLJQmWYR https://t.co/7iEluqYvOn
@jyonasan1957 体力の回復には「生命維持に関わる根本的な栄養代謝」が必要。くれぐれもお大事に https://t.co/7sGZg5cKlQ https://t.co/J8czKPGChs https://t.co/7OJbaGSlg3 https://t.co/bVnYM0z5jx https://t.co/VqUvROmLix https://t.co/IvrEdX27FS https://t.co/sSuLJQmWYR https://t.co/7iEluqYvOn
@jyonasan1957 低カリウム血症ならマグネシウムを測定すること。 https://t.co/YsvFAVZDq7 心疾患があるならカルシウムはマグネシウムよりもかなり多くなっていることだろう。 https://t.co/GQlo7OOCcJ https://t.co/VjU8YDmNRT
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 突発性難聴に対する脱線維素原療法の経験(鈴木幹男),1994 http://t.co/zGlcSkF8Ji
@Senba_Kaientai ヒトが消化吸収できない食物繊維でも(発酵により)分解すること自体は可能で、それらは(吸収できなくても)酵素により腸内細菌の養分になるということ。 https://t.co/1mEbtzHI4k https://t.co/lLWHIsLH2i 医療費自体の増減を論じるよりも先に医療現場の「労働負担を根本的に軽減すること」が課題。

お気に入り一覧(最新100件)

乾燥大豆ペプチド8グラムを毎日 1 回、1 週間経口摂取したところ、白血球数は投与前に高値であった場合は低下し、一方低値の場合は増加を示し、調整作用が認められた。 え。。。やっぱ神の粉やん https://t.co/0qQJU3ZG4v https://t.co/0SuHepLvhY
@hushmark 「高ミネラル含量のドライキャットフードを給与しても尿路結石は形成されない」という論文ありました。まだMg除去したカリカリがメインですかね~ 昔の実験がすべて正しいわけでないので、ストルバイトの尿路結石とMgの関係性を検証してカリカリも改良してほしいですねhttps://t.co/gjtoXiKFLF
Association of Protein and Magnesium Intake with Prevalence of Prefrailty and Frailty in Community-Dwelling Older Japanese Women (open access) https://t.co/x7LrRm24aD #nutrition #diet #protein #magnesium
血清亜鉛のカットオフ値は80、 日内変動で午後採血なら10はかわると。カットオフ値以上でも、臨床症状があれば積極的に補充を。と。 ほんそれ。 https://t.co/NxfYXqGyea
市販の塩麹は、自家製塩麹に分解酵素の活性で劣るらしいです。 『自家製塩麹のカゼイン分解活性』 https://t.co/ucJkH9P8SI https://t.co/ZT2oNtOSAP
@eric7blog 農家です。 もちろん濃度にもよるのですが、除塩に使えて、なおかつ販売可能な農作物としてアイスプラントという植物が挙げられます。 J-stageに論文が上がっていますので、御参考までに。 https://t.co/lrnzdQoG1f https://t.co/qj9WjI4BqB
食酢がラットの鉄吸収を促進している カルシウムやマグネシウムの吸収促進もあって、ミネラル全般までリーチするのかもしれない クエン酸やビタミンCにも似たような効果があることを考えると 胃酸分泌の促進が主な機序だろうか
一例報告になるほどなのね、昨日救命 CiNii 論文 -  低カリウム血症, 低マグネシウム血症により多型性心室頻拍, 心肺停止となった1例 https://t.co/CyveeHz6i6 #CiNii
フェルラ酸は、 小麦胚芽、小麦ふすま、玄米、 ライ麦、オートミール、大麦などが 多いようです https://t.co/hI6XWcWAEK https://t.co/lapFVAuzrJ
クエン酸ナトリウムと乳化剤(界面活性剤)でエンドトキシンを分解できるという論文見つけた…! ソイジョイ食べるとやや楽になるのはそういうこと?! https://t.co/Ey7LMpyNrp
マグネシウム欠乏ラットはマンガン欠乏、鉄欠乏が誘発されることが解明された。また、高リン食ラットでは副甲状腺ホルモンの分泌が増加し、腎臓カルシウムの沈着、活性型ビタミンD3の減少が起こるが、食餌中マグネシウム量を増加させると異常が改善することを明らかにした。 https://t.co/G3vLhn2a4r
亜鉛吸収を向上させる食品因子の探索 スクリーニングの結果、複数の「味噌」に亜鉛吸収を促進するトランスポーターZIP4の発現量を増加させる効果が認められた。 味噌汁が良さそうですね...。 https://t.co/2D8mwya3kD
バナナを勧めない理由はセロトニンとオリゴ糖かな? https://t.co/pnzy0I2Olu https://t.co/7Dv9DZrJ2e
KAKEN — 研究課題をさがす | 消化管におけるフィチン酸の酸化ストレス防御機構の解析 (KAKENHI-PROJECT-11660127) https://t.co/2NzR5wRVRs https://t.co/WDeX1OdmBd https://t.co/KN3iR8bt0r
腸アルカリフォスファターゼ(IAP)活性化 亜鉛、マグネシウム、カルシウム、コバルト、マンガン https://t.co/loEHtPe1be https://t.co/GBRVZ4HTon ビタミンD https://t.co/8Y1mdviKdI ビタミンK https://t.co/inzivzgsP6 オメガ-3 https://t.co/vzuBqff89p クルクミン https://t.co/gj1hM2PgC7
腸アルカリフォスファターゼ(IAP)活性化 亜鉛、マグネシウム、カルシウム、コバルト、マンガン https://t.co/loEHtPe1be https://t.co/GBRVZ4HTon ビタミンD https://t.co/8Y1mdviKdI ビタミンK https://t.co/inzivzgsP6 オメガ-3 https://t.co/vzuBqff89p クルクミン https://t.co/gj1hM2PgC7
腸アルカリフォスファターゼ(IAP)活性化 亜鉛、マグネシウム、カルシウム、コバルト、マンガン https://t.co/loEHtPe1be https://t.co/GBRVZ4HTon ビタミンD https://t.co/8Y1mdviKdI ビタミンK https://t.co/inzivzgsP6 オメガ-3 https://t.co/vzuBqff89p クルクミン https://t.co/gj1hM2PgC7
近年,主に肝臓や小腸で発現している核内受容体である PXR/SXR がビタミンKのリガンドとして働き,標的遺伝子の調節を行うというメカニズムが報告されている。 https://t.co/inzivyYRXy ビタミンKがPXRのリガンドとして機能。そしてアルカリフォスファターゼも活性化!!
コリン(卵、乳製品など)、カルニチン(赤身肉)の一部は腸内細菌の酵素によってTMAに変換→肝臓でTMAOに変換されて血液へ。 TMAOが高くなる人は、BacteroidetesよりもFirmicutsを多く含み腸内細菌叢の多様性が低い傾向。腸内細菌によってガラリと変わるのが興味深いです
糖質制限中は卵を食べると胃痛が酷くて断念していたけど解除してからは症状がなくなった
ヒト小腸上皮様細胞株Caco-2におけるビタミンK2のアルカリホスファターゼ活性および遺伝子発現への影響 本研究において、ヒト小腸上皮様細胞を用いて、ビタミンK2がALP活性および小腸型ALP遺伝子発現を増強させることを初めて示すことができた。 https://t.co/inzivzgsP6
B2やナイアシンはグルタチオンの再生にも関与するのね♪ そして改めてアスタキサンチン強力すぎる
AGEs代謝を高める可能性♪ 大豆に含まれるサポニンB群には老化タンパクを分解するプロテアソームの活性を高める作用が報告されている。 酸化・糖化したタンパクを分解する酸化タンパク分解酵素(OPH)は角層中に存在し健康茶成分でOPH活性を増強させる可能性が示された。 https://t.co/8kDueBKHiL https://t.co/b0SX4JNzbx
セルロース(食物繊維)摂取によって肉食でも菜食でもビタミンb1の腸内合成が促進されたという超古い研究。さつまいもにはセルロースが含まれてるから、糖の代謝の観点からさつまいもはやはり優秀なのよ。白米より高価だし痛みやすいのが弱点だが https://t.co/vFmLwmbUZl
椎茸が無かったので、茶碗蒸しに舞茸を入れたら、一向に固まらなかったのも酵素のせいか! 80℃くらいの温度でも、活性が60%程度あるらしい https://t.co/U48uGVN51q https://t.co/VHaBTpdse5
口腔内短鎖脂肪酸の歯周組織と全身疾患に及ぼす影響 https://t.co/i9iS2Wr41F https://t.co/IcGzFCXcRP

フォロー(476ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @cromer_kn: こんな論文出てるんだ、知ってて生産してるのかな? 福岡のと殺場って、あの佐賀競馬の馬主の所? 馬刺し食べた人の体は調べてるの? 後遺症とかは、コロナみたいな? @Shokuhin_ANZEN
RT @toshiitoh: 「日本の歴史学にマルクス主義が与えた影響について多面的に検討する英文論集(共著)を英米圏で刊行する企画」があるのか。https://t.co/JL2im1u3pk
RT @toshiitoh: この科研の進行状況はどうなんだろうか。https://t.co/DKbhUigSYU
RT @toshiitoh: 網野善彦と共産主義運動との関係について、論文があったんだ。https://t.co/1hMwBCUHq8
RT @hushmark: 遺伝子多型と日本人の栄養 https://t.co/mZOVvruwt9 https://t.co/fE2YxQkwk6
RT @hushmark: 遺伝子多型と日本人の栄養 https://t.co/mZOVvruwt9 https://t.co/fE2YxQkwk6

フォロワー(1053ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @mkatolithos: 角田寿喜・後藤和彦「九州-南西諸島北部域の地震活動とテクトニクス」(地震2002)はよくまとまっていると思いますがこれ以降の進展も大きいのでそこがちょっと物足りない https://t.co/98HYHzaHOY
RT @cromer_kn: こんな論文出てるんだ、知ってて生産してるのかな? 福岡のと殺場って、あの佐賀競馬の馬主の所? 馬刺し食べた人の体は調べてるの? 後遺症とかは、コロナみたいな? @Shokuhin_ANZEN
RT @toshiitoh: 「日本の歴史学にマルクス主義が与えた影響について多面的に検討する英文論集(共著)を英米圏で刊行する企画」があるのか。https://t.co/JL2im1u3pk
RT @toshiitoh: この科研の進行状況はどうなんだろうか。https://t.co/DKbhUigSYU
RT @toshiitoh: 網野善彦と共産主義運動との関係について、論文があったんだ。https://t.co/1hMwBCUHq8
RT @hushmark: 遺伝子多型と日本人の栄養 https://t.co/mZOVvruwt9 https://t.co/fE2YxQkwk6
RT @hushmark: 遺伝子多型と日本人の栄養 https://t.co/mZOVvruwt9 https://t.co/fE2YxQkwk6
@aquamarine_drop 坂田先生も有名です。https://t.co/R3j5yAKVgO こんなのもありました。https://t.co/bQZo7M8LNU 難しいところは適当に読み飛ばすのがコツです(^^)/
@aquamarine_drop 坂田先生も有名です。https://t.co/R3j5yAKVgO こんなのもありました。https://t.co/bQZo7M8LNU 難しいところは適当に読み飛ばすのがコツです(^^)/
@aquamarine_drop 元々腸内細菌とか腸の研究している人しか知らないことです。私は20年前、微生物の研究室と短鎖脂肪酸で有名な先生の研究室の両方の先生方と一緒に腸内細菌の研究をしていたので知りました。それまでは全然知らなかったです。原先生→ https://t.co/BWS4zcHHxH
RT @hushmark: 遺伝子多型と日本人の栄養 https://t.co/mZOVvruwt9 https://t.co/fE2YxQkwk6