hataboSAN (@hataboSAN)

投稿一覧(最新100件)

RT @shinjotakuya: アピアランス支援には93項目!もあります。沢山のケアの工夫があります。飯野 京子 先生:『がん治療を受ける患者に対する看護師のアピアランス支援の 実態と課題および 研修への要望』 https://t.co/GpZkWHti1q
RT @Fizz_DI: 保険薬局における外国人患者とのコミュニケーションツールOMOTENASHIアプリを利用してのスタッフからの評価 https://t.co/jISPHZCIcw
J-STAGE Articles - 糖尿病薬物療法模擬体験学習の教育効果 https://t.co/rAk5baS2gS
J-STAGE Articles - 実務実習事前学習における服薬並びに患者指導の模擬体験教育プログラムの効果 https://t.co/gYn4zz5Yct
J-STAGE Articles - 日本の副作用報告書(JADER)データベースを用いた薬物誘発性光線過敏症の評価 こっちはヒドロクロロチアジドが多い https://t.co/duAbuRUbH7
RT @nitrotake: J-STAGE Articles - 薬剤師,薬学の登場するマンガ,コミックの歴史 サザエさんでは医薬分業に関する誤解がみられます https://t.co/KcYn5KKbqP まじか!
J-STAGE Articles - 薬剤アレルギーの最前線 https://t.co/Md9oBlMiZc
RT @kadsho: すごいなあ。 心不全に対するトルバプタン導入患者の体重及びBNP減少の予測因子に関する後ろ向き観察研究 #Yakugakuzasshi 2021 https://t.co/NfBfHU1X34
J-STAGE Articles - COVID-19パンデミック下での薬局薬剤師の役割 https://t.co/fwkkrEW8uu
J-STAGE Articles - Relationship Between Effects of Alcohol on Psychomotor Performances and Blood Alcohol Concentrations https://t.co/wsM7vJlAUU
J-STAGE Articles - 甲状腺癌に対する放射性ヨード治療の適応と実際 https://t.co/JT5uoxgtYG
RT @pinacol: 【S02-1】晩期心毒性なんてものがあるとなると、癌に関わる薬剤師以外の薬剤師も一定の役割が求められてきそう。 #jsphcs2020 https://t.co/TJhixuzfGT
日本におけるおたふく風邪の難聴の発生率 J-STAGE Articles - Incidence of Mumps Deafness in Japan, 2005–2017: Analysis of Japanese Insurance Claims Database https://t.co/5APej960ED
J-STAGE Articles - 肺がん診療における免疫関連有害事象の管理 https://t.co/WqxysaGPHm
J-STAGE Articles - 心身症患者におけるプラセボ効果に関与する要因 https://t.co/jm4CrwKxsj
J-STAGE Articles - AKIの疫学とリスク因子 https://t.co/tTsEpAkK5J
PTPの誤飲といえば J-STAGE Articles - 8個のPTP誤飲を内視鏡的に摘出した1例 https://t.co/qF1mGSAPuh
RT @kuriedits: 著者は千葉大のデザイン科学専攻。こういうデザイン学の研究は薬剤師だけではできないので貴重ですね。アカデミアでクロスさせると面白い研究がたくさんできそう(自分が大学にいたらAIで何かやりたいなあ)。 日本人とアメリカ人における OTC 医薬品選択時…
RT @syuichiao89: 誌上シンポジウム:Evidence-Based Medicine(EBM)教育:誰が,何を,どのように教えるか インターネット上でのEBMスタイル臨床教育プログラム ―設立背景とその影響 J-STAGEで公開です! J-STAGE Artic…
RT @intelli_pharmcy: 消エタがないから次亜塩素酸Na水溶液をスプレー容器に入れて使いたい、という相談を複数受けましたが、エアロゾル吸入による健康被害が生じ得ます。 よい子のみんなは清拭だけに使用して、噴霧使用はしないようにしようね! https://t.…
J-STAGE Articles - ロスバスタチンの糖代謝に及ぼす影響の検討―アトルバスタチンとの比較試験― https://t.co/xfEbVgnyTG
J-STAGE Articles - ソラフェニブによる手足症候群に対する尿素配合軟膏の予防投与の有効性 https://t.co/uuRXk2V7mK
J-STAGE Articles - VIII.てんかん患者の自動車運転と関連法律 https://t.co/KZGCrDncuX
J-STAGE Articles - 副作用の発見及び重篤化回避に対する薬剤師の介入効果とその解析 https://t.co/BeZ0IdLqt3
RT @kuriedits: かぜ薬の家族間の共有はしばしばありますが、とくに「パイロンPL顆粒」はご注意ください。 転倒転落事故は一般の約3倍とされる精神科において、PL顆粒の処方と葛根湯の処方による副作用発生を調べたアンケート調査。 精神科病院における総合感冒薬による転倒…
J-STAGE Articles - 芍薬甘草湯が無効で疎経活血湯が奏効したこむら返りの4例 https://t.co/ZycKWR0Ifl
J-STAGE Articles - 脱 “ガイドライン” のススメ https://t.co/fwqtrBTc5M
J-STAGE Articles - 変化は静かに,確実に訪れる https://t.co/VQfhJzRhXW
J-STAGE Articles - eHealth Literacy Scale (eHEALS) 日本語版の開発 https://t.co/75boQHYqTO
RT @EARL_Med_Tw: 尿路感染症に対してセフカペンピボキシル(フロモックス)による治療後に低カルニチン血症からの低血糖を呈した85歳男性の1例(Intern Med 2019 Jun27) https://t.co/Y0S6yk49DZ ピボキシル基をもつ経口第3…
J-STAGE Articles - トピックス2 ステロイド点眼薬の使い方 : コツと落とし穴(V.アレルギー疾患におけるステロイドの使い方,専門医のためのアレルギー学講座) https://t.co/kLJkwy5Dnd
J-STAGE Articles - Promotion of Balneotherapy in Semboku City and Bathing Accidents in T Hot Spring https://t.co/9vVQzSOprC
J-STAGE Articles - 生活機能の自立した高齢者における外出頻度の低下と食事摂取量減少の関連―高齢者の外出頻度低下は身体機能と抑うつ状態とは独立して食事摂取量減少リスクである― https://t.co/UCeEJtSiDG
J-STAGE Articles - 健康の社会的決定要因と農村医学 https://t.co/pmnwmii8eN
J-STAGE Articles - 「水分を多く摂取することで, 脳梗塞や心筋梗塞を予防できるか?」システマティックレビュー https://t.co/krJ454FOjS
J-STAGE Articles - アルファカルシドール製剤成分含量に及ぼす保存環境の影響 https://t.co/0TgbFWSv9U
宮城、愛知、大阪のコホート J-STAGE Articles - Coffee Consumption and All-Cause and Cardiovascular Mortality ― Three-Prefecture Cohort in Japan ― https://t.co/pvxMwGbWDY
J-STAGE Articles - Trends and Correlates of High-Risk Alcohol Consumption and Types of Alcoholic Beverages in Middle-Aged Korean Adults: Results From the HEXA-G Study https://t.co/TI9vHQ0ZhA
J-STAGE Articles - Associations of Overweight, Obesity, and Underweight With High Serum Total Cholesterol Level Over 30 Years Among the Japanese Elderly: NIPPON DATA 80, 90, and 2010 https://t.co/87fS5Rn4R7
J-STAGE Articles - Dental status is Associated with Incident Functional Disability in Community-Dwelling Older Japanese: A Prospective Cohort Study Using Propensity Score Matching https://t.co/lpoEkE1XJ6
J-STAGE Articles - 予防歯科学・口腔衛生学およびフッ化物応用に関する教育の29大学間の差異と教育時間の減少 : 予防歯科学・口腔衛生学教育の現状調査2011 https://t.co/YEI6O644UJ
J-STAGE Articles - 柴犬にみられた偽高カリウム血症 https://t.co/6AadJH1cMe
J-STAGE Articles - 「人間ドックにおけるストレスチェックリストの応用と有用性」 https://t.co/gP2NMxsNPC
J-STAGE Articles - 一般用医薬品の乱用による副作用の実態と患者背景との関連性に関する研究 https://t.co/Id7NyXXvjM
J-STAGE Articles - 精神科通院患者のカフェインに対する認識調査 https://t.co/JXj8cnVSl4
J-STAGE Articles - 医薬分業下における外来慢性疾患患者の服薬アドヒアランスと医療サービス評価の関連性:残薬削減とかかりつけ薬局を志向した実証研究 https://t.co/KLvBG3nUk2
RT @EARL_Med_Tw: ちょっと結論づけるのはまだ早い気はします。論文は以下から読めますが、質問紙法の研究で、ベースラインのADLを客観的かつ定量的に評価した研究ではないため、自立していてもADLが低めの人が入浴回数が少ないだけ、の可能性は十分にあると思います J…
自撮り写真の目にどれだけ盛れば魅力が下がるのか :「盛る」感性の性差・地域差の検討 https://t.co/OnQRy4TmNt

1 0 0 0 OA ATC/DDDとは何か

J-STAGE Articles - ATC/DDDとは何か https://t.co/ThuvhN1tHJ
J-STAGE Articles - 有害事象自発報告データベース(JADER)からみた医薬品による交通事故 https://t.co/Jfkizsi8Pt
J-STAGE Articles - 日米の有害事象自発報告データベースを用いた解析の比較と活用展望 https://t.co/LdsxX7vLVE
J-STAGE Articles - 2.ヘプシジンの発見とその後の発展 https://t.co/AHLmCPaqmr
J-STAGE Articles - III.鉄代謝と鉄欠乏性貧血―最近の知見― https://t.co/p7sdlYTtRH
J-STAGE Articles - 情報通信技術や機械学習を活用した精神疾患重症度評価への取り組み https://t.co/E8EJDUJ98s
J-STAGE Articles - Three Cases of Type 2 Diabetes Mellitus Worsened During Androgen Deprivation Therapy for Prostate Cancer https://t.co/p8UL6bdt2d
RT @EARL_Med_Tw: Twitterで熱中症のツイート数と救急患者搬送数には強い相関があり,ツイート内の共起ワードは熱中症とは直接関係性が考えにくい単語でも強い相関がみられた.Twitterで熱中症予備群を検出しやすくなる可能性がある.114003ツイートの解析(日…
J-STAGE Articles - 薬剤師解説 薬物治療の取り組みと留意 https://t.co/mKHRlQj9hi
J-STAGE Articles - 瘢痕性類天疱瘡, 水疱性類天疱瘡に対するニコチン酸アミド大量療法 https://t.co/6NoKO6qFyw
J-STAGE Articles - 水疱性類天疱瘡についての基本知識 https://t.co/Zo9XIVQXGq
J-STAGE Articles - 第10回ブレスローの健康習慣(質問紙による健康測定) https://t.co/KvlOsuP4C0
日野原先生 J-STAGE Articles - 生活行動変容の科学を知らなかった20世紀の医学と人間ドック https://t.co/vOPWU23MOO
J-STAGE Articles - 費用対効果分析に基づく医療給付制限の倫理的正当化 https://t.co/FUrmxue4Uk
J-STAGE Articles - 実体としての〈生と死〉、観念としての〈生と死〉 https://t.co/1QTfuCgU6F
J-STAGE Articles - 緑内障薬物治療薬の現状と未来 https://t.co/UBszHaJA5c
RT @hataboSAN: J-STAGE Articles - 病いの当事者性と患者の心 https://t.co/8xyD4Lva85
J-STAGE Articles - 病いの当事者性と患者の心 https://t.co/8xyD4Lva85
J-STAGE Articles - 【シンポジウム】 ◆わたしの病い、あなたの病い:病いの“当事者性”を考える https://t.co/AAh4bdEgHS
J-STAGE Articles - 《分かり合える》と《分かり合えない》のはざまで https://t.co/Iur8aloKNG
@kojima_aponet たぶんこれかな?と思います↓ https://t.co/1nRud58TET https://t.co/jLuu7OhxEa服薬支援装置-薬の飲み忘れ防止-見守り/
J-STAGE Articles - 地域緩和ケアにおける「顔の見える関係」とは何か? https://t.co/aNNDeq0eEH
J-STAGE Articles - いちばん大切なものとしての、および注意しているものとしての健康 : 戦後日本の健康至上主義 https://t.co/kUssU2CGAh
@bycomet 入浴介護に関連した体調不良・事故発生と入浴前血圧,体温との関連:症例対照研究 https://t.co/0dNaoxIWf5
J-STAGE Articles - 内服薬服用者を対象とした服薬行動に関する服薬阻害要因の影響 https://t.co/eWHUElIKLZ
J-STAGE Articles - 日本における医薬分業の過去,現在,未来 https://t.co/vYAdTeLmmz
J-STAGE Articles - 視覚障害者における健康診断・がん検診の受診と健康医療情報入手の現状:点字図書館・視覚障害者団体登録者への調査結果 https://t.co/VirsxmkUfp
J-STAGE Articles - 1.ACR/EULARによる関節リウマチの2010新分類基準 https://t.co/uB3w6xwrVd
J-STAGE Articles - 入浴介護に関連した体調不良・事故発生と入浴前血圧,体温との関連:症例対照研究 https://t.co/vyXv8pgHrQ
J-STAGE Articles - 温泉地の医療機関のこれから https://t.co/zIzHUHS2tO
J-STAGE Articles - 自律神経機能と感情尺度に着目したヒノキ浴槽の入浴に伴うリラックス効果 https://t.co/bRGeYoIQdv
J-STAGE Articles - 抗血栓療法継続下で抜歯を施行した患者の出血性合併症に関する臨床的検討 https://t.co/irA2ofICJT
J-STAGE Articles - 炭酸脱水酵素阻害薬の臨床 https://t.co/WUyp383nAO
J-STAGE Articles - 有害事象自発報告データベース(JADER)を用いた一般用医薬品の総合感冒剤による有害事象プロファイルの検討 https://t.co/9MqxxKcKgG
RT @kojima_aponet: やっぱりね 臨床試験段階では本剤による血圧上昇作用は明らかにはされなかったが JADER を利用した今回の検討では,ミラベグロンにおいて ROR: 7.52(95 %CI: 4.89-11.55)というシグナルを検出 【薬学雑誌】 htt…
RT @kojima_aponet: クレンブテロールでも血圧上昇作用が統計学的には有意ではなかったもの の傾向として認められた(ROR: 2.05, 95%CI: 0.66-6.41) クレンブテロールとミラベグロン併用の際には,血圧上昇の可能性についてモニターが必要 htt…
秋田県の農村における脳卒中の変遷と現状 - J-Stage https://t.co/MsXqodL64p
14介−25−口−05 高齢者の継続的なリズムダンス活動はアンチエイジングを可能にするのか? https://t.co/WlaOcpS89R
薬剤誘発性高血圧 https://t.co/cDp3Rm1YzY
RT @Historyoflife: 大村智先生の研究史の一端が読めます。マクロライド系抗生物質についてのエッセイ。最後にイベルメクチンについて書いてありますが、その前に動物用も作っておられたのは面白い。http://t.co/kjkW713kIp
RT @Historyoflife: 大村智先生の研究史の一端が読めます。マクロライド系抗生物質についてのエッセイ。最後にイベルメクチンについて書いてありますが、その前に動物用も作っておられたのは面白い。http://t.co/kjkW713kIp

409 0 0 0 OA 村岡花子童話集

RT @noyorin: 『みみずの女王』は当時はこんなのです>近代デジタルライブラリー 村岡花子童話集 http://t.co/IAqmJa6QE9

409 0 0 0 OA 村岡花子童話集

RT @noyorin: 『みみずの女王』は当時はこんなのです>近代デジタルライブラリー 村岡花子童話集 http://t.co/IAqmJa6QE9

お気に入り一覧(最新100件)

この点眼指導ビデオどこかで見られないのかな~。→点眼の滴下成功率と滴下部位のビデオ解析 https://t.co/ipT72uWzbj
エレキバン20日連続貼付で白癬の例(2020.5)。エレキバン以外でも起き得そうですね。エレキバンの説明書には貼付日数の記載はなかったと思いますが、公式サイトでは2〜5日の使用が目安とされています。 J-STAGE Articles - エレキバン貼付部位に生じた体部白癬 https://t.co/mjgkyd3037
そういえば、YOASOBI、ヨルシカ、ずっと真夜中でいいのに。の評論を発表しましたのでよかったらご覧ください(入手難易度高いと思いますが、、、)。「変わらない「夜」を求めて : 若者の音楽体験をめぐる一考察」https://t.co/2mN9P7VCiS
みーつけた。 案外古かった J-STAGE Articles - 薬局薬剤師を対象とした過誤当事者薬剤師への支援体制に関する全国調査 https://t.co/VGI15F0jVM
医療事故の当事者となった医療従事者のサポートに関する文献レビュー https://t.co/pcl1RDKGDe
IBD(潰瘍性大腸炎、クローン病)総説。 アザチオプリンとアロプリノールは併用せざるを得ないことはある。 ニュースのフェブリクの流れはあるが、アロプリノールは併用禁忌にはしない方が良い。 フェブリクはダメ、アロプリノールは注意だけどAZA減量して可。 https://t.co/GVdAOHxfSS
1年経過で読めるように やっぱり一包化は避けた方がいいみたい 【医療薬学 46(10) p606-612,2020】 スボレキサント(ベルソムラ®)錠の一包化調剤における安定性の検討 https://t.co/g740Gy7oHX
この研究、すごく時代を先取りしてたんだよな。ちょっともったいない気もする。 https://t.co/azPYHGRjDb
2017年10月に松本俊彦先生の日本児童青年精神医学会総会・教育講演の内容をまとめたもの 「ダメ、セッタイ」教育に代わるもの という問いかけは考えさせられる 【児童青年精神医学とその近接領域 (59)3, p278-282,2018】 人はなぜ依存症になるのか ─子どもの薬物乱用─ https://t.co/SEFalrRBTO
入院時の持参薬を対象としたDOACの使用実態調査(n=146) ・適正量で投与されていた割合:43.8~65.0% ・過少になりがち:ダビガトラン、抗血小板薬の併用 ・過多になりがち:エドキサバン 薬学雑誌.141(8):1009-13,(2021) https://t.co/WPXCJI0VTP
抗てんかん薬とビタミンD3について https://t.co/9p8aljPSvn
医薬品の個人輸入する人なんていないでしょ?って思うかもしれませんが20人に1人くらいと、少なくないんですよ。 J-STAGE Articles - テーマ:リスクが潜む医薬品の個人輸入:偽造医薬品だけにとどまらない危険性 https://t.co/QjN7jNE1Ji https://t.co/hKZ2wqbtI7
32.2±4.7歳の健康なボランティアでも、15mLの水でカプセルを服用した場合は14名中4名で食道停留が起こった、という報告。 Jpn J Rehabil Med.46(7):442-5,(2009) https://t.co/jZq6FMrVnX ・・・特に飲水制限等がない人は、多めの水(100mL程度)で服用した方が良さそう、というお話ですφ(..)
✅錠剤の色は「白」が最も好まれ、どんな色でも濃くなればなるほど抵抗感が増しそう。 ✅直径7mmの錠剤が最も飲みやすいが、9mmの錠剤が最も掴みやすく取り出しやすそう。 医療薬学.34(3):289-96,(2008) https://t.co/JGAsWnkpvV
J-STAGE Articles - ワクチン有害説を科学的に評価する https://t.co/eI9cL3EFVY
傾向スコアについての良さげなまとめがオープンアクセスだそうな
日本語での社会的処方の総説。「医療機関等を起点として,健康問題を引き起こしたり治療の妨げとなる可能性のある社会的課題を抱える患者に対して,その社会的課題を解決し得る非医療的な社会資源につなげること,またケアの機会となる社会資源を患者とともにつくる活動」 https://t.co/gKB1e77BzW https://t.co/a3zS4ObrYb
公衆衛生政策と人権 公衆衛生政策において私権制限は最小限とすべきことを前提として正当性、合理性、経済的負担、効果と効率、私権制限の程度、公平性、政策相互の整合性といった面から判断することを解説 https://t.co/XSuLBzPCLt
【日本人COVID-19にもスタチンは保護的?/ Circ J】 CLAVIS-COVIDレジストリ、CV高リスクCOVID-19入院1518例解析:入院時スタチン処方例 [31%]は併存症が多いにもかかわらず、ECMO装着率は1.4% [vs. 4.6%:非服用]。敗血症性ショックも1.4% vs. 6.5% [いずれも有意差]。 https://t.co/dBWorsggLK
すごく細かいけどたぶん大事なことだから言っておくと、ニュースリリースにこの研究がヒトではなくマウスを使った動物データであると明記していないのは、あまり良くないと思います。一般向けとはいえ、というか、むしろ一般向けだからこそ。薬理学会では記載しているのに。 https://t.co/NfDXcN17CJ https://t.co/mt1Is4D03D
当たり前といえば、当たり前の話。そして、亡くなったの女性の17歳という若さに胸が痛む。 ”薬剤購入状況の管理として市販薬も併せて管理することが大切だと思われる” ジフェンヒドラミン中毒により心肺停止をきたした1例…日本救急医学会関東地方会雑誌2021.2 https://t.co/gWKvXRo3R1
J-STAGE Articles - 薬剤師,薬学の登場するマンガ,コミックの歴史 サザエさんでは医薬分業に関する誤解がみられます https://t.co/KcYn5KKbqP まじか!
J-STAGE Articles - 医療の多様性と“価値に基づく医療” https://t.co/fZV3bmjjou
実はこんな論文で、患部大(患部と同じ大きさ)に添付文書変わったんだよね。(ちなみに足の絵書いた人 ノシ) サリチル酸絆創膏製剤の適正使用推進を目的とした調査研究 https://t.co/C77MwG86Ph https://t.co/FJF7Ue1pu8
J-STAGE Articles - 薬局から病院に移って見えてきた薬薬連携の課題と展望 https://t.co/4fjA8P6ser
3/28の午前中に日本薬学会のシンポジウムで私もお話させて頂く予定です。 [S03] アンチ・ドーピングと薬学〜ポストオリンピック・パラリンピックに向けたアスリートの視点そして薬剤師の視点 [S03-3] なぜスポーツファーマシストはカードゲームを開発したか?10:30〜11:00 https://t.co/LqtQV8Vutv https://t.co/srHyO4ApzI
J-STAGE Articles - 医薬品情報に関する患者のニーズとヘルスリテラシー https://t.co/zvO8flIZoD
いつの頃からか,名称の似た 「メンソレータム」と「メンターム」の2つの商品を薬店で見かけるようになった疑問が,ここを訪れることによって氷解した 【ファルマシア 56(3) p246-247,2020】 くすりの博物館をゆく 第31回 近江兄弟社メンターム資料館 https://t.co/VAMOrjiHZ1
【備忘】 久山町研究から、「冠動脈イベント・アテローム血栓性脳梗塞」(ASCVD)の10年間発生率予測スコア登場。 JAT https://t.co/OravFEhmzB https://t.co/psrygLcaLy
ひさびさに整形外科でファモチジンが処方されているのを見た。 改めて確認。 『肩石灰性腱炎に対するH2受容体拮抗薬の治療効果』 https://t.co/s4V3JSPVxy https://t.co/o4Uxjxg5j2
J-STAGE Articles - 企業から提供されている医薬品プロモーション用印刷物に記載されている有効性・安全性情報の客観性の検討 https://t.co/DDGYBtFQnR
>末期腎不全患者(CKD グレード5)における肝消失型薬剤の予期せぬ薬物動態変動に対する注意喚起 「末期腎不全時に腎外クリアランスが変動する薬剤とその要因」 日本腎臓病薬物療法学会誌.1(1):3-13,(2012) https://t.co/8pLq40L215 …辻本先生の総説だったφ(..)
【日本救急医学会関東地方会雑誌 41(4) p407-410】 ツロブテロールテープの過剰使用による中毒症が疑われた1例 https://t.co/EBmFG0CZYT https://t.co/Vts5XZT7vf
【日本救急医学会関東地方会雑誌 41(4) p407-410】 ツロブテロールテープの過剰使用による中毒症が疑われた1例 https://t.co/EBmFG0CZYT https://t.co/Vts5XZT7vf
「小児の急性咳嗽患者に対し,カルボシステインに加えチペピジンヒベンズ酸塩を投与すると,症状を遷延させる可能性がある」 マジ
【骨粗鬆症でCHF例のCV転帰増悪?骨予知因子は?/ Circ J】 日本、慢性心不全303例解析:40%に骨粗鬆症。「複数箇所骨密度低下」は「死亡・HF入院」の独立した予知因子。「複数箇所骨密度低下」と独立して相関していた因子は「女性」、「低歩行速度」と「ループ利尿薬」。 https://t.co/T9y0ywbZZe https://t.co/AkgkjQJFrp
アプセラの学会誌より 読んでおいて損はないと思いまする J-STAGE Articles - 薬剤師が行う薬学的視点に基づく症例報告の取り組み方 https://t.co/rZZo4Issey
ドラッグストアにおけるアンケート調査。 第一類医薬品を購入した顧客の薬剤師サービスに対する意識調査/日本プライマリ・ケア連合学会誌 https://t.co/ORZhLtCUB1
薬剤師自身の関心が薄く情報も少ない 地域薬剤師50名の内、 「依存や中毒が疑われる患者を目撃・発見したことがある」(50%) 「依存や中毒が疑われる患者に対して薬局内で対策がされていない」(90%) 「流行している中毒やその対応方法などの情報を入手する機会がない」(78%) https://t.co/KfEFhTXVd8
この分野は弱い 医師や看護師と比較し、薬剤師の労働量が医療安全に及ぼす影響を報告する研究は少ないうえに、エビデンスレベルの低い研究が多い 【日本医療・病院管理学会誌 57(3) p95-104,2020】 コメディカルの労働量が医療安全へ及ぼす影響: システマティックレビュー https://t.co/KXqi5nCOt5
「アセトアミノフェン坐剤」は製剤ごとに溶出挙動が異なり、100%溶出までの時間は38.4~124.1分とばらつきがあり、中には180分経過しても100%の溶出が得られなかったものもある、という報告。 医療薬学.41(10):714-21,(2015) https://t.co/ptDvGyPO00 ・・・やっぱり基本は経口かなぁと(´・ω・`)
これは読むと面白いですよ。 北海道の物ですがよく書かれています。 J-STAGE Articles - 不足する病院薬剤師の確保 https://t.co/urPHwQ5Apx
栄養ドリンク剤(フルスルチアミン)による固定薬疹。非常に稀だとは思いますが、知識としては知っておいた方が良さそうですね。 https://t.co/yLMU3xHMQb
この組み合わせに関する質問は結構ありますので、ご参考までに。 フィナステリドとミノキシジルを服用中に 出血性脳梗塞を発症した若年男性の 1 例 脳卒中2020 年42 巻 4 号 https://t.co/Jdr8YcyHq2
こうした研究はもっと欲しいな。 ”「コスパの良い」という表現は「安い」という表現に比べて,小売店舗に関する口コミ行動を促し,また対象店舗での購買促進にもつながる” J-STAGE Articles - “コスパの良い”は消費者の口コミと購買を促すのか? https://t.co/pVeVkokgvI
順天堂醫事雑誌 66巻別冊1号に「スポーツとアンチ・ドーピング 」の総論が掲載されました
面白いテーマ(笑)薬湯にも触れています。付言するなら、コロナ以降は在宅時間が増えたせいか、入浴剤の消費量は増えているはずです。 日本生気象学会雑誌 - 入浴剤の現状と展望 https://t.co/IqAHoxjYLn
30歳男性が、肉料理の香辛料として「ナツメグ」10gを香辛料として使用し、手の震え・発汗・浮遊感・動悸などの症状が現れたという報告(経過観察で症状改善)。 日本救急医学会関東地方会雑誌.39(2):285-7,(2018) 「ナツメグ中毒の1例」 https://t.co/8ekRxJqbhM
咳嗽におけるアズレンとポビドンの比較試験ってほとんどないのでこれは貴重かなと思います。結果に驚きはありませんが、感冒は対症療法しつつ自然軽快を待つので、痛みが強いならやはりアズレンがセオリーかなと思いました。 口蓋扁桃摘出術後の疼痛に対する含嗽療法の試み https://t.co/G87oICUFyU
JMDC の2017年4月~2018年3月のデータを解析 最も処方されたのは、葛根湯、小青竜湯、麻黄湯、麦門冬湯、五苓散の順 処方の85%で西洋薬と組み合わせて使用​​ 【Intern Med July 21, 2020】 Outpatient Prescriptions of Kampo Formulations in Japan https://t.co/pswXqKbadm
現在も世界各国で肝疾患などに広く用いられているウルソデオキシコール酸(UDCA)が世界で初めて発売されたのは,今から 60 年以上も前の日本においてであった 【薬史学雑誌 55(1) p13-20, 2020】 日本生まれの肝 ・ 胆 ・ 消化機能改善剤 ウルソデオキシコール酸開発の歩み https://t.co/4ptpV7mxIb
・1/17~2/26:「怖」の占める割合が高い ・2/27~3/29:「怖」が減少 ・3/30~4/5:「怖」と「哀」の極大値 ・4/6~4/30:「怖」が減少、「安」と「怒」が増加 ソーシャルメディアを用いた新型コロナ禍における感情変化の分析 人工知能学会論文誌.35(4):F-K_1-7,(2020) https://t.co/GAQbqJf6FT
”1 週間に Yahoo! 知恵袋に投稿された医薬品やセルフケアに関する質問は283投稿であったが、これは年間に換算すると1 万5千投稿にのぼると推定される。人が使用する医薬 品・セルフケアに関する多くの相談がネット上で投げかけられていた” <続 社会薬学   Vol.39 No.1 2020 https://t.co/7Y8OzggHvl
明薬大の報告 【社会薬学 39(1) p.35-39, 2020】 リフィル処方制度導入がもたらす経済性の効果予測 https://t.co/rXiwhJzOec
つぶあんよりこしあんのほうが優れているというエビデンスがあるのに見苦しい(こしあん過激派) https://t.co/0Qx7DEE7L0 https://t.co/uI28qajsZv
都内にある私立中高一貫校で調査 【栄養学雑誌 78(2) p57-65,2020】 中学1年生女子における鉄欠乏のリスク因子の検討 https://t.co/64XgCqW04v https://t.co/6MbWWq6Dm9
都内にある私立中高一貫校で調査 【栄養学雑誌 78(2) p57-65,2020】 中学1年生女子における鉄欠乏のリスク因子の検討 https://t.co/64XgCqW04v https://t.co/6MbWWq6Dm9
腎不全患者に集中発症したスギヒラタケ脳症 日本内科学会雑誌.95(7):1310-5,(2006) https://t.co/HBI1MZ4RFj …味噌汁や炒め物として食用されていたスギヒラタケの摂取と強く関連した、腎不全患者で起こる致死率の高い脳症…φ(..)
めちゃ尊いまとめです。薬疹を次の3つに分けて詳報していただいてます。ありがたやありがたや> ①薬疹報告が減った薬 ②薬疹報告が増えた薬 ③非アレルギー性の発疹報告などがある新薬 - 薬疹の変遷と診断/耳鼻咽喉科展望 https://t.co/KsBkUmidhQ
在宅薬学に寄稿しました! カナダでは、私のように日本生まれ日本育ちの薬剤師を受け入れる体制が整っています。 カナダにおける外国人薬剤師の教育プログラムについて https://t.co/S0x5vj2wNK
アボルブカプセルにおいて、PTPシート内外とカプセル表面においてデュタステリドの汚染が確認された報告 https://t.co/zvP4WxHvin
医薬品情報 2020 自発報告に基づくシグナル検出ができること、できないこと-その理論と実践- https://t.co/HlBnzIzNv3
【2020/2/6市販薬情報】花粉症薬で迷ったら店頭でご相談を。ここから先は医療従事者向け情報になりますが、日本耳鼻咽喉科学会総会ランチョンの内容はめちゃくちゃまとまっているので復習も兼ねて必読かと アレルギー性鼻炎治療における鼻噴霧用ステロイド薬の新たな位置づけ https://t.co/DsnTQb0CJy
薬学雑誌に公開されました!参加型EBM学習を一人でできちゃいます、教育効果しっかりあります!っていう論文です。高垣先生、清水先生に感謝です。。。ちなみに、講師やテーマに関係なく、効果ありです^^世に広まって欲しい! https://t.co/vw1HK9ypye
風邪に対する麻黄附子細辛湯と総合感冒薬(PL顆粒同等)を比較したら、麻黄附子細辛湯のほうが症状が早く消失したという報告(1996)。風邪に漢方薬を試したいなら、葛根湯以外も考えるといいですよ、という参考情報として。 かぜ症候群に対する麻黄附子細辛湯の有用性 https://t.co/R0dtMRYgbl
アリルイソプロピルアセチル尿素による薬疹。月経のたびに唇などに水疱出現。皮膚科数軒でアシクロビルを処方されたが、のちに生理痛薬による薬疹と判明。アリルイソプロピルアセチル尿素を含む市販薬は多い。https://t.co/M5koH0t0L5
ボルタレンではありませんが、セレコックスでは割と傾眠出やすかったりするので、なんとも…という感じではあります。坐剤使うような体調で車運転しないでというであれば正しい記載なのかもしれませんが、薬情の記載事項は難しいですね。 こんな論文もあります。 https://t.co/rLn8mcmRTZ https://t.co/C0tI4yxIxV
J-STAGE Articles - Giusti-Hayton法を用いた腎障害患者に対する腎消失型薬物の 用法・用量調節の妥当性に関する系統的文献調査研究 https://t.co/6UqvnlC4JD
低所得者では医師の診察を受ける機会が少なく入院が多い。 J-STAGE Articles - Household Income Relationship With Health Services Utilization and Healthcare Expenditures in People Aged 75 Years or Older in Japan: A Population-Based Study Using Medical and L https://t.co/flJ7k0hSy9
これが、おっしゃっていた論文を発表ですね。 キャンプから帰ったら正座して読みます。 日本における若手薬剤師の臨床能力評価ツールの評価 https://t.co/ztPKsz9HAR
J-STAGE Articles - 一般用医薬品の胃腸薬における制酸力の比較検討 https://t.co/uwZDILs3Tk
良い研究なのでシェアします。甘草による偽アルドステロン症の頻度について、今後多くの調査が必要としながらも 1g→1% 2g→1.7% 4g→3.3% 6g→11.1% という頻度推定値の暫定使用を提案。 甘草の使用量と偽アルドステロン症の頻度に関する文献的調査 https://t.co/RCmHDitg6P
ちょっと結論づけるのはまだ早い気はします。論文は以下から読めますが、質問紙法の研究で、ベースラインのADLを客観的かつ定量的に評価した研究ではないため、自立していてもADLが低めの人が入浴回数が少ないだけ、の可能性は十分にあると思います J Epidemiol 2018 Oct 27 https://t.co/f3YC9wHrCI https://t.co/r08VAI5E44
つい最近ツイッター上で話題になったテーマについてのLetter 反応が早いな 【日本補完代替医療学会誌】 妊娠中のハトムギ使用について https://t.co/4qYq1p8mDu https://t.co/xshmejGSKC
つい最近ツイッター上で話題になったテーマについてのLetter 反応が早いな 【日本補完代替医療学会誌】 妊娠中のハトムギ使用について https://t.co/4qYq1p8mDu https://t.co/xshmejGSKC
オープンになりました 【医療薬学】 病院および診療所における薬局との連携に関する調査 https://t.co/9sQHNSvxGQ
J-STAGE Articles - 不確実性に耐える:オープンダイアローグがプライマリ・ケアにもたらす新たな可能性 https://t.co/SFP8POFFA5
学生によるルーブリックの作成と自己評価が自律的動機づけに与える影響 https://t.co/JycUcW3l88
福井大病院薬剤部より。担当薬剤師は10年以上の経験者を1名固定、とのこと。副作用を疑うシグナルを拾えても、それが疾患関連かなどを評価するにはヒトの関与が必要なのですね。 医薬品副作用自動監視システムによる副作用検出の評価 #AVS #Iyakuhinjohogaku #医薬品情報学 https://t.co/KyECo7siXW
J-STAGE Articles - 「水分を多く摂取することで, 脳梗塞や心筋梗塞を予防できるか?」システマティックレビュー https://t.co/SHlJzALmIg
がん患者の薬剤師及び薬物療法に関するニーズを調査する質的研究 #YakugakuZasshi 2015 https://t.co/SDogCFj2I0 https://t.co/Pr2afiSRkR
載った(^-^) 武庫川女子大・西村先生とささやま医療センター上田先生との成果です。 https://t.co/IwOhDbqmwQ
やっと論文化されましたね(英文です) 【Intern Med】 A Retrospective Study on the Epidemiological and Clinical Features of Emergency Patients with Large or Massive Consumption of Caffeinated Supplements or Energy Drinks in Japan https://t.co/8WzkZyciNh https://t.co/bWUeSlKhPw
メルカリ,フリル,ラクマのパソコンサイトの検索機能から医薬品の出品画面を網羅的に抽出可能な検索キーワードを用い検索 【薬学雑誌 2017】 スマートフォン向けフリーマーケットアプリケーションにおける医薬品出品の現状と違反報告への対応 https://t.co/lXZvEqGxpi
興味深い報告です 薬学雑誌 早期公開 添付文書における抗インフルエンザ薬オセルタミビルとアマンタジンの精神神経系への重大な副作用の類似性(共通の薬理作用による可能性について) https://t.co/um4IqJUWa5
J-stageにアップされました 【社会薬学】 かかりつけ薬局が取り組むサービスに対する住民の意識とニーズに関する研究 https://t.co/vxehf6wEWC https://t.co/EaInSaCufz
正論を主張するのはもう永井先生くらいだろうな 【薬剤学 2017年 77 巻 1 号】 意識の国際化:“日本独特”では世界の薬学・薬剤師にはなり得ない―利己先行から公益先行の薬学・薬剤師への意識改革― https://t.co/YuypA0plgY
ノンアルコール飲料は飲酒や喫煙行動と関連があることが示唆された.さらに,未成年者のノンアルコール飲料摂取は家族の影響を受け易いことも明らかとなった 【薬学雑誌】 児童におけるノンアルコール飲料摂取が飲酒と喫煙に与える影響 https://t.co/z8oAM20T1z
野家先生のこの文献、フリーで読めますけど、これ、医療に関わる人は読んでおくと、興味深いかも。 聖路加看護学会誌 8(1), 50-51, 2004-06-23 https://t.co/lKfGXB3szt
山本美智子先生の投稿がいいなあ 【医薬品情報学】 コンコーダンスに向けた医薬品情報: 40年の研究生活とさまざまな医・薬学人との出会い https://t.co/gb3fEqabge https://t.co/s3H8RdUR8a
山本美智子先生の投稿がいいなあ 【医薬品情報学】 コンコーダンスに向けた医薬品情報: 40年の研究生活とさまざまな医・薬学人との出会い https://t.co/gb3fEqabge https://t.co/s3H8RdUR8a

フォロー(1222ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

関連付けが因果関係にある場合、家庭での朝食を増やすと、青年期の感情的/行動的問題が軽減され、心理社会的健康に役立つ可能性があります。 J-STAGE Articles - Skipping Breakfast and Eating Breakfast Away From Home Were Prospectively Associated With Emotional and https://t.co/f0n3wVkRl3
RT @yonesakiarenani: @RyuseiNagatomo1 @hanakihideaki 通りすがりの者ですが…『日本補完代替医療学会誌 2021年7月号』でこれら輸入イベルメクチンの品質評価が報告されております。私はこれをもとに個人輸入を決めました。これを知ら…
@pharmax9 あれ?硬結になると、
RT @Masaki_ponpoko: 同じ著者による『ドラゴンクエストに登場する呪文の強さは,音韻の繰り返し数であるモーラ数や濁音の数と正の相関が見られる』っていう論文も面白いから是非読んで頂きたい...!https://t.co/NvZSnsZOv1
RT @shinjotakuya: アピアランス支援には93項目!もあります。沢山のケアの工夫があります。飯野 京子 先生:『がん治療を受ける患者に対する看護師のアピアランス支援の 実態と課題および 研修への要望』 https://t.co/GpZkWHti1q
アピアランス支援には93項目!もあります。沢山のケアの工夫があります。飯野 京子 先生:『がん治療を受ける患者に対する看護師のアピアランス支援の 実態と課題および 研修への要望』 https://t.co/GpZkWHti1q
RT @r_shineha: NISTEP (2021) 『欧州レベルの科学技術・⾼等教育政策 〜現状と成立過程~』 https://t.co/CsgZUSLAqZ
「現場の薬剤師さんって英語の論文なんか読むん ですか?」 J-STAGE Articles - 薬学部3年生に対する臨床薬学基礎実習の取り組み:文献評価とプロフェッショナル・ライティング https://t.co/pgrDI4CkW8
RT @drkgoto: ワトソンとレイナーの実験は、授業や教科書でどこまで正確に紹介されているのでしょうか。授業で扱う際に、限られた時間と内容の強弱が難しいです。「心理学史におけるLittle Albertをめぐる謎」https://t.co/Ww4vyKDY7J
RT @rikanojikan: ▶︎EGCGの抗がん作用 農林水産省(2018年) 斎藤貴江子 著 多くの研究からカテキンに 抗がん作用があることがほぼ確立。 EGCGは がん細胞表面の「67LR」に結合して 「cGMP」(ヌクレオチド)を増産 →がん細胞を攻撃する カ…

フォロワー(907ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

関連付けが因果関係にある場合、家庭での朝食を増やすと、青年期の感情的/行動的問題が軽減され、心理社会的健康に役立つ可能性があります。 J-STAGE Articles - Skipping Breakfast and Eating Breakfast Away From Home Were Prospectively Associated With Emotional and https://t.co/f0n3wVkRl3
RT @shinjotakuya: アピアランス支援には93項目!もあります。沢山のケアの工夫があります。飯野 京子 先生:『がん治療を受ける患者に対する看護師のアピアランス支援の 実態と課題および 研修への要望』 https://t.co/GpZkWHti1q
RT @r_shineha: NISTEP (2021) 『欧州レベルの科学技術・⾼等教育政策 〜現状と成立過程~』 https://t.co/CsgZUSLAqZ
「現場の薬剤師さんって英語の論文なんか読むん ですか?」 J-STAGE Articles - 薬学部3年生に対する臨床薬学基礎実習の取り組み:文献評価とプロフェッショナル・ライティング https://t.co/pgrDI4CkW8