hataboSAN (@hataboSAN)

投稿一覧(最新100件)

J-STAGE Articles - 芍薬甘草湯が無効で疎経活血湯が奏効したこむら返りの4例 https://t.co/ZycKWR0Ifl
J-STAGE Articles - 脱 “ガイドライン” のススメ https://t.co/fwqtrBTc5M
J-STAGE Articles - 変化は静かに,確実に訪れる https://t.co/VQfhJzRhXW
J-STAGE Articles - eHealth Literacy Scale (eHEALS) 日本語版の開発 https://t.co/75boQHYqTO
RT @EARL_Med_Tw: 尿路感染症に対してセフカペンピボキシル(フロモックス)による治療後に低カルニチン血症からの低血糖を呈した85歳男性の1例(Intern Med 2019 Jun27) https://t.co/Y0S6yk49DZ ピボキシル基をもつ経口第3…
J-STAGE Articles - トピックス2 ステロイド点眼薬の使い方 : コツと落とし穴(V.アレルギー疾患におけるステロイドの使い方,専門医のためのアレルギー学講座) https://t.co/kLJkwy5Dnd
J-STAGE Articles - Promotion of Balneotherapy in Semboku City and Bathing Accidents in T Hot Spring https://t.co/9vVQzSOprC
J-STAGE Articles - 生活機能の自立した高齢者における外出頻度の低下と食事摂取量減少の関連―高齢者の外出頻度低下は身体機能と抑うつ状態とは独立して食事摂取量減少リスクである― https://t.co/UCeEJtSiDG
J-STAGE Articles - 健康の社会的決定要因と農村医学 https://t.co/pmnwmii8eN
J-STAGE Articles - 「水分を多く摂取することで, 脳梗塞や心筋梗塞を予防できるか?」システマティックレビュー https://t.co/krJ454FOjS
J-STAGE Articles - アルファカルシドール製剤成分含量に及ぼす保存環境の影響 https://t.co/0TgbFWSv9U
宮城、愛知、大阪のコホート J-STAGE Articles - Coffee Consumption and All-Cause and Cardiovascular Mortality ― Three-Prefecture C… https://t.co/cN9RkimVvV
J-STAGE Articles - Trends and Correlates of High-Risk Alcohol Consumption and Types of Alcoholic Beverages in Middl… https://t.co/v7CDwRy221
J-STAGE Articles - Associations of Overweight, Obesity, and Underweight With High Serum Total Cholesterol Level Ove… https://t.co/YGN6xSwzm0
J-STAGE Articles - Dental status is Associated with Incident Functional Disability in Community-Dwelling Older Japa… https://t.co/EujNUbKkNm
J-STAGE Articles - 予防歯科学・口腔衛生学およびフッ化物応用に関する教育の29大学間の差異と教育時間の減少 : 予防歯科学・口腔衛生学教育の現状調査2011 https://t.co/YEI6O644UJ
J-STAGE Articles - 柴犬にみられた偽高カリウム血症 https://t.co/6AadJH1cMe
J-STAGE Articles - 「人間ドックにおけるストレスチェックリストの応用と有用性」 https://t.co/gP2NMxsNPC
J-STAGE Articles - 一般用医薬品の乱用による副作用の実態と患者背景との関連性に関する研究 https://t.co/Id7NyXXvjM
J-STAGE Articles - 精神科通院患者のカフェインに対する認識調査 https://t.co/JXj8cnVSl4
J-STAGE Articles - 医薬分業下における外来慢性疾患患者の服薬アドヒアランスと医療サービス評価の関連性:残薬削減とかかりつけ薬局を志向した実証研究 https://t.co/KLvBG3nUk2
RT @EARL_Med_Tw: ちょっと結論づけるのはまだ早い気はします。論文は以下から読めますが、質問紙法の研究で、ベースラインのADLを客観的かつ定量的に評価した研究ではないため、自立していてもADLが低めの人が入浴回数が少ないだけ、の可能性は十分にあると思います J…
自撮り写真の目にどれだけ盛れば魅力が下がるのか :「盛る」感性の性差・地域差の検討 https://t.co/OnQRy4TmNt

1 0 0 0 OA ATC/DDDとは何か

J-STAGE Articles - ATC/DDDとは何か https://t.co/ThuvhN1tHJ
J-STAGE Articles - 有害事象自発報告データベース(JADER)からみた医薬品による交通事故 https://t.co/Jfkizsi8Pt
J-STAGE Articles - 日米の有害事象自発報告データベースを用いた解析の比較と活用展望 https://t.co/LdsxX7vLVE
J-STAGE Articles - 2.ヘプシジンの発見とその後の発展 https://t.co/AHLmCPaqmr
J-STAGE Articles - III.鉄代謝と鉄欠乏性貧血―最近の知見― https://t.co/p7sdlYTtRH
J-STAGE Articles - 情報通信技術や機械学習を活用した精神疾患重症度評価への取り組み https://t.co/E8EJDUJ98s
J-STAGE Articles - Three Cases of Type 2 Diabetes Mellitus Worsened During Androgen Deprivation Therapy for Prostat… https://t.co/HE7gnhY0R3
RT @EARL_Med_Tw: Twitterで熱中症のツイート数と救急患者搬送数には強い相関があり,ツイート内の共起ワードは熱中症とは直接関係性が考えにくい単語でも強い相関がみられた.Twitterで熱中症予備群を検出しやすくなる可能性がある.114003ツイートの解析(日…
J-STAGE Articles - 薬剤師解説 薬物治療の取り組みと留意 https://t.co/mKHRlQj9hi
J-STAGE Articles - 瘢痕性類天疱瘡, 水疱性類天疱瘡に対するニコチン酸アミド大量療法 https://t.co/6NoKO6qFyw
J-STAGE Articles - 水疱性類天疱瘡についての基本知識 https://t.co/Zo9XIVQXGq
J-STAGE Articles - 第10回ブレスローの健康習慣(質問紙による健康測定) https://t.co/KvlOsuP4C0
日野原先生 J-STAGE Articles - 生活行動変容の科学を知らなかった20世紀の医学と人間ドック https://t.co/vOPWU23MOO
J-STAGE Articles - 費用対効果分析に基づく医療給付制限の倫理的正当化 https://t.co/FUrmxue4Uk
J-STAGE Articles - 実体としての〈生と死〉、観念としての〈生と死〉 https://t.co/1QTfuCgU6F
J-STAGE Articles - 緑内障薬物治療薬の現状と未来 https://t.co/UBszHaJA5c
RT @hataboSAN: J-STAGE Articles - 病いの当事者性と患者の心 https://t.co/8xyD4Lva85
J-STAGE Articles - 病いの当事者性と患者の心 https://t.co/8xyD4Lva85
J-STAGE Articles - 【シンポジウム】 ◆わたしの病い、あなたの病い:病いの“当事者性”を考える https://t.co/AAh4bdEgHS
J-STAGE Articles - 《分かり合える》と《分かり合えない》のはざまで https://t.co/Iur8aloKNG
@kojima_aponet たぶんこれかな?と思います↓ https://t.co/1nRud58TET https://t.co/jLuu7OhxEa服薬支援装置-薬の飲み忘れ防止-見守り/
J-STAGE Articles - 地域緩和ケアにおける「顔の見える関係」とは何か? https://t.co/aNNDeq0eEH
J-STAGE Articles - いちばん大切なものとしての、および注意しているものとしての健康 : 戦後日本の健康至上主義 https://t.co/kUssU2CGAh
@bycomet 入浴介護に関連した体調不良・事故発生と入浴前血圧,体温との関連:症例対照研究 https://t.co/0dNaoxIWf5
J-STAGE Articles - 内服薬服用者を対象とした服薬行動に関する服薬阻害要因の影響 https://t.co/eWHUElIKLZ
J-STAGE Articles - 日本における医薬分業の過去,現在,未来 https://t.co/vYAdTeLmmz
J-STAGE Articles - 視覚障害者における健康診断・がん検診の受診と健康医療情報入手の現状:点字図書館・視覚障害者団体登録者への調査結果 https://t.co/VirsxmkUfp
J-STAGE Articles - 1.ACR/EULARによる関節リウマチの2010新分類基準 https://t.co/uB3w6xwrVd
J-STAGE Articles - 入浴介護に関連した体調不良・事故発生と入浴前血圧,体温との関連:症例対照研究 https://t.co/vyXv8pgHrQ
J-STAGE Articles - 温泉地の医療機関のこれから https://t.co/zIzHUHS2tO
J-STAGE Articles - 自律神経機能と感情尺度に着目したヒノキ浴槽の入浴に伴うリラックス効果 https://t.co/bRGeYoIQdv
J-STAGE Articles - 抗血栓療法継続下で抜歯を施行した患者の出血性合併症に関する臨床的検討 https://t.co/irA2ofICJT
J-STAGE Articles - 炭酸脱水酵素阻害薬の臨床 https://t.co/WUyp383nAO
J-STAGE Articles - 有害事象自発報告データベース(JADER)を用いた一般用医薬品の総合感冒剤による有害事象プロファイルの検討 https://t.co/9MqxxKcKgG
RT @kojima_aponet: やっぱりね 臨床試験段階では本剤による血圧上昇作用は明らかにはされなかったが JADER を利用した今回の検討では,ミラベグロンにおいて ROR: 7.52(95 %CI: 4.89-11.55)というシグナルを検出 【薬学雑誌】 htt…
RT @kojima_aponet: クレンブテロールでも血圧上昇作用が統計学的には有意ではなかったもの の傾向として認められた(ROR: 2.05, 95%CI: 0.66-6.41) クレンブテロールとミラベグロン併用の際には,血圧上昇の可能性についてモニターが必要 htt…
秋田県の農村における脳卒中の変遷と現状 - J-Stage https://t.co/MsXqodL64p
14介−25−口−05 高齢者の継続的なリズムダンス活動はアンチエイジングを可能にするのか? https://t.co/WlaOcpS89R
薬剤誘発性高血圧 https://t.co/cDp3Rm1YzY
RT @Historyoflife: 大村智先生の研究史の一端が読めます。マクロライド系抗生物質についてのエッセイ。最後にイベルメクチンについて書いてありますが、その前に動物用も作っておられたのは面白い。http://t.co/kjkW713kIp

407 0 0 0 OA 村岡花子童話集

RT @noyorin: 『みみずの女王』は当時はこんなのです>近代デジタルライブラリー 村岡花子童話集 http://t.co/IAqmJa6QE9

お気に入り一覧(最新100件)

低所得者では医師の診察を受ける機会が少なく入院が多い。 J-STAGE Articles - Household Income Relationship With Health Services Utilization and… https://t.co/VEbB8XN80R
ヒルソフ+プロペトは僕はあんまり好きじゃないんですよね…。 "ヒルドイドソフト軟膏とプロペトの混合における保湿効果を検討した結果,ヒルドイドソフト軟膏単独に比べ,希釈した場合ではすべての測定日において有意に低いことが認められた.”… https://t.co/lOp5FLdz2R
これが、おっしゃっていた論文を発表ですね。 キャンプから帰ったら正座して読みます。 日本における若手薬剤師の臨床能力評価ツールの評価 https://t.co/ztPKsz9HAR
昨年アクセプトされた僕の総説論文、J-stageに登載されました。フリーアクセスです。 J-STAGE Articles - 高齢者におけるベンゾジアゼピン系薬剤の適正使用とは何か https://t.co/CYK6u6Vnss
J-STAGE Articles - 一般用医薬品の胃腸薬における制酸力の比較検討 https://t.co/uwZDILs3Tk
良い研究なのでシェアします。甘草による偽アルドステロン症の頻度について、今後多くの調査が必要としながらも 1g→1% 2g→1.7% 4g→3.3% 6g→11.1% という頻度推定値の暫定使用を提案。 甘草の使用量と偽アルドステ… https://t.co/kWGBNjzoaJ
J-STAGE Articles - Evidence-Based Medicine https://t.co/FlgSe49819
共著の研究論文が公開されました。全文無料で読めます。ぜひどーぞ! J-STAGE Articles - 精神障害者におけるポジティブ作業に根ざした実践のプログラム開発とその適用方法の予備的検討 https://t.co/FtvcwFgLSn
ちょっと結論づけるのはまだ早い気はします。論文は以下から読めますが、質問紙法の研究で、ベースラインのADLを客観的かつ定量的に評価した研究ではないため、自立していてもADLが低めの人が入浴回数が少ないだけ、の可能性は十分にあると思… https://t.co/KQuH7dD6mV
つい最近ツイッター上で話題になったテーマについてのLetter 反応が早いな 【日本補完代替医療学会誌】 妊娠中のハトムギ使用について https://t.co/4qYq1p8mDu https://t.co/xshmejGSKC
つい最近ツイッター上で話題になったテーマについてのLetter 反応が早いな 【日本補完代替医療学会誌】 妊娠中のハトムギ使用について https://t.co/4qYq1p8mDu https://t.co/xshmejGSKC
オープンになりました 【医療薬学】 病院および診療所における薬局との連携に関する調査 https://t.co/9sQHNSvxGQ
福井大病院薬剤部より。担当薬剤師は10年以上の経験者を1名固定、とのこと。副作用を疑うシグナルを拾えても、それが疾患関連かなどを評価するにはヒトの関与が必要なのですね。 医薬品副作用自動監視システムによる副作用検出の評価… https://t.co/BPjbSoxtZP
載った(^-^) 武庫川女子大・西村先生とささやま医療センター上田先生との成果です。 https://t.co/IwOhDbqmwQ
やっと論文化されましたね(英文です) 【Intern Med】 A Retrospective Study on the Epidemiological and Clinical Features of Emergency Pa… https://t.co/75LjSAso13
Twitterで熱中症のツイート数と救急患者搬送数には強い相関があり,ツイート内の共起ワードは熱中症とは直接関係性が考えにくい単語でも強い相関がみられた.Twitterで熱中症予備群を検出しやすくなる可能性がある.114003ツイ… https://t.co/GXBZP2iwHS
興味深い報告です 薬学雑誌 早期公開 添付文書における抗インフルエンザ薬オセルタミビルとアマンタジンの精神神経系への重大な副作用の類似性(共通の薬理作用による可能性について) https://t.co/um4IqJUWa5
J-stageにアップされました 【社会薬学】 かかりつけ薬局が取り組むサービスに対する住民の意識とニーズに関する研究 https://t.co/vxehf6wEWC https://t.co/EaInSaCufz
正論を主張するのはもう永井先生くらいだろうな 【薬剤学 2017年 77 巻 1 号】 意識の国際化:“日本独特”では世界の薬学・薬剤師にはなり得ない―利己先行から公益先行の薬学・薬剤師への意識改革― https://t.co/YuypA0plgY
ノンアルコール飲料は飲酒や喫煙行動と関連があることが示唆された.さらに,未成年者のノンアルコール飲料摂取は家族の影響を受け易いことも明らかとなった 【薬学雑誌】 児童におけるノンアルコール飲料摂取が飲酒と喫煙に与える影響 https://t.co/z8oAM20T1z
野家先生のこの文献、フリーで読めますけど、これ、医療に関わる人は読んでおくと、興味深いかも。 聖路加看護学会誌 8(1), 50-51, 2004-06-23 https://t.co/lKfGXB3szt
一包化による待ち時間への影響を調べた研究 大阪の循環器専門病院の門前薬局1施設で行われた 【Biol Pharm Bull】 The Impact of One-Dose Package of Medicines on Pati… https://t.co/3LXuWSifdJ
全国 6 年制薬学部・薬科大学における Evidence-Based Medicine(EBM) 教育に関する質問紙調査 https://t.co/oYJoZ1z8cu
J-STAGE Articles - 入浴介護に関連した体調不良・事故発生と入浴前血圧,体温との関連:症例対照研究 https://t.co/vyXv8pgHrQ
ヒルドイドとプロペトの混合による保湿効果への影響の論文 https://t.co/WqO4erKinl やっぱ混ぜないほうがいいのか
北薬大の報告 院内処方支持が7割というのは衝撃だった 院外処方賛否の評価に関わるラベル分類というのが興味深い 【社会薬学】 国民の院外処方賛否に関する評価の視点─混合研究法を用いて─ https://t.co/DxzxUyE7SV https://t.co/6mH2pEspli
北薬大の報告 院内処方支持が7割というのは衝撃だった 院外処方賛否の評価に関わるラベル分類というのが興味深い 【社会薬学】 国民の院外処方賛否に関する評価の視点─混合研究法を用いて─ https://t.co/DxzxUyE7SV https://t.co/6mH2pEspli
ビタミンB6摂取量が50mg/日以上でレボドパの薬効が減弱する可能性が高くなると考えられた. 【食品衛生学雑誌】 レボドパの薬効に影響を与えるビタミンB6摂取量に関する系統的レビュー https://t.co/C6kby35FQJ
興味深い内容です 九州保健福祉大学大学院の博士研究のようです 【法政論叢 2016】 在宅医療を推進するための医療法からの一考察─ 保険薬局ならびに保険薬剤師の現状と問題点─ https://t.co/75gayQBVad https://t.co/0koApZs5vd
興味深い内容です 九州保健福祉大学大学院の博士研究のようです 【法政論叢 2016】 在宅医療を推進するための医療法からの一考察─ 保険薬局ならびに保険薬剤師の現状と問題点─ https://t.co/75gayQBVad https://t.co/0koApZs5vd
昨年、薬学会の「ファルマシア」に投稿させていただいた「薬剤師のジャーナルクラブ」の論考がJーSTAGEでフリーアクセスになっていました。よろしければ是非。 https://t.co/QDZ9RWiQGB PDF▶https://t.co/zwPk8XN0EB
昨年、薬学会の「ファルマシア」に投稿させていただいた「薬剤師のジャーナルクラブ」の論考がJーSTAGEでフリーアクセスになっていました。よろしければ是非。 https://t.co/QDZ9RWiQGB PDF▶https://t.co/zwPk8XN0EB
アミティーザの簡易懸濁 知らん人多いね。ググったら結構簡単に出るよ。 https://t.co/6te5sIsOqV
ソフトサンティアのカラーコンタクトレンズへの点眼による影響。 ソフトサンティアと相性の悪いコンタクトレンズがあるようです。 https://t.co/P1H1Rt677z
【薬剤学】 意識の国際化:“日本独特”では世界の薬学・薬剤師にはなり得ない―利己先行から公益先行の薬学・薬剤師への意識改革― https://t.co/TGdD51ncvc
トラマドールの併用がワルファリン服用患者のPT-INRの変動に及ぼす影響 #YakugakuZasshi https://t.co/UvjV97DYay
ムコダインが副鼻腔炎の後鼻漏に用いる理由がやっと理解できた。S/F比ってこういうことなんだ。https://t.co/3rAoHhiLW2
載せとこ(エビデンスレベルは皆無だけれど、個人的には重要やで)。COPD患者さんへの運動指導のせいで治療関係が悪くなって大変やったけど、ちゃんとやったら少しはエエ感じやったで、って報告です。はよ他の論文も書かないと。https://t.co/ZDq2VIABbM
味噌汁の量は血圧に違い無し。 The Effects of the Habitual Consumption of Miso Soup on the BP & HR of Japanese Adults #InternMed https://t.co/lwVmdRLXPk
非常にすばらしい研究です。一読されることをオススメします 「薬効別の薬剤配置下における調剤エラーの発生タイミングと患者への危険性との関係」 https://t.co/NZZdCWm9N2
『薬剤師のジャーナルクラブ インターネット上でのEBMスタイル臨床教育プログラムの概要とその展望』 J-STAGEで公開です! https://t.co/QDZ9RWiQGB
OTC販売時に薬剤師等が生活者にアドバイスが役立ったとの実感を与えることが、相談意向に影響を与える 【医薬品情報学】 OTC薬購入時における薬剤師・登録販売者に対する生活者の相談意向に影響を与える要因 -風邪様症状に着目した検討- https://t.co/EiNbz1k7cn
J-STAGEで公開。 全国の薬局薬剤師が行う疑義照会は年間約103億円の薬剤費節減効果と重篤な副作用回避により年間約133億円の医療費節減効果が得られ,医療経済的な面でも有用。 薬学的疑義照会による処方変更率は,74.9%。 https://t.co/Hqc9z5plqK
薬局薬剤師による心電図モニタリング:塩酸ドネペジル服用に伴い延長した QTcが相互作用薬の変更により短縮した一例 https://t.co/euRtLsxL4y いいっすね、こういうの。
やっぱりね 臨床試験段階では本剤による血圧上昇作用は明らかにはされなかったが JADER を利用した今回の検討では,ミラベグロンにおいて ROR: 7.52(95 %CI: 4.89-11.55)というシグナルを検出 【薬学雑誌】 https://t.co/ocDu4gQCeD
大村智先生の研究史の一端が読めます。マクロライド系抗生物質についてのエッセイ。最後にイベルメクチンについて書いてありますが、その前に動物用も作っておられたのは面白い。http://t.co/kjkW713kIp
アミティーザって脱カプセルはダメと聞いていたけど、簡易懸濁法はOKなんだ。 【医療薬学】 アミティーザ®カプセルの簡易懸濁法による経鼻経管チューブを介した投与 https://t.co/musxmqxGSu
薬剤疫学「処方箋データベースを利用した認知症患者に対する向精神薬等の利用実態の調査」 https://t.co/YS9OllyqXu
CYP2D6*10変異をもつaripiprazole服用患者においてClarithromycin併用によって血中濃度上昇→横紋筋融解症が疑われた症例報告、獨協医大。 こういう報告を見るとCAMの薬物相互作用の怖さを再認識します。 https://t.co/4KKBvf4lGc
神戸大学の岩田健太郎先生による、インフルエンザ診療における意思決定モデルの開発 http://t.co/vfqWIKI5q9 無料で全文が閲覧可能になっており、プライマリケアと漢方の橋渡しの文献として、今度紹介させていただこうと考えています。

24 0 0 0 OA 4.JIKEI HEART研究

JIKEI HEART研究の問題点 https://t.co/b5aeUJ9rvB

フォロー(888ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @kojima_aponet: 2 年にわたり治癒が遷延した胃潰瘍が、ケトプロフェン経皮製剤の使用中止によりただちに治癒したという症例を経験した。 【日本プライマリ・ケア連合学会誌 42(3) 158-161,2019】 NSAIDs経皮製剤(湿布)が原因と考えられた胃…
RT @kojima_aponet: 2 年にわたり治癒が遷延した胃潰瘍が、ケトプロフェン経皮製剤の使用中止によりただちに治癒したという症例を経験した。 【日本プライマリ・ケア連合学会誌 42(3) 158-161,2019】 NSAIDs経皮製剤(湿布)が原因と考えられた胃…
RT @kojima_aponet: 2 年にわたり治癒が遷延した胃潰瘍が、ケトプロフェン経皮製剤の使用中止によりただちに治癒したという症例を経験した。 【日本プライマリ・ケア連合学会誌 42(3) 158-161,2019】 NSAIDs経皮製剤(湿布)が原因と考えられた胃…
RT @kojima_aponet: 2 年にわたり治癒が遷延した胃潰瘍が、ケトプロフェン経皮製剤の使用中止によりただちに治癒したという症例を経験した。 【日本プライマリ・ケア連合学会誌 42(3) 158-161,2019】 NSAIDs経皮製剤(湿布)が原因と考えられた胃…
こんなもんなんだ 国際医療福祉大学保健医療学部理学療法学科に在籍していた2 ~4年の女子学部生115 名を対象に調査 月経困難症,PMSおよびPMDDについて,6割以上の学生が「知らない」と回答していた 【理学療法科学】 本学… https://t.co/CpWPDrJ9BG
アブストラクトだけだけど 詳細な問診の結果,約 10 年間,慢性頭痛に対してブロモバレリル尿素含有の市販鎮痛薬(ナロン顆粒)を内服していることが判明した。 【西日本皮膚科 81(2) 120-124,2019】 ブロモバレリル… https://t.co/cWO5lLahsJ
2 年にわたり治癒が遷延した胃潰瘍が、ケトプロフェン経皮製剤の使用中止によりただちに治癒したという症例を経験した。 【日本プライマリ・ケア連合学会誌 42(3) 158-161,2019】 NSAIDs経皮製剤(湿布)が原因と考… https://t.co/cKvy9rxd6y
2 年にわたり治癒が遷延した胃潰瘍が、ケトプロフェン経皮製剤の使用中止によりただちに治癒したという症例を経験した。 【日本プライマリ・ケア連合学会誌 42(3) 158-161,2019】 NSAIDs経皮製剤(湿布)が原因と考… https://t.co/cKvy9rxd6y
2012年8~9月に茨城県ある市健診受診者に対し、かぜに対する認識や対処行動について無記名自記式質問紙で調査した。 【日本プライマリ・ケア連合学会誌 42(1) 2-8,2019】 かぜに対する認識と受診信念に関連する要因の探索… https://t.co/NaGUboXmjX
RT @kojima_aponet: 松本俊彦先生の教育講演 薬物乱用教室でどのようなメッセージを伝えるか迷う 【児童青年精神医学とその近接領域】 人はなぜ依存症になるのか ─子どもの薬物乱用─ https://t.co/SEFalrRBTO https://t.co/DK…
RT @kojima_aponet: 松本俊彦先生の教育講演 薬物乱用教室でどのようなメッセージを伝えるか迷う 【児童青年精神医学とその近接領域】 人はなぜ依存症になるのか ─子どもの薬物乱用─ https://t.co/SEFalrRBTO https://t.co/DK…
「ダメ.ゼッタイ.」で終わらせるのは「ゼッタイ.ダメ.」 【ファルマシア 54(6) 541-543,2018】 薬物乱用防止における薬剤師の役割 https://t.co/x0hkLo6Kdm https://t.co/dos0cYP6tg
「ダメ.ゼッタイ.」で終わらせるのは「ゼッタイ.ダメ.」 【ファルマシア 54(6) 541-543,2018】 薬物乱用防止における薬剤師の役割 https://t.co/x0hkLo6Kdm https://t.co/dos0cYP6tg
RT @kojima_aponet: 卸における流通の効率化を提案し、それによって削減された販売費及び 一般管理費の総額を根拠として病院に対する納入価を設定する仕組みを 考案し、実践を試みた 【日本医療経営学会誌】 病院・医薬品卸売事業者の連携による医薬品購入価の見直しに関す…
RT @kojima_aponet: 卸における流通の効率化を提案し、それによって削減された販売費及び 一般管理費の総額を根拠として病院に対する納入価を設定する仕組みを 考案し、実践を試みた 【日本医療経営学会誌】 病院・医薬品卸売事業者の連携による医薬品購入価の見直しに関す…
RT @kojima_aponet: 薬局総合満足もある程度、病院の総合満足度へ影響することが示唆された一方、医薬分業のサービス要素やサービス提供組織の評価を高めても、アドヒアランスには大きな影響を与えない 【生活経済学研究】 医薬分業制度における知覚サービス品質の評価構造に…
RT @kojima_aponet: 薬局総合満足もある程度、病院の総合満足度へ影響することが示唆された一方、医薬分業のサービス要素やサービス提供組織の評価を高めても、アドヒアランスには大きな影響を与えない 【生活経済学研究】 医薬分業制度における知覚サービス品質の評価構造に…
公開されるのを待っていました 気づかなかった 赤木佳寿子氏の論考 【保健医療社会学論集 (29)1 P33-39,2018】 (特集 生活モデルに基づいた地域包括ケアを目指して) 地域包括ケアシステムにおける薬剤師の役割 —薬… https://t.co/qeqwRvLKC3
公開されるのを待っていました 気づかなかった 赤木佳寿子氏の論考 【保健医療社会学論集 (29)1 P33-39,2018】 (特集 生活モデルに基づいた地域包括ケアを目指して) 地域包括ケアシステムにおける薬剤師の役割 —薬… https://t.co/qeqwRvLKC3
卸における流通の効率化を提案し、それによって削減された販売費及び 一般管理費の総額を根拠として病院に対する納入価を設定する仕組みを 考案し、実践を試みた 【日本医療経営学会誌】 病院・医薬品卸売事業者の連携による医薬品購入価の見… https://t.co/HF2gD1Hqov
薬局総合満足もある程度、病院の総合満足度へ影響することが示唆された一方、医薬分業のサービス要素やサービス提供組織の評価を高めても、アドヒアランスには大きな影響を与えない 【生活経済学研究】 医薬分業制度における知覚サービス品質の… https://t.co/2UFo6zsaaE
自己血輸血によるサイトカインについて https://t.co/TbwL5H6sKy
RT @hayamichou: 突然ですが、生薬の国内栽培をやっている自治体情報を集めたい!まずこれから読んでみる。 https://t.co/nAzqqQJECN その他、よい情報あればご教示くださいませ。
学会での講演発表だけど これを見る限り、avoid ではなさそうけど 成書ではどう書かれているのだろう 【AUDIOLOGY JAPAN】 耳鳴診療ガイドライン 2019 の発刊に向けて (薬物療法について) https://t.co/zfGaC64zEe
@k1h 先生の問いに関して、おそらく海外のインフルエンザワクチンと日本のワクチンのランダム化比較試験をしないと判断できないでしょう。 一方で、新型インフルエンザに対するアルミニウムアジュバントを使用したワクチンは、日本では6割発… https://t.co/5X0uhMWq6v

フォロワー(674ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @kojima_aponet: 2 年にわたり治癒が遷延した胃潰瘍が、ケトプロフェン経皮製剤の使用中止によりただちに治癒したという症例を経験した。 【日本プライマリ・ケア連合学会誌 42(3) 158-161,2019】 NSAIDs経皮製剤(湿布)が原因と考えられた胃…
RT @kojima_aponet: 2 年にわたり治癒が遷延した胃潰瘍が、ケトプロフェン経皮製剤の使用中止によりただちに治癒したという症例を経験した。 【日本プライマリ・ケア連合学会誌 42(3) 158-161,2019】 NSAIDs経皮製剤(湿布)が原因と考えられた胃…
RT @kojima_aponet: 2 年にわたり治癒が遷延した胃潰瘍が、ケトプロフェン経皮製剤の使用中止によりただちに治癒したという症例を経験した。 【日本プライマリ・ケア連合学会誌 42(3) 158-161,2019】 NSAIDs経皮製剤(湿布)が原因と考えられた胃…
RT @kojima_aponet: 2 年にわたり治癒が遷延した胃潰瘍が、ケトプロフェン経皮製剤の使用中止によりただちに治癒したという症例を経験した。 【日本プライマリ・ケア連合学会誌 42(3) 158-161,2019】 NSAIDs経皮製剤(湿布)が原因と考えられた胃…
RT @kojima_aponet: 卸における流通の効率化を提案し、それによって削減された販売費及び 一般管理費の総額を根拠として病院に対する納入価を設定する仕組みを 考案し、実践を試みた 【日本医療経営学会誌】 病院・医薬品卸売事業者の連携による医薬品購入価の見直しに関す…
RT @kojima_aponet: 卸における流通の効率化を提案し、それによって削減された販売費及び 一般管理費の総額を根拠として病院に対する納入価を設定する仕組みを 考案し、実践を試みた 【日本医療経営学会誌】 病院・医薬品卸売事業者の連携による医薬品購入価の見直しに関す…
RT @kojima_aponet: 薬局総合満足もある程度、病院の総合満足度へ影響することが示唆された一方、医薬分業のサービス要素やサービス提供組織の評価を高めても、アドヒアランスには大きな影響を与えない 【生活経済学研究】 医薬分業制度における知覚サービス品質の評価構造に…
自己血輸血によるサイトカインについて https://t.co/TbwL5H6sKy
RT @hayamichou: 突然ですが、生薬の国内栽培をやっている自治体情報を集めたい!まずこれから読んでみる。 https://t.co/nAzqqQJECN その他、よい情報あればご教示くださいませ。
RT @rotemeister: @TksmaU 糸井先生といえば2012年11月に開催された日本ロールシャッハ学会第16回大会シンポジウムでの内容も私には衝撃的でした。ぜひ読ませていただきたいと思います。ご紹介ありがとうございます。 CiNii 論文 -  発達障害特性を持…
RT @TksmaU: これからWAISやWISCに触れられる公認心理師や臨床心理士の先生方に是非とも読んでいただきたい論文記事。 すんごくすんごく大事なことばかり書かれています。知能検査でASDやADHDを診断しちゃうような専門家の方々へも… 糸井岳史先生 臨床に活かすウェ…