著者
井上 卓
出版者
一般社団法人 日本環境感染学会
雑誌
日本環境感染学会誌 (ISSN:1882532X)
巻号頁・発行日
vol.24, no.4, pp.244-249, 2009 (Released:2009-10-10)
参考文献数
14

当院常勤医師が発症した水痘に対し医療関連感染対策を行った.本人は陰圧個室に入院とし,アシクロビルの点滴治療にて軽快退院し,全発疹が痂皮化するまで自宅待機とした.医師が濃厚に接触したと考えられた院内職員116名および当該科入院患者44名の計160名は水痘帯状疱疹IgG抗体価を検査し,結果がでるまで予定手術は延期とした.感受性者(抗体価4.0未満)は患者2名と職員2名であった.2名の患者に対しては,患者と家族に事態を説明した上で個室管理とし,結果判明日から7日間アシクロビル40 mg/kg/日を予防内服してもらった.2名の職員は結果判明日から接触後21日目まで自宅待機とし,かつ,7日間アシクロビル40 mg/kg/日を予防内服させた.すでに退院した患者と外来患者に対しては電話で事態を説明し,急な発熱,発疹を認めた場合,当院を受診するようにお願いした.感受性者4名を含め,二次発症は認められなかった.   今回の事例を経験し,全職員のウイルス抗体価の測定をしておき,感受性者に対しては可能な限りワクチン対策をとること,職員の感染症に対する意識を高めることが重要であると考えられた.
著者
南場 淳司 阿部 尚央 井上 卓 武田 育子 新川 秀一
出版者
日本聴覚医学会
雑誌
AUDIOLOGY JAPAN (ISSN:03038106)
巻号頁・発行日
vol.54, no.1, pp.70-77, 2011 (Released:2011-04-16)
参考文献数
12

労災認定において詐聴, とくに誇大難聴が存在することは広く知られているところである。今回我々は2006年1月から2009年12月までの4年間に当科を受診し騒音性難聴の労災認定を希望した14症例を対象として, 従来施行してきた検査に加えて聴性定常反応検査 (ASSR) を行った。詐聴の診断はASSR閾値と純音聴力閾値を比較し, 純音聴力閾値がASSR閾値よりも高い場合を詐聴とした。結果は14症例中7例 (50%) を詐聴と診断し, その7例いずれも難聴の存在自体は明らかであり誇大難聴と考えられた。詐聴と診断した7例中6例は, 従来行ってきた検査からも詐聴と診断可能であり, ASSR検査結果と一致した。これまで騒音性難聴の意見書作成の際に, 詐聴の判断に苦慮するケースを少なからず経験してきたが, ASSR検査を行うことによりこれまでよりも正確に詐聴の診断ができる可能性が考えられた。
著者
宮﨑 達二郎 井上 卓真 野田 尚昭 佐野 義一
出版者
一般社団法人 日本機械学会
雑誌
日本機械学会論文集
巻号頁・発行日
2018

<p>In this paper, convenient analysis methods are proposed for analyzing the singular index and the intensity of singular stress field (ISSF) at the vertex on the interface in the three dimensional (3D) bonded body. The analysis methods focus on FEM stresses at and around the vertex. The singular index is determined from the FEM stress ratio at the vertex obtained by performing FEM analyses for the finely and coarsely meshed models. Then, the ISSF is determined from the average FEM stresses around the vertex obtained for the reference and unknown models by applying the similar mesh pattern. The validity of the present methods is examined by comparing the results of 3D bonded models with/without fixed free surfaces. It is found that the obtained singular index has the same accuracy as the FEM eigenvalue analysis. The asymptotic solutions with the singular index and ISSF obtained by the present method correspond to FEM stress distributions. Since the ISSF obtained by the body force method (BFM) is used as the reference solution, the present method for ISSF has the same accuracy as BFM. Moreover, the critical ISSF values are calculated from the experimental results of the butt joints under various adhesive thicknesses. The critical ISSF at the side of 3D butt joint is in good agreement with the critical ISSF of 2D butt joint model. It is shown that the critical ISSF at the vertex of 3D joint is constant as well as the critical 2D ISSF independent of the adhesive thickness.</p>
著者
井上 卓 新里 譲 Inoue Taku Shinzato Yuzuru 琉球大学院医学研究科臨床薬理学分野 沖縄赤十字病院循環器科
出版者
琉球医学会
雑誌
琉球医学会誌 = Ryukyu Medical Journal (ISSN:1346888X)
巻号頁・発行日
vol.27, no.3, pp.123-129, 2008

Background: Elevated heart rate is closely associated with cardiovascular morbidity, mortality and all-cause mortality. Elevated heart rate is also associated with cardiovascular risk factors. The aim of the present study was to evaluate whether elevated heart rate is associated with cardiovascular morbidity independent of cardiovascular risk factors. Methods & Results: We examined the association between heart rate and cardiovascular morbidity of ambulatory patients. Of 102 patients, 3 were excluded because of low ejection fraction. Among the remaining 99 subjects (54 men, 45 women, $66 pm 12$ years of age), 34 (20 men, 14 women, $ 71\pm 8$ years of age) had a history of cardiovascular disease. The subjects with cardiovascular disease were significantly older, and had lower systolic blood pressure and lower total cholesterol levels than those without cardiovascular disease. Multivanable logistic regression analysis adjusted for age, sex, and antihypertensive agents revealed that a 20 beats/min heart rate increase was associated with an approximately 4-fold increase in the risk for cardiovascular disease (OR 3.597, 95% CI 1.456 - 8.888, p=0.0055). Metabolic syndrome (OR 1.276, 95% CI 0.434 - 3.752, p=NS) and chronic kidney disease (OR 0.736, 95% CI 0.238 - 2.279, p=NS) were not associated with cardiovascular disease. After excluding the patients prescribed such heart rate-lowering drugs as $ \beta $ -antagonist or diltiazem, heart rate increase was still the only factor associated with the risk for cardiovascular disease ( OR3.692, 95% CI 1.123 - 12.137, p=0.0351). Conclusions: Elevated heart rate is closely associated with cardiovascular morbidity independent of other cardiovascular risk factors such as metabolic syndrome or chronic kidney disease.
著者
井上卓朗
出版者
郵政博物館
雑誌
郵政資料館研究紀要
巻号頁・発行日
vol.平成21年度, no.1, 2010-03-09
著者
井上 卓朗 鹿嶋 雅之 佐藤 公則 渡邊 睦
出版者
電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会
雑誌
電気関係学会九州支部連合大会講演論文集
巻号頁・発行日
vol.2014, pp.548-548, 2014

近年,スポーツ界では公平な判定や試合分析のために,動画像が用いる競技も増加してきている.しかし,武道競技の自動判定システムは開発されておらず,審判の主観や死角での予測的な判定などにより誤判定が発生してしまう.本研究では,武道の中でも「空手」に注目し,競技者の攻撃が有効打であるかを,動画像処理により自動検出を行うことを目的とする.そこで,防具を着用した競技者に有効打となりうる基本的な動作を行ってもらい,その様子をビデオカメラで撮影し有効打の検出処理を行う.その結果,基本動作による有効打の検出を行うことができた.これにより,空手競技における主観性を除いた検出を行うことができることが示唆された.
著者
井上 卓
出版者
Japanese Society for Infection Prevention and Control
雑誌
日本環境感染学会誌 = Japanese journal of environmental infections (ISSN:1882532X)
巻号頁・発行日
vol.24, no.4, pp.244-249, 2009-07-24
参考文献数
14

当院常勤医師が発症した水痘に対し医療関連感染対策を行った.本人は陰圧個室に入院とし,アシクロビルの点滴治療にて軽快退院し,全発疹が痂皮化するまで自宅待機とした.医師が濃厚に接触したと考えられた院内職員116名および当該科入院患者44名の計160名は水痘帯状疱疹IgG抗体価を検査し,結果がでるまで予定手術は延期とした.感受性者(抗体価4.0未満)は患者2名と職員2名であった.2名の患者に対しては,患者と家族に事態を説明した上で個室管理とし,結果判明日から7日間アシクロビル40 mg/kg/日を予防内服してもらった.2名の職員は結果判明日から接触後21日目まで自宅待機とし,かつ,7日間アシクロビル40 mg/kg/日を予防内服させた.すでに退院した患者と外来患者に対しては電話で事態を説明し,急な発熱,発疹を認めた場合,当院を受診するようにお願いした.感受性者4名を含め,二次発症は認められなかった.<br>   今回の事例を経験し,全職員のウイルス抗体価の測定をしておき,感受性者に対しては可能な限りワクチン対策をとること,職員の感染症に対する意識を高めることが重要であると考えられた.<br>
著者
荒井 晃作 井龍 康文 町山 栄章 井上 卓彦 佐藤 智之 松田 博貴 佐々木 圭一
出版者
独立行政法人産業技術総合研究所
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2011 (Released:2011-08-05)

琉球弧の一部である沖縄島及び宮古島の間には広いプラットフォーム状(平らな高まり)の地形が存在している.本研究ではこの高まり状の地形の地質学的な発達史に関して,島嶼の沈降という切り口で研究を進めた.プラットフォーム状の地形は,その縁辺における断層運動に伴って,壊れるように沈降していること.プラットフォームの高まり自体はほぼ安定していて,約1万数千年前の最終氷期にはサンゴ礁が存在していた可能性が高いことが明らかになった。
著者
末岡 淳男 井上 卓見 松崎 健一郎 高山 佳久 劉 孝宏
出版者
九州大学
雑誌
萌芽研究
巻号頁・発行日
2003 (Released:2003-04-01)

高速増殖炉ヘリカル伝熱管深傷プローブの振動によるセンサノイズの原因とその対策を,モックアップによる実験と数値シュミレーションによって明らかにした.得られた結果は以下のようにまとめられる.(1)ECT(Eddy current testing)プローブを静止させて蒸発管内で圧縮空気だけを流しても,プローブには振動は発生しないが,プローブの圧送時には振動を生じる,すなわち,プローブの振動の原因は流体力ではなく,蒸発管内壁とプローブにあるフロートとの間の摩擦と考えられる.(2)ECTプローブの挿入過程では,挿入距離の増大に伴ってプローブの振動が激しくなる.ヘリカル管の中間部を過ぎると,約20HZの卓越した振動数で振動し,それに伴ってRF(Remote field)ノイズも大きくなる.そのとき,ECTプローブは軸および径方向に連成振動をしており,RFセンサは尺取り虫的な動きをする.一方,引戻過程では,卓越した振動数を持つ振動は発生せず,振動レベル,RFノイズとも挿入過程よりも低い.(3)挿入時には,ECTプローブはヘリカル伝熱管の内径側に張り付き,引戻時には,逆に外径側に張り付くように圧送される.したがって,挿入時および引戻時で,ECTプローブにはそれぞれ張力および圧縮力が作用している.(4)ECTプローブの搬送速度を高くするほど,圧送用の空気量を多くするほど,ヘリカル直径を小さくするほど,ECTプローブの軸および径方向振動もRFノイズも大きくなる.(5)ECTプローブの径方向の振動は,先端にいくほど大きい.また,RFノイズは励磁センサと検出センサの径方向相対振動の大きさと相関があるが,軸方向振動とは相関がない.(6)RFノイズを最小化するためには,6m以上で,曲げ剛性が比較的低い先導プローブを持つECTプローブを構成することである.(7)伝達影響係数法を適用して,大規模なプローブ列を対象とした流体による搬送力を含む摩擦振動を解析した結果,モックアップの実験結果とほぼ同様な数値計算結果を得ることができた.