ながえ軛@主力PCがお亡くなりになりまして低浮上 (@k_nagae_tkac)

投稿一覧(最新100件)

3 1 1 0 OA 弓箭圖式

>RTs そう言えば『弓箭圖式』に載っている為朝が神社に奉納したとする鏃はモンスター級の大きさだったなぁ……と思い出す。この鏃の矢にして弓に釻は打っていたのだろうか。 国立国会図書館デジタルコレクションで見る事が出来ます→『弓箭圖式』 https://t.co/9yyPFhzpyu https://t.co/YCVXwSnkyK

2 0 0 0 OA 奥羽旧事

『奥羽舊事』 https://t.co/KeBqmr7XN9

5 0 0 0 OA 相馬しをり

②『相馬しをり』(コマ番号54~「相馬三妙見」、57~「野馬追及野馬掛」) https://t.co/qNyFymmWpf ➂『野馬追土産』 https://t.co/xWRxp9d9PR ④『相馬民謠 流れ山と麥つき唄』 https://t.co/kraOIMqaTm
②『相馬しをり』(コマ番号54~「相馬三妙見」、57~「野馬追及野馬掛」) https://t.co/qNyFymmWpf ➂『野馬追土産』 https://t.co/xWRxp9d9PR ④『相馬民謠 流れ山と麥つき唄』 https://t.co/kraOIMqaTm

7 0 0 0 OA 野馬追みやげ

②『相馬しをり』(コマ番号54~「相馬三妙見」、57~「野馬追及野馬掛」) https://t.co/qNyFymmWpf ➂『野馬追土産』 https://t.co/xWRxp9d9PR ④『相馬民謠 流れ山と麥つき唄』 https://t.co/kraOIMqaTm

21 0 0 0 OA 諸國年中行事

相馬野馬追、今年は大規模縮小しての無観客開催との事で残念ではありますが、この機会に国立国会図書館デジタルコレクションを利用して、明治~昭和初期の本に野馬追はどのように書かれているのかを知ってみませんか? ①『諸國年中行事』(コマ番号78~「相馬の野馬追」) https://t.co/2wbe7xYsbI
『集古十種』も『弓箭圖式』も、国立国会図書館デジタルコレクションで読めます。弓矢鑑賞で心を落ち着けてみないか? 『集古十種 弓矢之部 巻之一』 https://t.co/PXzNjdLfHs 『集古十種 弓矢之部 巻之二』 https://t.co/8Pu7PXzve3 『弓箭圖式』 https://t.co/9yyPFhzpyu https://t.co/OHY5MmQx97

3 1 1 0 OA 弓箭圖式

『集古十種』も『弓箭圖式』も、国立国会図書館デジタルコレクションで読めます。弓矢鑑賞で心を落ち着けてみないか? 『集古十種 弓矢之部 巻之一』 https://t.co/PXzNjdLfHs 『集古十種 弓矢之部 巻之二』 https://t.co/8Pu7PXzve3 『弓箭圖式』 https://t.co/9yyPFhzpyu https://t.co/OHY5MmQx97
『集古十種』も『弓箭圖式』も、国立国会図書館デジタルコレクションで読めます。弓矢鑑賞で心を落ち着けてみないか? 『集古十種 弓矢之部 巻之一』 https://t.co/PXzNjdLfHs 『集古十種 弓矢之部 巻之二』 https://t.co/8Pu7PXzve3 『弓箭圖式』 https://t.co/9yyPFhzpyu https://t.co/OHY5MmQx97

15 0 0 0 OA 二本松藩史

『相馬藩政史 上卷』 https://t.co/5a3PmFLp6X 『相馬藩政史 下卷』 https://t.co/BDclMuuQ0a 『二本松藩史』 https://t.co/TqXlUahQCp

1 0 0 0 OA 相馬藩政史

『相馬藩政史 上卷』 https://t.co/5a3PmFLp6X 『相馬藩政史 下卷』 https://t.co/BDclMuuQ0a 『二本松藩史』 https://t.co/TqXlUahQCp

1 0 0 0 OA 相馬藩政史

『相馬藩政史 上卷』 https://t.co/5a3PmFLp6X 『相馬藩政史 下卷』 https://t.co/BDclMuuQ0a 『二本松藩史』 https://t.co/TqXlUahQCp

1 0 0 0 OA 西白河郡誌

『仙道田村莊史』 https://t.co/t8v3qmiyuy 『安達郡誌』 https://t.co/fGCcQ81QOf 『西白河郡誌』 https://t.co/eGLmY75hlo

1 0 0 0 OA 安達郡誌

『仙道田村莊史』 https://t.co/t8v3qmiyuy 『安達郡誌』 https://t.co/fGCcQ81QOf 『西白河郡誌』 https://t.co/eGLmY75hlo

1 0 0 0 OA 仙道田村荘史

『仙道田村莊史』 https://t.co/t8v3qmiyuy 『安達郡誌』 https://t.co/fGCcQ81QOf 『西白河郡誌』 https://t.co/eGLmY75hlo

1 0 0 0 OA 岩磐史料叢書

@moai_sakurai 国立国会図書館デジタルコレクションで読めますよ、コマ番号225から『東奥標葉記』です。→ https://t.co/HrsgiYoSHC

246 0 0 0 OA 集古十種

画質は良くないけれども全体図が1ページに収まっているのは此方のほう。 『集古十種 刀劔之部』 https://t.co/Ef1rUfLvsa コマ番号8に「鬼丸太刀圖」、コマ番号48に「鬼丸太刀金具圖」 https://t.co/6jAAaGgARZ
特に「鬼丸太刀金具圖」は詳細に描かれていて見応えがあります。以下デジコレのリンク。 『集古十種 兵器・刀劔 巻之一』 https://t.co/1f72UcevNI コマ番号34・35に「鬼丸太刀圖」 『集古十種 兵器・刀劔 巻之三』https://t.co/4H2Z78T4gx コマ番号52~55に「鬼丸金具圖」 https://t.co/b4MLLmGkrl
特に「鬼丸太刀金具圖」は詳細に描かれていて見応えがあります。以下デジコレのリンク。 『集古十種 兵器・刀劔 巻之一』 https://t.co/1f72UcevNI コマ番号34・35に「鬼丸太刀圖」 『集古十種 兵器・刀劔 巻之三』https://t.co/4H2Z78T4gx コマ番号52~55に「鬼丸金具圖」 https://t.co/b4MLLmGkrl

1 0 0 0 OA 古人之遊跡

田山花袋先生が見た陸奥の紀行文、なかなか面白いのだけれども知名度が無いよね…… 『古人の遊跡』 https://t.co/T2TqhZQoDq

1 0 0 0 OA 水野仙子集

没後100年を迎えた須賀川市出身の作家・水野仙子の全集(全部入っているとは言っていない)は国立国会図書館デジタルコレクションでも読めます。 https://t.co/ZQadpTWBUl 序文はおていさんの師匠である田山花袋、跋文は晩年手紙での親交があった有島武郎。

4 0 0 0 OA 白河関物譚

➄『白河関物譚』→ https://t.co/dKTcJfow6x 須賀川城戦はコマ番号47~。勇ましき女城主・大乗院(阿南姫)、名前すら出て来ない城代・須田美濃守、何故か須賀川城で戦っている矢田野安房守、二階堂家臣より目立っている竹貫の加勢・水野勘解由 等、突っ込み所盛り沢山。此方も楽しいなら(略)向け。

5 1 1 0 OA 史籍集覧

④『奥羽永慶軍記』(史籍集覧通記第三十三) → https://t.co/d6AkWZ4Mu8 須賀川城戦はコマ番号189~。『藤葉榮衰記』『會津四家合考』のどちらにも載っていないエピソードが豊富に描かれているものの、上記二冊よりも後年に書かれたもので脚色は多いと見られます。史実関係無く楽しみたい方向け。
➂『仙道軍記』(コマ番号180~)→ https://t.co/NfpwyN69Te 須賀川城戦はコマ番号228~。内容は『藤葉榮衰記』とほぼ同じ(と言うかこの本自体が『榮衰記』を基に書かれていると考えられる)ですが、此方のほうが格段に読み易くなっています。

2 0 0 0 OA 会津四家合考

②『會津四家合考』→ https://t.co/yv8vZgONPS 須賀川城戦はコマ番号116~。二階堂氏を中心としている『藤葉榮衰記』とは違った視点ながら、同程度に戦いの内容が細かく描かれています。須賀川城代・須田美濃守が何かと格好良く描かれているのもポイント。

4 0 0 0 OA 史籍集覧

①『藤葉榮衰記』(史籍集覧別記第百八十一・コマ番号265~) → https://t.co/VfeOVLng2p 奥州二階堂氏を知る為の基礎教科書とも言える一冊。須賀川城戦が始まるのはコマ番号306~ですが、巻之下の最初(コマ番号301)から読むと蘆名滅亡からの二階堂氏の情勢が順を追って読めます。

44 4 0 0 OA 寛政重脩諸家譜

@michinokuchu 夜分に失礼致します。 国立国会図書館デジタルコレクション『寛政重脩諸家譜. 第4輯』 https://t.co/TKhRWY73va コマ番号492からが千本氏の系譜です。

1 0 0 0 OA 仙道田村荘史

GW中に行った竹貫氏ゆかりの寺紀行を後日呟くと言いながら、国立国会図書館デジコレにあった『仙道田村荘史』( https://t.co/iighICx1cF )を読んでしまい、すっかり作業をサボってしまった事を御報告して置きます……

1 0 0 0 OA 会津資料叢書

『會津資料叢書 第六』 https://t.co/TLovzwkJkK 『蘆名家由緒考證』(コマ番号5~)『會藩編年畧』(コマ番号101~)を収録 『會津資料叢書 第七』 https://t.co/UY8gzraLtd 『會津舊事雜考』(卷之四~六)を収録 『會津資料叢書 第八』 https://t.co/yQQfpVdQ8K 『會津舊事雜考』(卷之七~九)を収録

3 0 0 0 OA 会津資料叢書

『會津資料叢書 第六』 https://t.co/TLovzwkJkK 『蘆名家由緒考證』(コマ番号5~)『會藩編年畧』(コマ番号101~)を収録 『會津資料叢書 第七』 https://t.co/UY8gzraLtd 『會津舊事雜考』(卷之四~六)を収録 『會津資料叢書 第八』 https://t.co/yQQfpVdQ8K 『會津舊事雜考』(卷之七~九)を収録

1 0 0 0 OA 会津資料叢書

『會津資料叢書 第六』 https://t.co/TLovzwkJkK 『蘆名家由緒考證』(コマ番号5~)『會藩編年畧』(コマ番号101~)を収録 『會津資料叢書 第七』 https://t.co/UY8gzraLtd 『會津舊事雜考』(卷之四~六)を収録 『會津資料叢書 第八』 https://t.co/yQQfpVdQ8K 『會津舊事雜考』(卷之七~九)を収録

1 0 0 0 OA 会津資料叢書

『會津資料叢書 第参』 https://t.co/uTJSE1kjof 『會津合戰記』(コマ番号4~)『會津雙櫻記』(コマ番号41~)を収録 『會津資料叢書 第四』 https://t.co/TDNP9uzw6e 『會津舊事雜考』(卷之一~三)を収録 ……そして何故か『第五』だけ公開されていない

1 0 0 0 OA 会津資料叢書

『會津資料叢書 第参』 https://t.co/uTJSE1kjof 『會津合戰記』(コマ番号4~)『會津雙櫻記』(コマ番号41~)を収録 『會津資料叢書 第四』 https://t.co/TDNP9uzw6e 『會津舊事雜考』(卷之一~三)を収録 ……そして何故か『第五』だけ公開されていない

1 0 0 0 OA 会津資料叢書

『會津資料叢書 第壱』 https://t.co/yMxAqDMCeb 『桧原軍物語』(コマ番号5~)『町往来』(コマ番号95~)『童戯邑日記』(コマ番号97~)を収録 『會津資料叢書 第弐』 https://t.co/ButytihSMC 『新宮雜葉記』(コマ番号4~)『惠日寺緣起』(コマ番号103~)『小平瀉』(コマ番号110~)を収録

1 0 0 0 OA 会津資料叢書

『會津資料叢書 第壱』 https://t.co/yMxAqDMCeb 『桧原軍物語』(コマ番号5~)『町往来』(コマ番号95~)『童戯邑日記』(コマ番号97~)を収録 『會津資料叢書 第弐』 https://t.co/ButytihSMC 『新宮雜葉記』(コマ番号4~)『惠日寺緣起』(コマ番号103~)『小平瀉』(コマ番号110~)を収録
『福島縣立圖書館叢書』より https://t.co/OBR4gmIO5d 『靈山武鑑(北畠武鑑)』(コマ番号4~)『靈山軍記(上卷・中卷)』(コマ番号11~)収録 https://t.co/irGWP6pkpg 『埋峯記』(コマ番号5~)『靈山軍記(下卷)』(コマ番号16~)収録 https://t.co/O7Gcgyba0h 『松平定信 退閑雜記抄(飯坂紀行その他)』収録
『福島縣立圖書館叢書』より https://t.co/OBR4gmIO5d 『靈山武鑑(北畠武鑑)』(コマ番号4~)『靈山軍記(上卷・中卷)』(コマ番号11~)収録 https://t.co/irGWP6pkpg 『埋峯記』(コマ番号5~)『靈山軍記(下卷)』(コマ番号16~)収録 https://t.co/O7Gcgyba0h 『松平定信 退閑雜記抄(飯坂紀行その他)』収録
『福島縣立圖書館叢書』より https://t.co/OBR4gmIO5d 『靈山武鑑(北畠武鑑)』(コマ番号4~)『靈山軍記(上卷・中卷)』(コマ番号11~)収録 https://t.co/irGWP6pkpg 『埋峯記』(コマ番号5~)『靈山軍記(下卷)』(コマ番号16~)収録 https://t.co/O7Gcgyba0h 『松平定信 退閑雜記抄(飯坂紀行その他)』収録

1 0 0 0 OA 群書類従

『群書類從 合戦部』より https://t.co/8f2bFe20QI 『陸奥話記』(コマ番号33~)『奥州後三年記』(コマ番号48~)を収録 https://t.co/jNlG5N5Yks 『蘆名家記』(コマ番号4~)『蒲生氏郷記』(コマ番号43~)『伊達日記(上)』(コマ番号74~)を収録 https://t.co/G89t425mGW 『伊達日記(中・下)』を収録

2 0 0 0 OA 群書類従

『群書類從 合戦部』より https://t.co/8f2bFe20QI 『陸奥話記』(コマ番号33~)『奥州後三年記』(コマ番号48~)を収録 https://t.co/jNlG5N5Yks 『蘆名家記』(コマ番号4~)『蒲生氏郷記』(コマ番号43~)『伊達日記(上)』(コマ番号74~)を収録 https://t.co/G89t425mGW 『伊達日記(中・下)』を収録

1 0 0 0 OA 群書類従

『群書類從 合戦部』より https://t.co/8f2bFe20QI 『陸奥話記』(コマ番号33~)『奥州後三年記』(コマ番号48~)を収録 https://t.co/jNlG5N5Yks 『蘆名家記』(コマ番号4~)『蒲生氏郷記』(コマ番号43~)『伊達日記(上)』(コマ番号74~)を収録 https://t.co/G89t425mGW 『伊達日記(中・下)』を収録
『石川氏一千年史 上卷』 https://t.co/MhZAMEloG1 『石川氏一千年史 下卷』 https://t.co/skgEPyaFoa 『石川氏一千年史 續編』 https://t.co/aUtpyXBJtv
『石川氏一千年史 上卷』 https://t.co/MhZAMEloG1 『石川氏一千年史 下卷』 https://t.co/skgEPyaFoa 『石川氏一千年史 續編』 https://t.co/aUtpyXBJtv
『石川氏一千年史 上卷』 https://t.co/MhZAMEloG1 『石川氏一千年史 下卷』 https://t.co/skgEPyaFoa 『石川氏一千年史 續編』 https://t.co/aUtpyXBJtv

1 0 0 0 OA 岩磐史料叢書

『岩磐史料叢書 中巻』 https://t.co/3iXaul078k 『相生集』『信達一統志(伊達郡之部・人物類)』『福島城相傳』『源忠公御常行記』『東奥標葉記』『會津考子傳(附會津續考子傳)』『會津續忠考傳(附會津續々忠考傳)』『茶話記異説改選集』『岩城代々系圖』『磐城風土記』を収録

1 0 0 0 OA 岩磐史料叢書

『岩磐史料叢書 上巻』 https://t.co/Okqfwqs9T0 『信達一統志』『磐城志』『奥相茶話記』『羽林源公傳』『千戴之松』『田村兵戰記』『本宮南町來由記』を収録

2 0 0 0 OA 磐城史料

『磐城史料 卷上』 https://t.co/24znlzHyQZ 『磐城史料 卷下』 https://t.co/dCladE9zaH

1 0 0 0 OA 磐城史料

『磐城史料 卷上』 https://t.co/24znlzHyQZ 『磐城史料 卷下』 https://t.co/dCladE9zaH

4 0 0 0 OA 史籍集覧

『史籍集覽 第十四冊』 https://t.co/VfeOVL5EDP 『藤葉榮衰記』(コマ番号265~)『會津陣物語』(コマ番号383~) の他、『氏鄕記』『蒲生氏鄕記』『蒲生飛驒守氏鄕書狀之寫』と蒲生氏郷関係も収録
『新編會津風土記 第四冊』(卷之七十三~卷之九十五) https://t.co/AecKjN8Vz8 『新編會津風土記 第五冊』(卷之九十六~卷之百二十) https://t.co/9fXLeuWnaV
『新編會津風土記 第四冊』(卷之七十三~卷之九十五) https://t.co/AecKjN8Vz8 『新編會津風土記 第五冊』(卷之九十六~卷之百二十) https://t.co/9fXLeuWnaV
『大日本地誌体系』より 『新編會津風土記 第一冊』(卷之一~卷之二十五) https://t.co/MNbdETicgL 『新編會津風土記 第二冊』(卷之二十六~卷之五十) https://t.co/hM5NXPqfmi 『新編會津風土記 第三冊』(卷之五十一~卷之七十二) https://t.co/vIaK4yHM8z
『大日本地誌体系』より 『新編會津風土記 第一冊』(卷之一~卷之二十五) https://t.co/MNbdETicgL 『新編會津風土記 第二冊』(卷之二十六~卷之五十) https://t.co/hM5NXPqfmi 『新編會津風土記 第三冊』(卷之五十一~卷之七十二) https://t.co/vIaK4yHM8z
『大日本地誌体系』より 『新編會津風土記 第一冊』(卷之一~卷之二十五) https://t.co/MNbdETicgL 『新編會津風土記 第二冊』(卷之二十六~卷之五十) https://t.co/hM5NXPqfmi 『新編會津風土記 第三冊』(卷之五十一~卷之七十二) https://t.co/vIaK4yHM8z

1 0 0 0 OA 会津四家合考

『會津四家合考 一』(卷之一~七) https://t.co/yv8vZgxcri 『會津四家合考 二』(卷之八~十二) 卷之九からは附錄 https://t.co/4vKmAoTMM1

2 0 0 0 OA 会津四家合考

『會津四家合考 一』(卷之一~七) https://t.co/yv8vZgxcri 『會津四家合考 二』(卷之八~十二) 卷之九からは附錄 https://t.co/4vKmAoTMM1

5 1 1 0 OA 史籍集覧

『白河關物譚』 https://t.co/dKTcJf6UHX 『仙道軍記』(コマ番号180~) https://t.co/NfpwyNnKKM 『奥羽永慶軍記』(『史籍集覽 第八冊』) https://t.co/d6AkWYNb5y

4 0 0 0 OA 白河関物譚

『白河關物譚』 https://t.co/dKTcJf6UHX 『仙道軍記』(コマ番号180~) https://t.co/NfpwyNnKKM 『奥羽永慶軍記』(『史籍集覽 第八冊』) https://t.co/d6AkWYNb5y
『白河關物譚』 https://t.co/dKTcJf6UHX 『仙道軍記』(コマ番号180~) https://t.co/NfpwyNnKKM 『奥羽永慶軍記』(『史籍集覽 第八冊』) https://t.co/d6AkWYNb5y

2 0 0 0 OA 白河風土記

『白河古事考 天』(卷之一~三) https://t.co/ow3N6T9mu9 『白河古事考 地』(卷之四~六) https://t.co/enwwwc4okX 『白河風土記 天之部』(卷之一~七) https://t.co/VLDvwClLFi 『白河風土記 地之部』(卷之八~十四) https://t.co/4fyVrabrwJ

2 0 0 0 OA 白河風土記

『白河古事考 天』(卷之一~三) https://t.co/ow3N6T9mu9 『白河古事考 地』(卷之四~六) https://t.co/enwwwc4okX 『白河風土記 天之部』(卷之一~七) https://t.co/VLDvwClLFi 『白河風土記 地之部』(卷之八~十四) https://t.co/4fyVrabrwJ

2 0 0 0 OA 白河古事考

『白河古事考 天』(卷之一~三) https://t.co/ow3N6T9mu9 『白河古事考 地』(卷之四~六) https://t.co/enwwwc4okX 『白河風土記 天之部』(卷之一~七) https://t.co/VLDvwClLFi 『白河風土記 地之部』(卷之八~十四) https://t.co/4fyVrabrwJ

2 0 0 0 OA 白河古事考

『白河古事考 天』(卷之一~三) https://t.co/ow3N6T9mu9 『白河古事考 地』(卷之四~六) https://t.co/enwwwc4okX 『白河風土記 天之部』(卷之一~七) https://t.co/VLDvwClLFi 『白河風土記 地之部』(卷之八~十四) https://t.co/4fyVrabrwJ

お気に入り一覧(最新100件)

葛綿 正一 - 木曽義仲と享楽 : 平家物語試論 https://t.co/UZf2OcKO3v
陸奥の曽我氏については、小口雅史氏の「津軽曾我氏の基礎的研究」(『弘前大学國史研究』89、1990年)がありますね(PDFあり)。ただ、ざっと見たところ「奥…」の通称については特に言及がなさそう。 https://t.co/z4TwlaJShM

15 15 0 0 OA 故実叢書

先日、国会図書館デジタルコレクションで https://t.co/uKAWMdFazx 尊卑分脈の備中伊勢氏の系図を眺めていたところ、 備中守盛定の子の盛時の仮名が”八郎”になっていたので 「ん?誤記かな?」と思っていたんですが、、、 https://t.co/eXKWBe2Mgd
PDF公開。永井俊道「室町幕府の公方御倉「正実坊」について」(『佛教経済研究』49、2020年5月)室町幕府の財政基盤を支えた公方御倉のひとつ正実坊の職務と実態を考察したもの。https://t.co/QX9ENt1MvZ #こんな論文がありました

12 12 0 0 OA 耳比磨利帖

今日ぼけーっとしてたらたぶんこれまでの三好氏研究では触れられたことがない(戦国遺文でも自治体史でもたぶん未収)文書を見つけたんですけど、これですhttps://t.co/MPXIBjpRIw
CiNii 論文 -  阿弥陀如来像と真言密教 https://t.co/lw06rmR8PQ #CiNii 95年だが、全43ページ中12ページを注釈に費やす。現在は多少見解の変化があるだろうが、顕教浄土教・観経の記述に沿った阿弥陀如来立像以外は、三尊像・来迎像・山越図含め多くが密教浄土教由来と見る
【#日文研DB】サービスを終了したデータベース2件のコンテンツを、「日文研オープンアクセス」(機関リポジトリ)で再公開しました。 #nichibunken ・家族史・人口史文献目録データベース https://t.co/6lNQGwxy0a ・日本語彙研究文献データベース https://t.co/lKvnMTcP75
【#日文研DB】サービスを終了したデータベース2件のコンテンツを、「日文研オープンアクセス」(機関リポジトリ)で再公開しました。 #nichibunken ・家族史・人口史文献目録データベース https://t.co/6lNQGwxy0a ・日本語彙研究文献データベース https://t.co/lKvnMTcP75
問題提起 戦国期佐竹氏権力と流通 : 過所と荷留の事例から/ . 地方史研究 (via CiNii Articles). https://t.co/am9LSoFVwM
問題提起 戦国期佐竹氏と水運/ . 地方史研究 (via CiNii Articles). https://t.co/j9DPA8BZiO
問題提起 古河公方足利成氏の動向と常総の内海・水系/ . 地方史研究 (via CiNii Articles). https://t.co/O1nJGBPyUQ
@kerpanen https://t.co/fyA6cOFhgl 平治物語絵巻・三条殿夜討巻だと 人差し指・中指をなめているのかどうかだが
【歴史的典籍NW事業】 東京学芸大の司書である瀨川 結美さんが昨年度ポーランドにおける発表で新日本古典籍総合DBについても紹介してくださいました。 ポーランドにおける日本研究を通じた日本のデジタルアーカイブに関する調査報告 https://t.co/ejyiQCFzMh エラータ https://t.co/t9N6YD0umF

4 0 0 0 OA エラータ

【歴史的典籍NW事業】 東京学芸大の司書である瀨川 結美さんが昨年度ポーランドにおける発表で新日本古典籍総合DBについても紹介してくださいました。 ポーランドにおける日本研究を通じた日本のデジタルアーカイブに関する調査報告 https://t.co/ejyiQCFzMh エラータ https://t.co/t9N6YD0umF
宮﨑 甲・三枝 一将・松本 隆 - 平安時代後期・鎌倉時代の多臂金銅仏の構造と鋳造法 https://t.co/sZM3k9ikeN
家康さんは本能寺の変の後に解禁して本願寺に接近したっぽく明らかに本願寺がポイント。 一方、南九州では禁制に呪術者や山伏と本願寺の教理と違う存在が含まれてます。 同じ「禁制」でも違う部分があり興味深いです。 CiNii 論文 - 真宗禁制と山伏および売薬商人 https://t.co/MidZlxr77i #CiNii https://t.co/OWs7GUDlEf
#こんな論文がありました PDF公開。聖福寺像とは、神護寺蔵を「頼朝だ!」と認識したうえで元禄11年に制作された肖像らしい。 渡邊 雄二「神護寺蔵 武将像三幅について : 聖福寺像 源頼朝像からの考察」 九州産業大学芸術学会研究報告 (第51巻), 117-128, 2020-03-01 https://t.co/XxgEXYAjMV
玉藻前、といえば、伊藤慎吾先生のこれは圧巻でした。 「妖狐玉藻像の展開 : 九尾化と現代的特色をめぐって」 学習院女子大学紀要 (22), 1-14, 2020 https://t.co/iHy3PX8QMW
良書見つけた。平安~元禄時代の代表的な衣服の作り方。→絵は直垂 https://t.co/8yvjbUFzLV https://t.co/5OIHLLABts
https://t.co/TSlf9ZgwLa 胎内仏については近々京産大から報告書が出ます(リンク先は中間報告)
PDF公開。竹井英文「南北朝期東北地方の城館関係史料集成」(『東北学院大学論集.歴史と文化』59、2019年3月)https://t.co/mLnSWVsszu #こんな論文がありました https://t.co/XP9aBwo5Fy
PDF公開。竹井英文「東北地方における中世城館関係史料集成:青森県・岩手県編」(『東北学院大学論集.歴史と文化』57、2018年3月)https://t.co/puj4cQuCug #こんな論文がありました https://t.co/q4ORoXX5BK
各史料集の長所と短所ならびに古記録読みの際に心がけるべき姿勢を端的に述べたコラムとして、髙橋秀樹「古記録読みの対話と格闘」(『史学研究集録』43、國學院大學大学院史学専攻大学院会、2019年3月)はわずか4頁ながらにして一読の価値あり。https://t.co/3pQeJQeQlH
ちなみに、 妙音院殿(仮名)から教えてもらったことだけど、『源平盛衰記』の全釈も名古屋学院大学の紀要で10年以上連載されている。大事業だ……。 https://t.co/aomUad5Dd7
把握してなかったけど、就実大学の吉備地方文化研究所で10年前から着々と『実隆公記』の注釈を作っておられたようだ。 https://t.co/GKABq6qgWV
PDF公開。塩谷菊美「軍記の描く本願寺と一揆:細川両家記・越州軍記・信長公記」(『同朋大学仏教文化研究所紀要』39、2020年3月)「石山合戦」と同じか直後の時期に作られた軍記の作者たちが、本願寺の一揆をどうみていたかを検証しようとするもの。https://t.co/AOnlwzrMXf #こんな論文がありました
崔 鵬偉 - 百鬼夜行説話にみる尊勝陀羅尼信仰 -『今昔物語集』巻十四第四十二話と藤原氏の伝承- https://t.co/oj0MklpNKe

36 0 0 0 OA 続史籍集覧

「日向守がうつふきて罷あるほそ首にあてかひ、「いかにきんかあたま何とてさしきをたちやふるそ」」--『義残後覚』の一節ですね。 https://t.co/S55EhMH1lK https://t.co/Kk1HwmJXkC
吉田 卓爾 -  十五世紀の将軍家及び寺家における宋・元・明絵画受容に関する予備的考察 : 『蔭凉軒日録』に記される相国寺伝来の絵画を中心に https://t.co/QgBFKfHKpS
CiNii 論文 -  戦国期常陸国江戸氏領絹衣相論に窺う都鄙間権威・権力・秩序構造 https://t.co/4DppNN9UfP #CiNii
RTに関連して桃崎有一郎「鎌倉末期の得宗家儀礼に見る長崎円喜・安達時顕政権の苦境:得宗空洞化・人材枯渇・幕府保守」(『日本史研究』684、2019年)を読もうと思い、腐海に立ち入るも発見できず。なんてこった。 https://t.co/v3dhQH0VQ5
PDF公開。新谷和之「越前国一乗谷周辺での山林用益」(『民俗文化』31、近畿大学民俗学研究所、2019年10月)「中世山城跡での土地利用の歴史を重層的に把握するという問題意識のもと、越前国一乗谷城とその周辺の山林利用の実態を探った」https://t.co/zyR3YCWPHR #こんな論文がありました
PDF公開。佐藤耕太郎「『塵芥集』から探る奥羽の自力救済社会」(『国士舘史学』22、2018年3月)「塵芥集」から戦国期の奥羽における村落の「自力救済」体系を他分国法と比較・検討。村落が自身の運営上の問題にどれほど主体的に解決したかを探る。https://t.co/4EHJJEN6tZ #こんな論文がありました

5 0 0 0 OA 随筆文学選集

1927年出版の『随筆文学選集. 第四』にその名もズバリな『燧袋図』(川崎千虎著)という和書が載っていて、絵巻の火打石袋の考証としては現状これがMAXな気がする。 https://t.co/qwR8iY8vg5 https://t.co/B6OsMz4tgV
土橋 靖子 -  万葉集の「漢字的表現」と「仮名的表現」 https://t.co/kA4iTYgRlU
「京都新城」がついに出た!大発見!石垣・堀も保存されるそうで何よりです。参考→内藤昌・湯浅耕三1972「豊臣家京都新城ー武家地の建築 : 近世都市図屏風の建築的研究-洛中洛外図・その6」『大会学術講演梗概集. 計画系』47(https://t.co/OMlivz0Tsc) https://t.co/CEwFeVX8IV
#こんな論文が出ていたようです 本文PDF公開。 橋本 素子「中世後期東国の政治儀礼における喫茶文化について」 寧楽史苑 (64), 1-15, 2019 https://t.co/ZmR23J2301
PDF公開。松尾剛次「最上義光花押再考」(『山形大学紀要.人文科学』19-3、2020年2月)最上義光の花押について、その類型と変遷を考察。https://t.co/6kOZLQpkNy #こんな論文がありました
#こんな論文がありました pdf公開。 野口実「出羽国由利郡地頭由利維平をめぐって : 源頼朝政権と出羽国」 京都女子大学宗教・文化研究所研究紀要 (32), 1-18, 2019-03 https://t.co/2kZ5stPN3k
CiNii 論文 -  いわきの寺院の聖教調査―地域の教養の拠点としての寺院の役割について― https://t.co/Nn8c1EUISk #CiNii 宝聚院・如来寺(共に福島県いわき市)の聖教悉皆調査について
「各守護家または国別の守護発給・受給データベースを収録したCD-ROMを添付した報告書を作成する。報告書には、守護職の変遷や各データベース作成の方針、データベースから読み取れる特徴、考察や研究の手引きなどを盛り込んだ解説(解題)を掲げ」るとのこと(https://t.co/Lj0l2KUwmc より)>RT
#こんな論文がありました pdf公開。 海津一朗「惣国噯衆と中世社会 : 紀州惣国一揆の中人制」 和歌山大学教育学部紀要. 人文科学 70, 1-6, 2020-02 https://t.co/0Sc3dp7z5t
メモ。阿部匡伯「十河一存の畿内活動と三好権力」(『龍谷大学大学院文学研究科紀要』41、2019年)※「十河一存」の読みは「そごうかずまさ」。なお、同誌はいずれ龍谷大学の機関リポジトリで公開する。https://t.co/sTVl4y2jeQ #こんな論文が出ていたようです
長野 栄俊氏「予言獣アマビコ考--「海彦」をてがかりに」(若越郷土研究 49(2), 1-30, 2005-01) https://t.co/vilBwXBx1k わかりやすく整理されてたのはこちらです(*´∇`*) #お家で歴史充
オンライン授業準備中の司書課程講師教員の皆様、拙著『本棚の中のニッポン:海外の日本図書館と日本研究』(笠間書院, 2012)はオープンアクセス公開しており、教材として好きにどうなりと使ってください。 / “CiNii 図書 - 本棚の中のニッポン : 海外の日本図書館と日本…” https://t.co/6sI6kDiGWu
以前から馬部氏が「隠蔽」を行っている等、ツイッターで執拗に攻撃していた某アカウントに対する反論論文だった。自らの論文の前提や姿勢について述べつつ、攻撃の論拠を丁寧に潰していっている。 ⇒馬部隆弘 「アテルイの「首塚」と牧野阪古墳」 『志學臺考古』20 2020/3 https://t.co/r7W5bThWX1
智積院聖教については『智積院聖教における典籍・文書の基礎的研究』(平成20年度~平成22年度科学研究費補助金基盤研究(B)研究成果報告書、課題番号20320067、研究代表者宇都宮啓吾、2011年)に詳しいので、一読を推奨したい。https://t.co/G7G3iEydJf

5 0 0 0 OA 鎌倉仏教

PDF公開。永村眞「鎌倉仏教:密教「聖教」の視点から」(『智山学報』66、2017年)聖教を素材に、諸僧侶集団の修学活動から、鎌倉時代の仏教あるいは都市鎌倉の仏教の実態を考察。事例は真言密教が多い。個人的には氏が黒田俊雄の「顕密仏教」概念に言及しているのが興味深い。https://t.co/o0iDvamVXc
蔵書印と練り朱肉の手入れについて (馬渕 敬子 特別資料室) 早稲田大学リポジトリ https://t.co/Y8JmyGrspr
拙稿「『諏方大明神画詞』諏方社祭絵第四、六月晦日条考―「藤嶋ノ明神」をめぐるテクストの諸相―」が、北大の機関リポジトリHUSCAPで読めるようになりました。 風神録製品版からちょうど12年というタイミングの昨年8月に出た、所謂「諏訪大戦」についての最新の論文です。 https://t.co/NMVagbudL5
明治18年(1885年)のカレンダーを見てみたら確かに節分が2月2日だった|俳風必用花月しらべ - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/xVFKWooh90 https://t.co/O6yU4fTZJO
KAKEN — 研究課題をさがす | 出雲国造北島家文書の総合的研究 (KAKENHI-PROJECT-18K00913) https://t.co/jxDnEO1R28
引用は西谷功「『視覃雑記』著者「長典」と醍醐寺建久本『十巻抄』所持者「長典」」(『智山学報』64、2015年、PDF公開)88頁を参照のこと。また、同様の指摘として橋本初子「法会と法流からみた中世の僧数」(『日本史研究』388、1994年)123頁も参照のこと。https://t.co/VSwXF3mYzJ
日本語で書かれた初の本格的な日本美術史『稿本日本帝国美術略史』(1901)は、国会図書館デジタルコレクションで今すぐ読むことができるよ。 1916年に再版されたバージョンのほうが読みやすいから、そっちのURLを張っておくね! https://t.co/Z7hHJuASbf https://t.co/OsnwR8GCwY
ふわぁ!!見つけたよう!!見つけたよう!! 美川秀信さんが朝鮮の水産試験場にいた証拠!! この時はまだ技師だけど。 #いだてん 朝鮮総督府及所属官署職員録. 大正15年 :水産試験場 - 国立国会図書館デジタル https://t.co/cgqT6MFgo1 https://t.co/gAYP0qKuFP
亀田俊和先生の昔の論文がPDFで読めます。 https://t.co/rC2et0dfTe https://t.co/Tbht2Cge1P あと、史学雑誌の記事と呉座先生の3つの著作(『一揆の原理』『戦争の日本中世史』『応仁の乱』)の書評も。 https://t.co/Gsa7bB1Hrk https://t.co/Y4Z1g5cDvg
亀田俊和先生の昔の論文がPDFで読めます。 https://t.co/rC2et0dfTe https://t.co/Tbht2Cge1P あと、史学雑誌の記事と呉座先生の3つの著作(『一揆の原理』『戦争の日本中世史』『応仁の乱』)の書評も。 https://t.co/Gsa7bB1Hrk https://t.co/Y4Z1g5cDvg
亀田俊和先生の昔の論文がPDFで読めます。 https://t.co/rC2et0dfTe https://t.co/Tbht2Cge1P あと、史学雑誌の記事と呉座先生の3つの著作(『一揆の原理』『戦争の日本中世史』『応仁の乱』)の書評も。 https://t.co/Gsa7bB1Hrk https://t.co/Y4Z1g5cDvg
亀田俊和先生の昔の論文がPDFで読めます。 https://t.co/rC2et0dfTe https://t.co/Tbht2Cge1P あと、史学雑誌の記事と呉座先生の3つの著作(『一揆の原理』『戦争の日本中世史』『応仁の乱』)の書評も。 https://t.co/Gsa7bB1Hrk https://t.co/Y4Z1g5cDvg
こちらは東北学院大学学術情報リポジトリで無料で読めちゃう。有難い時代です。他にもいろいろあるので検索してみよう。 《史料紹介》石川県立図書館所蔵「本多家士軍功書」(竹井英文) https://t.co/bDriVXtS4J

19 0 0 0 OA 〔雑字類書〕

ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』 https://t.co/OUcikc5Jt4 『塵芥』 https://t.co/7pLZV6IVCk 『運歩色葉集』 https://t.co/edNK336xZU 『易林本節用集』 https://t.co/Ry3j7BoXb3

21 0 0 0 OA 節用集 : 易林本

ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』 https://t.co/OUcikc5Jt4 『塵芥』 https://t.co/7pLZV6IVCk 『運歩色葉集』 https://t.co/edNK336xZU 『易林本節用集』 https://t.co/Ry3j7BoXb3

16 0 0 0 OA 下学集 : 2巻

ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』 https://t.co/OUcikc5Jt4 『塵芥』 https://t.co/7pLZV6IVCk 『運歩色葉集』 https://t.co/edNK336xZU 『易林本節用集』 https://t.co/Ry3j7BoXb3
ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』 https://t.co/OUcikc5Jt4 『塵芥』 https://t.co/7pLZV6IVCk 『運歩色葉集』 https://t.co/edNK336xZU 『易林本節用集』 https://t.co/Ry3j7BoXb3
PDF公開。竹井英文「中近世移行期利府地域史の研究」(『東北学院大学東北文化研究所紀要』50、2018年12月)「城館と街道を中心に戦国期の利府地域の構造を明らかにしつつ、近世初頭にかけて利府地域がどのように変化していったのか、具体的に明らかにしていきたい」https://t.co/X1mj0oaIAr

125 0 0 0 OA 薬品名彙

これが日本最古のタピオカであるっぽい 伊藤謙『薬品名彙』明7(1874) https://t.co/Ya648F4FRS https://t.co/hHNWXUdThf
んおお!!この報文、北海道から出土した星兜の実測図が載ってる!!「兜出土地一覧表」とかいう神リストまで付いてるのでメモ。 https://t.co/zLTzTKwMfH https://t.co/zIWFptTsjn
PDFあり。『シン・ゴジラ』で、野村萬斎はいかにゴジラを演じたかの研究。基本形は<釣狐>の狐と<道成寺>の毒蛇。 ⇒平林一成 「『シン・ゴジラ』における狐と蛇―野村萬斎の「熱線」の演技を中心に― 」 『近畿大学日本文化研究所紀要』(2) (2019-03) https://t.co/zsxjG7sOCs
知られていなさそうな史料群をもうひとつ。「禁裏・宮家・公家文庫収蔵古典籍のデジタル化による目録学的研究」研究成果報告書(平成14~17年度科学研究費補助金〈基盤研究A〉、研究代表者田島公、2006年3月)末柄豊「東山御文庫所蔵『鴨社文書』」。下鴨社関連文書を収録。https://t.co/75XsOp92pI

19 0 0 0 OA 口絵

【基幹研究プロジェクト】 #日本関係欧文史料の世界 を更新しました 《図版紹介》にティチング『日本風俗図説』(1819)を追加しました。当時の婚礼や儀式の様子が色彩豊かに描かれています。 図:https://t.co/KMm2xBkfhD 解説:https://t.co/ZSK8G4wXSu https://t.co/fppiy3cZVL
興味深い論文。三好長慶の菩提所である大徳寺聚光院の成立経緯を考察されていますが、永禄の変前後の三好家の状況を把握して丁寧に書かれています。三好家について先行研究だけでなく東大史料編纂所のDBで独自に調査されたとのことで、註での考察も充実していて学びが多い。 https://t.co/5MNmrZZkEi
小山隆秀2017「伝統の希求と創出-青森県津軽地方のねぷた喧嘩習俗を事例として-」(『国立歴史民俗博物館研究報告第205集[共同研究]民俗儀礼の変容に関する資料論的研究』)https://t.co/RF8qMhzvRx
CiNii 論文 -  常陸小田氏治の基礎的研究 : 発給文書の検討を中心として https://t.co/QG7b25kVoe #CiNii
まあ目次見ただけでこんなの読みたくなりますね。備中高松城を毒ガス攻撃w 炭素太功記 https://t.co/MqRfcs0wuF https://t.co/7ahVwlUZ9p

66 0 0 0 OA 観音の霊験

こちらの「観音の霊験」という書物に大淵寺の護国観音の由来が記載されているのですが、 https://t.co/5i2cO1ZTmR 175P(93コマ)に大淵寺の護国観音を作る前に九州青ヶ島に滞在したと書いてあったのを思い出した! #謎の大観音
宗麟公、キリスト教に興味なかった 天正6年10月16日 「…非常に優れた生来の資質の中で、我らが彼(宗麟)に見出す顕著な欠点の一つは、如何なる説得によっても、デウスに関する事柄を彼に自ら傾聴しようとさせることが司祭らにはできず…」 https://t.co/PLT2TKsOBp

フォロー(201ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

国語科教育/88 巻 (2020)/ 書評・内藤 一志  井浪真吾著『古典教育と古典文学研究を架橋する―国語科教員の古文教材化の手順―』 https://t.co/CPBbJlLfUg
立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1116「新型コロナウイルス感染症と学生支援―主要国の状況と取組―」(PDF:500KB) https://t.co/J01WUpPUl3
立法調査資料『 #調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1117「主要国における中小企業向け給付金―コロナショックへの対応―」(PDF:529KB)を掲載しました https://t.co/h1222GpBEt
立法調査資料『 #調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1116「新型コロナウイルス感染症と学生支援―主要国の状況と取組―」(PDF:500KB)を掲載しました https://t.co/6336j6UHiI

フォロワー(175ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @pririn_: 中世日本における密教・神道交渉史の研究 トレンソン スティーブン 広島大学, 総合科学研究科, 准教授 「天皇と皇后はそれぞれ一字金輪と仏眼仏母の化身とされ……皇子は大日如来及び天照大神と同体とされた……」https://t.co/n3eTXmKuax
国語科教育/88 巻 (2020)/ 書評・内藤 一志  井浪真吾著『古典教育と古典文学研究を架橋する―国語科教員の古文教材化の手順―』 https://t.co/CPBbJlLfUg
立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1116「新型コロナウイルス感染症と学生支援―主要国の状況と取組―」(PDF:500KB) https://t.co/J01WUpPUl3