著者
名城 邦夫
出版者
名古屋学院大学総合研究所
雑誌
名古屋学院大学論集 社会科学篇 = THE NAGOYA GAKUIN DAIGAKU RONSHU; Journal of Nagoya Gakuin University; SOCIAL SCIENCES (ISSN:03850048)
巻号頁・発行日
vol.55, no.2, pp.97-130, 2018-10-31

西アジアにおいて最初の都市文明が成立し,社会的規律化が要請され,人格神・王権・法治・計算貨幣・官僚制による財政国家が成立した。神官・王族・貴族・平民・奴隷の身分ごとにその義務と役割が定められ,計算貨幣による分配が行われた。特に重要な軍役について最初にリディア王国において打造貨幣で支払われるようになった。このような打造技術による貨幣製造は,計算貨幣による社会的規律化と国家形成とともにギリシャからローマへと伝播した。ローマでは至上権・官職官僚制・ローマ法・金銀銅三貨制度・造幣役による貨幣システムが成立し,6000万人の帝国に発展した。帝政末期には帝国の属州に地域貨幣システムが形成され,それがゲルマン部族王国に継承された。最終的に西ゴート王国とフランク王国のみが独自の貨幣システムを確立することとなった。特にフランク王国はカロリング王朝によってローマ末期の金貨システムから独自の銀貨システムを確立することとなった。
著者
三村 昌義
出版者
神戸山手大学
雑誌
神戸山手大学紀要 (ISSN:13453556)
巻号頁・発行日
vol.6, pp.11-34, 2004-12-20
著者
榎本 知郎
出版者
日本霊長類学会
巻号頁・発行日
pp.61, 2007 (Released:2009-05-30)

性行動 sexual behavior は、行動生態学に基づく仮説の検証に分析されることが多い。しかし、しばしば生殖行動と混同され、繁殖成功に結びつくとの解釈が見られる。これは、霊長類の「性」を精査せずに一般化し生殖に結びつけたバイアスであるように思われる。霊長類における性行動の研究をヒトの性にまつわる行動の解釈に結びつけるためには、定義を見直す必用があるだろう。そこでわたしは以下のような定義を提言したい。 (1) 生殖行動 Reproductive behavior:生殖のための行動で、受精をもたらす。多くのサルで、排卵しないときにも性行動が観察されるので、生殖行動は性行動に内包される。 (2) 性行動 Sexual behavior: 性行動とは、陰茎を腟に挿入する交尾行動 coitus or copulation を指す。誘い行動 solicitation など交尾の前後に見られるやりとりも分析の対象になる。 (3) 恋愛行動 love behavior: オトナの異性間で「抱擁」「キス」「愛撫」などの親和的接触行動の少なくともひとつが見られる一連のやりとり。性行動とは別のカテゴリーで、互いに他を包含する関係にない。 (4) 結婚 marriage: 社会的に規定されるオス・メス関係で、行動学的な分析になじまない。
著者
高橋 優佳
出版者
筑波大学比較・理論文学会
雑誌
文学研究論集 = Tsukuba Studies in Literature (ISSN:09158944)
巻号頁・発行日
vol.36, pp.37-52, 2018-03-30

本論文では、J・K・ローリング(1965-)の『ハリー・ポッターシリーズ(1997-2007)の主人公ハリー・ポッターと、小野不由美(1960-)の『十二国記』シリーズ(1991-)の主要人物である泰麒(高里要)について比較しながら共通点と差異を見出していく。ハリーと泰麒には、身体的特徴や背負う宿命に類似点が見受けられるが、現段階で『ハリー・ポッター』シリーズと『十二国記』シリーズの類似性に関して論じている先行研究が非常に少ない。その理由として、2人の主人公の描写に、様々な共通点をも覆すような決定的な差異が存在することが考えられる。本論文における考察は、間作品が影響を受けている、C・S・ルイスの『ナルニア国物語』などの古典作品について、イギリスと日本の作家がそれぞれの地域や文化の中でどのようにして受容し変容させていったか、ということについて考察するための具体例を提供することにもつながるだろう。This essay focuses on the similarities and differences between Harry Potter,the hero of J.K. Rowling (1965-)'s Harry Potter series (1997-2007),and Taiki (Kaname Takasato),the main character of Fuyumi Ono (1960-)'s The Twelve Kingdoms series (1991-). These two characters have some salient features in common,for example their appearance and the fate bestowed on them at their birth. However,there are few previous studies about the resemblance between Harry Potter and The Twelve Kingdoms. The reason for this may be that there are some crucial differences and these discrepancies could disprove their similarities. Since both works were influenced by C.S. Lewis's The Chronicles of Narnia and other classical works,a comparative study may provide a concrete example of how the reception and transformation of fantasy classics by British and Japanese authors differed depending on their regional and cultural background.
著者
武田 邦彦
出版者
公益社団法人 日本工学教育協会
雑誌
工学教育 (ISSN:13412167)
巻号頁・発行日
vol.46, no.1, pp.12-16, 1998-01-30
参考文献数
14
被引用文献数
4

工学備理教育では,(1)近代工学が社会に与えた精神界への打撃,労働の追放,環境の破壊などの事実内容についての講義,(2)工学倫理の自然科学的合理性,工学の社会に対する合目的性,工学の一方向性などの考え方についての講義,及び(3)原子爆弾投下,エイズ問題,遺伝子操作による動物の飼育などの主要な事例研究と演習,さらに(4)工学倫理組合の結成,労働形態の変更など社会生活への働きかけの可否などの講義と討論をもとに構成するのが適当であると考えられる。また,工学的内容を持つ事例の講義とその倫理学的哲学的内容を教授することが必要な工学倫理教育では複数の教育者の共同教育が必要であろう。
著者
Masako Kishima Hidetaka Wakabayashi Hideaki Kanazawa Masataka Itoda Toshio Nishikimi
出版者
The Japanese Association of Rehabilitation Medicine
雑誌
Progress in Rehabilitation Medicine (ISSN:24321354)
巻号頁・発行日
vol.3, pp.20180020, 2018 (Released:2018-12-11)
参考文献数
12

Background: Dysphagia occurs often after oral cancer surgery. However, no case of dysphagia in combination with cerebral hemorrhage, tongue defect, and sarcopenia has been reported. We describe the case of a 70-year-old man with dysphagia associated with a cerebral hemorrhage, tongue defect, and sarcopenia who received rehabilitation nutrition and underwent glottal closure. Case: At age 48 years, the patient had the left part of his tongue removed because of cancer. Twenty-two years later, he developed dysphagia and right hemiplegia after a cerebral hemorrhage. The patient was diagnosed with sarcopenia based on a low left handgrip strength (10 kg) and reduced calf circumference (26.5 cm). The patient’s Functional Oral Intake Scale (FOIS) score was 1, and his tongue muscle mass indicated atrophy, making the maximum tongue pressure difficult to measure. Palatal augmentation prostheses (PAP) were made to increase swallowing and tongue pressures, and nutritional intake was changed from nasal tube feeding to a gastric fistula. Nutritional intake was increased to 2400 kcal/day and protein intake to 96 g/day. Although rehabilitation nutrition using PAP improved the patient’s nutritional status, the dysphagia did not improve, and therefore he underwent glottal closure. This resulted in a weight gain of 13.7 kg and increased tongue muscle strength and volume. The patient’s FOIS score increased to 7 (i.e., total oral diet with no restrictions) at 5 months after discharge. Discussion: Glottic closure surgery may be useful for improving oral ingestion, nutritional status, and activities of daily living.Background: Dysphagia occurs often after oral cancer surgery. However, no case of dysphagia in combination with cerebral hemorrhage, tongue defect, and sarcopenia has been reported. We describe the case of a 70-year-old man with dysphagia associated with a cerebral hemorrhage, tongue defect, and sarcopenia who received rehabilitation nutrition and underwent glottal closure. Case: At age 48 years, the patient had the left part of his tongue removed because of cancer. Twenty-two years later, he developed dysphagia and right hemiplegia after a cerebral hemorrhage. The patient was diagnosed with sarcopenia based on a low left handgrip strength (10 kg) and reduced calf circumference (26.5 cm). The patient’s Functional Oral Intake Scale (FOIS) score was 1, and his tongue muscle mass indicated atrophy, making the maximum tongue pressure difficult to measure. Palatal augmentation prostheses (PAP) were made to increase swallowing and tongue pressures, and nutritional intake was changed from nasal tube feeding to a gastric fistula. Nutritional intake was increased to 2400 kcal/day and protein intake to 96 g/day. Although rehabilitation nutrition using PAP improved the patient’s nutritional status, the dysphagia did not improve, and therefore he underwent glottal closure. This resulted in a weight gain of 13.7 kg and increased tongue muscle strength and volume. The patient’s FOIS score increased to 7 (i.e., total oral diet with no restrictions) at 5 months after discharge. Discussion: Glottic closure surgery may be useful for improving oral ingestion, nutritional status, and activities of daily living.
著者
尾上 英俊 飯田 博幸 木村 一雄 有永 誠
出版者
West-Japanese Society of Orthopedics & Traumatology
雑誌
整形外科と災害外科 (ISSN:00371033)
巻号頁・発行日
vol.39, no.2, pp.774-776, 1990-10-25 (Released:2010-02-25)
参考文献数
4

During past 2 years from 1987 to 1989, 30 fingers of 22 cases of finger tip injuries and finger amputations were treated conservatively using aluminium foil (aluminium for cooking). The dressing was changed fist on the following day of injury and then every three days.The average wound healing period was 32.7 days, ranging from 26 to 38 days. The created stump was free from severe pain and tenderness and tolerated daily use excellently.The injured finger tip was packed by aluminium foil, so that the wound was always wet and epithelialization was promoted and a round shaped stump was created.The conservative therapy for finger tip injuries is economical and simple, and the result is stable regardless the ability of the doctors.
著者
道田 泰司
出版者
日本教育心理学会
雑誌
教育心理学研究 (ISSN:00215015)
巻号頁・発行日
vol.59, no.2, pp.193-205, 2011
被引用文献数
2

本研究の目的は, 大学での半期の授業の中でさまざまな形で質問に触れる経験をすることが, 質問に対する態度や質問を考える力に効果を及ぼすかどうかを検討することであった。授業では毎回, グループで質問を作ること, 個人で質問書を書くことに加え, 半期に1回グループで発表させることで, 質問することが必要となる場面を作った。授業初回と学期の最後に, 質問に対する態度の自己評定と, 文章を読んで質問を出す課題を行った。2年度に渡る実践の両方において, 学期末の調査で質問に対する態度が全般的に向上しており, 質問量も増加していた。質問量の増加は, 事実を問う質問や意図不明の質問によるものではなく, 高次の質問の増加である可能性が示唆された。その変化がどのように生じたのかを知るために, 質問量と質問態度それぞれについて, 事前テストでの成績によって学生を4群に分けて事後テスト結果を検討した。その結果, 事前テスト上位群以外の学生の質問量および質問態度が向上していることが示された。以上の結果より, さまざまな形で質問に触れる経験をさせた本実践の効果が示された。
著者
鈴木 聖子
出版者
文化資源学会
雑誌
文化資源学 (ISSN:18807232)
巻号頁・発行日
no.4, pp.41-49, 2005
著者
吉水 ちひろ
出版者
仁愛大学
雑誌
仁愛大学研究紀要. 人間学部篇 (ISSN:21853355)
巻号頁・発行日
no.16, pp.33-42, 2017

本稿の目的は,インタラクティブ・フォーカシングを用いた共感的傾聴トレーニングのプログラムを,大学院授業用に構成し実践した試みを紹介し,心理臨床初学者にとっての有用性を検討するものである.プログラムは『ハンドブック インタラクティブ・フォーカシング』を土台に,6つのステップと8つの実習で構成されている.受講者の感想からは,新鮮で意味ある実習体験として受け止められ,体験の深まりや被傾聴感を実感し,実践との繋がりを意識しながら自己研鑽の展望を得る様相が示された.心理療法における共感と傾聴という臨床実践の中核的なテーマについて,主体的な気づきによって課題が明確になり,実践への橋渡しとなる有効なトレーニング法であることが示唆された.
著者
吉野 敦雄 岡本 泰昌 神人 蘭 森 麻子 山脇 成人
出版者
日本疼痛学会
雑誌
PAIN RESEARCH (ISSN:09158588)
巻号頁・発行日
vol.32, no.4, pp.260-266, 2017-12-20 (Released:2018-05-31)
参考文献数
17

Chronic pain affects many people and decreases their physical or emotional functioning and their quality of life, and impairs their ability to work. Psychological factors such as depression and less activities lead to chronicity of pain, and multidimensional treatments including psychotherapy for chronic pain patients are required. Cognitive behavioral therapy (CBT) is one of the psychotherapy treatments, and is required positive attitude that patients objectively monitor one’s own emotion, sensation, and social environments and that they continuously modify these maladaptive behavior and cognition, rather than negative attitude. By using acquired skills, they can learn to be able to control their symptoms by themselves. Many meta–analyses show that CBT is more useful for pain experiences, mental health, and social functioning than only drug medication. We have also developed a CBT program for patients with chronic pain since 2011 and have confirmed the improvement of subjective pain perception, depression, anxiety, and QOL after CBT. In this manuscript, we report the concrete program. Furthermore, clinical effects of our program were variable, and lastly, psychosocial or neuroscientific considerations were given to make this program more effective in the near future.
著者
JINNO Takuya MIYAKAWA Tomoki SATOH Masaki
出版者
Meteorological Society of Japan
雑誌
気象集誌. 第2輯 (ISSN:00261165)
巻号頁・発行日
pp.2019-017, (Released:2018-12-07)

In August 2016, a monsoon gyre persisted over the western North Pacific and was associated with the genesis of multiple devastating tropical cyclones. A series of hindcast simulations was performed using the nonhydrostatic icosahedral atmospheric model (NICAM) to reproduce the temporal evolution of this monsoon gyre. The simulations initiated at dates during the mature stage of the monsoon gyre successfully reproduced its termination and the subsequent intensification of the Bonin high, while the simulations initiated before the formation and during the developing stage of the gyre failed to reproduce subsequent gyre evolution even at a short lead time. These experiments further suggest a possibility that the development of the Bonin high is related to the termination of the monsoon gyre. High predictability of the termination is likely due to the predictable mid-latitudinal signals that intensify the Bonin high.
著者
内田 力
出版者
国際日本文化研究センター
雑誌
日本研究 = NIHON KENKYŪ (ISSN:24343110)
巻号頁・発行日
vol.58, pp.195-213, 2018-11-30

日本中世史家の網野善彦(生没年一九二八~二〇〇四年)は、一九七〇年代ごろから新しい歴史学の潮流(「社会史」)の代表的人物として注目されるようになり、のちに「網野史学」・「網野史観」と称される独自の歴史研究のスタイルを打ち立てた人物である。かれの歴史観は、とくに大衆文化の実作者への影響が大きく、映画監督の宮崎駿や小説家の隆慶一郎、北方謙三の作品にその影響がみられる。
著者
佐藤 美樹
出版者
金沢大学人間社会研究域法学系
雑誌
金沢法学 (ISSN:0451324X)
巻号頁・発行日
vol.51, no.1, pp.1-12, 2008-11-30 (Released:2017-10-03)