著者
石田 万実
出版者
日本笑い学会
雑誌
笑い学研究 (ISSN:21894132)
巻号頁・発行日
vol.21, pp.32-44, 2014-08-02 (Released:2017-07-21)

本稿は、日本のお笑い番組において登場人物がどのように表現されてきたのかを分析し、笑いの中にどのようなメッセージがあるのか、また、男性が女性を演じる「女装」がどのような役割を持つのかを明らかにすることを目的としている。このため、日本のコミックバンド「ザ・ドリフターズ」が出演したコント番組、『8時だョ!全員集合』と『ドリフ大爆笑』のDVDを研究対象とし、内容分析を行った。分析の結果、ザ・ドリフターズのコント番組では、ジェンダーに関する当時の価値観や秩序が笑いとともに再生産され、メッセージとして視聴者に伝えられていた傾向があることがわかった。その中で女装は主に、男性が「女らしさ」「母親らしさ」を演じ、笑いをおこすために利用されていた。しかし一方で、女性が女性を演じる場合は表現されない「女性に期待される役割の風刺」は、男性が女装をすることによって可能となっていた。
著者
溝上 慎一
出版者
京都大学
雑誌
京都大学高等教育研究 (ISSN:13414836)
巻号頁・発行日
vol.2, pp.184-197, 1996-06-30
被引用文献数
9 or 0

この論文は国立情報学研究所の学術雑誌公開支援事業により電子化されました。
著者
福田 喜一郎 Kiichiro Fukuda
雑誌
鎌倉女子大学紀要 = The journal of Kamakura Women's University (ISSN:09199780)
巻号頁・発行日
no.19, pp.45-49, 2012-03-31

カントは意外なことに、無神論者が道徳的に誠実であり続けることには限界があると主張している。しかし、これはその道徳的意志の自律の原理と矛盾するものではない。道徳を行為の次元に、信仰をハビトゥスの次元におけるものとして区別し、自律の原理から道徳的ニヒリズムの可能性を回避しているのである。さらにかれは同時に、「最高善」もしくは神の存在との関係で、自然としての非道徳的世界に新しい実践的意味を与えようとしている。その意味を発見しこの世界に対する信頼を獲得するのが反省的判断力である。筆者の解釈では、カントはこの意味でライプニッツ的な恩寵の世界の理念を受け継ぐ真の擁護者と称しうるのである。Zu unserer Überraschung behauptet Kant,dass das Bestreben des Atheisten, seine sittlich rechtschaffe Eigenschaft zu bewahren, begrenzt sei. Aber diese Behauptung von der moralischen Begrenzung des Atheisten steht beileibe nicht im Widerspruch zum Grundsatz der Willensautonomie bei Kant. Er führt dabei seine Unterscheidung des moralischen Actus vom religiösen Habitus ins Feld, um solchen moralischen Nihilismus zu vermeiden. Er versucht zugleich weiterhin, der amoralischen Welt als Natur eine neue praktische Bedeutung beizulegen, was "das höchste Gut" oder das Dasein Gottes betrifft. Es ist m. E. die reflektierende Urteilskraft, die diese Bedeutung entdeckt und das Vertrauen zu dieser Welt gewinnt. In diesem Sinne kann Kant als der eigentliche Verfechter der Idee des Gnadenreichs von Leibnitz bezeichnet werden.
著者
仲盛 健治 砂川 元 平塚 博義 新崎 章 新垣 敬一 狩野 岳史 Kuang Hai
出版者
一般社団法人 日本口腔腫瘍学会
雑誌
日本口腔腫瘍学会誌 (ISSN:09155988)
巻号頁・発行日
vol.16, no.2, pp.49-55, 2004-06-01 (Released:2010-05-31)
参考文献数
18
被引用文献数
3 or 0

carboplatin (CBDCA) の選択的動脈内投与・放射線同時併用療法を行った口腔扁平上皮癌43例の副作用発現様式について検討した。CBDCAの投与量はAUC4.5としてCaivertの計算式により算出した。放射線療法は高エネルギーX線を2Gy/day x5/weekまたは1.5Gyx2/day x5/weekの外照射とし総線量は30Gyとした。対象症例は口腔扁平上皮癌43例で男性33例, 女性10例, 年齢は30歳から86歳にわたり平均63.3歳であった。CBDCA総投与量は最低260mgから最高740mgであった。口内炎対策には各種含嗽剤を組み合わせて適用し, 29例にはアンサー20注を併用した。主な副作用として血液毒性, 皮膚炎, 口内炎が見られた。口内炎は全例に認められ, Grade3以上の障害は6例, 治療中断症例は1例であった。
著者
根本 純江 冨田 寛
出版者
日本口腔・咽頭科学会
雑誌
口腔・咽頭科 (ISSN:09175105)
巻号頁・発行日
vol.27, no.2, pp.165-172, 2014-06-10 (Released:2014-08-20)
参考文献数
20

心因性味覚障害とは, その患者が訴える味覚障害が, 味蕾の味覚受容機構の障害か, 神経伝達路における障害であるよりも, 心身症, 神経症, うつ, 人格障害等の心理的要素が強く関与し, 心療内科あるいは精神科の併用治療が必要と考えられる病態である. 先行研究では, 亜鉛欠乏性, 薬剤性, 全身疾患性等に比べて, 改善率や通院継続率が低いことが報告されている. 本研究は, 2011年~2012年の2年間に当院で診断, 治療した味覚障害340症例中, 心理面の関与が疑われた症例57例 (男性14例, 女性43例) について, 病態改善の向上を目的に, 管理栄養士との医療連携により, 心理療法 (認知行動療法, 簡易精神療法等) や栄養指導を実施した結果, 味覚検査における治癒, 有効を合わせた累積有効率, 通院継続率が向上したので報告する.
著者
張 峰 尾城 隆 隆島 史夫
出版者
The Ichthyological Society of Japan
雑誌
魚類学雑誌 (ISSN:00215090)
巻号頁・発行日
vol.39, no.2, pp.151-155, 1992-09-15 (Released:2010-06-28)
参考文献数
14

天然雌性発生3倍体性ギンブナの再生産機構を解明するために, その卵形成過程の電顕および光顕観察を行うとともに, ゲル電気泳動法により母子間のアイソザイムパターンの変異を分析した.その結果,(1) ギンブナ卵形成過程の第1減数分裂の前期に, 相同染色体問の対合を示すシナプトネマ構造が観察され,(2) 母子間のPGMアイソザイムパターンに少数例ながら明らかな相違が認められた.従って, ギンブナの相同染色体間において, 少なくとも部分的には対合と乗換えが起こるものと推察された.
著者
FUJIBE Fumiaki
出版者
Meteorological Society of Japan
雑誌
気象集誌. 第2輯 (ISSN:00261165)
巻号頁・発行日
(Released:2018-01-23)

Climatological features of surface air temperature variations on time scales of a few minutes to one hour were examined using one-minute data, spanning a four-year period, from 917 automated stations in Japan. The temperature time series was spectrally analyzed after the application of a Gaussian high-pass filter, and the variances with periods of 64 minutes or less were statistically analyzed as sub-hourly temperature variations. The result obtained shows that daytime temperature variation is observed throughout the country with relatively small regional differences. The amplitudes of daytime temperature variations were larger during spring and summer than those during autumn and winter, and under high temperature and sunny weather than under low temperature, no sunshine, and precipitation. A cross spectral analysis of temperature and wind speed reveals that temperature peaks tend to coincide with or lag behind wind speed minima. The variation is likely to correspond to the convective motion in the mixing layer. On the other hand, the intensity of nighttime temperature variation showed a large amount of scatter among stations, with exceptionally large variations during winter at some stations in northern and eastern Japan. Nighttime temperature variation tends to be in-phase with wind speed variation, with longer periods than daytime temperature variation, and is more intense under low temperature and low wind speed than under high temperature, high wind speed, and precipitation. Stations with large winter nighttime temperature variations tend to be located on a col or a slope, where the surface inversion layer is likely to be easily disturbed by any kind of atmospheric motion.
著者
福島 一彰 柳澤 如樹 佐々木 秀悟 関谷 綾子 関谷 紀貴 菅沼 明彦 味澤 篤 今村 顕史
出版者
一般社団法人 日本感染症学会
雑誌
感染症学雑誌 (ISSN:03875911)
巻号頁・発行日
vol.90, no.3, pp.310-315, 2016-05-20 (Released:2017-11-17)
参考文献数
12

We present 3 cases of ocular syphilis in patients who had been newly diagnosed as having HIV. All the patients had only complained of ophthalmologic symptoms at the time of their initial visit. Treatment with penicillin was successful, resulting in no significant sequelae. Ocular syphilis may lead to reduced visual acuity or even blindness if left untreated. However, the diagnosis may be challenging, since patients may lack symptoms that are commonly observed in cases with primary and secondary syphilis. Considering the recent increase in the number of syphilis patients, clinicians should be aware of ocular syphilis and should have a high index of suspicion for syphilis in any patient at risk so as to ensure a prompt diagnosis.
著者
伊藤 英之 吉田 真理夫 長山 孝彦 脇山 勘治 原田 憲邦 南里 智之
出版者
公益社団法人 砂防学会
雑誌
砂防学会誌 (ISSN:02868385)
巻号頁・発行日
vol.65, no.1, pp.47-53, 2012-05-15 (Released:2015-08-03)
参考文献数
18
被引用文献数
3 or 0

Snowmelt-type mudflow is often observed when a pyroclastic flow, surge, blast or a hot-debris avalanche moves over a snow-covered slope. We constructed the experimental equipment to simulate snowmelt due to high-temperature rock fragments moving over a snow-covered channel. The experiments were carried out for nine different cases, changing the parameters of temperature, rock particle diameter, and snow density. On comparing the hydrographs of these nine cases, we found that the following conditions lead to rapid snowmelt and large peak flow : (1) the temperature of the pyroclastic material is sufficiently high ; (2) the snow density is remarkably high, as in the case of solid ice ; and (3) snow is saturated with liquid water, as in the case of slush. The results indicate that the volume of the snowmelt-type mudflow particularly depends on the snow density and the temperature of the pyroclastic materials.
著者
大野 彰久 眞柴 寿枝 青野 通子 丹下 和洋 越智 裕紀 武智 俊治 横田 智行 上甲 康二
出版者
一般社団法人 日本肝臓学会
雑誌
肝臓 (ISSN:04514203)
巻号頁・発行日
vol.57, no.9, pp.481-486, 2016-09-20 (Released:2016-09-30)
参考文献数
19

症例は20歳代男性.倦怠感と心窩部不快感を主訴に受診し,血液検査でT.Bilと肝胆道系酵素の上昇を認めた.肝炎ウイルスマーカーは陰性で,自己免疫性肝疾患なども否定的だった.画像検査で器質的疾患を疑う所見もなかった.漢方薬の内服歴があり,入院時より腹部に褐色調の皮疹が認められたため薬物性肝障害を考え経過観察した.肝生検組織では急性肝炎と診断し,薬物性肝障害として矛盾しない所見だった.肝胆道系酵素異常は遷延し,腹部の皮疹が上腕・大腿にも拡大した.再度詳細に問診を行うと不特定の性交渉歴があり,血液検査を追加し,早期梅毒と判明した.Amoxicilin 750 mg/dayの内服で,皮疹の改善とともに遷延していた肝胆道系酵素異常は速やかに正常化した.近年,梅毒感染者は増加傾向にあり,特に若年層での感染が目立つ.皮疹を伴う原因不明の肝障害患者では,梅毒性肝炎も念頭に入れるべきだと思われた.
著者
高橋 若生 祢津 静花 湯谷 佐知子 水間 敦士 植杉 剛 大貫 陽一 瀧澤 俊也
出版者
一般社団法人 日本脳卒中学会
雑誌
脳卒中 (ISSN:09120726)
巻号頁・発行日
vol.38, no.4, pp.219-225, 2016 (Released:2016-07-25)
参考文献数
17
被引用文献数
2 or 0

【目的】感染性心内膜炎infective endocarditis (IE)に伴う脳卒中の特徴を明らかにする目的で,IE の発症から治癒するまでの間に合併した脳卒中について検討した.【方法】IE の入院患者90 例(平均63.8±17.4 歳)を対象とし,各種臨床因子について後方視的に検討した.【結果】25 例(28%)に脳卒中(脳梗塞18 例,脳内出血5 例,くも膜下出血2 例)が認められた.脳卒中群は非脳卒中群に比し退院時modified Rankin Scale 3 以上の例が有意に多かった(52% vs 28%,P=0.046).脳梗塞は多発性の大脳皮質枝領域梗塞が多く,脳内出血は全例が多発性であった.脳梗塞はIE の病初期に発症した例が多かったが,脳出血およびくも膜下出血は多くが入院後に発症していた.【結論】IE は脳卒中の合併がまれでなく,特に脳梗塞はIE の病初期に発症する場合が多いことが明らかになった.
著者
Shinji Naganawa Toshiki Nakane Hisashi Kawai Toshiaki Taoka
出版者
Japanese Society for Magnetic Resonance in Medicine
雑誌
Magnetic Resonance in Medical Sciences (ISSN:13473182)
巻号頁・発行日
(Released:2018-01-18)
参考文献数
28

Purpose: To elucidate differences between the perivascular space (PVS) in the basal ganglia (BG) versus that found in white matter (WM) using heavily T2-weighted FLAIR (hT2-FL) in terms of 1) signal intensity on non-contrast enhanced images, and 2) the degree of contrast enhancement by intravenous single dose administration of gadolinium based contrast agent (IV-SD-GBCA).Materials and Methods: Eight healthy men and 13 patients with suspected endolymphatic hydrops were included. No subjects had renal insufficiency. All subjects received IV-SD-GBCA. MR cisternography (MRC) and hT2-FL images were obtained prior to and 4 h after IV-SD-GBCA. The signal intensity of the PVS in the BG, subinsular WM, and the cerebrospinal fluid (CSF) in Ambient cistern (CSFAC) and CSF in Sylvian fissure (CSFSyl) was measured as well as that of the thalamus. The signal intensity ratio (SIR) was calculated by dividing the intensity by that of the thalamus. We used 5% as a threshold to determine the significance of the statistical test.Results: In the pre-contrast scan, the SIR of the PVS in WM (Mean ± standard deviation, 1.83 ± 0.46) was significantly higher than that of the PVS in the BG (1.05 ± 0.154), CSFSyl (1.03 ± 0.15) and the CSFAC (0.97 ± 0.29). There was no significant difference between the SIR of the PVS in the BG compared to the CSFAC and CSFSyl. For the evaluation of the contrast enhancement effect, significant enhancement was observed in the PVS in the BG, the CSFAC and the CSFSyl compared to the pre-contrast scan. No significant contrast enhancement was observed in the PVS in WM.Conclusion: The signal intensity difference between the PVS in the BG versus WM on pre-contrast images suggests that the fluid composition might be different between these PVSs. The difference in the contrast enhancement between the PVSs in the BG versus WM suggests a difference in drainage function.