著者
山田 高誌
出版者
九州地区国立大学間の連携事業に係る企画委員会リポジトリ部会
雑誌
九州地区国立大学教育系・文系研究論文集 = The Joint Journal of the National Universities in Kyushu. Education and Humanities (ISSN:18828728)
巻号頁・発行日
vol.5, no.2, 2018-03-31

本論文は, 18世紀後半のナポリの諸劇場と関わりをもった作曲家, 台本作家, 演奏家, それぞれの待遇の経年変化, キャリアの変化について, ナポリ銀行歴史文書館所蔵, 興行師による支払い文書史料113点の支払い文書全訳とともに, その労働条件, 職務を解明するものである.
著者
新光社 編
出版者
新光社
巻号頁・発行日
vol.XXIII, 1932
著者
モラスキー マイク
出版者
国際日本文化研究センター
雑誌
日文研 = Nichibunken
巻号頁・発行日
vol.59, pp.159-164, 2017-05-21 (Released:2017-06-14)
著者
中田 考
出版者
日本宗教学会
雑誌
宗教研究 (ISSN:03873293)
巻号頁・発行日
vol.78, no.2, pp.243-267, 2004-09-30 (Released:2017-07-14)

西欧の宗教学は「神学」を出自とする。他方、イスラーム世界にはそもそも「神学」は存在せず、イスラーム学とは「宗教学」であった。しかるに西欧の宗教学はこのイスラームの「宗教学」を包摂する道を選ばず、かえってイスラームに「イスラーム研究(東洋学、地域研究)」という別の専攻を割り当て、イスラームを視野に収めることなくその「宗教」概念を構築してきた。こうして形成された西欧の宗教学もイスラーム研究も価値中立的な客観的記述を標榜するが、実はイスラームの真理性要求の拒否を無自覚な規範的前提としている。本稿は、言語の規範性の本質にまで遡り、イスラーム研究における規範主義的アプローチの必要/必然性を基礎付け、「イスラーム」の辞書的意味から出発して、「真のイスラーム」と「偽のイスラーム」の識別をこととし、伝統イスラーム学との接合、イスラーム世界との対話を可能ならしめる新しいイスラーム研究のパラダイムを提示する。
著者
八子執筆
出版者
现代中华宅文化研究会
巻号頁・発行日
2017
著者
成田 健太郎
出版者
書学書道史学会
雑誌
書学書道史研究 (ISSN:18832784)
巻号頁・発行日
vol.2017, no.27, pp.29-41,85-84, 2017-11-30 (Released:2018-03-23)

In this article, I examine the nature of bibliographic records of calligraphic rubbings based on a grasp of their distinguishing characteristics as source material and give an outline of the preparation of bibliographic records and underlying ideas that I have been putting into practice at the University of Tokyo Library, to which I am affiliated, when making the Libraryʼs calligraphic rubbings publicly accessible.  The principal distinguishing characteristic of calligraphic rubbings as source material is the multilayeredness of responsibility. The responsibilities of many people from different periods accrue during the course of creating a calligraphic rubbing, and in research importance must be given to both the individuality and commonalities conferred on the material by these multiple responsibilities. But judging from precedents for bibliographic records of calligraphic rubbings―such as bibliographic records based on the Nippon (Japanese) Cataloging Rules, catalogues of Chinese books, metadata elements used in the main collections of rubbings in Japan, and the “Cataloging Rules for Chinese Rubbings” prescribed by the National Library of China―a form of bibliographic description that takes due account of the multilayeredness of responsibility has not yet been realized.  Meanwhile, it is worth noting that in the Functional Requirements for Bibliographic Records endorsed by the International Federation of Library Associations and Institutions it is reported that bibliographic records require functions for recording four attributes, namely, work, expression, manifestation, and item. However, because the locus of responsibility for each attribute cannot be recorded in this model, I have not applied it as it is to calligraphic rubbings and have only referred to its underlying ideas.  Taking the above observations into account, in this article I propose metadata elements that are divided into the five strata of work, version, materialization, item, and data and make it possible to record the multilayeredness of responsibility with a certain degree of accuracy.

16 1 0 0 OA 官報

著者
大蔵省印刷局 [編]
出版者
日本マイクロ写真
巻号頁・発行日
vol.1912年02月07日, 1912-02-07

27 2 0 0 OA 絵本慶安太平記

著者
編輯人不詳
出版者
門戸平吉
巻号頁・発行日
1889
著者
水漉 あまな 藤岡 洋保
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.63, no.503, pp.203-210, 1998-01-30 (Released:2017-02-02)
参考文献数
130

This Paper shows the kyoto's role in forming the Ancient Shrines and Temples Preservation Act(1897) was decisive. To help recover Kyoto's economy, since 1881 Kyoto had been trying to preserve old edifices in its shrines and temples as its symbols. But for lack of sufficient fund, Kyoto began to carry on a campaign to form a national law to preserve those old edifices; Kyoto even proposed a preservation bill referring to the ones abroad and ask other prefectures to join the campaign. Kyoto's propositions were introduced in some articles of the Act.
著者
小松 貴
出版者
日本動物分類学会
雑誌
タクサ:日本動物分類学会誌 (ISSN:13422367)
巻号頁・発行日
vol.44, pp.39-51, 2018-02-28 (Released:2018-03-20)
参考文献数
78

There are many rock grike of various sizes under the ground. Recent studies have revealed that the grike is habitat for troglobiontic organisms that are extremely specialized to live within it. In this paper, focused on troglobiontic arthropods in Japan, the diversity of the species is discussed, together with a threat to their survival.
著者
山本 政一郎 尾方 隆幸
出版者
公益社団法人 日本地理学会
雑誌
E-journal GEO (ISSN:18808107)
巻号頁・発行日
vol.13, no.1, pp.68-83, 2018 (Released:2018-03-16)
参考文献数
44

高等学校の地理教育,地学教育で共通する自然地理学,地球物理学,地質学に関連する項目の用語や説明について,2017年度に使用されている「地理A」「地理B」「科学と人間生活」「地学基礎」「地学」の全ての教科書で比較検討した.その結果,地理教育,地学教育それぞれの中でも,両者の間でも異なる用語が多いことが分かった.また,学術用語と教育用語とに齟齬がある場合もみられた.今後は,現在の科学界の知見を高校教育に反映させて,よりふさわしい用語や説明を検討・採用していく必要がある.