著者
今西 孝至 岡村 美代子 川端 崇義 髙山 明 楠本 正明
出版者
一般社団法人 日本プライマリ・ケア連合学会
雑誌
日本プライマリ・ケア連合学会誌 (ISSN:21852928)
巻号頁・発行日
vol.41, no.3, pp.92-99, 2018-09-20 (Released:2018-09-26)
参考文献数
9

目的:在宅医療における薬剤師の役割について全国のケアマネジャー(CM)にアンケート調査を行った.方法:日本介護支援専門員協会47都道府県支部に依頼状を郵送し,本調査に同意が得られた会員のみを対象とした.解析はテキストマイニングを用いた.結果:回答が得られたCMは206人で,医療職出身者が25%,介護福祉職出身者が75%であった.「薬剤師は在宅医療に必要か」の質問に90%のCMが「必要」と回答した.また,「必要」と回答した理由についてテキストマイニングによる解析の結果,医療職出身CMでは“指導”や“内服”,介護福祉職出身CMでは“相談”というキーワードが有意に出現した.結論:在宅医療における薬剤師の役割として,医療職出身CMは「患者・家族や他職種への指導について専門性を発揮すること」,介護福祉職出身CMは「服用薬や副作用に関する情報について相談に乗ること」に期待していることが明らかになった.
著者
李 雪 黒田 乃生 藤川 昌樹 安藤 邦廣
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.82, no.732, pp.383-391, 2017 (Released:2017-02-28)
参考文献数
8

The Chuandou System (pillars-and-transverse-tie-beams) wooden frame is wildly used in Miao people's houses in Qiandongnan region of Guizhou Province of China. The Chuandou System wooden frame is composed of vertical pillars and horizontal beams called "Fang". In this area, the house building is following a traditional production organization that the local carpenters design the house and process wooden components and the setting-up of the frame that is completed by joint work of villagers. By investigating the construction process of G house in Gongna Village, Qiandongnan region, this study has clarified that five types of the mortise and tenon joints are used in Chuandou-systerm wooden. The dimension characters of horizontal beams (Fang) were also clarified. In addition, the relationship between types of mortise and tenon joints, the dimension characters of horizontal beams (Fang), and the production organization of house building would be discussed in this study. In G house, the wooden frame could be separated into roof truss and framework. There are two types of mortise and tenon joints in roof trusses.. One of the joints that carpenters cult into a cavity in bottom of short pillar, and the cavity could be used as a mortise to put the short pillar on horizontal beam. Another type of the joints could be considered as a "haunched stob tenon joint", which is used to put horizontal beams(Fang) into short pillars. Also, there are three types of mortise and tenon joints in the frameworks. One type could be considered as a "pegged tenon joint". A haunched stob form tenon on the end of the beam inserts into the mortise. For strengthening the mortise and tenon, a peg is drived into one hole both through mortise and tenon. In another type of joints, tenon is in the middle of the horizontal beam (Fang) that could be passed across mortise and a key could be drived into horizontal beam (Fang) close to the pillar. The last type of mortise and tenon joints also could be considered as a "pegged tenon joint". Pair of horizontal symmetry beams come from two sides of the pillar, and two tenons on the end of beams are joint in one mortise. A peg also has been drvied into two tenons and one mortise to fix them. After the processing of wooden components, local villagers have to set up the Chuandou system frame by a very simple way in two days. They move horizontal beams (Fang) or vertical pillars to join mortises and tenons, and use wooden hammers to hit the beams to strengthen the connection of mortise and tenons. To provide an effectively setting-up construction, the local carpenters should devise the combination of mortise and tenon joints, and also process the horizontal beams (Fang) by different heights and widths in different positions even in the same beam as the shorter area can ensure the beams insert mortise smoothly. Therefore, relatively complicated process skill as well as a simple setting-up frame is developed in this region.
著者
李 雪 黒田 乃生 藤川 昌樹 安藤 邦廣
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.81, no.721, pp.603-612, 2016 (Released:2016-03-30)
参考文献数
14

In the region of Minority nationalities, Guizhou Province of China, houses are built by using traditional technology and local materials with the joint efforts of villagers. By investigating the construction process of G house in Gongna Village, this study has clarified that the participants mainly involved in the construction including house owner, the villagers and the experts such as carpenters, feng shui master, transportation supplier, sawmill and wood processing company. With the modernization of the rural life and the increasing of monetary economy, construction has been split into more divisions. The current result suggested that along with the introduction of electric tools and monetary economy, all of the construction process might tend to be more specific that could only be handled by professional staff. The old tradition of wooden technology and collaboration of villagers that have been inherited for many years might disappear.
著者
湯川 文彦
出版者
教育史学会
雑誌
日本の教育史学 (ISSN:03868982)
巻号頁・発行日
vol.58, pp.6-18, 2015

This paper examines the essential qualities of educational policy during the early Meiji Period,focusing on the relation between education and the reform of Civil Government. Previous studies of Meiji educational system and policy regard Education System Order of 1872 as the starting point of modern educational policy, and assessed the Order itself as a product of intellectualism and literal translation of Western knowledge, and therefore undifferentiated, unrealistic, and/or arbitrary in nature. However, these studies did not consider the real intent and actions of officials involved in determining educational policy, particularly those of Oki Takato, who was the primary educational policymaker of the early Meiji period. Through an analysis of Oki Takato's intent and actions, this study provides context for early Meiji educational policy, Education System Order of 1872, and educational policy. The results are as follows:<br/>1) Oki recognized the importance of education for all people, through Civil Government in TokyoPrefecture. He determined the order of importance for various matters of Civil Government, andcarried them out, step by step, in a practical manner. He was appointed to the Ministry of CivilGovernment (Minbusho) by the Meiji government, and considered how to encourage all people to understand the benefits of learning, and insisted that it was very important to establish elementary schools, to provide learning opportunities for girls, as well as opportunities for learning business methods throughout Japan.<br/>2) For Oki, the first Minister of Education, Education System Order of 1872 was nothing more than a first step. After it was promulgated, he immediately suggested that it should be revised, based on local government officials' input, and re-emphasized that the top priority was the establishment of elementary schools.

10 10 0 0 OA 菓子登録年鑑

出版者
帝国菓子飴新聞社
巻号頁・発行日
vol.昭和2年度, 1930
著者
里宇 明元
出版者
公益社団法人 日本リハビリテーション医学会
雑誌
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine (ISSN:18813526)
巻号頁・発行日
vol.53, no.6, pp.465-470, 2016-06-18 (Released:2016-07-21)
参考文献数
29

革新的ニューロリハビリテーション技術を開発・実用化するには,神経科学研究の積み重ね,臨床的エビデンスの蓄積,知財マネジメント,医療機器としての製品化・薬機法承認・事業化が不可欠である.慶應義塾大学医工連携チームは,従来治療困難であった脳卒中後重度手指麻痺に対し,手指伸展企図時の運動野近傍の事象関連脱同期を頭皮電極で記録し,運動企図したと判断された際には,麻痺側手指を電動装具で伸展して体性感覚フィードバックを脳に返し,可塑性を誘導する治療システムを開発した.Proof of concept,first in man,症例シリーズ研究,効果機序解明を経て,企業と共同で製品化を進め,薬機法承認に向けた医師主導治験を計画中である.
著者
大野 はな恵
出版者
日本音楽教育学会
雑誌
音楽教育学 (ISSN:02896907)
巻号頁・発行日
vol.47, no.1, pp.1-12, 2017 (Released:2018-08-31)
参考文献数
26

古楽復興運動の影響を受け, バロック声楽作品の歌唱やそれを専門とする歌手は「バロック歌唱」, 「バロック歌手」と呼ばれるようになった。その人気を受けて, 昨今では, 「メインストリームの歌手」にもバロック声楽作品を歌う機会が増えている。しかし, メインストリームの歌手が書物から実践上での指針を得ることは難しい。本研究では, メインストリームの歌手がバロック声楽作品を歌う上で留意すべき諸点を, メインストリームの歌手とバロック歌手を対象とした質問紙調査と, 著名なバロック歌手へのインタビューによって浮かび上がらせた。すなわち, ヴィブラートや音色, 音量といった具体的項目において両者の認識は大きく異なっていた。また, バロック歌手は, 音色, 音量, ヴィブラートを自在かつ器用にコントロールする能力を「バロック歌唱」に求めており, これらの要素は現在の「バロック歌唱」を特徴づけるものである。
著者
千田 有紀
出版者
武蔵大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2015-04-01 (Released:2015-04-16)

本研究は、エコロジーとフェミニズムの関係を問い直し、理論的に深化させることを目的としている。その際に、アメリカのカリフォルニアでの反原子力運動に着目する。この運動のうち、カリフォルニア大学が広島の原子爆弾を開発したことを批判し、日本に関心を寄せながら約30年間活動を続けている団体Circle of Concernと、福島第一原子力発電所の事故以降、日本領事館への請願活動を行っている団体を取り上げる。これら団体の調査はすでに、平成27年度におこなっている。今年度は、昨年度のこのフィールドワークの成果である、アメリカのカリフォルニア州バークリーで行ったインタビュー調査のまとめと、参与観察調査の分析をおこなった。さらにそこに韓国の環境運動を視野に入れて、日本の東日本大震災が韓国の環境運動にどのような影響を与えたのかについてなど、日米比較の枠を超えて分析の視野を広げた。有機農法やスローライフといった運動が、放射性物質にどう立ち向かえるのかを考えさせられ、また運動のあり方の再考がせまられたという。それと並行して、エコロジーやフェミニズム、とくに母性に関する基礎文献を読み込んだ。さらに「一億総活躍社会」がめざされ、「保育園落ちた、日本死ね」といったブログが注目され、女性の就労が支援されているかのような社会変動の中で、専業主婦的な性別役割分業を前提とした母性神話は変容をよぎなくされている。その変化についても考察した。
著者
難波 久美子
出版者
一般社団法人 日本発達心理学会
雑誌
発達心理学研究 (ISSN:09159029)
巻号頁・発行日
vol.16, no.3, pp.276-285, 2005-12-20 (Released:2017-07-24)
被引用文献数
1

青年期後期の仲間概念を24名の青年への直接面接を通して探索的に検討した。研究1では, 調査協力者に現在の対人関係を表す単語を親密さの順に図示するよう求めた。そして, その単語の書かれた位置と, その単語がどのような関係性の規模であるのかによって対人関係を整理した。また, 各調査協力者に対し, 対人関係を表す単語が並べられた図中に, 仲間と捉える範囲を示すよう求めた。親密さと関係性の規模によって対人関係を整理し, 仲間と捉える範囲を併せて検討したことで, 仲間は親友に次ぐ親しさであること, 互いを認識できる複数の規模での関係であることが明らかとなった。研究2では, 児童期の仲間関係と現在の仲間関係の比較, 友だち・親友と仲間関係の比較によって, 仲間関係の説明を求めた。その結果, 青年期後期の仲間関係は, 児童期や青年期前期・中期の仲間関係とは区別されていた。また, 仲間の説明からは, 研究1と対応する親密さや関係性の規模に関する報告がみられた。さらに対人関係を整理する枠組みとして, 目的・行動の共有が導出された。そこで, 親密さと, 目的・行動の共有という2軸によって, 仲間, 友だち, 親友を布置し, 仲間を他の関係から分離する指標として目的・行動の共有が有効であることを確認した。
著者
大西 公平 斉藤 佑貴 福島 聡 松永 卓也 野崎 貴裕
出版者
日本AEM学会
雑誌
日本AEM学会誌 (ISSN:09194452)
巻号頁・発行日
vol.25, no.1, pp.9-16, 2017 (Released:2017-05-24)
参考文献数
13
被引用文献数
1 1

Real haptics has been a unsolved problem since its starting in 1940's. After many R&Ds including the early works in US and other countries, the bilateral control designed in acceleration space solves this issue. The quality of the touching and tactile sensation is heavily depends on transperancy between master side and slave side. The robust motion control which is equal to the acceleration control gives high transperancy. The real haptics is now key concept in 21st century where QOL should be the basis of the society. The various examples are also shown.
著者
Yasuyuki Okumura Nobuo Sakata Hisateru Tachimori Tadashi Takeshima
出版者
Japan Epidemiological Association
雑誌
Journal of Epidemiology (ISSN:09175040)
巻号頁・発行日
pp.JE20180066, (Released:2018-09-22)
参考文献数
35

Background: Understanding the area-specific resource use of inpatient psychiatric care is essential for the efficient use of the public assistance system. This study aimed to assess the geographical variation in psychiatric admissions and to identify the prefecture-level determinants of psychiatric admissions among recipients of public assistance in Japan.Methods: We identified all recipients of public assistance who were hospitalized in a psychiatric ward in May 2014, 2015, or 2016 using the Fact-finding Survey on Medical Assistance. The age- and sex-standardized number of psychiatric admissions was calculated for each of the 47 prefectures, using direct and indirect standardization methods.Results: A total of 46,559 psychiatric inpatients were identified in May 2016. The number of psychiatric admissions per 100,000 population was 36.6. We found a 7.1-fold difference between the prefectures with the highest (Nagasaki) and lowest (Nagano) numbers of admissions. The method of decomposing explained variance in the multiple regression model showed that the number of psychiatric beds per 100,000 population and the number of recipients of public assistance per 1,000 population were the most important determinants of the number of psychiatric admissions (R2 = 28% and R2 = 23%, respectively). The sensitivity analyses, using medical cost as the outcome and data from different survey years and subgroups, showed similar findings.Conclusions: We identified a large geographical variation in the number and total medical cost of psychiatric admissions among recipients of public assistance. Our findings should encourage policy makers to assess the rationale for this variation and consider strategies for reducing it.
著者
香川(田中) 聡子 大河原 晋 百井 夢子 礒部 隆史 青木 明 植田 康次 岡本 誉士典 越智 定幸 埴岡 伸光 神野 透人
出版者
日本毒性学会
巻号頁・発行日
pp.P-118, 2018 (Released:2018-08-10)

【目的】室内環境中の化学物質はシックハウス症候群や喘息等の主要な原因、あるいは増悪因子となることが指摘されているが、そのメカニズムについては不明な点が多く残されている。本研究では、室内空気中から高頻度で検出され、現在、室内濃度指針値策定候補物質として議論が進められている、2-Ethyl-1-hexanolおよびTexanolと、様々な消費者製品に広く用いられており、特にスプレー式家庭用品等の使用時には室内空気中から高濃度に検出されることがこれまでの実態調査から明らかになっている(-)-Mentholの複合曝露による影響をあきらかにする目的で、気道刺激に重要な役割を果たす侵害刺激受容体TRP (Transient Receptor Potential Channel)の活性化を指標に評価した。【方法】ヒト後根神経節Total RNAよりTRPA1 cDNAをクローニングし、TRPA1を安定的に発現するFlp-In 293細胞を樹立し、細胞内カルシウム濃度の増加を指標として対象化合物のイオンチャネルの活性化能を評価した。カルシウム濃度の測定にはFLIPR Calcium 6 Assay Kitを用い、蛍光強度の時間的な変化をFlexStation 3で記録した。【結果および考察】2-Ethyl-1-hexanol、Texanol および(-)-Menthol それぞれの単独処理ではTRPA1の活性化が認められない濃度域において、2-Ethyl-1-hexanolと(-)-Menthol、Texanolと (-)-Mentholの同時処理によって顕著なTRPA1の活性化が認められることが判明した。室内環境中には様々な化学物質が存在するが、本研究結果より、単独曝露時には気道刺激が引き起こされない場合でも、室内環境中に存在する化学物質の複合曝露によってTRPA1を介した感覚神経あるいは気道の刺激が引き起こされる可能性が考えられる。
著者
MARRA Claudia
出版者
長崎外国語大学
雑誌
長崎外大論叢 = The Journal of Nagasaki University of Foreign Studies (ISSN:13464981)
巻号頁・発行日
no.20, pp.47-55, 2016-12-30

AbstractEven considering Japan’s high literacy rates during the early modern period, it is rather unlikely, that the majority of the Japanese population would have been able to read and understand an important Buddhist text like the Heart Sutra, 般若心経. This naturally posed a problem for the monastic schools, who competed with the rather easy to practice Pure Land and Amida schools, and needed to become more accessible to their lay-supporters. An answer to this problem presented itself in the form of Hanjimono (判じ物), rebus-like allusions, using pictures to represent words or parts of words. Usually used for playfull riddles, artists would also use Hanjimono to represent their names and sometimes even short subversive slogans. It were monks from the Tohoku area who adopted Hanjimono to represent the Heart Sutra and thus helped to make it accessible to the illiterate lay people. The considerations behind that practice are topic of this paper.概要江戸時代に日本の高い識字率にもかかわらず、一般の日本人は般若心経の様な代表的な仏教の経文を読める事が不可能であっただろう。この問題を解決するために普段言葉遊びに使われた判じ物が利用される事になった。東北の寺で制作が始まった判じ物の絵般若心経は全国に広まった。この絵般若心経の意図するところを明らかにするのが、本論文のテーマである。
著者
渡邊 忠司
出版者
佛教大学
雑誌
鷹陵史学 (ISSN:0386331X)
巻号頁・発行日
vol.40, pp.151-175, 2014-09-30

42 42 1 0 OA 独唱:埴生の宿

著者
ビショップ[作曲]
出版者
コロムビア(戦前)
巻号頁・発行日
1932-09
著者
松永 和風
出版者
コロムビア(戦前)
巻号頁・発行日
1930-10