著者
中田 考
出版者
日本中東学会
雑誌
日本中東学会年報 (ISSN:09137858)
巻号頁・発行日
vol.5, pp.281-308, 1990-03-31 (Released:2018-03-30)

The Sunnite jurisprudence defines the rbellion as "revolt against the ruler by force according to their ta'wil." Jurists come to this notion through their understanding of the wars following the death of the Prophet. Ibn Taimiya says that they confound wars of three different categories, i.e., Abu Bakr's wars against the Apostates, the Civil wars, and 'Ali's wars against the Kharijite, and consequently they consider all of them revolts against the ruler, and that subjugating them is obligatory, if they persist. Ibn Taimiya criticizes this conception, and says that the apostates and Kharijite must be subjugated, but as to civil wars, withdrawal from them is better. According to Ibn Taimiya, jurists' idea of "rebellion" stems from this confusion, and it is supposed to be treated as a civil war from which muslims had better abstain. Ibn Taimiya does not only criticize jurists, but also presents his alternative, which is "deviation from the shari'a," namely, muslims must fight not "rebels against a certain ruler," but "factions deviating from the shari'a."
著者
大沢 真理 シャイア カレン マルガリータ エステベス=アベ 阿部 彩 金 英
出版者
東京大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2013-10-21 (Released:2013-10-24)

日本の生活保障システムは、先進諸国の中で最も強固な「男性稼ぎ主」型であり、政府の所得再分配が貧困を削減する効果が、就業者の多い世帯や子どもにとってきわめて弱く、効果がマイナスである場合も少なくない。労働力人口の減少が憂慮される社会としてきわめて非効率で不合理なシステムであること、しかし所得再分配の効率性を高めれば、税・社会保障負担を増すことなく国民の生活を改善できることも、明らかになった。2014年2月には福井県において社会的排除に関するアンケート調査を実施した。働き者の福井の女性が、より働きがいを感じ、地域活動にも参加する条件について示唆を得られた。

11 11 11 0 OA 書評

著者
日合 文雄 種村 秀紀 北詰 正顕 塩田 隆比呂
出版者
一般社団法人 日本数学会
雑誌
数学 (ISSN:0039470X)
巻号頁・発行日
vol.53, no.2, pp.209-221, 2001-04-26 (Released:2008-12-25)
参考文献数
3
著者
田中 智子 坂本 須美子 岩月 聡史 茶山 健二
出版者
一般社団法人 日本調理科学会
雑誌
日本調理科学会誌 (ISSN:13411535)
巻号頁・発行日
vol.44, no.6, pp.375-380, 2011 (Released:2014-04-25)
参考文献数
29

セレンは必須微量元素の1つで健康増進作用や疾病予防作用,とりわけガンの発生や転移を抑制することで,注目を集めている元素である。食品中のセレン含有量を水素化物発生原子吸光法を用い測定した。測定条件は,NIST SRM-1568 aの米粉を用い認証値 380±40 ppbに対し,382±17 ppbで妥当性を確認した。41種類の豆腐中セレン含有量を測定した結果,国産と中国産大豆を用いた豆腐中セレン含有量は低く,カナダ・アメリカ産大豆を用いた豆腐は高かった。きな粉を測定した結果も,大豆の原産国がアメリカのセレン含有量は高く,国産大豆のきな粉は低くかった。
著者
藤原 麻優子
出版者
西洋比較演劇研究会
雑誌
西洋比較演劇研究 (ISSN:13472720)
巻号頁・発行日
vol.17, no.1, pp.19-34, 2018 (Released:2018-04-01)

Since the debut of Musical The Prince of Tennis in 2003, stage musicals adapted from two-dimensional media such as manga and anime have gained remarkable popularity in Japan. These “2.5 dimensional musicals” are unique in many ways: they require a comparatively low budget, inexperienced actors, a remarkably simple stage set and demonstrate loyalty to the original material. In these ways, they are distinct from the more conventional and imported musical productions performed at major Japanese commercial theaters. Among the unique characteristics of 2.5 dimensional musicals, one of the most distinct is its principle of the adaptation. To adapt the original material from page to stage, musicals can either remain faithful to or deviate from the original material. In conventional musicals, faithfulness to the original material is not their main purpose. Writers cut, change and adapt the original material to serve their purpose and create “original” shows. Conversely, in 2.5 dimensional musicals, faithfulness to the original material is of great importance. The name of the genre itself suggests the importance and uniqueness of the ideals of the adaptation; 2.5 dimensional musicals strive to remain faithful to the original manga/anime image and create an effect that allows the audience to perceive what they see as two-dimensional even though the performance itself is undeniably happening in three-dimensional theater space. The latter characteristic prompted the emergence of the name “2.5 dimensional” musicals. Although its two-dimensionality has attracted notice, the fact that the performances have also been set to music and dance has been overlooked - in some cases, both musical and non-musical shows have been classified as “2.5 dimensional musicals.” To analyze the characteristics of the 2.5 dimensional musical, this study will compare Musical The Prince of Tennis with mainstream musicals such as Beauty and the Beast (1994) More than ten productions have been made of Musical The Prince of Tennis series; this paper focuses on the opening numbers of those productions. In conventional musicals, opening numbers are expected to function as an important part of the show. Opening numbers set the context, introduce characters, direct the story, present the theme, and essentially, open the show. This study aims to reveal the characteristics of Musical The Prince of Tennis and investigate how musical numbers work in those shows through comparison of the elements that characterize opening numbers.

18 18 18 2 OA 時局と猶太人問題

著者
若宮卯之助 [述]
出版者
大亜細亜建設社
巻号頁・発行日
1938
著者
黒住 幸一 赤井田 卓郎 岡田 清孝
出版者
一般社団法人 映像情報メディア学会
雑誌
テレビジョン学会技術報告 (ISSN:03864227)
巻号頁・発行日
vol.20, no.50, pp.37-42, 1996-10-03 (Released:2017-10-13)
被引用文献数
2 or 0

To contribute to ITU-R Recommendation, subjective evaluation of the relative timing of television sound and vision signals was carried out in Japan, Switzerland and Australia. ITU-R Working Party 11A predetermined experimental conditions, such as test material, camera type and viewing distance. The results show that the detectable thresholds are 45 ms for sound advance and 125 ms for sound delay relative to the vision signal ; and the acceptable threshold are 90 ms for sound advance and 185 ms for sound delay.

16 16 16 0 OA 動乱の世界

著者
萩原新生 著
出版者
牧書房
巻号頁・発行日
1941
著者
高橋 洋成
出版者
筑波大学
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2016-04-01 (Released:2016-04-21)

本研究の目的は、ギルガメシュ叙事詩の古バビロニア語版(前二千年紀初め)と標準版(前二千年紀末)をデジタル的に比較し、言語特徴や表現の違いに着目して、後者が前者をどのように編集し、その背景にあったものは何かを考察することである。ギルガメシュ叙事詩の古バビロニア語版は、完全ではないもの比較的状態の良い2つの資料、すなわちペンシルバニア粘土板(OB II)とイェール版(OB III)が現存している。一方、標準版の粘土板は大きく破片化してはいるものの、研究者らによって粘土板I~XIIとして復元されている。このうち古バビロニア語版と標準版とのまとまった対応が確認されるのは、標準版I~IIIである。以上を踏まえ、平成28年度に実施した研究は次のとおりである。1. 復元された標準版I~III(合計831行)について、転写テキストのデジタル化を行った。具体的には以下の作業である。(1) A. R. George, The Babylonian Gilgamesh Epic (Oxford, 2003)の転写テキストに基づき、Text Encoding Initiative (TEI)に準拠したXMLフォーマットを作成した。(2) 今後、言語特徴や表現の調査を行うために、それぞれの語に対してTEIタグを付け、形態情報を記述した。この際、アッカド語の形態情報を過不足なく記述するために、形態論的な枠組みの精査を行い、それに基づいてタグを整理した。2. 古バビロニア語の粘土板OB II、OB III(合計528行)のデジタル化を開始した。具体的には、それぞれの粘土板をTEIに準拠したXMLフォーマットで記述し、個々の楔形文字および個々の語ごとにタグを付けた。3. 楔形文字粘土板の転写方法について、12月に開催されたデジタル・ヒューマニティーズのワークショップで発表した。