著者
Shawn E. McGlynn
出版者
Japanese Society of Microbial Ecology · The Japanese Society of Soil Microbiology
雑誌
Microbes and Environments (ISSN:13426311)
巻号頁・発行日
(Released:2017-03-17)

Anaerobic methane oxidation in archaea is often presented to operate via a pathway of “reverse methanogenesis”. However, if the cumulative reactions of a methanogen are run in reverse there is no apparent way to conserve energy. Recent findings suggest that chemiosmotic coupling enzymes known from their use in methylotrophic and acetoclastic methanogens—in addition to unique terminal reductases—biochemically facilitate energy conservation during complete CH4 oxidation to CO2. The apparent enzyme modularity of these organisms highlights how microbes can arrange their energy metabolisms to accommodate diverse chemical potentials in various ecological niches, even in the extreme case of utilizing “reverse” thermodynamic potentials.
著者
北口 善明 近堂 徹 鈴田 伊知郎 小林 貴之 前野 譲二
雑誌
研究報告インターネットと運用技術(IOT) (ISSN:21888787)
巻号頁・発行日
vol.2017-IOT-36, no.13, pp.1-8, 2017-02-24

各オペレーティングシステムの IPv6 実装が進んだことで,IPv6 ネットワークが提供されればクライアント端末は IPv6 通信が優先となるケースが増えてきている.一方で,現在 IP アドレス自動設定の手法としては RA や DHCPv6 を用いたステートレス ・ ステートフル設定が RFC で策定され,その組み合わせによってはクライアントの意図しない挙動を誘発するだけでなく,ネットワーク環境へ与える影響も考慮しなければならない.本発表では,各種クライアント OS における IPv6 実装状況の検証結果を報告するとともに,これらがネットワーク運用管理に与える影響について考察する.

13 13 13 0 OA 論語讖について

著者
中村 璋八
出版者
駒澤大学
雑誌
駒澤大學外国語部研究紀要 (ISSN:03899845)
巻号頁・発行日
vol.5, pp.209-219, 1976-03
著者
佐藤 未知 松江 里佳 橋本 悠希 梶本 裕之
出版者
特定非営利活動法人 日本バーチャルリアリティ学会
雑誌
日本バーチャルリアリティ学会論文誌 (ISSN:1344011X)
巻号頁・発行日
vol.19, no.2, pp.295-301, 2014-06-30 (Released:2017-02-01)
被引用数
1 or 0

When a head is equipped with a hanger made of wire sideways, and its temporal region is sandwiched by the hanger, the head rotates unexpectedly. We named the phenomenon "Hanger Reflex", and we have studied this phenomenon to understand its mechanism and to show the possibility of utilizing the phenomenon as a human interface or for rehabilitation. In this paper, we evaluated that the necessary conditions of the Hanger Reflex are compressions to temporofromtal region of the head and its counter position. We also developed an interface that can induce head rotation by Hanger Reflex, without giving pain to the user.
著者
番場 美恵子
出版者
昭和女子大学近代文化研究所
雑誌
学苑 = Gakuen (ISSN:13480103)
巻号頁・発行日
no.909, pp.37-51, 2016-07-01

Gakudo-hoiku-shisetsu(after-school childcare facility, the whole system is also called gakudo)provide after-school day-care of elementary school age children whose parents are both working, and of children of single parents. Some local governments provide after-school child-care services for all elementary school age students and in some cases gakudo is included in the services. Yokohama city provides the above services separately, using classrooms of elementary schools for the general student population, while using private houses, apartments and other facilities for the gakudo children. For the purpose of finding out(1)the effect of locating gakudo outside of schools while other students’ after-school activities take place inside schools, and(2)environmental problems related to gakudo, the author surveyed 9 gakudo facilities in K-ward, Yokohama city. The staff responded to a questionnaire and inquiries. Analysis of the results shows that having gakudo in smaller venues and with smaller numbers of children enables better communication and increased comfort; that for the children, moving to the facility after school brings about a positive change; and that locating gakudo outside of schools helps ensure that local buildings are fully utilized. But the interior and exterior environment of many of these off-site facilities remain inadequate. The change to the system that may be most urgently needed is to find better off-site venues. This is where the administration could intervene most effectively.

46 46 3 0 OA 鶯宿雑記

著者
[駒井乗邨] [編]
出版者
巻号頁・発行日
vol.巻13-14,

11 11 0 0 OA 謹読勅語

出版者
静雲堂
巻号頁・発行日
1891

12 12 0 0 OA わが文芸陣

著者
菊池寛 著
出版者
新潮社
巻号頁・発行日
1924

24 24 11 0 OA アイヌ人及其説話

著者
ジエー・バチエラ 著
出版者
教文館
巻号頁・発行日
vol.中編, 1901
著者
小野 厚夫
雑誌
情報処理
巻号頁・発行日
vol.46, no.6, pp.612-616, 2005-06-15

情報は日本で作られた言葉で、1876年出版の酒井忠恕訳『佛國歩兵陣中要務實地演習軌典』に最初の用例があり、その原語はフランス語のrenseignementである。初期には情報と状報が併用されていたが、ほどなく情報に統一された。はじめは兵語として用いられていたが、日清、日露戦争の記事で新聞用語として定着し、一般化した。第二次世界大戦後は英語のinformationの日本語訳として用いられ、科学的に取り扱われるようになった。

29 29 0 0 OA 刺客岡田満

著者
真継雲山 著
出版者
大陸出版社
巻号頁・発行日
1920

27 27 0 0 OA 教育勅語衍義

著者
重野安繹 著
出版者
小林喜右衛門
巻号頁・発行日
1892
著者
奥田 圭 田村 宜格 關 義和 山尾 僚 小金澤 正昭
出版者
日本生態学会
雑誌
保全生態学研究 (ISSN:13424327)
巻号頁・発行日
vol.19, no.2, pp.109-118, 2014-11-30

栃木県奥日光地域では、1984年以降シカの個体数が増加し、1990年代後半から植物種数が減少するなど、植生にさまざまな影響が生じた。そこで当地域では、1997年に大規模な防鹿柵を設置し、植生の回復を図った。その結果、防鹿柵設置4年後には、柵内の植物種数がシカの個体数が増加する以前と同等にまで回復した。本研究では、防鹿柵の設置がマルハナバチ群集の回復に寄与する効果を検討するため、当地域において防鹿柵が設置されてから14年が経過した2011年に、柵内外に生息するマルハナバチ類とそれが訪花した植物を調査した。また、当地域においてシカが増加する以前の1982年と防鹿柵が設置される直前の1997年に形成されていたマルハナバチ群集を過去の資料から抽出し、2011年の柵内外の群集とクラスター分析を用いて比較した。その結果、マルハナバチ群集は2分(グループIおよびII)され、グループIにはシカが増加する以前の1982年における群集が属し、シカの嗜好性植物への訪花割合が高いヒメマルハナバチが多く出現していた。一方、グループIIには防鹿柵設置直前の1997年と2011年の柵内外における群集が属し、シカの不嗜好性植物への訪花割合が高いミヤママルハナバチが多く出現していた。これらのことから、当地域におけるマルハナバチ群集は、防鹿柵が設置されてから14年が経過した現在も回復をしていないことが示唆された。当地域では、シカが増加し始めてから防鹿柵が設置されるまでの間、長期間にわたり持続的にシカの採食圧がかかっていた。そのため、柵設置時には既にシカの嗜好性植物の埋土種子および地下器官が減少していた可能性がある。また、シカの高密度化に伴うシカの嗜好性植物の減少により、これらの植物を利用するマルハナバチ類(ポリネーター)が減少したため、防鹿柵設置後もシカの嗜好性植物の繁殖力が向上しなかった可能性がある。これらのことから、当地域における防鹿柵内では、シカの嗜好性植物の回復が困難になっており、それに付随して、これらの植物を花資源とするマルハナバチ類も回復していない可能性が示唆された。