著者
辻 恵子 小黒 道子 土江田 奈留美 中川 有加 堀内 成子
出版者
一般社団法人 日本助産学会
雑誌
日本助産学会誌 (ISSN:09176357)
巻号頁・発行日
vol.20, no.1, pp.1_7-1_15, 2006 (Released:2008-04-25)
参考文献数
37

目 的エビデンスレベルの高い論文を探索し,批判的に吟味する過程を通じて会陰切開の適用を再考することである。方 法臨床上の疑問を明確化するためのEBNの方法論を用いて,「会陰切開・術」,「会陰裂傷」,「会陰部痛」,「新生児」のキーワードを設定し,エビデンスレベルの高い論文およびガイドラインを探索した。RCTのシステマティック・レビューである2つの論文に着目し,批判的吟味を行った。同時に,会陰裂傷を最小限にする助産ケアの知見について検討した。結 果批判的吟味を行った結果,2つのシステマティック・レビューにおける研究の問いは明確に定義されており,妥当性を確保するための必要項目を満たすものであった。これらのシステマティック・レビューから「慣例的な会陰切開の実施は,制限的な会陰切開に比べ,“会陰(後方)の損傷”のリスクを増大させる。また,“創部治癒過程”における合併症のリスクおよび退院時の“会陰疼痛”のリスクを増大させる。“尿失禁”および“性交疼痛”のリスクを軽減させるというエビデンスはなく,“新生児の健康上の問題”が生じるリスクを減少させるというエビデンスは存在しない」との結果が導かれた。また,これまでの助産ケアの知見を検討した結果,会陰マッサージ,会陰保護,分娩体位の工夫などで会陰裂傷を最小限にする可能性が確認された。結 論女性に優しい助産ケアとして,助産師は,会陰裂傷を最小限に防ぐケアの可能性を追求すると共に,エビデンスに基づいた情報を適切な方法で伝え,女性自身が必要なケアを選択できるよう,女性とのパートナーシップを構築していくことが求められる。
著者
青木 宏 Aoki Hiroshi
出版者
宇宙開発事業団
雑誌
宇宙開発事業団技術報告 = NASDA Technical Memorandum (ISSN:13457888)
巻号頁・発行日
pp.1冊, 1995-03-31

本報告書は将来の宇宙活動の利用者の多様な要求に応え得るための宇宙輸送体系のあるべき姿の一つを提案した。将来の宇宙輸送体系では地球低軌道に到達する手段の効率の向上、低コスト化、運用の柔軟性が鍵となる。これらを実現すべく宇宙輸送系の「再使用化」を目標として今後のわが国の宇宙輸送体系の発展の一つのシナリオを提案した。打上げ機の下段は性能に関する重量増の感度が比較的低いので、「無人・自動化技術」を適用して「回収・再利用化」を図り、段階的にその範囲を拡大していくことを合理的と考えた。このシナリオに基づき既開発のH-2ロケットの構成部品を利用した再使用ブースタの概念の一例を示した。

15 15 15 0 常微分方程式

著者
竹之内脩著
出版者
秀潤社
巻号頁・発行日
1977
出版者
国立国会図書館
巻号頁・発行日
no.(232), 2020-10
著者
高山 佳奈子 山本 雅昭 神例 康博 松原 英世 品田 智史 張 小寧 松宮 孝明 斉藤 豊治 平山 幹子 佐川 友佳子 嘉門 優 永井 善之 大下 英希 中島 洋樹 井上 宜裕 前嶋 匠
出版者
京都大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2012-04-01

日本・中国・台湾・韓国などの東アジア諸国では、従来、それぞれソビエト連邦法、ドイツ法、日本法などの影響下に独自の刑事制度を発展させてきた。経済刑法もその一部であり、個別に発生する問題に対処するための立法が多かった。しかし、経済活動の国際化に伴い、各国に共通する問題が見出されるとともに、その対策においても、相互の方法を参照する意義が高まっていることが、本研究によって明らかになった。その意義は、個別具体的な立法のみでなく、刑法総論や制裁制度論全般に及んでおり、今後研究を継続する必要性もまた示された。
著者
井上 義和
出版者
社会学研究会
雑誌
ソシオロジ (ISSN:05841380)
巻号頁・発行日
vol.51, no.2, pp.75-90,146, 2006-10-31 (Released:2016-03-23)
参考文献数
13

The purpose of this paper is to analyze the relationship between birth order, occupational mobility and the opportunity to enter selective middle schools, making use of an individual data set from Hyogo Prefecture's Daiichi Kobe Middle School ("KobeIttyu"). The challenge here is to clarify the different roles a family expects of its children, in keeping with the order of their birth in this modern era when considering educational opportunities and occupational mobility. The following approach was used in this analysis. First, we defined the Eldest Son's Priority (ESP) of opportunity to enter a selective middle school as the ratio between expectation and observation of the rate for eldest sons, calculated using data for birth order and sibling constitution. Second, we compared two different regions by refering to recent results for Yamagata Prefecture's Tsuruoka Middle School. The following are the main findings of this analysis: (1) The occupational mobility pattern at Kobe-Ittyu is characterized by a remarkable tendency, namely that the business sector (eg. company employees, merchants and artisans) and the nonprofit sector (eg. public servants, teachers and farmers) reproduce thems elve s. (2) The ESP of opportunity to enter a selective middle school was higher in Kobe than it was in Tsuruoka. This tendency was true regardless of family business. In other words, the standard of ESP was more influenced by region than by occupation. (3) The ESP of opportunity to enter Kobe-Ittyu showed a tendency to increase in the business sector but decrease in the nonprofit sector. But the group that maintained the highest level was that of public servants who belong to the nonprofit sector. (4) Within the business sector, the relationships between entering a selective middle school and gaining occupation in commerce or industry were as follows. In the modern commercial sector, the two connected without conflict. For the industrial sector, however, they separated and conflicted with one another while for the traditional commercial sector, they did not conflict but connected negatively.

37 37 37 0 OA 豊公遺宝図略 2巻

著者
真静 編
出版者
巻号頁・発行日
1832
著者
Atsukazu KUWAHARA Kyoko MATSUDA Yuko KUWAHARA Shinji ASANO Toshio INUI Yoshinori MARUNAKA
出版者
Biomedical Research Press
雑誌
Biomedical Research (ISSN:03886107)
巻号頁・発行日
vol.41, no.5, pp.199-216, 2020-10-16 (Released:2020-10-16)
参考文献数
182

The microbiota-gut-brain axis transmits bidirectional communication between the gut and the central nervous system and links the emotional and cognitive centers of the brain with peripheral gut functions. This communication occurs along the axis via local, paracrine, and endocrine mechanisms involving a variety of gut-derived peptide/amine produced by enteroendocrine cells. Neural networks, such as the enteric nervous system, and the central nervous system, including the autonomic nervous system, also transmit information through the microbiota-gut-brain axis. Recent advances in research have described the importance of the gut microbiota in influencing normal physiology and contributing to disease. We are only beginning to understand this bidirectional communication system. In this review, we summarize the available data supporting the existence of these interactions, highlighting data related to the contribution of enteroendocrine cells and the enteric nervous system as an interface between the gut microbiota and brain.
著者
高木 憲太郎 時田 賢一 平岡 恵美子 内田 聖 堤 朗 土方 直哉 植田 睦之 樋口 広芳
出版者
日本鳥学会
雑誌
日本鳥学会誌 (ISSN:0913400X)
巻号頁・発行日
vol.63, no.2, pp.317-322, 2014 (Released:2015-04-28)
参考文献数
17

ミヤマガラスは西日本では九州から東へ越冬地を広げた一方で,東日本では北から南へ越冬地を広げた冬鳥である.我々は東日本に渡来するミヤマガラスの渡りの経路と繁殖地を明らかにすることを目的として,秋田県大潟村八郎潟干拓地において20羽のミヤマガラスを捕獲し,太陽電池式の衛星追跡用送信機(PTT)を装着して追跡を行なった. 八郎潟で越冬していたミヤマガラスは,越冬中も10 km以上離れた男鹿半島や能代平野を行き来しながら過ごしていることが分かった.日本から海に向けて飛び立った地域は,道南の渡島半島(奥尻島を含む)が最も多く,このほか青森県の津軽半島や積丹半島から飛び立つものがいた.渡りの時期は,成鳥は4月5日までに日本を離れているが,若鳥は4月8日以降で,若鳥の方が遅かった.追跡を行なったミヤマガラスのうち11羽は日本海を越えてロシアの沿海地方に渡るまで追跡することができた.そのうち5羽は中国黒竜江省の三江平原周辺に到達し,3羽はロシアのブラゴヴェシチェンスクの東部に到達した.この結果から,東日本に渡来するミヤマガラスの繁殖地がこれらの地域であることが推定された.
著者
高井 研
出版者
日本高圧力学会
雑誌
高圧力の科学と技術 (ISSN:0917639X)
巻号頁・発行日
vol.20, no.4, pp.362-376, 2010 (Released:2010-12-11)
参考文献数
58

To date, together with rapidly developed culture-independent molecular techniques, knowledge in biomass, phylogenetic diversity and biogeography of microbial components has been extensively characterized in various terrestrial and oceanic habitats of deep biosphere. However, the general sketch of phenotypic and physiological diversity of subsurface microorganisms has remained poorly understood as most of the indigenous subsurface microbial components still escape from the laboratory cultivations. In this article, the physiological properties of the microorganisms that have been cultivated from various subsurface environments are overviewed.
著者
石井 正和 加藤 大貴 山田 智波 高木 麻帆 市川 瑞季 栗原 竜也 河村 満
出版者
公益財団法人 パブリックヘルスリサーチセンター
雑誌
ストレス科学研究 (ISSN:13419986)
巻号頁・発行日
vol.29, pp.43-51, 2014 (Released:2014-10-31)
参考文献数
23
被引用文献数
1 1

We encountered cases of headache exacerbation in migraine patients living in the Tokyo metropolitan area following the Great East Japan Earthquake in the present study. We investigated the effects of the disaster situation on patients with migraine headaches following the Great East Japan Earthquake as well as their physical symptoms and psychological states using a questionnaire. The questionnaire survey was also conducted to clarify the prevalence of patients with headaches prior to earthquakes. The recovery rate was 65.7% (71/108 people). The seventy-one patients with migraines included 68 female patients (95.8%) and 19 patients that had migraines with an aura (26.8%). The exacerbation of headaches was observed in 24.6% of the migraine patients after the earthquake. Furthermore, a degraded psychological state was noted in patients with worsening headaches who began taking medication for insomnia. However, the disaster situation did not directly affect headache symptoms. Some of the patients examined (7.0%) had headaches prior to earthquakes in the Tokyo metropolitan area. These results indicate that the exacerbation of headaches was observed in migraine patients who exhibited co-morbidities including insomnia and anxiety in the Tokyo metropolitan area away from the affected area. We also showed that some of these patients had headaches prior to earthquakes.