著者
冨澤 かな 木村 拓 成田 健太郎 永井 正勝 中村 覚 福島 幸宏
出版者
一般社団法人 情報科学技術協会
雑誌
情報の科学と技術 (ISSN:09133801)
巻号頁・発行日
vol.68, no.3, pp.129-134, 2018-03-01 (Released:2018-03-01)

東京大学附属図書館U-PARL(アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門)は,本学所蔵資料から選定した漢籍・碑帖拓本の資料画像をFlickr上で公開している。資料のデジタル化とアーカイブ構築のあり方を模索した結果,限られたリソースでも実現と持続が可能な,小さい構成でありながら,広域的な学術基盤整備と断絶せず,高度な研究利用にも展開しうる,デジタルアーカイブの「裾野のモデル」を実現しうる方策として選択したものである。その経緯と現状及び今後の展望について,特に漢籍・碑帖拓本資料の統合メタデータ策定,CCライセンス表示,OmekaとIIIFを利用した研究環境構築の試みに焦点をあてて論ずる。
著者
安宅 和人 チェン ドミニク 山口 高平 山本 勲
出版者
国立研究開発法人 科学技術振興機構
雑誌
情報管理 (ISSN:00217298)
巻号頁・発行日
vol.60, no.12, pp.865-881, 2018-03-01 (Released:2018-03-01)

人工知能に関して第一線で活躍している4人をパネリストに招いて,トークセッションを開催した。セッションのテーマは「AIとは何か」「AIによって人間の仕事はどう変化するのか」「これから身に付けたい能力」「若者への提言」などである。パネリストの発言はAIの真実やAIの現状を知り,AIとの付き合い方を考える大きな手がかりとなる。
著者
Kei Sawada Shigehiro Karashima Mitsuhiro Kometani Rie Oka Yoshimichi Takeda Toshitaka Sawamura Aya Fujimoto Masashi Demura Ayako Wakayama Mikiya Usukura Kunimasa Yagi Yoshiyu Takeda Takashi Yoneda
出版者
The Japan Endocrine Society
雑誌
Endocrine Journal (ISSN:09188959)
巻号頁・発行日
(Released:2018-02-20)

Obstructive sleep apnea syndrome (OSAS) is often associated with metabolic disorders such as obesity and type 2 diabetes and may contribute to cardiovascular events. A novel class of antidiabetic drugs, the sodium glucose cotransporter 2 inhibitors (SGLT2i) reduce body weight (BW), although there is limited data on their impact on OSAS. We therefore evaluated the effect of SGLT2i on OSAS in patients with type 2 diabetes. The presented study was a retrospective design in 18 patients with type 2 diabetes with OSAS (4 males, age range 39–81 yr) administrated a SGLT2i. HbA1c, BW, body mass index (BMI), blood pressure (BP) and apnea hypopnea index (AHI) were evaluated before and after SGLT2i administration. The relationships between the reduction in AHI and the other variables were examined using Pearson correlation analysis. We have got result that SGLT2i reduced AHI from 31.9 ± 18.0 to 18.8 ± 11.5 events per hr (p = 0.003). HbA1c, BW and BMI decreased significantly, whereas BP did not. The Pearson correlation analysis showed a significant relationship between the reduction in AHI and pre-administration of AHI. In conclusion, SGLT2i reduced not only HbA1c, BW and BMI but also AHI significantly and therefore has potential as an effective treatment of OSAS.
著者
Ryota Hikiami Hodaka Yamakado Shinsui Tatsumi Takashi Ayaki Yuichiro Hashi Hirofumi Yamashita Nobukatsu Sawamoto Teruyuki Tsuji Makoto Urushitani Ryosuke Takahashi
出版者
The Japanese Society of Internal Medicine
雑誌
Internal Medicine (ISSN:09182918)
巻号頁・発行日
(Released:2018-02-09)
参考文献数
10

We herein report a 15-year-old girl who developed rapid progressive muscle weakness soon after the third injection of a bivalent human papilloma virus (HPV) vaccine. Although immunotherapies were performed for possible vaccine-related disorders, she died of respiratory failure 14 months after the onset of the disease. A genetic analysis identified a heterozygous p.P525L mutation of the fused in sarcoma (FUS) gene, and a histopathological analysis was also consistent with FUS-associated amyotrophic lateral sclerosis (ALS) without any evidence of neuroinflammation. We concluded the diagnosis to be FUS-ALS, although we cannot completely rule out the possibility that the vaccination worked as a trigger.
著者
井上 雄吉
出版者
日本神経治療学会
雑誌
神経治療学 (ISSN:09168443)
巻号頁・発行日
vol.33, no.2, pp.228-233, 2016 (Released:2016-08-10)
参考文献数
40

Repetitive transcranial magnetic stimulation (rTMS) has the potentials to change brain excitability, inducing plasticity. In recent years, the use of rTMS has been increased for basic research and clinical applications, such as post–stroke complicatons, including hemiparesis, aphasia or unilateral spatial neglect.rTMS is classified into inhibitory low–frequency (≦1Hz) and facilitatory high–frequency rTMS (≧5Hz), totally named as conventional rTMS (c–rTMS), in which stimulation pattern is regular. In contrast, patterned rTMS (p–rTMS) has irregularly modified stimulation pattern. The after–effect of rTMS, lasting beyond stimulation time, depends on the number, intensity and frequency of stimulation pulses, contributing to clinical efficacy of rTMS. Lastly, p–rTMS is used much often than c–rTMS, because the after–effect of the former is more than the latter in duration and magnitude of the effect. The author and collegue use theta burst stimulation (TBS) (Huang et al, 2005) among various p–rTMS. TBS is classified into inhibitory continuous TBS (cTBS) and facilitatory intermittent TBS (iTBS). In this report, in addition to c–rTMS, the efficacies of cTBS are described for unilateral spatial neglect (USN) or non–fluent aphasia, stimulating over posterior parietal cortex or Brodmann area 45 (BA45) on unaffected hemisphere, respectively. Also, in recent, we have reported the effect for post–stroke ataxia of hybrid therapy of iTBS over the motor cortex on affected hemisphere combined with integrated volitional control electrical stimulation (IVES).rTMS (in particular, TBS) is expected a promising useful therapy for rehabilitation.
著者
亀崎 豊実
出版者
一般社団法人 日本内科学会
雑誌
日本内科学会雑誌 (ISSN:00215384)
巻号頁・発行日
vol.103, no.7, pp.1599-1608, 2014-07-10 (Released:2015-07-10)
参考文献数
10

自己免疫性溶血性貧血(AIHA)の診断は,貧血と黄疸があり直接クームス試験が陽性であると比較的容易であり,ステロイド治療への反応性も良好である.クームス陰性AIHAや低力価寒冷凝集素症,発作性寒冷ヘモグロビン尿症などの非典型的な特殊な病型では診断に苦慮することが多いため,臨床病態やクームス試験結果の解釈に注意を要する.ステロイド不応性や不耐性の症例への対応では,近年,抗体療法が注目されている.
著者
北澤 京子 佐々木 順一 中山 健夫
出版者
日本薬学教育学会
雑誌
薬学教育 (ISSN:24324124)
巻号頁・発行日
vol.1, 2017 (Released:2017-12-01)
参考文献数
16

6年制薬学部・薬科大学におけるEvidence-Based Medicine(EBM)教育の実態を把握する目的で質問紙調査を実施した.教員268人に調査票を送付し,72校の191人から回答を得た(回答率71.3%).EBMに関する50の主要キーワードのうち,研究デザイン(ランダム化比較試験,前向きコホート研究,後ろ向きコホート研究,症例対照研究)や研究結果の指標(オッズ・オッズ比,相対リスクと絶対リスク)は,ほとんどの大学で教育されていた.一方で,臨床推論,ランダム化比較試験の患者への適用,システマティック・レビューの批判的吟味,および診療ガイドラインの作成手順と解釈に関するキーワードは,教育している大学が少なかった.EBM教育が「充実している」との自己評価は32.2%にとどまり,主な課題として,時間不足,演習・実習の機会の不足,教員の意識・スキルの不足,適切な教材の不足が挙げられた.
著者
出口 順子 沖村 多賀典 井澤 悠樹 徳山 友 菊池 秀夫
出版者
日本スポーツマネジメント学会
雑誌
スポーツマネジメント研究
巻号頁・発行日
vol.9, no.2, pp.19-34, 2017

<p>The objective of this study is to confirm the intentions of J. League spectators to support a club. Specifically, data was collected from 619 J. League supporters, and a hypothetical model that assumes a relationship among attachment, team identification, and club support intentions was examined using structural equation modeling. In addition, to verify the difference in the intensity of supportive behavior, supporter-club members and non-members and supporter-association members and non-members were compared. From the results, it was observed that team identification and attachment to a fan community affected club support intentions, and among the two, the effect of the former was stronger. Further, no differences were observed that compared supporter-club members and non-members. In the comparison between supporter-association members and non-members, differences were observed in the relationship between attachment to a fan community and club support intentions and that between attachment to a local city and team identification.</p>
著者
山本 和義 永妻 佑季子 福田 泰也 西川 和宏 平尾 素宏 鳥山 明子 中原 千尋 宮本 敦史 中森 正二 関本 貢嗣 藤谷 和正 辻仲 利政
出版者
日本外科代謝栄養学会
雑誌
外科と代謝・栄養 (ISSN:03895564)
巻号頁・発行日
vol.51, no.4, pp.175-182, 2017 (Released:2018-02-22)
参考文献数
16

加齢に伴う筋力,身体機能の低下と定義されるサルコペニアは各種疾患でその概念が普及し,治療アウトカムにおける影響が盛んに報告されている.われわれも高齢胃癌患者におけるサルコペニア症例が非サルコペニア症例にくらべて術前摂取エネルギー量,タンパク質量が有意に少なく,サルコペニアが胃癌術後の重篤な合併症発生の独立したリスク因子であることを報告している.つぎのステップとして,初診時にサルコペニアと診断された65 歳以上の高齢胃癌術前患者を対象にして,エクササイズとしてハンドグリップ,ウォーキング,レジスタンストレーニング,栄養介入として1 日28kcal/kg(IBW)のエネルギー量と1.2g/kg(IBW)のタンパク質の摂取およびβ-hydroxy-β-methylbutyrate(HMB)の補充を推奨する,「術前栄養+エクササイズプログラム」を作成・実践しているので,その概要について報告する.
著者
國久 美由紀 松元 哲 吹野 伸子
出版者
農業技術研究機構野菜茶業研究所
巻号頁・発行日
no.4, pp.71-76, 2005 (Released:2011-03-05)

野菜茶業研究所で開発したイチゴ品種識別用CAPSマーカーのうち9マーカーを用いて,市場で流通していた韓国産輸入イチゴ5パックの品種識別を行った。本試験の目的は,開発した識別技術が長期の流通期間を経て鮮度の低下した果実サンプルに適用できるか確認すること,および韓国からの輸入イチゴ品種の実態を調査し,‘さちのか’に関する育成者権の侵害が起こっていないか確認することであった。分析の結果,著しく鮮度の低下したサンプルでも品種の特定は可能であった。また,分析した5パックのうち4パックは‘さちのか’と‘レッドパール’の混合であり,全71果実のうち27個が‘さちのか’で,種苗法に違反している疑いが極めて強かった。また3パックは‘女峰’と表示され店頭で販売されていたことから,品種の不正表示も示唆された。
著者
森永 康子 坂田 桐子 古川 善也 福留 広大
出版者
一般社団法人 日本教育心理学会
雑誌
教育心理学研究 (ISSN:00215015)
巻号頁・発行日
vol.65, no.3, pp.375-387, 2017 (Released:2018-02-21)
参考文献数
44

「女子は数学ができない」というステレオタイプに基づきながら, 好意的に聞こえる好意的性差別発言「女の子なのにすごいね(BS条件)」(vs.「すごいね(統制条件)」)が女子生徒の数学に対する意欲を低下させることを実証的に検討した。中学2, 3年生(研究1), 高校1年生(研究2)の女子生徒を対象に, シナリオ法を用いて, 数学で良い成績あるいは悪い成績をとった時に, 教師の好意的性差別発言を聞く場面を設定し, 感情や意欲, 差別の知覚を尋ねた。高成績のシナリオの場合, BS条件は統制条件に比べて数学に対する意欲が低かったが, 低成績のシナリオでは意欲の差異は見られなかった。数学に対する意欲の低下プロセスについて, 感情と差別の知覚を用いて検討したところ, 高成績の場合, 低いポジティブ感情と「恥ずかしい」といった自己に向けられたネガティブ感情の喚起が意欲を低めていること, 怒りなどの外に向けられたネガティブ感情はBS条件の発言を差別と知覚することで喚起されるが, 数学に対する意欲には関連しないことが示された。