拾萬字鏡 (@JUMANJIKYO)

投稿一覧(最新100件)

23 3 0 0 OA 韻書と等韻図 1

RT @Magnezone462: @Dementi_ut ある程度以上に本格的でよければ https://t.co/KQBqB9GwI7 か https://t.co/IDeyl6eNrL をオンラインかつ無料で見られるのでオススメします。 あと私が(雑に)書いたものでよけ…
RT @_sotanaka: @sosoBOTpi ありがとうございます。ワクについては聞いたことがありながら実態をよく知らなかったのですが、山田孝雄『国語の中に於ける漢語の研究』に、”籰”の字音であると指摘されていました(225頁 https://t.co/LZtNMgFXM…

12 0 0 0 OA 一切経音義

RT @a4lg: 一応、GlyphWiki と対応画像へのリンクもつなげておく。 https://t.co/cfA0YL8tpL https://t.co/fEMDDX89hJ の小さい字を基準として2行目に見られる (この画像だと「中」と判断するのは難しいが……)。文脈から…
RT @a4lg: @JUMANJIKYO @kanzisuki 五音篇海 (https://t.co/uTI9fKbtxV) と、それを引きつつ本文への収録は拒否した《字彙補》の例言 (https://t.co/Hn6Fa5lOkW + 添付画像) にありますね。 https…

2 0 0 0 OA 字鏡集

@kanzisuki https://t.co/EXYISmmmnu https://t.co/x0MIC9forZ
RT @shinkawa2012j03: @JUMANJIKYO こういう研究があるみたいですね。 https://t.co/Q9H6OjNN6A https://t.co/qUGh6q3d8W
RT @mojilove: . @koikekaisho (画像2・記事の続きです) 自分が調べた限り(http://t.co/5UuwxnXAuY)、翌年の明治19年以降、活版印刷の小説で使用される平仮名字体数の数が急に減っていくようです。 http://t.co/LwzlN…
RT @mojilove: . @koikekaisho (画像2・記事の続きです) 自分が調べた限り(http://t.co/5UuwxnXAuY)、翌年の明治19年以降、活版印刷の小説で使用される平仮名字体数の数が急に減っていくようです。 http://t.co/LwzlN…

28 0 0 0 OA 本草綱目

古い絵入りの代表的な辞典(事典)。 1.『本草綱目』(明)李時珍、1596年 https://t.co/VxzeSatK0V 2.『三才図会』(明)王圻、1609年 https://t.co/H9L1Ygz8NM 3.『訓蒙図彙』(日本)中村惕斎、1666年 https://t.co/oFljfrKsry 4.『和漢三才図会』(日本)寺島良安、1712年 https://t.co/J9SQir6DTu

20 0 0 0 OA 訓蒙図彙 20巻

古い絵入りの代表的な辞典(事典)。 1.『本草綱目』(明)李時珍、1596年 https://t.co/VxzeSatK0V 2.『三才図会』(明)王圻、1609年 https://t.co/H9L1Ygz8NM 3.『訓蒙図彙』(日本)中村惕斎、1666年 https://t.co/oFljfrKsry 4.『和漢三才図会』(日本)寺島良安、1712年 https://t.co/J9SQir6DTu

13 0 0 0 OA 三才圖會 106卷

古い絵入りの代表的な辞典(事典)。 1.『本草綱目』(明)李時珍、1596年 https://t.co/VxzeSatK0V 2.『三才図会』(明)王圻、1609年 https://t.co/H9L1Ygz8NM 3.『訓蒙図彙』(日本)中村惕斎、1666年 https://t.co/oFljfrKsry 4.『和漢三才図会』(日本)寺島良安、1712年 https://t.co/J9SQir6DTu

5 0 0 0 OA 三代関 2巻

RT @mosek90810599: 1 東北大学図書館附属狩野文庫本を底本とした「三代関」。『増補 国語国文学研究史大成9 平家物語』三省堂(1960).p207 安永4年(1775)9月9日に検校になった関左門一が「たつ一」と誤読された例。 2 同書 国立国会図書館本…

12 0 0 0 OA 土地家屋便覧圖

RT @TWei1ye3: #国立国会図書館デジタルコレクション @NDLJP の公開画像のうち、100%表示をしても文字が読みとれない問題について、正式に問い合わせしました。 すぐに先方から「圧縮率を下げて、ノイズを軽減した画像に差し替え」た、との連絡があり、見てみると・・…
@gynaecocracy 日本語学の最近の論文の中ではさすがに言われはじめているみたいですよね。 https://t.co/Iz5rUzziHo https://t.co/hEA9sRiTLJ
⿰月刮 香港付近の地名に使われている文字らしい。 https://t.co/2r7BAAmFqd https://t.co/ClDn5uCG6R

18 0 0 0 OA 風車

RT @JUMANJIKYO: "颶風及び〓風" 変な字を見つけた。解説によれば冬季に北国で発生するつむじ風のことを「〓風」というらしいので、颱風ではないようだが、現代語でいうとなんだろうか。 https://t.co/dvS8MF5Btq https://t.co/qDUZ…
少し調べたら大空社から『ことわざ研究資料集成』が出ているらしい。これは面白そう。 https://t.co/PhM8RH3CGr

13 0 0 0 OA 水産俗字集

古典から魚類の漢字を集めた『水産俗字集』、いつの間にやら国会図書館のところで公開されていた。明治30年代に発行された『水産名彙』の元になった本。漢字好き魚偏好きには大変楽しい資料。 https://t.co/Fe5vqaok1o

48 0 0 0 OA 鉄道法規類抄

RT @kirnura: @JUMANJIKYO 再掲ですが https://t.co/oOKd1OhyeT https://t.co/cEcNLxeHmp

24 0 0 0 OA 国字改良論

RT @KoichiYoshizuka: 【百年ニュース】1920(大正9)11月1日(月) 仮名文字協会設立。住友財閥の山下芳太郎を中心に伊藤忠兵衛(二代),星野行則ら。山下は日本語における漢字の不便を取除き,片仮名による横書き普及を目指し『国字改良論』著す。雑誌カナノヒカリ…

70 0 0 0 OA 東莠南畝讖 3巻

岐阜から栃木へ引越し住所が変わった。岐阜といえばアユが名産。「鮎」と書くのが歴史を通して一般的だが、近世には「鯮」という表記も日本で知られていた(由来は不明)。玄香という岐阜の人は18世紀に『東莠南畝讖』という動植物の写生をかいたが、そこにも鯮が使われている。 https://t.co/8CIXjSVu2C https://t.co/1dT6VeeqF2

11 0 0 0 OA 廻国雑記

RT @mpmpmpmpmpmgmjm: 『廻国雑記』の「廻」字好き。 https://t.co/RZyqApK0mF https://t.co/h0G3aEoN6d
倉田喜起(1889)『日本酒醸造新法 : 実地経験発明』 https://t.co/JweUdHa0SZ
1438年の「癪」は翻刻通り病垂れのついた癪だった。くずし字で私には癪には見えないけれど、この字は「癪」と解釈されているみたい。 https://t.co/5buOKKfTxR https://t.co/0TBqq1KL2p https://t.co/XMnFGpAZjA
磐城「込木(クヾリキ)」、上野「圦皆戸(カマスガイト)」、上野「六俥(ロクグルマ)」… 1923年「全国珍妙地名番附」 https://t.co/zJd4xYbDeo
@annona_ceae ありがとうございます。ここにそれっぽいのがあります。これは文脈的に「トキ」でいいんでしょうかね。(ちょっと判断できませんでした) https://t.co/Bm8iBfWGBv
RT @annona_ceae: 「「|キ」は鎌倉初期の『古文孝経』(三千院蔵一、(ママ)二七七古典保存会)に「條|キ」「⿰十木|キ」などの例をみる」(p.231)とあって、その後が18世紀まで下るみたいだけど、探しまくればもっと見つかりそう。 建治本はデジコレにあるので、次の…
RT @annona_ceae: 文学部図書館が空いたので、『中央大學国文(33)』に載録されている、谷光忠彦「合字に関する一試論―乄、ヿ、|モ、|キを中心に―」をコピーしてきました。なお「日本語研究・日本語教育文献データベース」ではなぜか当該文献が抜けている。 https:/…

11 0 0 0 OA 読史余論

RT @SwchkJpCpa: こちらは江戸時代の新井白石も普通に使っており、戦後の漢字制限政策で生まれた代用表記じゃないです… https://t.co/n1JHP13vA7 https://t.co/EIZQHONUia https://t.co/0RyzXqerC9
国字の「鱈」の最も早い使用例ってこれかな。「鱈」を掲載する現存の辞書(『文明本節用集』など)よりは早い。『頓要集』(14C)、『難字記』(1408)、『下学集』(1444)、『壒嚢鈔』(1446)、『撮壤集』(1454)などには出てこないし。 『看聞日記』永享5年(1433)12月29日条: https://t.co/jroovEnmaK

19 0 0 0 OA 看聞日記 : 乾坤

RT @tjgp_w57: 看聞日記のコロタイプ複製、国会図書館デジタルコレクションでいつの間にか全部見られるようになってる! これは嬉しい! https://t.co/3T64EXLGc2

143 0 0 0 OA 朝鮮語辞典

@ShimofusaSakai @NatsukiYasuda いえいえ。またおもしろいことに朝鮮総督府が作った大正9年の『朝鮮語辞典』、すでに著作権が切れているため全部公開されているんですよね。韓国のサイトでも確認できないので、現存するものでこれほど大規模の辞典はこれが朝鮮史上初めてのようです。 https://t.co/RU3pPcXJWg

4 0 0 0 OA 朝鮮語学史

@ShimofusaSakai @NatsukiYasuda 上ツイートの画像の本のリンクはこちらです。朝鮮のあらゆる辞典を紹介している資料で、興味深いです。 https://t.co/QYhDZhMihu
RT @sarasvati635: [⿰山爪]の記載がある論文もう一つ見つけた 所澤町東方武藏野臺地の地下水,特に宙水と淺い窪地の成因,聚落立地との關係(吉村信吉, 地理学評論 1940 年 16 巻 3 号 p. 145-169) https://t.co/HtDQKOFX…
@TachibanaHinaki 「凹」は一種の図形にも見えますので、もはや漢字と意識して厳格に書かなくてもいいと思います。 ちなみにこの筆順は明の時代に書かれた『字彙』という漢字字典が示している書き方です。筆順指南がもうこの時代にあったのですね。 https://t.co/fN36hQup1I https://t.co/X5DSINaMdX
1784年『もふもふもふ怖い噺』 以前ツイッターでもふもふの話題になっていた(記憶がある)作品。短いので30分くらいで読み終えたが、登場する老婆を一々「ばゝア」と呼んでいるのがちょっと面白く感じた。丹後の山奥で出合った不思議な「ばばあ」の話。以下リンク。 https://t.co/b9vFbQiAks
https://t.co/uyzU8BMCX5 #拾萬字鏡メモ
"峠垰山" 『長門国風土記』 https://t.co/t2PoWT0Msz #拾萬字鏡メモ

67 0 0 0 OA 太政官布告

RT @fffw2: 「倍」の定義が正式に改められたときの太政官布告を見つけた!「人一倍」の「一倍」は昔の定義によるものなので、現代では「二倍」の意になる。|太政官布告 明治8年 第183号 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/mzBpehv7Fs…
@JI1ARI 無は異体字の「无」で、「墓」は誤字になっていますが、1484年の辞書にあるので、もう少し古くからあったみたいです。 https://t.co/0j2m0yRqRx https://t.co/87vtJpooHX

6 0 0 0 OA 法華経音

RT @viewfromnowhere: @JUMANJIKYO 九条家本法華経音 https://t.co/KnNrfEfvpR にもあるので、もうすこし早くから言われていたのでしょうかね。

5 0 0 0 OA 琉球談

「嚔」を「くっさめ」と読んでいる例。 それよりも、琉球人は寿命の薬だと言って嚔をするのを好むという話の方が興味深い。この本に登場する薩摩の人の話によれば、人と話しているときでも鼻の穴に紙縒(こより)を指し込んで嚔をするらしい。 1790年『琉球談』 https://t.co/vaWER91UwI

12 0 0 0 OA 神明鏡 2巻

上巻も下巻も全部目を通したが、上の謎の字はここ1回しか出てこなかった。 また、野生の「男男男」の用例はここで初めてみた。この字はこの本の中に2回出てくる。 https://t.co/KXO2xrNp6e https://t.co/E3mEBB8Deg

12 0 0 0 OA 神明鏡 2巻

[⿰衤覧] 字書に無しUnicode無し 読める方!
RT @schrift_sprache: @JUMANJIKYO どんな合字でもよければ、平安初期の訓点資料に既に見られますが、「トモ」のそれはまだなさそうです。よくわかりませんが。 時代が下りますが、平家物語の熱田本(https://t.co/qIf8rxrdYIなど)とか…

49 0 0 0 OA 悉曇私見聞

余談だが、この資料にはカナ合字「トモ」が使われている(以下リンク)。カナ合字がいつ頃からあるのかちょっと前から気になっていて、古い資料を読むときに注意深く見ている。 https://t.co/92mivGIbrP https://t.co/hmryXlIzT8
RT @okjma: @yhkondo @SDResq ハ行音を唇音にするなど良くないとして、「新撰音韻之図」というのを作った人が17世紀末、元禄時代の京都にいました。 『蜆縮凉鼓集』という本に入っています。 ハ行は「変喉」として、ア行の隣に置いています。 https://t.…

49 0 0 0 OA 悉曇私見聞

1529年に書かれた五十音図 カナ異体の「ホ」や「せ」がまだ使われていた時代だ…。「ホ」はこの後間もなく消えていく。 享禄2年『悉曇私見聞』 https://t.co/82mGbOjeWB https://t.co/WMdENhzITW

3 0 0 0 OA 製薬鑒法

RT @uakira2: ちなみに、手書きの楷書漢字grain、dram、ounce、poundにカタカナでルビを振った例が1879『製薬鑒法』https://t.co/eJlg9nrE9V にあり… https://t.co/CxSHiuuYsd

18 0 0 0 OA 大日本古文書

RT @viewfromnowhere: 山田健三二〇一九 https://t.co/uZ2hWfk4qe お いまに なって みて、こどもが いろはがなで かいた しょじょーが あるんだなー https://t.co/h884uNDoOR と しった。 https://t.c…

33 0 0 0 OA 台日大辞典

『台日大辞典』いつの間に公開されていた。台湾語学者の小川尚義主編、台湾総督府学務課が1931年から発行。上下2巻で1916頁、9万語収録。いまだにこれを超える閩南語の辞典は出ていないらしい。 国会図書館 https://t.co/S6pKAoVqPB
RT @JUMANJIKYO: @_Alcedo_atthis こんなに古い用例は初めて見ました。私は以下の論文に詳しい解説があるのを知るのみです。 陸水学雑誌 第3巻第3号『プランクトンに関する用語に就て』上野益三、1934 "「⿰生孚」といふ文字は岡村金太郎博士の造られた…
@_Alcedo_atthis こんなに古い用例は初めて見ました。私は以下の論文に詳しい解説があるのを知るのみです。 陸水学雑誌 第3巻第3号『プランクトンに関する用語に就て』上野益三、1934 "「⿰生孚」といふ文字は岡村金太郎博士の造られたものと聞いてゐるが水産方面の人々に可成用ひられてゐる" https://t.co/FdLn45bMzn
RT @dominosan1: https://t.co/TDoFCxZPcz https://t.co/6o9JQC5aqd
@toueiriusui @okjma リンク先でも宗になっていますね(?) https://t.co/QRuFhTe6ux
RT @okjma: 宗完植編『最新/日鮮大字典』東洋大学堂(京城) 甲戌は1934年。 https://t.co/qW9c2CjnxD 1935年1月と。 「慣用音を採用」という、日本の漢字音、何に拠ったのだろう。一 イツ イチ 丁 テイ チャウ など、所謂「慣用音」ではない…

9 0 0 0 OA 調剤術講本

@a4lg @yamashu44 サンズイもつくのでややこしい() https://t.co/AzbDD59sLa https://t.co/23xI9wU7Mp

11 0 0 0 OA 解紛記 3巻

『解紛記』調べてみたら翻刻や現代語訳しが出ていないっぽい。謎の字も多いので読み解くのが難しそう。しかも読みも書いていないし。 https://t.co/ULrIsLCPzm https://t.co/N3JRSlqXQd

11 0 0 0 OA 解紛記 3巻

この字ずっと何だろうと思って読んでいたけど、文脈から見て「カタナ」と「ヤキハ」の合字っぽいな。違うかな。そして3枚目の字が文中に何度も出てくるのに読めない。 https://t.co/3OX6kLiIvb https://t.co/3tAg2fkd3C
「翩〓」 「⿰扁遷」に見えるけど、何の字。類化しているみたいにみえるが、それならばもとの字は何だろう。調べるとUnicodeにすでに登録があった。又「蹁躚(ひらひらと踊り舞う)」という言葉を偶然知っていたので調べたら、この語と関係があるらしい。画像はコチラから。 https://t.co/6jkZmt9NMD https://t.co/Jgn81JBiHH
@FujinkoAyumi 用例はありました https://t.co/hkhxGjTIfB https://t.co/HqCrez37YI

5 0 0 0 OA 類聚名義抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…

4 0 0 0 OA 色葉字類抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…

4 0 0 0 OA 色葉字類抄

RT @viewfromnowhere: みょーぎしょー https://t.co/uShpGvWoAh じるいしょー https://t.co/JARw4gdoPb https://t.co/nEIM4WiXNQ ともに ツヽヤクで、フでわなくて おどりじとゆー ことわ ない…

3 0 0 0 OA はやり唄

RT @okjma: @JUMANJIKYO 小杉天外「はやり唄」(明治35年)の例など、「伝染る」は、結構あります。 https://t.co/GKNaz6jI6K 松本隆より少し前のところでは、司馬遼太郎「燃えよ剣」の中で、沖田総司が自らの病気を「伝染〈うつ〉りそうな気が…

13 0 0 0 OA 耽奇漫録 20巻

RT @schrift_sprache: @NDLJP_en Finally, the most interesting items, namely a few related to Korean. Here's the first: a short text in Korea…
内容は字書や資料からの引用が聢となされており、専門外とはいえ誤り(トンデモ)は少ない。(彼の著書は医学の専門書ばかりだが、これは唯一の漢字本となっている) 国会図書館から閲覧可。 https://t.co/9kcNxTQxcX
RT @okjma: https://t.co/LeabM6we0d 酒槽 文選酒徳頌注云、槽、【音曹、佐加不禰、○神代紀槽同訓、按槽其形似v船、故名、古事記作2酒船1、】 今之酒槽也、【○李善注引2劉煕孟子注1曰、槽者齊俗名v之、如2酒槽1與2此所1v引少異」、下總本今上有2…

19 0 0 0 OA 箋注倭名類聚抄

RT @okjma: @JUMANJIKYO 狩谷棭斎の箋注倭名類聚抄の「浴斛」「由布禰」で「尼證摂状云2湯舩1即是」と言っているのが《東南院文書3-41ー101》ですね。平安遺文「尼證摂施入状」 https://t.co/EsteSXuGkT
RT @schrift_sprache: @khoi_ndh 金永鍵 1936 日本見聞録について https://t.co/rCvB5eVMUZ https://t.co/o9eyFdKlxe
RT @fffw2: 明治18年(1885年)のカレンダーを見てみたら確かに節分が2月2日だった|俳風必用花月しらべ - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/xVFKWooh90 https://t.co/O6yU4fTZJO
RT @malpicos: @zwmn0 https://t.co/BudiXgXvJn ほかに昭和13年の『水産試験調査資料. 第5号』にも『「かつを」釣漁船の艏艉を變形せる模型抵抗試驗』という論文がありました。 https://t.co/A74ITo7LN1 https:/…

20 0 0 0 OA 市民

RT @JUMANJIKYO: @TMORI1971 用例どうぞ。 https://t.co/kVddTvfGIN https://t.co/MyXikYCa39

20 0 0 0 OA 市民

@TMORI1971 用例どうぞ。 https://t.co/kVddTvfGIN https://t.co/MyXikYCa39

13 0 0 0 OA 静軒詩撰

「元旦午睡(=元旦の昼寝)」(https://t.co/4BaEQ4oz58) 「正月元旦の朝」 https://t.co/m4dq0CAQZS
@mad_optician 国会図書館が資料をデジタル化しているので、よろしければ以下のURLから読めます。近視用の眼鏡、遠視用の眼鏡、虫眼鏡、月眼鏡(望遠レンズ)のつくり方が載っています。 https://t.co/sAk1b7RlM7
明治11年の『名乗字引』を見てみると、難しい字まで載っているね。ということは当時は人名に使う人も居たということか。 https://t.co/YhLM8QMn72 https://t.co/yjSKF8Nu3O
@annona_ceae 著者は同じです。 『穂久邇文庫蔵堤中納言物語について』という論文です。 https://t.co/RN2NvepaQp

18 0 0 0 OA 風車

"颶風及び〓風" 変な字を見つけた。解説によれば冬季に北国で発生するつむじ風のことを「〓風」というらしいので、颱風ではないようだが、現代語でいうとなんだろうか。 https://t.co/dvS8MF5Btq https://t.co/qDUZbB7UwO
別の目的でこれを読んでいたのだが、偶然未調査だった和俗字「酛(もと)」の用例が現れて喜んだ。『漢字の研究』(1909)がサケノモトの注で「酛」を紹介しているが、それ以前の用例は未見だった。今回は1883年の用例。明治以前には「酉+胎」という複雑な和俗字も存在した。 https://t.co/rVnpMIqWiI https://t.co/fhA5K37HR3

6 0 0 0 OA 丹鶴叢書

RT @shoshokaki: やっぱり「繒服」だよね…… https://t.co/eUeBQss2Tt https://t.co/OtELNSnvaY
すごい字だ・・・新しい楽器を創作字で名付けたらしい。「スリコト」と読み、「深(シン)」の音読みを持つという。 享保年代の新樂器「〓」について 林 謙三 1936 年 1936 巻 1 号 p. 57-63 https://t.co/KlpPpIvZkk https://t.co/68ss3K10d8
@Kissi_08110820 丨モは合略仮名とよばれるものでカタカナ「トモ」二字が合体した文字です。確認の限りでは16世紀(室町後期)から19世紀(明治期)頃までの間、日本語資料中で用いられました。 https://t.co/udQgSa8b8G
この「齉」の字。不思議なことに日本の字書の方が早く載せている…(1911年)。しかも「国字」として。(実際は国字ではないです)見た人が複雑さに驚いたのか落書きまで見える。 https://t.co/4umEByc48l https://t.co/6N5NK4h9Vy https://t.co/p8OlIh7tUn

2 0 0 0 OA 北海道要覧

@sarasvati635 別書ですが「コマイ」と「榀縄」が同時に出てくるページがありました。 『北海道要覧. 後篇,追補』 https://t.co/wIEEdGopcg 魚類がコマイでコマイ縄のコマイが「榀」?
RT @sarasvati635: 開拓使事業報告. 第3編 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/cl2FdaISQZ >
RT @sarasvati635: 開拓使事業報告. 第1編 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/EluMYX2hoG >
RT @schrift_sprache: The brief glossary of Ryukyuan words Hoffmann provides is taken (just like in a handful of other 19c publications) fro…
@Nefle_SCP 小倉進平『国語及朝鮮語のため』のこのページに記載があります。 過去の事実を表す助字のようです。 https://t.co/UqFhXLJUDO https://t.co/5dcxAYke3S
NDLで検索すると「注意を払う」用例は明治にはあるようだ。 日光山麓西北方面に於ける夏期の鳥界視察(第二)(1905) https://t.co/SwcyEzNnkk 代数学問題(1907) https://t.co/1X6Ak23ncd 公文書館だと大正9年の例が古い https://t.co/onmZnP0DGX
NDLで検索すると「注意を払う」用例は明治にはあるようだ。 日光山麓西北方面に於ける夏期の鳥界視察(第二)(1905) https://t.co/SwcyEzNnkk 代数学問題(1907) https://t.co/1X6Ak23ncd 公文書館だと大正9年の例が古い https://t.co/onmZnP0DGX
RT @a4lg: 段氏叢書 (国立公文書館 370-0002): 眞壁 (2012) [https://t.co/7b3c8yhIbq] によればこの本の入庫は文政9年であり、同治以降の補刻本の成立以前。現物確認したところ……原刻本。今年のデジタル化対象で年度末には公開される…

20 2 0 0 OA 〔雑字類書〕

ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』 https://t.co/OUcikc5Jt4 『塵芥』 https://t.co/7pLZV6IVCk 『運歩色葉集』 https://t.co/edNK336xZU 『易林本節用集』 https://t.co/Ry3j7BoXb3

21 0 0 0 OA 節用集 : 易林本

ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』 https://t.co/OUcikc5Jt4 『塵芥』 https://t.co/7pLZV6IVCk 『運歩色葉集』 https://t.co/edNK336xZU 『易林本節用集』 https://t.co/Ry3j7BoXb3

23 0 0 0 OA 下学集 : 2巻

ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』 https://t.co/OUcikc5Jt4 『塵芥』 https://t.co/7pLZV6IVCk 『運歩色葉集』 https://t.co/edNK336xZU 『易林本節用集』 https://t.co/Ry3j7BoXb3
ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』 https://t.co/OUcikc5Jt4 『塵芥』 https://t.co/7pLZV6IVCk 『運歩色葉集』 https://t.co/edNK336xZU 『易林本節用集』 https://t.co/Ry3j7BoXb3
1938年の『小学書方手本新指導書-尋常科六学年』https://t.co/y2zKCCNe9p 「現在わが国民教育における漢字の教育はすこぶる厳に過ぎる傾がある」という圏点つきの書き出しのこの本は漢字の書き方について文字社会の慣用を認めるべきだと述べておりこれは筋が通ったものです。ぜひご一読ください。 https://t.co/Y4w8Qr9kHL
RT @keilfoermig: J-STAGE Articles - 漢字の形態情報が共感覚色の数に与える影響 https://t.co/yl4BnzgQa5 こういうのおもしろい
解答2 https://t.co/VQNwXwO52D https://t.co/6auUi1O0Nn

お気に入り一覧(最新100件)

3 1 1 1 OA 庭訓往来[抄]

卒爾に「ヲドロキアワデル也」、周障(章)に「アワデハタメクトヨム」とある。アワテル、濁ることもあった?(そしてすでに下一化している) https://t.co/bvczMWt8Gg

23 1 1 0 OA 官報

https://t.co/RxUyKofTle 9コマ目

23 3 0 0 OA 韻書と等韻図 1

@Dementi_ut ある程度以上に本格的でよければ https://t.co/KQBqB9GwI7 か https://t.co/IDeyl6eNrL をオンラインかつ無料で見られるのでオススメします。 あと私が(雑に)書いたものでよければこんなのも……。 https://t.co/R0Dv8UgLPR

20 2 0 0 OA 〔雑字類書〕

「『文明本節用集』に「庄シヤウ 㽵与荘同」とあるから「㽵」と「庄」は当時通用していたのである」(あさの「浮世草子の漢字」漢字講座7、111ペ)と あって、シお ざっと みたけど みつけられない。「莊〈村義又作庄〉」 https://t.co/ETeF31mnby とゆーのわ あった。
『康煕字典』#御製康煕字典序 から「…甚顕者尚数十百…」の「尚」 安永9年(1780年) 淺野彌兵衞等刊 御製序 https://t.co/lhEMjFxXnR 「尚」 https://t.co/uXIbT4juPL 明治20年(1887年) 渡部温編 御製序 https://t.co/EV9hGmKmbz 「尚」 https://t.co/XtqjV9spRG #茂兵衛字 https://t.co/mf1bann10r

4 1 1 1 OA 訂正康煕字典

『康煕字典』#御製康煕字典序 から「…甚顕者尚数十百…」の「尚」 安永9年(1780年) 淺野彌兵衞等刊 御製序 https://t.co/lhEMjFxXnR 「尚」 https://t.co/uXIbT4juPL 明治20年(1887年) 渡部温編 御製序 https://t.co/EV9hGmKmbz 「尚」 https://t.co/XtqjV9spRG #茂兵衛字 https://t.co/mf1bann10r

2 0 0 0 OA 訂正康煕字典

『康煕字典』#御製康煕字典序 から「…甚顕者尚数十百…」の「尚」 安永9年(1780年) 淺野彌兵衞等刊 御製序 https://t.co/lhEMjFxXnR 「尚」 https://t.co/uXIbT4juPL 明治20年(1887年) 渡部温編 御製序 https://t.co/EV9hGmKmbz 「尚」 https://t.co/XtqjV9spRG #茂兵衛字 https://t.co/mf1bann10r
『康煕字典』#御製康煕字典序 から「…甚顕者尚数十百…」の「尚」 安永9年(1780年) 淺野彌兵衞等刊 御製序 https://t.co/lhEMjFxXnR 「尚」 https://t.co/uXIbT4juPL 明治20年(1887年) 渡部温編 御製序 https://t.co/EV9hGmKmbz 「尚」 https://t.co/XtqjV9spRG #茂兵衛字 https://t.co/mf1bann10r

25 0 0 0 OA 本草綱目草稿

お休み中にお宝デジタル史料みつけて興奮しちゃったので、鍼灸書じゃないけどツイートしてもいいですか… 日本の本草学の集大成として知られる小野蘭山『本草綱目啓蒙』の草稿 兼 講義録、すごいですよ… 国会図書館所蔵https://t.co/MOOYHQizwu https://t.co/3tia9BET6X
@sosoBOTpi ありがとうございます。ワクについては聞いたことがありながら実態をよく知らなかったのですが、山田孝雄『国語の中に於ける漢語の研究』に、”籰”の字音であると指摘されていました(225頁 https://t.co/LZtNMgFXMI)。

12 0 0 0 OA 一切経音義

一応、GlyphWiki と対応画像へのリンクもつなげておく。 https://t.co/cfA0YL8tpL https://t.co/fEMDDX89hJ の小さい字を基準として2行目に見られる (この画像だと「中」と判断するのは難しいが……)。文脈から察すると、「馽」の異体字らしい。 https://t.co/6pyxJK1HNZ

5 0 0 0 OA 干禄字書

栖は『干禄字書』に棲とともに正字とされている由緒正しい漢字なんですが。国字という主張は何を根拠に? https://t.co/b2MyUNgOIG https://t.co/2tmDkF8Rus
@JUMANJIKYO @kanzisuki 五音篇海 (https://t.co/uTI9fKbtxV) と、それを引きつつ本文への収録は拒否した《字彙補》の例言 (https://t.co/Hn6Fa5lOkW + 添付画像) にありますね。 https://t.co/NJSXfnIsZ0
@JUMANJIKYO こういう研究があるみたいですね。 https://t.co/Q9H6OjNN6A https://t.co/qUGh6q3d8W

1 0 0 0 OA 雜録

.@JUMANJIKYO さんの難字盡にもある、プランクトンを一字で表す⿰生孚という字の初出は下記にありました。 岡村金太郎(1904)「新作日本字「プランクトン」ノ披露」植物学雑誌203号 https://t.co/hoTMfaWu1y… プランクトンの訳語「浮游生物」を表す字として自ら作ったと述べています。 https://t.co/ULtO0HSJy3
「倭人の暦を探る : 数字から読み解く歴史の謎」 本稿では, 『魏志倭人伝』より数百年後に著された日本の歴史書である『古事記』と『日本書紀』を用いて, 倭人がどのような暦を使っていたかについて考察する。https://t.co/SWEjN7CUdc

13 0 0 0 OA 動物界の道徳

明治時代のひともモルモットのPUIPUIには癒されてたんかな。 「モルモットの遊戯に出逢ふては、[中略] 少時は其音楽に聞惚れて居らぬ者はない」 山川均(1908)『動物界の道徳』p.106 https://t.co/Fa38cJIsxj https://t.co/C0UvUqwkX3

12 0 0 0 OA 土地家屋便覧圖

#国立国会図書館デジタルコレクション @NDLJP の公開画像のうち、100%表示をしても文字が読みとれない問題について、正式に問い合わせしました。 すぐに先方から「圧縮率を下げて、ノイズを軽減した画像に差し替え」た、との連絡があり、見てみると・・・。 読めねぇ! https://t.co/81dTzrnIAW https://t.co/JyJVUodik7

5 0 0 0 OA 三代関 2巻

1 東北大学図書館附属狩野文庫本を底本とした「三代関」。『増補 国語国文学研究史大成9 平家物語』三省堂(1960).p207 安永4年(1775)9月9日に検校になった関左門一が「たつ一」と誤読された例。 2 同書 国立国会図書館本 https://t.co/v6q5EtfRHa https://t.co/CDLOBkkI4t https://t.co/eaXGYyaKkS
菅谷芳之助編『桐生機業家列伝』(1910). 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/TDKqySYgrL 巻末の広告がおもしろい。機業で栄えた地方都市の明治末年の様相が映し出されている。 コマ番号67から97までが広告。織物製造業が7軒、織機の部品製造が3軒、機業組合も広告を出していた。

1 0 0 0 OA 隣人夜話

ぐぐってて、ろはんより まえに、なかざと・かいざんが おなじ ざいげんで、「雪たゝき」 https://t.co/ncLfeSE4FE お かいてたり、
画像は下記より。 春日政治『西大寺本金光明最勝王経古点の国語学的研究 本文篇』斯道文庫紀要1、1942年、1頁 https://t.co/9qm7bIY0kL 『国宝 西大寺本 金光明最勝王経 天平宝字六年百済豊虫願経』勉誠出版、2013年、4頁

48 0 0 0 OA 鉄道法規類抄

@JUMANJIKYO 再掲ですが https://t.co/oOKd1OhyeT https://t.co/cEcNLxeHmp

24 0 0 0 OA 国字改良論

【百年ニュース】1920(大正9)11月1日(月) 仮名文字協会設立。住友財閥の山下芳太郎を中心に伊藤忠兵衛(二代),星野行則ら。山下は日本語における漢字の不便を取除き,片仮名による横書き普及を目指し『国字改良論』著す。雑誌カナノヒカリ発行。1923(大正12)カナモジカイに改称。https://t.co/LHjciT3LmE https://t.co/la5mxTxRGi
「太平記は巨大な往来物のようなものである、と言った人もいます」(おがわ「徒然草をよみなおす」116ペ)って だれだろ、と おもったけど、おーすみ・かずお https://t.co/1sSbFaX3Qz っぽい。
デジコレで公開されてる室町頃の古典籍をあさっていたら、三十六声母を手の部分に対応させた謎の図を見つけた https://t.co/Cpb3OzRVya
@annona_ceae @JUMANJIKYO 江戸時代の資料では「検校」は手偏のように見えます。     瀬戸物町家持       鳥山検校         三十五   戌九月十六日入 右之者前之検校勾当座頭共官金之内所々江貸付…… 座頭浪人高利金御吟味ニ付被仰渡御仕置一件 https://t.co/4Xb2GKHc5N 高利貸しの鳥山検校への申し渡し https://t.co/HQM0zJKrK9
@JUMANJIKYO 『小説比翼文』の上巻です。 やはり珍しい字なんですね。 https://t.co/6exCfLM1oW

11 0 0 0 OA 廻国雑記

『廻国雑記』の「廻」字好き。 https://t.co/RZyqApK0mF https://t.co/h0G3aEoN6d
@JUMANJIKYO いや、さっぱりわかりません。 如件さんならわかるかもしれませんが、自分ではまったく。 https://t.co/vZZKeGqy8H https://t.co/8fkF60heoN
清水さんの論文。リポジトリにはまだ登録されてないけど、そのうち登録されるはず。 所謂「イ落ち構文」の構造について https://t.co/91w98Ofrmh

3 0 0 0 OA 色葉字類抄

「粈」字、字書の注は「雑飯」なので、日本語の《もみ》とは意味がずれるけど、『色葉字類抄』に「モミ」の和訓と「人九反」の反切があるな https://t.co/v8W4D2DzDJ 「粈」の国訓→異体字が分離(国字化)という流れか?(先行研究を知らない)

10 0 0 0 OA 虎列剌薬方集

規範的には、コレラのラは、「刺」(シ)でなく「剌」(ラツ)であるはずで、どちらとも見える場合には「剌」に寄せておく方がよいとは思う。検索時に同一視される異体字ではないし難しいですね。 国会はラツの方。 https://t.co/51yIEl1zfo CiNiiBooksは別表記として「刺」も。 https://t.co/h7yTOPB56Y https://t.co/dAHSUXISjK
規範的には、コレラのラは、「刺」(シ)でなく「剌」(ラツ)であるはずで、どちらとも見える場合には「剌」に寄せておく方がよいとは思う。検索時に同一視される異体字ではないし難しいですね。 国会はラツの方。 https://t.co/51yIEl1zfo CiNiiBooksは別表記として「刺」も。 https://t.co/h7yTOPB56Y https://t.co/dAHSUXISjK
辞書、字書の近代出版史は、中央の学術的な辞書発達史になっているけれど、 もっとこう、周辺的な受容史を誰か書いてくんないかなぁ… 一言で言って、赤本屋系統を視野に入れないといけん。 https://t.co/HaVNSwd714
@JUMANJIKYO 『世間胸算用大晦日ハ一日千金』という本です。 鯲のようにも見えますが、よくわかりません。 https://t.co/u6IryzI2xz
参照されている論文はこちら。院政期から鎌倉前期までの「ン」は一筆書きで、鎌倉中期以降は現代と同じように二画で記すようになるらしい。東密の広沢流のヲコト点(円堂)だけは例外として院政期から二画の「ン」を使用しているとのこと。ほえほえ…。https://t.co/qMrsW16TX4
「「|キ」は鎌倉初期の『古文孝経』(三千院蔵一、(ママ)二七七古典保存会)に「條|キ」「⿰十木|キ」などの例をみる」(p.231)とあって、その後が18世紀まで下るみたいだけど、探しまくればもっと見つかりそう。 建治本はデジコレにあるので、次のどっかにあるはず。 https://t.co/ySbrPV8wpp
文学部図書館が空いたので、『中央大學国文(33)』に載録されている、谷光忠彦「合字に関する一試論―乄、ヿ、|モ、|キを中心に―」をコピーしてきました。なお「日本語研究・日本語教育文献データベース」ではなぜか当該文献が抜けている。 https://t.co/nmuJDN5e6Q https://t.co/OQIVm6iFt5

11 0 0 0 OA 読史余論

こちらは江戸時代の新井白石も普通に使っており、戦後の漢字制限政策で生まれた代用表記じゃないです… https://t.co/n1JHP13vA7 https://t.co/EIZQHONUia https://t.co/0RyzXqerC9
[⿰山爪]の記載がある論文もう一つ見つけた 所澤町東方武藏野臺地の地下水,特に宙水と淺い窪地の成因,聚落立地との關係(吉村信吉, 地理学評論 1940 年 16 巻 3 号 p. 145-169) https://t.co/HtDQKOFXO9 https://t.co/G3zhxclcdG
魚類学雑誌早期公開版に論文出ました. ミトコンドリアDNA の系統判別による岐阜県の河川・ダム湖への琵琶湖産ウグイの侵入状況 https://t.co/D9SkanIzSt 岐阜のオイカワは琵琶湖産がすごく侵入してたけど,ウグイはどうやねん?ということで調べたら意外と限定されてて,琵琶湖産と岐阜産の(字数)

3 0 0 0 OA 広報しながわ

なんとなく検索したら、珍しい交ぜ書きを見つけた(広報しながわ 2010年4月11日号)。JIS第一水準縛りとかあるのだろうか。 https://t.co/TWTn0n1G2k https://t.co/1Rq3sRGKLT
@JUMANJIKYO どんな合字でもよければ、平安初期の訓点資料に既に見られますが、「トモ」のそれはまだなさそうです。よくわかりませんが。 時代が下りますが、平家物語の熱田本(https://t.co/qIf8rxrdYIなど)とかに確かに「トモ」の合字がありますね。また、抄物にも類例があったような気がしますが。 https://t.co/uuJbDK6oNu

18 0 0 0 OA 大日本古文書

山田健三二〇一九 https://t.co/uZ2hWfk4qe お いまに なって みて、こどもが いろはがなで かいた しょじょーが あるんだなー https://t.co/h884uNDoOR と しった。 https://t.co/qJ0UJTMU6L
@JUMANJIKYO 『現今児童重宝記 : 開化実益』という本です。 https://t.co/1cvCnz0m6y
『爾雅義疏』の訓詁は、前半は『経籍籑詁』に拠り、後半は『爾雅正義』に拠ったものとのこと。 CiNii 論文 - 郝懿行撰『爾雅義疏』の訓詁とその成立 https://t.co/EnruEzsZlr #CiNii
宗完植編『最新/日鮮大字典』東洋大学堂(京城) 甲戌は1934年。 https://t.co/qW9c2CjnxD 1935年1月と。 「慣用音を採用」という、日本の漢字音、何に拠ったのだろう。一 イツ イチ 丁 テイ チャウ など、所謂「慣用音」ではない。 https://t.co/g34HVh2qJI
デジコレの『新聞集成明治編年史』https://t.co/4TCRyUYUZW と、リサーチ・ナビにある、その目次 https://t.co/qfqnwSBdfR が繋がってくれたら、もっとよいのですけれどもね。 https://t.co/3xY2Gpxhuv
山口仲美『日本語の古典』岩波新書 2011 いいタイトルだと、改めて思います。 https://t.co/GtMnDvBisg

13 0 0 0 OA 耽奇漫録 20巻

@NDLJP_en Finally, the most interesting items, namely a few related to Korean. Here's the first: a short text in Korean followed by its translation into Japanese @ https://t.co/PRHXUqrWUA -- What the text is about? Well, about drinking and having fun! What else could it be. 11/ https://t.co/zwFdx6K1iC
https://t.co/LeabM6we0d 酒槽 文選酒徳頌注云、槽、【音曹、佐加不禰、○神代紀槽同訓、按槽其形似v船、故名、古事記作2酒船1、】 今之酒槽也、【○李善注引2劉煕孟子注1曰、槽者齊俗名v之、如2酒槽1與2此所1v引少異」、下總本今上有2如字1、廣本同、似v是、今本文選注亦恐脱2今字1、」(続)

19 0 0 0 OA 箋注倭名類聚抄

@JUMANJIKYO 狩谷棭斎の箋注倭名類聚抄の「浴斛」「由布禰」で「尼證摂状云2湯舩1即是」と言っているのが《東南院文書3-41ー101》ですね。平安遺文「尼證摂施入状」 https://t.co/EsteSXuGkT
@khoi_ndh 金永鍵 1936 日本見聞録について https://t.co/rCvB5eVMUZ https://t.co/o9eyFdKlxe
@yhkondo @SDResq ハ行音を唇音にするなど良くないとして、「新撰音韻之図」というのを作った人が17世紀末、元禄時代の京都にいました。 『蜆縮凉鼓集』という本に入っています。 ハ行は「変喉」として、ア行の隣に置いています。 https://t.co/2RjDPptnxJ https://t.co/HonNXHF8sc

5 0 0 0 OA バタヒヤ新聞

Some random things of interest from the 1862 バタヒヤ新聞 @ https://t.co/tTx8UraWzm 1) 茄菲, glossed as koffī (kohhī?) コツヒー < Dutch koffiee @ https://t.co/LLLAhvcauJ Now you also know what coffee & Garfield the cat have in common: they've both been transcribed as 茄菲. 1/ https://t.co/apYXMHohVf

5 0 0 0 OA バタヒヤ新聞

Some random things of interest from the 1862 バタヒヤ新聞 @ https://t.co/tTx8UraWzm 1) 茄菲, glossed as koffī (kohhī?) コツヒー < Dutch koffiee @ https://t.co/LLLAhvcauJ Now you also know what coffee & Garfield the cat have in common: they've both been transcribed as 茄菲. 1/ https://t.co/apYXMHohVf

6 0 0 0 OA 丹鶴叢書

やっぱり「繒服」だよね…… https://t.co/eUeBQss2Tt https://t.co/OtELNSnvaY

25 0 0 0 OA てにをは紐鏡

@kotonoha_yakata これは、現代版の「てにをは紐鏡」ですね!https://t.co/yufB6MXCHv
段氏叢書 (国立公文書館 370-0002): 眞壁 (2012) [https://t.co/7b3c8yhIbq] によればこの本の入庫は文政9年であり、同治以降の補刻本の成立以前。現物確認したところ……原刻本。今年のデジタル化対象で年度末には公開されるので、Web で自由に使える説文解字注原刻本の画像になるのではと期待。 https://t.co/t7rH4g7GjR

20 2 0 0 OA 〔雑字類書〕

ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』 https://t.co/OUcikc5Jt4 『塵芥』 https://t.co/7pLZV6IVCk 『運歩色葉集』 https://t.co/edNK336xZU 『易林本節用集』 https://t.co/Ry3j7BoXb3

21 0 0 0 OA 節用集 : 易林本

ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』 https://t.co/OUcikc5Jt4 『塵芥』 https://t.co/7pLZV6IVCk 『運歩色葉集』 https://t.co/edNK336xZU 『易林本節用集』 https://t.co/Ry3j7BoXb3

23 0 0 0 OA 下学集 : 2巻

ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』 https://t.co/OUcikc5Jt4 『塵芥』 https://t.co/7pLZV6IVCk 『運歩色葉集』 https://t.co/edNK336xZU 『易林本節用集』 https://t.co/Ry3j7BoXb3
ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』 https://t.co/OUcikc5Jt4 『塵芥』 https://t.co/7pLZV6IVCk 『運歩色葉集』 https://t.co/edNK336xZU 『易林本節用集』 https://t.co/Ry3j7BoXb3
J-STAGE Articles - 漢字の形態情報が共感覚色の数に与える影響 https://t.co/yl4BnzgQa5 こういうのおもしろい

4 0 0 0 OA 詩経詳解

https://t.co/FGAR0vU0yH なんか いきなり 「バカ」と かきこみが あった。 https://t.co/O6sLrC7int
『奇々怪々なる洋灯』に登場する、明治43年のアラジンは【阿仁】(あじん)と呼ばれていて、なんだか中国人みたいだと思ったら、「支那の富裕なる大都市」の少年だった。 https://t.co/AuvaDX3475 https://t.co/oGSTUnqqsy https://t.co/qUySAmwWQT
@JUMANJIKYO 『別冊新評 星新一の世界』(1976)pp.167-172の「星偏文字大集成」は収集済みでしょうか。80字あります。 https://t.co/jShsEKv6Xp https://t.co/6TeYi1pTQP
山口 希世美 -  平安時代の女性の写経と結縁経――『久能寺経』研究の一環として――【平安時代の日記史料から女性の自筆写経の例を取り上げ、女性が漢字ばかりの経典を自筆で書写することは珍しいことではないことを論じる】 https://t.co/x8gA7KvaO8

79 0 0 0 OA 言海 : 日本辞書

ところが、現行の国語辞典類は、そのことに触れていない。『日本国語大辞典』でも、「古くは「こうだいこう」とも」と書きながら、コウタイコウの読みのあることすら示していない。「古辞書」欄に見える『言海』で「くわう-たい-こう」なのに。 https://t.co/D8qe30BGBW https://t.co/wkg4mGtVZb

8 0 0 0 OA 西鶴全集

「鍄」カスガヒは『魁本大字類苑』に見えるが、 https://t.co/IPR2hAUho3 西鶴「好色盛衰記」1-1にある。 https://t.co/rGSyNUyCCC 以下の本では「鎹」 https://t.co/qQ9yvoyFzV https://t.co/FzcaigfiFI https://t.co/qMtsL1FngR
「鍄」カスガヒは『魁本大字類苑』に見えるが、 https://t.co/IPR2hAUho3 西鶴「好色盛衰記」1-1にある。 https://t.co/rGSyNUyCCC 以下の本では「鎹」 https://t.co/qQ9yvoyFzV https://t.co/FzcaigfiFI https://t.co/qMtsL1FngR
「鍄」カスガヒは『魁本大字類苑』に見えるが、 https://t.co/IPR2hAUho3 西鶴「好色盛衰記」1-1にある。 https://t.co/rGSyNUyCCC 以下の本では「鎹」 https://t.co/qQ9yvoyFzV https://t.co/FzcaigfiFI https://t.co/qMtsL1FngR

9 0 0 0 OA 魁本大字類苑

「鍄」カスガヒは『魁本大字類苑』に見えるが、 https://t.co/IPR2hAUho3 西鶴「好色盛衰記」1-1にある。 https://t.co/rGSyNUyCCC 以下の本では「鎹」 https://t.co/qQ9yvoyFzV https://t.co/FzcaigfiFI https://t.co/qMtsL1FngR
山田崇仁先生の発表で秦代の避諱の話題が少しだけ出て、正→端、生→産の例が挙がった。前者は始皇帝の名前によるけど、後者は文献では伝わっていない彼の母親の名前に由来するもので、渡邉英幸先生の発見による(2015年3月の論文が初出らしい)。 https://t.co/SncBbisJzn https://t.co/rPctgXFRi6
東京都八王子市の中部更新統御殿峠礫層上部の花粉化石(楡井尊、1993) https://t.co/kcaDHHIu0i >試料の採取地点は,八王子市と町田市の境界にちかい,町田市作ヶ番のほぼ真北で御殿峠の南西約700mに位置する,東京造形大学キャンパスの造成現場である(第1図). https://t.co/Za8RNVULMh

106 0 0 0 古今和歌集

CiNii Booksと新日本古典籍総合データベースの連携がはじまりました。新日本古典籍総合DBのデータ約2,000件について,CiNii Booksの検索結果「電子リソースにアクセスする」欄に本文画像へのリンクが表示されます。例:https://t.co/fqjF2Nme1D
@fushunia @Archer12521163 『穆天子伝』の地名比定については手前味噌ですが、この論考に諸説が一覧できるようになっています。 https://t.co/ZCGOyxv7Lw みなさん割と好き勝手に比定して統一見解を定めるのが難しい状況です。
. @koikekaisho (画像2・記事の続きです) 自分が調べた限り(http://t.co/5UuwxnXAuY)、翌年の明治19年以降、活版印刷の小説で使用される平仮名字体数の数が急に減っていくようです。 http://t.co/LwzlN0WPo5

フォロー(1347ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

CiNii 論文 -  『『イタリア学会誌』50年間におけるイタリア語研究の動向 (その2) (わが国最近50年間のイタリア研究)』ですっ!: https://t.co/95vvkxIb40
RT @shomotsubugyo: いちおー上記表の出典 https://t.co/6gU8Bbxt8I のツール紹介(人文科学分野). 講義レジュメ
RT @_sotanaka: これらを全て満たすのは西大寺本 金光明最勝王経 平安初期点。有名度は折り紙付き、訓読結果は春日政治の研究を参照できるし(https://t.co/ZQue2CMHjh)、カラーの影印が近年出版された(https://t.co/64LwpyPsME)…
別の本だけど、「無骨」に対して「冷汁コボシ也、畳之上ニテコロブ者也」とある。直後に「配膳」とあるから文脈に沿ったものではあるけど、「冷や汁こぼし」という慣用句があったのではないか https://t.co/yBOSIfKMVf

3 1 1 1 OA 庭訓往来[抄]

卒爾に「ヲドロキアワデル也」、周障(章)に「アワデハタメクトヨム」とある。アワテル、濁ることもあった?(そしてすでに下一化している) https://t.co/bvczMWt8Gg

388 1 1 1 OA 和漢三才図会

和漢三才図会の漢字表記って、変わったものが多い印象だけど、寺島良安が創作したものもあるのだろうか。 たとえば「䇮䈇」というのは、中国文献にまるで用例が見えない。 https://t.co/YX0rKYMc1i
RT @drkgoto: 以前、ダウンロード件数を調べたときのものです。https://t.co/Jd9QiGsl3o
RT @the_kawagucci: @losnuevetoros こういうことをズバッと言いきる文章、素晴らしいですね。 分野は違いますが、同じような意見を持ちながら和文誌に論文を書かねばならなくなった時に、和文誌の存在意義について考えました。下記論文の「はじめに」です。…
RT @losnuevetoros: わあ出てる。 https://t.co/ieBSUqozfE 「和文論文誌をいつまで続けるべきか」 (副音声:今すぐ止めても良いのでは?) これは誰かに説得されるのであればそれはそれでよいと思っている意見なので、誰か僕に人工知能分野の…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 健常若年成人にみられた甘海老の頭部による気管支異物の1例(谷口 浩和ほか),2005 https://t.co/ENj1reh9T7 背景. 気管支異物は, 健常若年成人に生じることは極めて稀である. 症例. 33歳の男性…
CiNii 論文 -  『フランチェスコ・ディ・ジョルジョの「イタリア式築城」成立への影響 : 大砲・築城・都市計画の視点から』だよ!: https://t.co/HahlZP6kmU

2 2 2 0 OA 相撲起顕

RT @mosek90810599: 文久元年10月場所の番付。西前頭8枚目に待乳山楯之丞。力士としては3代目のようだ。 画像は 国立国会図書館デジタルコレクション「相撲起顯」より。 https://t.co/1hQnZNAeBG https://t.co/32ZNlWExne

1 1 1 0 OA 通信白書

中には最近の政治家が勝手に作った語だと思う人もいるようだ。 そのため、まったく異なる語である「人の流れ」「人出」を使えばよいと言う人もいる。 昭和48年にはすでに用いられているが、専門用語であるためかさほど知名度は無い。 https://t.co/Bzvl0OgCpy https://t.co/wzJgSlc1Lc

2 2 2 0 OA 相撲起顕

文久元年10月場所の番付。西前頭8枚目に待乳山楯之丞。力士としては3代目のようだ。 画像は 国立国会図書館デジタルコレクション「相撲起顯」より。 https://t.co/1hQnZNAeBG https://t.co/32ZNlWExne
@donadona958 山田徹「足利将軍家の荘園制的基盤 : 「御料所」の再検討」『史学雑誌』123-9、2014年 https://t.co/qZbjnClXf4 こちらでは御台所料所の話が出てきます。将軍家娘が主体ではないのですが。真正面から論じたものもあるとは思うのですが、ぱっと出てきません。
いちおー上記表の出典 https://t.co/6gU8Bbxt8I のツール紹介(人文科学分野). 講義レジュメ
RT @morita11: “CiNii 論文 - 妖怪「アマビエ」の出自 : "Medico della Peste"(ペスト医師)の面影 (三宅和子教授 退職記念号)” https://t.co/VfPpyb7NzS
CiNii 論文 -  『イタリアの有機農業運動・スローフード運動・有機農産物流通調査報告 -食のグローバル化へのオールタナティブ運動の観点から-』だよ!: https://t.co/vN7Y3vSNSH
RT @knagasaki: 人工知能学会の会員なのでやや内側から眺めているのだが、 https://t.co/MCwmUE0VeZ こういうのをみると、あの冬の時代に支えてもらえたのは和文論文誌あってこそなのでは…また冬が来たらどうするの…と思ったら同じ号の別の論考では冬の時…
人工知能学会の会員なのでやや内側から眺めているのだが、 https://t.co/MCwmUE0VeZ こういうのをみると、あの冬の時代に支えてもらえたのは和文論文誌あってこそなのでは…また冬が来たらどうするの…と思ったら同じ号の別の論考では冬の時代に言及してたりして、みなさん元気だなあと。
RT @StanfordReligSt: Congratulations to PhD candidate @sangyoplee (Buddhist Studies) for his latest publication: “The Bodhisattva Prātimokṣ…
平安時代京都方言のアクセント活用 https://t.co/5k6Q4uT1hq これ良い資料
RT @BungakuReportRS: 小林 健彦 - 「竹取物語」に見る対自然観と災異 https://t.co/2eFS281d6O
https://t.co/C6NTPJ16NE https://t.co/YrDQET4gj2 このへんで反論した?らしく、https://t.co/KNUwk1x7uv でようやくリスト以外での言及があるが、そんなはなしだったっけ感がある
https://t.co/ds8hzJQ9fP たかぎ・いちのすけ、とゆーと、むらい「国文学者の十五年戦争」 https://t.co/WMUq2pGlDf https://t.co/FYbFJ1t9uy お おもいだすのだけれど、さんこーぶんけんにわ あがってなかった。
https://t.co/ds8hzJQ9fP たかぎ・いちのすけ、とゆーと、むらい「国文学者の十五年戦争」 https://t.co/WMUq2pGlDf https://t.co/FYbFJ1t9uy お おもいだすのだけれど、さんこーぶんけんにわ あがってなかった。

4 1 1 0 OA 訓蒙図彙 20巻

そうそう、昨日国会図書館のサイトを見ていて見つけた 頭書説明のないプロトタイプ?の『訓蒙図彙』 今後、読めない漢字の確認等に使っていきます (今回、「彘」で活躍(

2 1 1 0 OA 群書治要

@_sotanaka 書陵部本『群書治要』は漢籍集覧でしたら全巻閲覧できます!最近画質が格段に上がりました(https://t.co/KjwjdlxuPl) 更に戦前の複製がデジコレ(https://t.co/LGT2d6KhZi)にも上がっているので、ダウンロードもできます!

5 3 1 0 OA 将門記

同じくネットで見られるものでいうと、カラーではないけれど真福寺本の将門記の画像が国立国会図書館デジタルコレクションで見られる(https://t.co/ElmxIfy35n 元は古典保存会の複製本)。 これは1099年の写本で古いものだし、将門記だから本文や訓読も確認・検討しやすい。
これらを全て満たすのは西大寺本 金光明最勝王経 平安初期点。有名度は折り紙付き、訓読結果は春日政治の研究を参照できるし(https://t.co/ZQue2CMHjh)、カラーの影印が近年出版された(https://t.co/64LwpyPsME)。 ただ、今の訓点に比べると異色すぎて、最初に見せるにはハードルが高い感もある。
RT @yoshi_kariya: 昭和東南海地震 諏訪の被害検証 信大研究室 初の詳細調査 https://t.co/B75gLQEbxR <自然地理学。途中経過は日本地理学会発表要旨集(2020年春)で報告されているようだ>https://t.co/nau1QtpvSH
●吉野 瑞恵「平安「女流」文学の分化 : 『蜻蛉日記』の評価をめぐって」『日本文学』49(1)、2000年。https://t.co/eCuDVwzEue ●同前「大正期を生きた池田亀鑑:―「知」と「感」の相克の背景」同前、61(5)、2012年。https://t.co/DEY47fn6gp
●吉野 瑞恵「平安「女流」文学の分化 : 『蜻蛉日記』の評価をめぐって」『日本文学』49(1)、2000年。https://t.co/eCuDVwzEue ●同前「大正期を生きた池田亀鑑:―「知」と「感」の相克の背景」同前、61(5)、2012年。https://t.co/DEY47fn6gp
CiNii 論文 -  『イタリアにおける生涯学習支援者像の形成 -統合的生涯学習システムにおける学習支援者の役割・機能-』だよ!: https://t.co/BHjtcxq8gt
RT @NDLJP_en: The article "Minakata Kumagusu’s letters to Shirai Mitsutaro" tells us of the friendship between two scholars who shared inte…
RT @kirinosakujin: 平川新さんは出羽国(現・山形県高畠町)の道場主、武田軍太の自伝をもとに「出羽国の庶民剣士―武田軍太「武元流剣術実録」の世界―」を発表した。まさに出羽の近藤勇という感じです。PDFで読めます。 https://t.co/fWOIK9lXqn
RT @dellganov: 松井勇起「図書館員の待遇の考察 ― 機能としての「低賃金カルテル」 ―」 図書館員の仕事は誰でもできるから低賃金と見なされているが、実際は低賃金構造を固定化する賤業バイアス(低賃金な仕事は誰でもできるだろう)などによる低賃金カルテルが原因とする論…
RT @_sotanaka: "「何の役に立つのかわからないからReject」,「新規性が見当たらないから Reject」などという安易な判断を行わず,「今は何の役に立つんだかよくわからないけれど,何かあったときには役立つ研究」も評価できるようになることを編集委員としての今年の…
RT @ceekz: 「私の論文が採録されないのはどう考えても編集委員会が悪い!」 力強いお言葉。1日3回唱えるわ。 https://t.co/552sqSAenJ
RT @lalalamiyo: 中島美幸「日本女性詩史序説 ー文学・戦争・ジェンダー」 博論の公開。後日ちゃんと読みたい。 https://t.co/g8Uh4r03Jf
RT @ceekz: 「私の論文が採録されないのはどう考えても編集委員会が悪い!」 力強いお言葉。1日3回唱えるわ。 https://t.co/552sqSAenJ
RT @NKGgakkaishi: 【全文公開】川上尚恵(2010)「北京近代科学図書館編纂日本語教科書分析からみた占領初期の中国華北地方における日本語教育の一側面―『初級日文模範教科書』から『日本語入門篇』へ―」『日本語教育』146号https://t.co/sukrbAqu…
"「何の役に立つのかわからないからReject」,「新規性が見当たらないから Reject」などという安易な判断を行わず,「今は何の役に立つんだかよくわからないけれど,何かあったときには役立つ研究」も評価できるようになることを編集委員としての今年の抱負としたい." https://t.co/0ad730Hxc3
RT @ceekz: 「私の論文が採録されないのはどう考えても編集委員会が悪い!」 力強いお言葉。1日3回唱えるわ。 https://t.co/552sqSAenJ
RT @washou3956: メモ。『知恩院史研究の新視点:知恩院史料編纂所報告書1』(2021年3月)。福原隆善「法然上人とその教団」、中井真孝「大谷廟堂・源智の再興・「知恩院」の成立」、同「知恩院の漸興」、同「永享の罹災・足利将軍の再興・白旗派の流入」。https://t…
RT @kamonomiya_o_gu: 方言調査のデータを機械解析した結果らしい 第1軸は東西要素の濃淡 第2軸は上方要素の濃淡(周圏論的なやつ) サンプル数はかなり少ないらしいから話半分 ここにはないけど琉球方言も分類されてる https://t.co/xcFh1VENMu…
RT @twremcat: 寺内 衛 + 寺内 かえで (2021) "今,知らなければならないこと: SARS-CoV-2 感染症(COVID-19 パンデミック)についての基礎知識" _Hirao School of Management Review_ 11:101-12…
RT @phdguild: 金 博男(2019)清末における「日曜日」の受容 https://t.co/HScNX7PlKh
RT @Naga_Kyoto: 通勤行動は男女差が大きく、その差は社会的経済地位とも深く関わっている 川瀬 正樹「日本の人文地理学におけるジェンダー研究の展望 : 女性就業と通勤行動に関する研究を中心に」 https://t.co/JlCI4pebPL https://t.c…
RT @kunatabure: 藤原定家の歯病に関する考察(日本歯科医史学会第22回(平成6年度)) 「60歳台以後、慢性辺縁性歯周炎に罹患」「歯肉あるいは顔面に蛭を吸着させて瀉血し、歯肉に膿腫を形成した場合は鍼により排膿」「蛭による瀉血は屡々行われたようで、定家自身・・・『…
RT @kunatabure: 藤原定家の歯病に関する考察(日本歯科医史学会第22回(平成6年度)) 「60歳台以後、慢性辺縁性歯周炎に罹患」「歯肉あるいは顔面に蛭を吸着させて瀉血し、歯肉に膿腫を形成した場合は鍼により排膿」「蛭による瀉血は屡々行われたようで、定家自身・・・『…
RT @kunatabure: 藤原定家の歯病に関する考察(日本歯科医史学会第22回(平成6年度)) 「60歳台以後、慢性辺縁性歯周炎に罹患」「歯肉あるいは顔面に蛭を吸着させて瀉血し、歯肉に膿腫を形成した場合は鍼により排膿」「蛭による瀉血は屡々行われたようで、定家自身・・・『…
RT @kunatabure: 藤原定家の歯病に関する考察(日本歯科医史学会第22回(平成6年度)) 「60歳台以後、慢性辺縁性歯周炎に罹患」「歯肉あるいは顔面に蛭を吸着させて瀉血し、歯肉に膿腫を形成した場合は鍼により排膿」「蛭による瀉血は屡々行われたようで、定家自身・・・『…
RT @kunatabure: 藤原定家の歯病に関する考察(日本歯科医史学会第22回(平成6年度)) 「60歳台以後、慢性辺縁性歯周炎に罹患」「歯肉あるいは顔面に蛭を吸着させて瀉血し、歯肉に膿腫を形成した場合は鍼により排膿」「蛭による瀉血は屡々行われたようで、定家自身・・・『…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒権宇琦 「医学用語「貧血」について」 『立教大学日本語研究』27 (2021/3) https://t.co/NDbYftl4YB
CiNii 論文 -  『ヨーロッパの自然公園における関係主体の関与 : イギリス,ドイツ,イタリアの事例』だよ!: https://t.co/MWma5SsdJZ
RT @shibusawaseiten: 「青天を衝け」第12話、今日は先週も登場した川村恵十郎が本格的に登場しました。つい最近、国立国会図書館の川村正平関係文書がデジタル公開され、その中には渋沢栄一が恵十郎に宛てた手紙なども含まれています。 #青天を衝け https:/…
CiNii 論文 -  『非英語圏の臨床試験文献抄録はどこまで構造化されているか』だよっ!: https://t.co/G9B11JJk1e
はい参考文献。やさしめの日本語Reviewです。 https://t.co/ypg8osyeiP
佐古 愛己 -  京都府立京都学・歴彩館所蔵『(東坊城家)和書目録』、『(東坊城家)漢書目録』 (青山忠正先生・今堀太逸先生 退職記念号) https://t.co/Jy2Qqr7bt3
RT @BungakuReportRS: ツベタナ クリステワ - 「古き妻」対「新しき妻」-日本古典文学におけるメタ詩的レベルでの意味生成過程 国際基督教大学リポジトリ https://t.co/nkwe9LZgqg
RT @mujo_kun: 【NEW論文】「馬巷城隍廟の保長公(白無常)信仰 ―無常鬼像の変遷を探るための一事例として―」 厦門を意味もなくずんずん歩いていた時に発見した無常鬼の祠(しかも3箇所!!)についての論文。僕の論はともかくこういう場所があるという事を知っていただきたい…
扶余や高句麗の官名「加」について https://t.co/XQz6tDGCcc 百済の王冠を「鳥羅冠」と呼ぶ 唐開土大王碑文にみえる「阿利水」 日本書記にみえる「阿里那礼河」 が「於羅瑕」の「於羅」と同語だろうと書いてある
RT @Naga_Kyoto: 京阪神都市圏では1990年代に郊外外縁部での雇用が成長し、郊外での自動車分担率が上昇した。反対に、大阪市・京都市・神戸市といった中心市では二輪の分担率が上昇した。 坂西 明子「就業地の郊外化と通勤交通手段の変化-個人属性を含めた考察-」 http…
RT @Naga_Kyoto: 通勤行動は男女差が大きく、その差は社会的経済地位とも深く関わっている 川瀬 正樹「日本の人文地理学におけるジェンダー研究の展望 : 女性就業と通勤行動に関する研究を中心に」 https://t.co/JlCI4pebPL https://t.c…
RT @flurry: あ、「3密」概念の変遷については、私もうろ覚えで書いているので田中重人さんのこの論文などで確認したほうがいいと思いますハイ。> 『「3密」概念の誕生と変遷 ― 日本のCOVID-19 対策とコミュニケーションの問題 ―』 https://t.co/Sf…
RT @kunatabure: 国立国会図書館月報. 2020年 (1月)   万葉集の本いろいろ https://t.co/hn7oMU7elG https://t.co/kj9sFpSHTC
RT @shu_mukae: https://t.co/jGquqPAwAr… ラノベのタイトルの長さについての論文。我々がかつて書いたゲームタイトルの長さについての研究(https://t.co/vU7eJ0aXmH)のラノベ版みたいな感じですが、節のタイトルもラノベのタイト…
RT @kunatabure: 国立国会図書館月報. 2020年 (1月)   万葉集の本いろいろ https://t.co/hn7oMU7elG https://t.co/kj9sFpSHTC
CiNii 論文 -  『ヒップホップについての諸要素 -ブロンクスからイタリアへと-』だよ!: https://t.co/16OxTwLMKn
RT @LeeNamGwang: https://t.co/9TBEZo98JK オンラインで読めました!パラオ語に詳しい方ぜひ!
児玉望(2021)「「イタイガヨ」と「イタイヨサ」:鹿児島方言のいくつかの終助詞について」『ありあけ:熊本大学言語学論集』20 https://t.co/D0vNSws5Cg #九州方言研究文献 #方言終助詞文献
轟木靖子(2019)「香川方言の文末詞「な」の音調と使用における世代差について:「なんしょん(な)」「ご飯食べたん(な)」を中心に」『香川大学教育学部研究報告 第I部』151 https://t.co/MCq7tRZDhh #方言終助詞文献
次に,リストに見当たらなかった文献です。 児玉望(2006)「熊本方言の指定助動詞」『ありあけ:熊本大学言語学論集』5 https://t.co/y4QDJkb0xj #九州方言研究文献 #方言終助詞文献
髙山彩(2016)「福岡市方言の文末詞「バイ」「タイ」の福岡部若年層における使用実態と代替形式について」『国文研究』61 https://t.co/e0jWizuTkE #九州方言研究文献 #方言終助詞文献
原田走一郎(2007)「若年層の福岡方言における「-ト」の接続について」『思言』2 https://t.co/LfjJZIgEtK #九州方言研究文献 #方言終助詞文献
RT @dellganov: 松井勇起「図書館員の待遇の考察 ― 機能としての「低賃金カルテル」 ―」 図書館員の仕事は誰でもできるから低賃金と見なされているが、実際は低賃金構造を固定化する賤業バイアス(低賃金な仕事は誰でもできるだろう)などによる低賃金カルテルが原因とする論…
RT @dellganov: 松井勇起「図書館員の待遇の考察 ― 機能としての「低賃金カルテル」 ―」 図書館員の仕事は誰でもできるから低賃金と見なされているが、実際は低賃金構造を固定化する賤業バイアス(低賃金な仕事は誰でもできるだろう)などによる低賃金カルテルが原因とする論…
CiNii 論文 -  『イタリアにおける十字架論争--2003年ラクイラの事例を手がかりとして』です。 https://t.co/VNuEDN7ziI

2 2 2 0 OA 笑家用文庫

#ndldigital https://t.co/Nj1h44NL2o というか国会図書館書誌 https://t.co/oRXsq4vK5eは、「笑家用文章」であるべき表題が「笑家用文庫」で誤登録されているので、検索の便を考えて「文章」を別名で追加登録して欲しい。
“CiNii 図書 - 人文主義の言語思想 : フンボルトの伝統” https://t.co/GcWbgxOKi2

23 1 1 0 OA 官報

https://t.co/RxUyKofTle 9コマ目

23 1 1 0 OA 官報

1912年(明治45年)の官報、漢文訓読体で漢字片仮名混じり文なのだが、東京盲学校卒業生祝詞として出てくる短歌はひらがなで組まれている https://t.co/RxUyKofTle 8コマ目
古典漢文形態素コーパスにもとづく動詞の作用域の自動抽出 https://t.co/TwlNY8Wfqx
“CiNii 博士論文 - 自己参照関数方程式 : 自然言語の理解へ向けて” https://t.co/zR2t5OPyAu
@otagaki https://t.co/SoaUs6VNvB こういう論文がありました。真っ正面ではありませんが。

20 10 10 0 OA 空の中隊

RT @nue213: 併せて下記も読むと新関の凄さがわかります。 ナカムラ・マンガ・ライブラリー『チビ連隊長』(1934)、『不思議な英雄』(1935) https://t.co/E5lJAv0r7p ナカムラ絵叢書『アフリカ探検』(1940) https://t.co/OH…
@otagaki 麥書房の『にっぽんご』などはそうでしょう。 私は『続・やまびこ学校』麥書房でしか見ていませんが、「くっつき」は見えます。 https://t.co/86Kg9F8GPD https://t.co/SHHwy70aWX
(参考)「「二↑」は聞き手が共通認識を持ってしかるべきだという文脈で、聞き手の共通認識の欠落に対して、話し手が共通認識を要求する標識である。」(中村純子「長野県上伊那地方の方言終助詞「ニ↑」の意味分析」要旨) https://t.co/H5StOvJeeB

2 2 2 0 OA 岡山県誌

停車場(すてーしょん) 明治37年「岡山県誌」 https://t.co/iWDv9ZRz0H https://t.co/E59QfkPzjX
RT @maturiya_itto: 本物の異常論文、勝てないフレーズが山ほどあって良い。「そんなある日、忍者が登場する作品と出会った。サバンナや森の中に突然忍者が現れ人々を襲い手裏剣を投げつける、形勢が不利と見るやぱっと消え失せ、とまどう相手の前で今度は不意打ちを食らわせるの…
CiNii 論文 -  『《トラヴィアータ》はなぜ改訂されたか 』だよ!「椿姫」?「道を踏み外した女」!?: https://t.co/msK3beYAhK
ツベタナ クリステワ - 「古き妻」対「新しき妻」-日本古典文学におけるメタ詩的レベルでの意味生成過程 国際基督教大学リポジトリ https://t.co/WWQOiVby7a
CiNii 論文 -  『テッラ・マードレ2008におけるユース・フード・ムーブメント』だよ!: https://t.co/00JRJp2XCQ

フォロワー(10354ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

CiNii 論文 -  『『イタリア学会誌』50年間におけるイタリア語研究の動向 (その2) (わが国最近50年間のイタリア研究)』ですっ!: https://t.co/95vvkxIb40
RT @washou3956: PDF公開。西山良平「西寺と松尾祭・西七条」(『史跡西寺跡発掘調査総括報告書』京都市文化市民局、2021年3月)平安時代から中世社会までを範囲に文献史料から検討。https://t.co/vnmnoBV6ga
RT @shomotsubugyo: いちおー上記表の出典 https://t.co/6gU8Bbxt8I のツール紹介(人文科学分野). 講義レジュメ

6 2 2 2 OA 古事記伝 44巻

古事記伝で米の字をくずした変体仮名が使われているというのをやっと自分で確認した。あと閉をくずした「へ」もある(「定
RT @nanbubot2: <研究ノート>音喜多勝氏所蔵八戸湊文書覚書(1999) https://t.co/yNLRJ1DXYe
RT @_sotanaka: これらを全て満たすのは西大寺本 金光明最勝王経 平安初期点。有名度は折り紙付き、訓読結果は春日政治の研究を参照できるし(https://t.co/ZQue2CMHjh)、カラーの影印が近年出版された(https://t.co/64LwpyPsME)…
別の本だけど、「無骨」に対して「冷汁コボシ也、畳之上ニテコロブ者也」とある。直後に「配膳」とあるから文脈に沿ったものではあるけど、「冷や汁こぼし」という慣用句があったのではないか https://t.co/yBOSIfKMVf

3 1 1 1 OA 庭訓往来[抄]

卒爾に「ヲドロキアワデル也」、周障(章)に「アワデハタメクトヨム」とある。アワテル、濁ることもあった?(そしてすでに下一化している) https://t.co/bvczMWt8Gg

388 1 1 1 OA 和漢三才図会

和漢三才図会の漢字表記って、変わったものが多い印象だけど、寺島良安が創作したものもあるのだろうか。 たとえば「䇮䈇」というのは、中国文献にまるで用例が見えない。 https://t.co/YX0rKYMc1i
RT @RyosukeAmiya: ただし著者が研究者キャリアの最初の時点から,分権的ユニットの水平的調整と総合的政策の問題を考え続けてきた「プロ」であることは,踏まえておくべきだろう.https://t.co/SjH1ts045D
RT @RyosukeAmiya: ただし著者が研究者キャリアの最初の時点から,分権的ユニットの水平的調整と総合的政策の問題を考え続けてきた「プロ」であることは,踏まえておくべきだろう.https://t.co/SjH1ts045D
RT @drkgoto: 以前、ダウンロード件数を調べたときのものです。https://t.co/Jd9QiGsl3o
RT @the_kawagucci: @losnuevetoros こういうことをズバッと言いきる文章、素晴らしいですね。 分野は違いますが、同じような意見を持ちながら和文誌に論文を書かねばならなくなった時に、和文誌の存在意義について考えました。下記論文の「はじめに」です。…
RT @losnuevetoros: わあ出てる。 https://t.co/ieBSUqozfE 「和文論文誌をいつまで続けるべきか」 (副音声:今すぐ止めても良いのでは?) これは誰かに説得されるのであればそれはそれでよいと思っている意見なので、誰か僕に人工知能分野の…
RT @le16144: 昨日Mycoscienceに早期公開としてシロキツネノサカズキ属の新種記載論文が発表されました。 かつて岡山で見つかりダイトカイキツネノサカズキなんてふざけた仮称で呼ばれていた(呼んでたの二人くらいだけど)キノコ。 そう私の発見したキノコが新種として登…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 健常若年成人にみられた甘海老の頭部による気管支異物の1例(谷口 浩和ほか),2005 https://t.co/ENj1reh9T7 背景. 気管支異物は, 健常若年成人に生じることは極めて稀である. 症例. 33歳の男性…
RT @drkgoto: 以前、ダウンロード件数を調べたときのものです。https://t.co/Jd9QiGsl3o
RT @the_kawagucci: @losnuevetoros こういうことをズバッと言いきる文章、素晴らしいですね。 分野は違いますが、同じような意見を持ちながら和文誌に論文を書かねばならなくなった時に、和文誌の存在意義について考えました。下記論文の「はじめに」です。…
RT @losnuevetoros: わあ出てる。 https://t.co/ieBSUqozfE 「和文論文誌をいつまで続けるべきか」 (副音声:今すぐ止めても良いのでは?) これは誰かに説得されるのであればそれはそれでよいと思っている意見なので、誰か僕に人工知能分野の…
CiNii 論文 -  『フランチェスコ・ディ・ジョルジョの「イタリア式築城」成立への影響 : 大砲・築城・都市計画の視点から』だよ!: https://t.co/HahlZP6kmU

2 2 2 0 OA 相撲起顕

RT @mosek90810599: 文久元年10月場所の番付。西前頭8枚目に待乳山楯之丞。力士としては3代目のようだ。 画像は 国立国会図書館デジタルコレクション「相撲起顯」より。 https://t.co/1hQnZNAeBG https://t.co/32ZNlWExne

1 1 1 0 OA 通信白書

中には最近の政治家が勝手に作った語だと思う人もいるようだ。 そのため、まったく異なる語である「人の流れ」「人出」を使えばよいと言う人もいる。 昭和48年にはすでに用いられているが、専門用語であるためかさほど知名度は無い。 https://t.co/Bzvl0OgCpy https://t.co/wzJgSlc1Lc
RT @inokumatorazou: @boooonsai 熱変性で分子構造が変わるから、吸光特性も変化するのね〜 <肉を加熱すると,これらミオ グロビンが変性して灰褐色の変性ミオグロビン (メトミオクロモーゲン)に変化> https://t.co/1ZOlxq8gC1
@boooonsai 熱変性で分子構造が変わるから、吸光特性も変化するのね〜 <肉を加熱すると,これらミオ グロビンが変性して灰褐色の変性ミオグロビン (メトミオクロモーゲン)に変化> https://t.co/1ZOlxq8gC1
RT @kunatabure: 古代の渡来系氏族の百済郡と高麗郡はそれぞれ本国の滅亡後に建郡されている。新羅郡は天平宝字年間に仲麻呂政権により建郡されていて、新羅との緊張が高まった時期であった。百済郡だけ畿内に設置されたところに日本型の中華思想が現れていると宮瀧交二氏は指摘。…

2 2 2 0 OA 相撲起顕

文久元年10月場所の番付。西前頭8枚目に待乳山楯之丞。力士としては3代目のようだ。 画像は 国立国会図書館デジタルコレクション「相撲起顯」より。 https://t.co/1hQnZNAeBG https://t.co/32ZNlWExne
RT @satorukanno: 楕円曲線暗号の生い立ちから最新技術まで網羅されてて素敵です! --- 楕円曲線の理論的及び実用的可能性 ―楕円曲線暗号から耐量子暗号まで― https://t.co/ulUbXaUFmW
荒木貞夫の口述記録 ー「シベリア出兵」についてー https://t.co/Ov8DNylgah
@donadona958 山田徹「足利将軍家の荘園制的基盤 : 「御料所」の再検討」『史学雑誌』123-9、2014年 https://t.co/qZbjnClXf4 こちらでは御台所料所の話が出てきます。将軍家娘が主体ではないのですが。真正面から論じたものもあるとは思うのですが、ぱっと出てきません。
いちおー上記表の出典 https://t.co/6gU8Bbxt8I のツール紹介(人文科学分野). 講義レジュメ

7 1 1 0 OA 暁斎絵日記

暁斎の日記、国会図書館でデジタル公開されてるのか。(; ゚∀゚) 読み込むだけで、余裕で1年は溶けるな…。 暁斎絵日記(版本を探していたんだけど、意外に直筆多数が公開されてる) → https://t.co/trKIGfDmMo
RT @morita11: “CiNii 論文 - 妖怪「アマビエ」の出自 : "Medico della Peste"(ペスト医師)の面影 (三宅和子教授 退職記念号)” https://t.co/VfPpyb7NzS
CiNii 論文 -  『イタリアの有機農業運動・スローフード運動・有機農産物流通調査報告 -食のグローバル化へのオールタナティブ運動の観点から-』だよ!: https://t.co/vN7Y3vSNSH
RT @the_kawagucci: @losnuevetoros こういうことをズバッと言いきる文章、素晴らしいですね。 分野は違いますが、同じような意見を持ちながら和文誌に論文を書かねばならなくなった時に、和文誌の存在意義について考えました。下記論文の「はじめに」です。…
RT @losnuevetoros: わあ出てる。 https://t.co/ieBSUqozfE 「和文論文誌をいつまで続けるべきか」 (副音声:今すぐ止めても良いのでは?) これは誰かに説得されるのであればそれはそれでよいと思っている意見なので、誰か僕に人工知能分野の…
RT @satorukanno: 楕円曲線暗号の生い立ちから最新技術まで網羅されてて素敵です! --- 楕円曲線の理論的及び実用的可能性 ―楕円曲線暗号から耐量子暗号まで― https://t.co/ulUbXaUFmW
RT @knagasaki: 人工知能学会の会員なのでやや内側から眺めているのだが、 https://t.co/MCwmUE0VeZ こういうのをみると、あの冬の時代に支えてもらえたのは和文論文誌あってこそなのでは…また冬が来たらどうするの…と思ったら同じ号の別の論考では冬の時…
人工知能学会の会員なのでやや内側から眺めているのだが、 https://t.co/MCwmUE0VeZ こういうのをみると、あの冬の時代に支えてもらえたのは和文論文誌あってこそなのでは…また冬が来たらどうするの…と思ったら同じ号の別の論考では冬の時代に言及してたりして、みなさん元気だなあと。
RT @araiken1221150: 雨が降ると下水がオーバーフローして河川に流れ込んで、そのなかに含まれる有機物をバクテリアが消費する過程で急激に溶存酸素が低下することがあるんだよ。たぶんレンギョが大量死する水域ではこれと同じことが農地や一般下水道からの流入で起きてる。…
RT @satorukanno: 楕円曲線暗号の生い立ちから最新技術まで網羅されてて素敵です! --- 楕円曲線の理論的及び実用的可能性 ―楕円曲線暗号から耐量子暗号まで― https://t.co/ulUbXaUFmW
RT @BungakuReportRS: 小林 健彦 - 「竹取物語」に見る対自然観と災異 https://t.co/2eFS281d6O
RT @morita11: “CiNii 論文 - [研究ノート] ナガランドとマニプルの精霊信仰” https://t.co/8oVw8HO5mu ※本文リンクあり
https://t.co/ds8hzJQ9fP たかぎ・いちのすけ、とゆーと、むらい「国文学者の十五年戦争」 https://t.co/WMUq2pGlDf https://t.co/FYbFJ1t9uy お おもいだすのだけれど、さんこーぶんけんにわ あがってなかった。
https://t.co/ds8hzJQ9fP たかぎ・いちのすけ、とゆーと、むらい「国文学者の十五年戦争」 https://t.co/WMUq2pGlDf https://t.co/FYbFJ1t9uy お おもいだすのだけれど、さんこーぶんけんにわ あがってなかった。
RT @zasetsushirazu: 安政5年3月24日(1858年5月7日)、幕臣の岩瀬忠震と福井藩の橋本左内が、初めて会った。その後、交流は活発になり、「外交問題や一橋派の運動を通じて、両者は信頼できる同志」になった(別所興一「幕末・維新期の対外観の転回」『愛知大学綜合郷…
RT @ceekz: 「私の論文が採録されないのはどう考えても編集委員会が悪い!」 力強いお言葉。1日3回唱えるわ。 https://t.co/552sqSAenJ

4 1 1 0 OA 訓蒙図彙 20巻

そうそう、昨日国会図書館のサイトを見ていて見つけた 頭書説明のないプロトタイプ?の『訓蒙図彙』 今後、読めない漢字の確認等に使っていきます (今回、「彘」で活躍(
RT @ceekz: 「私の論文が採録されないのはどう考えても編集委員会が悪い!」 力強いお言葉。1日3回唱えるわ。 https://t.co/552sqSAenJ
RT @morita11: “CiNii 論文 - [研究ノート] ナガランドとマニプルの精霊信仰” https://t.co/8oVw8HO5mu ※本文リンクあり
RT @kamonomiya_o_gu: 方言調査のデータを機械解析した結果らしい 第1軸は東西要素の濃淡 第2軸は上方要素の濃淡(周圏論的なやつ) サンプル数はかなり少ないらしいから話半分 ここにはないけど琉球方言も分類されてる https://t.co/xcFh1VENMu…
RT @kamonomiya_o_gu: 方言調査のデータを機械解析した結果らしい 第1軸は東西要素の濃淡 第2軸は上方要素の濃淡(周圏論的なやつ) サンプル数はかなり少ないらしいから話半分 ここにはないけど琉球方言も分類されてる https://t.co/xcFh1VENMu…
RT @kamonomiya_o_gu: 方言調査のデータを機械解析した結果らしい 第1軸は東西要素の濃淡 第2軸は上方要素の濃淡(周圏論的なやつ) サンプル数はかなり少ないらしいから話半分 ここにはないけど琉球方言も分類されてる https://t.co/xcFh1VENMu…

2 1 1 0 OA 群書治要

@_sotanaka 書陵部本『群書治要』は漢籍集覧でしたら全巻閲覧できます!最近画質が格段に上がりました(https://t.co/KjwjdlxuPl) 更に戦前の複製がデジコレ(https://t.co/LGT2d6KhZi)にも上がっているので、ダウンロードもできます!

5 3 1 0 OA 将門記

同じくネットで見られるものでいうと、カラーではないけれど真福寺本の将門記の画像が国立国会図書館デジタルコレクションで見られる(https://t.co/ElmxIfy35n 元は古典保存会の複製本)。 これは1099年の写本で古いものだし、将門記だから本文や訓読も確認・検討しやすい。
これらを全て満たすのは西大寺本 金光明最勝王経 平安初期点。有名度は折り紙付き、訓読結果は春日政治の研究を参照できるし(https://t.co/ZQue2CMHjh)、カラーの影印が近年出版された(https://t.co/64LwpyPsME)。 ただ、今の訓点に比べると異色すぎて、最初に見せるにはハードルが高い感もある。
RT @yoshi_kariya: 昭和東南海地震 諏訪の被害検証 信大研究室 初の詳細調査 https://t.co/B75gLQEbxR <自然地理学。途中経過は日本地理学会発表要旨集(2020年春)で報告されているようだ>https://t.co/nau1QtpvSH
RT @kuma_kazu: CiNii 論文 -  IFSWグローバル定義と日本的ソーシャルワークの展開 https://t.co/80qm8xy4r6 #CiNii
RT @kuma_kazu: CiNii 論文 -  社会福祉士会会員が求める職能団体像の予備的考察 : 岐阜県社会福祉士会会員アンケートから https://t.co/aX7H9G8dde #CiNii
RT @ceekz: 「私の論文が採録されないのはどう考えても編集委員会が悪い!」 力強いお言葉。1日3回唱えるわ。 https://t.co/552sqSAenJ
●吉野 瑞恵「平安「女流」文学の分化 : 『蜻蛉日記』の評価をめぐって」『日本文学』49(1)、2000年。https://t.co/eCuDVwzEue ●同前「大正期を生きた池田亀鑑:―「知」と「感」の相克の背景」同前、61(5)、2012年。https://t.co/DEY47fn6gp
●吉野 瑞恵「平安「女流」文学の分化 : 『蜻蛉日記』の評価をめぐって」『日本文学』49(1)、2000年。https://t.co/eCuDVwzEue ●同前「大正期を生きた池田亀鑑:―「知」と「感」の相克の背景」同前、61(5)、2012年。https://t.co/DEY47fn6gp
RT @ceekz: 「私の論文が採録されないのはどう考えても編集委員会が悪い!」 力強いお言葉。1日3回唱えるわ。 https://t.co/552sqSAenJ
CiNii 論文 -  『イタリアにおける生涯学習支援者像の形成 -統合的生涯学習システムにおける学習支援者の役割・機能-』だよ!: https://t.co/BHjtcxq8gt
RT @kirinosakujin: 平川新さんは出羽国(現・山形県高畠町)の道場主、武田軍太の自伝をもとに「出羽国の庶民剣士―武田軍太「武元流剣術実録」の世界―」を発表した。まさに出羽の近藤勇という感じです。PDFで読めます。 https://t.co/fWOIK9lXqn
RT @kirinosakujin: 平川新さんは出羽国(現・山形県高畠町)の道場主、武田軍太の自伝をもとに「出羽国の庶民剣士―武田軍太「武元流剣術実録」の世界―」を発表した。まさに出羽の近藤勇という感じです。PDFで読めます。 https://t.co/fWOIK9lXqn
J-STAGE Articles - 私の論文が採録されないのはどう考えても編集委員会が悪い! https://t.co/aXGHJy1kPa
RT @ceekz: 「私の論文が採録されないのはどう考えても編集委員会が悪い!」 力強いお言葉。1日3回唱えるわ。 https://t.co/552sqSAenJ
RT @dellganov: 松井勇起「図書館員の待遇の考察 ― 機能としての「低賃金カルテル」 ―」 図書館員の仕事は誰でもできるから低賃金と見なされているが、実際は低賃金構造を固定化する賤業バイアス(低賃金な仕事は誰でもできるだろう)などによる低賃金カルテルが原因とする論…
RT @ceekz: 「私の論文が採録されないのはどう考えても編集委員会が悪い!」 力強いお言葉。1日3回唱えるわ。 https://t.co/552sqSAenJ
RT @lalalamiyo: 中島美幸「日本女性詩史序説 ー文学・戦争・ジェンダー」 博論の公開。後日ちゃんと読みたい。 https://t.co/g8Uh4r03Jf
RT @aof1080: 『海底旅行六万里』(大正2年) という本を見つけたのだけど、ジュール・ヴェルヌの作品とは違うようなので創作だろうか。押川春浪が序文を書いている。海草とタツノオトシゴという、よい表紙。カラーで見てみたい。 https://t.co/UUxw5oWPcP…
RT @ceekz: 「私の論文が採録されないのはどう考えても編集委員会が悪い!」 力強いお言葉。1日3回唱えるわ。 https://t.co/552sqSAenJ
RT @ceekz: 「私の論文が採録されないのはどう考えても編集委員会が悪い!」 力強いお言葉。1日3回唱えるわ。 https://t.co/552sqSAenJ
RT @losnuevetoros: わあ出てる。 https://t.co/ieBSUqozfE 「和文論文誌をいつまで続けるべきか」 (副音声:今すぐ止めても良いのでは?) これは誰かに説得されるのであればそれはそれでよいと思っている意見なので、誰か僕に人工知能分野の…
RT @NKGgakkaishi: 【全文公開】川上尚恵(2010)「北京近代科学図書館編纂日本語教科書分析からみた占領初期の中国華北地方における日本語教育の一側面―『初級日文模範教科書』から『日本語入門篇』へ―」『日本語教育』146号https://t.co/sukrbAqu…
"「何の役に立つのかわからないからReject」,「新規性が見当たらないから Reject」などという安易な判断を行わず,「今は何の役に立つんだかよくわからないけれど,何かあったときには役立つ研究」も評価できるようになることを編集委員としての今年の抱負としたい." https://t.co/0ad730Hxc3
RT @ceekz: 「私の論文が採録されないのはどう考えても編集委員会が悪い!」 力強いお言葉。1日3回唱えるわ。 https://t.co/552sqSAenJ
RT @musorami: 栗山和広(2009)小学校2年生の算数文章題における意味構造の影響. 愛知教育大学研究報告(58),pp.67-72. https://t.co/YN8hrDaI6k
RT @washou3956: メモ。『知恩院史研究の新視点:知恩院史料編纂所報告書1』(2021年3月)。福原隆善「法然上人とその教団」、中井真孝「大谷廟堂・源智の再興・「知恩院」の成立」、同「知恩院の漸興」、同「永享の罹災・足利将軍の再興・白旗派の流入」。https://t…
RT @_dh_rg_c: 『衆議院先例彙纂 大正13年』、707、708頁(400、401コマ目) https://t.co/weSlco7z5w
RT @ceekz: 「私の論文が採録されないのはどう考えても編集委員会が悪い!」 力強いお言葉。1日3回唱えるわ。 https://t.co/552sqSAenJ
RT @ceekz: 「私の論文が採録されないのはどう考えても編集委員会が悪い!」 力強いお言葉。1日3回唱えるわ。 https://t.co/552sqSAenJ
RT @kamonomiya_o_gu: 方言調査のデータを機械解析した結果らしい 第1軸は東西要素の濃淡 第2軸は上方要素の濃淡(周圏論的なやつ) サンプル数はかなり少ないらしいから話半分 ここにはないけど琉球方言も分類されてる https://t.co/xcFh1VENMu…
RT @ceekz: 「私の論文が採録されないのはどう考えても編集委員会が悪い!」 力強いお言葉。1日3回唱えるわ。 https://t.co/552sqSAenJ
RT @amzkhb: 薩州産物会所交易構想と近江商人商法の 関係について(3)― 石河確太郎と近江商人 ― 長谷川洋史 https://t.co/HbASrKk3X0
RT @ChannelYurufuwa: 誤解釈や誤植が専門用語になる現象、面白いですよね。 「タコノマクラ」という変わった名前のウニがいます。確かに枕っぽいので納得な気がします。しかし古い文献を紐解くと、じつはヒトデを指す用法の方が多く、ウニを指す名前であった可能性は低いと…
RT @kunatabure: 藤原定家の歯病に関する考察(日本歯科医史学会第22回(平成6年度)) 「60歳台以後、慢性辺縁性歯周炎に罹患」「歯肉あるいは顔面に蛭を吸着させて瀉血し、歯肉に膿腫を形成した場合は鍼により排膿」「蛭による瀉血は屡々行われたようで、定家自身・・・『…
代数的場の量子論の哲学のモチベーションをこれで勉強します 代数的場の量子論における因果と介入 https://t.co/hCgNPmRlY4
RT @ceekz: 「私の論文が採録されないのはどう考えても編集委員会が悪い!」 力強いお言葉。1日3回唱えるわ。 https://t.co/552sqSAenJ
RT @ceekz: 「私の論文が採録されないのはどう考えても編集委員会が悪い!」 力強いお言葉。1日3回唱えるわ。 https://t.co/552sqSAenJ
RT @yukari_yunozuki: 読んでみたい論文 CiNii 論文 -  落語「軒付け」における話芸語り口の音響分析 https://t.co/s4Fd4XTJRT
RT @yukari_yunozuki: 読んでみたい論文 CiNii 論文 -  落語「軒付け」における話芸語り口の音響分析 https://t.co/s4Fd4XTJRT
RT @y_tambe: 紀要ですが、論文ありました。 マイタケで茶碗蒸しはなぜ固まらないのか ~他の食用きのこ類プロテアーゼとの比較~ 山梨学院短期大学研究紀要 30, 7-14, 2010 https://t.co/aNwv0W01Pz https://t.co/ygU…
金 博男(2019)清末における「日曜日」の受容 https://t.co/HScNX7PlKh
RT @Naga_Kyoto: 通勤行動は男女差が大きく、その差は社会的経済地位とも深く関わっている 川瀬 正樹「日本の人文地理学におけるジェンダー研究の展望 : 女性就業と通勤行動に関する研究を中心に」 https://t.co/JlCI4pebPL https://t.c…
CiNii 博士論文 - シンガポール華人社会におけるナショナリズムの形成過程1896-1909年 (本文) https://t.co/iqs0m97ZRv #CiNii
"英語圏の中心でパトワを叫ぶ :リントン・クウェシ・ジョンソンのダブ・ポエトリーをめぐって;稲垣, 健 志;2017 https://t.co/NpT4N7Sedv