とある大学職員 (@daigaku23)

投稿一覧(最新100件)

大学におけるプレゼンテーション教育手法の総合的検討 - https://t.co/jIqHGEmpsc #ScholarAlerts
北海道科学大学の質保証の源流 - https://t.co/mjj2RgaKYN #ScholarAlerts
初年次ゼミにおけるクラス風土, SA, 授業デザインの相互関係: 交差遅れモデルによる検討 - #初年次教育 #SA https://t.co/iK1FXOl7W5 #ScholarAlerts
J-STAGE Articles - 日本の大学におけるスポーツマネジメント教育の現状と課題 https://t.co/x7yZwSfNaY
Twitter からの言及数が多い論文は言及されたことのない論文と比べてタイトルが 「面白い」 - https://t.co/QJdsWsZ8jt #ScholarAlerts
高等教育開発におけるミドル・アップダウン・アプローチの実証的研究 (1): 京都橘大学学術情報リポジトリ: https://t.co/1RFHPQIcFC
保育者を目指す学生のための教育マネジメント論 - https://t.co/yT6fHg53F3 #ScholarAlerts
大学進学時の進路選択における親の関与と進学後の自立および適応との関連 - https://t.co/kJaVBIbmXl #ScholarAlerts
オンライン英会話と e ポートフォリオを活用した大学英語授業の試み - https://t.co/wJouFL9JGa #ScholarAlerts
社会意味ネットワーク分析とテキストマイニングの混合法による知識創造型学習の評価の提案 - https://t.co/6mTuLYTpXg #ScholarAlerts
教育支援システムの利用履歴に対する異常検知によるドロップアウトの早期予測の実現性について - https://t.co/aS5uCPBeob #ScholarAlerts
大学図書館における学生協働とは何か - https://t.co/4ScyEPjrmn #ScholarAlerts
大学のデザイン教育における DP・CP の調査 - https://t.co/t1Gqzsfkzu #ScholarAlerts
CiNii 論文 -  大学進学動機と学部の独自性との関連 : 文医融合学部に所属する大学生に着目して https://t.co/VqMVLM3Roa #CiNii
CiNii 論文 -  新設学部における初年次教育の試み : 学生の成長実感の質的分析 https://t.co/BFQrRXkhP2 #CiNii
CiNii 論文 -  教員の負担を減らしながら学生の自立的な研究力を高める教育手法の開発――大学教養科目における科学史PBLの実践報告 https://t.co/39iq5nokIh #CiNii
大学の実験研究施設におけるエネルギー消費実態調査と省エネルギー・ソリューションの実践 - https://t.co/PUKZk3Wor1 #ScholarAlerts
私立総合大学の経営と医学部付属病院 (手術室) の収益性について - https://t.co/8Rl904rQ2c #ScholarAlerts
米国研究大学における大学院生対象のティーチング・ポートフォリオ/ステートメント作成支援に関する研究─ 日本への示唆─ - https://t.co/AjyLQjBm9b #ScholarAlerts
授業評価アンケートからみた駿大社会人基礎力の傾向: 教授・学習の質向上と学習成果の可視化へ向けて - https://t.co/wdoE811miF #ScholarAlerts
汎用的能力の養成を目指したプログラムの開発に関する一考察 - https://t.co/ctS6aMTcr2 #ScholarAlerts
医療系総合大学教員におけるアカデミック・ハラスメント尺度の開発 - https://t.co/W5YNB8P5Ec #ScholarAlerts
アウトカム基盤型教育に基づいたカリキュラム構築(医学教育関連) - https://t.co/nlFojC7RiE #ScholarAlerts
山形大学における基盤力テスト - https://t.co/O2bn5CwNnE #ScholarAlerts
答申のテキストマイニングの分析 最近の高等教育政策における重点項目と方向性 - https://t.co/jWEDyWrcXE #ScholarAlerts
グローバル人材の育成と英語教育 - https://t.co/jFhcm5fuEW #ScholarAlerts
大学生の正課外活動が及ぼす心理的効果 - https://t.co/5rU5MRYxSw #ScholarAlerts
大学初年次教育を通じた汎用的技能の発達と個人差 - https://t.co/yad5uIFDsq #ScholarAlerts
我が国の看護学領域におけるクリッカーに関する文献検討 / 1件のコメント https://t.co/DdD81tpXv6 “https://t.co/xPoO4f7HmS” (1 user) https://t.co/LmQWppcEs7
我が国の看護学領域におけるクリッカーに関する文献検討 / 1件のコメント https://t.co/DdD81tpXv6 “https://t.co/xPoO4f7HmS” (1 user) https://t.co/LmQWppcEs7
看護学生の自己教育力の向上を目指した取り組み: リフレクションの成果と課題 - https://t.co/t3tvJQ4Kwj #ScholarAlerts
大学日本語教育への CEFR 導入に関する一考察: 短期留学生受け入れの視点から - https://t.co/6MlPzczZ0F #ScholarAlerts
ラーニングピラミッドについて、久々に愉快な記事を見たので、こういう論文を思い出してがら貼っておきます。 https://t.co/rg7VhqxYAX
大学サークル集団における心理的成果 - https://t.co/5nU4OIUAHW #ScholarAlerts
自由論題 日本の大学の新しい評価基準への模索と THE ランキングについて - https://t.co/lW5hdSMiO5 #ScholarAlerts
自由論題 日本の大学の新しい評価基準への模索と THE ランキングについて - https://t.co/yLSC8UUz54 #ScholarAlerts
教養科目としての大学体育による Self-authorship 育成に向けての理論的検討 - https://t.co/vry9ZnVc5c #ScholarAlerts
わが国大学運動部における組織マネジメントの研究: クリス・アージリスの所説を手掛かりとして - https://t.co/OhjdHbkkO5 #ScholarAlerts
友人との共有様式が大学 1 年生の友人関係の進展に及ぼす影響 - https://t.co/F0mP8vE0Ca #ScholarAlerts
PPP/PFI のプログラム評価とエビデンス活用に関する現状と課題 - https://t.co/TQVaZfI9yO #ScholarAlerts
研究データ管理を担う人材育成のための教材開発 - https://t.co/HWSDhOtrn5 #ScholarAlerts
企業内つぶやきシステムの効用のモデル化 - https://t.co/ZJVB9MTSsg #ScholarAlerts
大学施設における削減可能なエネルギー消費量の推計と双方向ユーザーインターフェースを有する 「見える化システム」 の開発 - https://t.co/206zDfPVAa #ScholarAlerts
J-STAGE Articles - 「職場の『働きやすさ』評価尺度-病院スタッフ看護師用-」の開発 https://t.co/znTt36IYrv
「学生による授業評価」 結果の授業属性ごとの統計的分析による考察 - https://t.co/5hKGBHB800 #ScholarAlerts
電子ジャーナルを巡る攻防の世界動向と日本の大学の課題 - https://t.co/33jh1uvKo1 #ScholarAlerts
大学生がインターンシップ経験とアルバイト経験から得た学びについての一考察 - https://t.co/t0VyKV2c1z #ScholarAlerts
初年次キャリア教育科目の受講が新入生の大学生活への適応感に及ぼす効果 - https://t.co/q1jgc3KXhw #ScholarAlerts
J-STAGE Articles - 《討議》図書館における指定管理者制度の現状と今後 https://t.co/fpp0jRaCPC
大学と地域住民が連携協働する 「認知症カフェ」 の開催が利用者にもたらす成果: グループインタビューによる質的分析 - https://t.co/cMyADVWIX2 #ScholarAlerts
学修到達度と自己評価の相互浸透に関する一考~ コンピテンシーに基づく学修成果の統計分析~ - https://t.co/4ZtR7OAAJq #ScholarAlerts
GoogleScoLarAlertより 女子大学における PBL による産学連携 - https://t.co/aniFdw49Xo #ScholarAlerts
J-STAGE Articles - 中小企業のプロジェクトマネジメントに対する課題解決のためのリスク分析 https://t.co/T0HGUIxlH2
J-STAGE Articles - 子どもにおける科学概念構築を促す対話的な理科授業のデザインとその評価 https://t.co/0PAEZmaBZA
「教育の質の向上」 の視点からの体育系大学における英語教育の新しい試み (第一報) - https://t.co/r9eMJsNy3Q #ScholarAlerts
教員養成に関する最近の動向及び今後の初等教育課程のあり方 - https://t.co/UiI9OgIVyJ #ScholarAlerts
アクティブ・ラーニングを意図した ICT 活用研究~ Google Classroom の導入~ - https://t.co/DbeSTOuwdX #ScholarAlerts
学生相談における危機介入策分類モデルの構築 - https://t.co/KpD4KGzrTP #ScholarAlerts
学習状況調査アンケートの動向: 米国と韓国の現在 - https://t.co/y06F6rAhbm #ScholarAlerts
IR データによる学生層と大学層の形成と評価のシミュレーション - https://t.co/OgjtbdTZU5 #ScholarAlerts
高等教育のユニバーサル化とアメリカの授業料無償化政策 - https://t.co/Ui15Ijnj0e #ScholarAlerts
大学職員の職能開発において自発的な学びはどのように扱われているのであろうか - https://t.co/cb3mGXDkk1 #ScholarAlerts
本学看護学生の学士課程教育におけるコアコンピテンシーの到達度に関する調査 - https://t.co/gQaL3I2E5H #ScholarAlerts
ラーニングコモンズにおける学生スタッフの社会人基礎力と学びの志向性-課外活動経験が及ぼす影響の検討 - https://t.co/JRBer1AZxl #ScholarAlerts
域学連携型授業を通して観られる学習成果の検証について - https://t.co/FVfv9GWnnP #ScholarAlerts
大学教育における 「コンピテンシー」 に基づく履修指導 (支援) 方法の構築・実践と課題: アクション・リサーチによる実践的教育研究 - https://t.co/L6I0bmtC6R #ScholarAlerts
学修成果と 「学修行動・生活調査」 回答結果との関係性に関する一考察 - https://t.co/w2C0RkYYV8 #ScholarAlerts
SSH における自然科学系教員の配置状況と役割の横断的調査 NowBrowsing: _pdf: https://t.co/2WQ0bICGDD
NowBrowsing: 大学・大学院における環境アセスメント教育: https://t.co/vMw3wGrAgI
“三つのポリシーとJABEE基準に基づく質保証枠組と学修成果の客観的評価法” / 1件のコメント https://t.co/SU3zx7DVAL “三つのポリシーとJABEE基準に基づく質保証枠組と学修成果の客観的評価法” (1… https://t.co/UGs36LooIy
“三つのポリシーとJABEE基準に基づく質保証枠組と学修成果の客観的評価法” / 1件のコメント https://t.co/SU3zx7DVAL “三つのポリシーとJABEE基準に基づく質保証枠組と学修成果の客観的評価法” (1… https://t.co/UGs36LooIy
日本の学士課程における英語による学位プログラムの発展と可能性 / 1件のコメント https://t.co/3BOULkPZeN “https://t.co/HaAi58RWFm” (1 user) https://t.co/ojreL1Gkax
日本の学士課程における英語による学位プログラムの発展と可能性 / 1件のコメント https://t.co/3BOULkPZeN “https://t.co/HaAi58RWFm” (1 user) https://t.co/ojreL1Gkax
企業が心理学に期待するもの / 1件のコメント https://t.co/Npi299cqJV “https://t.co/f4kJgnBrGX” (1 user) https://t.co/7G0Aa8xDQk
企業が心理学に期待するもの / 1件のコメント https://t.co/Npi299cqJV “https://t.co/f4kJgnBrGX” (1 user) https://t.co/7G0Aa8xDQk
“人口定着に関する大学の貢献の傾向分析―進学・就職・定員・充足の地方別分析から―” / “人口定着に関する大学の貢献の傾向分析―進学・就職・定員・充足の地方別分析から―” https://t.co/fmHy1LtF32
“社会で活躍する土木技術者の育成のための大学・大学院教育の課題整理と展望” / “社会で活躍する土木技術者の育成のための大学・大学院教育の課題整理と展望” https://t.co/P25cl2r9m8
“これからの「体育科教育学」教育:教職課程の見直し(教職課程の再課程認定)を踏まえて” https://t.co/C68dhfC57V
https://t.co/o0PMVvJGVW / “高等教育機関に関する公表情報について Information provision of higher education institutions 井田 正明 Masaaki…” https://t.co/qo9oSPz9Di
大学教育の目標とその達成(1):体験論と学問的 論拠 / “?action=repository_action_common_download&item_id=2849&item_no=1&attribute_id=18&fil…” https://t.co/W3belnepFd
大学教育の目標とその達成(2):教育方法と制度 のあり方 / “0 論文(2)Ver. 4 12-7” https://t.co/gKUm48sKn6
大学改革と「教養的なもの」 Reform of University and those Things which are Cultural / “?action=repository_action_common_downloa…” https://t.co/o7JNCGo06s
学校教育を変革する高大接続の展望と課題 ──アクティブラーニングの導入に着目して── / “?action=repository_action_common_download&item_id=301&item_no=1&attr…” https://t.co/GqZbkB0iAy
大学図書館における外部研究費活用試論 / “_pdf” https://t.co/5ueXUR6MpK
e ピア評価システムを用いた「適正な評価」の実践† / “_pdf” https://t.co/CH7Rdivi6f
入学試験区分の違いが初年次基盤教育への取り組みに与える影響 / “日本教育工学会 論文誌 Vol.42 Suppl.” https://t.co/zQ4DPWMwSQ
わが国におけるラーニングコモンズの評価動向に関する考察 / “日本教育工学会 論文誌 Vol.42 Suppl.” https://t.co/UP7LwB6AMj
リベラルアーツとしての工学を考える WG 報告 / “_pdf” https://t.co/CwQAq9g41a
大学生における「いじり」の対象者と傍観者の 認識の違いと対処法の違いについての研究 / “index.php?action=repository_action_common_download&item_id=104&item_…” https://t.co/vgKfw1uTjy
大学教員の属性による学生の問題への 関わり方の違いの分析 1 / “_pdf” https://t.co/3NU4idQVG8
“薬学部での教学IRの試み2 ―名城大学薬学部での取り組み―” / “薬学部での教学IRの試み2” https://t.co/5dlHgUTAXN
“分野横断的能力育成のためのアセスメント指標開発” / “3F08 分野横断的能力育成のためのアセスメント指標開発” https://t.co/3EWhDOSFp7
“教育の質保証枠組に基づく学修成果の社会への提示法” / “3F13 教育の質保証枠組に基づく学修成果の社会への提示法” https://t.co/L3u26SpNso
中国における大規模語学教育プラットフォーム 「沪江」の教授機能の分析† / “advpub_S42093” https://t.co/hsCeWGEayA
日本品質管理学会の新たな価値創生への取り組み / “_pdf” https://t.co/urSkW0WS65
Configurable Reports プラグインを用いた Moodle の学習分析および教学 IR への活用展望† / “_pdf” https://t.co/PLVnngEr04
インターンシップに向けたキャリア教育科目の取り組みについての一考察 - https://t.co/zpZsmWUIIu #ScholarAlerts
M 大学生の看護臨地実習における認識の特徴―日本語版実践力上昇尺度を用いた他大学生との比較― - https://t.co/PwYX31vz55 #ScholarAlerts
体育大学新入学生の睡眠の質に関連する要因 / “_pdf” https://t.co/TrUzy8MB9I

お気に入り一覧(最新100件)

https://t.co/tiK9dExiBR 「大学評価への計量書誌指標の導入のもたらす社会科学研究への逆機能性に関する研究」
"共通教育マネジメントにおける実施運営体制・組織文化の役割" / “WEKO - 東北大学機関リポジトリTOUR” https://t.co/PqqbJ5OFZz #高等教育研究 #教養教育
「政策の窓」モデルを用いた大学入試政策の分析 可能性 https://t.co/hzzj4ofeW8
私の博士論文がリポジトリにて公表されました。英語では読みにくかった方、こちらを参考にしてみて下さい。ページは少ないですが、私の3年間の博士課程の血と涙と汗の結晶です。 https://t.co/bgUirkyaB7
“KAKEN — 研究課題をさがす | 同僚制原理に基づく大学教育の質保証とアカデミック・リーダー育成に関する比較研究 (KAKENHI-PROJECT-19K02856)” https://t.co/Sffqq20o74 #KAKEN #高等教育研究 #質保証 #SD
田中信一郎さんの博士論文"国会における質問制度の意義 : 質問主意書と口頭質問に対する制度・運用・政策過程からの検証" https://t.co/FgAwAPpvPr
LMOOCs(語学ムーク)の利活用に関する予備研究 -日本の大学生のOERs, MOOCs, およびLMOOCs 認識について- https://t.co/MNfxddTrOP
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/f2ROjLrnkm
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/f2ROjLrnkm
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/f2ROjLrnkm
教育史学会の学会誌に昨年秋に掲載された論文がJ-STAGEで公開されました。ご興味ある方はご覧ください。 https://t.co/qHbIaHVjRG
CiNii 論文 -  工業教育における「ものづくり」の受容過程 https://t.co/pmkMCae4i9 #CiNii 片山先生の論文。バーンスティンで「ものづくり」言説を解読していてめちゃくちゃおもしろい。「修養」や「人間形成」が重視されるようになる経緯。
鳥居朋子「大学の教育改善に向けたプログラム・レビュー アメリカの経験に基づいて」高等教育研究17巻(2014) / “大学の教育改善に向けたプログラム・レビュー” https://t.co/mvNuIBLkPk #高等教育研究 #内部質保証
中島英博「大学における職員の管理運営能力獲得プロセスと業務を通じた育成」高等教育研究14巻(2011) / “大学における職員の管理運営能力獲得プロセスと業務を通じた育成” https://t.co/e4Gs7B2hOX #大学職員 #高等教育研究 #SD
CiNii 論文 -  総合検査SPIの開発経緯 : 1960年代から1990年代までを対象として https://t.co/iSr9BpPH1z #CiNii
木村正則(2017).私立大学における「建学の精神」の役割 教養・外国語教育センター紀要.外国語編 8(1),71-82.[PDF]https://t.co/GB9JnBgVrS
“縦断データを用いた文化資本相続過程の実証的検討” https://t.co/G8Vd2K8Z3I #教育社会学 #教育経済学 #社会階層 #文化資本
“ガバナンス改革と教育の質保証に関する理論的実証的研究 ” / “KAKEN — 研究課題をさがす | ガバナンス改革と教育の質保証に関する理論的実証的研究 (KAKENHI-PROJECT-26245075)”… https://t.co/3KyIHeZD4o
“大学におけるインスティチューショナル・リサーチ (IR) に関する論点の整理” https://t.co/tFZDz9cjRX #IR #高等教育研究
“CiNii 論文 -  〈FD講演会〉大綱化以降の中教審答申と大学改革の軌跡:個人的メモワール” https://t.co/BxJoFOoArS #高等教育政策 #大学改革
“CiNii 論文 -  米国における大学教育の質保証と教育改革の動向 : 米国訪問調査の報告” https://t.co/D9HDTlV6H5 #高等教育研究 #質保証
大山牧子・松田岳士(2018).アクティブラーニングにおけるICT活用の動向と展望,日本教育工学会論文誌,42(3),211-220.[PDF]https://t.co/DmZ6znofsN(Google Scholar「プログラミング教育」で知る)
木村優里 によるアマチュア科学者に関する論文。とてもおもしろい! 実用志向、訓練志向、実用志向という学習動機面を考慮の外に置くから、大学職員の学びの議論でかみ合わないのではないか、という仮説を思いついた。… https://t.co/LCSkVc9U05
木村優里 によるアマチュア科学者に関する論文。とてもおもしろい! 実用志向、訓練志向、実用志向という学習動機面を考慮の外に置くから、大学職員の学びの議論でかみ合わないのではないか、という仮説を思いついた。… https://t.co/LCSkVc9U05
木村優里 によるアマチュア科学者に関する論文。とてもおもしろい! 実用志向、訓練志向、実用志向という学習動機面を考慮の外に置くから、大学職員の学びの議論でかみ合わないのではないか、という仮説を思いついた。… https://t.co/LCSkVc9U05
日本教育工学会論文誌・アクティブラーニング特集号に総説論文を執筆しました。前半部分でアクティブラーニングの歴史・方法と日本での受容をまとめていますので、ご関心があればご覧ください。 https://t.co/DeZj9etVHX
【定期】古市さんがボロカス叩かれるのは仕方ないのかなとも思うけど、この論文は面白い。切り口が → https://t.co/WQvQxAoDBj
"私立大学が付属校を設置する経緯とそのタイプ -戦後から1960 年代の動向に着目して-" / “早稲田大学リポジトリ” https://t.co/XEYyVTO0zH #高等教育研究 #私立大学
“JAIRO | 大学進学における文系理系の決定要因に関する分析” https://t.co/y5SCJoJiSf #高等教育論
というわけで、「べき論」が歴史的にどう「であった」のかをテーマ(の一つ)としている以下の科研には期待しています。JUAM総会では出席者少なくて、あまり知られていなそうなのが残念ですが。 https://t.co/I32OUitOlq
メモ:大学の公開する情報における定義に関する研究-大学IRに活かす情報公開- https://t.co/1Jw58mTHi6
“階層分析法を用いた大学改革の現状 An Analysis of University Reform Using Analytic Hierarchy Process” / “CiNii 論文…” https://t.co/X8iQgauhnO #高等教育研究 #論文 #大学改革
私が今回採択された科研は、深い学びを深層学習で支援できないか、という”ディープラーニング”を2回使ったテーマです。できるかどうか、がんばらないと、ですが。 /基盤研究(B)「深い学びを支援するための機械学習に基づく授業状況・学習状… https://t.co/N7Z39QiUmJ
吉本圭一(2007).卒業生を通した「教育の成果」の点検・評価方法の研究 大学評価・学位研究,5,75-107.[PDF]https://t.co/Pm5RHjyTvU(Google「卒業生調査 卒後」で知る)
岡田倫明・上岡惇一・戸田富士夫・松原真理(2018).教育学部学生を対象としたプログラミングの授業実践 宇都宮大学教育学部教育実践紀要,5,479-482.[PDF]https://t.co/Qp7oaTk6yJ(Google Scholar「プログラミング教育」で知る)
“KAKEN — 研究課題をさがす | カナダの大学院における教育専門職向け学位プログラムの教育効果に関する調査研究 (KAKENHI-PROJECT-18K02283)” https://t.co/oEecXykJ6Y #KAKEN #学位プログラム
“KAKEN — 研究課題をさがす | 参照基準の利用状況を通した大学教育のカリキュラム改善に関する組織文脈的要因の考察 (KAKENHI-PROJECT-17H02…” https://t.co/JlVYJ5ILdF #KAKEN #学位プログラム #教学マネジメント #質保証
大学改革と研究費の改革の歴史をたどりその課題を指摘。グローバル化により企業が日本の大学を特別扱いする必要がなくなった。間接経費問題も重要。 小林信一, 大学改革と研究費:運営費交付金と競争的研究費の一体的改革をめぐって, レファ… https://t.co/8v6J7gSQzh
姉川恭子(2017).ベンチマークを通じて明らかにする早稲田大学の学生調査の課題 早稲田教育評論,31(1),73-83.[PDF]https://t.co/5hbJGaS19I(早稲田大学で実施されている学生関連の各種調査を整理… https://t.co/d4Jzpc7NBX
“CiNii 論文 -  学校法人における継続法人の前提に関する開示実態” https://t.co/d4endJKTaU #学校法人 #論文
“教職員協働による教学に関するIR(Institutional Research)勉強会 : HUSCAP” https://t.co/bdkHOh5rHX #IR #教職協働
入学前・直後に入手できる情報を用いた中退要因分析。IR実務としては説明変数の項目リストが応用に有用。古曵牧人・川邉讓・岩熊史朗・高岸百合子(2017)心理学部における中途退学の要因の検討 駿河台大学論叢,54,73-83.[PDF… https://t.co/9VXZeVfd2F
有本章(2004).FDの制度化の開始と展開 COE研究シリーズ,9,1-14.[PDF]https://t.co/zV5WVyTwD1
紫の人だと思ったらやっぱり紫の人だった / “CiNii 論文 -  日本の大学職員はどのような業務にどのくらい従事しているのか?―「全国大学事務職員調査」の二次分析から―” https://t.co/yhIeOtbu1z #大学職員 #研究 #論文
"スタディ・アブロード・プログラムの運営に関する総合的研究 : アメリカのリベラル・アーツ・カレッジを中心に" / “早稲田大学リポジトリ” https://t.co/4sbtTefM9j #大学職員 #博士論文
"英国では大学の基礎的な情報がHESA(英国高等教育統計局)を通じて学外に提供されており、1つの定義に則った情報が活用されるため、標準的・統一的な大学情報を利用することができる" / “KAKE…” https://t.co/uXDzrNfmJB #IR #大学職員 #KAKEN
統計教育方法論専門誌『Teaching Statistics』から(1)大学における統計基礎科目の教育方法に関する新ガイドラインの実践 https://t.co/aPISBY5yNg
データサイエンス・オンライン講座の実績 (特集 社会人の統計教育 : 現状と課題) https://t.co/WOXizIwkmU
“IR データチェックアプリの開発によるIR 担当者の支援 : HUSCAP” https://t.co/3im7i9mycs #高等教育 #IR #大学職員
こんな論文どうですか? なぜ,大学に進学しないのか : 顕在的需要と潜在的需要の決定要因(矢野 眞和ほか),2006 https://t.co/IrMF6liurv
小方直幸2016「教育社会学研究における能力の飼いならし」を読む。教育社会学の個性的なレビュー論文。大学のIR業務の思想に関係するのは「政治算術」の概念。「薄っぺらい汎用的能力」「解釈は自由、解決は不自由」の言説も印象深い。 https://t.co/wh5BCG9xHa
"PMBOK型とは対称的な「弱い計画性」「無期限性」「目的の創発性」「通常業務との融合」などの特性が観察" / “KAKEN — 研究課題をさがす | 大学職員主導によるプロジェクトのマネジメントとその…” https://t.co/WAoHN1yQfW #KAKEN #大学職員
「自己啓発(Self Develpment)」は一般的な語だけど、大学職員の文脈ではどこまでまで遡れるのかな。2005年の「大学職員の自己啓発(Self-Development of University Staff)」が一番古そう。https://t.co/7aCBj4HvLP
とりあえずここに書いてあることくらいは知っておいてからという感じで、個々は一つ。 「「インパクト」を評価する―科学技術政策・研究評価―」 https://t.co/8q8eun7pV4
] / “多次元的な大学評価の方法に関する探索的な検討” https://t.co/wR1kdolUPP #大学ランキング #大学評価
「アクティブ・ラーニング型授業方法とカリキュラムマネージメントに関する実践的研究」<https://t.co/Bw3WVZcF5g>
「アクティブ・ラーニングの質を高めるアーギュメント構成能力育成教師教育方略の開発」<https://t.co/LHJOrxn1FY>
「高等学校におけるシステム思考力の育成と形成的アセスメントの可視化」<https://t.co/Ap07zK73HB>
大学関係ではないものの、ちょっと気になったもの。 「新人看護師の組織社会化におけるプロアクティブ行動が職場適応に及ぼす影響」<https://t.co/37tvsQl5pu>
奨励研究以外で大学関係のテーマで目についたもの。 「アウトカム評価を軸とするASEANの高等教育質保証と日中韓への影響の実証研究」 <https://t.co/p3NOFoeTbr>
「IR組織における大学への貢献度の規定要因に関する調査研究」<https://t.co/Y7di4Ixv3V>
“一連の大学改革と教授の多様性拡大に関する一考察~研究者の属性と昇進に関するイベントヒストリー分析~” / “3163” https://t.co/IJ44umYPED #研究者 #人事 #大学改革
グラウンデッド・セオリー・アプローチ概論 https://t.co/KjEeXlV2qH
大学における教育改善等のためのセンター組織の役割と機能に関する調査研究 https://t.co/cKkFYShr0f
“<b>大学組織のグループ・ダイナミックス </b>” https://t.co/MBlQ00rydQ #大学経営 #組織開発 #組織行動論
“カリキュラム・ポリシーの成功度を評価する指標の開発 : 教職協働とInstitutional Researchの発展” / “松本大学機関リポジトリ” https://t.co/hUAmwKRz1r #教学マネジメント #IR
大学における教育方法の改善・開発 https://t.co/qzmWTU0cdN 大学教育・FDに関する研究における教育工学の役割 https://t.co/FeowKqbzD6
大学における教育方法の改善・開発 https://t.co/qzmWTU0cdN 大学教育・FDに関する研究における教育工学の役割 https://t.co/FeowKqbzD6
劉文君(2016)「日本におけるIRの機能」『大学研究』,42,65-76.①日米のIR組織・役割の先行研究の整理。②東大IR調査データを二次分析。③考察:日本ではIR的な組織・活動は従来から存在、蓄積された経験を活かすことが重要。https://t.co/LnbtLVlbCD
“KAKEN — 内部質保証の体系化に向けたIRに資するナレッジ・シェアリングに関する研究” https://t.co/0Sci8LAD03 #KAKEN #高等教育 #IR #内部質保証 #教育社会学
サイレントマジョリティの声がSNSを介して蓄積される。もう十分に第2、第3のノイジー・マイノリティと同様になったようでとても興味深い。 企業を取り巻く声活用の新たな展開 : 集まる声から,集める声,仕掛ける声へhttps://t.co/YclF9YAddt
スペシャリストとジェネラリスト関係論文を2報。大学内専門職を検討するとき、1つ目は類型化・制度化を、2つ目は両者の協働性を考えるときにヒントになる。この領域は研究の蓄積がかなり少ない。 https://t.co/rZ5CBZZ07e https://t.co/9zQ0KqH4hc
スペシャリストとジェネラリスト関係論文を2報。大学内専門職を検討するとき、1つ目は類型化・制度化を、2つ目は両者の協働性を考えるときにヒントになる。この領域は研究の蓄積がかなり少ない。 https://t.co/rZ5CBZZ07e https://t.co/9zQ0KqH4hc
“KAKEN — 大学情報公開をIRに活かす -効果的な情報公開を通した職員組織の改善-” https://t.co/VsRQ0U5bQM #大学職員 #IR #KAKEN
奨励研究についてメモ的に。 伊藤伸一氏「奨励研究のすすめ : 教育的・社会的貢献と自己研鑽」 https://t.co/MZN124kOCV
近藤伸彦・畠中利治「学士課程における大規模データに基づく学修状態のモデル化」『教育システム情報学会論文誌』Vol. 33, No. 2, pp. 94-103. https://t.co/YtB4CMvhOL
大学職員論の中で感情労働が取り上げられることは少ない。ガバナンス論と併せて検討する必要があるはず。それとも頭脳・肉体労働だけで大学を運営できるのか…。  2008,感情労働が職務満足感・バーンアウトに及ぼす影響についての研究動向 https://t.co/j10DGmn2yA
“KAKEN — IRが支援する大学マネジメント・モデル・EMの現状と社会的課題” https://t.co/pyrURCYAfY #KAKEN #IR
“KAKEN — 学生のアカデミックな意志決定を支援する教学IR情報提示システムの開発と評価” https://t.co/JSRzw0RMNu #KAKEN #IR
“KAKEN — 日本の大学IRにおいて重要な役割を有する「教学データ」の分析手法モデルの構築” https://t.co/Gccmth99tU #KAKEN #IR
先日より大学職員の専門性を考えていくと、大学の官僚制を促進することになる。という仮説を持ちいくつか論文を読んだ。今のところ以下の2本からは、官僚制と専門職の親和性が高いと読めた。 https://t.co/rRpHiLh2Po https://t.co/Gq4EOWJNFx
先日より大学職員の専門性を考えていくと、大学の官僚制を促進することになる。という仮説を持ちいくつか論文を読んだ。今のところ以下の2本からは、官僚制と専門職の親和性が高いと読めた。 https://t.co/rRpHiLh2Po https://t.co/Gq4EOWJNFx
中山茂1999『大学における官僚制度形骸化の歴史』 "官僚制度のサブシステムとして生まれた大学が,研究教育という本来の目的に添って,大学の制度を形骸化してゆく努力の歴史であった"という見方も2000年以前にはあった。 https://t.co/zU5o5hTwop
“UTokyo Repository: 教育社会学小史 : 新しいシナリオ” https://t.co/pHlKE0jDfN #教育社会学 #論文
こちらはIRの本質を考えるに際して参考になりました。 福島真司(2015)「『総合的学生情報データ分析システム』の構築 山形大学におけるエンロールメント・マネジメントとインスティテューショナル・リサーチ 」『情報管理』58(1)  https://t.co/jCOiu6Y5bV
“CiNii 論文 -  学級規模と学力 : 47都道府県のパネルデータ分析” https://t.co/jBLu5tlrdt #論文 #教育社会学
"初年次の退学率減少につながる入学前教育:教職協働によるIRの成果" / “松本大学機関リポジトリ” https://t.co/ozS7658W7T #入学前教育 #IR
事後報酬(例:回答者に図書券)より事前報酬(例:アンケート時にペンを供与)の方が望ましい。「アンケート回収率向上方策に関する実験研究」(萩原他,2006)[PDF]http://t.co/0zta6A93D7
“CiNii 論文 -  信頼される大学職員に向けて : 教育研究機関である大学の総務系業務 (特集 大学職員の職務遂行能力開発)” http://t.co/toz3GiUHM3 #大学職員 #SD #論文
“CiNii 論文 -  1E09 金沢工業大学における法人・教員・職員協働型IRシステム : 現況と課題((15)教育評価・自己点検・評価システム-II/(06)工学教育に関するグッドプラクティス-I,口頭発表)” http://t.co/SjgoXWQ079 #IR
“KAKEN - 大学職員主導によるプロジェクトのマネジメントとそのインパクト(25381120)” http://t.co/biNe0OTqvz #KAKEN
“KAKEN - アメリカ各州における高等教育機関の機能分化と研究大学(26285189)” http://t.co/y6zJ3GrrdG #KAKEN #高等教育
“KAKEN - 大学生の中途退学の背景・帰結・抑制政策に関する基礎的研究(26780474)” http://t.co/mbOHvzI3wY #KAKEN
“KAKEN - 大学教育の内部質保証を担うミドルマネジメント人材の専門性開発に関する国際比較研究(26285186)” http://t.co/IMMdsNtckA #KAKEN
「ビジネス系大学における学修履歴と活動データを用いた生存時間分析」 / “CiNii 論文 -  4. ビジネス系大学における学修履歴と活動データを用いた生存時間分析(II-2部会 高等教育(2),研究発表II)” http://t.co/8Pz2EJbe4W #IR #論文
“CiNii 論文 -  大学の偏差値と退学率・就職率に関する予備的分析:社会科学系学部のケース (伊藤幸雄教授追悼号)” http://t.co/FsP7zvrLPe #大学 #分析

フォロー(897ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(1839ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

@maximum_80 Permalink て書いてあるところを使ってください https://t.co/qLJwZZ8LaJ
RT @hayato626: @ponpy14 @C4Dbeginner @yumidesu_4649 影響あるのは流入後数日で、そうでない日は東京湾の水は意外に綺麗です。だからこそ、あそこで競技するなら、必至に合流式下水道を無くすよう頑張らねばならなかったのに…。 http…
“CiNii 博士論文 - 工学系大学発ベンチャーを中心とする産学官連携コミュニケーションの研究” https://t.co/IM1BmA2Uev #博士論文 #産学官連携
RT @redmmlib: CiNii 論文 -  「大学の自治」を知っていますか。 https://t.co/lY2wET8nGY #CiNii
“KAKEN — 研究課題をさがす | 外国学歴・資格認証における国際同等性の比較研究 (KAKENHI-PROJECT-16H03784)” https://t.co/ZJ5iW8QG3Q #KAKEN #NQF
“KAKEN — 研究課題をさがす | 知識外交における外国分校の機能に関する実証的研究 (KAKENHI-PROJECT-16K17426)” https://t.co/pNbZDmyQvH #KAKEN #高等教育研究
パトレイバー劇場版の小説版を学会誌で,金岡先生が紹介している。 https://t.co/NHFT2SWIT6
RT @k_inamasu: 清水裕士さん@simizu706、三浦麻子さん@asarinと書いた「評定尺度法の反応ラベルによる影響の補正:公的組織への信頼に関する社会調査を題材として」が社心研で公刊です。コードの美しさはstan初心者には分かりませんが、我ながら新たな観点をい…
@inutosanposuru https://t.co/G9YGm9luFz こっちでした。
@inutosanposuru https://t.co/UhFJRTwjnh これってことですね。
@typhoon516 横槍失礼すみませんでした。 エビカニの甲殻類なので、昆虫食には入らないとは思います。 (すみません) で、なんで昆虫食の話をしたかというと 「外来ザリガニの食用利用」という文献の著書である野中俊文さんが、昆… https://t.co/5B9lQGhy5K
RT @pankashi: CiNii 論文 -  実践の記述としての「当事者」の概念分析 https://t.co/K2SHUatFtt #CiNii 「社会学的記述」と概念分析の関連が書かれていた
おお、今度の情報処理処理に楠正憲さんの記事が。 Twitterアカウントを凍結されて気付いたジレンマ ~守るべき表現の自由と不正対策との狭間で~ https://t.co/Bjgk0C3BoZ 「情報処理」Vol.60No.9
RT @nawaken: あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速道路は1割。 (つづく…
RT @nawaken: あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速道路は1割。 (つづく…
RT @skrnmr: https://t.co/VPBlY92p1q 「大学の第三の職種としての専門職を取り巻く課題の実証的研究」「当事者やその周囲では課題の声が聞かれる。しかし,こうした課題は現場レベルの感覚的なものとして聞かれるのみで,客観的に明らかにされてはいない。」/…
RT @skrnmr: https://t.co/tiK9dExiBR 「大学評価への計量書誌指標の導入のもたらす社会科学研究への逆機能性に関する研究」
https://t.co/VPBlY92p1q 「大学の第三の職種としての専門職を取り巻く課題の実証的研究」「当事者やその周囲では課題の声が聞かれる。しかし,こうした課題は現場レベルの感覚的なものとして聞かれるのみで,客観的に明らかにされてはいない。」/ちょっ、おま。
https://t.co/tiK9dExiBR 「大学評価への計量書誌指標の導入のもたらす社会科学研究への逆機能性に関する研究」
RT @hatano1113: 山形大学のデータで、論文数に対して性別や家庭状況は有意でなく、出張日数が有意に正で出張支援が重要と。が、生産性の高い人は論文も出張も多いだけか。または論文が多いと報告を頼まれやすいか。坂無淳(2014)「大学教員の研究業績に対する性別の影響」『社…
RT @hatano1113: 山形大学のデータで、論文数に対して性別や家庭状況は有意でなく、出張日数が有意に正で出張支援が重要と。が、生産性の高い人は論文も出張も多いだけか。または論文が多いと報告を頼まれやすいか。坂無淳(2014)「大学教員の研究業績に対する性別の影響」『社…
RT @hatano1113: 山形大学のデータで、論文数に対して性別や家庭状況は有意でなく、出張日数が有意に正で出張支援が重要と。が、生産性の高い人は論文も出張も多いだけか。または論文が多いと報告を頼まれやすいか。坂無淳(2014)「大学教員の研究業績に対する性別の影響」『社…
【最近出た論文】和田一郎 児童福祉学科教授「行政における児童虐待防止政策の向上について」(『地方自治職員研修』52(7), 2019-07)https://t.co/ME9pwahqb4
“KAKEN — 研究課題をさがす | 日本のディスタンクシオンと社会構成意識 ー新しい文化資本と実践・意識の多元性 (KAKENHI-PROJECT-17H02597)” https://t.co/kfZDoH9LiT #KAKEN #教育社会学 #ブルデュー
【最近出た論文】吉永純 社会福祉学科教授「生活保護における自動車保有をめぐる現状と課題 (特集 生活保護と自動車保有)」(『賃金と社会保障』(1733), 2019-07)https://t.co/MzsL8kxeks
【最近出た論文】吉永純 社会福祉学科教授「生活保護判例・裁決紹介コーナー 公共交通機関での通勤が不可能であることを認定し自動車保有を認めた裁決と…」(『公的扶助研究: 福祉現場から手づくりの専門誌』(253), 2019-04)https://t.co/Qd67NYREwV