本の虫@新撰組をはじめよう (@SAGA0121)

投稿一覧(最新100件)

RT @monaka_kuriTR: https://t.co/0w0L1aN5M3 狂言長光 翻刻台本 11ページから 情緒たっぷりの非常に美しい描写で長光銘の太刀の刀身が表現されているので長光推しさんにおすすめしたい

13 0 0 0 OA 蜂須賀家記

RT @hiii_koroku: くそ面倒くさい蜂須賀オタクなんで家政のどこが好きですか!?って凸しそう友達になりたいんですボカァ…分からない?なら蜂須賀家記から始めようなんと!!ウェブで読めます!! https://t.co/GgEo6fAsaO
RT @ydatui: 沖縄における藍染と琉歌の関連性についてはこちらの論文がわかりやすいかも 浅地・紺地の琉歌について https://t.co/vLD59Zphhw
RT @waterseed_upd: なんとなーくcinii検索してて、刀剣鑑賞の「語彙」に着目した論文あって、それ自体はまあそこまで面白いと思えなかったのだけど、文中で参照している資料「刀剣に見られる梵字彫物の研究 : 刀工と修験道の関係」ってなにそれおもしろそう…!図書館行…

145 0 0 0 OA 枕草子春曙抄

RT @tarareba722: 現在の古典文学書籍では当たり前である、この「本文+頭注+傍注」という表現手法は、季吟によるコロンブスの卵のような発想の大転換でした。『枕草子春曙抄』は残念ながら絶版となっていますが、昭和五年発刊の岩波書店版を国会図書館コレクションで見られます。…
RT @harusakiriku: ビジュアル 大正クロニクル (懐かしくて、どこか新しい100年) 近現代史編纂会 https://t.co/80BpilkMfP 国会図書館デジタルライブラリー 大正博覧会写真出品図録 https://t.co/U93uWjHn2b
RT @kitahorii: 縁壱さんが7歳で初めて喋ったのは「子供は七つまでは神のうち」という諺を下敷きにしているのかな?と調べてみたら、これは柳田國男とそのフォロワーの創作であり、史料上何の裏付けもありませんという論文を見つけてしまいました。こういうのあるから調べものは怖い…

95 0 0 0 OA 奇兵隊日記

RT @kirik_nya: 「奇兵隊日記」に、元治2年(1865)大奥で金無垢の粟田口吉光の脇差が紛失、おそらく薬研藤四郎か。という謎事件が載ってる。おまけにそのあとに赤銅色絵の脇差が置かれていたそうな。 江戸時代の人にとって粟田口吉光といえばまず薬研なんだろうね。 http…
RT @poponainai: 朝から刀の論文を検索してしまった。 この方が新しい研究をしていてデジタルアーカイブを利用してクリックするだけで書物に当たれる引用なのがありがたい。 信国派の研究にある来や長谷部派の彫り物の表おもしろい。他のもいい。 刀匠信国系図の総合的研究:山…
RT @shutter_akeru: ご存じがもしれませんが 刀剣名物帳はこちらで読むことごできます。 https://t.co/d6NPogxloA

52 0 0 0 OA 彩美

RT @gofukuyasan: アンティーク柄着物 ご予約受付中。 大正7年に出版された着物の裾模様図案集をソースにデーター制作しました。 https://t.co/JqmKNqTsEp 国会図書館デジタルコレクションより https://t.co/ySd7QBc8Zz #ゴ…
RT @makimuuuuuu: 猫に触ったあと、猫が毛づくろいするの見ると、自分が汚いもの扱いされてるみたいで悲しくて、「なぜ人間に触られた猫は毛づくろいするのか」っていう動物行動学の論文探してたらすごいやつ見つけたから見て あれは人間の匂いをなめて味わうため説https:/…

1123 0 0 0 OA 刀剣鑑定秘話

RT @kodomono_mani3: 今リツイした「刀剣鑑定秘話」ここで読めます。三日月宗近は253Pから3Pほど。刀の神様って言われてる(感涙 https://t.co/yl5mIHtR28

241 0 0 0 OA 重刻雪華図説

RT @hashimoto_tokyo: ちなみに土井利位『雪華図説』は国会図書館デジタルコレクションで全ページを見られます。重刻雪華図説 古典籍資料(貴重書等)/その他 土井, 利位[他] (刊, 文久2)https://t.co/vEni8tmaoS 私も比較的新しい時代の…
RT @clane_2015: 超すんごい資料見つけた!!昭和21年から22年にアメリカ人モージャー氏によって撮影された、後藤鍬五郎作の聚楽園の大仏、弘法大師、仁王像を写したカラー写真。長浦海岸にあったタコの写真まである!! https://t.co/uAgLFZ4ToR ht…
RT @mknhrk: CiNii 論文 -  バレ-ボ-ルの歴史に関する研究--日本における攻撃技術・戦術の発展と推移 https://t.co/LhXsi2vKA5 競技として完成されて知ってるバレーボールに近付く様が大変面白い。バックアタックって日本の発明だったのね。
RT @trinh_JP: 「オリエント」をふりかえって: 三笠宮 崇仁, 杉 勇, 板倉 勝正, 川村 喜一https://t.co/MQIVfOE6vn すげー面白い

お気に入り一覧(最新100件)

あらいちさんに参考文献をご提案するついでに送りつけたダイマテキスト https://t.co/gSWhGL7uto
https://t.co/0w0L1aN5M3 狂言長光 翻刻台本 11ページから 情緒たっぷりの非常に美しい描写で長光銘の太刀の刀身が表現されているので長光推しさんにおすすめしたい

13 0 0 0 OA 蜂須賀家記

くそ面倒くさい蜂須賀オタクなんで家政のどこが好きですか!?って凸しそう友達になりたいんですボカァ…分からない?なら蜂須賀家記から始めようなんと!!ウェブで読めます!! https://t.co/GgEo6fAsaO
沖縄における藍染と琉歌の関連性についてはこちらの論文がわかりやすいかも 浅地・紺地の琉歌について https://t.co/vLD59Zphhw
鳥の羽色に関するレビュー。 対立遺伝子とレトロウイルスの話が面白かったです。 https://t.co/iXn0pKJELs

145 0 0 0 OA 枕草子春曙抄

現在の古典文学書籍では当たり前である、この「本文+頭注+傍注」という表現手法は、季吟によるコロンブスの卵のような発想の大転換でした。『枕草子春曙抄』は残念ながら絶版となっていますが、昭和五年発刊の岩波書店版を国会図書館コレクションで見られます。感謝。 https://t.co/Y9dgKlxrZ1 https://t.co/LfCKLnzJop
https://t.co/XptBBsK2Tn 鶴岡八幡宮にあったらしい鬼切丸、最近どこかで見たな〜と思ったらこれかな。明治26年に鶴岡八幡宮で開催された「鎌倉懐古展覧会」 の目録。この時点では髭切(旧字体)、鬼切(鬼神丸)があったんだねえ…! https://t.co/71BatC64sT
天下人の和歌・連歌―信長・秀吉・家康―https://t.co/BJ0T577fwb この論文に引用されている慶長4年の2月24日の夢想連歌は、徳川家集合!みたいで楽しいが、家康は(多分、秀康も)伏見、秀忠他は江戸にいる時期だから偽書だろうな。でも、何でねねという正体不明の女性の夢想連歌を設定したんだろう?
ご存じがもしれませんが 刀剣名物帳はこちらで読むことごできます。 https://t.co/d6NPogxloA

6 0 0 0 OA 今村押形

国立国会図書館デジタルライブラリー見てるとずっと探しちゃう。くずし字調べてたんだけど、今村押形を見てしまってた。 獅子王御劔ノ鐔とか82ページにあるね。横に書いてる文字を解読したい。 https://t.co/9khmh3lXl7

52 0 0 0 OA 彩美

アンティーク柄着物 ご予約受付中。 大正7年に出版された着物の裾模様図案集をソースにデーター制作しました。 https://t.co/JqmKNqTsEp 国会図書館デジタルコレクションより https://t.co/ySd7QBc8Zz #ゴフクヤサン https://t.co/N9ueOYtWdt
過去の生物調査では、マサヒトセンロダニ(常陸宮正仁親王にちなんで命名)など7種の新種のダニがみつかったという。 https://t.co/5NdJBRRXvj https://t.co/8iV5hrXg6T
かつて、妖怪の科学的根拠~といってわいわいする勢を「あなた方も妖怪を信じる人々と同じ程度に民俗学の対象ですぞ」と論じたことがある→ https://t.co/i47Kv5wO9s

6 0 0 0 OA [観世流謡本]

橋弁慶 https://t.co/ZvrXOcf6hB (コマ番号19) 義経記 https://t.co/r2agRAKmI9 (コマ番号38)

9 0 0 0 OA 義經記

橋弁慶 https://t.co/ZvrXOcf6hB (コマ番号19) 義経記 https://t.co/r2agRAKmI9 (コマ番号38)
一方、小田天庵の戦下手の印象を作ったのは「小田軍記」「小田天庵記」あたりの軍記物であろう。どちらも大同小異で「天庵記」の方は「軍記」を筆写した人物の考察・所感が挿入されている。ここでは天庵は土浦城を攻められ自害してしまう展開なのだ。暇と根気のある方はぜひ。 https://t.co/SRlNNcN6Si

25 0 0 0 OA 土佐方言の研究

分布図を見ると、高知あたりも「センタクする」を裁縫するの意味で使う地域であることが分かる。『土佐方言の研究』(1936)では「衣服のつぎはぎ。」と釈されている。 https://t.co/lxrQZD5Qzs
次回の京文博修理展ぼちぼち始動。テーマは「古社寺保存法」です。さきほど文博M君が配ってくれた参考資料を読了。 水漉あまな・藤岡洋保「古社寺保存法成立に果たした京都の役割」https://t.co/uzyx2XVccJ
CiNii 論文 -  明代中国における日本刀術の受容とその変容 https://t.co/Nrc3hoej8T #CiNii
CiNii 論文 -  中世における打ち首の技法 https://t.co/qJ7VGwork0 #CiNii
日タイの絆 : 日本式刀剣 (日タイ修好130周年記念特別展 タイ : 仏の国の輝き) 末兼 俊彦 タイ国情報 51(5), 5-9, 2017-09 https://t.co/3KjzipULj5 多分これも同内容の文章。

16 0 0 0 OA 名字指南

『名字指南』では「見」に「アキ」の読みありhttps://t.co/9dHcfwzFib RT鍵:『山口県史研究』の史料紹介、天文10年代の吉田兼右の筆になる大内系図出てるけど、これによると「大内盛見」の読みがなは「モリミ」でも「モリハル」でもなく、「モリアキラ」なのだそうだ。

16 0 0 0 刀剣と歴史

厚藤四郎に纏わる小野光敬氏のお話は、ネットで調べて衝撃をうけて、このお話だけを求めて調べて読んだのだけれど、時間がなくてメモも取らなかったので、今では内容の記憶が薄らいでいるのでもう一度読みたい。たしか刀剣と歴史のこの号。https://t.co/I12vIXFWbH
CiNii 論文 -  バレ-ボ-ルの歴史に関する研究--日本における攻撃技術・戦術の発展と推移 https://t.co/LhXsi2vKA5 競技として完成されて知ってるバレーボールに近付く様が大変面白い。バックアタックって日本の発明だったのね。
「オリエント」をふりかえって: 三笠宮 崇仁, 杉 勇, 板倉 勝正, 川村 喜一https://t.co/MQIVfOE6vn すげー面白い
なんと去年は中世貨幣史の博論が2本も。しかも本文公開中! 稲吉昭彦「中世後期日本における貨幣使用に関する研究」https://t.co/AZylO29pd2 小早川裕悟「中世後期日本貨幣史の再構築―地方史とアジア史の観点から―」https://t.co/DCwrKOHvMS
なんと去年は中世貨幣史の博論が2本も。しかも本文公開中! 稲吉昭彦「中世後期日本における貨幣使用に関する研究」https://t.co/AZylO29pd2 小早川裕悟「中世後期日本貨幣史の再構築―地方史とアジア史の観点から―」https://t.co/DCwrKOHvMS
戦国時代の武士の作法を記した『出陣次第』の紹介なども面白いと思います。 https://t.co/lo7DtUFuME 相模玉縄城主 北条氏繁の著と思われ、息子の北条氏勝に伝えられた故実書の貴重な原本。注釈と、全頁の写真付きです。
@SendaiHisCafe  レムリア祭については、小堀,馨子「古代ローマにおける死者祭祀 : レムリア(Lemuria)再考」東京大学宗教学年報 (28), 55-66, 2010 で読むことが出来る。https://t.co/3w9AbufxLh (続く
「わが国の社会文化史における赤の構造を考察」 ⇒藤井尚子『赤の力学 色をめぐる人間と自然と社会の構造』風間書房 https://t.co/Zkyj1bPEvZ 元は博論 https://t.co/LO4oxe6Vwy 要旨PDF https://t.co/8S3R0dYEik

167 0 0 0 OA 徳川実紀

山姥切国広と井伊家について、ふぉろわさんから情報あり。というわけで徳川実紀。 http://t.co/kEBx6cZAf0 の正保元年の3/8 井伊直慈が就封の暇を下され、若君より国広の御刀を賜う。この国広の刀が山姥切国広ではないか、という話が「井伊家の名宝」に載ってるらしい。
「兼好は吉田氏ではないことを完璧に立証した」論文、小川剛生「ト部兼好伝批判 : 「兼好法師」から「吉田兼好」へ」は大変面白いので興味があったら、読んでみるといいかも。http://t.co/IrRKLkFTFf
大変有益な研究かと。そろそろクリスマスが見えてきましたし。 / CiNii 論文 -  恋愛における告白の成否の規定因に関する研究 http://t.co/xwFMMzlYTH

フォロー(5003ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。頼朝イメージ変遷の一。 林 茉奈「絵入り版本『曽我物語』考 : 挿絵に描かれる頼朝と曽我兄弟を中心に」 語文論叢 (35), 13-32, 2020-07-10 https://t.co/XIINtxbk…
CiNii 論文 -  『ゴルドーニの喜劇におけるヴェネツィア方言の意味とその効果に関する考察 : Le MorbinoseとLe Donne di buon umoreの比較を通して』だっちゃ!: https://t.co/A2SDaKIzse
CiNii 論文 -  『イタリア中部地震における心理社会的支援』だよ!: https://t.co/Nt6iAccCGC
CiNii 論文 -  『『米欧回覧実記』「羅馬府ノ記」の古代ローマ文明に関する考察 』です。 https://t.co/vDXnMtJUpH
RT @BungakuReportRS: 立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1116「新型コロナウイルス感染症と学生支援―主要国の状況と取組―」(PDF:500KB) https://t.co/6OW0b2WXKz
CiNii 論文 -  『里親委託という主題--「家族的養育委託(affidamento familiare)」に関するイタリアの研究動向より』だよ!: https://t.co/o5Y3fRdoW2
CiNii 論文 - 『 Se la Commedia di Dante possa ancora interessare gli uomini del terzo millennio...』なのよ。: https://t.co/OtogFT8m8q
RT @bowwowolf: さて小室重弘の本や当時の中外日報を手がかりに、仏舎利が来日後、いかなるゴタゴタを経て名古屋の日暹寺(現在の覚王山日泰寺)に奉安されたかを論じたのが佐野方郁「明治期の仏骨奉迎・奉安事業と覚王山日暹寺の創建 」である。かなり面白い。笑ってはいかんが抱腹…
RT @bowwowolf: 自由民権家でジャーナリスト、衆議院議員の小室重弘(号は屈山)が『釈尊御遺形伝来史』(1903)なる本を出していた。タイから仏陀の真舎利が日本に贈られた顛末を記録したもので、とにかくモメたことと、仏教界ではなく外交官の稲垣満次郎が主導していたことがわ…
RT @BungakuReportRS: 葛綿 正一 - 木曽義仲と享楽 : 平家物語試論 https://t.co/UZf2OcKO3v
CiNii 論文 -  『イタリアにおける地域精神保健医療システム』だよ!: https://t.co/chWpFd2DYs
CiNii 論文 -  『《イタリア学会誌》50年間におけるイタリア語学研究の動向 : (その1) 』だよっ!!:https://t.co/UGpTUrHhne
CiNii 論文 -  『イタリアの食をめぐるいくつかの考察--イタリアの食の人類学序説として』だよ!: https://t.co/hqOfwLgIML
CiNii 論文 -  『ブルジョア社会における英雄の悲劇 : ダンヌンツィオ『愛よりも』の「新しいエリニュス」の解釈』だよ!: https://t.co/ZL3Gi383cs

13 13 13 1 IR 源実朝の「晩年」

RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。少し前のですが、把握してなかった… 三田 武繁「源実朝の「晩年」」 東海大学紀要. 文学部 (108), 2018-03-30 https://t.co/VrItd672et
RT @NDLJP_en: Utilizing the Internet to search for manuscripts of early Japanese books: https://t.co/4PjPFdSK1g https://t.co/885Dtu6xrW
CiNii 論文 - 『イタリア語に入った日本語』だよ!: https://t.co/AM7f1esSon
CiNii 論文 -  『アポリネールと未来派 : イタリアの挑発者達と前衛芸術の魔術師との出会い 』です。 https://t.co/wmXYZqEJyi

47 38 38 0 OA 史籍集覧

RT @ydatui: 今回の『麒麟がくる』で二条御所は建築途中でしたが、後々二条御所で行われた義昭をすえての慶賀の能にて、当時6歳だった藤孝さんの息子・忠興くんも猩々を舞ってるよー!その帰りに盗人に後ろの紐(小袖とかかな?)を切られたってエピソードが『老人雑話』に載っています…
CiNii 論文 -  『ジョルジュ・サンドとイタリア : 『スピリディオン』とピラネージ幻想』だよ!: https://t.co/7GotCwcNzc
この論文…!冒頭部分は完全に現代の民俗学なのに、途中からKinectとUnityが出現して「VTuberの協 力を得てCGによる盆踊りを生成し」…! https://t.co/V0C9QNZeC2
RT @fake__nws: https://t.co/oJwYhCzsg8 インド映画や香港映画を通してナイジェリアに伝わった忍者観はナイジェリア映画においてイスラム文化や現地の精霊文化などを取り入れさらに進化したのである――みたいな話(「五遁」の要素がナイジェリアの伝統宗教…
RT @fake__nws: https://t.co/oJwYhCzsg8 インド映画や香港映画を通してナイジェリアに伝わった忍者観はナイジェリア映画においてイスラム文化や現地の精霊文化などを取り入れさらに進化したのである――みたいな話(「五遁」の要素がナイジェリアの伝統宗教…
RT @fake__nws: https://t.co/oJwYhCzsg8 インド映画や香港映画を通してナイジェリアに伝わった忍者観はナイジェリア映画においてイスラム文化や現地の精霊文化などを取り入れさらに進化したのである――みたいな話(「五遁」の要素がナイジェリアの伝統宗教…
CiNii 論文 -  『北イタリアのドイツ語言語島チンブロの歴史と言語文化 : チンブロ語文法II』だよ!: https://t.co/OV3JYBMtiL
CiNii 論文 -『 文学空間としてのイタリア : 須賀敦子の世界 (特集 国際シンポジウム イタリア観の一世紀 : 旅と知と美 : 5.イタリア戦後史としての須賀敦子)』だよ!: https://t.co/T3CfrHkzzn https://t.co/NY2CYm1qUD
CiNii 論文 -  『イタリアの交通インフラ整備・管理の計画と制度』だよ!: https://t.co/ywClVKlk9m

フォロワー(1559ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @fake__nws: https://t.co/Mdu6FvWfkl 上と同じ人が書いた、日本の技術指導により導入された豆腐がアフリカのハウサ語圏に浸透し、独自の進化を遂げた結果、現在これらの地域で豆腐は「アワラ」「クワイダクワイ」と呼ばれるようになり、これが日本由来の…
RT @fake__nws: https://t.co/oJwYhCzsg8 インド映画や香港映画を通してナイジェリアに伝わった忍者観はナイジェリア映画においてイスラム文化や現地の精霊文化などを取り入れさらに進化したのである――みたいな話(「五遁」の要素がナイジェリアの伝統宗教…
RT @Ankhlore: こういう論文がワンクリックで読めるとはありがたい。https://t.co/GcOiVx2BPW ・大豆はナイジェリアの主要な穀物 ・1991年ごろ、日本人が豆腐作りを指導して普及 ・日持ちを良くするため、厚揚げみたいに揚げて食べる ・スナック感覚…