YamaKatsu! (@kyama0321)

投稿一覧(最新100件)

RT @tokoik: CiNii にも登録されています。実は最初私はこのことを知らなくて、渋谷にあるCGプロダクションを見学させてもらったときに、そこのエンジニアに「ラーメンの論文書いてますよね」と言われて、初めて知った次第です。私がまともな論文書いてないのがバレバレ。 ht…
RT @yatabe_: 光で音を録る技術の「やさしい解説」が音響学会誌のオンライン版で公開されました! https://t.co/Cfh1zhE1C1
RT @ballforest: もうちょっとだよなー,ディープラーニング 甘利 俊一 https://t.co/mXkunJ7HmI

80 1 0 0 OA 光学的音響計測

RT @yatabe_: 光で音を録る「光学的音響計測」について日本語の解説記事を書いてるので,気になる方はぜひ覗いてみてもらえると嬉しいです! https://t.co/BQI3aPI2hz
RT @hidekikawahara: 掲載から6ヶ月経ったので、Open Accessになった。 https://t.co/Khf9eMN4gc この記事で触れた周波数領域ベルベットノイズによるインパルス応答測定を簡単に試すことができるツールやソースへのリンクは以下の説明書か…
RT @tokoik: CiNii 論文 -  基調講演 和歌山ラーメンという物語 (紀伊の国の、見どころ、湯どころ、麺どころ) https://t.co/m88gvaeuCT #CiNii 元ラーメン評論家(腹囲の問題があり既に引退)だったので
RT @hoshistar81: 音響浮揚の集大成っぽく書き上げた意欲作。PDFダウンロード可能。 J-STAGE Articles - 超音波フェーズドアレイを用いた3次元非接触マニピュレーション https://t.co/xO18p0oRcK
RT @redipsjp: 私の修論テーマは,こういう「えー」「なんか」という語を識別・除去したりすることを含む自己修復文の解析だったのですが,四半世紀を経て完全に実用レベルになってるんですね。 https://t.co/4l1WE2DGuK https://t.co/vDL8…
RT @yatabe_: 3月に出版された短時間フーリエ変換の解説論文がWeb公開されました! https://t.co/JuTazheX2A 対応するMATLABコードがCode Oceanに上がってます! https://t.co/ZLc2m6rfln https://t…
RT @UDN48_udon: 前回の音響学会誌で掲載していただいた「複素モデルに基づくNMF」の英文版(invited review)がリリースされました.オープンアクセスなのでどなたでも閲覧できます.アプリケーションとしてスパースノイズ除去をやってみたりしています(この応用…
RT @senprovoki: 「査読」に興味がある人向けに、ちょっとググっただけだけど、この辺が分かりやすいかな?
RT @thun39: 自分が線形代数の講義をするなら、こういう話を初めの方にしておきたい。 https://t.co/Gwa4LOT7mH https://t.co/jWeqGM0eW5
Moore先生の招待レクチャー論文 >Brian C. J. Moore, The roles of temporal envelope and fine structure information in auditory perception, Acoustical Science and Technology, Vol. 40, Issue 2, pp. 61-83, 2019. https://t.co/NJwcyPCvMz
論文が公開されました。 > K. Yamamoto et al., “Speech intelligibility prediction with the dynamic compressive gammachirp filterbank and modulation power spectrum,” Acoustical Science and Technology, Vol. 40, Issue 2, pp. 84-92, 2019. https://t.co/WecgS3FAN8
RT @ballforest: Generative Adversarial Networksの基礎と応用 https://t.co/yxpZddToJJ

11 0 0 0 OA 難聴と補聴技術

RT @walking_IR: やっと公開された。 現時点で自分が知る限りで一番聴覚と難聴について分かりやすく正確に書いてあると思うやつ。 音響学会誌やさしい解説:難聴と補聴技術 https://t.co/1QCNXnkUdI
RT @heiga_zen: 音響学会誌2018年7月号に載った音声合成に関する記事、PDFがネットに上がってました -- テキスト音声合成技術の変遷と最先端 https://t.co/KSVMZDptFY
RT @ballforest: 『再生核ヒルベルト空間から眺める標本化定理』https://t.co/kegKoxOdzM
安藤 広志, 20世紀の名著名論:David Marr:Vision:a Computational Investigation into the Human Representation and Processing of Visual Information, 情報処理, 一般社団法人情報処理学, 2005, 46, 2, 194. https://t.co/4AE8TdvCmU
平原先生による聴覚の仕組みの解説記事が、ASJで先月のアクセス数トップになってた。 >平原 達也, 音を聴く聴覚の仕組み(<小特集>誌上ビギナーズセミナー), 日本音響学会誌, 2010, 66 巻, 9 号, p. 458-465 https://t.co/oEVdk2X3yT
RT @ykamit: 子供による「ロボットいじめ行動」 https://t.co/MVWyoQxy67 https://t.co/b1BDx9E9Ze
聴覚フィルタにご興味をお持ちの方はこちらの解説記事を是非〜 >入野 俊夫, はじめての聴覚フィルタ(やさしい解説), 日本音響学会誌, 66 巻, 10 号, p. 506-512, 2010. https://t.co/OyYBHGvs1P
@hidekikawahara 専門的なご質問ありがとうございます 笑 プロットしたものはGCFBによるものです。入力音圧は30 dBを想定してます。こちらの解説記事で使用されたデモプログラムで作図しました。 https://t.co/SB5eFDvf8P
RT @ablativehen: CiNii 論文 -  OJADを支える音声合成技術 : 音声を合成しない音声合成技術の使い方(オーガナイズドセッション,第15回音声言語シンポジウム) https://t.co/Asf563fYDH #CiNii
室内のインパルス応答を測定するTSP信号の呼び方がSwept-Sine信号に変更されつつあるみたい.そんな動向が10年以上前からあったのか. >Swept-Sine法に基づく音響伝搬測定 https://t.co/rCxaYZRJfE
弊研究室ではIPAカードセットと一緒にこちらのIPA解説記事を置いてます。研究室の誰かがカードと一緒に読んでくれてるといいな。 >IPA(国際音声記号)の基礎 : 言語学・音声学を学んでいない人のために https://t.co/neDU4WrApH
RT @enshot: 特許庁で働く間に特許に精通したアインシュタインは、冷蔵庫の特許を45件以上取得し、その出願書類をすべて自分で作成しました。 また、その特許を元に企業と契約し、多額の特許料を得ました。 アインシュタインは社会ニーズを把握し、解決策を見出そうとしていました。…
RT @BandoKeita: 東京で、 #Overleaf https://t.co/4ccG1OixqT のユーザ会といいますかワークショップといいますか、そんな場を設けたいなぁなんて考えているのですが、集まってくださる方っていらっしゃるのかな。こんなグッズ用意してover…
RT @hidekikawahara: 「ディジタル信号処理の落とし穴」がオープンアクセスになったので、以下にリンク。PDFをダウンロードすることができます。しかし、いつものことだけれど、書くとすぐに時代遅れになってしまう。6月の音声研究会の発表も、そうなるのか?? https…
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
J-STAGE Articles - 補聴器の進歩と聴覚医学 「補聴器に関する JIS の改正について」 https://t.co/MSreXvEcwo
RT @jnsgsec: 統計検定を理解せずに使っている人のために, 化学と生物,ISSN 1883-6852 (2014). https://t.co/994kr2AB5G https://t.co/jm4FOyoRav https://t.co/Eev93Chm0s
RT @jnsgsec: 統計検定を理解せずに使っている人のために, 化学と生物,ISSN 1883-6852 (2014). https://t.co/994kr2AB5G https://t.co/jm4FOyoRav https://t.co/Eev93Chm0s
RT @jnsgsec: 統計検定を理解せずに使っている人のために, 化学と生物,ISSN 1883-6852 (2014). https://t.co/994kr2AB5G https://t.co/jm4FOyoRav https://t.co/Eev93Chm0s
RT @k1ito: 最近NNの数学的定式化が一部で流行っているっぽいので昨日リプライで送られてきた論文紹介するけど。これ数学プロパーが深層学習を勉強するときに一番良いPDFではと思えるレベル。よくここまでサーベイできるなと。。。(200ページ以上あるので重い) https:/…
RT @ballforest: MERL堀さん / 夢の音声言語処理技術の実現に向けて https://t.co/ec7abolCOc
RT @ballforest: 17年前か。 / 座談会 : 音声研究を語る : (小特集:<音声研究の新たな方向を探る>) https://t.co/zWOWttf3iR
RT @KeiichiTokuda: 【再度】最新の音声合成研究の動向をまとめた解説です「風雲急を告げる音声合成研究の最新動向」https://t.co/AyitNBtl7i
RT @tmaehara: グラフ信号処理,和文だと https://t.co/zQ7jAawi3Y がおすすめ(信号処理バックグラウンドがあったほうが読みやすい)
RT @ballforest: 最近この記事読んでSTRAIGHTの復習をした / 音声分析変換合成基盤ソフトウェアSTRAIGHTとその応用 https://t.co/DzM7z3B56G
RT @knoike: 結局,品野先生が妥協案を出したんだったかな.準最適解. | CiNii 論文 -  最長しりとり問題の解法 https://t.co/fSFBUBAIOG
RT @sunaharay: FB経由で。非常に興味深い。このときも余震が多かったということ。/ 熊本地震 (1889年) について https://t.co/KjRse5Gf1C
RT @kivantium: 統計的特徴量変換に基づく日本語手書き漢字変換 http://t.co/he5hqY5pSi 声質変換と似た手法で手書き文字を変換する研究も存在するようだ。
RT @KeiichiTokuda: 研究グループの論文「隠れマルコフモデルに基づく英語歌声合成」が論文誌に掲載されましたhttp://t.co/FaEXi3wOQi
去年度にやってた研究がショートペーパーとして掲載されました. >http://t.co/jtZmJRKPWu
RT @KeiichiTokuda: 研究グループの論文"Integration of Spectral Feature Extraction and Modeling for HMM-Based Speech Synthesis"が電子情報通信学会論文誌に掲載されました:ht…

お気に入り一覧(最新100件)

CiNii にも登録されています。実は最初私はこのことを知らなくて、渋谷にあるCGプロダクションを見学させてもらったときに、そこのエンジニアに「ラーメンの論文書いてますよね」と言われて、初めて知った次第です。私がまともな論文書いてないのがバレバレ。 https://t.co/m88gvaeuCT
光で音を録る技術の「やさしい解説」が音響学会誌のオンライン版で公開されました! https://t.co/Cfh1zhE1C1
もうちょっとだよなー,ディープラーニング 甘利 俊一 https://t.co/mXkunJ7HmI
必読ですぜ / 《第9回》機械学習と音声生成:音声波形モデリングの進展 https://t.co/EmrC0M5OvA

80 1 0 0 OA 光学的音響計測

光で音を録る「光学的音響計測」について日本語の解説記事を書いてるので,気になる方はぜひ覗いてみてもらえると嬉しいです! https://t.co/BQI3aPI2hz
この論文ヤバそう。JAISTの方だ。 飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 https://t.co/f4GMADNV9y
掲載から6ヶ月経ったので、Open Accessになった。 https://t.co/Khf9eMN4gc この記事で触れた周波数領域ベルベットノイズによるインパルス応答測定を簡単に試すことができるツールやソースへのリンクは以下の説明書から。 https://t.co/5DuLm9WP1w https://t.co/25S8StHtRp
「自然言語処理で人々の役に立ちたいのならば、アカデミックなことはしばらく脇に置くのがベターだと思う」同感。あと、機械学習をされている方はこのPDFの「3つのキーワード」の話を読まれることをおすすめします。 https://t.co/IJ17yqUEZV
CiNii 論文 -  基調講演 和歌山ラーメンという物語 (紀伊の国の、見どころ、湯どころ、麺どころ) https://t.co/m88gvaeuCT #CiNii 元ラーメン評論家(腹囲の問題があり既に引退)だったので
MathWorksの赤阪氏の解説は必読だと思います。最近のRobust Control Toolboxの進化がコンパクトにまとめられています。 https://t.co/mLsV2h8fTV
7/7_低周波音と振動感について:小林理研の時田先生が提案されたLSL曲線があります。小林理研のHPに解説記事があり非常によみやすいですhttps://t.co/YluQsgpRhU。同じ内容は音響学会誌41巻11号(1985)「低周波音の評価について」にもまとめられています。https://t.co/HM5lvSja7v

20 0 0 0 OA 七つの正規分布

俺が求めてたのはこの論文のようだ。 "みんなそれを信じているよ,だって 実務家は数学的定理だと思っているし,数学者 は経験的事実だと思ってるから" https://t.co/f14QxO4yXG
これ面白かった:「座談会: 感情の心理学的構成主義に見るこれからの感情研究」https://t.co/Z69ChwJBOK Anil Sethの内受容感覚予測モデルとかFEPも言及している。内容はほぼ大平さんの独壇場。「数年前からうちの大学院生には,「今日から基本感情禁止!」,という禁止令を出したのです…(続)
私の修論テーマは,こういう「えー」「なんか」という語を識別・除去したりすることを含む自己修復文の解析だったのですが,四半世紀を経て完全に実用レベルになってるんですね。 https://t.co/4l1WE2DGuK https://t.co/vDL86kLAo7
3月に出版された短時間フーリエ変換の解説論文がWeb公開されました! https://t.co/JuTazheX2A 対応するMATLABコードがCode Oceanに上がってます! https://t.co/ZLc2m6rfln https://t.co/J7lIGjFotx
いま気付いたけど,和歌山大学 河原先生の解説記事の謝辞に「タイムリーにネタをTweet してくれた」ことへの感謝がある. https://t.co/l1giCpCnsQ
ピアノなど「アタックの強い楽器音」を解析(分解)するための非線形フィルタの論文が出版されました!オープンアクセスなので誰でも読めます! https://t.co/cPSoISdVDk https://t.co/ylgcP5J9fH
前回の音響学会誌で掲載していただいた「複素モデルに基づくNMF」の英文版(invited review)がリリースされました.オープンアクセスなのでどなたでも閲覧できます.アプリケーションとしてスパースノイズ除去をやってみたりしています(この応用自体はn番煎じですが). https://t.co/ifrR3ZPXtF https://t.co/B1MqJ5VUrI
自分が線形代数の講義をするなら、こういう話を初めの方にしておきたい。 https://t.co/Gwa4LOT7mH https://t.co/jWeqGM0eW5
Generative Adversarial Networksの基礎と応用 https://t.co/yxpZddToJJ

11 0 0 0 OA 難聴と補聴技術

やっと公開された。 現時点で自分が知る限りで一番聴覚と難聴について分かりやすく正確に書いてあると思うやつ。 音響学会誌やさしい解説:難聴と補聴技術 https://t.co/1QCNXnkUdI
音響学会誌2018年7月号に載った音声合成に関する記事、PDFがネットに上がってました -- テキスト音声合成技術の変遷と最先端 https://t.co/KSVMZDptFY
「査読」に興味がある人向けに、ちょっとググっただけだけど、この辺が分かりやすいかな?
J-STAGE Articles - 大学生の独り言的ツイートは独り言なのか――発話傾向との関連から https://t.co/XNX9MhlW91
グラフ信号処理のすゝめ https://t.co/7ddbd8xNEj
もとになった論文は同著者のこれ 『Kernel-Induced Sampling Theorem』https://t.co/HUXHaDJTOs
『再生核ヒルベルト空間から眺める標本化定理』https://t.co/kegKoxOdzM
こんな論文どうですか? 宇宙からのメッセージに対するテキストマイニング(野口 聡一ほか),2015 https://t.co/F7VcSHt3Yg
「若手 PI を目指した私の心得」 https://t.co/EfnvTEg0oK とても勉強になった。分野違いでこの方(中尾佳亮さん)を存じあげないけれど、研究者として乗り越えた切実な状況がとてもよく伝わった。
科研費基盤研究(A)「PRISM: 選択的情報マスキングを可能とする次世代音声プライバシー保護技術」が採択されました。国立情報学研究所山岸准教授とともに、深層学習に基づき、個人性、発話内容、年齢、性別、感情、言語等を選択的に隠蔽可能とする音声基盤技術を開発します。https://t.co/4Tpr5EHIp7 https://t.co/eLH2nN1Tgx
音声電子透かしを用いた改竄検出手法の研究紹介ビデオをアップロードしました. https://t.co/TWiI31PKXd 整数離散コサイン変換に基づいて高周波数成分を拡張し,ペイロードを埋め込む手法です. 2012年楽天Tech ConfのLTで話した内容で,かなりの簡潔版 論文は↓ https://t.co/ftt8ZAwu2n
"ほめ手"、"ほめパフォーマンス"などのパワーのある表現が無限に出てくる上に最後に被験者の浮気が発覚して終わるという驚異の論文だった(最高) https://t.co/4743owWa62
【再度】最新の音声合成研究の動向をまとめた解説です「風雲急を告げる音声合成研究の最新動向」https://t.co/AyitNBtl7i
グラフ信号処理,和文だと https://t.co/zQ7jAawi3Y がおすすめ(信号処理バックグラウンドがあったほうが読みやすい)
最近この記事読んでSTRAIGHTの復習をした / 音声分析変換合成基盤ソフトウェアSTRAIGHTとその応用 https://t.co/DzM7z3B56G
統計的特徴量変換に基づく日本語手書き漢字変換 http://t.co/he5hqY5pSi 声質変換と似た手法で手書き文字を変換する研究も存在するようだ。

フォロー(786ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @Harita_arayshi: 東北地方と奥羽地方について、こんな論文を見つけた。https://t.co/BWfTCImMRs そういうことか、と納得。 「東北日本≠東北地方」だし、地域名が方角だけなのより「奥羽地方」のままだったほうが良かったように思うが仕方ない。…
福島の甲状腺がんの過剰診断―なぜ発生し,なぜ拡大したか― https://t.co/1CHLSvjCbI
RT @jnsgsec: HER-SYSはなにが問題だったか─先行導入,本導入,改修提案を振り返って─, #IPSJ 情報処理, Vol.62, No.1, pp.4-9 (2021). https://t.co/KXJLtqRtCQ #jnsg https://t.co/pL…
CiNii 論文 -  鹿児島市アクセントと枕崎アクセント https://t.co/mLgCIfSKr5 #CiNii
CiNii 論文 -  鹿児島県大隅半島内之浦方言における二型アクセントの痕跡 https://t.co/7S8moLZdtn #CiNii
CiNii 論文 -  対馬市厳原町豆酘方言における動詞アクセントの例外について https://t.co/WOP71UwK7B #CiNii
CiNii 論文 -  熊本方言における引用の助詞「て」を含む節の韻律について https://t.co/D2dzd8WHVQ #CiNii
RT @jnsgsec: HER-SYSはなにが問題だったか─先行導入,本導入,改修提案を振り返って─, #IPSJ 情報処理, Vol.62, No.1, pp.4-9 (2021). https://t.co/KXJLtqRtCQ #jnsg https://t.co/pL…
RT @jnsgsec: HER-SYSはなにが問題だったか─先行導入,本導入,改修提案を振り返って─, #IPSJ 情報処理, Vol.62, No.1, pp.4-9 (2021). https://t.co/KXJLtqRtCQ #jnsg https://t.co/pL…
「聴覚情報処理障害(APD)に対する訓練用VRアプリケーション」についての報告です。 https://t.co/XyPE7nwxI2
@t_miwa_neutron @kanshikironri IPA(国際音声記号)とか、X-SAMPAとかで、ある程度定義されていたりします。 日本音響学会のこのPDFに音声学の基礎がまとめてあります。 https://t.co/VMINH8XchS
バーチャルリアリティは「悪」か(哲学) https://t.co/tCjHlanTc3
RT @kanna07409: メモ 福島第一原子力発電所事故に関する新聞報道8年間の研究 東北福祉大学紀要 https://t.co/fPvWmMXx24
@NaoNanori 耳介には小さいながら集音効果が、外耳道には共鳴効果(2∼3kHz を中心に)があるが、これらの測定は補聴に関連. してオープンイヤーゲインを測定する場合等に限られる。 https://t.co/t9cN7imsQB この文献を引用するなら、1は正解。4が誤り(答え)になりますポン
RT @myuuko: 私のアブストツイートで出てくる右翼権威主義ですが,尺度の日本語版がこのたび正式に刊行されたようです! オープンアクセスで,項目も載っているので,そのまま研究に使ったりできそうです。 日本語版右翼権威主義尺度の作成 @takano_ryota + @Fu…
RT @ballforest: PatrickくんのD論 (2020.3) / High-Quality and Flexible Voice Conversion Techniques based on Statistical Spectral and Waveform Mo…
PatrickくんのD論 (2020.3) / High-Quality and Flexible Voice Conversion Techniques based on Statistical Spectral and Waveform Modeling https://t.co/bQgXiuaUw7

フォロワー(541ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @asarin: 心理学研究 早期公開論文 J-STAGE Articles - 再生テストに基づく記憶現象のオンライン実験による再現 https://t.co/mbowKwbo3Y 新型コロナ特集号.実験室実験ができず途方に暮れている方々向け.
RT @asarin: 心理学研究 早期公開論文 J-STAGE Articles - 新型コロナウイルス拡大期における手洗い行動の規定因 https://t.co/yU8A6bI32q 新型コロナ特集号掲載の論文が徐々に早期公開され始めます.
CiNii 論文 -  鹿児島市アクセントと枕崎アクセント https://t.co/mLgCIfSKr5 #CiNii
RT @inenoha: そういえば「新しい科学的事実は批判者が説得されることではなく,科学者の世代交代によって認められるようになる」(ざっくり)といういわゆるプランクの規則についても聞かれることがあるのですが,晩年のWissenschaftliche Selbstbiogra…
CiNii 論文 -  鹿児島県大隅半島内之浦方言における二型アクセントの痕跡 https://t.co/7S8moLZdtn #CiNii
CiNii 論文 -  対馬市厳原町豆酘方言における動詞アクセントの例外について https://t.co/WOP71UwK7B #CiNii
CiNii 論文 -  熊本方言における引用の助詞「て」を含む節の韻律について https://t.co/D2dzd8WHVQ #CiNii
@t_miwa_neutron @kanshikironri IPA(国際音声記号)とか、X-SAMPAとかで、ある程度定義されていたりします。 日本音響学会のこのPDFに音声学の基礎がまとめてあります。 https://t.co/VMINH8XchS
バーチャルリアリティは「悪」か(哲学) https://t.co/tCjHlanTc3
@NaoNanori 耳介には小さいながら集音効果が、外耳道には共鳴効果(2∼3kHz を中心に)があるが、これらの測定は補聴に関連. してオープンイヤーゲインを測定する場合等に限られる。 https://t.co/t9cN7imsQB この文献を引用するなら、1は正解。4が誤り(答え)になりますポン
RT @myuuko: 私のアブストツイートで出てくる右翼権威主義ですが,尺度の日本語版がこのたび正式に刊行されたようです! オープンアクセスで,項目も載っているので,そのまま研究に使ったりできそうです。 日本語版右翼権威主義尺度の作成 @takano_ryota + @Fu…
RT @janip_pr: アウトリーチ活動である「アート×サイエンス IN 京都市動物園 アートで感じる? チンパンジーの 気持ち」の紹介およびチンパンジー向け映像鑑賞時のヒトとチンパンジーの視線計測の比較研究。https://t.co/8wbYLfVclB
RT @ballforest: PatrickくんのD論 (2020.3) / High-Quality and Flexible Voice Conversion Techniques based on Statistical Spectral and Waveform Mo…
PatrickくんのD論 (2020.3) / High-Quality and Flexible Voice Conversion Techniques based on Statistical Spectral and Waveform Modeling https://t.co/bQgXiuaUw7