しまきう@名古屋コーチンひよ子鑑定士 (@SHIMAQ404)

投稿一覧(最新100件)

RT @BiTsukuBiol: 全ての餌やりが悪いとまでは言いませんが、餌やりによるリスクは知っておきたいですね。 福井大祐(2012)「人と野生動物の関わりと感染症ー野鳥大量死と餌付けを例に」pdf注意。 https://t.co/GvcQwFjtjH
RT @BeerBear_Jiro: 最大の死因とは言うものの全体数の22.6% 殆どが死因不明(67.3%) (腐敗、損傷が激しいもの、白骨化しているもの) また、道路上・道路周辺で発見された個体がほとんどのため事故死のバイアスがかかる可能性がある 発見されていない個体も考慮…
RT @co_biodiversity: 要約「駆除事業は動物虐待ではない。人間の無責任なペットや家畜の管理が引き起こした壊滅的状況にある生態系を回復する責任ある活動」 2002年の保全生態学研究「個体数が減少したオガサワラオオコウモリ保全のための緊急提言」より引用 http…
RT @chuboht: 梶 光一. 2018. 科学的な野生動物管理を目指して:シカの爆発的増加と個体群管理. 哺乳類科学 58(1): 125-134. https://t.co/kb4uJQytvs
@torikotika https://t.co/pLJJPyAq4h 某く○もりさんはドイツは捕獲してないと仰ってましたがこの論文見ると年間6万頭が捕獲されているようですね

お気に入り一覧(最新100件)

全ての餌やりが悪いとまでは言いませんが、餌やりによるリスクは知っておきたいですね。 福井大祐(2012)「人と野生動物の関わりと感染症ー野鳥大量死と餌付けを例に」pdf注意。 https://t.co/GvcQwFjtjH
有意に炭素安定同位体比の値が低かったため,より恒常的に希少在来種を餌としていたと考えられた. 捕獲ネコは集落に依存する個体の多いことが明らかになった https://t.co/8mMNT8Lvia
最大の死因とは言うものの全体数の22.6% 殆どが死因不明(67.3%) (腐敗、損傷が激しいもの、白骨化しているもの) また、道路上・道路周辺で発見された個体がほとんどのため事故死のバイアスがかかる可能性がある 発見されていない… https://t.co/YmHrRTRLL9
要約「駆除事業は動物虐待ではない。人間の無責任なペットや家畜の管理が引き起こした壊滅的状況にある生態系を回復する責任ある活動」 2002年の保全生態学研究「個体数が減少したオガサワラオオコウモリ保全のための緊急提言」より引用… https://t.co/jx44PJUNCv
地域猫活動って成功してる?公表されてる報告書・データのリンク https://t.co/BhBhTyv4Bv 『地域猫』活動の長期的変遷に関する予備的考察https://t.co/ESfdd4bsz9 この論文の表1に記される48… https://t.co/zimy0R4w3i
梶 光一. 2018. 科学的な野生動物管理を目指して:シカの爆発的増加と個体群管理. 哺乳類科学 58(1): 125-134. https://t.co/kb4uJQytvs
「昭和25年に鹿を奈良から移入」とのデマを書いた人が居るようですが明らかな嘘です。 戦中の混乱で奈良の鹿はその時期激減し、絶滅の危機。 天然記念物の仮指定が昭和22年、本指定が32年。 そんな時期に譲渡などする筈がない。… https://t.co/ZarcDHNg1O
@sv575GoYGuCIeTj @Cr3jfFWmv1iAxlY 論文もあります.参考になれば幸いです.https://t.co/kb4uJQytvs

フォロー(986ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @naoyukinkhm: 丹沢山地におけるシカの増加がオサムシ科甲虫に及ぼす間接的影響 (日本語論文。オープンアクセス。)https://t.co/T2KUbvuqMn シカの影響による植生被度の減少に伴い,小型のオサムシ科甲虫種(ヨリトモナガゴミムシなど)は増加した一…
@kyDE4gQhRFRa3oX @chojyu1972 @sankakutobira_ @momoneko2221 @SakuragitsuKans 宮島には他のシバ属植物もありますが,海辺に出るものです.参考-> https://t.co/zk55qZICyz
RT @BiTsukuBiol: 全ての餌やりが悪いとまでは言いませんが、餌やりによるリスクは知っておきたいですね。 福井大祐(2012)「人と野生動物の関わりと感染症ー野鳥大量死と餌付けを例に」pdf注意。 https://t.co/GvcQwFjtjH
RT @BiTsukuBiol: 全ての餌やりが悪いとまでは言いませんが、餌やりによるリスクは知っておきたいですね。 福井大祐(2012)「人と野生動物の関わりと感染症ー野鳥大量死と餌付けを例に」pdf注意。 https://t.co/GvcQwFjtjH
RT @BiTsukuBiol: 全ての餌やりが悪いとまでは言いませんが、餌やりによるリスクは知っておきたいですね。 福井大祐(2012)「人と野生動物の関わりと感染症ー野鳥大量死と餌付けを例に」pdf注意。 https://t.co/GvcQwFjtjH
RT @BiTsukuBiol: 全ての餌やりが悪いとまでは言いませんが、餌やりによるリスクは知っておきたいですね。 福井大祐(2012)「人と野生動物の関わりと感染症ー野鳥大量死と餌付けを例に」pdf注意。 https://t.co/GvcQwFjtjH
RT @BiTsukuBiol: 全ての餌やりが悪いとまでは言いませんが、餌やりによるリスクは知っておきたいですね。 福井大祐(2012)「人と野生動物の関わりと感染症ー野鳥大量死と餌付けを例に」pdf注意。 https://t.co/GvcQwFjtjH
RT @BiTsukuBiol: 全ての餌やりが悪いとまでは言いませんが、餌やりによるリスクは知っておきたいですね。 福井大祐(2012)「人と野生動物の関わりと感染症ー野鳥大量死と餌付けを例に」pdf注意。 https://t.co/GvcQwFjtjH
RT @utamaro_: 立法過程の調査。54頁からの合意形成について参考になると思います。 「議員立法はどのように行われてきたか」 (国立国会図書館 調査及び立法考査局) https://t.co/TBdITmYELM
RT @kumagaikazuhimi: 反捕鯨と抗議ビジネス--環境保護団体の鯨保護キャンペーンの一側面 https://t.co/2jEiOJY3Tz
RT @carpe_diem0820: 気を付けたいのは、特別寄稿は第三者からの科学的評価を受けていない原稿である点、副反応疑い報告自体は科学的な因果関係を問われない点、機能性身体症状は「異常所見を見いだすことができない」症状である点。 子宮頸がんワクチン接種後の副反応:わが…
免疫チェックポイント阻害薬による内分泌障害の診療ガイドライン - 日本内分泌学会2018年11月28日公開 https://t.co/FUGBRF516U 免疫チェックポイント阻害薬による内分泌障害として、下垂体機能低下症、副腎… https://t.co/c3uft461B6
@ohira_y CiNii 論文 - りんごジュースのパツリン汚染実態調査 https://t.co/bFNuTH3lTr #CiNii
RT @takahiko_mukai: @oikawamaru 3年ほど前の日本生態学会誌にこういう論文がありますよ.味についての言及もされてたと思いますが. 水生昆虫食 : 河川底生動物の食料としての可能性.日本生態学会誌 65(2), 77-85, 2015 https:…
RT @takahiko_mukai: @oikawamaru 3年ほど前の日本生態学会誌にこういう論文がありますよ.味についての言及もされてたと思いますが. 水生昆虫食 : 河川底生動物の食料としての可能性.日本生態学会誌 65(2), 77-85, 2015 https:…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? ベイブレード遊びにおける4歳児の自己充実と仲間関係(武宮 道子ほか),2003 https://t.co/JS96Vug9mx
RT @takahiko_mukai: @oikawamaru 3年ほど前の日本生態学会誌にこういう論文がありますよ.味についての言及もされてたと思いますが. 水生昆虫食 : 河川底生動物の食料としての可能性.日本生態学会誌 65(2), 77-85, 2015 https:…
RT @takahiko_mukai: @oikawamaru 3年ほど前の日本生態学会誌にこういう論文がありますよ.味についての言及もされてたと思いますが. 水生昆虫食 : 河川底生動物の食料としての可能性.日本生態学会誌 65(2), 77-85, 2015 https:…
RT @ma3cun4: 濱口富士雄先生「群馬の漢文碑読解上の諸問題」(日本漢文学研究 1, 93-119, 2006-03)読了。漢文碑翻刻や碑文そのものの誤りについて、具体例を挙げて指摘。漢文読解に関する諸々の基礎を身に付ける事の大切さと、それが史跡巡りを楽しむ上で深みが増…
RT @kurage_ya_lab: 瀬戸内海に生息する日本最大級の箱虫綱、ヒクラゲMorbakka virulentaの食性に関する報告 https://t.co/K94bP1Dvav 論文の方を拝見させて頂きますと、成熟したヒクラゲの生態的位置はもはやクラゲでは無く、20~…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? NHK文研フォーラム2018 シンポジウム 『きょうの料理』60年の歴史とこれから:"老舗"番組から考えるコンテンツの未来(大野 敏明ほか),2018 https://t.co/kqhNlhbf2s

フォロワー(882ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @naoyukinkhm: 丹沢山地におけるシカの増加がオサムシ科甲虫に及ぼす間接的影響 (日本語論文。オープンアクセス。)https://t.co/T2KUbvuqMn シカの影響による植生被度の減少に伴い,小型のオサムシ科甲虫種(ヨリトモナガゴミムシなど)は増加した一…
RT @matiasauquebaux: 5年くらい前に利き手の尺度を翻訳したんですよ。日本語でキチンと論文化されてる利き手尺度はこれだけです。だから「これは引用されるぞ、ふっふっふ」とか思ってたのに、まるで引用されません。一切断らないでも良いのでガンガン使ってください。プリー…
@kyDE4gQhRFRa3oX @chojyu1972 @sankakutobira_ @momoneko2221 @SakuragitsuKans 宮島には他のシバ属植物もありますが,海辺に出るものです.参考-> https://t.co/zk55qZICyz
RT @BiTsukuBiol: 全ての餌やりが悪いとまでは言いませんが、餌やりによるリスクは知っておきたいですね。 福井大祐(2012)「人と野生動物の関わりと感染症ー野鳥大量死と餌付けを例に」pdf注意。 https://t.co/GvcQwFjtjH
卵の殻の形状から雌雄判別 科研費での論文になってら。 判別は出来るが、論文時点では時間が掛かり過ぎて実用性が無い。感じ? https://t.co/lERpmUU6s0
RT @BiTsukuBiol: 全ての餌やりが悪いとまでは言いませんが、餌やりによるリスクは知っておきたいですね。 福井大祐(2012)「人と野生動物の関わりと感染症ー野鳥大量死と餌付けを例に」pdf注意。 https://t.co/GvcQwFjtjH
RT @BiTsukuBiol: 全ての餌やりが悪いとまでは言いませんが、餌やりによるリスクは知っておきたいですね。 福井大祐(2012)「人と野生動物の関わりと感染症ー野鳥大量死と餌付けを例に」pdf注意。 https://t.co/GvcQwFjtjH
RT @BiTsukuBiol: 全ての餌やりが悪いとまでは言いませんが、餌やりによるリスクは知っておきたいですね。 福井大祐(2012)「人と野生動物の関わりと感染症ー野鳥大量死と餌付けを例に」pdf注意。 https://t.co/GvcQwFjtjH
RT @BiTsukuBiol: 全ての餌やりが悪いとまでは言いませんが、餌やりによるリスクは知っておきたいですね。 福井大祐(2012)「人と野生動物の関わりと感染症ー野鳥大量死と餌付けを例に」pdf注意。 https://t.co/GvcQwFjtjH
RT @BiTsukuBiol: 全ての餌やりが悪いとまでは言いませんが、餌やりによるリスクは知っておきたいですね。 福井大祐(2012)「人と野生動物の関わりと感染症ー野鳥大量死と餌付けを例に」pdf注意。 https://t.co/GvcQwFjtjH
RT @takahiko_mukai: @oikawamaru 3年ほど前の日本生態学会誌にこういう論文がありますよ.味についての言及もされてたと思いますが. 水生昆虫食 : 河川底生動物の食料としての可能性.日本生態学会誌 65(2), 77-85, 2015 https:…
RT @lugduname: NINJA、実際免疫疾患なのだが詐病・心因性・精神疾患などと誤診されがち こちらも参考にドーゾ 自己免疫性脳疾患を見逃さないために https://t.co/wfgxyBKsWi 自己免疫性脳症を見きわめるための新しい神経診察の提案 https:/…
RT @lugduname: NINJA、実際免疫疾患なのだが詐病・心因性・精神疾患などと誤診されがち こちらも参考にドーゾ 自己免疫性脳疾患を見逃さないために https://t.co/wfgxyBKsWi 自己免疫性脳症を見きわめるための新しい神経診察の提案 https:/…
RT @ma3cun4: 濱口富士雄先生「群馬の漢文碑読解上の諸問題」(日本漢文学研究 1, 93-119, 2006-03)読了。漢文碑翻刻や碑文そのものの誤りについて、具体例を挙げて指摘。漢文読解に関する諸々の基礎を身に付ける事の大切さと、それが史跡巡りを楽しむ上で深みが増…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? NHK文研フォーラム2018 シンポジウム 『きょうの料理』60年の歴史とこれから:"老舗"番組から考えるコンテンツの未来(大野 敏明ほか),2018 https://t.co/kqhNlhbf2s