からす 2E (@KaRaSu0)

投稿一覧(最新100件)

RT @seiichitsuchiya: 川崎市市民ミュージアムには、多摩川に隣接しているせいか、「水」について調査研究するというコンセプトがもともとあったのかな?と、開館準備室時代の刊行物のタイトルを見つけて、皮肉なものだと切なくなる。 " CiNii 図書 - 川崎の雨乞い…
RT @memex_pibo: あと昔見た研究ですごい好きなのがあって 布に糸通して小型モーターで巻き取って動的に変形させる奴なんですけど GPSで学校から離れたらスカートの丈を短くするってアイデアが可愛かった Filum: 環境やユーザに即して既存のテキスタイルを動的に変形…
RT @kougaku: 日本バーチャルリアリティ学会論文誌に論文が掲載されました! 研究室の記念すべき最初のジャーナル論文です。 Behind the Photo:撮影の裏側を見せるフォトメディア 佐竹 澪, 橋本 典久, 橋本 直 https://t.co/L495ffo…

3 0 0 0 OA 総合討論2

RT @s15taka: 日本地球惑星科学連合2019年大会/総合討論2 https://t.co/XEU0NZo2d9
RT @s15taka: 日本地球惑星科学連合2019年大会/地球科学者がブラタモリを案内して考えたこと https://t.co/XPRSsGY2aL
RT @s15taka: 日本地球惑星科学連合2019年大会/ブラタモリが可視化する歴史 https://t.co/mihJBc0qIa

5 0 0 0 OA 総合討論1

RT @nightudon: 日本地球惑星科学連合2019年大会/総合討論1 https://t.co/7jJqDU43vL

468 30 0 0 OA 江戸と水

RT @Zazamucy: 何だこの地理クラスタ!? J-STAGE Articles - 江戸と水 (徳仁 親王) https://t.co/HjOdQwF5iW https://t.co/LOjJMfxwP8
RT @tigers_1964: 3.11津波の教訓:地域によって異なる死者率が意味 するもの PDF:https://t.co/ys0UV2jSRx
@tanarin_h @rjgeller 地震の予知・予測では予知率と適中率の2つの成績を見る https://t.co/Qw4NtKGLfV 偶然の成績との比較も大事 https://t.co/f6KX4oINgp フラクタ… https://t.co/d7gBlZ4GrH
@tanarin_h @rjgeller 地震の予知・予測では予知率と適中率の2つの成績を見る https://t.co/Qw4NtKGLfV 偶然の成績との比較も大事 https://t.co/f6KX4oINgp フラクタ… https://t.co/d7gBlZ4GrH
RT @Rogue_Monk: ノートルダム大聖堂の火災:  火災の熱で石材(石灰岩らしい)の劣化が心配されてるが、関連した論文を発見。 熱による岩石の強度の変化あるいは破壊について https://t.co/tgNBEzjcdN  大聖堂の場合、700~800℃の熱に1時間程…
RT @GinHS: 洪水氾濫シミュレーションを用いた信玄堤の治水能力の再評価 ー御勅使川沿いの治水施設群に着目してー 、根元ほか(2011、地理学評論) https://t.co/SgdsUjVgJq #ブラタモリ
RT @rjgeller: 日本政府はおかしい! 「地震予知連絡会10年の歩み」という本は政府予算で作成されたものの国会図書館は著作権のために無条件ネット公開をしない。なぜ納税者は公的資金で作成された資料を自由に閲覧できないのか、理解に苦しむ。ふざけている! https://t…
RT @mkatolithos: 張衡の候風地動儀、地震を検知したという話は残っているが現物は伝わっておらず、復元もあるのですがその機構も実はよく分かっていないらしい。今村明恒のエッセイ(1936)のネタになっています(地震第1輯)。 https://t.co/Oh0xT4Is…
@Plutokun_Bot 地震予知予測成績 地震前予知予測を出していた割合(予知率)と予知予測の通りに地震が起きた割合(適中率) 予知率を高くするには予測乱発 宇津徳治「地震予知の適中率と予知率」 https://t.co/BuXyC0VUUq

1047 0 0 0 OA 文選正文

RT @eoas_info: 令和の出典、より古いのは多分こちら。あらまぁ。 画像: 張衡「帰田賦」『文選』v.3, f.35b 所蔵: 国立国会図書館 特70-512 info:ndljp/pid/901414 https://t.co/KZOrdlweTG https:/…
RT @Calcijp: CiNii 論文 -  大学紀要というメディア : 限りなく透明に近いグレイ?(<特集>灰色文献) https://t.co/3s53Ra4756 #CiNii なんて話をしてたらこんな論文が出てきて吹いたw
RT @NIJL_collectors: 「ランドセル」の、比較的早い時期の画像つき用例を見つけた 『万国通商往来』(明治6年)https://t.co/LXtNtGdTTx https://t.co/ViLPTuo8vv
@peerway 地震予知予測成績 地震前予知予測を出していた割合(予知率)と予知予測の通りに地震が起きた割合(適中率) 予知率を高くするには予測乱発 宇津徳治「地震予知の適中率と予知率」 https://t.co/BuXyC0VUUq
@Sankei_news 地震予知予測成績 地震前予知予測を出していた割合(予知率)と予知予測の通りに地震が起きた割合(適中率) 予知率を高くするには予測乱発 宇津徳治「地震予知の適中率と予知率」 https://t.co/BuXyC0VUUq
@trend_twitdon 地震予知予測成績 地震前予知予測を出していた割合(予知率)と予知予測の通りに地震が起きた割合(適中率) 予知率を高くするには予測乱発 宇津徳治「地震予知の適中率と予知率」 https://t.co/BuXyC0VUUq
@usa_hakase 地震予知予測成績 地震前予知予測を出していた割合(予知率)と予知予測の通りに地震が起きた割合(適中率) 予知率を高くするには予測乱発 宇津徳治「地震予知の適中率と予知率」 https://t.co/BuXyC0VUUq
RT @mkatolithos: 高橋・藤井(2014,資源・素材学会)、この言葉遣いは地震学研究っぽくないという感想。 https://t.co/JTMvyE5aIq 藤井・他(2014)は海洋潮汐を扱い、 https://t.co/5GaJeg5TQ0 藤井・他(2019…
RT @mkatolithos: 高橋・藤井(2014,資源・素材学会)、この言葉遣いは地震学研究っぽくないという感想。 https://t.co/JTMvyE5aIq 藤井・他(2014)は海洋潮汐を扱い、 https://t.co/5GaJeg5TQ0 藤井・他(2019…
RT @mkatolithos: 高橋・藤井(2014,資源・素材学会)、この言葉遣いは地震学研究っぽくないという感想。 https://t.co/JTMvyE5aIq 藤井・他(2014)は海洋潮汐を扱い、 https://t.co/5GaJeg5TQ0 藤井・他(2019…
@sh1939murai 地震予知予測成績 地震前予知予測を出していた割合(予知率)と予知予測の通りに地震が起きた割合(適中率) 予知率を高くするには予測乱発 宇津徳治「地震予知の適中率と予知率」 https://t.co/BuXyC0VUUq
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 脳波解析による感性アナライジング(満倉 靖恵),2016 https://t.co/MDiuQFQuf1 <p>1.はじめに 2013年は脳元年。アメリカ大統領オバマ氏による国家…
@sh1939murai 地震予知予測成績 地震前予知予測を出していた割合(予知率)と予知予測の通りに地震が起きた割合(適中率) 予知率を高くするには予測乱発 宇津徳治「地震予知の適中率と予知率」 https://t.co/BuXyC0VUUq
@sh1939murai 地震予知予測成績 地震前予知予測を出していた割合(予知率)と予知予測の通りに地震が起きた割合(適中率) 予知率を高くするには予測乱発 宇津徳治「地震予知の適中率と予知率」 https://t.co/BuXyC0VUUq
@sh1939murai 地震予知予測成績 地震前予知予測を出していた割合(予知率)と予知予測の通りに地震が起きた割合(適中率) 予知率を高くするには予測乱発 宇津徳治「地震予知の適中率と予知率」 https://t.co/BuXyC0VUUq
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 脳波解析による感性アナライジング(満倉 靖恵),2016 https://t.co/MDiuQFQuf1 <p>1.はじめに 2013年は脳元年。アメリカ大統領オバマ氏による国家…
RT @mkatolithos: 地震予知・予測の成績を見るときに大事な数字は2つ:大きな地震の前に予知・予測を出していた割合(予知率)と予知・予測の通りに大きな地震が起きた割合(適中率)。予知率だけを高くするのは簡単で予測を乱発すればよい。詳しくは宇津徳治「地震予知の適中率と…
RT @ayafuruta: 物理の猫をもう一匹挙げておこう。谷村省吾「猫と電子はゲージ場を知っている」 https://t.co/QmhYhOPbhF専門家はこちら「トムとベリー : 量子力学および古典力学の微分幾何学的側面とゲージ理論について」https://t.co/gO…
RT @Yokohama_Geo: 1990年2月20日の伊豆大島近海の地震Mw6.4は、横ずれ型だが津波が発生(大島町と南伊豆町で最大30cm)した。純粋横ずれでも、ずれの端で行き場を失った部分が隆起し、反対側はそれをうめる形で沈降して、海底に上下変位が生じる。 「横ずれ断…
@sh1939murai 地震の予知・予測では予知率と適中率の2つの成績を見る https://t.co/Qw4NtKYm7t 偶然の成績との比較も大事 https://t.co/f6KX4p0o7X
@sh1939murai 地震の予知・予測では予知率と適中率の2つの成績を見る https://t.co/Qw4NtKYm7t 偶然の成績との比較も大事 https://t.co/f6KX4p0o7X
RT @maedajin: 厚真町の4000年前の遺跡に今回と同様の地すべり.そしてこの地すべり発生時期は石狩低地東縁断層帯馬追断層の最新活動期と重なる.田近ほか 2016年論文.https://t.co/4RrNQEMOdk
RT @mkatolithos: 震度7が制定される前にも震度7相当の揺れは何度か経験している。 武村雅之・他「明治以後の内陸浅発地震の被害から見た強震動の特徴 ―震度VIIの発生条件―」(地震1998) https://t.co/AuRdNlKRt9
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 20-2,今村文彦他「つなみ避難数値シミュレーション法の開発と畝画期道奥尻島青苗地区への適用」をコメントします。(モニター意見)(北原糸子),2001 http://id.CiNii.jp/MWdYL
RT @ke_1sato: たまには、自分の専門分野についてのお知らせ。。。 うちの紀要に1本書きました。ご笑覧頂ければ幸い。 「建部賢弘『研幾算法』による弓形の弧長の導出式の復元について」 https://t.co/XMpX7UnAvB (縦書きの物を横書き二段組みになどし…
RT @mkatolithos: 瀬野徹三/台湾付近のテクトニクス(地震1994) https://t.co/SstbqWuNTf
RT @HEKIREKIKA_R: 大野 裕司「玉女反閉局法について」(2006) http://t.co/Uhu5wIGhhs こんな論文が在ったんだね。 #陰陽道 #陰陽師
RT @Yokohama_Geo: 南海トラフ沿いの地質構造単元A~Dの提唱ってこのあたりが最初なのでしょうか? 「南海トラフ沿いの巨大地震に伴う右横ずれ逆断層構造」(粟田泰夫・杉山雄一) https://t.co/VIoyUY76on
RT @Yokohama_Geo: 地震前兆としてのラドン濃度観測として有名なのはこれ。 「兵庫県南部地震前に観測された大気中ラドン濃度異常」 https://t.co/14ta9bWf4m 神戸薬科大(震央から北東25km)での観測ですが、こういう1点だけの1回きりの観測…
RT @mkatolithos: 地震活動の統計は長い研究の歴史があります。この問題については宇津(1969)あたりが参考になるでしょうか。公開データを解析するのはよいことだと思いますが基礎的な事項の理解がないときにはあまり得るものないということでしょうか。 https://t…
RT @mkatolithos: 予知でも予測でも同じです。その成績を考えるときの基本文書がこれです。 https://t.co/ONuh2aIWVx https://t.co/5Bbhh4WN47
RT @mkatolithos: @jishin_mitate これを読んでよく考えてください。地震の前に予測を出している率を高くすることは簡単なのです。  https://t.co/ONuh2aIWVx
RT @mkatolithos: 余震の面積が広いのは次の大地震の前兆だというホラを吹く方が居られますが過去の余震面積はバラツキが大きくこれを考慮せずに式を使ってしまう初歩的な過ちですね。式の意味を理解することは大事です。先行研究は例えば宇津・関(1956) https://t…
RT @reijikan: 西日本の中央構造線より北側(内帯)では、南海トラフの巨大地震の前後に地震が多くなる、ということを統計的に示した Hori and Oike (1996) JPE。→ https://t.co/0z6AnMwywN
RT @theoria720: マグニチュードには、 モーメントマグニチュード、 気象庁マグニチュード、 リヒターマグニチュード、 などなどの計測値があるそう。 井出哲氏論文 http://t.co/46VLs0idzp
RT @mkatolithos: 地震予知・予測情報の成績を見る際には、適中率と予知率、の2つの数字に注目することが大事です。 宇津「地震予知の適中率と予知率」(地震) https://t.co/ONuh2aIWVx
RT @mkatolithos: 最小自乗法を使って求めたGR式の2つの係数の誤差について考察した例は例えは安芸(1961) https://t.co/LDm8IKupOd なお最小自乗法を用いる方法がよろしくないことは地震学の教科書などで紹介されています
RT @mkatolithos: なおランダムな地震の発生はポワソン過程で説明できることが知られています。ポワソン過程の事象の発生間隔は指数分布に従うことが知られていて、地震についてもその間隔がほぼ指数分布になることは(余震が例外になることも)知られています。 https://…
RT @mkatolithos: 地震の予測が気になる人にはこれをおすすめします。 宇津徳治「地震予知の適中率と予知率」地震 第2輯, 30, 179-185, 1977. https://t.co/ONuh2aIWVx
RT @mkatolithos: 古典的な研究成果ですがある地域の地震の発生間隔の頻度分布は基本的に指数分布になるようです。たとえば宇津(1969)の図7以降。 https://t.co/wYX7a0r3OW これは世界の地震についても成り立つようです。
RT @mkatolithos: 地震予知の成績を考えようという論文が宇津(1977)の「地震予知の適中率と予知率」。地震学会の雑誌にでています。 https://t.co/ONuh2aIWVx
RT @sayawudon: ご参考まで 津波災害予測図についての論文 http://t.co/xhRCk1hQqN … … もとになったマニュアル http://t.co/BE2WAQVKFX … 開示された文書 http://t.co/gENQ3Qoqap https:/…
RT @meibunko: 日本地すべり学会誌 Vol. 40 (2003-2004) No. 1 P 1-9 「わが国の火山地域における地すべり災害研究の概要と今後の課題」 井口 隆さん http://t.co/xxWvBdlpcz

3 0 0 0 OA 地震報告

RT @mkatolithos: 中央気象台が出した最初の「地震報告」(明治19年)によると明治18年最も有感が多かったのは東京で68回らしい(2014年の大手町での有感は65回)。 国立国会図書館デジタルコレクション http://t.co/paqjxG1PYP (カラーの図…
RT @mkatolithos: 地震に伴う変動に関しては観測例が増えてますが観測点の個性が強いので経験の蓄積を活かすのが難しい分野です。この総説は現状のよいまとめだと思います。 小泉尚嗣「地震時および地震後の地下水圧変化」地学雑誌 v122 2013. https://t.…
RT @mkatolithos: 今読みかえすとさすがにちょっと時代を感じてしまいますが、地震学会誌「地震」の80年代の地震学特集号の中のこのレビューはよくまとまっていると思う。 佐藤春夫「ランダムな不均質による地震波の散乱」 https://t.co/5NtFwDNGGM
RT @motialtjin: 昨年出たばかりの論文見つけた。 古村孝志先生の。 関東平野の深部基盤構造と長周期地震動リスク https://t.co/pQT5ykui7Z 地殻構造も大事だけど、関東平野の特に都市部に住む人間にとっては基盤構造の知識も知らないよりは知っていたほ…
RT @mkatolithos: 例えば:古賀・他「日本海溝周辺における太平洋プレート内の地震発生機構」地 震 II, 64, 75-90, 2012. https://t.co/rhrS3h81cC  これはPとsPの時間差を使って地震の深さなどを決める話(この手法は90年代…
RT @mkatolithos: ちょっと古いけど図は分かりやすいかな(セイシュ=副振動) 宇野木早苗「港湾のセイシュと長周期波について」 https://t.co/yiXO6eN73X
RT @mkatolithos: 俺メモ:宇井 忠英「地学クラブ講演要旨 有珠山2000年噴火:表面現象の推移から噴火機構を探る」(地学雑誌2001) https://t.co/xvgiCFaI1F
RT @kobiwa_net: @volcano_tan 補足:火山灰アトラスにも「一線を引くのは難しい」と記載があります。一方でMachida(1999)下記リンク、では見かけの噴出量20k㎥以上のテフラを広域テフラとして挙げています(Table1)。 https://t.c…
RT @inosendo: と、思って調べてみると、ガイスターのAIを研究している人もいた。モンテカルロ法の発展型のアルゴリズムらしい。 | ゲームの不完全情報推定アルゴリズムUPPとそのガイスターへの応用 https://t.co/KgsCmXGMlx
RT @o_ob: モンハナシャコの攻撃的行動を規範としたインタラクティブデバイス 福嶋昭彦, 河口洋一郎/エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2014論文集,2014,146-150 (2014-09-12) #entcomp2014 https://t.co/C…
RT @hwtnv: 原田真喜子,渡邉英徳:横断検索結果の手動マイニングによるブレインストーミング補助ツール,エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2014 https://t.co/kzqFzoQ2JA
RT @o_ob: 3DCGにおける節足動物の動的物体上における自動歩容生成 磯部 俊行 , 河口 洋一郎 エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2014論文集,2014,270-273 (2014-09-12) #entcomp2014 https://t.co/…
RT @mkatolithos: 俺メモ:功刀卓「K-NET強震計記録に基づく気象庁計測震度と計測改正メルカリ震度の関係」地震第2輯, 53, 89-93, 2000. https://t.co/lx7cdXzjD0
RT @usa_hakase: ようやく国の研究計画の中に史料地震・火山学が正式に組み込まれ、おおぜいの歴史学者が入ってきたことは意義深いことだが、この論文で提示した問題点はまだほとんど解決していないと思う。それらをふまえて研究を進めてほしい。https://t.co/jaxQ…
RT @usa_hakase: 日本の史料地震学研究の問題点と展望―次世代の地震史研究に向けて―https://t.co/jaxQeYgrbl これ書いてからもう15年か。
RT @mkatolithos: 地震学に明るくない人が「地震学」と「地震予知」の語と概念をうまく使い分けておられないというのを昨日今日で数例見つけて、武村雅之さんの論考を思い出すなど/「歴史的視点から見た地震学と社会」 http://t.co/dRzcbvljox

11 0 0 0 OA 雜報

RT @tigers_1964: 1955年10月13日の爆発も5000mと推定されている(pdf http://t.co/vNR7WPIn5U)。
RT @kakentter: こんな研究ありました:X線タルボ干渉計を用いたX線位相微分顕微鏡の開発とその応用(百生 敦) http://t.co/utUP6EDj
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? ノスタルジーの消費 -映画『クレヨンしんちゃんオトナ帝国の逆襲』分析-(矢部 謙太郎ほか),2004 http://t.co/g9c3Z4eNBy
RT @s_kajita: NHK Eテレ「サイエンスZERO」のロボット特集に不満を感じたので、改めて読み直してみた。ロボットの取材をする人は必読! / 森山和道 「ロボットを取り巻くメディアコミュニケーションの動向」http://t.co/BGoKk3jR  番組の中 ...

お気に入り一覧(最新100件)

川崎市市民ミュージアムには、多摩川に隣接しているせいか、「水」について調査研究するというコンセプトがもともとあったのかな?と、開館準備室時代の刊行物のタイトルを見つけて、皮肉なものだと切なくなる。 " CiNii 図書 - 川崎の… https://t.co/fmVkOQXgje
日本バーチャルリアリティ学会論文誌に論文が掲載されました! 研究室の記念すべき最初のジャーナル論文です。 Behind the Photo:撮影の裏側を見せるフォトメディア 佐竹 澪, 橋本 典久, 橋本 直 https://t.co/L495ffoUfV
あと昔見た研究ですごい好きなのがあって 布に糸通して小型モーターで巻き取って動的に変形させる奴なんですけど GPSで学校から離れたらスカートの丈を短くするってアイデアが可愛かった Filum: 環境やユーザに即して既存のテキスタ… https://t.co/D2pIAs6dlD
特別セッションS23「オープンデータと地震学」で,歴史地震史料や歴史記録に関連した史料や資料(主として紙のもの)をどううまく利用するか(したいか)という話をします. 日本地震学会2019年度秋季大会/オープンデータと歴史地震・歴… https://t.co/3lsDk3jr7k
読んだ。 掲載地図の誤りにみる『防衛白書』の資料的価値と防衛省の地理的知識―『平成29 年版 日本の防衛―防衛白書―』を中心に―(愛知大学リポジトリ) https://t.co/8a7TeSVNBM 2017年の段階で、専門家から… https://t.co/aR2P3Al8Cf
私が関わった中国の科学事情の記事で閲覧フリーのものをまとめました。 中国でラボをはじめるということ(生物物理学会) https://t.co/LUoVumQB59 大学メシからみえてくる中国の大学の強み(JST)… https://t.co/VuGBUs7nuL
『三体』が待ち遠しい方にお勧めします。 文革に関する文献はたくさんありますが,たいてい文系の人が書いたものなので物理に言及されることはありません。 下記の文献は『三体』の予習としてぴったりです。 文化大革命期中国におけるアインシ… https://t.co/oPoDfAjqXM
CiNii 論文 -  火災 「電子レンジ」効果で建物が燃える--高周波電磁波と火災の関係に裁判所が言及 https://t.co/T3hF86C0Wl #CiNii 学認でみれない?
3.11津波の教訓:地域によって異なる死者率が意味 するもの PDF:https://t.co/ys0UV2jSRx
洪水氾濫シミュレーションを用いた信玄堤の治水能力の再評価 ー御勅使川沿いの治水施設群に着目してー 、根元ほか(2011、地理学評論) https://t.co/SgdsUjVgJq #ブラタモリ
日本政府はおかしい! 「地震予知連絡会10年の歩み」という本は政府予算で作成されたものの国会図書館は著作権のために無条件ネット公開をしない。なぜ納税者は公的資金で作成された資料を自由に閲覧できないのか、理解に苦しむ。ふざけている! https://t.co/GxiXGajbYQ
「ランドセル」の、比較的早い時期の画像つき用例を見つけた 『万国通商往来』(明治6年)https://t.co/LXtNtGdTTx https://t.co/ViLPTuo8vv
こんな論文どうですか? WWWサーバ上でのカット点を利用した動画像情報検索・再生システム(川崎 由起子ほか),1998 https://t.co/awRMS22s7S
物理の猫をもう一匹挙げておこう。谷村省吾「猫と電子はゲージ場を知っている」 https://t.co/QmhYhOPbhF専門家はこちら「トムとベリー : 量子力学および古典力学の微分幾何学的側面とゲージ理論について」https://t.co/gOvwNmcFPS
1990年2月20日の伊豆大島近海の地震Mw6.4は、横ずれ型だが津波が発生(大島町と南伊豆町で最大30cm)した。純粋横ずれでも、ずれの端で行き場を失った部分が隆起し、反対側はそれをうめる形で沈降して、海底に上下変位が生じる。… https://t.co/SnLFPtIdgD
厚真町の4000年前の遺跡に今回と同様の地すべり.そしてこの地すべり発生時期は石狩低地東縁断層帯馬追断層の最新活動期と重なる.田近ほか 2016年論文.https://t.co/4RrNQEMOdk
震度7が制定される前にも震度7相当の揺れは何度か経験している。 武村雅之・他「明治以後の内陸浅発地震の被害から見た強震動の特徴 ―震度VIIの発生条件―」(地震1998) https://t.co/AuRdNlKRt9
南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日… https://t.co/l5gFXrHFTO
すげー. 日本地球惑星科学連合2018年大会/&lt;strong&gt;霧島・えびの高原周辺に湧出する地下水の時系列変化(続報)&lt;/strong&gt; https://t.co/4rM3znZsQI
今日の噴火前後の水質変化は、ここで発表します。 https://t.co/EaErRO2VS7
こんな論文どうですか? 脳波解析による感性アナライジング(満倉 靖恵),2016 https://t.co/MDiuQFQuf1 <p>1.はじめに 2013年は脳元年。アメリカ大統領オバマ氏による国家…
たまには、自分の専門分野についてのお知らせ。。。 うちの紀要に1本書きました。ご笑覧頂ければ幸い。 「建部賢弘『研幾算法』による弓形の弧長の導出式の復元について」 https://t.co/XMpX7UnAvB (縦書きの物を横… https://t.co/vaYcu7cIfV
緊急地震速報のIPF法の論文は溜渕・山田・Wu(2014) https://t.co/VMy5BJuF6P
南海トラフ沿いの地質構造単元A~Dの提唱ってこのあたりが最初なのでしょうか? 「南海トラフ沿いの巨大地震に伴う右横ずれ逆断層構造」(粟田泰夫・杉山雄一) https://t.co/VIoyUY76on
地震前兆としてのラドン濃度観測として有名なのはこれ。 「兵庫県南部地震前に観測された大気中ラドン濃度異常」 https://t.co/14ta9bWf4m 神戸薬科大(震央から北東25km)での観測ですが、こういう1点だけの1回きりの観測例では、ほとんど何も結論できない。
知床半島付近の大地形の成因については木村学さんだと思って検索したけどあまり明確に書いてない。貝塚さんの論文にあたりたいが月刊地球なので手元にない。またそのうち調べる。https://t.co/lLCzYjDOEL
西日本の中央構造線より北側(内帯)では、南海トラフの巨大地震の前後に地震が多くなる、ということを統計的に示した Hori and Oike (1996) JPE。→ https://t.co/0z6AnMwywN
@manabu0131dpri やはり恩師の仕事をつたえなければ。 多田堯、沖縄トラフの拡大と九州の地殻変動、 https://t.co/kPlLVw4GdX
同じく国会図書館で公開されている「陸軍現役将校同相当官実役停年名簿. 大正3年7月1日調」(https://t.co/IWE4KMfbMs)547コマ目によると、この頃には「気球隊 中尉 (近衛師団)」に属し、「臨時軍用気球研究会御用掛」の副官となって航空方面に配属されている。
地震の予測が気になる人にはこれをおすすめします。 宇津徳治「地震予知の適中率と予知率」地震 第2輯, 30, 179-185, 1977. https://t.co/ONuh2aIWVx
ご参考まで 津波災害予測図についての論文 http://t.co/xhRCk1hQqN … … もとになったマニュアル http://t.co/BE2WAQVKFX … 開示された文書 http://t.co/gENQ3Qoqap https://t.co/nGsoKtJTg7
桜島での研究例→https://t.co/iItVgraYxy「桜島の河口付近に出現した謎のレーザー光線に飛び交う憶測」 http://t.co/XbVbDdFf9i
一般紙に掲載された科学記事の日米比較 http://t.co/77ykZZjHWC KH coderが使われている。形態素解析より専門家が見た正確さは評価できないんだろうか
昨年出たばかりの論文見つけた。 古村孝志先生の。 関東平野の深部基盤構造と長周期地震動リスク https://t.co/pQT5ykui7Z 地殻構造も大事だけど、関東平野の特に都市部に住む人間にとっては基盤構造の知識も知らないよりは知っていたほうが良いと思われ。
メモ:火山の構造および噴火と地震の関係(中村一明、1975)http://t.co/O4AAvE2t3D
「巨大カルデラ噴火を起こす火山は、地殻の変形速度が小さい地域に位置することが判りました」これはすでに1995年に高橋正樹さんが論文に書いた結論と同じ。新たにわかったというのは疑問。高橋論文:http://t.co/Y8MKEA2d8t

20 0 0 0 OA フィロウイルス

エボラ感染症で出血熱が起きる理由については、さっきも紹介したリンク(ウイルス、Vol. 62 (2012) No. 2 p. 197-208)の高田先生の総説に、詳しく書いてある。 https://t.co/dc4MbkkBSb
(日本語の解説としてすぐに見つかったのが これ 超解像顕微鏡の進展 http://t.co/KBDhhdH13M もっと適当なものがあるかもしれないが,とりあえず)
日本の史料地震学研究の問題点と展望―次世代の地震史研究に向けて―https://t.co/jaxQeYgrbl これ書いてからもう15年か。
こんな論文どうですか? ノスタルジーの消費 -映画『クレヨンしんちゃんオトナ帝国の逆襲』分析-(矢部 謙太郎ほか),2004 http://t.co/g9c3Z4eNBy
内潜条件づけでぐぐるとトップに来る論文→根建・石川(1990)認知行動変容再考 http://t.co/lqc6TMlJ 無料で読める。22年前にすでにこんな日本語論文があったのか!CBTの初期の進化過程をとらえたまとめ。専門用語にちゃんと英語がついてて便利

フォロー(5000ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

19 19 19 19 OA 輪鐙源流考

RT @Jiraygyo: 「鐙」 https://t.co/o5EE1YHxx7 「そのため鐙が発明されたのは西暦290~300年頃とされる。」 とウィキペディアが断言しちゃってるけど、革製の鐙や革鐙は漢代でも画像が発掘されとるよ https://t.co/zswwvdp8vN
※濃姫については史料がほとんどなく、名前すら定かでない。「濃姫」「帰蝶」の名が出る最も古い資料は江戸時代の読本で、歴史的信憑性は薄いと。「帰蝶」に至っては、いずれ嫁がせる娘に、離縁され戻る事を暗示するような名前をつけるか、という疑… https://t.co/RNK0A5Yrwv
RT @demauyo_tadaimo: 安倍さんが保守? 保守主義って、政治家の思いつきで社会制度を簡単に変えることを戒める思想だよ。 私が明日朝練だからって家中の時計を2時間早めたら、お兄ちゃんも横暴だって怒るでしょ? https://t.co/z2q92eLqRq h…
RT @mas_nk19: #世田谷区史 編纂問題、ここらで一度再整理を試みる ①:2017年10月 →『世田谷往古来今』刊行 ⇔執筆者(専門家)より、編集・校正・内容につき問題がある旨、報告される https://t.co/U8yFVQZUzV
RT @Hal_Tasaki: ぼくの学部時代からの親友・渡辺澄夫が数理研の大学院生時代に書いた 『すぴんはころぶ』 http://t.co/9YkQOgwVLi その後、渡辺の意思を引きついだ私が、『スピンはゆらぐ』(パリティ)、『スピンはそろう』(物理学会誌)を書き、「『ス…
会誌「情報処理」にて「AWS東京リージョン障害の波紋 ~クラウド時代の安定運用の課題~」という特別解説を書かせていただきました。校正チェックにご協力頂いたアマゾン ウェブ サービスの皆様、インターネットと運用技術研究会の皆様、そし… https://t.co/7iKDcvPiTY
RT @parasite2006: @ShikokuRaccoon パイプテクターを周囲に設置した配管内部の磁束密度を測定し、この論文https://t.co/wSjsMZPN8b で神戸製鋼が磁気による鉄の配管の腐食防止効果にの検証に使った超電導磁石の磁場(7T。医療用のMR…
RT @tkasasagi: I used KuroNet service on Edo period Automata book from NDL. It looks interesting. https://t.co/qhXxYBK8ZQ https://t.co/Fz3C…
RT @MinatoNakazawa: 心電図が使えるなら,心拍揺らぎの解析によるストレス評価もできそうですね https://t.co/iJJpche4cs https://t.co/iLd8fc2t1p
RT @blue_standard2: 論文題目が怖くて泣いちゃった https://t.co/vy03jr62JZ https://t.co/bS90AxWlwJ
興味深いものです。 腸内細菌叢と免疫の関わり https://t.co/FFcraGjODv
RT @blue_standard2: 論文題目が怖くて泣いちゃった https://t.co/vy03jr62JZ https://t.co/bS90AxWlwJ
RT @blue_standard2: 論文題目が怖くて泣いちゃった https://t.co/vy03jr62JZ https://t.co/bS90AxWlwJ
RT @blue_standard2: 論文題目が怖くて泣いちゃった https://t.co/vy03jr62JZ https://t.co/bS90AxWlwJ

フォロワー(1976ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @conisshow: 終戦後の孤児・浮浪児の起業 (警視庁統計書) ★新聞売り:1部1円で購入、1円80銭~4円で売って差額を得た ★煙草巻:吸殻を拾い集め、1本1円で売った ★靴磨き:道具・靴墨に500円要るが、1951年では靴磨きをしてる浮浪児が最も多かった…
興味深いものです。 腸内細菌叢と免疫の関わり https://t.co/FFcraGjODv
RT @blue_standard2: 論文題目が怖くて泣いちゃった https://t.co/vy03jr62JZ https://t.co/bS90AxWlwJ
RT @blue_standard2: 論文題目が怖くて泣いちゃった https://t.co/vy03jr62JZ https://t.co/bS90AxWlwJ
RT @kai958531911: メモ 豚コレラ生ワクチンの正しい使い方 1979 https://t.co/pJdpWDJYyS
RT @kai958531911: メモ 野外豚からの牛ウイルス性下痢ウイルス抗体の検出 ※逆もまた真也 https://t.co/K3ZfjzNnzH