miyo (@lalalamiyo)

投稿一覧(最新100件)

1 1 0 0 OA 古美術行脚

午前中は授業で佐美雄の『大和まほろばの記』を読んでいた。佐美雄の若い頃の奈良探索の手引きに、和辻『古寺巡礼』、黒田鵬心『古美術行脚』(1914)https://t.co/nL8Ggwlwls また小島貞三『大和巡礼』(1930)を… https://t.co/CsmckoSMGQ
午前中は授業で佐美雄の『大和まほろばの記』を読んでいた。佐美雄の若い頃の奈良探索の手引きに、和辻『古寺巡礼』、黒田鵬心『古美術行脚』(1914)https://t.co/nL8Ggwlwls また小島貞三『大和巡礼』(1930)を… https://t.co/CsmckoSMGQ
『古美術行脚 大和』アルス 1923 近デジにあった https://t.co/O5zxsuone6
先輩のご論文、読みなおしていた CiNii 論文 -  大正・昭和初期における「四次元」の諸相 https://t.co/GRPxypfCVy
中島俊郎 ある英文学者の肖像 : 壽岳文章 講演の草稿に加筆訂正されたとのことで、分かりやすい概観。 https://t.co/3SGZADrWgd
RT @BungakuReport: 若手博論ネット公開問題については、以前ここに書きました。学会には頑張って欲しい。P134→学会を「編集」することと、出版社と https://t.co/3f1ND4ax0M
なんだかうまくリンクがはれていなかったので再投稿。 山本欣司 「泥の河」論--小栗康平の世界へ https://t.co/9GXHceT7wu
RT @jimbunshoin: 齋藤瀏『万葉名歌鑑賞』については、青山学院大学文学部の小川靖彦先生の論文やブログが参考になります。https://t.co/UL8KiCP6HI https://t.co/uPyqBAXMdQ
RT @Frintarou: 典拠とか出典とか考える際には、渡辺秀夫「谷の鶯・歌と詩と─〈典拠〉をめぐって」(『平安朝文学と漢文世界』勉誠社、一九九一年)は読んでおくべきでしょう。もととなった論文はこちら https://t.co/cRVywH0CwU

1049 2 1 0 OA 文選正文

RT @eoas_info: 令和の出典、より古いのは多分こちら。あらまぁ。 画像: 張衡「帰田賦」『文選』v.3, f.35b 所蔵: 国立国会図書館 特70-512 info:ndljp/pid/901414 https://t.co/KZOrdlweTG https:/…
RT @palealeplease: メモ:岩淵令治「明治・大正期における「江戸」の商品化 : 三越百貨店の「元禄模様」と「江戸趣味」創出をめぐって」(『国立歴史民俗博物館研究報告』197号・2016年2月) https://t.co/OSiLyHf2Hm
RT @tolle_et_lege: 『かなしき女王』はそんなに高くなっているのか。知らなかった。第一書房版なら国会図書館コレクションで無料で読めるのに(青空文庫もあるけど)。 https://t.co/vxr1Qwd9KI
RT @GRFmail: 「氷島」収録の「乃木坂倶楽部」「火」は、晩年の本人朗読が歴音で聞けます。 https://t.co/EvinF653Jb 声がかなりおじいちゃんぽいので、若い頃の三上博史みたいなビジュアルにとらわれてると衝撃がすごい。でも娘さん曰く「いつもの声とかなり…
宮﨑尚子先生の「川端康成と藤波大超 : 大阪府立茨木中学校の生徒葬」(尚絅語文 (6), 31-38, 2017 )https://t.co/J7dMUNRTVh も恥ずかしながら見逃してて、論文出したあとで教えていただいたし。。… https://t.co/Jsoy4XN31i
マンションポエムって卒論とかの対象になってるのかな。cinii articles ではヒットしなかったけど、cinii booksで検索したら、書籍では川上徹也『こだわりバカ 』(角川新書 2016)で論じられている。… https://t.co/N6o1LJKh5P

7 0 0 0 OA 医談女談

RT @NIJL_collectors: 人文書院の日本心霊学会時代(?)の検印紙 小酒井不木『医談女談』(昭和3)https://t.co/G1l4jqPM5e 1927年(昭和2)人文書院と改称なので、直後の刊行物 ついでに表紙と貸出票、ずいぶん読まれたことがわかる ht…
補足:日本心霊学会の詳細は、一柳廣孝「霊術を売る--日本心霊学会の言説戦略をめぐって」(『比較日本文化研究』 (10), 9-26, 2006-10、再録『奇なるものへの挑戦 : 明治大正/異端の科学』 一柳廣孝, 吉永進一 監修… https://t.co/NsoLVkB7Dk
以上のツイートから時期が下って、口直し?に。まだ日本心霊学会は存続しているものの「人文書院」が日本文学関係出版物を柱の一つとしていく時期の本に、前田夕暮『顕花植物』(昭和11)があります。… https://t.co/pP15CzRryw

22 0 0 0 OA 心霊治療秘書

日本心霊学会創設者にして人文書院初代社長渡邊藤交の著書(日本心霊学会のバイブル)『心霊治療秘書』(大正13年版)は、NDLデジタルコレクションで見られます。https://t.co/xjImKNFrrm このほかにも戦前期の日本心… https://t.co/PwSMhGMOsj
飛ヶ谷美穂子 「ロンドンの異邦人たち:―漱石・カーライル・シャープ― 」比較文学 55(0), 7-21, 2013 https://t.co/WSONtFmQHw 「こほろぎ嬢」の講義ではいろんな文献を紹介するのだけど、今年の学生さんはこちらに関心が高いようだった。
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文  カテリーナ, オリハ - 戦前期における幻想文学の考察 : 尾崎翠、佐藤春夫、内田百閒をめぐって https://t.co/BNsz8ptftV
RT @nakashima001: ニールセンが提唱したプレイ・スカルプチャーは、日本の公園で環境芸術としての「石の山」を生んだが、それを抽象彫刻として1968年頃から造ってきた前田商事に対し、区役所から「タコの頭をつけてくれ」と要望があり、現在繁茂しているタコの滑り台が出来上…

13 0 0 0 OA チビ君物語

RT @okjma: 「すみません」の変化した形「すいません」の古例として把握できているのは、由利聖子『チビ君物語』の「どうもすみませんネ」 https://t.co/brkyGyFAEn 単行本は1939年。 『少女の友』への連載は1934-36あたりとのことだが、これは未確…

70 0 0 0 びびっと

RT @soorce: 国会図書館のデジタルコレクションは、「なんでこんなのがあるんだよ!」みたいのが結構ある。たとえば、日本女子大学漫画研究会の学漫同人誌「びびっと」の1976~1989分とか。これ、高橋留美子先生も「けもこ・びる」の名で数冊執筆してる。 https://t.…
RT @yusai00: エアコンの設定温度を28℃にする根拠がない事はだんだん知られてきたけど、では何度が最適なのか?オフィスでの作業効率と電力消費を調べた論文によれば「作業効率が最大になるのは25.7℃」。設定温度じゃないぞ室温だぞ。それではご唱和下さい!「最も捗る室温は2…

お気に入り一覧(最新100件)

阿尾 あすか「日本文学における教養教育としての「古典」利用 : 『大和名所図会』での「名所」規定を例として 」『人間教育学研究』2、2014年。https://t.co/7qM8JpT18y
CiNii 論文 -  戦後日本における米国の広報文化活動とジャズ--大阪CIE図書館/アメリカ文化センターの事例を中心に https://t.co/hhRw1Rskt4 #CiNii
服部さんの連載を読んでたら僕の論文が出てきてびっくり。ありがとうございます。 ちなみにボードレール、小泉八雲、松浦一、芥川……の関係に触れた「芥川龍之介「煙草」と切支丹物の出発」は単行本などには未収録ですが、pdfで公開されていて… https://t.co/4mvOnYt6Ah
『京都府立京都第三中学校 報国団図書館書籍目録』(昭和16年9月) https://t.co/VHYXVjZuKm 一、時局の重大性に鑑み、近年購入の新刊書は殊に地歴、公民、体育、衛生、理科学方面に重点を置いた。/生徒諸君は本図… https://t.co/7xq73uADDM
デジコレ限定公開で『堀井謄写版印刷講習会講義要項』なるものもあり。 https://t.co/R14DMoT2w4 産業技術史資料共通データベースで「堀井謄写」を検索すると、10件ヒット。… https://t.co/wdmIisgngV
菊野雅之. 古典は誰のものか:保科孝一の言説をきっかけに. https://t.co/yjpKnGS3id 本文はさることながら、参考文献として挙げられているものは、専門家が古典教育を論じるならば絶対に目を通してほしいものなので、ここで紹介。 #古典教育論覚書
↓RT なるほど。 継承関係と話型を混同する人は居るだろうな。 その話は https://t.co/HwI0I94nTp に書いた。同じ事件を扱った複数の写本実録が没交渉で成立したと仮定して、必要不可欠な項目は個別に想像で埋める。… https://t.co/LbyOgU8F55
いやいや、今日の研究会は面白かったでござる。仏教学の方法論について、こんなに議論したのは久しぶりな気がする。 https://t.co/qrmQbb7uoO
戸塚 麻子 -  日本占領下北京の俳句雑誌『春聯』について : 付・『春聯』目次(一九四二年三月、一九四四年一月-一九四五年二月) https://t.co/5QExk2ihFu
広瀬正浩「機械を通じて“自然”を感じる  一九三〇年代の日本のラジオ放送における「生態放送」」 (『言語と表現 研究論集』第16号、椙山女学園大学国際コミュニケーション学部、2019年3月) https://t.co/odchVVjAaF
嶋岡晨「<詩>入門書の変遷-明治・大正・昭和」『立正大学人文科学研究所年報』36、1998年。https://t.co/zwwKH6NJZy
【『層 映像と表現』Vol.11 Web公開】北海道大学大学院文学研究科映像・表現文化論講座(今年度より文学院表現文化論講座映像・現代文化論研究室)の機関誌『層 映像と表現』は、第11号よりHUSCAP北海道大学学術成果コレクショ… https://t.co/fS8zqPMqrc
拙稿「詩学と解釈の通路―芥川龍之介の小説を視座として」『テクスト分析入門 実践編』(2018年6月)がリポジトリでも公開されました。物語分析の一般理論を目指すナラトロジーと個別作品を解釈する作品論の関心をどのように交わらせていける… https://t.co/Dzlm72ZaO0
ポスト漱石としての芥川については、以下の論文が勉強になりました。やや難解です。 CiNii 論文 -  「鼻」を《傍観》する : 夏目漱石『文学論』を視座にして https://t.co/ZK1z41PnS9 #CiNii
偶然行き当たったが、めちゃ労作だな、これ。。。九大の博士論文のようだ。 JAIRO | 「京城日報」における日本語文学 : 文芸欄・連載小説の変遷に関する実証的研究 (嚴, 基權) https://t.co/tpXbyF1hbo
PDFあり。 ⇒石川巧「戦前における〈近代文学〉の教科書」 『日本文学』63巻(2014)1号 https://t.co/g8hNbPVd9L 「本稿は、日本の高等教育機関において近代文学という学問が正式に承認され、汎用性のある… https://t.co/g69zDTqQcb
宣伝!! CiNii 論文 - 押川春浪の『武侠六部作』の構造と読者共同体 : 『冒険世界』に参加する読者たちと媒介者としての春浪  https://t.co/it1JnDMkAY #CiNii
女探偵を主人公とする連続活劇映画「プロテア」は、萩原朔太郎が触発されて彼最初の口語詩「殺人事件」を書き、江戸川乱歩の怪人二十面相の原型にもなった。その大正初年代の人気を示すノベライズ版が国会図書館HPで読めるhttps://t.co/FuXwZHyyApこれは初編のノベライズ

フォロー(61ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

数えたことがないので正確にはわからないけど、根無一力さんの論文「外小破と立量: とくに「成唯識論述記」を中心として」https://t.co/S5H6UlBksb によれば、『成唯識論』巻一・二にある通称「外小破段」の中だけで論証式が「三〇〇ほどある」らしい。
@academia 一方で上田昇先生は、「因の三相」を記号を用いて形式化し、それを変形すれば相違決定の定義が導かれることを示したうえで、ディグナーガ論理学がもともと相違決定を内に含んでいた、と論じています。https://t.co/BuTUSd0G73
張 宇飛 -  魯迅の「摩羅詩力説」材源の新発見 : ロシア作家コロレンコについて https://t.co/yYelZkRckQ

フォロワー(119ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

数えたことがないので正確にはわからないけど、根無一力さんの論文「外小破と立量: とくに「成唯識論述記」を中心として」https://t.co/S5H6UlBksb によれば、『成唯識論』巻一・二にある通称「外小破段」の中だけで論証式が「三〇〇ほどある」らしい。
@academia 一方で上田昇先生は、「因の三相」を記号を用いて形式化し、それを変形すれば相違決定の定義が導かれることを示したうえで、ディグナーガ論理学がもともと相違決定を内に含んでいた、と論じています。https://t.co/BuTUSd0G73
張 宇飛 -  魯迅の「摩羅詩力説」材源の新発見 : ロシア作家コロレンコについて https://t.co/yYelZkRckQ