平帆⛵(ひらほ (@hira_sail)

投稿一覧(最新100件)

「入間台」の名称について。 「入間台」と「入間台地」で、指している場所が違うようです。 「入間台」は所沢台から金子台まで。 「入間台地」は入間川から北。 武蔵野台地における関東ローム層と地形面区分についての諸問題 https://t.co/LPxw621BZH 埼玉県狭山市の地盤 https://t.co/NodOc3fJrE https://t.co/zKo2ZRNYxD
@e_ikuon @medieval_oota この分析は、行田付近を南北に縦断する河川堤防や、付近の遺跡の埋没状況からの分析。 7~8世紀まで荒川低地に利根川が流れていたのではとするものでやや異色。 荒川低地へ向かった後期完新世の利根川旧流路 小暮 2011 https://t.co/1pC4oN5SHw
@e_ikuon @medieval_oota 縄文後期後半(約4000年前?)~弥生にかけて、利根川本流は綾瀬川。 第四紀末の利根川の流路変遷 埼玉沖積層研究グループ 2016 https://t.co/CXiXIpLmKy
@e_ikuon @medieval_oota こちらの文献では、1500年前まで伊興遺跡付近の堆積状況から、古利根川や古荒川相当の河川が来ていたの立場。 村石 2004 https://t.co/7cQCRclxsO
@e_ikuon @medieval_oota 利根川が現在の荒川低地から中川低地に移った時期に、荒川も東に流れを移したと考えられそうに思うのですが、ちょっと文献で値がばらついていますね……。 以下のものは5000年前の立場。 東京低地と中川低地における沖積層最上部陸成層の発達様式(田辺ほか2013) https://t.co/FwbxkCWgqV
古い論文ですが、この論文では、段丘面の形成に安倍川系の河川の関与を想定しているようです。 これはかなり古いので、新しい研究もありそうですね……。 日本平とその周辺の地形発達史 土 隆一(1959) https://t.co/X0YClpLLNh
首都大学東京の修士論文。 久慈川上流部棚倉付近における第四紀後期の河成段丘と河川争奪について(加藤佑一 2018) https://t.co/U01hu9FvYS 割と最近ですね。 周囲一帯の谷の向きに示唆される北向→南向の流れの逆転が、この論文の結論(氷期/間氷期)だけで説明できるのかよく分からない。 https://t.co/086Gu9Qczh
本邦に於ける二股河の一例 https://t.co/qfewI0YQge 1910年の記事。川が二股に別れて別の水系に流れていくのは珍しいが、その一例が阿武隈川/久慈川水系で見られると。 大字名から、画像のあたりのことかと思うのですが、久慈川側の河川名が違っていますね。(記事:八幡川、地図:桧木川) https://t.co/t3wJl0DOHG
メモ:海水準上昇期に河川堆積物はアナストモーズ(垂直累重)する(≒河川のルートが変わりにくい)というのは、どういう力学? 堆積が進んでも、次第に侵食基準面が上がるので、側方への侵食力が相対的に小さくなるのかしらん。 https://t.co/j7gKXNwA1g
RT @Wpl0JWzdw688IBR: @hira_sail 3月にツイート致した論文としましては、 清水 康守他(2010)「荒川低地北部の地形発達」『埼玉県立自然の博物館研究報告』4 pp.55-70 https://t.co/qEf8NkC2rU 小暮 岳実(2011)…
RT @Wpl0JWzdw688IBR: @hira_sail 3月にツイート致した論文としましては、 清水 康守他(2010)「荒川低地北部の地形発達」『埼玉県立自然の博物館研究報告』4 pp.55-70 https://t.co/qEf8NkC2rU 小暮 岳実(2011)…
これは利根川についての論文ですが、縄文初期に現荒川沿いを流下していたものが、次第に東寄りに流れを移していったようです。 旧流路が荒川のものなのか、利根川のものなのか、かなり錯綜した歴史があるようです。 第四紀末の利根川の流路変遷 埼玉沖積層研究グループ https://t.co/HctFIgdWuO
RT @s15taka: J-STAGE Articles - 火星表面の永久凍土と周氷河作用 https://t.co/khNCTIiGip
@kuma56_momo 国会図書館が公開してくれていて、「野寺八幡社地」とあるそれらしき挿絵(湧水も!)がついていたりもするのですが、現代語訳が読みたいです(汗) https://t.co/GXrrxWzt5a https://t.co/dELdglc6kR
関東平野における過去12000年間の環境変遷 https://t.co/0IwbXpGa65 綾瀬川の歴史と現状 https://t.co/piHCAktbu4 古代、中世含む
関東平野における過去12000年間の環境変遷 https://t.co/0IwbXpGa65 綾瀬川の歴史と現状 https://t.co/piHCAktbu4 古代、中世含む
メモ:中川低地の利根川 荒川の流路関連 荒川低地へ向かった後期完新世の利根川旧流路 https://t.co/GAEbvkqxM8 江戸期前含む 河川からみた埼玉平野の開発 https://t.co/8U7uyYCBKJ 江戸期前含む 中川流域の治水史 https://t.co/5rwC80sgcZ 主に江戸以降
メモ:中川低地の利根川 荒川の流路関連 荒川低地へ向かった後期完新世の利根川旧流路 https://t.co/GAEbvkqxM8 江戸期前含む 河川からみた埼玉平野の開発 https://t.co/8U7uyYCBKJ 江戸期前含む 中川流域の治水史 https://t.co/5rwC80sgcZ 主に江戸以降
メモ:中川低地の利根川 荒川の流路関連 荒川低地へ向かった後期完新世の利根川旧流路 https://t.co/GAEbvkqxM8 江戸期前含む 河川からみた埼玉平野の開発 https://t.co/8U7uyYCBKJ 江戸期前含む 中川流域の治水史 https://t.co/5rwC80sgcZ 主に江戸以降
@e_ikuon @hikisimousa @medieval_oota 既にご確認になっているかも知れませんが、17世紀初頭には、利根川が古隅田川を通っていたとする文献がありましたので、置いておきます。 https://t.co/BCElfLehxu https://t.co/vuq7vWMOjR
RT @yokoyama1128geo: 大阪の上町断層の論文を眺めていたら、台地をつくる地層の上町層に液状化跡があったとの記載が。 地層中の液状化跡はしばしば見かけますが、これは極めて明瞭で見事です。 文中にもある通り、場所がら上町断層ほか周辺の活断層の活動との関連を考えてし…
RT @GeoFuruko: @geo_hoshi https://t.co/CVkV3FLKiP こんばんは。これによると花崗岩の巨晶正長石の定方向配列によってダイヤピル貫入したとし、基盤の日向層に貫入方向に押し上げられた構造が残ってることから、花崗岩浮上説が支持されている…
RT @s15taka: J-STAGE Articles - 琉球弧の地球科学的研究─断層と風化・侵食プロセスに関する研究の課題と展望─ https://t.co/yMAG9IGiXX
メモ:安芸山群鈴峯山体の地形(1968) 武永健一郎 https://t.co/dCxrS62O11 鈴峯山を対象に、このあたりの花崗岩山地に見られる面の形成時期、理由などについての報告。 「白亜期末〜古第三紀はじめに、深成岩活動に三回の輪廻がある」のがこの時代の常識だったような記載あり。
深部花崗岩中の割れ目解析(1989) 吉 田 英 一・大 澤 英 昭・ 柳 澤 孝 一・ 山 川 稔 https://t.co/o99KVllnTT これは、ボーリングパイプ程度のスケールで見た割れ目ですが、平面(Pタイプ)や階段状(Sタイプ)で割れていることが多いことを指摘しています。 https://t.co/o99KVllnTT
この論文では、卓状地は海成層としています。ただ「準平原が水没し」たことは条件とせず。 地向斜の用語を整理しないで残したこと、地形と成因の用語をごっちゃにしたことなどが混乱の原因と指摘。 高校地理教科書の「造山帯」を改訂するための提案(2013) 岩田 修二 https://t.co/Nx9ZBltWKQ
RT @s15taka: 第四紀研究の論文でも「地表 (海底も含む) に現れた断層の検討のみでは不十分であり,応力の情報に基づく議論が不可欠である」と書きましたがね。断層は地質学のみで説明できるものの「活」がつくとサイエンスから外れるリスクがあるので私は議論したくなかった。 h…
RT @kobiwa_net: 内陸部における侵食速度の指標に関する検討:環流丘陵を伴う旧河谷を用いた研究 https://t.co/EIyPoOSjao
RT @NaofumiYamaguch: つくりかたの参考に: カードケースを使った堆積構造の観察―携帯堆積空間 https://t.co/lr30bFfbeh 「携帯堆積空間」で作る堆積構造 https://t.co/VIg9KXCopJ
RT @NaofumiYamaguch: つくりかたの参考に: カードケースを使った堆積構造の観察―携帯堆積空間 https://t.co/lr30bFfbeh 「携帯堆積空間」で作る堆積構造 https://t.co/VIg9KXCopJ
@BB45_Colorado もし、以下の情報がご参考になるようでしたら。 火山で発生する流れとその堆積物 : 火砕流・サージ・ラハール・岩なだれ 早川由紀夫 1991 https://t.co/fDI0u8VQOS 火砕流の堆積構造と流動堆積機構 宝田 晋治, 星住 英夫 2016 https://t.co/Fiogob1gID USGS https://t.co/8lsDU3lbRm
@BB45_Colorado もし、以下の情報がご参考になるようでしたら。 火山で発生する流れとその堆積物 : 火砕流・サージ・ラハール・岩なだれ 早川由紀夫 1991 https://t.co/fDI0u8VQOS 火砕流の堆積構造と流動堆積機構 宝田 晋治, 星住 英夫 2016 https://t.co/Fiogob1gID USGS https://t.co/8lsDU3lbRm
RT @yokoyama1128geo: 東茨城台地の涸沼川流域には、北東〜南西方向の谷がみられます。 台地をつくる地層を見ると、砂浜の地層の高さと厚さが変化しており、12万年前に海が引くときの砂丘列の影響であると考えられます。 国土地理院の方と歩いて、地形と地層の関連の面白さ…
ある石灰岩鉱山における斜面崩壊の事例について https://t.co/OYbxuJvm58
RT @usa_hakase: 参考:タール火山1965年の岩漿性水蒸気爆発(中村一明1966) https://t.co/wFenTqZsDl
RT @usa_hakase: タール1965年噴火の火砕サージは火口から6km走って対岸に到達した(自分の講義スライドより)。いまカルデラ縁にいるのは大変危険。https://t.co/wFenTqZsDl https://t.co/4BffXumZJQ
獣道がきっかけになって崩壊する例が報告されていました。 ここでは「水みち」は地下水流ではなく、地表水の通り道の意味で使っているようです。「地層内部の地下水による崩壊はほとんどみられなかった」も気になります。読む。 天竜川上流域の崩壊と地質特性 北澤 秋司 https://t.co/pvlnfjTgCD https://t.co/kqf5PIUzf3
今日うろついていた赤羽台付近は、杉原ほか(1972)に従うと「赤羽面」。 海で出来た比較的平らな面(波蝕台?)が、その後の海水面の低下で離水して、関東ローム層(武蔵野ローム)が積もったのではと。 武蔵野台地における関東ローム層と地形面区分についての諸問題 https://t.co/1b76Y3jcUa https://t.co/moNfeND91C
読む。概観する上で良さそうです。 伊豆弧衝突帯における大陸地殻形成 田村芳彦 https://t.co/CRaz9q8CSY
白亜紀に氷床はあったのか https://t.co/CIwPOIxRNA ここだけ見れば確かに「氷床はない」ですが、前半の人為的理由をジュラ紀まで飛躍することでふっ飛ばしにいく論理が酷いです。 日本もなく、哺乳類も栄えていない、超大陸パンゲアの時代ですよ。比較おかしい↓ https://t.co/z1VCxKWhbu @zakdesk
RT @LNN_Amagi: @hira_sail @kobiwa_net https://t.co/80KDGdDCjR この閉塞湖についての論文で両湖が触れられていました。吉村信吉氏も生前に刈込湖について書いておられたようですが、そちらは見つかりませんでした…
「河川の穿入蛇行は生育蛇行と掘削蛇行の二つのタイプに区分され〜後 者は自由蛇行より受け継がれたと考えられている」って、この考え方は今でもそうなのかしらん……。(過去に平野がないと、掘削蛇行は生じない? うーん?) 中国山地の穿入蛇行 河内伸夫 1976 https://t.co/gC37UthH1w

42 0 0 0 OA 倭名類聚鈔 20巻

RT @ktgis: 平安時代の辞書『倭名類聚鈔』。埼玉は佐伊太末と書いてあるので、「さいたま」と呼んでいたようだ。 国会図書館デジタルコレクション https://t.co/LBu7i4BWol https://t.co/DXRIncSu6O
ただ、このあたりを見ると、海進の範囲が荒川低地では川越付近、中川低地では古河付近になっているので、前図は過大ではと思えます。 (図は川越付近) 珪藻遺骸群集による縄文海進期の想定海岸線と 貝塚分布との関係 安藤 一男・ 方違 重治 https://t.co/riQA7k6dkz https://t.co/EPgnoGg6A7
RT @tigers_1964: 第四紀研究に書いた↓ 「防災教育の一環と称し,地域 のお年寄りや幼稚園・保育園児の避難を中学生や高校生 が手伝ったりしている訓練が各地の学校で行われたりし ているが,これは即刻やめるべきである.」 防災教育で何を教えるか? https://t…
前弧海盆についての論文。読む。 前弧海盆の形態と沈み込み様式 斎藤実篤 地学雑誌 1991 https://t.co/eu3CqybO1Q
RT @norionakatsuji: 日本の科学の状況報告書:惨憺たる現状及び原因の失策が明瞭。「特定分野・特定グループへの集中が進んで」「社会ニーズを満たす(役に立 つ)研究や成果がすぐに見える研究に偏って」「選択と集中が過度」「日本の基礎研究は全ての分野・レベルにおいて急…
RT @usa_hakase: @tigers_1964 ハザードマップの中身を本当に伝えたいのなら、作られた過程を見せることが最も効果的、が私たちの結論。https://t.co/8ZyDcYIshs
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 定常的な沈み込み帯から中央海嶺沈み込みに至る 南部アンデス弧(SVZ)火山岩類の化学組成の変遷(折橋 裕二ほか),2010 https://t.co/ZWrpl40HCq
RT @ceekz: 新作論文が早期公開されてた。内容はタイトルのまんまです。調査量が少ないので、今後、広げていきたいところです。 / Twitterからの言及数が多い論文は言及されたことのない論文と比べてタイトルが「面白い」 https://t.co/2xi0XKbZqQ
薩摩半島付近の仏像構造線。 ぐにゃりと曲がっている解釈。 薩摩半島八瀬尾地域の蛇紋岩体と四万十帯堆積岩層との低角境界 山本 啓司, 下次 圭太, 土居 真輔, ハフィーズ ウル レーマン https://t.co/u4ed99oK71
仏像構造線を追いかけていたら、なにやら面白そうな文献を見つけました。 後で読む。 日本列島の大陸地殻は成長したのか? ―5つの日本が生まれ,4つの日本が沈み込み消失した― 鈴木 和恵, 丸山 茂徳, 山本 伸次, 大森 聡一 https://t.co/laQXBeb4Y0
@s15taka 今回の安藤(2006)を拝見してようやくたどれたのですが、Webサイトの元論文はこれだと思います。 日本海拡大時の東北日本弧と西南日本弧の境界 https://t.co/kq22NstsVx
RT @usa_hakase: J-STAGE Articles - 古墳・火山・太陽 https://t.co/UT2DFKWIWv たいへんおもしろい。
RT @s15taka: 日本地球惑星科学連合2019年大会/ブラタモリにみる地球科学のアウトリーチ手法 キーワード:ブラタモリ、アウトリーチ、ジオストーリー、生涯学習、地球科学、科学コミュニケーション https://t.co/MasBzAlwTN
RT @shearline: 僕の論文が,SOLA(気象学会のレター誌)の近年の豪雨や猛暑に関する特集号の一つとして公開(early online release)されました。「平成30年7月豪雨」時には日本周辺で海面からの蒸発が増大しており,その要因と西日本付近への水蒸気供給…
RT @jirokomori: 箱根のニュースと今日のこの雨を見て,地すべりに起因した水蒸気爆発の1971手洗温泉https://t.co/bRbjd1TUnKと1997澄川温泉https://t.co/gzY3jYseB4の件を思い出した. 神奈川)箱根山の警戒レベル引き上…

60 0 0 0 OA 防災保線読本

RT @keyboar: 鉄道業界でも(古来からの)「地名に気をつけよ」とは昔から言われていた事であったか。鉄道省工務局編「防災保線読本. 第1」昭和13年 https://t.co/JkOVEeWG8o https://t.co/XaMuFULpaa
更新世前期以降の多摩川と相模川の流路について言及しています。 おし沼砂礫層は26万年前、相模川は南に流れを変えていたが、分流がきていたと。 上総層群長浜砂礫層(房総半島)および相模層群走水礫層(三浦半島)の礫 種組成と供給源 江藤ほか 2001 https://t.co/Xa22Irch2k https://t.co/Ga1meHxob4
RT @geo_hoshi: 砕屑物の生成において本質的に重要な役割を果たしているのが風化作用であることは,砕屑物の生成や侵食・運搬・堆積プロセスについて論考したことのある研究者にとっては自明のことだと思います。地学教育の分野でも問題点が指摘されるようになっています。例えば次の…
RT @kobiwa_net: @hira_sail 青木ほか(2008,第四紀研究)で66.0±5.5kaという年代が出ています。 https://t.co/RHLcTkjat6 まあ、ATの年代とかは水月湖のデータでここ数年でも改訂されています。ご参考まで。
@s15taka 例えばこの文献に使われています。(冒頭部分) 相模野台地・武蔵野台地を刻む谷の地形 久保純子 1988 https://t.co/zwfh0h90TQ
川が失われたこの谷は「中台面」と記載されています。中台面のここでの定義は「東京軽石(TP)」以上のローム層が乗る、ということですので、約6万年前に離水(川が無くなった)したようです。 #入間台 武蔵野台地における関東ローム層と地形面区分についての諸問題 https://t.co/1b76Y3jcUa https://t.co/KgII9pCVKK
メモ:多摩川の堆積と侵食をモデル化して計算したもの。 40Ma~10Maにかけて、中上流では河床が堆積でかえって上昇する結果になっている点が興味深いです。 河川縦断面形の発達過程に関する数 学モデルと多摩川の段丘形成のシミュレーション https://t.co/OxdO32BDF3 https://t.co/IonkInqtFX
武蔵野台地の扇頂部付近の面構成。 注目されるのが、青柳面(Tc3)が狭山丘陵の北側に続いていること。 Tc3は1.4万年前に離水と。 多摩川の水は、この時期まで入間台北部に来ていたことになります。 立川断層とその第四紀後期の運動 山崎晴雄 https://t.co/pzeniI2j07 https://t.co/cAzX1RrIUv
入間台の(LGMを過ぎた後での)地下水面低下の原因を知るには、地下水の上流がどうなっていたか調べなくてはなりません。 ……ということで、青梅付近の多摩川の動きを確認中です。 多摩川の段丘地形とその形成過程 (高木信行・1990) https://t.co/UHfeZypnu0
まだ未解明の地底湖がある龍泉洞がターゲットのようです。「15km」という数字はどこから来たのか気になります(あってもおかしくない気はしますが、現状、既知の部分が3.6kmほどだったと記憶しています) J-STAGE Articles - 鍾乳洞潜水調査ROVの開発 https://t.co/9OjePGWL8D
秩父盆地における段丘形成についての論文(1986) 秩父市街の乗っかっている面から下は、武蔵野台地で言う、立川面以降に出来たようです。 大野原面(C14年代から1.5-2万年前)以降、急速に下刻と。 荒川中流域における下位段丘の形成過程 吉永 秀一郎, 宮寺 正美 https://t.co/eqPOF5EXyt https://t.co/QAu3UsH0iq
@fushunia 興味深いです。 前に、残っている自然堤防や堆積物、遺跡から、縄文時代は現荒川に来ていた利根川の旧流路の変遷を追いかけた論文を読んだことがありますが、こういうの、スリリングですよね。 https://t.co/IOjiYKVU4L https://t.co/AC0WjX4SK3
RT @FaultMAN: 海底地すべりについての地質学的レビュー論文 「川村ほか(2017)総説 海底地すべりと災害-これまでの研究成果と現状の問題点-. 地質学雑誌」https://t.co/2fmh2qnrdP
RT @planet__blue: そして、火山の本を読み漁っていた小学生の時にクラカタウ火山のことを知ったのだけど、1883年の噴火で爆発音が約4800km離れたインド洋のロドリゲス諸島まで聞こえたことを知ったときは、この火山まじでキチガイだと思ったし震えました。https:…
@s15taka ありがとうございます。 扇状地形成後、ローム層が堆積していく段階で、水流のある微低地からはテフラが流され、それ以外のところに積もってゆくことで段丘/谷を作っていくモデルを見たので、こちらに基づいて考えておりました。 https://t.co/aI5kX2DJk9 https://t.co/alCIj4AX0K
善福寺川について、「特筆すべき川」として言及しています。 ただ、池からの湧水は「枯渇(△)」とされていて、少し下流の河床から湧いているようです。 「井荻天沼地下水堆」に言及しています。 東京 の台地部 における湧水 の現状 (新井正ほか1987) https://t.co/PZwm0s4PFr https://t.co/Luc1lYGWZn
琉球弧の地質と岩石:沖縄島を例として 新城 竜一 https://t.co/0ytPWvFQrL
メモ:琉球石灰岩の堆積年代についての新知見 佐渡耕一郎 et al. 1992 伊良部島についてのもの。 https://t.co/8QDBOJ6tod
@Berylfreak621 副作用がありまして、辺戸岬(沖縄北端の岬)は、三畳系としていそうな文献もありました(未読) 辺戸岬のものも、いつか見に行ってみたいです。 https://t.co/ovuLndmF6B
RT @hibagon_killer: 瀬戸内海の広域流動に黒潮の影響はあるだろうとは思っていたけど、ちゃんとそのことを扱った論文があった。流路を見ると、黒潮の蛇行次第で大きく流れが変わるみたい。 瀬戸内の島嶼部昆虫相の形成にも関係してそう。 駒井ほか(2008)土木学会論文…
RT @maedajin: 厚真町の4000年前の遺跡に今回と同様の地すべり.そしてこの地すべり発生時期は石狩低地東縁断層帯馬追断層の最新活動期と重なる.田近ほか 2016年論文.https://t.co/4RrNQEMOdk
RT @usa_hakase: 過去の噴火誘発事例の応力変化量は0.01-0.5MPa、つまり100-5000hPa程度。https://t.co/Pbzfa1KCF3 台風通過による気圧変化はせいぜい50hPa程度。そもそもマグマだまりが大気に直接触れているわけではないだろう…
RT @NaofumiYamaguch: ちなみにこのsecondary crestは,基本的にメインの峰の沖側(谷の岸側)にできるので,地層でこれを見つけると海の方向が推定できる,という話もある https://t.co/eSAEkuowo8
志村の谷は、このあたりの論文によると、形成年代の違う地形面の境目近く(成増台-志村の谷-赤羽台)にあります。 https://t.co/1b76Y3jcUa https://t.co/OTDb8II7hm
RT @s15taka: J-STAGE+Articles+-+「境界」の魅力―インドシナ半島シームレス巡検― https://t.co/Qzvpktyd7c 東南アジア~中国雲南をフィールドに,風化プロセス,石造文化財,気候地形学,国境問題,一帯一路・・・などなど。どうぞ肩…

183 2 0 0 OA 艱難目異志

RT @hakubutu: そういえば、慶長伏見地震(1596)ではないけれど、浅井了意の仮名草子『かなめいし(艱難目異志)』に、寛文2年(1662)近江・若狭地震(日向断層・花折断層)での洛中の様子が挿絵とともに記されている。地震による都市部の被害を細かく描いた史料としては最…
@kobiwa_net @s15taka 先ほど、会話していて、関係しそうな論文を紹介してもらいました。もしご参考になれば。 https://t.co/rvbsDdPbhv
@s15taka もしかするとなのですが、工学系では、まだ割と使っているのかもしれません。 例えば、地震工学会論文集の、2012年のこの論文など↓ 洪積台地端部の斜面における地震動増幅特性の評価 https://t.co/jy6X5KQWej
RT @kobiwa_net: 柳井ほか(2010, 地学雑誌) 日本海の拡大と構造線 https://t.co/b67a8F38BT 一部TLで中央構造線が話題なので、コレを投下しておく。

366 0 0 0 OA PC-8001の開発

RT @KenKenMkIISR: 調べものしていたら偶然すごくいい記事に出会った。TK-80やPC-8001の開発に実際に携わっていた方が当時を振り返って書いたもの。感動的。できることなら自分もその時代のそこにいたかった。 通信ソサエティマガジン No.15 [冬号] 20…
参考までに、「水はけが良い」関東ローム層の透水係数の実測例。 10^-3~10^-5(横方向)くらいにみえます。先の表の安山岩の透水係数と比較してみて驚きました。 関東ローム層の透水性とその異方性について https://t.co/JSmkunQ8Ew https://t.co/9J75xVVhmn
RT @s15taka: 論文中の「教科書記述の地球科学的検討」は主に私が執筆しました。ご意見などありましたらお待ちしています。 J-STAGE+Articles+-+高等学校の地理教育・地学教育における教科書用語の問題点―用語問題の類型化と学術的整合性― https://t…
関東ローム層の間隙率(水が浸透できる隙間)は、75パーセントくらいありますね。 水浸し(飽和)にすると体積の3/4は水になります。 関東ローム層の透水性とその異方性について https://t.co/JSmkunQ8Ew
RT @geotechyama: 査読付学術論文「高等学校の地理教育・地学教育における教科書用語の問題点―用語問題の類型化と学術的整合性―」が公開されました https://t.co/ENlBdaQbDj
RT @usa_hakase: J-STAGE Articles - 琉球弧の地質とその成り立ち https://t.co/UIRIK8Wnj8
昔の(ローム層堆積前の)武蔵野の河川がどうなっていたのかについて。 武蔵野礫層面の谷を追いかけた論文がありました。 GISによる礫層上端面上の「古水流」の復元 https://t.co/nfJP4haioJ https://t.co/nfJP4haioJ https://t.co/65VpKjzFmo
RT @s15taka: @hira_sail 理論と野外を繋ぐわかりやすい図がないかなとググってみたら、榧根先生の論文が出てきました(年末に読まれてた著書にも引用されてたら既知だったかも)。砂丘や花崗岩の図など解析解に近似してるのがわかるかと(PDF注意) https://t…
時系列的には一つ前の報告だと思うのですが、シミュレーション結果の地下水面の水位の図が出ていました。 武蔵野台地における浅層地下水流動に関する研究 ―MODFLOWを用いて― 久富悠生(首都大学東京・学)・中山大地・松山 洋(首都大学東京) https://t.co/mQxFsVEZME https://t.co/b0yRCevl0n
首都大学東京による、武蔵野台地地下水流動のシミュレーション。 長期予測が主眼なので、シミュレーションで求めた地下水面の図示はありませんでしたが……。 武蔵野台地における浅層地下水位の長期変動解析および将来予測 久富悠生、中山大地、松山洋 https://t.co/STwA4BOKsQ
ほか、ご紹介いただいた論文。 関東平野の河川のつけかえと、それが発生した地質学的な背景について。 400年を越えて続いた日本史上最大最長の土木事業 https://t.co/QtLtcPZS9X
墨染桜(@sumizome_sakura )さんに、過去40万年間の関東平野の地形変化の論文を紹介してもらいました。 関東平野の沈降は、MIS11(40万年前)以降、三浦・房総半島と東部から真ん中に向けて徐々に沈降→隆起に転じた旨書いてあります。 過去40万年間の関東平野の地形発達史 https://t.co/xbdkSYYhFS
@sumizome_sakura まずは「過去40万年」ありました! 取り急ぎ、ありがとうございます! https://t.co/ro3Ko96DWi
@GeoFuruko @kobiwa_net 淡水レンズ、これですか(これは慶良間のものですが↓)。https://t.co/tEtRfnfpvO

お気に入り一覧(最新100件)

なので,こんなのを書きました。 J-STAGE Articles - 野外実習レポートをどう書くか https://t.co/VCurWhxzXL https://t.co/loAVVKkmey
木下貝層や大宮台地の硬砂層のように、最終間氷期以降の堆積物でも、石材代わりに使える程度の硬さがあるというのが意外。こちらでは、硬砂層は古東京湾海退期に河畔砂丘的に堆積したものとしている。 J-STAGE Articles - 大宮台地に分布する硬砂層の性質と堆積環境 https://t.co/8do6sP31Dl
伊豆大室山の論文が公表されました。2018年度の卒業生の卒研+αの内容です。また、伊豆半島ジオパークのSさんとの共同研究です。 https://t.co/63wZzs6q99
【誤】浸食⇒【正】侵食の問題について。風食を100%排除できるのであれば浸食でもよいのかもしれませんが、水食と風食を包括的にするなら「侵食」の一択になります。ブラタモリでも侵食を使っていますね。新聞はいつ直るのか。詳しい解説はこちら。https://t.co/R0K9KdTTFL https://t.co/IdGCjpdLg7
私の元々の専門分野の論文→「常陸台地の第四系下総層群の層序と堆積システムの時空変化」 現在の関東平野が広く海となり、今の関東平野の原型を作ったといえる、約12.5万年前の温暖期。 それ以降に、関東平野の地層や地形がどう形作られていったかというお話しです。 https://t.co/V7jwNO7p2e https://t.co/lX9y9ysXlI
クソでか平安京の南西側についてはこんな論文が 『平安京右京の衰退と地形環境変化』 戸口 伸二 https://t.co/DQzvpcQfhv
@e_ikuon 違和感ありますよね。 既にお読みと思いますが、松浦先生は2018年論文でも人工開削説のご様子。 https://t.co/G5qlifHU08
教えていただいたこちらの論文(埼玉沖積層研究G 2016 https://t.co/iaNLavEkoj)では、元荒川の台地横断部分も自然流路として扱っているようです。古墳時代後期の利根川流路ということなので、天王山塚古墳の角閃石安山岩の輸送ルートとしては納得なのですが、台地を横切るのにどうにも違和感が… https://t.co/ROxo8kLQiQ https://t.co/KAsURUReBQ
8割おじさんこと西浦氏のお名前が J-STAGE Articles - Early SNS-based monitoring system for the COVID-19 outbreak in Japan: a population-level observational study https://t.co/toFYPVCX87

1298 8 0 0 OA 殖民地要覧

お兄ちゃんは「韓国併合は植民地支配とは違う!」と言うけど当時の日本政府は堂々と公文書で朝鮮を植民地呼ばわりしてたよ。今さら改竄は無理よ? https://t.co/twR4TDKqTr https://t.co/yQy5eEleE0 https://t.co/SLQJddkb4r
@hira_sail 平帆(ひらほ)さん、いこ~さん、ありがとうございます。以下の素晴らしい論文に巡り逢うことができました。 村西 眞澄(2004)「東京低地北部毛長川周辺の地形環境と遺跡立地: 伊興遺跡を取り巻く環境」 『国立歴史民俗博物館研究報告』第118集 pp.93-117 https://t.co/yHsHoT9HQS
@hira_sail 3月にツイート致した論文としましては、 清水 康守他(2010)「荒川低地北部の地形発達」『埼玉県立自然の博物館研究報告』4 pp.55-70 https://t.co/qEf8NkC2rU 小暮 岳実(2011)「荒川低地へ向かった後期完新世の利根川旧流路」『地学雑誌』120(4) pp.585-598 https://t.co/gP2tvJkIQM
@hira_sail 3月にツイート致した論文としましては、 清水 康守他(2010)「荒川低地北部の地形発達」『埼玉県立自然の博物館研究報告』4 pp.55-70 https://t.co/qEf8NkC2rU 小暮 岳実(2011)「荒川低地へ向かった後期完新世の利根川旧流路」『地学雑誌』120(4) pp.585-598 https://t.co/gP2tvJkIQM

3 0 0 0 OA 利根川治水考

https://t.co/1o1LR5KqPy 橋本直子先生の論文によると、中世利根川が葛和田から綾瀬川と合流していたとする説は、明治41年の『利根川治水考』に依る見解とのこと。

3 0 0 0 OA 利根川東遷

松浦先生、こちらの論文では、太田道灌時代の利根川は、葛和田から綾瀬川と合流したと書いていらっしゃいますね。 これはさすがに無いのでは? それでは、荒川と利根川の東西が逆になってしまう! https://t.co/EY1HkRA7VK https://t.co/3eZLCjP62S
【非医療従事者向け】COVID-19が世界的に流行している中でこういった事を頭の片隅に置いておく必要性があるよね https://t.co/AUDjI8Nym6
J-STAGE Articles - 火星表面の永久凍土と周氷河作用 https://t.co/khNCTIiGip
J-STAGEで地学雑誌のなかで「盆地」と検索してみたら1890年の論文が出てきました。「盆地(Basin)」と描かれていることから、このくらいの時期に生まれた新しい用語かもしれませんね。 画像出典(河野,1890)→https://t.co/3agpUI85OY https://t.co/EjTteqUtrL https://t.co/ODG8XtGjtj
偶然見つけた論文タイトルから、確実に科学は進歩しているんだと感じさせられたり。 小池 敏夫(1991) コノドント未だ正体不明, 地学雑誌, 100, https://t.co/yVzW5kTWcf
この(低いとはいっても)台地を越えていく元荒川の流路が気になっていたのだが、やはりというか、中世以前の人工開削説があるようだ。利根川東遷や荒川西遷より前の事なので、誰が何のためというのは気になるところ。  (「河川からみた埼玉平野の開発」松浦茂樹)https://t.co/KHFwGrLGu4 https://t.co/EthsObE0Vi
CiNii 論文 -  「ええじゃないか」の民衆運動(II) https://t.co/igxEpC1MTn #CiNii
大阪の上町断層の論文を眺めていたら、台地をつくる地層の上町層に液状化跡があったとの記載が。 地層中の液状化跡はしばしば見かけますが、これは極めて明瞭で見事です。 文中にもある通り、場所がら上町断層ほか周辺の活断層の活動との関連を考えてしまいますね。 https://t.co/S4oPOvASBs

171 5 3 0 OA 流行性感冒

大正8年の流行感冒予防心得が今も役立つ https://t.co/hHIIhi1Y9q 1.病人らしい人、咳する人に近寄らない 2.たくさん人の集まっている所に立ち入るな。急ぎでなければ電車より徒歩 3.電車内などでは鼻口をハンケチ、手拭で被え、当てない人から遠ざかれ 4.たびたびうがいせよ。食後、寝る前は忘れるな https://t.co/jHUbZXPwW7
https://t.co/RFF385Egs9 場所は、あるホテル私有地のため見学時間は限られています (9:00-15:00) トラブルを避けるためにも複数人でいく場合はホテルに承諾をとったほうがいいかも。
@geo_hoshi https://t.co/CVkV3FLKiP こんばんは。これによると花崗岩の巨晶正長石の定方向配列によってダイヤピル貫入したとし、基盤の日向層に貫入方向に押し上げられた構造が残ってることから、花崗岩浮上説が支持されているようです。
J-STAGE Articles - 吉村信吉(1943)原町田附近相模野臺地の地下水特に宙水の性状 地理学評論19 巻 7号 https://t.co/L2WT6V5ds2
J-STAGE Articles - 琉球弧の地球科学的研究─断層と風化・侵食プロセスに関する研究の課題と展望─ https://t.co/yMAG9IGiXX
ダイヤモンド・プリンセスの換気システムを見ている。 https://t.co/e6OflGQX60  確かに船内空気再循環系に循環を止めるバルブはないみたいだなあ。本来は今回のように病院船になる可能性も考慮して、全換気モードを持たせるべきだったか。コストはどれぐらい上がるだろうか。
日本地球惑星科学連合2016年大会/御坂山地西部,四尾連湖の発達史と地すべり変動 https://t.co/oCtzq1ulFj
深部花崗岩中の割れ目解析(1989) 吉 田 英 一・大 澤 英 昭・ 柳 澤 孝 一・ 山 川 稔 https://t.co/o99KVllnTT これは、ボーリングパイプ程度のスケールで見た割れ目ですが、平面(Pタイプ)や階段状(Sタイプ)で割れていることが多いことを指摘しています。 https://t.co/o99KVllnTT
@hira_sail このあたりの学会発表が関係しますかね。考古学が絡んでいます。私も奥東京湾や奥鬼怒湾の海退が気になっており、海水準変動に加え、浅間・榛名の噴火や人為の影響による土砂供給増大が結構効いているのではないかと妄想しております。https://t.co/igPy0D5eKh
第四紀研究の論文でも「地表 (海底も含む) に現れた断層の検討のみでは不十分であり,応力の情報に基づく議論が不可欠である」と書きましたがね。断層は地質学のみで説明できるものの「活」がつくとサイエンスから外れるリスクがあるので私は議論したくなかった。 https://t.co/UO35SVCPrw https://t.co/cs4o1aly5Z
つくりかたの参考に: カードケースを使った堆積構造の観察―携帯堆積空間 https://t.co/lr30bFfbeh 「携帯堆積空間」で作る堆積構造 https://t.co/VIg9KXCopJ https://t.co/ryWR2VScZK
つくりかたの参考に: カードケースを使った堆積構造の観察―携帯堆積空間 https://t.co/lr30bFfbeh 「携帯堆積空間」で作る堆積構造 https://t.co/VIg9KXCopJ https://t.co/ryWR2VScZK
@hira_sail 平帆さんに紹介いただいた以下論文を読んでいますが、大宮台地北西部に海成段丘の痕跡があるようです。加須低地の沈降の影響以外にに、北西部が高くなっている理由はこの辺りなのか? 「過去40万年間の関東平野の地形発達史」 https://t.co/ULbj7KAjSp https://t.co/mqWZGDWCuk
続き。 北東ー南西方向の谷が南西側に続いていないのは何故か。 地理院地図を貼った辺りの12万年前頃の姿はをひもとくと。 地図南西部の北西〜南東方向に向かう古砂州があり、外洋側にできる砂丘列は南西側に続いていなかったと考えています。 あくまで個人の感想です。 https://t.co/V7jwNO7p2e https://t.co/OgOJb4BkyH https://t.co/2x9vLskgQ6
東茨城台地の涸沼川流域には、北東〜南西方向の谷がみられます。 台地をつくる地層を見ると、砂浜の地層の高さと厚さが変化しており、12万年前に海が引くときの砂丘列の影響であると考えられます。 国土地理院の方と歩いて、地形と地層の関連の面白さに気づいた場所です。 https://t.co/PK0REiADUM https://t.co/N5IXB8qFBM
下記の文献によると、江戸川開削時期は諸説あるが1620~1650年頃らしい。ローム層と砂層からなる台地の開削距離は合計約5km。掘削量約135万m3 。その分の土砂はどこかの築堤にでも使ったのだろうか。https://t.co/cbrtKNDrrD
参考:タール火山1965年の岩漿性水蒸気爆発(中村一明1966) https://t.co/wFenTqZsDl
後で読む 「アワの起源と作物進化 雑草ネコジャラシはどのようにして雑穀アワになったのか? 」 https://t.co/HKX9X4BOds

9 0 0 0 OA 万葉集

万葉集には「佐吉多萬」の歌があるので「さきたま」と呼んでいたらしい。江戸時代の国学者清水浜臣の校注本。 国会図書館デジタルコレクション https://t.co/wVGn52XsuH https://t.co/RcJOugPrDz

42 0 0 0 OA 倭名類聚鈔 20巻

平安時代の辞書『倭名類聚鈔』。埼玉は佐伊太末と書いてあるので、「さいたま」と呼んでいたようだ。 国会図書館デジタルコレクション https://t.co/LBu7i4BWol https://t.co/DXRIncSu6O
"タイタニック号事故の確率論的安全性評価手法による解析" https://t.co/TxXRYLxTss ←PSAの入門にどうぞ。面白いよ。
そういや地生態学って分野としての歴史はどのくらいだろうと思ったらこんなものを見つけました https://t.co/lsEsw9hWhY 地生態学の本を見ると、高山帯での話題が多いと思ってたが、日本で最初にやりだしたのは白馬岳と木曽駒ケ岳の植生と地形地質周氷河の関係みたいだ 岩田(1974)・小泉(1974)
第四紀研究に書いた↓ 「防災教育の一環と称し,地域 のお年寄りや幼稚園・保育園児の避難を中学生や高校生 が手伝ったりしている訓練が各地の学校で行われたりし ているが,これは即刻やめるべきである.」 防災教育で何を教えるか? https://t.co/YWgCmDIdBl
大腸菌も基本NaCl濃度が高いと死ぬらしんですが、 海水濃度や温度との関係の研究が… → 「海水環境における大腸菌の増殖と耐塩性誘導」https://t.co/L8VjMUEVcT
@tigers_1964 私たちは赤色立体地図の効果検証にも取り組んでいる。https://t.co/iMAwomy6FC
@tigers_1964 ハザードマップの中身を本当に伝えたいのなら、作られた過程を見せることが最も効果的、が私たちの結論。https://t.co/8ZyDcYIshs
こんな論文どうですか? 定常的な沈み込み帯から中央海嶺沈み込みに至る 南部アンデス弧(SVZ)火山岩類の化学組成の変遷(折橋 裕二ほか),2010 https://t.co/ZWrpl40HCq
新作論文が早期公開されてた。内容はタイトルのまんまです。調査量が少ないので、今後、広げていきたいところです。 / Twitterからの言及数が多い論文は言及されたことのない論文と比べてタイトルが「面白い」 https://t.co/2xi0XKbZqQ
ワイのGeochemical J.の論文(1月くらいにアクセプヨ)がようやくin pressじゃなくなった模様。jstageにページできた。 https://t.co/n9rFTH2fPl
東北日本海側の地形もかなりよくなっていて、久六島の巨大な海底地すべり地形が見えるようになってる。渡島大島の比ではなかっただろうなあ。 https://t.co/bzw6jr2IWf https://t.co/PzYY1T2RNb
@pmagshib @hira_sail ちょっとググったら安藤論文が出てきました(まだ読んでません) https://t.co/XlUBBJBvKE
「大地震の危険高いおそれ 熊本地震、震源域の隣」という衝撃的な見出しの記事がYahooニュースにあるけど、該当しそうな講演要旨は「1130±30 yBPと6240±30 yBP間に,2回以上の古地震イベントが推定」で、記事とも内容が??? 記事→https://t.co/yGoPjY1ttZ 講演要旨→https://t.co/H12MK4pKRH
20年越しで,文字資料とモノ資料がピンポーンてなる瞬間を目撃しました. 文字資料 → https://t.co/iFr0gKmAg3 年輪年代 → https://t.co/FDuCKjLLd5 どちらも,自分の研究ではないけれど,これや!と思いました.異分野の方々が集うセッションを企画してよかったです.#JpGU 歴史学×地球惑星科学 https://t.co/2Q5cUQNOVo
20年越しで,文字資料とモノ資料がピンポーンてなる瞬間を目撃しました. 文字資料 → https://t.co/iFr0gKmAg3 年輪年代 → https://t.co/FDuCKjLLd5 どちらも,自分の研究ではないけれど,これや!と思いました.異分野の方々が集うセッションを企画してよかったです.#JpGU 歴史学×地球惑星科学 https://t.co/2Q5cUQNOVo
えー、‘神代文字’信じるなんて小学生までだよね。うふふ♪弥生の日本語の母音は六か七、現代語の/e/はほぼ全てが母音融合によるものだし、ンが現代語の位置にくるのは平安時代以降だよ? https://t.co/4s4x6CSBK9 https://t.co/7GO1hBc0uZ
僕の論文が,SOLA(気象学会のレター誌)の近年の豪雨や猛暑に関する特集号の一つとして公開(early online release)されました。「平成30年7月豪雨」時には日本周辺で海面からの蒸発が増大しており,その要因と西日本付近への水蒸気供給強化への寄与について調査した研究です。 https://t.co/uVd2Jrg6dq
箱根のニュースと今日のこの雨を見て,地すべりに起因した水蒸気爆発の1971手洗温泉https://t.co/bRbjd1TUnKと1997澄川温泉https://t.co/gzY3jYseB4の件を思い出した. 神奈川)箱根山の警戒レベル引き上げ受け、緊急会議 https://t.co/u5ZNSiRK4c
薬じゃなくてお茶だしー、と思っても、そもそも何が入ってるのか不明。 中国産ダイエット用健康食品による急性肝障害 https://t.co/P7dHeJwLiy
@geoign @pmagshib @FaultMAN @hira_sail 私は詳しくないのですが、鶴見-由布もお仲間という話がありますね。 https://t.co/pIOWGX9Gcv 一方で、トーナライト~花こう岩閃緑岩が部分溶融してアダカイト”っぽい”ものができるという話もあるようです。 https://t.co/HLSS5TkLzr
慰安婦問題で強制連行は無かったなんてことないの。1936年長崎地裁判決では、兵隊相手の食堂仕事と偽って勧誘した業者は国外移送誘拐罪を適用されたんだよ。慰安所制度の非合法性の裏付けじゃん https://t.co/oc7bjjBAKy https://t.co/IXJ2Ahj9vm
慰安婦問題で強制連行は無かったなんてことないの。1936年長崎地裁判決では、兵隊相手の食堂仕事と偽って勧誘した業者は国外移送誘拐罪を適用されたんだよ。慰安所制度の非合法性の裏付けじゃん https://t.co/oc7bjjBAKy https://t.co/IXJ2Ahj9vm
投影法がサンソン図法なのに萌える。 (シュミットネットとか、丸いステレオグラフしか見たこと無いので、逆に新鮮) 画像出典(PDF)→ https://t.co/8UJB0a0rpL https://t.co/qJiaL01Ksh
今朝の地学教育のML https://t.co/QUJX3DHhRw では鍵層を「ケンソウ」とも読むそうな、の話題。さらに第四紀は「ダイシキ」でしたのご指摘。読みがこのシからヨン主流になったのはいつ?を解決したのがこの論文。城岡(2010) https://t.co/q2UugkndIt

60 0 0 0 OA 防災保線読本

鉄道業界でも(古来からの)「地名に気をつけよ」とは昔から言われていた事であったか。鉄道省工務局編「防災保線読本. 第1」昭和13年 https://t.co/JkOVEeWG8o https://t.co/XaMuFULpaa
砕屑物の生成において本質的に重要な役割を果たしているのが風化作用であることは,砕屑物の生成や侵食・運搬・堆積プロセスについて論考したことのある研究者にとっては自明のことだと思います。地学教育の分野でも問題点が指摘されるようになっています。例えば次の論文 https://t.co/1P76cWuXBn https://t.co/quqlESMgb7
日本地球惑星科学連合2019年大会/Honeycomb Weathering (Tafoni) of Sandstone and Environmental Factors in Yonaguni Island, Okinawa Prefecture, Japan キーワード:風化、砂岩、岩石海岸、タフォニ、モンスーン、八重山層群 https://t.co/Aghs8Bxh4c
日本地球惑星科学連合2019年大会/ブラタモリにみる地球科学のアウトリーチ手法 キーワード:ブラタモリ、アウトリーチ、ジオストーリー、生涯学習、地球科学、科学コミュニケーション https://t.co/MasBzAlwTN
大陸ガー!生命ガー!とかいう人が多くて、大陸地殻と大陸は違うっつう説得するためだけに大陸成長曲線戦国時代論文を全部読むみたいな事をなんでワシがやらなあかんの?と思っていたら、とても纏まった日本語の総説があって感動した!てるてる博士(@iwkrterter)ないす〜。 https://t.co/M3c09cBL54
自分が線形代数の講義をするなら、こういう話を初めの方にしておきたい。 https://t.co/Gwa4LOT7mH https://t.co/jWeqGM0eW5
@_kdrkdrkdr ざっくり言うと「人間味や感情がある」といった感じです。数値や物理法則で分析していく分野と違って、人間の思考、心理、感情がでてくるイメージです(物理学や統計学には感情はないので)。リンク先の論文を読んでいて感じました。 https://t.co/9t9H2cLYY3
しかし九大の移転問題が30年以上にわたって長引いてしまったのもあり、現行の九大博物館は博物館としての建物を持たずアーカイブとしても展示としてもずっと悲惨な状態にある。自分が高標本の展示を見たのは工学部が引き払ったあとのボロボロの旧教室だったし。 https://t.co/7TvSb7c5zx
琉球列島の島々に分布する花崗岩の年代は興味深いです.2017年の地質学会で琉球列島の花崗岩の年代測定について発表があるようです.小笠原・福山「琉球列島の花崗岩類のジルコン U-Pb 年代と Sr-Nd 同位体組成」https://t.co/QmCfTwRwkB 沖永良部島の年代は解釈に難しいですね... https://t.co/uAunCyTaS2
@hira_sail もし関心がおありで未読でしたら。ポーラ・ステファン『科学の経済学』 https://t.co/QKKoRjXfvx 辺りを。書評も一読の価値があるかと。 https://t.co/rdEUiqryEM https://t.co/nIzWuXKztn 参考になれば幸いです。既知の際はご容赦を。 https://t.co/60WZXAFBs6
海底地すべりについての地質学的レビュー論文 「川村ほか(2017)総説 海底地すべりと災害-これまでの研究成果と現状の問題点-. 地質学雑誌」https://t.co/2fmh2qnrdP
そして、火山の本を読み漁っていた小学生の時にクラカタウ火山のことを知ったのだけど、1883年の噴火で爆発音が約4800km離れたインド洋のロドリゲス諸島まで聞こえたことを知ったときは、この火山まじでキチガイだと思ったし震えました。https://t.co/PAIpybGMGO
J-STAGE+Articles+-+琉球諸島のジオダイバーシティとジオツーリズム https://t.co/2X1S1ehOY4
あとでよもー ※1981年のものです CiNii 論文 -  第二次世界大戦におけるいわゆる"朝鮮人徴用工"への未払賃金供託事件に関する法的一考察--一般市民の蒙る戦争災害の救済 https://t.co/smvClZcZ0o #CiNii
瀬戸内海の広域流動に黒潮の影響はあるだろうとは思っていたけど、ちゃんとそのことを扱った論文があった。流路を見ると、黒潮の蛇行次第で大きく流れが変わるみたい。 瀬戸内の島嶼部昆虫相の形成にも関係してそう。 駒井ほか(2008)土木学会論文集B,64 (3): 165–179. https://t.co/6Wa0O57zl7
家永裁判知ってる?南京大虐殺の語を用いた教科書「新日本史」の検定不合格を争った裁判で、最高裁は大虐殺と日本軍婦女暴行、731部隊の記述の検定不合格を裁量権の逸脱とし、教科書にそれらを記述し、学校で教えてもよいという司法判断を下したの https://t.co/qPkHiSbhDO
「関東山地東部, 奥武蔵の飯能礫層の運搬経路 天覚山~天覧山の例」 https://t.co/RlBLJJjz8t 関東山地の稜線に露出する"残留礫"から飯能礫層の流路を考察した論文。登山中に円礫を見ても人為的なものと思って見過ごしてたけど、よく調べたら山砂利だったりするのかなぁ? https://t.co/eVAXsbeUlZ
@tweeting_drtaka 香川県だけですが,こちらの論文のp47及びp50の資料を見る限りではいささかの誇張があるのかと。https://t.co/qwNsT5edSk 市で3割未満,町村で4割弱のようです。町村で1907年に一度だけ43%を超えてますが。
https://t.co/hattzaCSWr ドイツの職業訓練についてはこちらが最近の変化を書いていてよい感じです。 Wikipediaなどはちょっと情報が大雑把すぎますね。
厚真町の4000年前の遺跡に今回と同様の地すべり.そしてこの地すべり発生時期は石狩低地東縁断層帯馬追断層の最新活動期と重なる.田近ほか 2016年論文.https://t.co/4RrNQEMOdk
震度7が制定される前にも震度7相当の揺れは何度か経験している。 武村雅之・他「明治以後の内陸浅発地震の被害から見た強震動の特徴 ―震度VIIの発生条件―」(地震1998) https://t.co/AuRdNlKRt9
過去の噴火誘発事例の応力変化量は0.01-0.5MPa、つまり100-5000hPa程度。https://t.co/Pbzfa1KCF3 台風通過による気圧変化はせいぜい50hPa程度。そもそもマグマだまりが大気に直接触れているわけではないだろうから変化はずっと小さいでしょう。
ちなみにこのsecondary crestは,基本的にメインの峰の沖側(谷の岸側)にできるので,地層でこれを見つけると海の方向が推定できる,という話もある https://t.co/eSAEkuowo8
@hira_sail 浸透不均衡から宙水が形成され、豪雨で溢水した際に侵食が進んで沼になっ だとか。そういえば大沼、小沼、鹿沼とか地名がありました。 https://t.co/cWHrxKKEf1 https://t.co/ASyl36ovF7
「洪積台地」は使うべきでないとの主張(ただし「沖積」に関しては注意事項あり) 山本政一郎・尾方隆幸 (2018) 高等学校の地理教育・地学教育における教科書用語の問題点―用語問題の類型化と学術的整合性― E-Journal GEO 第13巻1号 pp.68-83 https://t.co/o7nhrEc4XW
あと高校地理の地形用語というと「新期造山帯」、「古期造山帯」あたりも使うべきでないという主張が見られますね。例えば、 岩田修二 (2013) 高校地理教科書の「造山帯」を改訂するための提案 E-journal GEO 第8巻1号 pp.153-164 https://t.co/Z2zGDmHr5W
J-STAGE+Articles+-+「境界」の魅力―インドシナ半島シームレス巡検― https://t.co/Qzvpktyd7c 東南アジア~中国雲南をフィールドに,風化プロセス,石造文化財,気候地形学,国境問題,一帯一路・・・などなど。どうぞ肩の力を抜いてお読みください。

フォロー(1310ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @adhara_mathphys: CiNii 論文 - 誤解されているブラケット : 共役演算子をめぐって(談話室) https://t.co/L2UcWkDie4 #CiNii
RT @sanbagawa: JpGU講演要旨が公開.日本に酸化鉄-燐灰石型(IOA型),酸化鉄-銅金型(IOCG)鉱床があるという新説です.秩父鉱山ウズノ沢や甲武信鉱山は鉱物採集でも有名ですが,おそらくIOCGです.参加される方はポスターでお待ちしています.#JpGU #鉱物…
RT @sanbagawa: JpGU講演要旨が公開.日本に酸化鉄-燐灰石型(IOA型),酸化鉄-銅金型(IOCG)鉱床があるという新説です.秩父鉱山ウズノ沢や甲武信鉱山は鉱物採集でも有名ですが,おそらくIOCGです.参加される方はポスターでお待ちしています.#JpGU #鉱物…
RT @digitalarchivej: [A32] 写真の里帰り: 米国所在の戦後日本の写真を地域へ還元するプロセスとその課題 (佐藤 洋一さん. 早稲田大学) https://t.co/njYh5O4FWO
JpGU-AGU Joint Meeting 2020/Preliminary report of marine sediments drilled and cored by D/V Chikyu at Kikai volcano, SW Japan https://t.co/VpFCo9sweH 鬼界カルデラ外縁の海底掘削について 幸屋火砕流堆積物や長瀬火砕流堆積物かもしれないものの特徴が!
NHKで「小さな旅」を見てたら、岐阜和傘が取り上げられていた。昭和20年代が最盛期だったそうだが、どうりで終戦直後のモージャー氏撮影の写真に複数入っているわけだ。国会図書館デジタルアーカイブ https://t.co/0H5em0Kjbs https://t.co/UUTIlen08l
RT @kozawa: 韓国が朝鮮戦争について中国に謝罪を求めていないとはなんぞ。 https://t.co/eMuZWyvPEq https://t.co/E4rfZcyoPa
RT @bowwowolf: 木下宏一「岸信介の盟友にして小池百合子の師父たりし職業的国家主義者・中谷武世の初期思想形成について」を読んだ。翼賛選挙で衆議院議員になり、戦後は日本アラブ協会会長として中東諸国との民間外交に邁進した中谷の前半生がわかり、なかなか興味深いものである。…
RT @masuda_ko_1: 「P点の気象観測がなくなると天気予報の精度がどのくらいわるくなるか」の話はこの本で読んだのだ。Thiebaux & Pedder, 1987: Spatial Objective Analysis. https://t.co/v0DaaQmc…
安倍さんが保守? 保守主義って、政治家の思いつきで社会制度を簡単に変えることを戒める思想だよ。 私が明日朝練だからって家中の時計を2時間早めたら、お兄ちゃんも横暴だって怒るでしょ? https://t.co/z2q92eLqRq https://t.co/mObz8v4Ok9
RT @enumura: 「400年を越えて続いた日本史上最大最長の土木事業―関東平野における河川改修事業を規制したテクトニックな制約―」地学雑誌 https://t.co/a1UkjYz21h 関東河川改修の通史と、その自然地理学的な背景について。
お兄ちゃん、憲法9条の平和主義は単なる理想論とか「宗教」だと思ってる? ゲーム理論的に考えてみて。自発的な戦争放棄を宣言するのは安全保障のジレンマを回避するためだよ? https://t.co/j4thYOZXCG https://t.co/CnqT2pJy9b
RT @enumura: 若狭徹「東国における古墳時代地域経営の諸段階 : 上毛野地域を中心として」国立歴史民俗博物館研究報告 https://t.co/oanf33zwjL
RT @Actin_ium: CiNii 論文 -  選挙と信仰の接点 : 「選挙カミサマ」と呼ばれる民間巫者を事例に https://t.co/MvazxUUjuN 「総選挙の魔女」の説明を見ていたら、この論文を思い出しました
RT @lyricalium: CiNii 論文 -  カントの美的判断―現代社会における意義― https://t.co/Gnwc5aSI9j #CiNii
えー、‘神代文字’信じるなんて小学生までだよね。うふふ♪弥生の日本語の母音は六か七、現代語の/e/はほぼ全てが母音融合によるものだし、ンが現代語の位置にくるのは平安時代以降だよ? https://t.co/4s4x6CSBK9 https://t.co/7GO1hBc0uZ
RT @Naga_Kyoto: 地理思想における「空間」概念の整理としては、これまで自分が読んだ中ではこの論文が一番きれいにまとまっているように感じた。物質の空間、認識の空間、関係の空間。 益田 理広「プラグマティズムに基づく地理学的空間概念の弁別」地理学評論 Series A…
RT @Naga_Kyoto: 地理思想における「空間」概念の整理としては、これまで自分が読んだ中ではこの論文が一番きれいにまとまっているように感じた。物質の空間、認識の空間、関係の空間。 益田 理広「プラグマティズムに基づく地理学的空間概念の弁別」地理学評論 Series A…
地理思想における「空間」概念の整理としては、これまで自分が読んだ中ではこの論文が一番きれいにまとまっているように感じた。物質の空間、認識の空間、関係の空間。 益田 理広「プラグマティズムに基づく地理学的空間概念の弁別」地理学評論 Series A 88(4), 363-385, 2015 https://t.co/9axsaSa7Ph https://t.co/ETqsv0z90l
RT @lyricalium: これの135頁の、アーレントによる罪と責任の区別のくだりと集団の政治的責任についてのくだりから着想を得て、ああいうのは「罪悪感」より「責任感」と言ったほうがよさそうに思った。 J-STAGE Articles - ヤスパースとアーレントの戦争責…
RT @m_sekijima: 数学セミナーでの @hifumikato のコメントは「私の将棋の力がコンピュータと将棋、というひとつの登山ルートから、科学の山頂を攻撃するについて少しでもお役に立てば幸いです」ですね。この表は清 愼一の「コンピュータ将棋の初期の歴史」より。 h…
益田 理広『唐宋易学における「地理」の語義の変遷』 地理空間 11(1), 19-46, 2018 https://t.co/y5xyywKxH2 「地理」の語義 (1)位置や現象の構造とする説 (2)認識上の区分に還元する説 (3)形而上の原理の現象への表出とする説 (4)有限の絶対空間とする説 https://t.co/J14jP2zyNw

659 13 13 4 OA ジャムシード王

ゾロアスター教の研究者の井本英一氏は、この始祖王「イマ王」(ジャムシード王)の論文を書いてる。ここに出てくる「牛」(王=祭司の分身)は、弥生神話の「鹿」にあたり(弥生時代に牛はいない)、鹿を犠牲にして「死と再生」の儀式を行い、太陽が衰弱する冬を乗り切った https://t.co/USSESlkKTq https://t.co/8chPj2rr9z
RT @yoshi_kariya: 有東木については早く論文化せねばいけませんが、ある程度のことがわかってきています。今のところ完新世以前のデータは得られていません。 https://t.co/tOsxOmCWf8
CiNii 論文 -  石原俊著 『 〈群島〉の歴史社会学:―小笠原諸島・硫黄島、日本・アメリカ、そして太平洋世界ー』 https://t.co/IlIyTo7AGH #CiNii
CiNii 論文 -  石原 俊 著『〈群島〉の歴史社会学―小笠原諸島・硫黄島・日本・アメリカ、そして太平洋世界―』:〈弘文堂・2013年〉202頁・本体1,400円+税 https://t.co/qxjmupbxDO #CiNii
RT @yoshi_kariya: 有東木については早く論文化せねばいけませんが、ある程度のことがわかってきています。今のところ完新世以前のデータは得られていません。 https://t.co/tOsxOmCWf8 https://t.co/Y8KS50JQWx
なんだ。やっぱ苅谷さんがもう研究してた。 https://t.co/7cvm6XC2Q1
RT @geo_hoshi: なので,こんなのを書きました。 J-STAGE Articles - 野外実習レポートをどう書くか https://t.co/VCurWhxzXL https://t.co/loAVVKkmey
慰安婦問題で強制連行は無かったなんてことないの。1936年長崎地裁判決では、兵隊相手の食堂仕事と偽って勧誘した業者は国外移送誘拐罪を適用されたんだよ。慰安所制度の非合法性の裏付けじゃん https://t.co/TWg3bS51dQ https://t.co/KdvIwqKOtf
RT @geo_hoshi: なので,こんなのを書きました。 J-STAGE Articles - 野外実習レポートをどう書くか https://t.co/VCurWhxzXL
RT @geo_hoshi: なので,こんなのを書きました。 J-STAGE Articles - 野外実習レポートをどう書くか https://t.co/VCurWhxzXL
RT @geo_hoshi: なので,こんなのを書きました。 J-STAGE Articles - 野外実習レポートをどう書くか https://t.co/VCurWhxzXL
RT @geo_hoshi: なので,こんなのを書きました。 J-STAGE Articles - 野外実習レポートをどう書くか https://t.co/VCurWhxzXL https://t.co/loAVVKkmey
なので,こんなのを書きました。 J-STAGE Articles - 野外実習レポートをどう書くか https://t.co/VCurWhxzXL https://t.co/loAVVKkmey
RT @HattoriM: 私が関わった中国の科学事情の閲覧フリー記事をまとめました(URL更新)。 中国でラボをはじめるということ(生物物理学会) https://t.co/XCANkh8jOI 大学メシからみえてくる中国の大学の強み (JST) https://t.co…
RT @khargush1969: 二宮文子(2011)「聖者の因子:中世インドのスーフィー聖者の事例から」『宗教と社会』17: 3-16. https://t.co/ASM5b55N2v クリップしていなかった。スーフィーが「聖者」として認知される条件とは何かという根本的問題…
RT @sivad: HPVワクチン副反応を大したことないと思ってる人は是非読んで欲しい。『記憶障害,失語,性格の異常,視覚障害,意識障害など様々な脳機能の低下があり,長期間学校にも行けずに,地獄の苦しみと表現される症候に陥る患者が数多く存在する』 副反応対策も重要です。 ht…
RT @tcv2catnap: 排除できないと思います。戦犯追放で例示すると、GSとG2でパージについての対立があったり、吉田茂が政敵の追い落としにパージ(3大パージ)活用した事など複数の逆コースが指摘されています。てか、ポツダム宣言か「永久二除去」なのに生き残りましたものね岸…
排除できないと思います。戦犯追放で例示すると、GSとG2でパージについての対立があったり、吉田茂が政敵の追い落としにパージ(3大パージ)活用した事など複数の逆コースが指摘されています。てか、ポツダム宣言か「永久二除去」なのに生き残りましたものね岸のジジイとかw https://t.co/wVXNxmRikz https://t.co/nZ0WerLif3
大平正芳と椎名悦三郎、自民党の重鎮二人と阿片はこちら。 「大平正芳と阿片問題」 (民際学特集 田中宏教授退職記念号) 倪 志敏 https://t.co/mHGyixPSr4 https://t.co/ICkCOMrh1r
RT @koshian: ヌスバウムのあげた「性的モノ化」ってこういうものなんだけれども、これを念頭において、 https://t.co/LGW6ktoRwx https://t.co/rVRzqHzHQ9
RT @YohYasuda: 最近はレジ袋が話題になってるけど、賛成意見も反対意見もどちらもデータや文献が全く提示されてないものは基本的に信用しない方がよいです。レジ袋問題に関して(私は必ずしもこの分野の専門ではありませんが)私が最も参考になった文献はコチラ。白黒簡単な問題では…

フォロワー(1359ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @sanbagawa: JpGU講演要旨が公開.日本に酸化鉄-燐灰石型(IOA型),酸化鉄-銅金型(IOCG)鉱床があるという新説です.秩父鉱山ウズノ沢や甲武信鉱山は鉱物採集でも有名ですが,おそらくIOCGです.参加される方はポスターでお待ちしています.#JpGU #鉱物…
RT @sanbagawa: JpGU講演要旨が公開.日本に酸化鉄-燐灰石型(IOA型),酸化鉄-銅金型(IOCG)鉱床があるという新説です.秩父鉱山ウズノ沢や甲武信鉱山は鉱物採集でも有名ですが,おそらくIOCGです.参加される方はポスターでお待ちしています.#JpGU #鉱物…
RT @digitalarchivej: [A32] 写真の里帰り: 米国所在の戦後日本の写真を地域へ還元するプロセスとその課題 (佐藤 洋一さん. 早稲田大学) https://t.co/njYh5O4FWO
JpGU-AGU Joint Meeting 2020/Preliminary report of marine sediments drilled and cored by D/V Chikyu at Kikai volcano, SW Japan https://t.co/VpFCo9sweH 鬼界カルデラ外縁の海底掘削について 幸屋火砕流堆積物や長瀬火砕流堆積物かもしれないものの特徴が!
NHKで「小さな旅」を見てたら、岐阜和傘が取り上げられていた。昭和20年代が最盛期だったそうだが、どうりで終戦直後のモージャー氏撮影の写真に複数入っているわけだ。国会図書館デジタルアーカイブ https://t.co/0H5em0Kjbs https://t.co/UUTIlen08l
RT @masuda_ko_1: 「P点の気象観測がなくなると天気予報の精度がどのくらいわるくなるか」の話はこの本で読んだのだ。Thiebaux & Pedder, 1987: Spatial Objective Analysis. https://t.co/v0DaaQmc…
RT @enumura: 「400年を越えて続いた日本史上最大最長の土木事業―関東平野における河川改修事業を規制したテクトニックな制約―」地学雑誌 https://t.co/a1UkjYz21h 関東河川改修の通史と、その自然地理学的な背景について。
RT @Naga_Kyoto: 地理思想における「空間」概念の整理としては、これまで自分が読んだ中ではこの論文が一番きれいにまとまっているように感じた。物質の空間、認識の空間、関係の空間。 益田 理広「プラグマティズムに基づく地理学的空間概念の弁別」地理学評論 Series A…
RT @Naga_Kyoto: 地理思想における「空間」概念の整理としては、これまで自分が読んだ中ではこの論文が一番きれいにまとまっているように感じた。物質の空間、認識の空間、関係の空間。 益田 理広「プラグマティズムに基づく地理学的空間概念の弁別」地理学評論 Series A…
地理思想における「空間」概念の整理としては、これまで自分が読んだ中ではこの論文が一番きれいにまとまっているように感じた。物質の空間、認識の空間、関係の空間。 益田 理広「プラグマティズムに基づく地理学的空間概念の弁別」地理学評論 Series A 88(4), 363-385, 2015 https://t.co/9axsaSa7Ph https://t.co/ETqsv0z90l
RT @m_sekijima: 数学セミナーでの @hifumikato のコメントは「私の将棋の力がコンピュータと将棋、というひとつの登山ルートから、科学の山頂を攻撃するについて少しでもお役に立てば幸いです」ですね。この表は清 愼一の「コンピュータ将棋の初期の歴史」より。 h…
益田 理広『唐宋易学における「地理」の語義の変遷』 地理空間 11(1), 19-46, 2018 https://t.co/y5xyywKxH2 「地理」の語義 (1)位置や現象の構造とする説 (2)認識上の区分に還元する説 (3)形而上の原理の現象への表出とする説 (4)有限の絶対空間とする説 https://t.co/J14jP2zyNw

659 13 13 4 OA ジャムシード王

ゾロアスター教の研究者の井本英一氏は、この始祖王「イマ王」(ジャムシード王)の論文を書いてる。ここに出てくる「牛」(王=祭司の分身)は、弥生神話の「鹿」にあたり(弥生時代に牛はいない)、鹿を犠牲にして「死と再生」の儀式を行い、太陽が衰弱する冬を乗り切った https://t.co/USSESlkKTq https://t.co/8chPj2rr9z
RT @yoshi_kariya: 有東木については早く論文化せねばいけませんが、ある程度のことがわかってきています。今のところ完新世以前のデータは得られていません。 https://t.co/tOsxOmCWf8
RT @geo_hoshi: なので,こんなのを書きました。 J-STAGE Articles - 野外実習レポートをどう書くか https://t.co/VCurWhxzXL
RT @geo_hoshi: なので,こんなのを書きました。 J-STAGE Articles - 野外実習レポートをどう書くか https://t.co/VCurWhxzXL
RT @geo_hoshi: なので,こんなのを書きました。 J-STAGE Articles - 野外実習レポートをどう書くか https://t.co/VCurWhxzXL
RT @geo_hoshi: なので,こんなのを書きました。 J-STAGE Articles - 野外実習レポートをどう書くか https://t.co/VCurWhxzXL https://t.co/loAVVKkmey
なので,こんなのを書きました。 J-STAGE Articles - 野外実習レポートをどう書くか https://t.co/VCurWhxzXL https://t.co/loAVVKkmey
RT @HattoriM: 私が関わった中国の科学事情の閲覧フリー記事をまとめました(URL更新)。 中国でラボをはじめるということ(生物物理学会) https://t.co/XCANkh8jOI 大学メシからみえてくる中国の大学の強み (JST) https://t.co…
RT @khargush1969: 二宮文子(2011)「聖者の因子:中世インドのスーフィー聖者の事例から」『宗教と社会』17: 3-16. https://t.co/ASM5b55N2v クリップしていなかった。スーフィーが「聖者」として認知される条件とは何かという根本的問題…
RT @sivad: HPVワクチン副反応を大したことないと思ってる人は是非読んで欲しい。『記憶障害,失語,性格の異常,視覚障害,意識障害など様々な脳機能の低下があり,長期間学校にも行けずに,地獄の苦しみと表現される症候に陥る患者が数多く存在する』 副反応対策も重要です。 ht…
RT @tcv2catnap: 排除できないと思います。戦犯追放で例示すると、GSとG2でパージについての対立があったり、吉田茂が政敵の追い落としにパージ(3大パージ)活用した事など複数の逆コースが指摘されています。てか、ポツダム宣言か「永久二除去」なのに生き残りましたものね岸…
RT @YohYasuda: 最近はレジ袋が話題になってるけど、賛成意見も反対意見もどちらもデータや文献が全く提示されてないものは基本的に信用しない方がよいです。レジ袋問題に関して(私は必ずしもこの分野の専門ではありませんが)私が最も参考になった文献はコチラ。白黒簡単な問題では…